【川崎】ゼロックスカップ  (●2-3)

IMG_8217.jpg

 開催費用はJリーグ持ちのプレシーズンマッチだと思えば、それほど腹も立たないと納得する事にしました。
 このタイトルに掛けているように見えて、しっかり実戦テストしてた感じがしたもので。
 このゼロックス杯準優勝で、全タイトル準優勝の偉業達成です。
 残りはちばぎんカップのみ┐(´-`)┌。

 失点シーンはそれやっちゃ駄目だろってミスからなので、試合感が今一つだったように思えますが、スタメンボランチ二人のパフォーマンス、特にネットがあれでは攻守のリズムは悪くなるよなと。
 森谷は何とか打開しようとしていたように見えましたが、ボランチが本職でない上に前線とのリズムが合わないのでは…。
 前は前でケンゴが今一つな出来でボールの収まりもパスも良くなく体が重いようでしたが。
 前半でケンゴと森谷が交代になったのは、ケンゴはACL初戦に合わせて温存、森谷はリョータの試運転だろうなと。

 後半、ヨシトとリョータが入った事でかなり攻撃的になりました。
 ヨシトのトップ下はかなり強気に攻めていく際のオプションとしては十分にありです。
 家長や阿部とは今一つ合わない所もありましたが、実戦ですり合わせが出来たので、次はもっとボールが回る様なるでしょう。
 攻撃を組み立てながら、しっかり自分も分け前を貰う気がプレーから伝わってきました。
 ボランチもリョータがネットのフォローをしながら強気に攻めるヨシトと良い連携が出来ていた様です。
 怪我明けなので、あまり無理はしてほしくはないですが、試合感覚を戻すのも大事ですし。

 この試合、交代選手の方がガツガツと試合に臨んでいた様に見えました。
 ヨシトとリョータは言うに及ばず、今季初加入選手で唯一ベンチに入った守田は右SBは本職では無いでしょうが、積極的な上がりを見せて攻撃参加していました。 クロスがもう少し精度があれば。
 本職のボランチに森谷に替えて出していても面白かったと思いますが、これはシーズンのお楽しみと言う事で。
 長谷川も再三ドリブルで見せてくれました。
 ヨシトへのラストパスは良くあそこまで持って行ったと思います。
 あの強気の攻めがあれば、ギアを上げる存在として今季も使えます。
 知念はもう少し早い時間に入れて見せてもらいたかったですね。

 試合結果や内容的には今一つでしたが、シーズンが始まりました。

 
スポンサーサイト

【川崎】終わってみれば不敗でGL突破 ACL GL-6 東方SC戦(○4-0)

 「内容はともかく勝てば良かろう」で突破が決まる最終節の相手は最下位東方SC。
 よくよく考えれば、こことの試合をドローにしてしまったから、やらんでもいい苦労をする羽目になったのだけど、流石にケンゴを含む主力をぶつければこうなるって感じの試合になりました。

 ただ、気になったのは、新潟戦よりなんかダルな感じを受けたんですよね。
 新潟戦はもっとピリピリした感じでしたが。
 そうは言っても、特に危ない場面も無く順当にゴールを重ねての勝利。
 4点取った所で完全に試合をクローズさせる様に舵を切りましたね。
 ここで調子に乗って5点6点と取りにいって、雑なプレーになる事も無く鬼木さんがコントロールできたと見ていいでしょう。

 とりあえずGL突破は決まったものの、首位か2位かは裏の広州-水原戦の結果次第で、首位になるにはドローで終わってくれる以外に無かったのに、まさかのドロー。
 2-2だからどっちも勝ちに行った結果だと思いますが、見事に相討ちとは。


 結局のところ、川崎に喰われた所がGL敗退と面白い結果となりました。
 ドローで勝ち点は伸びなかったけれど、相手の勝ち点も奪ってきたのが、最後に効いた様です。

 ラウンド16は5/23アウェー、5/30ホームで対戦相手は鹿島に続いて2位通過したタイのムアントン・ユナイテッド。
 鹿島が不覚を取った相手だけに油断はなりません。
 ノックアウトステージからが本当のACLです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

ラグビー初観戦  キヤノンイーグルス-トヨタヴェルブリッツ(26-10)

cIMG_1831.jpg

 野津田でラグビーの試合があると知り、初観戦してきました。
 どちらかと言えば、今年最後のYASSカレー目当てって部分もありましたが。
DSC_0976.jpg

 ラグビー自体、テレビ中継しててもあまり見る機会が無かっただけに、どんなだろうかと、月曜に見たアメフトとはどうだろう化と思いながら観戦してました。
cIMG_1845.jpg
 キヤノンのメインキッカ-は14番。 前半は「どっかの14番もこれくらいFK決めてくれれば」と思いましたが、後半は…。

 意外?と言ってはなんですが、割とスピードはあった感じはします。
 ただ、相手を潰して終わりのアメフトと違って、相手を押し倒してから更にボールを奪い取りプレーを続けるラグビーはちょっと違和感を感じたのも事実。
 折り重なった中で何やってるのかが判らないのが。

cIMG_1918.jpg
ハーフタイム中のチアリーディング。 人数は少ないもののしっかりとした演技を見せてくれてました。

 この試合、観客動員は2000行ったのかどうか。
 ヤマハは13000集めたらしいですが、完全に五郎丸目当てですかね。
 なんかW杯優勝直後のなでしこの様な道を走りそうな感じがします。
 ラグビーがこのブームを上手く取り込めるか、関係者の舵取りが重要になりそうです。
 この試合は町田が協力して、YASSカレーやコンフィコンフィを初めとするホーム開催時のお店が出店してくれてましたが、試合終了後も殆どのお店が営業中でした。
 想定よりお客さんが来なかったのか、告知があまりされてなくてスタメシが充実してるのを知らずに買って来た人が多かったのか。
 Jリーグって、何だかんだ言ってもしっかり試合運営やれてるんだなと再認識してしまいました。
 W杯直後のリーグ戦でチケットが完売なのに客が来ないってのは、オーガナイズの問題です。
 興行として成り立たせて行かないと、この先厳しい事になりそうです。

cIMG_1943.jpg

【川崎】やるべき事をやったて完勝  アウェー鳥栖戦

 アウェー3連戦のラスト鳥栖戦。
 平日遠地アウェーに行ける訳もなく、セレッソ戦と同じくHUBでの観戦。
 お客さんの数は鳥栖戦の方が多かったですね。
 試合はかなり熱かったのがモニターからも感じました。
 伝染したのか、お店の中も試合が進むに連れて熱気がアップしてました。

・スタメンとフォーメーション

 清水戦と変わらず。 ベンチにレナトが帰って来ました。
 フォーメーションも変わらず、2戦連続で同じ顔ぶれなので連戦の中で熟成が進んだかと。

・ペースを掴む

 セレッソ戦、清水戦と相手に主導権を握られて危ない場面を何とか凌ぐ形でしたが、一番そんな形になりそうな鳥栖戦では川崎が主導権を握る事に成功してました。
 鳥栖も最初こそボールホルダーにプレスを掛けてきていましたが、諦めたのか段々追わずに下がるようになったので、中盤でかなり自由に動けてました。

 ボランチと2列目の4人でボールを出し入れし、そこにヨシトが下がって貰いに来たりユウが呼び込んだりと、鳥栖からすれば複数で囲んで獲りに行けば手薄になった所に出されるわ、一人で行けばかわされてやはりフリーの所に出されると、追っかけきれない状況で、引いて奪ってロングボールの戦術に切り替えた様に見えましたが、試合後のコメントを見るとフィジカル的にキツくなって追いきれなかった様ですね。
 キツいプレスの無い鳥栖は怖さが半減しますので、主導権を取れたのは当然でしょうか。
 特にエリア内だと不用意な接触はPKの危険があるので、狭い中でボールを回されても無理に獲りに行けませんし。

・ノボリ 初ゴール

 左サイドでのボール回しで完全に崩して、後は中のFW二人にどう仕事をさせるのか?と思ったところでノボリが深いところから切れ込んでニアにシュート。
 GK林とポストの間を狙っていた様ですが、仮に林がセーブしてもこぼれ球を押し込めるくらい川崎もエリア内にいましたので、あそこでマイナスのクロスにしなかったのは正解だったかと。
 しかし林も昨季は清水でケンゴに狭いニアを抜かれたり、きちんとポジション取っても通されるってのは堪えそうですね。

 後半SBは高い位置を取る様に指示が有った様ですが、SBが攻撃参加した事でサイドでの攻撃が活性化した様です。
 特に左はレナトが入ってより攻撃的になってましたし、もっと点が取れてもおかしくない感じでした。
 SBが上がった後ろはCBがフォローに回っていたので、逆にサイドを攻められても危ないスペースを与える事はありませんでしたので、サイド重視の相手だとこう言った攻め方もありですね。

・守備陣の奮戦

 2試合連続クリーンシート、3連戦で1失点は立派な成績です。
 CB・SBとも顔ぶれが変わりましたが、ここまでやれるとは思いませんでした。
 選手間でいい競争ができている様です。
 ケンゴとリョータのボランチで守備重視な布陣ではありませんが、各人が持ち味を上手く出して守れてます。
 そしてリキが異常に当たっている事。
 良いときは良いのですが、一転追い込まれるとポカをやるイメージがあって安定感のある西部と比べると危なっかしい感じがしていましたが、好セーブを連発で自信を持ってやれているので、このままいって欲しいです。

・選手交代

 枠を使い切らない事でアンチに文句を言わせるネタとなっていましたが、きっちり枠を使い切ってその交代の意図も判る様になりました。
 ベンチメンバーとスタメンとの差が埋まってきて戦術的な交代ができる様なって来たかなと。
 この試合では下がり気味の鳥栖にプレッシャー掛けるのにレナトを入れ、中盤でボールを奪ってカウンターに繋げるのにパウロを入れ、終盤パワープレー対応でアンカー位置にソータをいれてと、勝ち逃げる形は作りました。
 後はビハイドを負った後半でどんな攻撃カードを切って形を作るかですね。

・らしくなかった鳥栖

 この試合、何時もの鳥栖らしさが感じられませんでした。
 特にボールホルダーに対するプレスが甘い事、豊田にボールを当てるにしてもその精度が甘い事、無駄にスペースを作る事。
 昨季では殆ど考えられなかったのですが。
 コンディション作りに失敗したと言われますが、本当にそれだけなんだろうか?と。
 特にサイドからゴール前に豊田に入れるクロスの精度が低く川崎にクリアされるシーンがかなり多かったです。
 旧タニを入れてパワープレーを仕掛けたときも、ゴール前に密集していた割に良いボールを入れられなかったので、フィニッシュも甘かったですし。

・メモリアルマッチクラッシャー

 セレッソ戦は柿谷ラストマッチ、鳥栖戦はユニを変え客にまで配る様な最多観客数を更新した大イベントと、何時ものホームゲームとは異なる空間で有ったところで、ホームのアドバンテージがかなり下がったんじゃないかなと。
 どっちも鬼門で向こうからすれば「勝って当然」「勝ち方に拘る」レベルで観客は見ていたでしょうし。
 サッカーはメンタルも大事な競技だと認識させられました。

 清水戦は…ここのところお得意さんですので、ちょっと違うかなと。
 

 ACL絡みでイレギュラーだったとは言え、鬼門遠地2カ所を含むアウェー3連戦って一体何をやったらこうなるのかと。
 川崎以外はホームゲームがあったのに。
 負け越して帰って来てたら日程君に恨み言の一つも言いたくなるところでした。
 明日は7月最後のホームゲーム。
 勝って7月は完勝で終わらせたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今週は新聞休刊日の関係で火・金発行です。

 週末開催のJ1J2のレビュー記事になります。
 トップは名古屋-浦和戦から。
 柏戦は2ページ貰ってます。
 金久保のコラムも有ります。

 J2は千葉-湘南戦が2ページで大きく。
 湘南、強いです。

 

スマホ用アプリ

FC2用のアプリがありましたので試してみます。
ココログと違って、使い易そうです。
ニフティももう少しスマホ対応を真面目にやってくれれば、ココログでブログ開設したんですが。

タグを張ってみる

タグを張ってみます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

初めに

新しくブログを始めました。

川崎フロンターレと町田ゼルビアを中心にサッカーの話題を書いていきます。
お暇ならどうぞ。
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR