今日のエルゴラ

 トップは多摩川クラシコ。
 リーグ戦の戦績がうまくない両者の対決に焦点が当たっていますね。
 川崎側の注目選手はあの方です。
 その他のカードのプレビュー記事はこの後続きます。
 
 ACLのレビュー記事が続いた
後はナビスコ杯レビュー記事。
 甲府ー川崎戦は扱いが良いです。

 最後にJ2プレビュー記事が入ります。
スポンサーサイト

【川崎】流れに乗れる連勝 ナビ甲府戦

 悪天候の中、現地参戦されたサポさんお疲れさまでした。

 残念ながら試合そのものは見れていませんが、モバフロの実況とメール、ダイジェスト放送を見た限りではこのメンバーで勝ち点3を持って帰れるのは大きいです。

 甲府側は完全ターンオーバーでBチームとは言え疲労度の低いメンバーで来ているのに対して、こちらは何人か連戦でしたので、コンディション的には厳しかったと思います。

 結果から言えば1失点は防げた失点ですが、PKも含めて3点取ったのはこのメンバーでも攻撃が機能していたのは評価して良いのではないかと思います。
 1点目はコーヤの速いクロスをヤジが押し込み、2点目は森谷がゴール前に放り込んだクロスを細かく繋がってサネが蹴り込んでと、3点目はユウの突破に甲府DFがたまらずにファールしPKになりましたが、あれが無ければゴールしてた可能性があります。
いい形で点が取れてます。

<訂正>
得点経過を間違えてましたので訂正します。寝ぼけてたんかな?

 失点シーン、ソウタがオルティゴサに体を入れ替えられてゴールに向かわれていましたが、あのロングボールがどんな状況で入ってきたのかとサネの位置がどうだったのだろうと。
 リードしている状況で前がかりになりすぎていたのなら、リスク管理が甘かった様に思えます。

 この試合を勝った事で、週末のタマシコから始まるGW連戦に弾みがついたのではないかと思います。
 コーヤはスタメンで出場しましたし、ジェシがベンチにいましたので次は出れるのではないかと期待できますし、フクもベンチに帰って来ました。
 連戦中にも帰って来れる選手もいるでしょうし、今出れる選手で頑張っていって欲しいところです。

cIMG_2897.jpg
 
 リーグ戦の時にやってきたヴァン君

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 トップはACLの浦和。
 引き分けでもGL敗退の可能性があるとの事で、正念場の試合になります。
 仙台は勝てば突破の可能性を残しているんでしたっけ?
 広島は昨日引き分けで、グループ最下位が決まったそうで。
 これでもナビスコはシードなんですよね‥‥。

 続いて今日のナビスコ杯ブレビュー記事。
 注目カードで無いので、扱いはかなり下です。

 J2レビュー記事が続きます。
 ガンバと神戸の強さが目立って来ました。

 風見鶏、あそこの高順位は‥‥。

【町田】3連勝でGW連戦へ

 等々力の仙台戦へ行っていたので、野津田の秋田戦は参戦できませんでしたが、勝利したと。

 序盤に2点を上げ、前半20分で相手が一人一発退場…元草津の熊林とは…と、優位に進められたのかと思いましたが、一人減った秋田を崩せず追加点を奪えなかったのは、秋田の選手たちが頑張った事もあるでしょうが、攻撃に無理があったのかな?と思えてしまいますが、どうだったのでしょう?

 サッカーとは不思議なもので、退場者を一人出しても数的優位な相手に守りきってしまったり、ゴールを奪ったりする事があります。
 今回の秋田もそんな状況だったのでしょうか。

 次に参戦できそうなのは、4日のアウェー横河武蔵野戦になります。
 暫く見ていなかったので、どんな試合を見せてくれるか楽しみにしています。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

cIMG_2926.jpg

YASSカレーも暫くお預けです

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

【川崎】甲府戦に向けて

 ミッドウィークのナビスコ杯アウェー甲府戦。
 残念ながら、平日遠地アウェーでは参戦できません。
 仕事の絡みで川崎のHUB参戦も難しく…。

 レナトとノボリの負傷がオフィシャルに出てしまいましたが、レナトは怪我が無くても休ませたように思えます。
 左サイド、SBは山越でしょうが左OMFをどうするかですね。
 リョータをボランチで使うなら、コーヤの様な気がします。
 右は森谷を入れて、トップはパトリックとユウで組ませるなら4-4-2で来そうですが、次のタマシコの事を考えて4-2-3-1にして来る可能性もありますので、そうなるとパトリックの1トップにコーヤと森谷のウィング、トップ下にリョータを入れてボランチは真希とイナなら、ユウを休ませられますが、どうなりますか。
 最終ラインもヒロキを外してソウタで来る様に思えます。

 フクがどこかのポジションでスタメンに入る可能性もありますね。
 コーキはどこかで怪我と言う記事を見たような気がするのですが、実際はどうなのでしょう?
 いるなら、トップ下にコーキもありかもしれません。

 なんにしても厳しい状態になりそうです。
 今の状況だと、ナビスコは負けなきゃ嬉しいと言うレベルでタマシコに重点を置くのも仕方がないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 土曜のJ1レビュー記事中心で構成されてます。
 トップはさいたまダービー。
 結果はどちらに順当だったのか、玉乃さんのコラム有り。

 川崎ー仙台戦は見開き2ページ貰ってます。
 例によって写真が大きいですが。
 しかし、新川崎番記者さんの記事に馴染めない‥‥。

【川崎】やるべきことをやった初勝利 ホーム仙台戦

 今季初勝利。ちなみにホームではまだ負け無しなんですよね。

 報道通りケンゴが欠場したこの試合、ケンゴがいなくなったらどうするんだ?と言われ続けてた事に一定の回答がでた試合ではないかと思います。
cIMG_3051.jpg
cIMG_3057.jpg
出番が来るまでふんぞりかえるベガッ太さん。 出番が来ればこの通り見せ場を。

・スタメン

 ケンゴの代わりと言うわけではありませんが、腰痛からヨシトが復帰してヤジと2トップに。
 言われていた4-4-2で2列目のOMFは左レナト右がユウとなりました。
 ボランチはリョータと真希、最終ラインは裕介-サネ-ヒロキ-ノボリと何時もの面々。
 GKはこの試合は西部が入りました。

cIMG_3061.jpg
 キックオフ前の円陣

・パーフェクトな前半

 開始早々から仙台を押し込みましたが、今までの試合の立ち上がりとは違って選手間の距離が良く、真ん中のスペースをボランチの二人やOMF、トップのヨシトが上手く使って攻撃に繋げていました。
 仙台も川崎の攻撃に慣れて来ると徐々に押し込み始めましたが、それでも要所で自由にさせなかったので、最終ラインは下がり気味になっても突破されたのはウィルソンとヤナギが崩しに来たとき位です。
 守備も仙台が後ろでボールを持ったときに、まずトップのがプレスを掛けに行き、後ろに通されても付いた選手がしっかりとコースを切ってましたので、そこで渋滞を起こさせて速攻はほぼ潰せてました。

 攻撃も得点には結びつかなかったとは言え、3人くらいでのパス交換で相手を崩してシュートまで持ち込むシーンもありましたので、こんな崩しが成果を出し始めるとかなり楽になりそうです。
 得点シーンこそ相手のパスをカットしてのカウンター、PK、ゴラッソなミドルでしたが、攻め手が多いに越した事はありません。
 ボールの回し方も、強引にパス出して受ける方も次にどうしよう?な状態は殆ど無く、受け手が良く相手選手から外れて受ける体勢を作っていたので、危なっかしいところが殆どありませんでした。
cIMG_3064.jpg
ハーフタイムのカブ

・後半は要改善

 前半でリードを奪って、後半開始早々に押し込んだ時にダメ押し点が入っていればそこで試合は終わらせる事が出来たのですが、上手く行かないですね。
 サイドを攻略されて入れられたクロスを決められて1点返された時には、去年の天皇杯大宮戦が頭に浮かびましたが、流れを持って行かれる前にCKからヨシトがミドルをたたき込んでくれて、仙台に主導権を完全に持って行かれないで済んだのが大きかったです。
 この後CKで1失点しますが、点差が開いていなかったらそこから崩されていた可能性があります。
 後半の問題は2トップのプレスが緩くなった事と、左OMFに入ったリョータが機能低下を起こした事でボランチと最終ラインのプレッシャーが強くなった為ではないかと。
 そして、ボールを奪うとすぐ仙台の裏に出してましたが、そこに味方はいないのでまた仙台のボールになる悪循環。
 裏が空いていて狙いたくなるのは判りますが、あえてボールを回しても良かった様に思えます。
 勝ちきれてない状況だったので、こういう場面になった時のいなし方が不慣れだなと。
 これは勝ち星を重ねていけば良くなると思いますが。

・リョータのチームだったか?

 前半に関して中盤を支配したのはリョータでした。
 最終ラインから前線へとスムーズにボールを繋ぐ役割を充分こなし、連携しての崩しにも顔を出し前を向いてボールを持っていれば容易に失わない上手さがありました。
 前線ではヨシトがボールを受けると的確にキープしてくれるので、リョータが余裕を持って動けた事も大きいですが、それでもケンゴ不在を感じさせないプレー振りだったと思います。
 後半はレナトが下がった事で左OMFに入りましたが、ここではちょっと輝けなかったですね。
 生粋のサイドアタッカーではありませんし、且つ後ろからいいボールげ出てこない事も大きかったと思います。
 それでもCKを自分が蹴ると認識してなかったのに、ショートを選択して仕掛けるところは大したものです。
 この試合に出た選手では最年少でしたが、存在感は充分でした。
cIMG_3067.jpg
後半開始前の円陣

・2トップとヨシトの存在感

 ケンゴ欠場でも頼るべき存在としてプレーしてくれました。
 先制点と4点目は共に、ここで取らないと流れが変わっていただろう場面で取ってくれました。
 ボールを預ければ容易に失わずにフリーの味方に繋いでくれるので、カウンターを受けにくい上に後ろからの上がりの時間も稼いでくれましたし。
 ただ、連戦となった時に無理させる訳にいかないのが問題ですね。

 2トップをヨシトとヤジで組んだ事で守備面は前線から行ける様になりましたし、連携は良かったですね。
 FWに関しては2トップにする場合の組み合わせはまだ試行錯誤するところがありますが、今回の組み合わせで一定の結果は出たのでは無いでしょうか。
 ただし、ヨシトもヤジも怪我が怖いので、ユウとパトリックの組み合わせもナビでテストしておきたいところです。
 多分ナビ甲府戦はそうなるんじゃないかと思います。

・「いいレナト」が全開

 ドリブルとパスが適度にバランスされていて、しかも使い分けがはっきりしています。
 1点目は相手のパスをカットして、そのままドリブルで上がって行きましたが、前がかりになって後ろが空いていた仙台の状況を見れば、パスを出して前に進むよりそのままドリブルで行く方が早いですし、斜め前にヤジが並走していた事で、仙台守備陣はヤジを気にしながら下がる状況でレナトを止めにいけない状況でした。
 あそこでヤジが守備陣を引き連れて左に開いた事で、レナトの後ろから追い越していくヨシトまで対応できていませんでした。
 後ろからヨシトが声を掛けていたそうですが、あの状況で判断してノールックで出せるのは凄いです。
 再放送を見ていたら、チラチラとヤジに視線を送っていて、ヤジに出すぞ感を相手に見せてましたから。

 PKはヨシトから譲ってもらったそうですが、甲府戦の失敗をここで払拭できたかなと。
 ここで外してたら、仙台が一気に活気づくところでした。
 3点目はゴラッソなドラブシュート。
 ゴール裏から見ていた時はふかした様に見えましたが、あそこからあれだけ落ちたらGKも対応できません。 あんなのを隠し持っているって事は、まだ隠した物がありそうです。

・ヤジとユウ

 ヨシトとレナトが結果を出す中、FWとしては物足りないところがありましたが後半ラインが下がった中で、二人で相手を背負いながら崩しに行ってもう少しと言うところでしたので、成果が出るのも近いのではないかと思います。
 どちらも今コンディションが良く走れているので守備や繋ぎに顔を出していますが、そろそろ結果も欲しいところです。

・サイドアタッカー

 この試合で問題になったのは、レナトがいない時の左のサイドアタッカーがいないと言う事。
 一番適任のノボリは後ろにいますしね。
 恐らく点差が開いてなかったら、ノボリを前に出して山越をSBに入れてたかもしれませんが、点差もありましたし試合を閉めにイナ投入だったかと思います。
 その関係で左OMFにリョータが入りましたが、切れ込んでシュートを撃つなら左の方が良いと言う事でしょうか。
 右は森谷がいますが、レナトがいない場合をどうするかも考えないと。
 リョータもサイドアタッカーと言うわけではありませんし。
 
cIMG_3068.jpg
勝利の瞬間のGゾーン

 攻め込まれた時にサイドを使われるところは何とかして欲しいところですが、2トップからの守備で大分安定してきた様に見えますので、このまま改善してくれればと思います。
cIMG_3070.jpg
cIMG_3079.jpg
勝利の水掛けとゴール裏への挨拶

 にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

これでもやるの? 夏春制

 等々力でさえ、昨日も4月半ばとは思えない位寒い日でしたが、昨夜からの降雪でアルウィンの松本-ヴェルディ戦が交通機関の乱れを理由に中止。
 そしてNDスタの山形-熊本戦は降雪の中、試合こそやってますがカラーボールを使用しトラックには雪の山が。
 スカパー!の実況によれば、午前中にスタッフ・サポーターが総出で雪かきして間に合わせたそうです。

 これで本当に冬場に試合できるんだろうか?と疑問に思うのが普通かと思いますが、今回は特異な気象だからと逃げられそうです。

 NDスタの入りを見ると、寒い地方のクラブ冬場はお客さんの入りが激減して経営が成り立たなくなるんじゃないかと思います。
 スタジアムに防寒対策を求めても、屋根ですらまともに付いてないところばかりなのに、防寒機能を持たせるなんて、まず通らないでしょうし。

【川崎】仙台戦に向けて

 今日の仙台戦、天候は寒い上に下り坂と怪しいですが、試合中は何とか持ってほしいところです。

 色々と回りが騒がしく、中には敗戦を望んでいる様なサポとは言えないバカも一部にはいる様ですが、一体何を考えているのやら?
 緊急事態だからそれに沿った応援をしろと仰る方もいますが、ただでさえメンタルが不安なのに、更にプレッシャー掛けてどうするんでしょう。
 わざと固くさせてミスさせたいのだろうか?と。
 別に何時もと変わらず応援すればいいんですよ。
 普通のいい雰囲気を作る方がずっと有効だと思いますね。

 庄司さんが喝入れに言ったそうですが、直接の責任者だからそれ自体はいいのですけれど、この程度で出てきてたらこの先なんかあったら信平ちゃんが出なきゃならん事になるでしょうに。
 案外、天野さんが「営業がねぇ」と泣きを入れて訴える方が効いたりして。 

 そんな状況とは言え、選手には雑音に耳を貸さずに試合に集中して欲しいところです。
 ケンゴはいませんが、いなければいないなりに出た選手が出来る試合をすれば良いのです。
 こんな時に活躍する「ラッキーボーイ」の出現を期待します。
 ベテラン勢も実績通りの活躍を見せてほしいです。

 そして試合後はこんな輪が出来る事を…。

cCIMG0637.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】秋田戦に向けて

 今節はホーム野津田に秋田を迎えます。

 残念ながら、等々力の仙台戦ともろ被りなのでこちらには参戦出来ませんが、良い試合になることを願ってます。

 相手の秋田は3勝1分2敗で、前節は首位長野と1ー1でドローと好調の様です。
 順位は下ですが、勝ち点差は僅か1ですので、ここで敗れると上にいかれますし、首位長野からも離されかねません。

 連勝を3に伸ばして、GWの連戦に向けて勢いを持続して欲しいです。

今日のエルゴラ

 トップは今節一番の注目カードさいたまダービーが来ています。
 「強い方のさいたま」がこの時期高順位の対戦だけに、どんな試合になりますか。

 名古屋とFC東京のカードも扱いも大きいですが、エルゴラにしてはF東の扱いが小さい気が。

 川崎は新しい番記者さんの記事をどう読むか、まだつかみ切れてないですね。

 続いて水曜のJ2レビュー記事。
 長崎が快進撃中ですが、これからの相手が素直に勝たせてくれるか?

 そしてJ2プレビューが続きます。

【川崎】先は長いが

焦らず進めって事ですね。


プジョルの元コーチが語る日本サッカー|コラム|サッカー|スポーツナビ

 来季と言わず、今季中に何とかしていただいても良いんですけどね。

 閑話休題。

 スマホでこんな記事の取り込みが出来るとは。
 これからも使ってみますかね。

【川崎】ケンゴのいない仙台戦

 ケンゴが内転筋痛の記事を書いた際に誰がその穴を埋めるのかも触れましたが、もうちょっと考えてみようかと思います。

 ヨシトが全体練習に復帰したとの事ですが、スタメンで出れるかによって代わってきそうです。
 風間さんはフォーメーションに選手を割り振ってくるか、出れる選手に合わせてフォーメーション変更してくるかどちらを選ぶかですね。

 ただ、単純にリョータにケンゴの代わりを割り振っても、プレースタイルが異なるので代役として動くのは難しいと思いますので、そのあたりをどうするかですね。

 最終ラインは鞠戦と一緒になるとして、今の課題は1トップか2トップになるかでしょうか。
 1トップが孤立気味になるので、やはり2トップで最初から行く方が良いように思えます。
 そうなると4-4-2ですか。
 リョータを前に出しても後ろからボールが出てこなければ仕事にならないので、ボランチの位置で前線との繋ぎ役をさせるのが一番あっていそうです。
 2トップはパトリックとヨシトで、ヤジとギアを上げる時の交代要員で。
 左SHはレナトとして、右SHは誰になりますか。
 ユウにするか森谷にするかと言ったところでしょうか。

 さて、どうなりますか。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ケンゴ次節欠場?

 カナロコからケンゴが内転筋を痛めて欠場か?との記事が。

 磐田戦でやっちゃった様です。
 湘南戦・鞠戦と、今までよりも「らしくない」状態で、鞠戦は開始早々に何も無いところで転んだりしてましたから、踏ん張りが効かなかったんでしょうね。

 今頃記事になっている様ですから、次節出場は無いものと思った方が良さそうです。
 無理に出て低調なパフォなら、しっかり休んで治して貰いGW連戦に間に合わせてくれる方が良いです。

 こうなると、ケンゴの所に誰を入れるかですね。
 リョータを前に上げて、イナと真希のボランチが一番影響が少なそうですが。

cIMG_3019.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

マネーボール論をサッカーに応用できるか?

 たまに見に行くブログに「マネーボール」に関する記事が。
 映画になっている話しで、DVD販売に絡めてのアフェリエイトも兼ねての記事でしたが、リンク先も含めて野球に詳しくなくても判る様な、中々面白い記事でした。

 「マネーボール論」では、プレーを損か得かでカウントして、記録員の主観の挟まる失策数は評価から外すと。
 評価対象は投手の奪三振も含めてアウトを取った数、攻撃時は出塁率。
 送りバントはアウトカウントを相手にくれてやるので損になる。
 この考え方で行くと、なんにつけ「犠牲」になることが美しい日本の野球は軒並み低評価となりそうです。

 この「マネーボール論」でサッカーを評価したらどうなるのか?と考えてみると…。

 野球と違って得点数が少ない上に、攻守やポジションが目まぐるしく変わる特性があると、どこを見れば良いのだろうと思いますが、まず「ボールの奪取数」が味方の得になり敵の損となると言う事で使えますね。
 単にタックルやハイボールに競り勝っても、セカンドボールを相手に拾われたらカウントされないとなれば、ボールの送り先まで考慮したプレーが求められます。
 逆にボールを奪われた「被奪取数」はマイナスポイントに。

 「ボールを相手ゴールに近づけた数」も考えましたが、単純にやると戦術的にバックパスした場合のカウントが難しいので、バックパスは見ないで前にいる選手にボールを送れた数をカウントとしましょうか。
 ドリブルでもスルーパスでも手段は問わず。
 パスを繋げばポイントできる選手が増えますね。
 守備に回った時は「相手のボールを自ゴールに近づけさせなかった数」を見る。
 ボール奪取してボールを近づけない事に成功すれば二重にポイント、失敗すればやはり二重にマイナスポイント。

 これで行くと、守備陣はボールを奪って前に蹴りだしてしまえばダブルでカウントされるので評価が上がりますが、攻撃陣は厳しくなりますね。
 後ろから来たボールを奪われてカウンターになったら、大損ですから。

 そうすると攻撃陣にも何かしらポイントを稼がせる何かが必要です。
 「ボールを受けて相手に奪われずにシュート」したらポイントとすると、シュート数が一気に増えそうです。
 中盤の選手もポイント稼ぎにミドル撃ってきそうですから。
 下手な鉄砲はいくら撃っても当たらないので、ここは枠内シュートだけをポイントにするのが○でしょう。
 当然、ゴールが決まったら、相手GKのミスだろうがオウンゴールになろうがボーナスポイント。 相手に阻まれてもCKを奪ったらポイントを上乗せ。
 これなら前線の攻撃陣もポイントを稼げます。


 たらたらとしょうもない事書いてますが、要するに

 ・前線が安易にボールを取られないようにして、且つ前線から守備させる。
 ・思い切りよくゴール前で枠を狙ったシュートを撃たせる。
 ・中盤や最終ラインの選手に上がってこさせて積極的にミドルを撃たせる。
 ・パスは正確に相手に送る。
 ・守備はちゃんと味方の位置を考える。

 って事をやるには、この位給料に直結しそうな評価基準があればやってくれるんじゃないかと。
 実際にやったら、チームの中がギスギスしそうですけどね。

 ま、たまにはこんな遊びな記事もいいんじゃないですかと言う事で。

cIMG_3011.jpg

今日のエルゴラ

 表紙は興梠とズラタン、二人共「エースの一撃」を決めてますが、直接対決で無かったのに‥‥次節はさいたまダービーでしたっけ?
 プレビュー記事のトップがレビュー記事のトップになる法則は崩れた様ですね。

 J1レビュー記事に続いてJ2レビュー、水曜のJ2プレビュー記事と続きますが、今週は月曜休刊日で火金発行の影響で詰め込み気味でした。

気がつけば

 カウンターが10万を超えてました。

 訪問頂きありがとうございます。


 
 

【川崎】一番弱いのはメンタルなのかも? アウェー横浜戦

 隣町のアウェーと言う事で沢山のサポさんがいらしてただけに、いい結果を持って帰りたかったしあと少しで勝ち点持って帰れる所だったのですが…。
cIMG_2976.jpg
到着が開場後だったので、向かうサポさんは少なめです

cIMG_2978.jpg
アップ前の水撒き。 ホースを使って人手でやるんですね。

cIMG_2980.jpg
今日も取材。早くリーグ戦勝利のインタビューをさせて上げたいです。
cIMG_3003.jpg
別にセレブな町の名門クラブが庶民の町の成り上がりクラブの企画をパクったとは言いませんが、自分たちの箱のでかさを思えば、ちっちゃい鷹じゃなくて白頭ワシ位を飛ばさなきゃ目立たんでしょうに。詰めが甘い。

・スタメン

 ヨシトが腰痛と言う事で離脱した事で右ウィングにユウが入り左はレナト、センターは今回はヤジに。CBはサネとヒロキ、中盤はケンゴ・リョータ・真希の3人。
 SBは裕介が戻ってノボリは5連戦すべてスタメンに。
 ヨシトが抜けてユウがスタメンに入った事で、攻撃に切れるカードがパトリックと森谷だけと言うのが厳しい状況となりました。
 後ろはCBがソウタと棗の二人、SB兼ボランチの山越にアンカーのイナとそれなりにいるのと対照的になってしまいました。
cIMG_3014.jpg
試合開始前の円陣

・失点はセットプレーではあったけれど…

 守備は怖いマルキとうるさいエヒメッシにボコられて、流れから失点しなかったのは頑張ったと思います。
 あれだけ中盤が下がり、押し込まれたらウィングまで戻れば、首位の鞠相手でもそうそう失点はしないと言う事でしょうが、CKに逃げるシーンが多かったのは下がりすぎている事と無関係ではないでしょう。
 そして、鞠にセットプレイを与える事はどういう事か、長年対戦してて判らない事も無いでしょうに。
 新聞に俊輔のコメントが載ってましたが、リキと対戦経験が無いのでCKは飛び出すのかどうかを掴む様にしたとの事。
 俊輔ほどのキッカーがCKを使ってGKの癖を掴む事をやっているのに、安易にCKを与えたら何時かはやられます。
 あっちはキッカーに全幅の信頼を置いていますから、指示通りにやってきますしね。
 失点シーン以外でもセットプレイで危ないシーンはあったのに、何故危険な場所でFKを与えCKに逃げるのかと。
 リキのファインセーブが連発されてなかったら、もっと大差で敗れてたでしょうね。
 このところリキがスタメンなのは本人の調子のよさもあるでしょうが、こうやって押し込まれて最終ラインが低い位置まで降りてくる事を見越しての起用かもしれません。
 狭いところでの反応の良さはリキの長所ですし、飛び出しの判断の早い西部はラインが上がってスペースが空く時に特徴を持ってますが、混み合って狭いところで飛び出して失点に繋がる癖もありますし。
 この様な守り方になると、ジェシがいないのは本当に痛いです。

・技術は退化するものか?

 体力や持久力は劣化していく事はあっても、一端習得した技術は衰える事は無いと思っていたのですが、悪コンディションの湘南戦はともかくとして、この数試合は酷いです。
 出し手が強めのパスを出せばバウンドして且つ受け手の足元にきちんと付かない、受け手はトラップで上手く収められない。
 まがいなりにも鳥栖戦あたりまではそれなりに出来てたものです。
 昨季とは顔ぶれが異なるから、連携の熟成が進んでいないと言うのとは訳が違います。
 実際に失点に至るCKを与える要因になったのは、パスミスをしての事ですから。

  出し手は相手の足元にしっかり出す
  受け手は相手を外す
  攻撃時には相手を守備時には見方を見る

 と言った約束事が守れていないのは何故なのでしょう。

・試合中の問題は試合中に解決を

 明らかに前の連中と中盤以降の連中の意識がずれているのに、それを試合中に調整しようとしないのは甲府戦や清水戦でも見られた悪癖です。
 ケンゴによれば前は繋ぎたがり後ろは蹴りたがってたとの事ですが、どちらから歩み寄らなければ上手く行きません。
 パトリックがいればロングボールを放り込むのもありですが、ヤジがターゲットになれないなら、後ろから繋げさせる様にするかヤジを狙わせるようにするか、ケンゴが指示しなくて誰がやれるのかと。
 前が繋ぎたがるのは良いですが、そこでパスミスでボールを失うから後ろが信用してないのではないかと思いますね。
 失うだけならまだしも、取り返しに行こうとする意欲が見えて来ない。
 せめて時間稼ぎしてくれれば、その間に後ろは守備のポジションに戻れるのに。

cIMG_3019.jpg
後半開始直前、ピッチ上で打ち合わせをする中盤の3人

・自分たちの事が判っているのか?

 川崎の選手って、ひょっとすると対戦相手より自分たちの事が判ってないんじゃないかと今回の鞠戦を見て思いました。
 向こうにしてみれば、川崎はパスを繋いでくるイメージで戦術を決めてきていますから、そこでドリブルで仕掛ければ対応しきれない訳で、実際にレナトがドリブルで仕掛けてかなり深いところまでボールを運べてたのを見てもドリブルで仕掛けおくのは有効だったはずです。
 レナトだけでなくリョータやユウも仕掛ければ、相手の守備を崩せる機会はもっと多かったと思いますし、ヤジやユウが前で張っていればCBやボランチは安易に潰しにいけなかったでしょう。
 ボールを奪う場所が低いので、ドリブルで上がる距離が長くなったのが有効性を減じていましたが。

・対策はありや?

 選手が意識改革するか、開き直ってやるようにならんとどうしようもない感じです。
 最小の約束事さえ守れば、あとは自由にやらせてもらえるのですから、好きにやればいいのに自分たちからドツボに嵌まりに行っている。
 終わって挨拶に来る時も相馬さんの時の8連敗の時の様な表情ですしね。
 ここでヨシトが離脱したのは本当に痛いです。
 回りを鼓舞して戦える選手がいないので、嫌な流れがそのまま払拭できずに試合が進んでしまう。
 ベンチにも流れを変えるカードがパトリックしか無いですし。

 次の試合、スタメンを弄って来るか今回と同じにするか、出れる選手の顔ぶれを考えると難しいですね。
 変えるとしたら、ヤジをパトリックにユウを森谷にして、勝負所でギアを上げるカードにする所位でしょうか。
 今出れる選手でやっていくしかない訳ですし、データに現れる数値は悪い物ではないのですから、状況を気にせず自分たちがやれる事をやって言って欲しいです。

cIMG_3022.jpg
引き上げる選手たち。 下を向かずに顔を上げてほしい

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

【町田】2連勝

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 twitterでの実況をありがとうございます。 
 金沢サポさんも実況にゼルビアタグを付けていただき、ありがとうございます。
 おかげで状況が判りました。

 今季初の連勝と逆転勝ちですから、これで乗れていけるのではないでしょうか。

 岸田をスタメンで見てみたい所ですが、今は結果がでているスーパーサブの使われ方の方が良いのかもしれません。

【川崎】横浜戦に向けて

 今朝発生した淡路島の地震が、今節の試合開催に影響するか判りませんがどうなりますか?
 今のところ、大きな被害が報道されていないので実施されるとは思いますが。

 水曜のナビでケンゴ・ヨシト・レナトを温存できた事で、試合の無かった横浜とコンディションの差は多少なりとも縮まっていれば良いのですが。
 もっとも、スケジュールがキツい方が何故か調子が良い所を見せるのが川崎ですので、なまじ間隔が空かなかったのは良かったかもしれません。

 このところ、攻撃に思い切りの良さが無いですから、後ろから攻め上がって厚みのある攻撃ができれば、もっと点が取れる様になると思います。
 あちらはサイドに追い込んでから攻撃して来るような形が多いので、両サイドがしっかりケアして抑えておいて、中央突破で決定機を作っていけるんじゃないかと。

 前線が「後は決めるだけ」の所を決めてくれれば…。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは「二人の中村さん」を主題にした神奈川ダービーからの、J1プレビュー記事。

 水曜のナビスコ杯レビュー記事が続きますが、ページ数はちょっと少な目です。

 後はJ2プレビュー記事。
 岡山の無敗は止まるのか?

【川崎】ターンオーバーで得たものは?  ナビ清水戦

 5連戦の4戦目となるミッドウィークの第4節。
 流石にベストメンバーを組むのが難しい状況でしたので、実質Bチーム的なスタメンでした。
 幸いスタメンを記録している選手が多かった事もあって、ベスメン規定は気にしなくて済みますが、紅白戦はともかくとして実戦での連携がどうなんだろうと心配はありました。
 それでも出場機会に飢えててチャンスをものにと言う気迫があれば、とも思いましたが…。

・チャンスはものにできたか?

 前半の酷さは今までで一番では無いかと言う出来でした。
 チャンスをモノにしようと言う感じがまるで見えてきませんでした。
 パスは不安定で弱く、受ける側も満足なトラップで止める事もできないシーンが続出。
 パスを繋ぐサッカーでパスが悪かったら手も足も出ません。
 そういう意味では貰ったチャンスを活かした選手はいませんでした。
 それでも守備は崩壊しなかったのは、結構守備的な意識が高まってたのかなと感じます。
 ソータとサネのCBも悪くありませんでしたし、今季初で半年以上出番の無かった山越との守備ラインの連携も悪くなかったですね。
 今季はロングボールの多い清水が、思ったほどロングボールを入れて来なかった事もありますが、最終ラインだけズルズル下がる事が無かった事が効いているかと。

・イナの立ち位置

 かなり微妙なプレー振りでした。
 行動範囲に相手が入ってくれば抜群のボール奪取力を発揮してくれますが、今回はその範囲がかなり狭かったです。
 動いて空けた穴を付かれる様な事もあり、あそこでぽっかりと空くとかなりキツいです。
 ちょっと動けてないなと。
 守備専で行くならCBの前に構えていてもらえば良いのですが、攻勢に出る時はラインの上げ下げも活発になりますし、相手のマークもきますので今回の様なプレー振りだと怖いですね。
 回りの連携が悪いのはメンバーを見れば判りますが、真ん中で上手く引っ張って行く事を求められる立場だと思いますので、存在感を示してほしかったところです。

・森谷の使い方

 正直なところ、スタメンを見たときは右ウィングだろうと思っていたら、キックオフ時のポジションはインサイドハーフで、リョータが右ウィング。
 これは役割的にどうかなと思ったら、やはり合いませんでした。
 判っていてわざとやっているとしか思えませんが、その理由は判りません。
 後々に気づくかもしれませんが、今は判らない。
 でもやっててやりにくかったら選手同士で話し合うのもありと思いますし、ウィングに入ったヨシトとレナトがレナトが右でCK蹴る時はヨシトが左に入ってプレイする様に話しを付けてた例もありますし。
 インサイドハーフはかなり微妙でした。
 ボールキープも甘く、相手へのプレスもこわごわ行って、回りの選手との連携も少なく…これは回りも悪い…といいところはまるでありませんでした。
 これは後半早々に交代だなと思っていましたが、リョータとポジションを変えてからはグッと良くなりました。
 ユウが入ってから2列目の右サイドハーフ的な位置に入りましたが、ボールキープも良くなり結構後ろから縦パスを通したりボールキープした相手をチェイスしたりと動きましたし、右SBの裕介との連携も出てきて後半はほぼ右サイドが主攻面になっていた様に思えます。
 中央のリョータや真希からもいいボールが出ましたし。
 将来伸ばす方向は別として、現状では右サイドハーフかウィングが適正ポジションの様に思えます。
 ケンゴもレナトもいませんでしたからフリーキッカーも勤めましたが、割と素直に入っていくボールを蹴るなと言う印象です。
 ボックスぎりぎりの所からのFKは誰も合わせられませんでしたが、パトリックか裕介が触ってればそれでゴールになった惜しいキックでした。
 ただ、森谷がキッカーの時のセットプレイ練習はあまりやってないのかなと。

・沈黙の左サイド

 ノボリが久々に前のポジションに入りましたが、連戦の疲れか?あまり精彩が無かったです。
 山越も久々の公式戦と言う事もあり、お互いを活かしているとは言い難い状況でした。
 ノボリの場合、ある程度後ろからボールを貰って運んでいく様なプレーで持ち味が出るのかなと。
 山越も仕掛けて行くと面白いプレーをするのですが、今回はそう言ったシーンは出てませんました。
 前半は右も駄目左も駄目と言う状況でしたので、あれでは攻め手はありませんね。

・パトリックのフィットは時間が掛かる?

 チーム戦術はどこまで認識しているのかが判りません。 と言うくらい動き回ってました。
 前線にいたかと思うと、ヴァイタルのあたりまでボール貰いに行ったりサイドに流れて行ったりと、行動範囲は広いのですが、肝心のゴール前から離れてしまう所が。
 献身的にプレーしてくれているのですが、前にボールを出したい時にターゲットになれないのは拙いでしょう。
 チームへのフィット感が上がってくるまで、暫くは我慢して使っていく事になるでしょう。
 ただ、後半のパワープレー要員としてしか出さないと何時までもマッチしてきませんし、難しいところです。

・リョータのべストポジション

 右ウィングでは消えてましたし、裕介との連携も悪く蓋をした様な形になってました。
 やはり中ですね。
 ボランチでも前に出て行って、ボールを捌く所で持ち味が出ますね。
 サイドでラインを背負ってのプレーはそう言った持ち味をスポイルしています。
 現状では真希とのダブルボランチで役割分担できるのはベストではないかと思います。
 ただ、前に出る以上はゴールに絡むプレーを期待されるので、もっとシュートを撃っていくべきですが、なんか遠慮があるんでしょうか。

・ユウ

 湘南戦で結果を出せなかった分、ここで結果を出しておきたかったところです。
 パトリックとの2トップの形になり、シャドー的に動ける事もあってゴール前に絡む機会は多かっただけに、どこかのチャンスを決めていればと思います。
 絶対に決めようと気負っているのでしょうか?
 もっとシンプルにやるのも試してほしい所ですが。

・投入するのはヤジ?レナト?

 イナを外してユウを入れた後、誰か入れるなら山越下げてノボリを左SBに入れて左ウィング位置に入れてかなと思いましたが、ヤジとレナトのどちらを入れるかは迷うところです。
 結果としてヤジを入れましたが、時間帯から行ってパワープレーも考える所ですので、ターゲットを増やすか放り込むクロスの精度を上げるか、どちらもありです。
 ただ、レナトを入れるならもっと早い時間帯に入れた方がセットプレイのキッカーもやれますので優位だったかなと思います。

・ターンオーバーで得たもの

 ケ ンゴとヨシトは完全休養、レナトも使わずに済んだ事で次の鞠戦に備える事ができたのが一番大きかったでしょう。
 ヤジの投入は次にスタメンになる事を思うと出来れば避けたかった所ですが。
 このメンバーで負けなかったのも、ナビスコの残り試合を思えば悪くありません。
 問題はノボリやサネと言った連戦の選手の疲労度が更に増してしまった所ですが、この試合でソータと山越を使うパターンも出来たので、交代で入っても良いかと思います。
 裕介が復調しているのも確認できましたし。
 残念だったのがコミがやっぱりいなかった事ですね。
 なんでエルゴラの担当さんは、怪我明けでコミがスタメンだなんて予想したのか?

cIMG_2960.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 最近、エルゴラは水曜が一番充実している気がします。

 トップはナビスコ杯注目の選手の記事。
 リョータもピックアップされてます。
 プレビュー記事は控えめですが、左SBのそれは有りかい?
 練習見てないから、何とも言えませんが。

 J2のレビュー記事が続き、ユースのプレミアリーグの記事も有り。

 JFLも1ページ取られていて、レビュー記事は町田ーHOYO大分戦を取り上げてます。
 ザワさんが高評価でした。

【川崎】明日の清水戦は大幅に入れ替えらしい

 明日のナビ清水戦は大幅に選手を入れ換えるらしいです。

 相手の清水は先週のナビは休みでしたし、若手主体…と言うか実績のあったベテランが殆ど残ってないチーム編成になってますので、連戦の上に豪雨の湘南戦での消耗度を考えれば、こちらも若手に切り替えてやらないと、週末の鞠戦が厳しいことになるので仕方ないでしょう。
 あの豪雨は打たれてるだけでもかなり消耗しますし、ぬかるむピッチは下半身の負担が増しますから、古傷のあるベテラン勢は厳しかったはずですし。

 特にケンゴは病気や代表遠征での離脱もあってか、今季は低調なので休養にあててほしい所です。 
 不調でもケンゴが要るのと居ないのとでは違いが出てしまいますが、それを言っていたら何時まで経ってもケンゴへの依存度は下がりません。

 他にもノボリが左ウィングに入るようですので、レナトが外れるのかな?
 できればヨシトも外して、週末に向けて休養に当ててほしい所です。
 本来ならヒロキも休んでほしい所ですが、CBが足りない現状だと難しいかもしれません。

 代わりに入る若手は、今の時点で怪我人を除いて今季スタメンが無いFPは山越、棗、マルと言った所ですし、コーヤが怪我から戻っているなら、彼を入れても4人なのでベスメン規定上は問題無さそうです。
 棗はDFとしてはまだ使えませんし、マルはFWの序列はヤジやパトリックの順位が上でしょうから、スタメンは無いにしても今季初ベンチは来るんじゃないでしょうか。

 GKは西部で来そうな気がします。
 この試合で良い所を見せて鞠戦のスタメンに行く流れもあるかもしれません。
 ベンチGKに入るのは新井かシュンか?

 裕介やイナもスタメンに入るにしても、ナビスコ杯の趣旨に沿ったかなりフレッシュな顔ぶれになりそうです。
 この中でチャンスを活かせるのは誰かと言うのも、明日の試合の見どころの一つになりそうですね。

cCIMG0632.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

【町田】監督賞はザワさんに

 町田のオフィシャルを見ていたら、ホーム初勝利となったHOYO大分戦でザワさんに秋田監督が選んだ監督賞が贈られたと記事がありました。

 前半の押し込まれた時間帯はもとより、カウンター喰らった時もしっかりゴールに鍵を掛けたセーブで失点を防ぎましたし、先制点を許していたら逆転は難しかったと思いますから、この選定は納得がいきます。

 投入後、積極的な仕掛けからPKを貰って自ら決めた岸田もFWとして大きな仕事をやってくれましたが、今回はザワさんに譲ってもらいたいです。
 GKがMOM的な大活躍ってのは本来はあったら不味いものですし、FWなら長いシーズンまだまだチャンスは一杯有りますから。

 頂いたのはスポンサーさん提供のかっこいいブーツでしたけれど、試合直後の様でしたので、オフィシャルの画像を報告用に撮って、後日本人に足に合わせたものが送られてくると言うことでしょうか。

 こう言った賞の話しになると、どうしても攻撃的なポジションの選手に目が行きがちですが、こうやって守備のポジションの選手も監督から評価して貰えていると判ると嬉しいものですね。

cCIMG0646.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 トップはJ1のレビュー記事から。
 上位陣のカードは順位相応に、下はそれなりにと言うことですね。

 次にはミッドウィークのACLプレビューと続きますが、J1レビューにページ取ったせいか?ボリュームは少な目です。

 J2はガンバーヴェルディ戦を取り上げてますが、内容は薄い様な?
 その他の試合は水曜掲載です。

【町田】ヒヤヒヤながらもホーム初勝利 ホームHOYO大分戦

 前日の豪雨から一転、暴風の中での試合を覚悟して野津田に行きましたが、試合前こそ暴風で試合になるのか?と思わされましたが、試合開始から大分落ち着いてきて風が再び酷くなったのは町田のゴール後と、試合へは大きな影響を与えませんでした。
 ゼルビーランドは幟が飛んだりとちょっと大変でしたが。

cCIMG0645.jpg
 この日出ていた肉巻きおにぎり

 前節のホンダロック戦からどう変わったかと思ってみていましたが、HOYO大分はホンダロックより厄介な相手でしたので、前半はあまりいいところがありませんでした。
 HOYO大分はチームとしての完成度は町田より上だったように思えます。
 堅守速攻はホンダロックと一緒ですが、それにプラスして上手さがありました。
 町田もパスを回して機会を伺うのですが、そのパスが繋がらずカットされ相手ボールをクリアしても、セカンドボールは相手の足元へ行く悪循環。
 昨季の悪い町田を見ている様でした。
 幸い、奪われるのが低い位置なので早いカウンターは受けにくかったですが、じっくり攻め上がるので意図せずに下がらされていた様です。
 その分HOYO大分はまとまって上がれるので、数的に負けてない状況でした。
 ザワさんのファインセーブが出てなかったら、先制されて追いかける苦しい展開になっていたでしょう。
 その意味では、今日のMOMはゴールを決めた岸田では無く、苦しい時間帯をゴールを守りきったザワさんでしょう。
 本当はGKが目立ってはいけないのですが。

 後半になると、HTに秋田監督にネジを巻かれたのか開始早々からゴールへの圧力を強めて、HOYO大分を押し込んでいましたが、ゴール前であいて守備陣をかわしきれずに強引にシュートに行って取られるか、攻めきれずバックパスでやり直しかと言うところが残念でした。
 高い位置で奪って相手の守備ブロックができる前に攻められれば良かったのですが、そもそも高い位置で奪えないのですから仕方がありません。

 試合が動いたのは後半も終盤に入って、攻撃のカードを秋田監督が次々と切ってからでした。
 元気な岸田が相手守備陣にチェイスし、ボールを貰うとボックス内にアタックしていってました。
 その仕掛けが効いて、岸田のスピードを読み間違えたHOYO大分守備陣がボックス内で倒してしまいPKに。
 これをファールを貰った岸田がしっかり決めて町田がリードとなったのが、30分過ぎ。
cCIMG0665.jpg
岸田のPK

 このままクローズさせるのかと思いましたが、特に監督からの指示も無く追加点を狙って相手陣内に攻め込んでいくスタイルで、結果としてHOYO大分の反撃を押さえる事ができたと思います。
cCIMG0673.jpg
試合後の挨拶

 試合運びも拙かったですし相手はそれなりの手練でしたから、ヒヤヒヤするシーンは多かったですが、それでもホーム初勝利を得たのは大きかったと思います。
 リーグ戦からみても、3戦連続ドローでは上昇していけませんでしたし。
 今のサッカーの完成はまだ掛かるかもしれませんが、できる事をやってしぶとく勝ち点を拾うしたたかさを見に着けてほしいと思います。

cCIMG0678.jpg
試合後の野津田の空

 この空の様にこの先が明るい事を。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】ウォーターハザードに沈む アウェイ湘南戦

 悪天候の中、参戦されたサポさんお疲れさまでした。
 試合後すぐに天候悪化で平塚のあたりも酷い事になってたので、19時KOじゃなくて良かったです。
 あまりに雨が凄いので歩いて行くのを諦めて帰りもシャトルバスを使いましたが、それほど待たされずに乗れましたので、湘南の運営はいいですね。

・スタメンはほぼ一緒ー

 負傷のジェシに代わってソウタが入った以外はナビ磐田戦と同じ。
 裕介がベンチと言うところが、それほど状態が良くないのかと心配になります。
 ジェシの離脱でCBの控えがいないだけに、サネを何時までも右SBに使うのは厳しいので早く復調してほしいです。

・「走るサッカー」 vs 「繋ぐサッカー」

 この悪状況で標榜したサッカーができるのか?と。
 スタンドから見た限りでは、水が浮いている所は見当たらず水はけが良い様に見えましたが、試合が始まってみると、水しぶきがあちこちで上がり、ボールはいきなり止まったり選手は転んだりと、最悪な状況でした。
 それが全面ならまだしも、酷いところとそれなりにいいところが混ざっているので、かなりやりにくかったと思います。

 川崎はもちろんですが、湘南も自分のサッカーをやって来ましたね。
 他の対戦相手がやって来た様に、ロングボールを放り込む事を主体にしてきませんでした。
 チョウ監督はこのサッカーに自信を持ってやっている様に見受けられました。
 どちらも比較的コンディションの良かった前半はできていた様に思えます。
 湘南に攻められた時に気になったのが、リョータの守備に回った時の軽さ。
 攻撃に出ている時の大胆さが逆に悪さしているのかと。
 ボールロストもペアを組んだ真希と比べてもかなり多かったと思いますし。
 ボールを失っては困るポジションなので、気になります。
 ボランチよりもっと前目で使うべきなのか?

 リョータに増して酷かったのがケンゴ。
 ボールロストもそうですがパスミスも多く、かなりパフォーマンスが落ちてます。
 中盤であれではちょっと怖いです。
 湘南が比較的サイドをケアしてきていたのでサイドからの突破が難しい分、中央から攻略を図っていた様に思えますが、攻撃を担うケンゴとリョータがミスで上手く使えなかったのが攻撃が停滞した要因かもしれません。

 雨足が強まった後半は、ボールは止まる体は止まらないと言った所で、どちらも対応しきれてませんでしたが、どちらかといえば川崎側に問題ありですね。
 ヨシトのコメント通りにもっと前に放り込むとしても、パスの精度が低い所では効果がしれてます。。
 ただ、ケンゴのパスのズレッ振りを見ると、ポイントを合わせての後ろからの放り込みは難しかったかもしれません。

・レナトの技術

 レナトの技術の高さを再認識させられました。
 比較的良好だった左サイドですが、それでも敵味方を問わず転ぶ選手がいる中、しっかりとしたドリブルで進んでいきますし、圧巻だったのは後半の攻撃時。
 左サイドからのサイドチェンジのボールは近い位置で見ていると、バックスピンが適度に掛かっていて柔らかくバウンド、ピッチの酷さでブレーキがかかる事も計算に入れていい位置に落としていました。
 それをユウがコケてチャンスを潰してたのが非常に残念です。
 何度も滑っているんですから、少しはそれを前提に動ければいいのですが。

・ユウの投入の意味は?

 ヤジがあまり振るわなかったのは連戦の疲れと言うわけでも無いでしょうが、ヨシトとポジションを変えて右サイドでもあまりピリッとしたところが無かったので交代は妥当だと思いました。
 ユウは前半からアップしてたので、後半頭から来るかと思いましたが取り敢えず後半ポジションを変えて様子を見る事になったのかもしれません。
 ただ、右サイドの状況の悪さをユウはどこまで認識していたのか?
 レナトからのサイドチェンジも合わせて、右サイドからのチャンスメークができた可能性を潰し続けてたのは痛かったです。
 右サイドがダメな時点で、ユウを中に絞らせて中央突破をもっと仕掛けても良かったように思えます。

・パトリック投入の時期

 現状で崩しきれないと言うところで、強引に湘南の守備をこじ開けるのにパトリック投入は正解だと思いますが、投入直前で失点したのは痛かったです。
 高山のゴールそのものはCKでゾーン守備の外からニアで合わせられてのものですので、仕方がない面はあります。
 マンツーマンで行っても、穴に通されてたでしょうし。
 パトリック投入のサインがパワープレイと言うほどでないにしろ、放り込んでパトリックに合わせろ的なものだったら当たりでした。


 この試合、ピッチコンディションが良ければと結果は違っていたかと思いますが、あのピッチでパスサッカーをやるなら、やり切ってほしいです。
 中途半端にパス出してボールが止まって奪われるなんて、何の冗談かと。
 もっと強く相手の足元にバシッと狙ってやらないから、水に捕まるのではないかと。
 ケンゴが浮き玉で繋ぐ事についてコメントしてましたが、それをやらなきゃパスは繋がらないならチャレンジすべきだったと思います。
 やり切れないでいるなら、しくじってもやり切ってほしいです。

 あのピッチでミスややりきれない状況で、それでも勝ち点1を持って帰れる事を次に活かして欲しい所です。

cDSC_0957.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

野津田から帰還中

 ちょっとヒヤヒヤでしたが、勝って良かったです。

 試合の感想はまた後ほど。

 この週末は1勝1分。
 次週は2勝といきたいですね。

平塚へ出発

これから平塚へ出発します。

天気はまだOKなのですが、時間の問題ですね。

 濡れて困る物はデジカメを含めて置いてきて、スマホ用のエネループはジップロックでしっかり防水。

 寒くならない事を願ってますが、どうなりますか?
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR