【町田】対極の争いを制す アウェー岐阜戦(○0-2)

 大木監督に変わってパスサッカーにチャレンジしている岐阜との対戦。
 意外にもJクラブで1試合あたりパス数がトップなのだそうです。
 2位が川崎、3位が浦和だそうですから、いかにパスを回しまくっているかが判ります。
 流石にパス成功率は若干川崎の方が上だそうですが。

 対して町田。 パス数は最下位なんだそうです。
 確かにパスでスピードを落とす事より、前からプレッシングで奪ったボールをどんどん前に出して、前線が納めてゴールを狙うスピード最優先なサッカーで、パス数が増える訳がないです。

 そんな対極的なサッカーがぶつかったらどうなるか。
 こんなに町田がボールを持てなかった試合は初めてかもしれません。
 プレスを掛けに行ってもパスで逃げられ、それを追いかけた先でまた交わされと、かなり走らされました。
 試合後の選手の表情を見てもかなりきつかった様に思えました。

 ただ、しっかり走ってプレスを掛け続けた事で、岐阜のパスワークに狂いを生じさせてた様に思えます。
 前半の得点シーンは、数少ないボールを奪ったチャンスを活かして戸高と平戸が決めてくれました。
 後半、コーヤ投入で岐阜がボールを高い位置でキープする機会が増えると流石にチャンスは減りましたが、粘り強く対応出来てました。
 意図しないルーズボールが出た時に、その差が出てたように思えます。
 町田は素早くボールに寄せてマイボールに持っていこうと行動を起こしますが、岐阜は呆気に取られてるというか、ボールウォッチャーになって貴重なコンマ何秒を失ってました。
 平戸のゴールはまさにそんな感じで、岐阜ゴールエリア前で空いたスペースにポロリと出たボールに素早く寄せて奪った町田がサイドに展開し、平戸が相手を交わして出来たコースにシュートを打って、J初ゴールを決めてくれました。

 大木監督のパスサッカー戦術は甲府時代より洗練されていたように見えましたが、まだ選手がものに出来てないようです。
 狭いエリアに密集する事でショートパスの成功率を上げてますが、川崎の様に「フリーの定義」が広い訳でないので、受け手がマークを剥がせる位置にいる様に見えているのに出し手が出さないで完全フリーな選手に出す形だったので、コンパクトなフォーメーションでボールにプレスを掛ける町田にはいま一つはまらなかったのでは?と思えます。

 これで4連勝。
 暑い夏に入ってから成績が上がってきたのは、昨季の問題をクリアする手段が出来てきたと見ていいかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【町田】天空の城は堕ちず  ホーム水戸戦(○2-0)

IMG_5137.jpg
 水戸公式サイトが煽ってくれた事で、妙に楽しい事になりました。
 堕ちずに良かったと思いますが、きっと彼らは飛行石を身につけてなかったんでしょう。
 サッカーはアクセサリ装着禁止ですからV(^0^)
IMG_5142.jpg
IMG_5144.jpg
 マッチスポンサーJ-COMのマスコット、ZAQの始球式。 短い足で超低速コロコロPKにi、ボールがゴールに届いたのを見極めて反対に飛ぶゼルビー。 スポンサー対策も大変です。

 風が無く蒸し風呂状態の野津田は消耗戦になるかと思いましたが、流石に終盤は足が止まってきたものの、双方最後まで戦いきりました。

 試合は水戸の今季の好成績が判るように、守備がとにかく固かったです。
 前半、町田はシュートチャンスを殆ど作る事は出来ませんでした。
 ある程度はボールを運べるものの、アタッキングサードで仕事をさせて貰えず、奪われたボールは即ロングボールで最終ラインで駆け引きしている前線に出されるか、サイドをドリブルで突破されるかでゴールを脅かされました。
 特に前田のスピードには手を焼かされました。
 単に早いだけでなく、状況を見極めて飛び出してくるので、かなり危険な状況を作られましたが、何とか押さえきれたのは、最終ラインが粘り強く抜け出しを掛けている前田の対応が出来たのが大きいです。

 後半、水戸のサッカーに対応出来るようになり、町田の時間帯が作れるようになりましたが、そこで相馬さんが切ったカードが平戸。
 前節のFKでの2アシストの様に、良い位置でファールを貰えればセットプレーが楽しい事になると思いましたが、この試合では前線の選手としての力を見せてくれました。
 ヤザーさんの様に前で溜めを作るタイプでは無いですが、ファーストチョイスが自分で仕掛ける様でした。
 右は戸高がボールキープと仕掛けをやってましたので、水戸としては両サイドで危険な状況を作られた事になりました。

 1点目はPKになり中島が決めてくれましたが、ファールになった所で戸高が良い形でボールを持ってゴールに向けた時点で勝負は半ば付いていた様に思えます。
 GKは出られないし、深く抉った奥山にDFが引っ張られてスペースが出来ていた所に飛び込まれてボールをもたれたのですから、ファールで止める以外は無かったと思います。
IMG_5227.jpg

 2点目の戸高のゴールは、左サイドでボールを受けてゴールライン一杯まで持ち出して、そこから自分でシュートまで持ち込むかと思いきや、中を見て自分に引っ張られたDFが空けたスペースに走り込んで来る戸高を確認して絶妙なタイミングとコースでクロス。
 戸高は触ってしまえば決まる所までお膳立てされてました。
 前半あれだけ堅さを見せた水戸の守備が、1点を追いかけてたとは言え、あそこまで綺麗に崩されるとは。 
 このまま借りパクしたいところです。
IMG_5247.jpg

 ホーム連勝、3連勝になって持ち直して来ました。
 チームとしてちょっと問題を抱えている山形・群馬と違って、今季は好成績で良い順位をキープしている水戸を相手に、蒸し暑い環境でしっかりと相手を崩して勝てたのは大きいと思います。
 夏はまだ始まったばかりですが、この調子で戦って行ってほしいです。
IMG_5258.jpg

PS.今季水戸に移籍した橋本は後半から交代出場。 右太股にがっちりテーピングしてたので、ちょっと調子がよくなかったようです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】久々のホーム勝利  ホーム群馬戦(○2-0)

IMG_4942.jpg

 前節のアウェー山形戦で勝った勢いに乗りたいこの試合に迎えたのは最下位に沈む群馬。
 残留争いの直接の相手だけに、勝ち点を落とすわけにはいかない難しい試合となりました。

IMG_5889.jpg
IMG_5890.jpg
Z劇場を鑑賞中の湯友くんが翼さんに呼ばれて観客席に向けてポーズ。 ところでホストしてる筈のゼルビーはどこ行った?

IMG_4960.jpg
IMG_4953.jpg
 比較的近距離な事もあって群馬サポさんも多数いらっしゃいました。 コレオもしっかり決めて。


 試合後の監督インタビューで相馬さんが弾けてたので、ホームで勝ってない事がかなりプレッシャーだった様です。

IMG_4964.jpg
 試合前に前節100試合出場を達成した吉田のセレモニーがありました。 

 試合はどちらが主導権を握っていたと言う訳でなく、攻守が激しく入れ替わる展開となりました。
 お互いにゴール前までは迫るのですが、そこから先のフィニッシュが決まらない。
 奪ったら即前線に展開するものの、群馬もしっかり切り換えて守備を固めるので、無理攻めに近い感じになりました。
 エリア内で人数掛けると奪われたときに後ろが薄くなりますので、早く攻めきる事が重要ですが、ちょっと急ぎ過ぎて落ち着きの無い試合でした。

 こんな試合は先制点が入ると大きく動く事になるのですが、得点の匂いはするものの決まらない。
 こういった時にセットプレーが大きくものをいいますが、この試合も勝敗を分けたのはセットプレーでした。
 交代で入ってきた平戸がキッカーを努めたセットプレーで金が2ゴール。
 金の高さを活かした精度の高いヘディングも良かったですが、金にピンポイントに合わせた平戸のキックの軌道は面白かったです。
 DAZNの見逃し配信で確認しましたが、すうっと伸びて行ってストンと落ちる、守る側としては厄介なキックでした。
 町田は特徴を持った良いキッカーが多く、状況に合わせてキッカーを変えてセットプレーの幅を広げていますが、その中に混じっても遜色の無い存在ですね。
IMG_5082.jpg
IMG_5093.jpg
 ゴールシーン。 今回はエリアを入れ替えられたのでゴールが遠かった…

 先制点が決まって試合が動くかと思いましたが、群馬側は特に前掛かりを強めて最終ライン裏を大きく空けることもなく、ちょっと意外でした。
 これ以上の失点をする訳にいかないとの判断かもしれませんが、その辺はよく判りません。
IMG_5117.jpg

 流れの中からのゴールはありませんでしたが、セットプレーをしっかり決めて勝ちきる事ができました。
 順位こそまだ下位ですが、勝ち点29で降格圏とは16点差なので、何とか逃げきりたいところです。
IMG_5125.jpg
 久々に野津田でみるラインダンス。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】完敗  ホーム東京V戦(●2─4)

 愛媛戦は来れなかったので久々の観戦となりましたが、力の差を見せつけられた試合でした。

 ヴェルディはスカウティングはしてたでしょうが、特に町田対策をしている訳でなく、自分たちのサッカーやって来てました。
 前半が1点差で済んだのは、クロスバーに救われたからで、前半に試合が終わっててもおかしくない内容でした。

 とにかくプレーが雑で精度が悪く、簡単にボールを失うと、上がってきた最終ラインの裏に出されてDFが走って戻る羽目に。
 そして初動が遅れるのか、相手をファールで止める形になる。

 対してヴェルディは前線のドウグラスがしっかりとボールを収めるし、前線へのパスの精度も高い。
 相馬さんも打つ手が無い感じでした。

 後半、町田の時間が来ましたが、ヴェルディが追加点取って試合を落ち着けに行くのと、相馬さんが攻撃カード2枚切って流れを変えに行ったタイミングがあった事で生まれました。
 このあたり、ヴェルディに若さでたかなと。
 この時間帯に1点取って追撃の姿勢を見せられた事で、攻めに行くのにコンパクトで選手の距離感が良くなり、締まった試合になりました。
 それだけに前半の出来が問題です。


【町田】積み上げたもの アウェー山口戦(○0-1)

 上野監督の退任…実質的には解任…直後の対戦となりました。
 解任ブーストが掛かってたら嫌だなと思ってDAZN観戦してましたが、いつも通りの
サッカーをやってた町田と、サッカーを替えた山口との差は画面から見ていても明らかでした。

 ボールを握ったら嫌らしい位に回して、裏抜けする前線にボールを出してくる山口のサッカーはそこに無く、後ろから前線の岸田めがけてのロングボール以外の攻め手は忘れてしまったかのようでした。

 町田はボールを握ったら最終ラインをどんどん上げていくので、高い位置で奪って裏抜けする前線に当てられれば一気にピンチに押し込まれますが、この試合だと岸田が一人で最終ラインを抜けていこうとするだけで、シャドーとの距離が遠いので支援も無く、厳しい状況はほとんどありませんでした。
 従来のようにボール回しをする事もありましたが、大抵最終ラインでの横パスで町田が食い付く様な美味しい匂いはしてませんでした。
 食い付いてきて空いたスペースに縦パスを入れる様なシーンも無く、新監督の戦術意図はまだ浸透していない様です。

 問題はやはり決定機にしっかり決めきれない所でしょうか。
 フィニッシャーの精度もありますが、この数試合見ているとフィニッシャーに入れるラストパスがかなり厳しいなと感じてます。
 ボールを受ける位置が最適なら、そこから前に向いたり仕掛けたりを出来るとところが、ボールを納めるのに1アクション取られる事で、攻撃の余裕が減ってしまっているような。
 町田のFWはこなすべきタスクが多くて忙しいので、尚更ピタリと次のプレーに移れる位置にボールを付けてほしいところです。

 4戦勝ち無しからここで勝利を上げた事で、勝ち点は21に。
 16試合で勝ち点21なのでこのペースなら残留は決められそうですが、例年夏場に苦しむので、夏場にどれだけ勝ち点を拾えるかですね。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】勝ちきれず  ホーム大分戦(△2-2)

 入替戦以来の対戦となる大分。
 あの時のチーム状況とは大きく変わっていました。

 1失点目はアンラッキーな部分はありましたが、右SB大谷だけでなくCBの二人も含めて危なっかしい最終ラインをぶち抜かれてましたし、あれ以外でもミスから相手にボールをプレゼントはかなりありました。
 大津・松本が揃って有休って事態なので、このメンバーでの連携は熟成できてない部分はあるのですが。

 最終ラインだけでなく、大分が効果的に入れてくるサイドチェンジに振り回されて後手に回るところが再三ありましたので、途中で相馬さんが手を入れたとは言え、よくもまぁ1失点で終わったなと。
 逆にサイドチェンジで振り回されなくなった所で、町田が押し込める様になってからはいつ決めてもおかしくない形は出来てました。
 セットプレーでのゴールでしたが、セットプレーを取れる位押し込めてた訳ですし。
 ただ、流れの中からゴールの匂いがしたのは、終盤に途中出場の戸高が左サイドから打ち込んでぎりぎりクリアされたシュート位でしょうか。
 中島には決定機にしっかり決めてほしかったです。

 フィニッシュ精度はいま一つなのですが、ここ数試合見ているとフィニッシャーだけの問題ではなく、フィニッシャーに入るボールの質もいま一つなせいもあるかと。

 結果は点を取り合ってのドローですが、内容的には大分の方が良かっただけに、負けないで良かった試合でしたが、長いシーズンではこういう勝ち点1が最後に効いてきます。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】個の力に屈する アウェー名古屋戦(●2-1)

 平日遠地アウェーの為、現地参戦もライブ観戦も出来ませんでした。
 風間さんが指揮をとる名古屋相手に、相馬さんのサッカーがどうかみ合うか。

 結果として玉田とシモヴィッチのJ2規格外な選手に取られましたが、町田のプレスからのショートカウンターが機能する時間帯もあり、決してボコられた訳ではありません。
 ヤザーさんのボレーで追いつき、後半ATに杉本のドリブル突破からシモヴィッチに決められるまで耐えきったのですから、勝ち点1は持って帰りたかった所です。

 名古屋がこの試合は意外とサイドを使ってきてましたが、前節大分戦を受けて修正してきたのかはちょっと判りません。
 ただ、サイドチェンジは意識的にやるようにしてたのかもしれませんね。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】5年目の対戦  ホーム湘南戦(△0-0)

 2012年シーズン最終節に対戦後、5年目の対戦。

 あの試合の後、町田はJFLからJ3を経てJ2に復帰。
 湘南はJ1で戦いながらも、武運拙く2016年シーズン降格。
 お互い色々とあって再び同一カテゴリーでの対戦となりました。

 この試合、前半に押し込んで数多くのチャンスを作ったのは町田でした。
 湘南のボランチをがっちりと押さえ込んで自由にさせず、ボールを拾ってカウンターが機能し、前半で動く事が少ないチョウさんをして前半に戦術的カードを切らせる位、湘南を追い詰める事が出来ていました。
 この時間帯にゴールが決まっていれば、違った展開になったと思います。
 決定力不足がここでも足を引っ張ってしまいました。

 そして、町田の出方を見て対策を切った後半は町田の足が止まった事もあって湘南の時間帯に。
 それでも最後に踏ん張ってゴールを割らせなかったので、何とかドローに持ち込む事ができました。
 優勝候補筆頭の湘南相手にドローは決して悪くない結果ではありますが、前半の攻勢を見ているとドローで悔しい感じなのは、あの時より強くなった姿を見れたかもしれません。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】連敗脱出    ホーム熊本戦(○2-1)

IMG_3279.jpg

 アウェー水戸戦で終盤追い詰めたものの一歩足りずに破れて連敗。
 この試合の結果如何で残留争いに向けてまっしぐらとなりかねない状況でした。

CIMG2136.jpg
熊本戦のお約束でくまもんが来町。くまもんの行くところ、常に人だかりが。

 前半からよく相手を押し込んでいましたが、熊本のカウンターからサイドを突破されてのクロスやシュートを浴びる怖いシーンはあったものの、ボールを支配して押し込む事は出来ていたと思います。
CIMG2143.jpg
 今日のYASSカレーはチキンタツタ。

 この試合、CB3人が並んでいた事からフォーメーションを3-5-2にしてくるのでは?と言われていましたし、KOの配置を見ても3バックかとおもっていましたが、その割に選手の配置が変。
 左サイドは松本と戸島がかぶる感じですし、トップ下と言われていた吉濱は右サイドから外れる事は無く。
 大谷を右SBに入れた事で誤解を生んだようです。
 頑固な相馬さんがフォーメーションをいじるってのは、かなり劇的に替えてくるかと思いましたが、奥山が怪我らしく右SBがいなかったので大谷を当てたようです。
 ただ、この采配が結果を生みました。
IMG_3340.jpg
 大谷がゴール前に上げたクロスを、戸島がニアですらしてファーサイドのポールに当たってin。
 戸島の今季初ホームでのゴールとなりました。
 土岐田・奥山不在で本職のSBではないものの、守備はしっかりとした様に思えます。

 後半、熊本に中央を縦一本通されて失点しましたが、あのシーンは追加点を取るのに前がかりになってた隙を突かれたので、今後に向けての対策がいると思います。

IMG_3352.jpg
ハーフタイムに場内を回るくまもんとゼルビー。くまもんが近寄るとみな笑顔になるようです。


 同点に追いつかれたものの、途中出場の井上が遠い位置からのロングシュートをゴールに突き刺して、今季初ゴールとなりました。
IMG_3401.jpg
IMG_3403.jpg

 突き放した後はヤザーさんを投入して、ボールを敵陣深くでキープして高い位置からのカウンターを防ぎつつ追加点を狙う姿勢を見せて上手く時間を使うことができました。
IMG_3419.jpg

 連敗を2で止め、調子も上向きになってきたように思えます。
 連休中の3連戦の残り1つ、ホーム湘南戦で勝ち点を取れれば、夏場を良い形で迎えると事が出来そうです。
IMG_3430.jpg
IMG_3441.jpg
 ホームで久々のラインダンス。 ゴール裏には鯉のぼりが。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】追撃及ばず   アウェー水戸戦(●3-2)

 前半のPKが痛かった。
 あれで流れが変わりました。

 戸島と前田がハイボールを競った際の衝突を取ったのか、その前の何らかのプレーを取ったのか、まるで判りませんでした。
 戸島と前田なら、イーブンの状況で競って飛んだ時の衝突で先に飛んだ戸島が勝っていた状況なので、解せない判定です。
 しかも、PKを取ったのにカードは誰にも出ていない。
 ゴール方向を指したときは掌を広げてたので、てっきりゴールキックで再開かと思ったのですが。
 PKスポットを指すなら指さししてほしい。

 1失点目はもうハプニングの域の失点でしたが、後の2点はどうかと思います。
 完全に相手のスピードを読み間違えた対応でゴール前まで持っていかれて、そのまま失点に繋がってます。
 守備が踏ん張れているから攻撃に繋がるのですが、この試合は相手のスピードに手を焼いた状況でボールを失えば即カウンターを喰らって一気にゴール前へ。
 ラインを上げているリスクではありますが。

 後半2ゴールで追撃できたのは、3点リードになった水戸が試合を終わらせに掛かって前への圧力が減った事も大きかったですが、試合をひっくり返す勢いを出せた結果だと思います。
 これを次に繋いで、ホームでの勝利に。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR