【川崎】勝負を分けたのは決定力の差  アウェー広島戦(○0-3)

 降格圏に沈む広島との対戦。
 等々力でやった時とは監督も戦術も変わっていますし、残留の為にホームで勝ち点3を取りに来る事が判ってただけに厄介な相手でした。
 実際、リザルトは圧勝ですが、内容的には広島に押されている時間帯が多かっただけに、
先制点が広島に入ってたら持っていかれてましたね。

 勝ちましたが、ソンリョンが負傷交代になったのは痛いです。
 どの程度掛かるか判りませんが、ルヴァン決勝に間に合う事を祈ります。

 この試合ネットと家長が有休となった事で、エドゥをCBに入れて、タニをボランチに上げ、左右のSHには三好・長谷川を入れましたが、序盤はボールが思うように回らず、プレスを掛けてくる相手を上手く外せなくて、アンカーの青山の左右のスペースを使う事が中々出来ませんでした。
 タニが入る事で中央の守備は硬くなり、左右SBの裏のケアもある程度出来るようになったので、CBが引っ張りだされるケースは減りました。
 広島の左右からのクロスで攻めてくる事への対応はそれなりにできましたが、やはりネットのようにリンクしてくれて、前線の家長のキープが無いとボールが落ち着きません。
 時間が経つにつれて、タニのボランチも機能し始めましたし、CBから前線に直接付けるフィードも見られるようになりましたが、もう少し熟成が必要な様です。
 悪いなりにも勝てたのは広島の拙攻もありますが、タニも含めてDF3人が中央を固め攻撃を跳ね返す事ができた事が大きいかと。

 広島の攻撃がいま一つだったのは、勝ててない事で決定機を必要以上に大事にしてしまった事でしょうか。
 後半パトリックを投入して来ましたが、ここにドンピシャでボールを放り込まれ続けたら、ちょっと厄介でした。
 広島がフォーメーションを変えた事で左右の圧力が増した事に、鬼さんはノボリとタサを入れて手当てしたのが効いて広島の攻め手を減らす事はできました。
 ノボリと一枚上がってきたエウシーニョは攻撃に入ったときに左右で槍が勤まりますから、守ってカウンターの攻め手がある事でリードしている状態での対応は2枚しかないカードを使っての戦術としては悪くなかったと思います。

 夜の鞠-鹿島戦で、鞠が5年ぶりに鹿狩り成功して足を止めてくれた事で、勝ち点2まで詰まりました。
 不利なのは変わりませんが、逃げる鹿の尻尾は掴める位置には来れたと思います。

 



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【川崎】これが等々力劇場 ホーム仙台戦(○3-2)

 流石に3連戦の3戦目となると、どこをどうするんだろうと言う感じでしたが、仙台は2ndLeg有休の石原とGLを清水で出ていて出場できない野津田の出場、川崎は車屋が代表帰りと、変わる部分がありました。
 その変化を上手く作ってきたのは仙台で、川崎はお世辞にも上手くやれてたとは言えない前半で、しかも軽率なプレーで家長が退場。

 後半も上手く回らなかった川崎を尻目に追加点を奪って勝ちに来た仙台の図式で、流石に来れば駄目だろうと、せめて1点は取って終わってほしいと思ってましたが、エウシーニョのゴールから一気に雰囲気が変わりました。
 観客席もストレスのたまる展開にしらけた感じもしていましたが、あの一撃で爆発した感がありました。
 ここまでガツンときたのっていつ以来だったか。
 川崎に火がついたのに対し、仙台がバテたのか?足が止まってきてましたので、流れを引き戻す事が出来ませんでした。
 ゴール前を人数を掛けて固めていましたが、3ゴールがすべて横に動いて守備を切ってのシュートだったので、マークの受け渡しとかもあるでしょうが、誰がどう当たるのかで混乱してたのかもしれません。
 5分で3点叩き込まれれば混乱するなとは言えませんが。
 
 この試合が苛つく展開になった一因は、池内主審の不安定なジャッジでしょう。
 止めるのか流すのかの基準が判りにくく、アドバンテージかと思いきや笛が鳴ったり笛を吹くところで流したりと、一個一個のファールは意味あるジャッジだったのかもしれませんが、止めるタイミングがリズムをぶった切るものでした。
 これが両方のチームに掛かってくるのですから、双方苛つきながらのプレーに。
 前半終盤でオフサイドを巡って両チームでばたついた後、鬼木さんと渡辺さんがテクニカルエリアを出てセンターラインあたりに並んで何やら話してましたが、S級取ったときの同期で仲が良くても、流石にチーム監督の立場で試合中に話しをしてるってのは滅多にある事ではありません。
 ちょっとネットを見ても、あっちこっちで色々と香ばしいジャッジをされてた様で、J1で笛を吹くのはまだ早いんじゃないか?と思わされます。
 今後も担当される可能性があるだけに、主審の発表時にため息をつく試合が今後もあるんだろうと思うと憂鬱になります。
 毎回、ジャッジを捩じ伏せて勝てれば良いのですが。

 鹿島も広島に勝って点差は変わりませんでしたが、離されれば終戦だっただけに貴重な勝利となりました。
 次節はその広島との対戦ですが、簡単に勝たせてくれる相手ではないだけに、この勢いで進んでほしいところです。




にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】経験値の差  ルヴァン杯SF2ndLeg仙台戦(○3-1)

 この試合、川崎は奈良の退場と言うハプニングに対してACLで浦和に払った高い授業料で得た経験を活かしましたが、仙台から見た場合タイトル争いの経験が無い事で墓穴を掘ったとも言えます。
 結果として1stLegで知念が奪ったアウェーゴールが効きましたが、仙台にとっては前半にPKで取った3点目でゲームプランが狂ったのでは?と2試合を通して見てそう思えました。
 準決勝を戦うにあたって、仙台の渡辺監督はあらゆる事態を想定していたと思いますが、1stLeg前半に3点差をつけ、相手は全くいいところが無い状況までを想定していたか?
 かなり都合のいい設定ですしね。
 それだけに、後半をどう戦うか修正を掛けてはいたものの、川崎が掛けてくる修正をどれだけ反映できたか。
 更に攻めたててもう1点奪って試合を終わらせるのか、アウェーゴールを与えないで行くのか、ちょっと見えませんでした。

 2ndLegはまずは1点取って先制するしかない川崎に対して、仙台はアウェーゴールをとりたいが失点もしたくない、上手くやれよって感じになりました。
 三好の先制はケンゴの意表をつくバックパスから産まれましたが、仙台の5バックになる守備の隙間をダイアゴナルに切り込んで裏抜けしGKとの1対1を仕留めましたが、この前にも左右で何度か同じ様な仕掛けで上手く行ってたので、どうやっても守りきると言った感じでも無かったです。
 三好の2点目も良くあそこに詰めていたと思いますが、エウシーニョも同じ様に守備陣の隙間から入り込んでいたんですよね。
 1点を追っかける状況だったにしても、これ以上失点したくない状況にしては問題をケアしてこなかったのはどうしてなのかと。

 このあと、奈良の退場で流れが変わりましたが、川崎がACLの経験を活かして跳ね返すだけでなくカウンターで攻め手も残しているのに対して、仙台は前を厚くしてパワープレーに来ていました。
 ACLの時なら川崎に反撃する力がなかったのでこれで正解ですが、後ろを削ったツケとして、川崎にカウンター仕掛けられたら薄い守備陣で抑えなければならず、低い位置で取ったボールをロングボールを放り込んでも跳ね返され、セカンドボールを拾えない。
 長谷川とハイネルの裏抜けだけでもしんどいのに、家長とエウシーニョのここぞと言うところでの上がりやボールキープに手を焼く事になりました。
 前半に効きまくってた中野のドリブルも、シャドーに野沢を入れてウィングに下げた事でゴールから遠くなり、エウシーニョと連携して押さえ込めと指示されたであろう長谷川の守備で切れ味が落ちました。

 この試合は川崎が頑張ったのは事実ですが、仙台が微妙に悪手を打っていたのも効いていました。
 このあたりがタイトル争いの経験が乏しい仙台と、昨季に二つのステージ優勝に年間一位争いを展開し、鹿島とのCSと天皇杯決勝を経験した川崎との違いだったのかもしれません。
 昨季は熾烈なタイトル争いを経験してたのは古株のケンゴやノボリ、タサ位でしたが、今季は殆どの選手が経験しています。
 これが一番の差ではないかと。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】何時までも初々しい青嶋アナ ルヴァン杯SF 1stLeg仙台戦(●3-2)

 等々力に出かける前、スカパー!で1stLegの再放送を見ながら。

 この試合、フジテレビサッカー中継のエースコンビ、青嶋アナ+清水氏の中継となりました。
 フジの中継のレベルはなぁと思ってLIVEは見てましたが、この前裏の大阪ダービー中継再放送を見ていて怒りが。
 やれるときはやれてるじゃないか!と。

 青嶋アナの試合を通じての「決めセリフ」(○鹿の一つ覚えの好意的表現)や、試合のシーンに係わらず発する取材成果(「取材してるんだぞ」と自慢と思ってはいけない)は、いい加減苛つくし、のべつくまなく発声し続けなきゃならないって「間」を考えてるのかよく判らない実況は、経験値が低いのかいい指導を受けてこれなかったのかは判りませんが、もう少しどうになならんのかと。
 清水氏も「言ってる事は正しいかもしれないが、その小馬鹿にした物言いはどうよ」って解説は相変わらず進歩なく、この人が未だに重用されているって事はフジは風間さんを失った穴をいまだに埋めきれてないんだなと思わされます。
 そもそも、どっちもロクにJの試合見てないんじゃないかって気がしてなりません。

 実況+解説は最悪音を低くするかミュートすればいいけれど、フジの悪い癖の画面のスイッチングのタイミングと選択の悪さや、プレーが続いているのにリプレイを入れて終わったらセットプレーになってて、なんでセットプレーになってるのかわからなかったりと、生中継って意味がわかっているんだろうかと思います。
 バレーやF1を生でなく録画放送しているような局なので、生中継のスキルを失ってしまったんでしょうか。
 大阪ダービー中継の方は、こんなストレスもなくすんなり見れた所を見ると、生中継のレベルは関西テレビの方が上のようです。
 スカパー!が育てた中継をJリーグが上手くDAZNに引き継げたので、経験値の高いスタッフのJリーグ中継や、スカパー!が直接手がけたルヴァン杯GLや天皇杯中継と比べると、年に何度も中継しないフジのレベルが低いのは仕方無いですが、正直なところ、この中継を有料で放送するってのはかなり勇気が必要な行為ではないかと。

 とりあえず、試合の振り返りもちょっと。
 ・前半は今季最低の出来
 なんでF東戦の1stLegの様にターンオーバーでBチームでいかなかったのか。
 疲労度を読み違えたのか、アウェー甲府戦の様な感じでした。
 疲れて来ると露骨にネットのパフォーマンスや判断が悪くなるので、この試合は休ませるか後半投入でも良かったと思います。

 ・長谷川は何処にありや?全世界は知らんと欲す。
 3バック時のWBはSHとSB、どっちの資質を重視するかは難しいところです。
 恐らく押し込めて行ける相手なら、高い位置を取って攻撃参加する長谷川の長所はでるけれど、最終ラインが1トップ2シャドーを捕まえきれてない状況だと、SB資質の高い選手が必要になります。
 車屋を拉致られたダメージがここで出ましたね。
 長谷川の裏を使われるので奈良が引っ張りだされるものの、奈良のカバーにスライドしようにもタニはクリスランと1:1でやり合っているのを捨ててはいけない。
 結局、左サイドのこのスペースを使われての2失点となりました。

 ・知念初ゴール
 値千金の2点目をたたき込んでくれました。
 森本がいないところで、しっかりと代役を果たしてくれました。
 この1点、大きいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】まだ終わらんよ  ホームC大阪戦(○5-1)

IMG_6305.jpg

 前半のアウェーでは、ACL帰りで消耗してベストメンバーを組めずにボコられましたが、この試合ではお互い同じ様な日程で戦ってるので、ほぼイーブンなコンディションで対戦となりました。
 神戸戦でリョータと阿部が負傷離脱した中で、セレッソ相手にどうなるのかと思いましたが、二人の不在を感じさせない川崎らしいサッカーで勝てました。
 神戸戦の鬱憤をぶつけられたセレッソもいい迷惑だったでしょうが、みんな神戸が悪いんです。

 この試合のゴールはすべてゴラッソでしたが、中でも森谷とエウシーニョの1点目は凄まじかったです。
 森谷のロングシュートはいかにも彼らしい「魔球」。
 GKに無回転であのスピードで落ちてくるボールをクリアしろってのは、流石に無理です。
 エウシーニョのシュートも、ピッチでバウンド後加速するように伸びていったので、止める側は対応しきれません。

 ゴール以外にも惜しい場面も多く、セレッソの守備陣を完全に崩せてました。
 セレッソは何故か前線が守備しないので、川崎の攻撃を最終ラインが一身に受けてと言う形だったので、ほぼやりたい放題になりました。
 高い位置で奪われるシーンも少ないので、カウンターで崩される事は殆どなく、健勇は奈良が完璧に抑えていました。
 日本代表の健勇のゴールを狙ったカメラマンが前半はセレッソ側に多数いましたが、試合の流れを読んだのか?後半は川崎サイドで狙ってましたので、プロの目から見ても川崎のゲームで動かないと読んだのでしょう。

IMG_6384.jpg

 惜しいのは柿谷にこぼれ球を押し込まれたシーンくらいでしょうか。
 あれはなんか、ちょっと抜けた感じがしてました。
 でもそこから崩れずに更に攻めたてた所が頼もしかったです。
 それだけに家永のあれをPKで取ってもらえなかったのは残念でした。

 鹿島が鳥栖に破れた事で、残り試合6に対して差は5点。
 再び試合数以下の差となりました。
 この状況で逆転したのは鹿島のみ。 鹿島に出来て川崎に出来ない理由は無いですから、まだシーズンは終わりません。
IMG_6422.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】芝だけの問題か? アウェー神戸戦(△0-0)

 DAZNで観戦した限りでは、勝ち点1を持ち帰ったと言うより、2を落としてきた試合と行った所です。

 J1でやるにはどうよ?と言う感じの平常運転なノエスタでしたが、それは事前に判ってた事で、ある意味相手のスカウティング以上に気を配る所です。
 パスがずれる、トラップがシビアになるのでれば、アーリーでゴール前に放り込む揺さぶりを増やしたり、ドリブルで持って行ったりミドルを積極的に撃つとかがあっても良かったのでは。
 そうなると高いボールを競るのがいま一つなユウはターゲットにせず、早めに森本入れてセカンドを拾わせるのもありかと。
 天皇杯清水戦の森本の2点目みたいなやつが理想ではありますが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】総合力  天皇杯R16 清水戦(○4-1)

IMG_6093.jpg
 土曜にアイスタでリーグ戦を戦って中三日で等々力での再戦。
 リーグ戦も狙う川崎とリーグ戦を捨てられない清水と、状況は異なるものの立場にそれほどの違いの無い両者のスタメンは、
川崎はBチーム+α、清水は1.5軍とサポが称する顔ぶれに。
 抱えている選手数に大きな差がある訳でないので、どれだけ使える様に仕上げているかの差に見える対戦となりました。
 清水はルヴァン杯GLでサブ組を使っていましたが、川崎も序盤の怪我人続出状態で使える選手は使われていて、F東とのルヴァン杯準々決勝でも起用された選手が多かったので、サブ組の経験値としてはそれほど変わらないかと思っていましたが。

 結果を見れば森本の初ハットトリックを含む4ゴールで圧勝と言っていい試合でした。
 ミッシェル・デュークに取られた1失点は勿体なかったですが、エドゥの甘い対応で金子にシュートまで持っていかれたのは問題です。
 この辺が奈良がスタメンを取っている理由でしょう。
 エドゥがぴりっとしない所はありましたが、それ以上に清水のカヌとフレイレのCBコンビは酷かったです。
 今の時期にあれでは、伸二さんも怖くて使えないでしょう。
 清水の前線に入った金子が嫌らしい感じでしたが、村松の負傷で中盤に下がってからは、最終ラインにあまりきついプレスは掛からず、切り札になるテセの出番も無くなったので、ほぼ順当に勝てたかなと。
 Bチームの安定感はここ数年で一番だと感じた試合となりました。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

 

 

【川崎】Reset アウェー清水戦(○0-3)

DSC_2429.jpg

 ミッドウィークのACL 2ndLegの敗戦から中二日の厳しい日程でのアウェー清水戦。
 しかも来週ミッドウィークには等々力で天皇杯を戦う相手でもあり、大会が異なるとは言え2連戦をどう戦うかも考えながら対戦する必要がありました。

 この試合は浦和戦から阿部とネットを外して、森谷と長谷川を入れた以外は変わりませんでした。
 ケンゴと車屋は前半でピッチを後にしているとは言え、他は60分も浦和からタコ殴りの攻撃を耐え続けているだけにどうなるかと思いましたが、自分たちでボールを握り倒して動き続ける事ができました。

 スタメンになった森谷と長谷川はフレッシュな事を認識して誰よりも走る事を見せてくれました。
 森谷はボランチでは難しいと思っていましたが、この清水戦の様に押し込んで行ける相手だと問題は無かったです。
 受けて出して動くを忠実に的確にやり続けてました。
 後半アディショナルのカウンターで持ち上がった際にシュートまで行ってほしかった所ですが、時間を使って且つゴールの可能性の高いプレーを選択したのであれば、理に適ってます。
 以前なら最後の最後までゴールを狙うのが川崎でしたが、今は確実に勝つ事と無駄な失点をしないで試合をクローズさせる事が優先されている様です。

 長谷川も車屋とのコンビで左サイドの制圧に重要な役割を果たしていました。
 スプリント回数の多さは前線に出たボールを追いかけていたことを示しますし、ゴール前に飛び込んで行くシーンも多かったです。
 ドリブルでの突破も清水には十分効いていましたし、相手のサイド攻撃を押さえ込む事にも成功してました。
 
 今節の結果で、鹿島との差は詰まらなかったものの、3位~5位が足踏みした事で2位争いで頭一つ抜ける事になりました。
 ルヴァンと天皇杯があるので、完全にリーグ戦に集中出来るわけではありませんが、今季の順位で得られる賞金に大きな差が出るので、鹿島を追っかけつつ下位の取りこぼしをしない様、より高い順位でフィニッシュする事がリーグ戦では求められます。
 残り試合で柏・セレッソ・ガンバ・浦和を残していますが、今回の様な試合が出来れば結果は付いてくるでしょう。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】何故ベストを尽くさないのか ACL準々決勝2ndLeg 浦和戦(●1-4)

 今回の記事のタイトルは、好きな作家が昔書いた短編のタイトルを使わせてもらいました。
 中立な立場の人がこの試合を見たら、恐らく川崎の戦い方にこう思えたはずです。

 この試合のポイントの大きなものは前半の車屋の一発退場でしたが、このプレーを誘発したのはその直前の興梠の同点ゴールですし、興梠のゴールがあの時間に決まらなくても、点を取るしかない浦和が川崎のゴールをこじ開けるのに、それほど時間は使わなかったでしょう。
 そう思えるくらい川崎側のプレーは緩慢さが見えました。
 浦和の圧力はかなり強かったですが、2点差をひっくり返す気でプレーしているのだから当たり前で、その圧力に普段通りのプレーが出来てませんでした。
 ホーム鞠戦から中三日での試合ですが、浦和も柏とホームでやっているので条件は変わりません。
 カップ戦ノックアウトステージならではのプレッシャーにしても。

 この試合でケンゴを車屋退場でフォーメーションの見直しをするのに、早々にケンゴを下げた事を問題視されてますが、鬼木さんのコメントから見ると悪手では無かったと言えます。
 あのハプニングを落ち着かせる事とすぐに守り一辺倒にはならない意思表示で、一枚目のカードはエドゥではなくベンチで一番のベテランであるタサを投入していますし、右足首に問題を抱えていたリョータを下げる時にエドゥを、前線からのプレスが掛からなくなったユウに変えて森本と、打つべき手は売ってます。
 ケンゴとリョータを下げる事で負うべきリスクは想定していたでしょうし、この試合ではそのリスクが出てしまった形です。
 ただ、このプランで気になったのは、浦和が見てどうかと言う点をどこまで見ていたかです。
 戦うと言う事は己の意志を相手に強要すると言う意味で、戦術とはぶっちゃけて言えば相手に対する嫌がらせの手段です。
 浦和の選手のコメントから見ても、ケンゴを下げたのは彼らに対する嫌がらせの度合いが下がってしまった事を意味しています。
 ケンゴとリョータがいなくとも、縦にボールを入れて押し返す事が出来ていれば、1点の余裕が活きてきた筈ですが、残念ながらそこまでする事は出来なかったのが、この準々決勝の敗因でしょう。

 これでACLが終わり、日程的には大分楽になってきました。
 4冠取れるほどの戦力があるわけでなく、捨てるものを絞って行く必要がある訳でしたが、後味の悪い終わり方をしたこの試合を活かしてくれれば、この負けは無駄にはならないと思います。

IMG_6293.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ライトニング・ボルト ホーム横浜戦(○3-0)

IMG_5967.jpg

 このところ記事を全く書けてませんでしたが、ボチボチと復帰していきます。

 ルヴァン準々決勝でF東をボコボコにした余勢を駆っての神奈川ダービー。
 鞠との試合って、ダービーだ!と乗っていくより、リーグ戦で1、2を争う「めんどくさい試合」で、勝っても負けても色々とあるのが。

 この試合は矛盾決戦とか言われてましたが、見事に矛が盾を切り裂いた試合となりました。
 盾と言っても、無垢の鋼の一枚鈑でが立ちふさがっている訳でなく、継ぎ目や隙間は今の川崎から見れば十分にありました。
 流石に神戸やF東ほど緩くはありませんでしたけれど。
 前回はリョータ不在家長フィットせずな状況でしてやられましたが、今回は頼りになる二人が揃っている状況で、阿部やユウも好調とあの時とは違います。
 まさに研ぎ澄ました矛となっていました。
 特にリョータの無双っぷりは、いったい何があった?と聞きたくなるくらい、攻守に渡って冴えてました。
 特に守備に回ったときのボール奪取は、パスコースを読んだだけで出来るのかと。
 その分相手からはかなり削られ、試合後のヒロインもそこそこにロッカールームに引き上げてしまったのは気になります。
 問題にならなければ良いのですが。
IMG_6083.jpg

 得点シーンは鞠のパスをカットしたところからのカウンターですし、ゴールにはなりませんでしたが阿部の枠内シュートも同じ様な形でした。
 それ以外でもパスのカットが出来てたので、攻撃の目を摘む事が出来ていました。
 スカウティングで鞠のパスのパターンを掴んで、選手に落とし込んでたのでしょうか。

 その他になんと言うか、勝負にこだわるレベルが一段上がった様な感じがします。
 完全に試合が決まってしまった後の、ルヴァン準々決勝2ndLegで最後にヨシトに一発ぶち込まれた事を問題視する選手がが多かったと言われてましたが、この試合も3点取って今までなら更に攻め続けてた所を、試合をどう終わらせるかにこだわってた様に思えます。
 麻生に来たボルトから「王者の金言」を貰った事も効いているのかもしれません。

 最後にやられる隙が無くなってきたとしtら、残る問題はやはり過密日程ですかね。
 ACLにルヴァンに天皇杯と、気の抜けない試合が続きますから。

IMG_6105.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR