いよいよ仙台戦2nd Regへ

続きを読む

スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 トップは日曜日のナビスコ杯準々決勝2ndReg。
 初戦を落とした方の目線ですか。
 仙台ー川崎戦はホーム重視の記事に。
 こちらのホームでも仙台目線だったのに、なんと不公平な扱い方。
 番記者が居ないって事はこういう事ですか?

 続いてはJ2プレビュー記事。
 もう少しボリュームが有っても良い様な?

 ユースのプレミアリーグの記事も有ります。

 楠瀬体制になった町田の事も、少しですが記事になってます。

今日のエルゴラ

 ナビスコ杯とは言え、やっとJ1が帰ってきたトップです。
 気にしてませんでしたが、準々決勝に進出したところで、代表に選手出してるのはうちと鞠と広島だけだったんですね。
 使わないなら呼ぶなよとどこも思っていそうですが。
 川崎ー仙台戦のあつかいが悪いなと思ったら、月曜の駅売り版でページを取られてたんですね。

 続いてこれが最後か?のコンフェデ杯。
 総括したら、流石に終わりでしょう。

 町田・秋田監督解任の記事も最終ページに間に合ってました。

【町田】秋田監督解任に思う事

 お昼に記事を上げましたが、秋田監督が解任されました。
 シーズン半ばで去る事は不本意だと思いますが、「お疲れさまでした」と秋田監督には伝えたいです。。

 オフィシャルを読む限り前半戦を精査した結果、この先も状況が改善される事がないとの判断が下った様です。
 長野にホームに惨敗した事で、次のソニー仙台戦次第かなと思っていましたが、それより早く手を打ったと言う事でしょうか。

 上位とは勝ち点差6の3位と言う成績は悪くはありません。
 ただ、ここ何試合かの内容を見ると「新しいチームへの産みの苦しみ」と言うより「袋小路にはまり込んだ」と言う方がしっくり来るような形でした。
 風間監督の様に何かしらの意図を持って足枷を掛けているのであれば、まだ後半足枷が外れた時のジャンプアップが期待できますが、秋田監督の場合は何をやろうとしているのか?何を試しているのか?よく判らないサッカーでした。

 讃岐や長野の様にある程度チームができている所と比べて、昨年とは選手の顔ぶれががらりと変わって一から作り直し感が強い町田では条件が違います。
 秋田監督も試行錯誤しながらのチーム作りをしているのなら今の停滞も仕方ないとところですが、フロントは短期決戦でJ2にいかないとクラブが持たないと考えているのなら、それも仕方のないところです。
 半分終わって勝ち点6差で、しかも讃岐も長野も大崩れする可能性は少ない堅実さがありますので、2位以内を確保するには早く動くのも判ります。
 そして問題にされるのがホームで勝てない事でしょう。
 観客動員も昇格条件である以上、ホームでは良いところを見せて観客動員を上向かせる必要がありますが、勝利が少なく試合内容も悪くサポの罵声にブチ切れるのでは、流石に厳しいです。

 秋田ゼルビアのターニングポイントはホーム琉球戦ではなかったかと思います。
 連勝中でここで勝てれば更に勢いづくところでしたが、開始4分で2失点、2点返したとはいえ4点を入れられ惨敗。
 ここで歯車が狂ったように思えます。
 連勝中気がかりだったのは、連勝が止まったらどうなるのだろう?と言う事。
 勝利で積み上げた自信は敗北で崩れてしまうものです。
 本物の自信は少しずつでも実力を積み上げてつけていくもので容易には崩れません。

 崩れてしまった自信をどう回復していくか、それが監督の力量です。
 日本代表もブラジルで自分のサッカーをやれずに惨敗後中三日で自信を取り戻していたのは、選手のメンタルもありますが、ザックの監督術に寄るところが大きいはずです。
 残念ながら秋田監督はその点が経験不足だったと。

 次にどんな監督を連れて来て、課せられたミッションであるJ2昇格を物にするのか、フロントの働きに注目したいです。

 そして、次のソニー仙台戦なんとしても結果が欲しいところです。
 解任ドーピングは確実に選手の後押しをしますから、まずは1勝を。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】監督解任!!

 オフィシャルサイトに秋田監督解任のお知らせがでていました。

 ここ数試合良いところは有りませんでしたが‥‥。

 思う事はまた改めて書かせて貰います。

今日のエルゴラ

 今回もトップはコンフェデ杯。
 3戦全敗を受けての記事構成になっています。
 コンフェデ杯全体の総括はこれで終わりって事でしょう。

 続いてはJ2レビュー記事。
 結構なページを取ってます。

 昨日のナビスコ準々決勝の詳報は水曜になります。
 締め切り後に試合ですから、仕方ありませんね。

【川崎】一ヶ月ぶりの公式戦は先勝 ナビ杯決勝Tホーム仙台戦

 5/25新潟戦から一ヶ月ぶりの公式戦は、ナビスコ杯準々決勝で仙台を迎えての一戦。
 この時期に試合の無いクラブがある事を思うと、彼らより2週間早く試合がやれる事をありがたく思わねば。

 スタメンはノボリが復帰、ケンゴの代わりはイナが、ユウがトップに入って空いた右SHには久々に森谷が。
 緊急帰国してまだ戻ってこないジェシの代役はソータが。
 ケンゴ・リョータ・ジェシ抜きでどんな試合になるのか楽しみ半分不安半分での観戦となりました。

 ゲームとしては川崎・仙台とも実戦から離れてた事もあってぎこちなさが見えました。
 中盤でボールを奪い合い中々シュートまで持っていけない状況でした。
 パスを回す意志はあり、ボールを貰うのに相手から外れてたところで貰い、出す方も出したら動くを徹底されて様で、キャンプの成果だと思います。
 もう少し仙台を翻弄できれば楽な試合展開ができたでしょうが、相手のある事ですので上手く行きません。

・イナの存在感

 キャンプでいい状態に仕上げてきたのか、中盤でかなり効いていました。
 真希との連携も真希が後ろを担当してイナを前に出すような形になっていたようです。
 イナが中盤で相手を潰しに行くと、無用なカウンターを喰らわないで済みます。
 また、前線へのボール供給で積極的に前線にボールを入れていましたが、ケンゴと出すタイミングが異なるせいもあって受け手が上手く感じてないのは残念でした。

・やるじゃん森谷

 久々のスタメンで今回の言わばチャンスを貰ったと言っていいでしょう。
 得意の右SHと言う事もあ、積極性を見せたプレーぶりでした。
 以前はセーフティファーストで極力リスクを負わない様なプレーで消極的に映りましたが。
 ユウの先制ゴールは森谷がボール奪取して、すかさず前線のヨシトに送って産まれました。
 技術はあるのであとは気持ちの問題と思っていましたが、今回の試合の様に前面に出してくれると見ている方も楽しいです。
 序盤から飛ばし気味でしたのでパトリックとの交代は妥当でしたが、90分通して見てみたいと感じました。

・スーパーパトリック!

 入って早々に得点に絡む大きな仕事をやってくれました。
 前線へフィードされたボールを相手DFに競り勝ちPA内に侵入したところをGK林に倒されPKに。
 PKの判定自体はまま妥当かなと思いますが、一発レッドになるとは思いませんでした。
 前半レナトが倒されたときは見事にスルーしてただけに、アレを獲るかと驚きましたけれど。

 恐らく、仙台の最終ラインも林もパトリックのスピードを見誤っていたのだと想像します。
 あのあわてぶりからみて、あの体格であのスピードは想定外だったのでしょう。
 PKのキッカーはレナトに譲りましたが、実質的にはパトリックのゴールと言っていいでしょう。
 前線でのチェイシングやプレスバックをあの体格とスピードでやるのですから、疲労が出てくる時間帯にアレをやられたら相当嫌なプレーだったと思います。
 後は何度かチャンスがあったのを決めていれば、スタメン争いを優位にできたのですが。

・復活のノボリ

 やはりレナトとのコンビはノボリが一番です。
 どちらもボールを嫌な失い方をしませんし、二人だけで左サイドを崩せますから。
 仙台はノボリの上がった後のスペースにロングボールを放り込んできましたが、ノボリが素早く対応していたので殆ど効果はありませんでした。
 仙台にしてみれば、あれでCBのどちらかがつり出されてくれれば中のスペースをつあけると思っていたのが、ノボリが戻って対応するので大きな危険はありませんでした。
 欲を言えば後半アディショナルタイムの失点も上手くケアして欲しかったところです。

 1st Regは等々力で勝ちましたが、2nd Regではこうして上手くやらせてくれるとは思いません。
 勝って上に上がりましょう。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 トップはコンフェデ杯。
 昨日のイタリア戦レビュー記事から。
 結果はブラジル戦に続いての敗戦ですが、内容は大違いなので、記事もだいぶ論調が‥‥。
 川崎番の西川さん、現地に行ってたんですね。

 続いては今週末開催のナビスコ準々決勝のプレビュー記事。
 1stRegはこっちのホームなのに、記事は仙台目線。
 番記者が出張中でもそれはないわ。

 最後はJ2プレビュー記事です。

【代表】コンフェデ杯 ブラジル戦を振り返る

 試合日に時系列でコメント入れてたのをアップしましたが、試合を見ていての感想。

 それほど悪くなかったなと言うのが正直なところです。
 どんびきしているところを徹底的に攻めたてられて、為す術無く失点を重ねた訳でなく、何とか戦おうと言う意志は感じました。

 世界最強クラスの国がホームで優勝目指して調整しているところに、中4日で中東で最終予選を戦って移動してきての対戦ですので、これ以上条件の悪い対戦も無い訳ですから。
 総じて日本って、南米の個人が強いところをは分が悪いですし。

 問題は攻める気持ちが弱かったのかなと。

 この対戦で何が得られたか、それがはっきりしていれば心配する事は無いと思います。
 アジアだと最終予選でも通用した事が通用せず、ちょっとしたミスや油断が即失点に結びつく事を肌で感じてくれれば。
 個の力を上げろとも言われますが、その世界に通じる「個」を上げる事が一朝一夕にやるのが難しい訳で、持ち味を活かす集団で戦っていく戦い方をしていく道を進むのが相応しい気がします。

 次はイタリア戦。
 実力差ははっきりしていますが、ブラジル戦よりは集団で戦う形はできるんじゃないかと思います。

 しかし、朝7時ではとてもライブで見れませんね。
 録画して帰ってから見る人が多いのでは?

 

今日のエルゴラ

 今日もトップはコンフェデ杯。
 明日のイタリア戦プレビュー記事から。
 その外、日本戦以外のレビュー記事も。

 ミッドウィークにJ2は無いので、J関連は武者修行型期限付き移籍選手の記事。
 川崎のレンタル中選手の記事も。

 讃岐ー町田戦のレビュー記事も掲載されています。
 地方なので、取材してると思いませんでしたから、ちょっとしたサプライズでした。

【町田】首位讃岐に勝利

 日曜は仕事でtwitterすら見れない状況だったので、どうだったか気になっていましたが、1-0で勝利だったと帰宅してから知りました。

 前節の敗戦で、今は難しい状況に居るのかと思いましたが、この勝利で好調に転じてくれれば。

 次節は長野で上位との連戦になりますが、ここで連勝出来れば勢いに乗って後半にはいれます。

 ナビスコのKOが19時なら、野津田から等々力にハシゴ出来るのに‥‥。

今日のエルゴラ

 トップはコンフェデ杯から。
 当然ですね。

 ブラジルに完敗でしたが、得た物は大きかったと思います。
 実力差に加えて、日程の差やホーム/アウェーの差もあった中での公式戦だったので、これ以上悪条件でやることは無いでしょうし。

 J2レビュー記事は何時もの文量ですね。

 最後にレンタル期間終了選手について。
 それを言ったらお終いだろ、と思うのですが。

コンフェデ杯開幕 対ブラジル戦 時系列でブツブツと。

スタメンは本田の1トップ。 ケンゴはベンチスタート。

3分 ネイマールのミドルで失点。
   守備ではミスらしいミスは無く、撃った方が凄い。

5分 本田FK。GKがクリア。ワンバウンドでいい狙いだったのだけど。

日本は本田・岡崎2トップの442か?
守備の安定とカウンター狙いかな?
ただ、ラインが下がると厳しい。

フッキは本当に大人のプレーをするようになった。
でも行くときには強引に突破する迫力は変わらない。

ラインが上げられるとチャンスは作れる。
が、ブラジルは攻守の切り替えが早い。
日本も決して遅い訳では無いのだが、流動性を持って動かれると追いかけにくい。

バスがずれると確実にカットされる。
素早く判断しないとすぐ対応される。

ブラジル、サイドからアーリクロスを入れてくるケースが目立つ。
中に確実に2人以上入っている。
日本は1人。

フッキのシュートは相変わらず迫力がある。

41分 エイジナイスセーブ!

前半、ブラジルのギアは低いがお互いにテンポの良い試合展開であっという間に時間が過ぎる。

主審、流石は国際大会の開幕戦で笛を吹くだけあって、レフェリングが素晴らしい。
Jでこれくらいのレベルの主審がいれば、試合見るのが楽しくなりそうだ。

後半、選手交代は双方無し。
ザック!ケンゴ出せ!!

3分、パウリーニョに追加点を取られる。なんであそこでライン上げなかったのだろう?
人数は居たけれど。
エイジが手に当ててただけに止められなかったのは残念。

6分。清武out→前田in。
フォメが前田1トップ、トップ下本田、左SH香川になった様だ。
ひょっとすると前田・本田の2トップかもしれない。

入場者数は67,423人。 発表が早い。
開会のセレモニーとかあって早めに入場させてたのかもしれない。

10分、前田がミドル。 意外性があり面白い。枠に行ってるがGK正面で岡崎飛び込めず。

2点差になったせいか、ブラジルはギアを上げずに流しているイメージ。
観客もセレソンのプレーはシビアに見ているのか、かなり落ち着いて見ている感じ。

ヴァイタルで奪ってボールを本田が持ち上がるが、中盤は誰も追従せず。
いくら本田でも二人がかりでは取られるって。

全体的に間延びしてきたので、ブラジルにスペースを使われてしまっている。

ケンゴがアップを早めているらしい。
遠藤が空気になっているから、ここに入れるのか?
でもザックはケンゴをボランチとは見てないだろうけれど。

綺麗に見えた芝も後半も半ばになると、かなり剥げて荒れてきている。
芝の根付きが良くないのか? 等々力ではあり得ない。

25分。日本が良い位置でFK。本田のキックは壁に吸い込まれるが、混戦でこぼれ球を前田がシュート。
GKが良い反応してなければ決まってた。残念。

ネイマールが交代。故障があるらしいので温存だろうけれど、観客ブーイング。
立て続けにフッキも交代。ブーイングは…無い。

遠藤out→萌in。 消えてたからある意味当然。
どうせ前線にいいパス供給できてないんだし、守備でボールを奪う方が可能性ありか。
それにしてもケンゴ出せ!

長友からのバックパス、今野が受け損なってCKに。
ちゃんと感じろよ!

ブラジル残り10分で3枚目を切る。日本ならラフプレーで潰される可能性少ないと見られているのか?

ケンゴ・乾・ハーフナーがまだアップしている様だ。 残り1枚、誰を切る?
今の状況ではパワープレイに持ち込めないし、ドリブルで仕掛けるか?

38分。本田の左サイドからのクロスを中で対応できず。岡崎はオフサイドポジションか?
全体的に動きが悪い。ブラジルの攻勢への対応でガス欠?

42分。本田out→乾in。 ちょっと意外な交代だが怪我持ちだからって問題なら、ここまで引っ張るかな?
ケンゴの出番は無し。

乾がシュート。 元気があるんだから積極的に仕掛けろ。

アディショナルは3分。

日本、FK獲得もキッカーがいない。 乾がショートで蹴るが位置が良かっただけに勿体ない。
だからケンゴを入れろとブツブツ。

ブラジルに完全にカウンターで崩され3失点目。 前がかりだったとは言え…。

長友と香川がユニ交換。流石はセリアAとプレミアと言うところか。
誰と交換したんだろう?

ザック、次の試合に向いているらしい。 しかし拙い同時通訳だな。


2ステージ制は次回持ち越し

 夏初夏制の論議に時間をとられたせいで、2ステージ制は翌月審議となったそうです。

 正直、そんな程度で済む話しなのか?と思います。
 7月の合同部会で即決定となるとは思いませんが、来季からやりたいのなら準備期間はそんなに残されていませんので、臨時会議やってでも議論開始しておかなくて良いのだろうか?と。
 しかも夏初夏制移行も見据えての変更作業ですから、やっておかなければならない作業や作業ボりュームが見えているんだろうかと賛成派さん達のノンビリ感が心配になります。

 2ステージ制については春初夏制より出てきている話しが少ないだけに、もう少し情報開示して欲しいところですがどうなのでしょう?

 チャンピオンステージ(CS)の集客が良かったし、昨季のJ2のプレーオフ(PO)が盛り上がってどのスタジアムも客の入りが良かった事が、賛成派の論拠らしいです。
 ただ、それも落とし穴があって、CSの最大観客動員数は浦和-鞠だったそうですが、これはホームのサイズが日スタ・埼スタと日本最大のスタジアムが両方使えたのが大きいですし、POにしても1戦目はフクアリ・西京極だったものの、2戦目は中立の国立でしたので。
 もし、前期後期の1位が大宮と柏だったら、フルハウスを出したって3万超えるか疑問です。
 今季の大宮を見るとステージ優勝しないとは誰も言い切れません。
 J1最小スタジアム同士のCSでも観客が鞠-浦和並に集客を前提とするなら、埼スタと国立を使わせるしかありません。
 そしてどちらも満席になる保証はありませんし。

 2ステージ制で露出がどの位増えて増収に繋がるのか、どこかで発表して欲しいところですけれど。

夏春(初夏?)制は全クラブ同意?

 夏初夏制…正式には夏春制らしいですが、移行の準備に入る事についてJ1・J2合同実行委員会でJ全クラブの合意がとれたとの事です。

 どんな議論が行われた上での決定か、箝口令が敷かれた為に全く判りません。
 これほど重要な事がどんな議論の上で決まったかを、何故正式発表できないのか不思議な事です。
 とても表に出せない裏取引があったのかと邪推されても文句は言えませんね。

 ただ、今回の決定について気になるところは「夏春制に向けての準備に入る事」に対してクラブの合意が取れたと言う事です。
 豪雪地帯や冬場には積雪があるクラブが合意に達したと言う事は、それなりに取引材料があったのでしょう。
 今まで推進派が口をつぐんでいたデメリットについて、何らかの確約があり反対派クラブの負担を協会なりJリーグが肩代わりするから準備の席についてほしいと、かなりの譲歩があったのかなと。

 エルゴラだとACLの開催スケジュール変更の可能性があり、その場合にスケジュールが破綻するからと記事にされてますが、それほど大きい話しなのかは疑問に思います。
 ACLがスケジュール変更となれば他の春秋制の国々も追従せざろうえない話しですが、AFCが検討に入ったのであれば、どこの部署がどの様に作業を行っているかが見えてきません。
 会議ではその点も提示されているのなら良いのですが。
 ただ、秋に1ヶ月位の空きを作るのは、春秋制でもそう難しい事ではない事が昨年の代表の欧州遠征でバレてますので、そのへんどうするのだろうと。
 ACLやってる裏で国際Aマッチなんかやれるわけが無いので、ACLが秋に組み込まれるなら代表戦はそこには入らないのではないかと思います。

 なんか、準備であれこれ検討したけど、結局課題がクリアーできませんでしたってオチになりそうな気がします。
 開幕時期変える上に2ステージ制までとなったら、あまりにもやる事が多すぎます。
 真っ先にやるのは協会とJのお偉方に春先でも晩秋でもいいので、開門前から並ばせてゴール裏に座らせて試合終了まで居させる事を2~3試合やらせるところですか。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 トップは16日開幕のコンフェデ杯。
 開幕のブラジル-日本戦の話題から、ケンゴのコラムまでたっぷり9ページ取られてます。

 その後がキャンプレポートで磐田と湘南、浦和が取り上げられてます。
 磐田は監督交代してますからね。
 川崎は記事になるのでしょうか?

 そして「夏-初夏制」移行についてページを取ってます。
 2ステージ制については、こっちに時間をとられてまた来週らしいです。
 一ヶ月先延ばしにしても良いくらい軽いものなんだろうかと。

 J2のプレビュー記事。
 千葉ー横浜戦の記事にちょこっとクロが出てきてます。
 やっぱりパサーから良いボールが来ないのかと。

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラは新聞休刊日の関係で月水合併号です。

 トップは中断中のJ1全クラブの状況と展望について。
 上位の上積み下位の巻き返し、中断中の過ごし方が大事なのはどこも一緒と言うことですね。

 J2レビュー記事は代表の最終予選が消化試合になったので、結構ページが貰えてます。

 風見鶏、セレッソって今季は一番近いアウェーが名古屋だったんですね。
 サポさんは大変たわ。
 

シーズン2ステージ制復活ですか?

 水曜のエルゴラで2ステージ制復活についてのアンケート結果についての記事を大きく掲載していました。
 エルゴラには珍しく?文字数の多い記事で、力入れてるなと思わされる記事でした。
 寄せられたアンケート結果は殆どが反対。

 そして てっちゃんさんのブログで川崎の持ち株総会の記事を読ませていただきましたが、武田社長は乗り気の様ですね。
 他に案があるなら持ってこいと言うのもアレな話しですが、エルゴラのアンケート結果の話しを持ち出すまでもなく、反対するサポは相当数に上るでしょう。

 ここ数年の観客数減は浦和の減少を他のクラブの微増である程度補ってこれていたのが、他のクラブも限界に達してしまい、浦和が上向いても追いつかなくなったのではないかと。

 問題はエルゴラのアンケートは既にJリーグの試合に関心があり、実際に観戦にスタジアムに通う人間の意見であり、2ステージ制を推進したい経営陣はJを見に来ない・関心がない層にアピールして足を運んでほしいと思っていると言う事でしょう。

 現状の顧客が不満から一定数離れたとしても、興味を持って来てくれる新しい顧客や盛り上がりに反応してくれるスポンサー増が図れれば、差し引きしてもプラスならokと見ているのかもしれません。

 他に手だてがあるなら2ステージはやる必要はないが、他に良案が無いと言う事なのでしょう。
 クラブとしては。
 問題ははっきりしているけれど回答が浮かばない、そんなジレンマの中にいる。
 そんな状況なのかもしれません。

 ただ、今掴んでいる顧客が離れる犠牲に見合う成果があがるのかと言うと、かなり難しい様に思えます。
 代表の試合に足を運び、中継を必ず見る代表サポがJに来る訳ではないですし、欧州リーグを有料放送で見ている層がスタジアムで生観戦の楽しみを知るとは更に思えません。


 スカパー!と話しを付けて地上波で試合中継させて露出を増やすとか、試合日前に前節のダイジェストを流すとか、仕組みを弄るより先にJが金出して打てる手は無い訳では無いのですが。

 この話し、いったいどうなるんでしょうね?

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

【町田】Jの門はこじ開けられず? ホームHondaFC戦

 良いところを殆ど見せられなかった試合だったと思います。

 これほど悪い試合は開幕戦以来ではないでしょうか。

 HondaFC側はパスを繋いでゴールに迫るサッカーをしていましたが、それに対してズルズルと下がらされ、ボール奪取できるのはかなり低い位置となり、そこからの押し上げに時間が掛かっているうちに相手は戻ってしまい、そこでボールを奪われる悪循環。
 相手のフィニッシュ精度が高くないのと、最終ラインとザワさんが踏ん張ったおかげで前半は無失点でしたが、ゴール前までボールを運んだ回数は明らかにHondaFC側が上でした。

 後半の2失点はどちらも守備が寄せられて空いたスペースを使われてます。
 結局、ボールの奪い所がはっきりしていないと言うか、高い位置で奪えない事が相手にチャンスを渡してしまっている事になったと思います。
 HondaFC側と比べて中盤が機能しないので、明らかに後手に回ってました。
 そしてサイドが有効に使われないので、折角攻め上がろうとしても中央突破だけになり単調な攻めになってしまいました。
 斉藤が上げたゴールはサイドからの崩しが上手く行ってましたので、最初からサイドも使えてれば結果は変わっていたかもしれません。

 後半斉藤が投入され、HondaFCの最終ラインにプレッシャーをかける事になってから、攻撃は改善されていきましたが、2点目は遠かったです。

 パスで繋ぐ相手には最終ライン裏にロングボールをまず入れてラインを下げさせていくのが対抗策になりますが、そういった場面は殆ど見れませんでした。
 最終ラインからでは遠いにしても、ボランチのあたりから前線のFWを走らせてそこにボールを入れるだけでも違うと思いますが。
 あえてパスサッカーで対抗しようとしていたのか?と疑問はありますが、前の選手がボールを受ける動きが少ないので、パスが通らないのでは。
 前線にボールを運んでたのは、ドリブルで持ち上がっての割合が高かった様に思えます。

 琉球戦、Y.S.C.C戦と観戦しましたが、勝っていた時は上手い具合に回っていたので問題に見えなかった事が、ここに来て見えてきてしまったのではないかと。
 対応を疎かにしていた訳ではないでしょうが、怪我人も出て上手く行ってないのかもしれません。

 次節が讃岐、次が長野と上位との直接対決が続くので、ここで引き離されない様に踏ん張ってほしいところです。

DSC_1014.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 流石に今日のエルゴラのトップは、日本代表がページをたっぷり取ってます。
 しかし、未だに俊輔をって言うジャーナリストが居るとは‥‥。

 代表の記事にページ取られたあおりを受けて、J2プレビュー記事はかなり寂しい状態です。
 専門紙でこれですから、世間にJの存在が薄いのも仕方ないのかも?
 2シーズン制より先にやること有るんじゃ無いのかな?

【代表】W杯出場を決めて感じる違和感?温度差?

 日本代表がW杯出場を決めて一夜明け、ちょっと違和感と言うか温度差を感じてます。

 昨日の試合にしても、テレビではかなりしょっぱい試合に見えて、負けなかったのは奇跡じゃないかと言うくらいだったのですが、なんかそう言うところがすっぱりと忘れ去られていて、まるで勝って決めたかのような馬鹿騒ぎ状態がテレビで映ると、「そんなに大騒ぎする程の事か?」と妙に冷たく見えてしまいます。
 あの内容が監督の意図したものでなければ、前途は多難だぞとそっちの心配の方が先に立ちます。

 現地で生で見ていれば、また違った感想があったかもしれませんし、あの熱狂にシンクロしてた可能性もありますけれど。

 現地はまだ良いとして、渋谷や道頓堀は何の関係もないんじゃないかと。
 結局のところ馬鹿騒ぎが出来るネタがあれば、なんでもいいんじゃないの?と思えます。
 マスコミはあの連中を指して「サポーター」などと言いますが、あれはサポーターじゃありませんから。

 色々グダグダと書いてますが、要するに「良い試合見せろ! ケンゴ出せ!!」と言う事です(笑)


テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 W杯出場決定の翌朝、エルゴラのトップはJリーグベスト11です。
 発刊日と試合日程の関係とは言え、大変ですね。

 続いて2シーズン制についてのアンケート結果記事。
 こちらの方がメイン記事の様ですが、トップでないのはJへの配慮?
 しっかり読むには時間のかかるボリュームです。

 J2レビュー記事の未掲載分の後にJFLのレビュー記事。
 町田のレビュー記事の割合が多いのは、首都圏の有力クラブでメディア対応がしっかりやれる体制があるからでしょうか。

【町田】痛いけれど次には繋がる引き分け  アウェーY.S,C.C戦

 琉球戦以来、久々の参戦になりました。
 Y.S,C.Cの試合は昨年長崎との対戦を観戦して以来ですが、あの時はニッパツは高校サッカーで使われていて隣の陸上競技場だったので、ニッパツで見るのは初めてです。
 メインスタンドのみの解放でしたが、町田サイドはほぼ一杯と近距離アウェーならではの風景でした。

 試合は1-1の引き分けでしたが、ちょっと残念な試合展開でした。
 連勝の後、ちょっと迷った感じたある試合が続いている様です。

 展開は序盤は中盤のつぶし合いの様な感じで、ゴール前に侵入するシーンは少なかったですが、それでも決定機は町田の方が多かっただけに、そこで決めていればかなり優位に試合を進められていました。

 相手は段々とラフになってきましたが、そこを上手くいなせないところがもどかしく。

 失点シーンはちょっと守備の連携が危ないなと思ったところを突かれてしまいました。
 失点数が少なかったチームらしくない感じなのが、気になります。

 その後鈴木が決めてくれて引き分けに持ち込めましたが、勝てた試合だっただけに痛いですね。

 勝ち点で並んでた長野が勝って上に行かれましたが、首位讃岐も引き分けで離されてません。
 この先暑くなってきますのでコンディションがキツいと思いますが、上位に離されずに行って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

【代表】交代カードを切るのは難しい 対オーストラリア戦

 まずはワールドカップ出場決定おめでとうございます。

 開始までに帰宅できず、前半15分位からのテレビ観戦となりました。
 先週のブルガリア戦を見ていないので久々の代表戦観戦となりましたが、見た感じでは「う~ん」と言う感じでした。
 オーストラリアも変わらずで、総じて低い位置から攻撃をし掛け合う様な、そんな印象でした。
 日本は負けなければいい感じで積極的に高い位置で勝負を掛ける感じはなく、オーストラリアにしても勝って勝ち点3上乗せより負けて勝ち点取りこぼすのが怖い感がありました。
 お互いに中盤を支配しきれず。
 その結果、ボールはヴァイタルまで運べてもその時には相手が戻っていて攻撃が停滞したのかなと。

 そしてなんと言いますか、BS1のアナウンサーはポゼッションしてると実況してましたが、パススピードは遅くテンポも悪く代表ってこんなもんだったっけ?と思わされました。
 海外組主体になったせいで連携不足なんでしょうか。

・本田と岡崎は使うべきだったか?

 コンディションが悪くても替えの効かない選手と言うのはいますので、一概にどうとは言えませんが明らかに動きに切れが見れませんでした。
 スタメンで行って途中交代させるにしても、乾や清武が変われる岡崎はともかく本田はポジション変える事はあっても交代は無い気がします。
 ただ、本田がトップ下に入っても、そこで回りを活かしてって感じがしないんですよね。
 香川は本田がボールキープしているところで中央に侵入してチャンスメークしてますけれど。

・栗原投入はミスったか?

 ミスとは言えませんが、前田からの交代で切るカードとしては意味を考えさせられるカードでした。
 今野が左サイドに移した事で長友がSHの位置になりましたので、3バックにしてサイドの崩しをより高い位置でやりたいと言う意図だったのかなと思いますが、このポジションチェンジで最終ラインが落ち着く前にラッキーゴールを喰らったと。
 位置的には右サイドのウッチーがついてましたけど、彼の後ろのスペースを使われているのにCBはフォローにいききれてません。
 誰が行くか調整しきれてなかったところを突かれた様です。
 単純に守備固めでドロー狙いだったとは思えませんし。

 これが前の選手との交代なら後ろは落ち着いてますから、失点は無かった可能性があります。
 あくまで可能性のお話しですけれど。
 でもハーフナー入れるのにウッチーを下げて、今野を今度は右サイドに入れてますから、ちょっと何やりたかったのかなと。

・ケンゴを投入する場面は

 正直なところ、何処で使うかザックは決めてないんじゃないか?と言う感じです。
 今日の試合で言えば、前田を外す時点で本田を前に上げてのトップ下なら、香川や岡崎がサイドから侵入してきたところにパスを出せますが、使われませんでしたね。
 消化試合となったイラク戦で出番が回ってくるかですね。


 何だかんだ言っても、来年のW杯が楽しみになったのは事実です。
 これからの1年、どんな形に代表が変わっているかですね。
 南アでは岡ちゃんが直前で形を変えてきましたが、今回もそんな事になるのでしょうか?

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

今日のエルゴラ

 明日のオーストラリア戦に向けて、代表の記事が先週木曜日のブルガリア戦レビューも含めて大特集状態です。

 割を食っているのはJ2レビュー記事。
 土日月分散開催になっていることもあって、全カード掲載でないですが、カードによる格差は何時もの通り。

【川崎】U-18の試合に参戦

 三ツ沢で町田の試合が有ったので、途中下車してユースっ子の試合も参戦して来ました。

 結果から言えば、鞠ユースと引き分けに終わりましたが、鞠ユースに与えた決定機は失点した時のみ。
 シュートは蹴った方を褒めるしかないゴラッソでしたから、仕方ない失点だったと思います。

 ボールを支配し奪われても体を張って奪い返すところに成長したなと感じました。

 前日は何で栃木ユース0-6だったのか、理解に苦しむところです。

【川崎】ナビ準々決勝は仙台と。KOは18時

 オープンドローの結果、ナビスコ杯準々決勝の相手は仙台となりました。

 ノックアウトステージに残ったところは、どこも一筋縄ではいかない実力を持ったところばかりですが、他のクラブから見れば川崎も同じ様に見えているはずです。
 臆する事はありません。

 試合は23日1st Regが等々力、30日2nd Regがユアスタになり、キックオフはどちらも18時。
 もう少し早い方が良かったのですが、時期的に暑くなっているので選手のコンディションを考えると仕方がないですね。
 問題は2nd Regがアウェーになる事でしょうか。
 2試合で決着がつかなかったら延長戦~PK戦になるので、ホームの利点が無いのは苦しいところです。
 そう言う状況にならない様に、1st Regでしっかりと優位な状況にしておきたいところです。

 行く側からすると、ユアスタ18時キックオフと言うのは微妙なんですよね。
 調べたら仙台からの新幹線最終は21:48のやまびこでした。
 ユアスタの泉中央から仙台駅までは20分ほどですが、始発駅ですがそれほど大きい駅ではないので試合終了後の混雑だとすぐに乗れないでしょう。
 なにより、延長・PK戦までもつれ込んだらどうなるか。
 20:40位がデッドラインになりますかね。
 アウェーツアーをやるのならそちらを考えたいところですが、バスで帰るにしても降りた先からの足が無さそうなので。
 日曜深夜だとタクシーも少ないんですよね。

 さて、どうしたものか。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR