【町田】ボールと地面の争い アウェー岐阜戦(○0-1)

 3連続アウェー最終戦は大木監督のサッカーが根付いて4連勝と好調の岐阜戦はDAZN観戦でした。

 大木さんのサッカーは、狭いエリアでボールを繋いで前に運んで行くサッカーで、相馬さんのコンパクトな陣形からボールを奪って前に展開するサッカーとは、まともにかみ合うものでした。

 試合展開もプレッシングで押し込む町田をパスで交わしながら、広く空いた町田の裏にロングボールを打ち込んで来る形になりました。

 町田は岐阜陣内に押し込みながらも、焦らずにボールを握る岐阜に手を焼く展開に。
 ボールを奪ってシュートもスペースを消されてCKに逃げられ、しっかりと守られる。
 町田がセットプレイの山をこれだけ築くのも珍しいのではないかと言うくらい、町田のお家芸を無力化されました。
 決勝点はCKからのオウンゴールと、なんかこの試合らしい決着でした。
 町田にあれだけCKを与えても守りきれるセットプレイの守備力でも判る様に、良く整備された組織だった守備が構築できたから、好成績をあげられているのでしょう。
 そんな相手に自分たちのサッカーをやり続けて、堅い守備をこじ開けた町田も3位にふさわしい。
 前節の徳島も癖のあるサッカーで苦しみましたが、良いサッカーをやってるところとやって勝ち点を稼げたのは、この先を考えても大きい勝ち点になります。

 奇しくも今節の結果で、山口・大分・町田のJ3上がりがトップ3を占めました。
 どこも紆余曲折のあったクラブばかりですが、それだけにしぶとく上位戦線をかき回して行くと、魔界J2がより楽しくなりそうです。

 最後に、怪我で戦列を離れていたパウロが町田戦で復帰。
 ボールを持ってドリブルを仕掛けるとあがる声援に、岐阜サポさんに愛されているのを感じました。
 川崎退団の経緯もあって、岐阜でも問題起こしてないか気になってましたが、元気なプレイが見れて何よりです。
 そしてコーヤ。
 コーキと一緒に厳しい状況の川崎に来てくれて、今のスタイルの基礎作りの役割を担ってくれましたが、一部サポからの嫌われぶりに申し訳なかったです。
 今の岐阜で主力としてプレイ出来てる姿は、頼もしい限りです。

スポンサーサイト

【町田】ここにあるサッカー  ホーム愛媛戦(○2-1)

IMG_0879.jpg

 W杯の中断期間に入ってJ1は無くてもJ2はある! たとえルヴァンのPOで甲府が暴れていようとも。
 W杯でどんなサッカーやってようが、別に生で見れるわけでもないですし、どんな良いテレビで見ていようとも、下のカテゴリーだろうがスタジアムで観戦するほどの臨場感はない訳で、ケバいオバサンが年間何百試合だか何千試合だかを見てると豪語しようとも、そんなもんはテレビ以外に趣味のないジイサンバアサンが日がな一日時代劇や土ワイ・火サスの再放送をみてるのと、どれだけの差がありますか。
IMG_6677.jpg
IMG_0898.jpg

 愛媛と言えば、泥臭く強かに戦って勝ち点をもぎ取っていくイメージ。
 これがJ2だと痛い目に合わされる存在でした。
 ここまで2勝しかしていおらず降格圏をうろついている状況は、一体何があったのかと。
 厳しい試合になりましたが、厳しくしたのは町田の問題で、愛媛は個人としては球際も激しく戦っていましたが、チームとして戦えていたかと言うとどうかなと。
 3-4-2-1で攻撃時に5トップ化できるフォーメーションなら、ボールを奪って逆サイドに展開して押し込む「町田対策」も嵌まるでしょうに、それが見えたのは終盤になってから。
 監督が指示してないのか、指示しても動かないのかは判りませんが、町田の試合にできる状況でした。
 実際に作った決定機は数多く、このうち1/4でも決めてれば虐殺モードの試合で終わった筈。
 PKで先制されたのは避けていたのにぶつかったハンドと不運でしたが、愛媛にそれほどチャンスを与えて無かっただけに、勿体ない失点でした。
 あれは取らない主審もいるでしょうし。

 このまま1点差で後半に入るのかと思っていたところで、中島のゴールで同点に。
 セットプレーから跳ね返されてもPA内にボールを入れ続けたところで、中島にボールが渡ってシュート。
 DAZNの見逃しを見てるとオフサイド取られそうな感じでしたが、カメラの角度のせいでしょうね。
IMG_0920.jpg
IMG_0922.jpg

 アフターゲームショーで平本アニキも言ってましたが、ハーフタイムに負けて入るのと同点で入れるのはかなり違うそうです。
 追いかけなきゃならないより、同じ立場で入る方がずっといいと。
 後半も同じ様に焦り無く攻められたのは、そうした精神状態もあったのでしょう。

 ただ点が入らない。
 愛媛が固いと言うより、町田が決めきれない状況で、お互いにピリッとしたところが今一つ無かったのですが、
 それでも攻め続ければ状況は変わってきます。
 セットプレーで深津が引き倒されてのPKゲット。
 主審の真ん前で腹にがっちり両手を回してたら、流石に誰でも笛吹きますわ。

IMG_0984.jpg
IMG_0985.jpg
IMG_0986.jpg
IMG_0987.jpg
IMG_0988.jpg
IMG_0989.jpg
IMG_0993.jpg
IMG_0990.jpg

 これを孝司がしっかり決めて逆転。
 2トップが揃ってゴールはいつ以来でしたか。
 これで勝ったなと。 1点差でもしっかりクローズできるので安心感があります。

 岡山戦で悪いサッカーをやってた訳でないので、連敗でずるずる行くとは思っていませんでしたが、やっぱり勝たないと安心はできないですね。
 このあとミッドウィークの天皇杯岡山戦、徳島戦、岐阜戦とアウェーが続きますので、ここで調子を落とさずにホームに帰ってきてほしいです。

IMG_1012.jpg
IMG_1013.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】上位対決  ホーム岡山戦(●1-3)

IMG_0759.jpg

 今季好調を保って上位につける岡山を迎えての一戦。
 良い試合だったと思います。
 特にやられまくっての敗戦でないだけに、逆にダメージが大きいのもしれませんが。

 町田としては前半に押し込んで岡山が後手に回って対応に苦慮しているうちに先制点をとれなかったのが、この試合の敗因だったと思います。
 後半に岡山が多少弄って来た事に対応仕切れないうちに、良い位置でFKを与えて失点。
 上だのFKはJ1クラスのゴラッソな一撃でしたが、キック寸前まで壁を弄ったり、福井の前に選手をうろうろさせたりと、集中を切らせるようなことをしているうちに決められたのは、岡山の強かさでしょうか。

 そして前がかりになったところを抜けられてのカウンターを喰らい、赤嶺の動きを止めたと思ったら、フリーで反対側にいた仲間に出されて、バシッと打ち込まれてしまいました。
 3失点目のPKも同じ形で高い最終ラインの裏に抜けられてのカウンターからでしたし、岡山の前線のスピードに苦戦させられた試合になりました。
 酒井が負傷交代していなければ、また違った展開になったかもしれません。

 3点差を付けられても諦めずに攻め続け、1点をもぎ取ったのは今季の好調さを表していると思います。
 今日は負けたけど次の試合では、と希望を繋いだ1点になったと思います。
IMG_0878.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】3連勝  ホーム讃岐戦(○3-0)

 雨の中での開催となりました。
 ピッチに水が浮く感じはしていませんでしたが、ボールは滑っていたようです。

 3連敗の後、ヴェルディ・横浜と連勝して調子が上向いている状況ですが、讃岐の北野監督は町田対策をしてきたようで、フォーメーションを弄ってきました。
 そのせいもあってか、前半の半ばくらいまでは讃岐にペースを握られてた様に思えます。
 木島弟のバー直撃、福井がビッグセーブでクリアしたアレックスのヘッドのうち、どちらかが決まってたら試合の主導権を完全に讃岐に持っていかれるところでした。
 重松の無回転ミドルもやばかったですし。
 この運のなさが連敗したりと調子が上向かない理由かもしれません。

 町田にしても、中村と深津の負傷でカードを切る羽目になっていますので、流れを変えるための戦術的交代はできませんでした。
 讃岐がから回っていたので、戦術カードを切れなかった事はそれほど不利にはなりませんでした。
 セットプレーの流れからの大谷のボレー、サイドを攻略してのクロスをゴール前でヘディングで押し込んだ吉濱、GA内でボールを繋いで最後に流し込んだ杉森、どのゴールも良かったです。
 ここにきて怪我人が出てきたのは、今後にどう影響するかですが、この試合に関しては交代で入った選手がしっかり仕事をしてくれました。
 控え選手もしっかり準備が出来ている良い状態でチームが回っているので、そう大きく崩れる事はないかと思いますが、運動量を要求されるサッカーですので、暑くなってきた時にコンディションを落とす選手が出てきた時にどうなるかですね。
 相馬さんも少しづつ休ませながらやっていくとは思いますが。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】一眼レフ使用禁止問題 解決

 先日記事にした『町田の一眼レフ使用禁止問題』について、町田ゼルビア公式サイトで『公式リリース』がアップされました。

 やはり発端は撮影していた観客と一般の観客との間でのトラブルでした。
 そのために迷惑行為があった際には注意すると言う意味合いだったとの事ですが、公式サイトの文言からはちょっとそこまで読み取れませんでした。
 また、今回のようにニュースリリースの形式で出してもらっていれば、認識する事が出来たと思います。
 説明が言葉足らずであった事と、関係者間に認識にずれがあったのが、横浜戦で表面化したと思います。

 なにはともあれ、節度を持ってであれば従来通りにスタジアム内での写真撮影を楽しむ事が出来るようになりました。
 本件についてクラブと解決に向けて話し合われたNOBU氏に敬意を表します。

 レンズ、修理に出さないと。
IMG_8619.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

 

【町田】一眼レフ使用禁止!

 家に帰ってtwitterで#zelviaのつぶやきを読んでいたら、一眼レフ使用を注意されたとの発言が。
 今年も野津田には一眼レフ+望遠を持ち込んで撮影してたのですが、今までは特に注意もされませんでしたし、席取り後に貴重品だけ持って外に出た後の再入場時の荷物チェックで、カメラバッグ開いて一眼レフ入っているのを見せても何も言われなかったんですけれど。
 横浜戦は望遠レンズが故障して持っていかなかったので、こういったチェックは受けなかったのですが。

この件、公式サイトに記載があると言うので見に行ったけれど、どこにあるかすぐに見つけられず。
今年からと言うので、お知らせを遡ってみるも、それらしきお知らせは無く、結局一番下の「FC町田ゼルビア観戦マナー&ルール」 に記載があるのを見つけました。
 こんな禁止事項については、見やすいところに大きく出しておかないと行き慣れた人は、クリックして開かないと読めないところまでいちいち読みにいかない。
 せめて変更があったら、タイトル文字を赤くしてアピールして、変更点も分かりやすくするとか、工夫しておいてくれれば。
 そう言えば、入場時の荷物チェックもいきなり始まりましたね。

 しかし、なんでこんなルールが出来たのか?
 一眼レフを持ち込んで撮影している人は他にもいましたが、そこで何かトラブルになっていると言うのを見た事もありません。
 私が席を取る時は大抵最後列にしています。 ここなら撮影してても他の人の邪魔になる事が無いので余計なトラブルも起こりません。
 あるとすれば、選手の肖像権とかですかね? それならアウェーも含めて禁止って言うか。
 大抵のところは営利目的で無ければ撮影を禁止してませんし、理由が知りたいところです。
 どんな理由で設けられたルールかは判りませんが、そうすると決まった以上は守らないとなりませんね。
 下手なりに撮影を楽しんでいたのですがちょっと残念です。
 これからはアウェーでだけ一眼レフを持って行って、野津田ではコンデジだけでスナップを楽しむ事にしますか。

IMG_8951.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】復帰初ゴール   ホーム横浜FC戦(○1-0)

 前節ヴェルディに快勝して連敗を止めた後の大事な試合。
 ここで負けたら流石にずるずると行きそうになるので、勝って調子を上向きに持っていきたいところです。

 前節休んでいた相馬さんが復帰。 大事に至ってなくて何よりです。
 以前に川崎で関さんが倒れたときは、ヘッドコーチだったツトさんがシーズンの残り試合の指揮を取る様な状況になりましたし。

 そして孝司がスタメン復帰。
 ヴェルディ戦で問題ない事を実証してのスタメンですので期待していましたが、開始2分で結果を出すところはやっぱり持ってるなと。
 左サイドを攻略して角度の無いところから強く撃った森村のシュートをGKが弾いた先に孝司。
 ファーに詰めていたところに、ボールがこぼれてきた感じでしたが、しっかりと流し込んでくれました。
 このところ先制点が取れなかっただけに、時間が早かった気はしますが楽に試合展開できるようになりました。
 そりゃ追っかけるよりはましです。

 意外だったのは、今季の横浜のプレーがかなりガツガツと来るという事。
 球際を激しくと言ったところでしょうが、ありゃ肉弾戦ですね。
 そうなったのは中盤を厚くした3-6-1みたいなフォメで、町田を左右に振り回すような事がやりにくかったのかなと。
 後半はフォメーションを替えて幅を取るような感じになってから、サイドから押し込むようなシーンが増えましたが、上手くいなせたと思います。
 追加点を取って、早く試合を決められなかったのは残念ですが、こういう最後まで緊迫感をもった試合もありかと。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】逆転勝ち   アウェー東京V戦(○1-4)

 3連敗の上、守備の要の深津が有休、ロメロは負傷でベンチ外、そして相馬さんがまさかの欠席。
 村主ヘッドコーチが代行しましたが、J3時代から連続出場していた高原をベンチスタートにと流れを変えようとしているように見えました。
 多分相馬さんとは相談済みでのスタメンだったと思いますが、この状況でリーグ戦初スタメンの福井にゴールマウスを託すってかなり博打だったかなと。

 試合展開はヴェルディも他と同じ様に左右に広げて振り回す戦術をとってきて、失点も同じ様にロングフィードを入れられて振られたところで中央を突破されてやられました。
 苦しい状況にまたなるのかと思ったら、ヴェルディのミスからボールを奪うと吉濱が移籍後初ゴールですぐ同点とし、風下で苦しい中でヴェルディの攻撃を凌ぐ事が出来たのは、大分戦後半の勢いが残ってた様でした。

 そして後半、高い位置で奪ったボールからのカウンターを森村が決めて、勢いがつきました。
 ヴェルディは逆転された後のプレーになんと言うか気持ちが切れた様な感じで、前半に見せていたロングフィードで逆サイドを突く先方が風下に回って機能しなくなったところで攻め手を失った様な感じでした。
 その後の吉濱の2点目、孝司が畠中と競りながらドリブルで持ち上がって出したラストパスを叩き込んだ中島のゴールで完全に息の根を止める事が出来ました。
 ここまで5失点だったヴェルディが、この試合だけで4失点して連敗というのも、勝負ってのは判らないものです。
 3連敗と悪い流れながらも、大分戦の後半で取り戻した勢いを上手くヴェルディ戦にぶつける事が出来たのは、過密日程であったのも効いている様に思えます。
 この流れでGW最終日の横浜戦も一気に行ってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】不屈    アウェー大分戦(●4-3)

 開始早々に1失点。
 町田のウィークポイントを突いて左右に揺さぶりながら押し込んでくる大分に高く上げたラインを突破されたところで、深津が一発レッド。
 その後も振り回され押し込まれて、前半は為す術無く馬場にハットトリックを許す、相馬さんのゲームプランは木っ端微塵にされて、後半は大分が攻め疲れてくれてる事を祈るのみと、とても前向きに行けない状況でした。

 後半はどうするのか。深津の穴を埋めるのに吉濱を下げて藤井を入れているので切れるカードは2枚。
 気温の高い大銀ドームで一人足りない分を運動量で埋める必要がありましたが、残った選手はみなハードワークしてくれました。
 後半序盤に主導権を町田が握って酒井が押し込んで1点を返す。
 大分にしてみれば前半に試合を決めてしまったと言う緩みが出てたように思えます。
 その後、ロメロが負傷でピッチを後にして9人になりましたが、孝司と平戸を投入しリスクを追って大分を押し込み、平戸の二人に挟まれながらも頭で押し込み1点差まで詰め寄る事に。
 大分のカウンターが嵌まって伊佐に高く上げたラインを突破されて突き放されながらも、ラストプレーで藤井が高さのあるヘットで維持を見せくれました。

 虐殺モードの試合を人数が減っても緊迫した試合展開に持ち込んだ後半は、今季ベストゲームだったと言えます。
 試合後、大分の片野坂監督は勝ち試合にもかかわらず激怒してたらしいですが、気持ちで凌駕した町田の闘志が上回ったからこその結果だったと思います。

 ただ、この3連敗はことごとく町田対策が嵌まっての失点ですので、相馬さんには何らかの対策をお願いしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】連敗 ホーム山口戦(●1-2)

 山口とはお互いのホームで勝てないのを今季も継続してしまいました。
 あちらは霜田さんが建て直した全く新しいチームとなっていました。
 上野さん時代のサッカーは残っていませんが、強かにゲームを運ぶ様な感じでしょうか。
 自分たちの特徴を全面に押し出すというより、相手の長所を消していく形を取ってきました。

 試合自体は前半に自分たちの時間帯を作った中で先制できていれば、また違った流れになったかと思います。
 気温が上がってきた事もあって、前半の中盤過ぎから運動量が落ちてきた事で山口の動きについて行くのがしんどい感じになってました。
 前後左右にコンパクトな陣形に対して、右の小野瀬と左の高木に送って左右に揺さぶりを掛けるのを繰り返してくれましたので、サイドの選手はかなりキツかったはず。
 大谷はかなりプレーが荒くなってましたし。
 カードもかなり出ましたが、守備が上手く行ってない時にファールで止めるしかない状況になるので、仕方がない部分はありますが、カードは後で効いてくるので。

 杉森が初ゴールを上げましたが、スピードが魅力の選手なので、それを活かす形が作れればゴール量産も出来るでしょう。
 今の使い方だとボールを納めてからスタート~加速からのシュートなので、今一つ活かしきれてませんが、一旦ボールを誰かに落として貰ったのを前を向いて受けるようになれば、スピードが活きる筈。
 4-4-2の2トップの一角より、1トップでシャドーに入った方が適正かと。
 でも相馬さんも頑固だからなぁ。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR