FC2ブログ

【川崎】枠外・枠外・権田の正面 ホーム鳥栖戦(△0─0)


 「枠外・枠外・権田の正面・枠外・枠外・権田の正面…」

 そんな90分でした。

 試合前アップ時のシュート練習が「枠外・枠外・新井の正面」なので、練習で入らんもんは実戦でも入らんよなと、妙に納得。

 マッシモ得意の守備的サッカーに嵌められた所はありますが、清水戦のリョータのゴールの様に3人で崩して決める事ができるんだから、やはりそこに持っていくまでのやり方です。
 何度かしっかり崩してたんだから、後は決めるだけ。

 この日の鳥栖なら、何人かターンオーバーさせても良かったかと思います。
 ベスメンで入って、スタメンを引っ張った結果が勝ち点1はコスパが悪過ぎですし、絶対勝ち点3穫らなきゃならない広島戦に疲労を残したベスメンでやるのは、厳しいですね。

 最後にトーレス。
 フィットしてないのがよく判るプレーぶりでした。
 下がった所でボールを持っても、キープはしますが展開は無い。
 だからこそのムウなんでしょうが。
 ムウに良い位置でボールを持たせたらどんな目にあうか、散々痛い目に合いましたしね。
 「トーレスに拍手でムウにブーイングって何よ」的な呟きを見ましたが、今現在トーレスは「お客さん」、ムウは「鳥栖で一番アブない男」なんだから当然でしょう。


 
スポンサーサイト

【町田】接戦  アウェー横浜戦(○2─3)


 DAZNで観戦。
 リザルトだけ見ると接戦でしたが、終始町田が主導権を握り続けた試合でした。
 前半は横浜のWBの裏を狙い、大きなサイドチェンジを封じてロングボールを蹴らせて回収して前へ。
 前半町田がパスで上回ったのを見ても、横浜のやりたいことはほぼ封じてました。
 サイドで数的優位を作って押し込めましたし、平戸の先制も開いた逆サイドのケアが遅れていた所を突いたものですし、5バックのメリットを活かすこともさせませんでした。

 流石に後半は4バックにして、さらにレアンドロ・ドミンゲスを入れて2列目でボールの収め所を作ってからは、サイドに振られて振り回され、失点もしましたが、カウンターで対抗して一方的に攻めさせませんでした。
 終盤の2失点目は余計でしたが、上手く横浜の攻撃をいなしてだと思います。
 暑い中で走力を求められるサッカーで走りきれるなら、大崩は無いでしょう。

 最後に、この試合の主審。
 お前は駄目だ。
 下のカテゴリーからやり直してこい。

 

【川崎】エースのお仕事  アウェー浦和戦(●2-0)



 埼スタ平日開催で19時キックオフってのは、BS放送の都合なんでしょうが、キツいですね。
 これで参戦を諦めた人も多そうですが。

 この試合、タラタラしてても唯一の決定機をしっかり決めた興梠と、走りまくって決定機を作りながらも悉く潰したユウの「エース」としての仕事の差で決まった様なものです。

 序盤の失点は槙野?辺りから綺麗に武藤に通されたロングフィードが全て。
 タニが後手を踏んでクロスをあげられたのは、前線から中盤でしっかりボールを握れてなかったツケみたいなものです。
 長谷川を阿部の代わりに使うリスクが出たかなと。
 押し込んでもパスを引っ掛けられ、カウンターは低い位置からの発動で人数がいない。
 そんな中でユウが5回も外した決定機を作れてたんですから、川崎の調子は悪くないし、浦和もかなりグダグダだった訳です。
 ただ、有効な守備のカードが切れた織部さんと、切ったカードが今一つ結果に結びつかない鬼さんのベンチワークの差はありました。

 決めてれば前半で終われた試合だっただけに、もったいない結果ですし、これで週末の鞠戦のスタメンが微妙になってきました。
 ラインを高く保つ鞠の裏を突くのがユウ一人なのか、前線を手当てしてくるのか。
 赤崎、見たいですねぇ。

 

【川崎】リーグ戦再開 アウェー札幌戦(○1−2)

 W杯が終わってJ1リーグ戦が再開。
 初戦はアウェー札幌戦という事で、DAZNで見逃し配信をさっと見て内容を確認。
 正直、水戸戦を先週やっておいて本当に良かったと思いましたわ。
 リョータを含む現状のベスメンで、先週盟主をボコって調子のいい札幌相手にどう戦うかに注目してました。
 ボールが小気味よく回るところは水戸戦の状況から思うとかなり改善…と言いたいところですが、先週の水戸はかなり固く守ってのカウンターに対して、ミシャサッカーやるところ共通の前に出てくる緩さを受け継いでる札幌相手だと、あれくらい回さないと。
 リョータが戻ったことで中盤は締まりましたが、それ以外にも守田のプレーが森谷が相方のときとかなり違ってアグレッシブと言うか、ボールを握ってるところではネットに遜色ない感じでプレーしてたように思えます。
 ただ、受けに回ったときにチャナティップに手を焼いていたのは、仕方ないかもしれません。
 ファールなしでチャナティップを単独で止められるのは、結構大変な仕事ですし。
 かなりいい感じでヴァイタルに侵入できてましたが、フィニッシュの精度が今ひとつなのが残念。
 このあたりは徐々に改善してくれることを。

 エウシーニョのゴールは札幌の意表をついたかなと。
 あそこまでほとんどパスを繋いで翻弄してたところに、いきなりドリブルで切り込んでくるのは札幌の守備陣も想定外だったでしょうし。
 ただ、あのシュート自体はク・ソンヨンのキャッチミスですし。
 なんで彼はあんな腰高の体勢で手だけでキャッチに行ったのだろう?

 2点目のユウのゴールは流石ストライカーと言った感じの思い切りの良いシュートでした。
 あの密集の中を抜けてくるのはGKにとってはノーチャンスでしょうし。

 決定機を結構作ってて、ゴールが2つってのは寂しいところですが、再開初戦なので家長や阿部のシュートも良くなってくると信じて。

 対する札幌ですが、宮澤・ミンテが出場停止に三好が契約で出られないと言うのは、結構厳しかったのではないかと。
 ジェイとトックンのツインタワーはボールがしっかり収まるし決定力もある。 チャナティップも容易にボールを失わないしあのドリブルは驚異です。
 ただ、彼らにボールを繋ぐのが、後方からのフクのロングフィードメインとなると攻め手が限られます。そのせいかフクは前に出てきていましたが、その穴を川崎に使われてという悪循環だったように思えます。
 正直なところ、ミシャが指揮をとって半年かそこらでここまで変わるとは意外でした。
 来年、対戦した時には、もっと苦戦させられるかもしれません。

【町田】振り切る  アウェー熊本戦(○2ー3)

 序盤に中島の2ゴールで、この試合楽にやれると思ったら、熊本は2失点目でスイッチオン。
 サイドを突破してくる攻撃に後手を踏んで押し込まれる展開に。
 ビョンジュンにゴールを許す事になりました。
 同点にされずに済んだので、ハーフタイムに修正を…したのでしょうが、熊本も修正してきて、後半開始から高く上げた最終ラインの裏を立て続けに抜かれるロングカウンターを喰らってビョンジュンに同点ゴール。
 最終ラインだけでなく、前でボールの失い方がまずかったのも要因でしょう。
 CKを藤井が押し込んで穫った3点目を守りきって、ひさびさの勝利となりました。

 この試合、左サイドを熊本のタナタツに制圧されたのが、苦しくなった要因でしょう。
 サイドを抉られてのクロスに何度も崩されましたから。
 相馬さんも堪えられずに、土岐田投入で奥山を左に回しましたから。
 暑い中で最後まで運動量を落とさずに質の高いプレーを続けていたので、彼は来季はどこかに抜かれるかもしれませんね。
 皆川・ビョンジュンの高さも脅威でしたが、セカンドボールをかなりの確率で回収出来てたので致命傷にはなりませんでした。
 しかしビョンジュン、お前のラフプレーは駄目だ。

 この試合全てのゴールをアシストした平戸の精度の高いキックに、綺麗に合わせる事が出来たのが振り切れた要因でしょう。
 このところ鈍ってたセットプレーが良いときに戻って来たのは、今後楽になりそうです。

 酷暑の中、天皇杯が無くコンディションの良いはずの相手に負けずに走って振り切った展開は、今後の暑い中での試合に期待が出来ますね。

 

【川崎】天皇杯水戸戦を再確認

 スカパー!の再放送があったので、改めてどんな試合だったかを確認。
 結果を知っているとは言え、見るのが苦痛な試合でした。

 まず、なんでこのスタメンでこれだけ苦労したのかと。
 森谷と舞行龍、マナブが入っているからってのはあるかもしれないけれど、もっとそれらしいサッカーはできたんじゃないかと。
 現に延長後半の押し込み方は、尻に火がついた状況であるとはしても、前半からやってればさくっと追加点を取って終わる試合だったでしょう。
 むしろ、Bチームにした方が連携がとれて良かったかもしれません。

・マナブの活かし方
 解説の渡邉一平は、個を殺して川崎のサッカーに合わせろとか寝言を言ってたけれど、個性をチームとして活かす方法を取らなきゃ駄目でしょう。
 フリースペースに走らせるだけって、マナブを使う意味がない。
 ドリブルで切り込んで最低1枚は剥がして中央にクロスを送るまでやってくれれば、後は中の選手の仕事。
 エウシーニョがバーに当てた時の、あんなプレーが欲しい訳です。

・舞行龍は?
 普段は消えているのに、ピンチになると足を引っ張る方向に現れる。
 ソンリョンへのバックパスをかっさらわれそうになったのは、判断ミスと技術ミスのダブルでしょう。
 普段の練習で何をやってるのか?と。
 初スタメンで実戦感覚がさび付いているのか、これだからスタメンが無いのか、どちらにしても舞行龍はエドゥとは違った危険がある事が判ったのが収穫でしょうか。
 奈良とエドゥがベンチにもいなかったのは気になりますが、怪我なのか鬼さんの求めるレベルに行ってないのか?

・森谷の使い方
 ネットで見て回っても、誰もがボランチ特性が無いと言っているのに、鬼さんの中ではボランチの3番手なんですよね。
 ネットの代わりをさせるより、2列目でボールを受けて叩いて時々ミドルって方が遥かに怖い存在になると思いますが。
 北斗を使わなかったのも勿体ない。

 この試合をじっくり見てて思ったのは、「鬼さんになってみんな下手になってないか?」と。
 昨季よりボールを止めて出す部分が雑というか下手になってます。
 ケーススタのピッチが悪いって感じじゃないです。 
 技術を上げるのに年齢は関係ないかもしれないけれど、磨くのを怠ると錆び付くのも早い。
 ボールを大事にして握り倒すのなら、もう一度技術レベルを上げる必要がありますし、この先どんなサッカーやるにしても技術が無ければ駄目ってのは、W杯見ても明らかです。

 本当にこれがリーグ戦再開で無くて良かったです。
 今の札幌相手にあんなサッカーやってたら、虐殺されますよ。
 希望がリョータの復帰だけってのは流石に勘弁してほしいので、もう少し本気度を上げてリーグ再開に臨んでほしいです。

 最後にスカパー!の中継は酷さ。
 いくらW杯で解説者の数が揃わないにしても、渡邉一平は無いだろうと。 
 おれ中立的に指摘してやってる感をありありと出してましたが、川崎の試合を殆ど見てないだろうってのがよく判ります。
 お前は瓦斯をヨイショだけしてればいいんだから、よその事に口出すな!
 このレベルしか揃えられない所に、スカパー!の衰退を感じます。
 サッカーパックのJ関連が少ない理不尽な構成と価格に我慢してるんだから、もっと価格にあった質の番組を提供してほしいものです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【代表】ロシアW杯総括 タジマの野望

 我々はロシアW杯をラウンド16で敗退した。
 これは敗北を意味するのか?
 否!始まりなのだ!
 FIFAランク一桁の列強に比べ、我が日本のFIFAランクは61位である。
 にも関わらずグループリーグを突破できたのは何故か!
 諸君!
 ハリルホジッチが捨て去ろうとした我が日本サッカー協会の「日本的サッカー」が正しいからだ!
 一握りの列強が優勝の栄光を独占するW杯に挑戦して20年、日本サッカー協会が栄光を求めて何度列強に踏みにじられたかを思い起こすがいい。
 日本サッカー協会が掲げる「日本的サッカー」を求める戦いを、サッカーの神が見捨てる訳は無い。
 我等の盟友、諸君らが愛してくれた西野ジャパンは敗退した、何故だ!
 ロシアW杯は決勝のみを残し終幕を見せている。
 諸君らはこのW杯を対岸の火事と見過ごしているのではないのか?
 しかし、それは重大な過ちである。
 列強はW杯の覇権を握ったまま生き残ろうとしている。 
 我々はその愚かしさを列強のサッカーエリート共に教えねばらなんのだ。
 西野ジャパンは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、敗退した!
 戦いはこれからである。
 我々の代表選手は国内組を使わず、海外組ばかりにして増強されている。
 列強とてこのままではあるまい。
 歴代の代表たちも列強の無思慮な抵抗の前に敗退していったのだ。
 この悲しみも怒りも忘れてはならない!
 我々は今、この怒りを結集し、列強に叩きつけて初めて真の栄光を得る事ができる。
 この勝利こそ、歴代代表全ての最大の慰めとなる。
 代表サカオタよ立て!
 悲しみを怒りに変えて、立てよ代表サカオタ!
 日本サッカー協会は諸君らの忠誠とスポンサーの莫大な資金、Jリーグの夏夏制移行を欲しているのだ。
 ジーク・タジマ!!


 (ナレーション)2ヶ月後、日本サッカー協会の指導体制は一新された。

この記事は フィクションであり実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

 と、お断りしておく。
 「クロアチアが勝っちゃったら」とか「フランスを列強に入れて良いのか」ってのは考えないでおこう。

【W杯放映】サトミキの受難 ルミ子の傲慢 そしてbrother’s

 ロシアW杯もあと2試合。
 もっとも、イングランド対ベルギーの3決はGLでもありましたから、やる必要ある?感が。

 日本代表に期待はしなくても、やっぱり熱戦は楽しみにしてた訳ですが、その点日本のテレビ局は色々と萎える事を量産してくれました。

 サトミキをNHKの番組にキャスターで突っ込んだのは、一体誰だったのか?
 Jサポは特命マネージャーで頑張ってたのをずっと見てたので、新しいジャンルへの挑戦は比較的好意的に見てましたが、流石にあれだとJを見てない連中は叩きますわな。
 単にキャスターやるなら、Jリーグタイムで経験があってハヤヤやミシェル達オヤジあしらいの上手いえみりの方が無難だっただろうに。
 このまま叩かれると潰れるんじゃ?と心配になりましたが、事務所の打つ手は的確だった様で、スタイリスト代えたのか、衣装のエロ度を上げたらバッシングがいきなり収まってしまうとは。
 それで良かったのか?NHK。
 もっとも慣れてきたのか、サトミキも無難にやれるようになってましたが。

 誰も気づかないうちにサッカータレント化してた小柳ルミ子。
 でもあの人、サッカー愛と言うより「バルサ最高メッシ命」って方で、日本でバルサ人気メッシ人気引き下げの方で一役買ってるとしか。
 そのせいか?メッシがPK失敗時に「ルミ子ざまぁ~」と呟いたのは結構いたような?
 年間何千試合見てると言われても、なんかやることのないジジババが、一日中時代劇や2時間サスペンスの再放送を見てる絵と重なってしまうんですが、そのあたりは嗜好の問題であって、自慢話になるもんじゃないでしょう。

 そしてサッカーと言えば必ず出てくる川平兄弟。
 兄はフジ、弟はテレ朝にがっちり食い込んで、キャスターとして番組を回すところはさすがの一言。
 日テレやTBSのW杯特番が今一つなのは、川平兄弟がいないせいかも?
 しかし、試合の前後にバカ騒ぎ系のバラエティー番組やるのってどうにかならないのでしょうか。
 コンテンツの質が高いんだから、余計な事をせずに、試合前は試合の注目点や展開の予想、試合後は試合経過を一つ一つのポイントになったプレーについての感想戦や次の試合の展望とかを、詳しくない人にも判る形でやる方が良いと思うんですが。
 戸田さんも同様なことをブログで記事にしてましたが、戸田さんが解説してたのは皮肉にもTBS。
 コンビ組んだ福田さんとは上手くやってましたが、実況が「城塞!城塞!」とうるさかったアレでしたからね。
 余計なこと喋る暇があったら、少しは黙って画面に集中させろよ。
 最近は事前に色々とやってくるようになりましたが、スポーツ中継はやはりNHKが安心感があるなと、今回も結論は変わらなかったのは良かったのか悪かったのか…。
 

【川崎】なんで延長PK戦やねん!! 天皇杯3回戦 アウェー水戸戦(○1-1 PK4-3)

 野津田の町田-鹿島戦が30分早いKOだったとは言え、他会場の結果表示で1点リードしてるのを確認してから野津田を撤収して、スクーターで家に家に帰り着いたらまだ試合をやっている(゚∀゚)

 画面を良く見ると延長戦。
 どうなっているか、なんか判るような状況確認できたところでタイムアップ。

 なんでこうなってる?
 水戸ちゃんはJ2屈指の曲者で今季は割と成績が良いって事は、ちょっと調べれば判る事だけど、それでもJ2中堅どころのポジション。
 川崎なら、鹿島が町田を一蹴したような試合ができて普通だし、J1チャンピオンなんだからやらなきゃ駄目なんですが。
 川崎は天皇杯で下位カテゴリーとやるのは結構苦手とは言え、そんな所を直していかなかったらタイトルなんてとれない。

 これがリーグ戦再開初戦でなくて、本当に良かったです。
 リーグ戦には延長もPK戦も無いんですから。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】完敗    天皇杯3回戦 ホーム鹿島戦(●1-5)

IMG_6714.jpg

 文字通り完敗の試合でした。
 個の能力でプレーの精度とスピード、攻守の連携、そして試合運び。
 判っていた事ですが、全てに渡って鹿島が格上の力量を見せた試合でした。

 それでも、大差を付けられながらも折れずに1点をとる事を最後まで求めて戦った選手たちに、この対戦が今後の糧になってくれればと思います。
IMG_6734.jpg
IMG_6736.jpg

 平日夜の試合にも係わらず、鹿島サポが多数来場されました。
 町田サポも普段対戦機会のない相手だった事でかなり多い来場となりました。
 おかげで当初は緩衝帯となっていたバックスタンドは全面開放、メインも上層部が開きました。
 入場者数は5500人と発表されましたが、下を見ても7000人には届いている感じがしました。

IMG_6721.jpg
IMG_6723.jpg
 スタメンはターンオーバーでしたが、スタグルはガチメンで鹿島サポを迎撃。
 大賑わいでした。
DSC_3177.jpg

 下位カテゴリーでの開催は概ね成功だと思います。
 ただ、野津田の泣きどころである最寄り駅までの足については、シャトルバス乗車待ち列がバクスタゲートのあたりまでできていたのは、今後何らかの改善を図っていかないとならないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR