【川崎】ゼロックスカップ  (●2-3)

IMG_8217.jpg

 開催費用はJリーグ持ちのプレシーズンマッチだと思えば、それほど腹も立たないと納得する事にしました。
 このタイトルに掛けているように見えて、しっかり実戦テストしてた感じがしたもので。
 このゼロックス杯準優勝で、全タイトル準優勝の偉業達成です。
 残りはちばぎんカップのみ┐(´-`)┌。

 失点シーンはそれやっちゃ駄目だろってミスからなので、試合感が今一つだったように思えますが、スタメンボランチ二人のパフォーマンス、特にネットがあれでは攻守のリズムは悪くなるよなと。
 森谷は何とか打開しようとしていたように見えましたが、ボランチが本職でない上に前線とのリズムが合わないのでは…。
 前は前でケンゴが今一つな出来でボールの収まりもパスも良くなく体が重いようでしたが。
 前半でケンゴと森谷が交代になったのは、ケンゴはACL初戦に合わせて温存、森谷はリョータの試運転だろうなと。

 後半、ヨシトとリョータが入った事でかなり攻撃的になりました。
 ヨシトのトップ下はかなり強気に攻めていく際のオプションとしては十分にありです。
 家長や阿部とは今一つ合わない所もありましたが、実戦ですり合わせが出来たので、次はもっとボールが回る様なるでしょう。
 攻撃を組み立てながら、しっかり自分も分け前を貰う気がプレーから伝わってきました。
 ボランチもリョータがネットのフォローをしながら強気に攻めるヨシトと良い連携が出来ていた様です。
 怪我明けなので、あまり無理はしてほしくはないですが、試合感覚を戻すのも大事ですし。

 この試合、交代選手の方がガツガツと試合に臨んでいた様に見えました。
 ヨシトとリョータは言うに及ばず、今季初加入選手で唯一ベンチに入った守田は右SBは本職では無いでしょうが、積極的な上がりを見せて攻撃参加していました。 クロスがもう少し精度があれば。
 本職のボランチに森谷に替えて出していても面白かったと思いますが、これはシーズンのお楽しみと言う事で。
 長谷川も再三ドリブルで見せてくれました。
 ヨシトへのラストパスは良くあそこまで持って行ったと思います。
 あの強気の攻めがあれば、ギアを上げる存在として今季も使えます。
 知念はもう少し早い時間に入れて見せてもらいたかったですね。

 試合結果や内容的には今一つでしたが、シーズンが始まりました。

 
スポンサーサイト

2018シーズン いよいよ開幕

 明日のゼロックス杯から、2018シーズンが始まります。
 昨季は天皇杯が早く終わったので、シーズンオフが長く感じましたが、ゼロックス杯からのACLで一気に突っ走り、そのままリーグ戦突入と、せわしなく感じます。

 果たして、どんなシーズンになりますか。

googleフォトの画像取り込みテスト



 googleフォトとの連携確認です。

怪物、去る

久々の記事はヨシトとマナブで書くつもりでいたら、え!?というニュースが入ってきたので。

仙台の平山が引退。
元ガンバの安田ミチと並んで、その物言いで古株フロサポからマジなブーイングを喰らうJ界の希少生物でしたが、怪我に泣かされ才能の片鱗を見せただけで表舞台を去ることに。
昨年痛めた所をまたやってしまったと言うのは不運でした。

良くも悪くも昔風のポストプレーヤーであったと思います。
あのフィジカルでエアバトルに勝利を収めて、味方にセカンドを拾わせてゴールを狙う。
昨季エアバトルで連戦連敗だったユウの姿を見続けてた時には、高さのあるポストプレーヤーが欲しいと思いましたが、平山の場合、才能は有るけれど高さに加えるプラスアルファが見られなかった。
F東の戦術なのか、敵守備陣の密集地帯で孤軍奮闘する形になる場面が多かったので、裏抜けとかを仕掛ける場面はあまり無く、スピード勝負は今ひとつなので、今のJでポゼッションサッカーやりたいところでは使いにくい部分はあったかと。
そういう所があるなら、F東も前田さんは取らないだろうし、昨季ヨシトとウタカ取った時にも残したでしょう。

そんな中でも、出てくれば「何かやりそうだ」と言うオーラがあり、タレントでい続けた存在でした。
今後の進路はこれから決めるのでしょうが、成功を祈ります。
F東の下部組織で指導に当たる様な気がしますが、果たして?

【川崎】星をつけるとは

 何というか、優勝してから気が抜けたと言うか、ずっと更新出来ていませんてしたが、少しずつ書いていこうと思います。
 キャンプも始まりましたし、こちらも再始動。

 タイトル、これ以上無い劇的な奪取となりました。
 可能性はかなり低かったし、最終節は勝って終われば良いとしか思っていなかっただけに、決まった瞬間は何があったのかと。

 今までオリテンやそれに準じるクラブしか穫っていなかったリーグ戦タイトルを、J2オリテンで初めて穫ることになりました。
 今まで遠かった先行者との距離を一気に詰めて、肩を並べる所に来た事になります。
 これから先、タイトルホルダーとして、どうしていくかクラブの舵取りが重要になってきます。

 以前、大分がJ3降格したときに、星を付ける資格について書いたことがあります。
 タイトルとは、強かったと言う証明であって、これからも強くある事を保証するものではありません。
 気を抜けば一瞬で転落していくのは、過去に降格してしまったタイトルホルダー達が示しています。

 ユニフォームにつけた星は、過去の栄光の記録ではなく、タイトルを穫る力を持ち続ける証しであってほしいと思います。

 でも先ずは残留をさっさと決めるのが…。

 
 

川崎の政治力?

 一昨日の浦和戦はギリで勝利した訳ですが、「ジャッジが川崎よりだった」とか、難癖つけたい方々がいるようです。

 松尾主審の笛は川崎・浦和双方に怪しかった「平常運転」だったし、副審のお二人も「あ?」って所が結構ありましたけどね。
 松尾さんだと荒れるかな?と覚悟はしてましたが、あの試合に関しては何とか許容範囲内じゃないかなと。
 後から映像見てどうのこうの言っても仕方のない話しだし、後から変更出来るのはカードの出し間違い位でしょう。
 それでも試合結果が覆る訳で無し。

 この前のキズール呼んだときも「川崎が政治力使ってグルージャに圧力かけたんだ」とかギャーギャー言われましたが、そんなん知らんがな。
 「犬だから」ってだけで、試合に関係ないヴァン君とジェフィ先輩呼んで暑い最中に犬ぞり曳かせ…これはこれで酷い話しか。
 でも千葉も甲府もよくあの企画にOK出したな。

 大体、川崎に政治力とか圧力が有ったら、あぁ~んな事やこぉ~んな事で泣かされる事もなく、シャーレやトロフィの一つや二つ事務所に飾ってるでしょうし、等々力緑地のボロ野球場潰した跡地に吹田スタクラスの専スタが出来てますって。

 と、思う訳ですが。
 一体、どこで逆恨みを買ったのだろう?
 変なのはどこにでも湧いてくるとは言え。

【川崎】あと1つ。 アウェイ浦和戦(○0-1)

 終業と同時に事務所を飛び出し、選手入場直前に中へ。
 19時半KOでなかったら、行けてませんね。


 決して良いサッカーではなかったし、良く勝ちに持っていったと思います。

 でも、勝って帰る事が一番のミッションだったので、これで充分。
 忖度?
 そんなもん、こっちが頼んだ訳じゃないわ。



 でも来季はハイボールの競り合いに勝てるCF入れて下さい。
 ユウがことごとく競り合いに負けるのを見てて、早く森本入れてくれと思ってた訳ですわ。
 あの展開ならケンゴ外して森本の方が、前線でボール納めて楽だったかも。
 タニと奈良、ソンリョンがガッチリ守ってくれたから良かったけれど。

 今季最後の試合になるリーグ戦最終節、結果は別にして勝って終わりましょう。

【川崎】vs東口 ホームG大阪戦(○1-0)

 ウノゼロって聞くと、緊迫した締まった試合を想像しますが、フィニッシュシーンを除いてダイジェストにしたら、この試合は川崎の圧勝ってイメージ操作が出来そうです。
 能力の高いGKが立ちはだかったら、結果はこうなるって見本の様な試合でした。
 鹿島も中村の壁に阻まれた様ですし。

 とは言っても、ユウの空回りが無かったら、早い時間帯にけりが付いた試合でした。
 家長と阿部も今ひとつ決められませんでしたが、守備で頑張ってくれましたし。
 その位ガンバの出来が酷かった。
 押し込まれて低い位置から前線にロングボールって、J2かよ。
 川崎の最終ラインが高い位置にいるから、呉屋と倉田で競らせるつもりだった様ですが、タニと奈良にネットが加わった守備を破れず、逆にはがされて縦パス入れられてと機能してませんでした。
 後半、赤崎入れて2トップになってから起点が出来ましたが、良いボールは殆ど入らず。

 ガンバの攻撃が機能しなかったのは、中心でボールキープできるリョータの存在が大きかったです。
 リョータのキープを前提にネットが動けましたし、CBも楽になってた様です。
 攻撃でも、ガンバを押し込んだ事もあって高い位置を取れたので、良いスルーパスを供給してましたし、ケンゴのボレーに入れた浮き球は圧巻でした。
 濡れた芝でボールがスリップしなかったら、1点モノでした。
 リョータのプレーを見ただけで、入場料の元は取れたなと。
 ボール持ったらファールでしか止められない、そんな凄みがありました。

 今季もあと2つ。
 勝って、やれることはやってシーズンを終えましょう。


【町田】モノは言いようでカドが立つ

 ホーム最終戦セレモニーでの社長のスピーチ、yahooのニュースにも取り上げられてました。

 負けた試合後のセレモニーって、何とも微妙な雰囲気になりますが、現地で聞いてて流石に「あれはないわ~」と思いましたね。
 ゴール裏からブーイングがあったのも判ります。

 言いたいことは判るんですが、今ここで言う事かと。
 試合内容が双方バチバチにやり合って、僅かに及ばずって言うならまだしも、ずっと勝ってない上に山口の方が良いサッカーやってたんですから。
 町田が良かったのは「カードが出なかった」って事でしょうか。
 最も、岸田のアレがお咎め無しの主審でしたしね。

 せめて「ウチから奪った勝ち点3無駄にしないで残留しろ」位にならなかったのかと。

 あのスピーチですっかり毒気を抜かれて、記念撮影も見ずに外に出たら、その後にやってた電光掲示板を送るセレモニーを見損なってしまったのが、何とも心残り。

J1 来季は金曜開催も

 DAZNから毎節1試合の金曜開催要求を、村井さんが受け取ってきました。
 ま、大口スポンサーの「お願い」に首を横には振れませんよね。
 金を貰うって言うのはこういう事です。

 流石に開幕戦と最終節は金曜開催をしないでしょうし、ミッドウィーク開催もあるので、1クラブ辺り主催1試合が最低ノルマって事で落ち着くのでは。
 ACL組はシーズン序盤で消化できそうです。
 問題は集客です。
 19時KOだと仕事終わりに出たのでは間に合わないスタジアムが結構多そうなので、時間を後ろにずらせると良いのですが。

 同時に田嶋会長が秋春制を主張したそうですが、何度もダメ出しされてるのを蒸し返すなら、出された問題点の解決策を持って来いと。
 今度の土曜に10番ゲートの席取りに並ばせてやりたいわ。
 当然来るのは朝3時で。
 今の時期だってかなり冷えるぞ。

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR