【川崎】新しいステージの進捗状況は? ホーム札幌戦

 クスの怪我と言う記事が出ていて出場があるか判りませんでしたが、最終的にはスタメンで出場しました。
 試合前のアップにモバフロのベンチメンバーに名前の無かったクロが入っていた所を見ると、ギリギリまでどうするか検討されてたという事でしょう。
 クロにしても試合間隔が開きすぎているのでいきなり使うのも怖いですし。
 クスの動きそのものはそう悪くなかったですが、挨拶に来た時に両足にアイシングしてましたので、ちょっと無理してたかもしれません。

 その他に前節と変わった所はありませんでしたが、ジェシとサネの位置が逆になってたのはサネの慣れた方に合わせたのかもしれません。

 前節からリキとジェシと言う新たなパラメータを組み込んだ試合展開は、前節と同じ様な問題を抱えて進行していましたが、F東より札幌の方が緩かった分大きな破綻を来す事はありませんでした。
 今のスタメンで抱えた問題として、ビルドアップの部分が上げられると思います。
 GKからのキックが西部の時はCBへのパスだったのが、リキの場合は前線に向けてのロングフィードとなりました。
 ロングフィード解禁とは言え、それ一辺倒になるのはどうかと思いますので修正して欲しいところです。
 前線にしてみれば今までCBから繋がってきたボールを受け取るところが、今は相手守備陣とハイボールを競うところから始まるのですから、厳しいと思います。
 以前の様にテセが競ってくれたセカンドを拾うのと同じ訳には行きません。
 今の前線で辛うじて競れるのはコーヤのみ。
 それもクスやリョータより多少背が高いと言うレベルですし、サイドに張っている山瀬を狙うのはコントロールが難しい。
 札幌もそれが判っていた様で、ゴールキックの時はFWがCBの近くに残って後ろから繋がせない様にしてました。
 GKの位置からCBにボールを付けるのは万が一を考えると怖いのは判りますが、前が競り負けて相手ボールになる事で主導権を渡す危険も考えるべき。
 CBがマークされている時はSBやボランチに付けると言う選択肢も有る訳ですし。

 同じ様な問題はジェシにも見られました。
 ボールを出す時の呼吸が合わない時があり、特に自分でボールを持ち上がる時に出し所が逆に無くなる様な所もありました。
 このへんは紅白戦や練習試合を通じてすり合わせしていけばいいので、リキ程は問題にならないと思います。

 今回のサプライズ起用はイガのアンカー起用でしょう。
 時間こそ短かったですが、クスを下げてケンゴとコーキを前に上げた布陣は前線の枚数が減って薄くなりますが、ケンゴ・コーキ・リョータが近い位置でボールを預けられるので、前線でのボールキープ率は上がるのではないかと思います。
 使う相手や状況によると思いますがフォーメーションが大きく変わる訳でないので、使えるオプションになりそうです。
 イナが負傷離脱している状況ですので、イガをボランチに入れてケンゴと攻守の分担が明確にさせるのも面白い形が出来そうです。
 ケンゴの相方はイナの様なタイプが適任で、同じ様なタイプのリョータやコーキは自分の持ち味を殺す様にしないとフィットしません。

 リザルトは1-0ですが、降格阻止の為に最後まで集中を切らさなかった札幌の踏ん張りに阻止された所もありますので、勝利と言う結果を上げてほぼ残留を決めた事で良いかと思います。

 気になる問題は嫌になるほどやったCKで、全く得点の匂いがしない事でしょうか。
 これは昔からと言うかケンゴがキッカーになってからの悪癖なので、すぐにどうなるものではありませんが、札幌が踏ん張れた要因の一つにCKに逃げると言うのがあったなら、見事に嵌まった事になります。

 次節はアウェー柏戦。
 改装なった日立台がどれだけ良くなったか、ちょっと楽しみに思ってます。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【町田】その順位にいる理由 ホーム大分戦

 雨になった野津田から先ほど帰着しました。
 大分の試合はJ2降格後初めて生で見ましたが、相変わらずファールで止めに来るイメージが強いです。
 こう言う「癖」の様なものは、監督が代わり選手の顔ぶれが変わっても、チームの性格として受け継がれてしまうものなのでしょうか。
 ただ、J1時代の川崎戦よりその傾向は少なくなった様ですが、これは彼らがファールに頼らずに止める術を身につけていると言う事でしょうか。
 ただ、相手がファール覚悟で当たりに来るにしても、正確に早いパスを回す、来たパスは相手との間に体を入れる様にして受ける事が出来ていれば、そう取られる事は無かったと思います。

 ただ、今節は失点シーンがよろしくない。
 1失点目は津田のバックパスの処理を修行がミスって相手にプレゼントパスを決められ、2点目はシュートのこぼれ球を修行をかすめて決められ、3点目はCKをポロリ。
 1失点目は前に出せないから後ろに戻している訳で、ロングフィードして前に出すべき所。
 2失点目は三鬼が詰めてれば防げた筈ですが、直前の押し込まれた状況でのクリアがみな短すぎるんですよね。
 カウンターに繋げたい意図を持って短くクリアするにしても、しっかり味方に付けられないなら安全に大きく蹴り出すべきだったと思います。
 混戦の中ではあたりそこねでもゴールに吸い込まれる事はありますから。
 3失点目は再度コーナーになってもいいから、キャッチではなく弾き出す事は出来なかったのか?
 大分に流れの中から決定機はそう作らせませんでしたが、そことは関係ない所で取られます。
 こう言うところを見逃さないのが、大分が今の順位にいる理由だと思います。

 今節の修行はちょっと判断ミスが多かったです。
 そしてピリッとしないと言えば、右に入った三鬼でしょうか。
 ビハインドを背負っていて積極的に行かない理由は無いと思いますが、何故か前に出て行かない。
 そしてサイドチェンジやロングパスを受けるときのトラップが大きすぎ、相手に取られるシーンも。
 乗れてない様子で、交代させられてもおかしくない状態だったと思います。
 3バックのサイドを抉って攻撃に出たいところにサイドが機能不全では…。

 後半に平本・勝又を入れて縦の攻撃を強めて大分のラインを下げさせる事は出来ましたが、そこから先が見えません。
 彼らがチャンスメークしてPAに侵入しても、その先で待っている味方が殆どおらず相手は密度を高めてしまっていますから。
 あれだけ攻め込んでも得点の匂いはしてきませんでした。

 1-3 数字の上では完敗です。
 選手が挨拶にゴール裏に来た時に「流れからは取られてない」と声が掛かりましたが、流れで取られてない失点が3点もあるから問題なんです。
 ちょっとした所でフッと気が抜けたところを、このチームは見せる事がままあります。
 そういった所を見逃してくれる程、甘い相手はそういません。
 幸野のJ初ゴールで同点になったのに、実に勿体ない試合でした。
 あの時点で大分にしても前に出てくる必要が出てきたのですから、ここで裏に走れる前線にボールを出せればかなり有効だった筈です。

 台風の影響で延期になった試合が数試合ありますので日程がどうなるかは判りませんが、天皇杯等の日程も考えると、10月下旬位ではないかと思います。
 この日程変更がどう影響するか、日程が発表になった時点で考えたいです。

 まずは次節の東京V戦が大事だと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】今日の大分戦

 台風17号の影響による試合の開催について、複数のホームのクラブがトピックスを出しています。

 町田に関しては14時KOと言う時間帯の良さもあり、ほぼ問題なく開催されそうです。
 雨についても試合終了後になるようですので、雨具の用意は必要でもそう心配する事も無さそうです。
 一杯のお客さんが来てくれる事を願います。

 今節の相手は昇格争いをしている大分。
 J1ライセンスは期日までの借金返済と言う条件付きですが、それだけに「借金返したのに成績が引っかかった」なんて事は絶対に無いように現場の監督・スタッフ・選手は思っている筈です。
 付け入る隙は少ないでしょうが、数少ないチャンスをモノにする様な戦い方をして欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】呆れた記事に

ブログ村の新着記事を見ていて、呆れた記事を見掛けました。 

彼らは試合の何処を見ていたのか?

とても不思議です。

彼らは自分の思いと違う道に進んでいるとなったら、チームがどんな素晴らしい結果を残そうとも、それを認める気はないと言う事なのでしょうね。

それが、対戦相手に対する侮辱にも繋がっている事に気づいていない。

色々な人がいるものです。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】今はただ勝った事を喜び対戦相手に敬意を表します ホーム札幌戦

 大宮がFマリと引き分けたと聞いた時点で、今節の札幌の降格は無いとほっとした自分がいました。

 しかし、試合後に確認したら、札幌の降格が決定。
 ピッチレポーターの高木さんのつぶやきによれば、スタジアムのマスコミですら降格条件について判っておらず混乱してた模様です。
 チェックしたら大宮が引き分けた事で負けても、大宮-新潟戦を残している事から勝ち点が上回れない事になるので負けたら降格と言う事だったようです。
 当然、当事者の札幌がそのことを知らない訳がなく、ここ数試合では見れなかった負けたくないと言う気迫をプレーの中に一番感じました。
 リードされてもそこで諦めず、最後まで戦っていました。

 この試合について、川﨑側の小さいミスを論い川崎の拙さを責める記事を書く人はいるでしょう。
 しかし、対戦相手があれだけの気持ちを見せていた事に彼らは気づかなかったのでしょうか?
 であれば、過去に川崎戦で降格していった試合で彼らはどんな戦いを挑んできたか思い出すべきだと思います。
 皆、死に物狂いで立ち向かって、勝つ事がどれだけ大変だったかを。
 それでなお、札幌の健闘抜きに川崎の試合運びを責めるのであれば、それしか見れてないと言う事です。

 不本意なシーズンを送ったコンサドーレ札幌と、リードされて尚諦めずに試合終了まで声援を送っていた札幌サポさんに、敬意を表します。
 何時かまた戦える事を祈って。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
  

【町田】コリン契約解除!

コリン・マーシャルが契約解除との事。
この時期に離脱は痛いです。

家庭の事情との事ですので、このところの精彩を欠いたプレーの原因はこれだったのかもしれません。

大事でなければ良いのですが。

【川崎】クスは怪我ですか?

クスが怪我という記事が出てますが、状況が判りませんので、判断のしようが無いです。

欠場なのか、ベンチスタートなのか、スタメンでいけるのか。

残り少ないシーズンとは言え、まだ大事な試合は続くので無理はしないで休んで欲しいと思います。

【川崎】札幌戦は気が重い試合になりそう

 明日はホーム札幌戦。 
 前節のタマシコに続けて連勝と久々のホーム勝利と行きたい所ですが…。

 相手の札幌が降格の掛かった試合となってしまい、気が重い試合になりそうです。

 相手がどこの誰だろうと、試合は勝つと思って見に行きますので川崎の勝利は疑ってませんが、目の前で降格という現実を見せられるのは慣れません。

 「引導渡せ」とか「降格させろ」なんて記事を読むと、ちょっと虚しくなりますね。
 誰だって降格したくて戦ってる訳でないのだし、上手く行かない事は何時でもあります。
 躓いたまま調子に乗れずに終盤まで来てしまう事もあるでしょう。
 他人がとやかく言うものではない。
 
 明日は普通に試合に行ってイベントを楽しみ、普通に勝利を喜んで、その余韻をまとって帰途につくのが一番かと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】そろそろ気になる残留争いの行方

 エルゴラの1面下に横幅一杯の順位表が出てくるとシーズンも終盤に入ったなと感じます。
 出来れば優勝争いで一喜一憂したいところですが、流石に今年は手が届きません。
 こちらは仙台・広島のマッチレースに浦和と磐田がどこまでついて行けるかと言ったところでしょうか。
 あまり気にしていないので、ここのチームがどうか良く判りません。
 波瀾があるとしたら、優勝のプレッシャーがどれだけ上位2チームに影響するか位でしょうか。
 来年は川崎もここに加わりたいものです。

 一転して残留争いの状況。
 例年で行けば、この時期に36点も取ってればまず逃げ切ったと判断できますし、後一つ勝ち星を積み上げればほぼセーフでしょう。
 ちなみに昨シーズンはこの時点で33でした。
 アウェー山形戦に勝って連敗を止めたのが26節の事で、今年も26節で6戦勝ち無しをストップしましたので、何か因縁の生まれそうな節になりそうです。

 しかしながら、今年は下にいるのがややこしいので40台まで勝ち点積み上げ、出来れば昨シーズンと同じ44点は最終節で取っておかないと不味いか?と危機感はあります。 
 降格圏内なのに得失点差がプラスなG大阪と守備の堅さはJでも有数の新潟ですし、屈指のラインコントロール力を発揮する大宮とクルピ監督が復帰したC大阪が反応したら、残留ラインは例年よりあがる可能性があります。
 鹿島や神戸だって黙って飲み込まれるとは思いませんし。
 川崎にとってどう判断したら良いのか迷うのが、降格圏内の3チームとの試合を全て残し、うち新潟は鬼門ビックアーチのおまけ付き。
 負けたら1敗ごとに実質勝ち点6を奪われる事になりますので、3つとも負けたらちょっと洒落になりません。
 今のG大阪とやるならとにかく枠内にシュート撃って、後は「ファンタジスタ」が何かやらかす事を期待するしかないですかね?
 新潟に関しては難しい所です。
 前節、最多得点の磐田を0点に抑え込んだ守備と、ザルに近い磐田の守備でも1点も取れなかった攻撃をどう評価するか。
 攻めて決定機を作ってもモノに出来ないのは、勝ち点3がものを言うこの時期には致命傷になりかねません。

 降格圏内以外では、順位の近い大宮・鹿島は終わりましたが、C大阪・神戸とのアウェー戦を残しているのも気になるところです。
 どっちもアウェーは苦手の範疇に…金スタはともかく、長居ならなんとかなりますか?
 優勝争いに絡む上位対決で残るのが浦和・柏だけなのが救いです。

 ただ川崎も普段の戦い方に加えて、タマシコのFC東京戦の様な引き気味から入る戦い方を使い分ければ、そう負ける事は無いと思ってます。

 どちらにしろ、これからは1節毎、各地の試合結果毎に一喜一憂する事になりますね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】レーザーポインター事件に動きがありましたね

 多摩川クラシコでのレーザーポインター事件について、華族さんのブログで詳細がアップされてました。
 これを読むと犯人は執拗に照射してますから、ちょっと悪戯というレベルではなく明確に意図を持ってやっていると見て良いのではないかと思います。
 勿論、こちら側からの見方ですから、向こうの言い分との齟齬はあるでしょう。
 FC東京側がどの様な発表をするかですが、立場上向こうの言い分を一方的に掲載する訳には行かないでしょうから、どうすり合わせしたものが出てくるかですね。

 ただ、あの状況で場内アナウンスやビジョンに表示して制止しろと言うのは、騒動が大きくなる可能性があるので、行わないと言うのも有りかもしれません。
 だからと言って公式サイトやtwitterで呟くのがどれだけ抑止力があるかは心許ない所ですが。
 あの状況だと、犯人のいるあたりに警備員を連れたスタッフを配置して監視させるのが抑止には一番だと思いますが、そこに割く程スタッフがいなかったのでしょうか。
 川﨑側のスタンドを見張っている警備員を削って、そちらに割り振る位やっても良かったと思います。
 私としてはこの案件は警察に通報するレベルだと思いますが、刑事事件とする気は無いと言うのが共通認識なのでしょうか?
 どうして積極的な対応をとらなかったのか、それも合わせて発表して欲しいと思います。

 Jリーグにも報告しているそうですので、リーグからの指示や連絡が入るまではこの件で動く事は無いでしょうから、報告の文面を練る時間は十分あります。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
 

続きを読む

【町田】富山戦のゴールは皆いいシュートだった事を確認

 スカパー!で富山戦の再放送をしていたので見ていました。
 スカパー!の中継ですが、メディアセンターからの映像は陸上競技場とは思えない近さと角度があって、実に見やすいです。
 新しいメインスタンドからも、こんな映像が見れる事を期待します。

 ゴール裏ではよく見えなかった富山の先制弾とオウンゴール、イ ガンジンの逆転弾については特に注目してみてました。

 富山の一発目、加藤のゴールはクロスが流れたのかと思いましたが、あれは修行の位置と中に入ってくる敵味方の位置取りを見た上で狙ってましたね。
 クロスでファーサイドを狙った様に見えましたが、良くコントロールされてここしかない位置に吸い込まれていきました。
 加藤がJリーグ初ゴールを決めた時も見てたんですよ。 反対側から。
 京都戦で川崎が4-0でリードしており、後はクリーンシートに出来るかと言った時間帯に川崎の守備がフッと抜けた所をタイミングよく決められました。
 終了後エイジが激怒してましたが、GKはクリーンシートが目標ですから抜けた守備された上の失点では怒るのも当然です。
 まさか彼が敵になってゴールを決める所をまた生で見る事になるとは、その時には思いもしませんでしたけれど。

 そしてオウンゴール。
 ディミッチが撃ち込んでGKが弾いた後のDFのクリアがGKに当たる、これ以上判りやすいのは無いだろうと思うくらいのオウンゴールでした。
 3試合連続でクリーンシートだったので、相当守備を固くしてきたのかと思いましたが、この一発でちょっと平常心で無くなった様に思えます。

 イ ガンジンのシュートはグラウンダーに見えたのですが、実際は低い弾道でGK前でバウンドさせてたんですね。
 芝が濡れて滑りやすい所で、スピードを持ったシュートがいい位置でバウンドしたら、伸びて来ますからちょっと反応できないでしょう。
 技ありのいいシュートでした。

 決勝点になった太田のシュートも良い位置で貰ったFKを活かしたもの。
 いいコースに飛んだボールに対して飛び込んだタイミングは絶妙だったと思います。
 飛び込んだ勢いがボールに良く伝わっていましたし、GKが触ってもそのままゴールは決まってたと思いますね。
 試合自体はこのだめ押しゴールで決まったと思ったんですけど、これが決勝点になるとは、この時は想像もしませんでした。

 最後の富山のゴール。
 もう放り込むしか手がない富山の意地の1ゴールでしょうか。
 あそこで最終ラインをもっと上げられれば、あのシュートは生まれなかったかもしれません。
 この一発だけは勿体ない失点だったと思います。
 終盤に守備が緩んで決められた試合はいくつあったかを思えば、未だに修正できていないのは問題と言うより命取りになりかねません。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】リキの独り舞台 上演時間2分30秒

 タイトルだけでは何について記事を書いているか判りにくいので、今後は先頭にカテゴリーを示す様にしていきます。

 タマシコの試合終了間際のリキの行動について、ブログやらTwitterで批判と言うか文句を言われているのを見掛けます。

 私も倒れて起き上がってこないのを見たときは3、枚目のカード切ってしまったしあと1プレイなのに大丈夫かと心配したのですが、あの痛がりぶりを見て「あぁやってるな」と。
 そんな事やってるならさっさとボール蹴れと思いながら見てました。
 直前のプレーが切れたのが丁度AT5分が切れる直前だったので。
 ストップウォッチ付き腕時計を使っているので、ATの経過は結構シビアに見れるんですよね。

 ATでは特に時計が止まる様な事はありませんでしたし、ルイ→レネの交代もAT中は時計は止まらないので、5分過ぎたら直ぐに笛は鳴ってたでしょうから時間稼ぎが逆効果になりかねない所でした。
 ATの終わりは主審の主観ですから、あそこでストップした時間分のうちいくらかでもプレー時間にされてたらと思うと、リキの行為は正直微妙な所です。
 どうしても勝ちたい気持ちは判りますけれど、せっかくビッグセーブ連発で活躍したのが減点されてしまいそうです。

 あの状況で、もし西部だったらもっとさりげなく時間を使っていたでしょうし、若い二人ならレネ目掛けて蹴りだしてたかもしれません。
 年齢的に枯れて老獪さが身につくには早いですし、若さで飛ばしていく様な歳でも無い。
 GKとしては難しい所ですし、こういうのも経験していかないと成長出来ないんだろうなと思いますけれど、出来れば程々にしておいて欲しい所です。
 あれだけ足が痛いとやってたのですから、最後のキックはジェシかサネに任せるくらいの「演出」もして欲しかったです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スタジアムに必要なもの

 多摩川クラシコの最中、ホーム側観客席からアウェー側観客席に対して、レーザービームの照射があったと記事を読みました。
 前列の華族さん達が何かを叫んでいるのを後ろの座席から見て何があったんだろうと思ったのですが、こう言う事だったんですね。
 FC東京のオフィシャルサイトでは初観戦の中学生との事でしたが、事の次第が判らず何故こんな事になったのかまでしっかり発表して欲しいと思います。
 普通に考えてもレーザーポインターなんてスタジアムには不要な品物です。
 中学生が学校の授業で使う為に個人で用意する様なものでもありません。 
 大人なら、仕事帰りで仕事の道具として鞄に入っていたとして、外に出さない限りは問題ありません。
 話しを聞いたときはホーム側ゴール裏から照射なのかと思っていたので、距離的には害はないと思いましたが、実際はより近距離からの照射だったようで、まともに目を照射されてたら怪我しますから、子供の悪戯で済ます訳にはいきません。
 FC東京がどうするのか、報告を受けたJリーグがどう判断するのか、様子を見たいと思います。

 ここまで書いて、自分の場合は何を持って行っているんだろうと考えてみました。
 最悪チケット1枚あればOKなんですが、結構色々なものを持って行っているんですよね。
 タオマフとレプユニ、天気が怪しい時はポンチョを昨年のランドリーバッグに入れ、バッグの中へ。
 その他にスマホとケータイ、スマホ用の外部バッテリーや眼鏡と天気が良ければデジカメも入れてます。
 後は座席を綺麗にするウェットティッシュとか雨用のごみ袋も入れてやると、去年コラボしたマンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグはほぼ一杯状態。
 アウェーだとそこに場所取り用のレジャーシートを突っ込みますが。
 全部必ず使うか?と言われると、必ずしも使うわけではないですが…。
 やはり理想は小さいショルダー一個で収まるくらいの軽装ですね。

 にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

週末は連戦連勝!!

 土曜日 多摩川クラシコ 2-1で川崎勝利!!
 日曜日 直上順位の富山との対決 3-2で町田勝利!!

 タイトルの通り、行ける範囲で週末はスタジアムに参戦していますが、参戦した土日が共に勝利したのは今回が初めてです。
 どちらかが勝てばまだしも、両方勝てなかった時の月曜日の脱力感は半端無いですが、両方勝つと高揚感は倍以上ですね。

 この幸福を来週も楽しめますように。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

あらゆる意味での「プレッシャー」  ホーム富山戦

 勝ち点差4の富山との直接対決。
 どちらもプレッシャーの掛かる一戦でした。
 勝たなければ終わりの町田と負ける事も選択肢に入れて戦略を練れる富山では、富山の優位は動きませんが、選択肢の多さが逆に足かせになる事もあります。
 町だのやる事は一つ、何をやろうが勝ち点3をもぎ取る事だけですから。

 ポゼッション指向のチームに対するお約束のハイプレスで町田を押し込み富山が先制ゴールを決めましたが、流石に開始5分は早すぎた様で、先制を奪った後の引きこもりには入れなかったのが誤算だったかもしれません。
 恐らくこれが前半半ば以降ならそのまま下がってブロックを作り、前に出てくる町田の隙を就いてカウンターだったのでしょうが、3連勝で乗っている事もあったのかそれとも1点リードでは不安があったのか前に出たままだったのが町田にとっては幸いだったと思います。
 激しく攻めたてオウンゴールを誘ってイーブンに戻せた時点で、富山は退くわけに行かなくなったので町田にアドバンテージが出来たと思います。
 ただ、押し込んだ後決めきれないのは、昨日の多摩川クラシコでも見られましたが、ここで最終ラインからのイ・ガンジンのシュートが決まったのは大きかった。
 サイドに振られて中央が薄くなっていた所に、濡れた芝をグラウンダーのシュートは富山にとっては不意をついたと思います。
 気になったのは、後半幸野を下げてソノを入れたところでしょうか。
 中盤でのボールの収まり所だった幸野がいなくなりキープされないので、ラインを上げる余裕が無くなったのはどういう意図だったのかと。
 相手は前に出るしかないのですから、攻勢を強めるべきだったと思います。
 終盤の富山のゴールは最終ラインが下がりすぎた事で、富山が動けるスペースが出来てしまった空ではないかと思います。
 3点目が取れてなかったら、万事休すでした。

 冷や汗はかきましたが、直接対決で勝ち点3を奪取し上位の富山鳥取にプレッシャーを掛けられる位置に来れたのは大きかったです。
 鳥取も松本に大敗した事もあって、今回の勝ちは勝ち点6に匹敵します。
 次節の結果次第ではと言うところまで来ました。
 この時点で大分とやるのは厳しいですが、残留の可能性を一機に高めるためにも勝ちに行くしか無いです。
 リスクを負って勝ちにこだわってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

そろそろ…

 野津田へ行く準備を。

 結構雨が強いので、何時もの様にスクーターで行くか電車とバスを乗り継いでいくか思案中です。
 我が家からは移動時間が倍以上違うのでできるだけスクーターで行きたいのですが、試合開始前にずぶ濡れ状態ってのも肌寒くなってきた今の時期は厳しいですし。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

多摩川クラシコに勝つと言う事

 昨日は試合後コレオで使った旗の片づけの手伝いした後、雨宿りがてら祝杯上げてから帰宅したので記事を掛けませんでした。
 久々の勝利で今朝は気分よく過ごされている方も多いと思います。
 早速スカパー!でも再放送やってますし。
 課題はまだクリアされている訳ではなりませんが、選手の気持ちがよく見えたいい試合だったと思います。

 ただ、味スタのピッチは前週にジャニーズのイベントをやっていた事と芝の張り替えがやられてた事で、ちょっと安定してなかったのが残念です。
 所々芝が根付いていないのか?柔らかく抉れてしまうシーンが見られましたが、このコンディションではホームのアドバンテージが活かしきれないですね。

 同じパスでポセッションしていくスタイル同士の対戦と言う事でどうなるかと思いましたが、前半は完全に東京のものでした。
 無失点で折り返せたのは、リキが最初の米本のシュートをビックセーブしてリズムを掴んだのが大きかったと思います。
 鹿島戦の様な不安定感は大分解消された様に見えましたが、フィードをカットされたりと怖いシーンもまだ有りリードを貰ってからちょっと気が抜けた様なところはしっかり修正してもらいたいです。
 川崎もわざと引いた訳ではないですが、パスで相手を押し込んで敵味方の密度を上げてしまうと逆に点がとれないと言う問題点を、ポポヴィッチ監督もまだ対策しきれていない様に見えました。
 向こうの石川-徳永の左サイドからの突破を何度も許す事になり下がるしか無かった部分はありますが。
 石川の突破を止められるチームはそう無いだけに、ボランチもCBも警戒して重心が左寄りだった様に思えますが、ここを起点にやられなくて本当に良かった。
 右サイドはと言えば、ヒロキに試合感が鈍っているのかいまいちピリッとせず、リョータの負担が高かったので後半最後まで持たないんじゃないかと心配しましたが、だんだんとそつの無い動きに変わったのはベテランですね。 
 後半早々のワンチャンスをコーキのパスを受けたクスが決めて先制、コーヤが貰ったFKをジェシが決めて追加点と均衡が崩れてから東京側のパスが繋がらなくなった様に思えます。 
 方針を変えたのか?中央突破を図るだけで、前半の様にサイドを使っての揺さぶりが無くなったのは川崎としては、やりやすくなったのでは。
 流石に最後まですんなりやらせてくれる相手ではないので、守りに入った所でエジミウソンに決められてしまったのは残念です。
 あの時エジミウソンのマークが外れてしまったのは、ラインを下げ過ぎて下がった位置にいた彼までマークしきれなくなったからではないかと思いますが、あそこでラインを押し上げられていればクリーンシートで終われただけに。

 勝ちが遠かった状況で、多摩川クラシコと言う特別な位置付けの試合に勝てた事は大きいと思います。
 次の試合に向けての勢いが違ってきます。
 決定機は少なかったですが、チームとして崩して最後にクスが彼の持ち味のドリブルで決めたのは大きかったと思います。
 チームとしてやっていく事の中で、個人技が上手く活かす事が今後は見れるシーンが増えれば、ゴールシーンは自然と増えてくるのではないでしょうか。
 同じパス主体のチームとしての完成度はシーズン初めから取り組んでいる東京の方が上でした。
 ただ、まだ完成している訳ではない所が、こう言ったサッカーの難しいところだと思います。
 現にあれだけ圧倒していた前半でも、引いた相手を崩しきる所での正解は出ませんでしたし。

 この試合での心配事と言えば、後半投入されたルイのアディショナルタイムでの交代です。
 腰を痛めた様に見えましたが、ワントップの位置に入って奮闘を見せてくれていただけに、もし故障したのなら残念です。
 交代にレネを入れたのは、後ろから入れられるハイボールを競って邪魔しろと言う意図でしょう。
 更に1点取って突き放すならレナトだったと思います。
 ただ、カウンターに失敗すると相手のカウンターを喰らうリスクを負う時間帯ではないですから、まず確実にボールを敵陣深くに置きたい。
 長身のレネが入ってくれば、その意図は向こうにも見えますから競ったときは確実に勝とうとしますから、役割は全うできてたでしょう。
 この采配にレナトが理解してくれてれば良いのですが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ…ケンゴの言葉

 今日のエルゴラでもタマシコは見開きのページに記事有りでした。
 流石にF東が絡むと扱いが良い様です。
 今回のコメントは石川選手とケンゴ。
 ケンゴのコメントは読む価値有りだと思います。
 これを受けて前号のポポビッチ監督の川崎評を読み返すと、また印象が変わります。
 今日のファイフロで見た過去のタマシコの様な試合にはもう戻らないけれど、攻撃性は継承されていくのだと思います。

 このところ長い記事ばかりだったので、今回は軽めで。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

裕介とイガと恭平と

 いしかわごうさんのつぶやきによると、紅白戦で次節有休の裕介とイガがBチームでボランチを組んだとの事でした。
 二人揃って出場停止と言うのは頭が痛い状況ですが、シーズン当初にこの二人がいない事にどれだけ危機感を持っただろうと思うと、開幕戦がはるか昔の様に思えます。
 二人ともベンチスタートとベンチ外だったんですよね。

 裕介は風間監督の初戦でボランチに起用されてから、明らかにプレーが変わりました。
 ライン際を主戦場としていたのが、必要ならば中へと入って攻めあがったり左側から回り込んで守備してたりと、豊富な運動量を活かして広いスペースを走り積極的な攻撃参加や最終ラインでの守備を見せてくれる様になりました。
 コミが出ていた頃は、どちらかというと攻撃に出るコミに対してバランスを取る様に後ろに残って様子を見ながらプレーするシーンが多かったですが、今は迷い無くプレーしていてそれが判断の良さを生んでいる様に思えます。

 イガも去年の低迷の戦犯の様に扱われ、未だに厳しい目を向けるサポもいますが風間監督の指揮下で変わりました。
 ジェシとシュンの離脱でチャンスを掴んでから、1試合毎に変わったと思います。
 当初はサネとのCBコンビで大丈夫かと心配しましたが、去年の経験を無駄にしてなかった様です。
 まず失点しても下を向かなくなりました。
 失点そのものは駄目ですが、その後も焦って更に状況を悪化させる様な事は殆ど見せてません。
 CBから丁重にボールを繋いでいく形でやっている中で、状況をみてボランチを飛ばして前線にフィードしたり、プレスを掛けに来ない時はドリブルで上がってパスを出しを選択したりと、自信を持ってやれていると思います。
 足の遅さや判断の遅さはありますが、プレーに焦りが無いので無駄な動きが減っている分いい結果が出ていると思います。

 行動範囲が広く潰しが上手くフィードもできる裕介とイガのコンビがボランチで蓋をしたら、突破するのはかなり手を焼くでしょう。
 実戦で一度見てみたいですが、そんな機会は無さそうなのが残念です。

 ごうさんのつぶやきだと、恭平が右SBに入ってプレーしてたそうですが、これは微妙な感じがします。
 相馬さん時代に練習試合を見に行った時は2列目とボランチをやってましたが、ボランチはあまり良いところが出てないので、後ろのポジションは苦手なのかと見ていました。
 SHでプレーする事もありましたから、サイドでの動きは判っている筈ですけれど。
 戻ってきてからあまり良いところが無く、ベンチ入りしたかと思えば怪我で離脱とついてないシーズンになってますので、どこかで流れを変えられれば良いのですが。
 今の川崎の二列目は元々タレントが揃っている上に、1トップの関係でFWのユウやルイも競争相手になっていて、更にトップ下にケンゴが入る状況ですから恭平の置かれた状況はかなり厳しいものがあります。
 出来れば本来のポジションでスタメンを勝ち取って欲しいですが、一番手薄な右SBに挑戦するのも悪い選択ではないと思います。

 裕介とイガが出れない事でレネが最終ラインに入っている様です。
 スタメンかどうかは判りませんが、普通に考えればCBにサネ・ジェシで右SBにレネの可能性が高いかと思います。
 ただ、ジェシが出るのならサネを右SBに回して、CBに入れるのも面白い選択になります。
 仙台戦では良いところがありませんでしたし、通常の試合とは雰囲気が変わるタマシコでは経験不足と緊張で何かやらかしそうですが、ジェシが隣で母国語で指示を出し落ち着かせてくれれば案外上手く行くかもしれません。
 流石にそこまでの博打は監督も考えてないでしょうが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

イベントとしての多摩川クラシコ

 本日のエルゴラは多摩川クラシコが1面に来ていました。
 今節注目のダービーなので扱いが大きくなります。
 ポポビッチ・風間両監督と長谷川・山瀬両選手のロングインタビューは読み応えがあり、的を絞った編集部の勝ちですね。
 もっとも「監督は駄目」とか「監督の言っている事が理解できない」を思う方は読まない方がいいと思います。
 これを読んでも理解できないのは読解力に欠陥を抱えている事が判ってしまうか、下手に理解したらご自分の薄っぺらな監督批判の論拠が吹っ飛んで辛い思いをされると思います。

 普段のダービー記事だと両チームの顔になる中心選手や監督の写真で飾るものですが、今回のタマシコは両チームのマスコットと言うところに他のダービーとの違いが見れるようです。
 スカパー!の中継でもそうですが、他のダービー同様に負けられない真剣勝負なのは言うまでもありませんが、タマシコはそれにプラスしてお祭りの様な華やかさがあるように思えます。
 両クラブの醸し出す雰囲気がそうさせるのか?その辺は良く判りませんが、川崎のやる気にF東がツンデレなお付き合いと言う感じに見えますが、良好な競争関係を持つ間柄って良いものです。
 タマシコは川崎の仕掛けるイベントとしては、試合を中心に据えたどちらかといえば少数派のイベントですね。
 普段の笑える企画があるから、こう言うイベントも映える訳で最初こそ「なんでクラシコ?」と言われてたのが定着できたのだと思います。

 イベントに対して去年あたりから「成績が悪いのにそんな事やってる場合か」とtwitterやブログなんかでお小言を言う方も居る様ですが、それは違うのではないでしょうか。
 天野部長のトークショーか記事で「試合に勝て無い時もあるからそうなった時でもお客さんに来て貰えるように」と言われていましたが、100%好調を維持して勝ち続ける事が保障できない以上間違っていません。
 ちょっと負けが込んだからからと、一々イベントを中止した時の影響を止めろと言う人はどこまで考えているのでしょうか?
 業者への発注や依頼しているものもあるでしょうし、最近はどこかとコラボしているイベント企画が多いので、コラボ相手にも迷惑が掛かります。
 川崎の場合、コラボ相手にお金を払う事は無いそうなので、等々力に出張って来て貰うのは自腹な訳ですから、スケジュールや予算を掛けた所に中止と言われて「はいそうですか」と言えるでしょうか?

 何故コラボ相手が自腹でも一緒にやってくれるのか?
 川崎の情報発信力を認められているからではないですか?
 長年色々な所といい関係を築いた実績があるから一目置かれているいる訳で、お役所や公共機関に対して拙い対応をすれば、それが前例となって協力を貰えない事にもなります。
 「サッカーの興行なんだからサッカーだけ見せればいいんだ」と言われる意見もあるでしょうが、等々力に来るお客さんはサッカーだけ見せればいいお客さんだけしか来ない訳ではありません。
 子供連れのファミリー層をメインに取り込もうとしているのですから。
 イベントはイベントとして楽しみ、選手のウォームアップに合わせて気持ちを高めていって試合に向かうのがいいのではないかと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

神戸のベスメン規定違反に思う

 神戸が6月のナビスコ予選リーグの対横浜FM戦でベストメンバー規定違反を犯したと言う事で、制裁金1千万の処分を受けたと報道されていました。

 数年前にも広島がベストメンバー規定違反で1千万の制裁金を取られましたが、あの時は広島はJ側に確認を取ったにも関わらず結果として違反となったもので、今回の神戸の様なミスとは違うのに同じ制裁金と言う事は、前例に合わせて1千万に決めたと言う感じがします。
 前例に合わせれば2千万にするべきですが、減額された理由は何処かに出ていますでしょうか。

 ベストメンバー規定違反と言っても、出てきた選手は違和感はありませんでしたし、そのメンバーで横浜に勝っています。
 ベストメンバーだから勝てるのではなく、勝ったメンバーがベストなのだと言う事を表した結果になったのは皮肉です。

 川崎サポとしては、ACLの合間のアウェー柏戦でスタメンを大幅に入れ替えた事に対して、ベストメンバー規定を遵守した上にJに確認してたにも拘らず、当時の犬飼理事が怒鳴り込んできた狼藉を思い浮かびます。
 あの柏戦、現地で観戦した身としては柏に後半一方的にボコられた悔しさと、自分たちも中東往復してて決してベストでなかっただろうに全力を尽くしてくれた選手達の頑張りが焼きついて、強い印象が残る試合でした。
 それだけに試合も見ずスタッツだけで激怒した犬飼理事の言動は未だに許す事は出来ません。

 ベストメンバーとは、監督が考え抜いて選んだ選手が本当のベストメンバーです。
 試合に勝利する為に必要と信じた選手を選んでピッチに送り込んでいるのです。

 J発足後ならまだしも、あれから20年経って各クラブのサポーターも成熟して何がベストかを理解してスタジアムに足を運んでいます。
 代表からJの試合を見に来る人だって、お目当ての代表選手が出場してなくても納得はする筈です。

 大東チェアマン様 もうこんな規定は廃止しませんか? 



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

終戦は近い?

 町田の記事に頂いたコメントで考えさせられました。
 終戦が近い…数字や可能性ではそう言える状況です。
 昨シーズン、アウェー山形戦に参戦した時にお話しさせて頂いた山形サポさんも、あきらめモードでした。
 実際に厳しい状況でしたし、改善の道のりもクラブに近すぎるが故にリアルに困難さが見えていたのでしょう。
 ただ、私自身は楽天的に良い部分があればそこを評価して前を向きたいと思っていますので、町田も川崎も心配・危機感は持っていても諦めてはいません。

 監督に関しては積極的に監督交代を支持はしません。
 何だかんだ言ってもシーズン前のキャンプからチームを作ってきた人の代わりはそうはいませんから。
 川崎は相馬さんを切って風間さんが就任しましたが、自分が作成に関わってないチームを実戦で試行錯誤をやりながら作り直しているのを見ていると、よほどクラブのカラーや選手構成、基本戦術が新監督の指向と合わないと成功は難しいと思えるからです。
 監督交代で比較的短期間で上手く行きそうなのは内部昇格ですが、これにしてもチーム作りや実戦にスタッフとして関わっている以上責任の一端は持っている訳で、心情的に素直にOKとは言いにくいものですが。
 ここに来て東京Vが川勝さん辞任を受けて高橋コーチを昇格させましたが、外部招聘する羽目になったら川勝さんを辞めさせなかったでしょう。
 町田についても同じです。
 内部昇格の対象者が居なければ外部招聘となりますが、残り8試合・2カ月弱のシーズンで最低限のタスクである残留が出来る監督が連れてこれるかは微妙です。
 結果を求めるあまりに博打を打っても、むしろ地道に継続した方がましだったとなりかねません。
 フロントは自分の仕事をしたと言うアリバイの為に監督交代をやる場合もあるでしょうが、町田のフロントにはここは動かず現場に仕事させて欲しいと思います。
 川崎のフロントも過去が忘れられないサポから批判とか事実の捏造とかをネットに流されてますが、ブレずに現場のフォローをして欲しいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

勝ちたかった試合 勝てた試合 アウェー福岡戦

 現地に参戦されたサポの皆様お疲れさまでした。

 前節松本戦からかなり良くなっていました。
 過密日程のアウェー連戦の中、よく修正されていたと思います。
 それだけに先制を許したのは残念でした。
 3バックの弱点とは言え、WBの後ろを突かれるのは想定出来ていた筈で、ソノの対応は甘すぎます。
 プレスを掛けるでも無く、並走の最中にあっさりと逆を取られフリーでクロスを入れられた時点でDFとしてどうかと思います。
 ボール奪取出来なくても、他の選手がゴール前に戻れる時間を稼ぐべきでした。
 あの時間帯であの位置なら、ファールで止めてもカードにはならなかった筈ですし、FKでも対応のしようがありました。
 他でもピリッとしないプレイが続いてましたから、一体どうしたのだろうと思います。
 メンタル的にあまりタフでないので、失敗が続いている事をプレッシャーに感じているのかもしれません。
 フォーメーション変更でソノは外されましたが、監督としてはせめて前半は3バックで行くプランだったでしょうから、後半の交代カードも含めて手痛いミスでした。

 4バックにフォーメーションを変えて、各選手の役割がはっきりしたように思えます。
 松本戦で見れた幸野にボールを集めすぎる所も修正され、福岡のプレスもそれほど厳しくなかった事もあって前線にボールが納まる様になったと思います。
 それだけに作れたチャンスを活かせなかったのが残念。
 決定機を作れている以上、後はフィニッシュの部分になります。
 ゴール前で横パスと言うのが減っていますから後は決めるだけなんですが、焦らずに相手守備陣を振り回す位の余裕を持てれば隙を突ける様になると思います。

 このアウェー連戦、連敗してたら終了だっただけに最低限の結果ですが勝ち点1を持って帰れたのは次に繋がったと思います。
 今節富山が草津に勝利し勝ち点差4なった為に、次節の直接対決で勝っても最下位脱出にはなりませんが、1点差に詰められればプレッシャーを掛けれる筈です。

 次のホーム、勝ちましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

この時間にキックオフ?

 点けっぱなしだったスカパー!で千葉-北九州戦の放送が始まり、録画再放送かと思ったら生中継。
 この天候で13時キックオフは厳しいですね。
 福岡-町田戦が19時だったので、他も似たような時間だと思ってました。

 確かに暦の上では秋ですが、せめて秋分の日過ぎるまでは夕方以降キックオフで日程組んだ方が良いように思えます。
 選手は厳しいですが、応援するサポも辛いです。
 プレーオフを組み込んだ日程の弊害なのでしょうが、来シーズンは検討の余地があればいいと思います。

負けなくなったのは評価できる ホーム鹿島戦

 序盤の2失点でどうなるかと思いましたが、鹿島が2点リードで逃げに入らなかった事もあって追い付けました。
 逆転まで持っていけなかったのは残念ですが、今の状況では仕方ありません。

 失点シーンはどちらも興梠のスピードにやられましたが、前で悪い形でボールを失うとリスクを負ってラインを上げてる最終ラインはたまったものではありません‥‥って、松本ー町田戦でも書いたような(^_^;)
 ただ、去年だとズルズルと最終ラインを下げて空いたエリアを蹂躙されてた事を思うと、明らかに変わったと思います。
 ただ、GKが西部が怪我でリキが出るのは仕方ありませんが、ポジショニングや前への飛び出しと言ったところは問題だと思います。
 1失点目はGKの判断ミスも重なってますから。 次節までに修正して欲しいです。
 引き分けに持ち込んでホッとされてては困ります。

 攻撃に関しては鹿島が引きこもりしなかったこともあり、良い形が見れる機会が多くなりました。
 サネの1点目はシンプルに繋いだ形ですが、CBがそのまま上がって来てPA内で攻撃するとは鹿島守備陣の虚をついた意外性が効いたと思います。
 「非常識」は嵌まると面白い。
 今日のエルゴラで記事になってましたが、失点に絡んだときに「楽しむしかない」と思えるメンタルは頼もしいです。
 ユウもこれくらい割り切ってプレッシャーを楽しんでくれれば上向けるんじゃないかと思います。
 
 2点目のりょーたのゴールは今までならパスを出してた場面ですが、コーヤがDFを引きつけて空いたスペースにミドルを打ち込む所に意識の変化がみれたと思います。
 但し、シュートが決まったのは相手GKのミスでもあるので、しっかり撃ってほしいです。
 彼はもっと出来るはずなので、次も期待します。

 以前なら、序盤に2点のビハインドを負ったらもう試合は終わりの様な雰囲気になりましたが、今は「何とかする」と言う所が見えてきました。
 先に失点はして欲しくはないですが、ビハインドを跳ね返して逆転勝利が見れる様になれば一つステージが上がれる筈です。
 それにはベンチに「ギアを上げられる」選手が必要ですが、他の選手もスタメン組との差を早く埋めて貰って監督の手駒が増えてほしいです。 

 さて、相手側ではありますがジュニは辛いシーズンになってますね。
 恐らく後半にスピードで疲れた相手を攪乱して追加点をと言う役割なのでしょうが、スタメンでなく途中出場では良いところは出ませんし、調子も上がらないでしょう。
 今後どうなるか気になります。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スマホ用アプリ

FC2用のアプリがありましたので試してみます。
ココログと違って、使い易そうです。
ニフティももう少しスマホ対応を真面目にやってくれれば、ココログでブログ開設したんですが。

ケンゴって

 試合については改めて書くとして、鹿島戦で気になったところ。

 ケンゴって、代表から帰って来た1試合目って良くないのは何故でしょう?
 1失点目はケンゴがボール取られてからのカウンターだったし、他もヲイ!と思うミスがポロポロと。
 代表で一体どんな練習しているのだろう?と疑問に思うのですが。

 サネは不思議だわ。
 失点に絡んだかと思えば、飄々とした感じで相手ゴール前に入って行ってゴールを決めてくる。
 普段ガツガツと来る鹿島の岩政も一瞬棒立ちで対応が遅れてたくらいだから、よほど意表をついたんでしょう。

 リョータはみんなが褒める程良かったかなぁ?と。
 普通でももっとできるだろ!と感じたけれど、それは高望みなんでしょうか?

 ジュニはあの調子では鹿島では居心地悪いだろうな。

 試合後の鹿島サポのブーイングを絶賛する人たち。
 そんなに鹿島のサポが良いなら、あちらに移籍されたらいかがでしょう。
 鹿島のサポは全国区ですから、川崎市民の鹿島サポでもおかしくはないですよ。
 カシスタは車で2時間程度ですから、ちゃんと通えます。
 あの人たちにはブーイングと一緒に送られてた拍手は聞こえなかったのでしょうか?

 ま、何をどう思おうが人それぞれと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


 

点差以上の差のある敗戦 アウェー松本戦

 アルウィンへ行ってきました。
 アウェイで負けると、がっかり感は距離に比例して増幅する様な気がします。
 帰りの高速のSAで見掛けたサポさん達も思いは一緒かもしれません。

 今回の試合は3-0の点差以上に差があったかと思います。
 序盤からプレスを掛けてポゼッションを阻害し、得点してからはラインを低めに取ったブロックを築きこちらのミスやパスカットでボールを奪取したら、上げているこちらの最終ラインの裏を狙ってカウンターを取ると言う、ポゼッションを指向した対戦相手の対応の教科書みたいなやられ方でした。
 策士・反町監督がやらせているのですから、細かいところでも策を講じていたと思います。
 戦力差があればかいくぐる事も出来たでしょうが、今回はまんまと嵌まりました。

 試合を見ていて感じたのは、7月頃の全く勝てなかった時と同じ様になっていた事。
 ただ、あの時は試合の主導権を取りながら隙を突かれて勝ち点を逃す試合はありましたが、今回は主導権そのものが取れず、最後まで相手の思惑通りに展開してしまいました。
 引いた相手を突破するのは難しいですが、相手のブロックの外側でボール回ししてても崩す事は出来ません。
 悪い時の癖なのか?サイドを深く抉ってマイナスのクロスを上げるとかは殆ど見れず、サイドは中に切れ込んでいき中の密度を上げてしまい、前の選手が再度サイドへボールを持ち出してからクロスを入れようとしても、その時にはゴール前は殆ど人が居ないシーンがよくありました。
 松本の1点目はゴール前に複数の選手が侵入したからこそ生まれたものです。
 ゴール前に張って動くなと言う訳でないですが、必要な時に必要なポジションを取れなければボールは入れられないでしょう。
 攻撃面で弱気な所を見せる選手が多かったし、そこからボール奪取されてカウンターを喰らっていた様に思えます。
 ビハインドをおって攻めている時に、攻撃陣がそんなボールを失い方をしたらリスクを犯してラインを上げている守備陣は溜まったものではありません。
 2点3点目は最終ラインをあっさり突破されてますが、あの失点を守備陣の責任にするのは可哀相です。
 そしてプレスを掛けられて困った時に幸野にボールを回すのも弱気過ぎませんか?
 彼はキープ力も展開力もありますが、相手にしてみればプレスを掛ければ苦し紛れに幸野にボールが来ると判っていれば対応のしようもあります。

 選手起用や采配については監督の専管事項ですし明確な理由があるでしょう。
 が、言わせていただければ前半30分位の1点ビハインド程度の状況で、アクシデントでも無いのに選手交代するのはどういう事なのか?
 選手のコンディションや試合日程の絡みも考慮してのスタメンと思いますが、失点後に点を取りにギアを上げる位なら最初からギアは上げておいて欲しいです。
 逆転への積極的采配と言うより、スタメンの選定ミスをカード切って補った様にしか見えませんでした。

 まだ9試合ありますし、ボトム直接対決も残しています。
 次の福岡戦まで時間がありませんが、建て直してほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

来シーズンのシーズンチケット

 川崎から来シーズンのシーズンチケットのお知らせが来ました。
 メインスタンド改築によりシーチケ券種が色々と変更になっています。
 何処を買うべきか悩みます。
 ゴール裏2階メインでたまにバクスタ1階で観戦してますが2階の何時もの席はA指定席となってしまいました。
 2階のAゾーンはビジョンより西側に制限されてしまい、あまり見やすい場所でもないんですよね。
 A指定席はかなり魅力です。
 座席指定なので朝抽選に申し込まなくてもいいし、開門時間を気にする必要が無いのは年間5千円アップでも悪くない気がします。 
 朝抽選に行くだけで駐車場代400円×20回=8千円に安くないガソリン代が余計に掛かっていた訳ですから。
 ただ、問題なのはA指定でも上の方に行くと、屋根の支柱やらビジョンが邪魔になって見にくい場所があるので、そこは対象外にしているのか判りませんし、指定と言う事でご近所さんは年間同じとなりますんで、汚いヤジ飛ばしや知ったかぶり解説者なんかがいたら通うのが憂鬱になりそうな所ですか。
 それに今年は指定を買ってないので、優先販売対象になりませんし…。

 取り敢えず、申込開始まで暫くあるので、何処が良いかじっくり考えてみます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
 

連休はアウェイ連戦

 町田は今度の連休は松本・福岡とのアウェイ2連戦となります。
 九州や四国と比べれば松本はまだ近いと言われそうですが、関東の外となるとそれなりに遠いですしね。
 連続アウェイで中二日の町田とホームで戦う福岡とどちらが有利だろう?と思いながら、福岡の日程を確認したら…14日は味スタ19時だったと。
 試合終了21時、取材やクールダウン・ドーピング検査諸々をこなして味スタを出れるのは最速でも22時でしょう。
 福岡行き最終便は出ていますから翌日午前便で帰る事になりますね。
 松本から試合後移動で帰れば、コンディションの差はちょっと埋まるかも?
 やる前の星勘定はあれですが、笑って連休が過ごせればと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR