今日のエルゴラ

 先週末のJ1レビュー記事。
 トップは初勝利を上げたF東から。
 川崎も見開き2ページ貰ってます。

 今日はそのくらいですね。


 
スポンサーサイト

日韓大学選抜定期戦を観戦

日本大学選抜 6-0 韓国大学選抜

 金曜夜の名古屋戦の翌日、等々力で日韓大学選抜定期戦がありましたので、観戦に。
 金土日とサッカー観戦でスケジュールが埋まりました。

 今回の日本大学選抜には元ユースの仲川君と萩間君が選出されているので、川崎サポ的には気になるところ。

 試合はと言えば…。

 前夜にあれだけの試合を見てしまった事もあり、前半は眠い展開でした。
 韓国選抜のフィジカルメインのプレーに対して、日本選抜はテクニックでかわして行く事で対抗しようとするのですが、韓国側の厳しいチェックにちょっと押されていたように見えます。
 韓国側のやり方に対応始めたのは前半も半ば過ぎ位だったでしょうか。
 上手い具合にゴール前までボールを運べる機会も増え、仲川君が決めたPKもエリア内で捕まえきれなかったのを、強引に止めに行って取られたものですし。
 総じて韓国側の守備技術は高くなかったです。

 後半、韓国の出方が分かり、且つ疲労による運動量低下もあって、日本が主導権を完全に握りました。
 結果、5ゴールを積み上げ、クリーンシートで終わらせると言った圧勝に終わりました。
 後半だけなら見るところは判りやすかったと思います。

 たまには全く異なるカテゴリーの試合を見に行くのも面白いものです。


 

【町田】暴風雨の中の武相決戦  ホーム相模原戦

町田 2-0 相模原 勝ち点:8

 まずはホームに参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 一番暴風雨のキツい時間帯の試合になって、とてつもない状況になってました。
 それでも2000人以上も入場してたのですから、凄い事です。
 ただ、バックスタンドで見ているとまともに風が吹きつけてきて雨粒が痛い位出したので、かなり厳しい観戦となりました。
 後半は観客席に看板まで吹っ飛んでくるし。
 ジャスティスだったら試合中止を宣言したんじゃなかろうか?

 ここ2試合ドローで終わっているだけにホームで勝ちたいところでしたので、悪天候で条件が悪い中で勝ちきれたのは良かったです。
 強風でちょっとボールが上がっただけでも煽られて飛んで行くし、水たまりこそ見えませんでしたがボールの転がりは場所によって違う上に風に煽られて、不規則に転がるので選手たちもボールコントロールに苦労していたようです。
 それでも短いパスで繋いでく町田のサッカーは、相模原よりは影響を受け難かったのではないかと思います。
 ボール支配やゴール前に迫る回数は町田の方が上回っていたと思いますし、戦術が浸透しているなと感じました。

 開幕から負け無しで好調な状況ですので、この好調さを持続して夏場の厳しい時期に向けて貯金を増やしてほしいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

 

【川崎】ホーム初勝利はメモリアルゴールと共に ホーム名古屋戦

川崎 1-0 名古屋  勝ち点:7

 前節のタマシコ完勝から、好調名古屋を迎えてどんなゲームになるか楽しみでしたが、見せてもらった試合は双方の特徴を見せた好ゲームでした。
 スコアは1-0でしたが、前節はF東の自滅と言っていいくらい調子が悪かったところに上手く付け込めての大勝だったと。
 名古屋は西野監督に変わって新スタイルを構築中ですが、西野さんらしいチームになりつつあるので、次は苦戦しそうです。

 名古屋は最終ラインを高く保つような形で中盤をコンパクトにしてきていましたが、川崎のボールが回りだすと相手を押し込み最終ラインにかなりの負担を強いていました。
 そう言った消耗がボディーブローの様に効いていたのか、後半は名古屋の守備がかなりルーズになってくれたので決定機はかなり作れていました。
 流石につーさんが統率しているだけあって、最後で体を張られて中々決めさせてくれませんでした。
 ゴール前のごちゃついたところでもっと崩せればもっと面白い事になりそうです。

・スタメンとフォーメーション

 タマシコと変わらず。
 タニの左SBも守備的に安定するので、当面はタニが起用されるのかな?と思われます。
 ボランチがケンゴとリョータで守備の固さより攻撃に比重が掛かるコンビなだけに、SBの守備力が高い方がCBは楽になります。

・リョータの守備

 攻撃ではボールの預け先や散らしはもちろんですが、ボールを奪う守備が凄く良くなった様に思えます。
 フィジカルで競うのではなく、瞬間的に相手とボールの間に滑り込ませる様な形で奪うのは小気味いい感じです。
 そして自分のボールを奪われるとしつこく追いかけていくところも以前より増えたかなと。
 いい選手はボールに執着するすると言いますので、今後が楽しみです。

・森谷とレナト

 4-4-2で2列目に入った二人のプレーが安定しているので、前線だけでなくかなり後ろまでカバーする分、SBの負担が減っているように見えます。
 この二人の運動量のおかげで必要な場面で人数が足りている形が取れてます。
 人数がいるので2トップもゴールに近い位置が取れるのでいい形を作れています。

・ヨシトのポジション

 ユウとの2トップになってから、中盤に下がってゲームに絡んで攻撃時に一気に前に出て行くようなスタイルで相手に捕まりにくい分自由度が増していますね。
 特にユウが前線に残っているとつーさんがベッタリ張りついているので、ヨシトを捕まえに行くのに誰が行くかが上手く回ってなくて何人か引っ張られてました。
 言わばフリーマン的な役割に近いですが、リョータも同じ様な形で動くので相手は厄介でしょうね。

・メモリアルゴール

 結果としてこの1点で終わりましたが、今の川崎らしいゴールでした。
 速いパス回しで相手の隙間を突いてゴール前にボールを運び、ヨシトが飛び込んで仕留める。
 見ていて小気味よさを感じる素晴らしいゴールでした。


 これで2連勝と上昇気流に乗れてきました。
 ACL組以外でもナビスコが始まった事で日程の不利もやや解消してきましたし、このままギアを上げて行って欲しいところです。

 次のWSW戦はアウェーの借りを返してきっちり勝ちたいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは今代表に呼びたいJリーガー。
 来月の合宿に召集したい選手を、J1担当番記者さんが投票してます。
 当然、ゴールランキング1位2位の2人は上位に。

 続いてはJ1プレビュー記事。
 川崎は1ページ取ってます。

 J2プレビュー記事は最後に。


 

今日のエルゴラ

 トップは水曜日恒例の海外組特集。
 本田さんと香川はやっぱり外せません。

 続く特集はJ2戦力分析。
 序盤戦を踏まえての記事ですが、貰えるスペースは順位に比例。
 ヴェルディ‥‥「新ボトム4」としてやって行くんでしょうか?

 宅配版は多摩川クラシコレビュー記事が1ページ取ってます。

  

【川崎】今季初勝利は完勝で  アウェーFC東京戦

FC東京 0-4 川崎 勝ち点:4

 所用があって味スタ参戦できなかったので、BS1中継での観戦となりました。
 いい試合展開だったので、生で見に行けなかったのが残念です。

 前節大宮戦では終盤に堪えきれずに逆転、WSW戦ではいいところで決めきれずに敗戦と全く自分たちのサッカーが出来ずに敗北している訳でないので、ちょっとした事で勝ちに転じられると思っていましたが、ここまでの完勝を多摩川クラシコで見せてくれるとは思いませんでした。

・スタメンとフォーメーション

 WDW戦から、ヨシト・レナト・ケンゴがスタメンに。
 ノボリが怪我で離脱した左SBにはタニが初スタメン。
 プロ初出場が未経験のポジションとフラグ立たないかと思いましたが、杞憂でした。
 守備的に行くなら山越よりいいのかもしれません。
 右SHに森谷が入り、ケンゴはリョータとボランチに。
 左SBを除くと昨季終盤のベストメンバーになりました。

 フォーメーションは4-4-2でヨシトとユウの2トップのどちらかは前に張るような形になってました。
 どちらも色々なところにいるので、F東の守備陣も捕まえにくい状況だったと思います。

・F東のプレス

 前半・後半とも最初の10分程度はF東のプレスがかなり有効に効果していて、ボールを回して保持しにくかったのですが、10分を過ぎるとF東のプレスが殆ど掛からなくなりボールが回り始めて相手を振り回す事になりました。
 10分で息切れしたのか、プレスで主導権を握って自分たち本来の攻撃に移るプランだったのかは判りませんが、川﨑側が相手のプレスに慣れてプレス掛けに来て空いたスペースに受け手が入ってパスを繋げていくと、殆どノープレッシャーでヴァイタルまで持って行けてました。

・ヨシトとユウの積極性

 4点のすべてにFWが絡みましたが、プレー領域の広さと位置の近さが連携を良くしていたように思えます。
 特にレナトや森谷、リョータとの連携が良く攻撃に移った時にスペースを埋めないF東の間を面白いくらい抜けて行ってます。

 12本のシュートのうち、ヨシトとユウがそれぞれ5本シュートを撃ってと、FWがフィニシュに絡む積極性が高くなったように思えます。
 残り2本はレナトと森谷が1本づつだったので、もう少し撃っても良かったと思います。

・クリーンシート

 リーグ戦では今季初のクリーンシートになりました。
 F東もFWにボールを集めようとしていましたが、中盤でのボール奪取からのポゼッションで川崎が圧倒できたので、2トップにいい形でボールが入る事は殆どなく、入ってもジェシを中心に対応できてたので、危ないところは殆どありませんでした。
 アクシデントでイガからソータに交代しましたが、このところ出場機会が増えているソータがそつなく対応してくれたので、今日のF東に関しては殆ど怖い事はありませんでした。

・初ポジションのタニ

 スタメンを見た時に!?と思いましたが、結果から見れば予想以上に良かったです。
 特に2点目に絡んでゴール前にクロスを上げたシーンはプロ初出場とは思えないプレーでした。
 初代タニと違って足も速い様です。
 レナトと連携しての攻撃参加は余りよくありませんでしたが、右SBの裕介と守備的に入っていた事でF東の攻撃時に余裕を持って対応してカウンターに繋げられたと思います。

・ビョンジュン リーグ戦デビュー

 リーグ戦初出場を飾りましたが、流石に動きが固かったですね。
 「テセ2世」を証明したような(笑)
 肘うちで加賀をノックアウトしてしまいましたが、カードが出てもおかしくないプレーだったかなと思います。
 不用意に後ろから近づいてきた加賀も悪いですが、ちょっと気をつけてほしいプレーです。 
 点差が開いての交代出場だったので無理に攻める状況でなく、いいところを見せるシーンがなかったのは残念です。
 次に期待ですね。


 4節まで掛かりましたが、いい形で初勝利を飾れました。
 まだ問題もありますが、これで乗って行けると思います。
 次の名古屋戦でどんなサッカーを見せてくれるか今から楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ターンオーバー ACL GL-3 アウェーWSW戦

 ウェストシドニーワンダラーズ 1-0 川崎 勝ち点:3


 まずは現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 想像以上にいらしていて驚きました。
 結果は残念でしたが、ターンオーバーでもそれなりに戦えるレベルだと言うのが判った試合でした。
cIMG_3138a.jpg


・スタメンとフォーメーション

 大宮戦から引き続いてのスタメンはユウとリョータ、ソータ。
 初スタメンはサネと金久保・森谷が入り、ケンゴ・ヨシト・レナトがベンチスタートに。

 フォーメーションは4-2-3-1ですがユウが1トップ、トップ下リョータに左・金久保、右・森谷と前線はほぼ一新。
 ボランチは2試合目のイナ・真希コンビ。
 最終ラインは左SBにノボリ、CBにジェシが戻ってソータとコンビとなり、右SBにはサネが。

・勿体ない失点

 立ち上がりの不安定なところを押し込まれ、左サイドから右に展開されドフリーの相手にファーストシュートを決められ。
 ソータとジェシが目の前の相手と1対1で対応に回ったところで、フリーの相手が出来てしまったのは右SBのサネがマークを外したところで隙を作ってしまっていました。
 試合中に気の抜けたプレーをする事が良くあるサネですが、流石に開始2分で気を抜くなよと…。

 この失点シーンはまだこの組み合わせで試合に入りきれてないところを突かれた形になりましたが、徐々に主導権が取れる様になって行ったので、危険なシーンは思ったより少なかったと思います。
 それだけに勿体ない失点でした。

・ケンゴの存在

 前半の中頃から形は出来ていましたが、後半早々からのケンゴ投入で一気にギアが上がった形になりました。
 Jだとマークがキツいところがありますが、WSWはそれほど厳しく来れなかったようです。
 ユウが決めていればと言うシーンも幾つか有り、そこで同点に出来ていればその勢いでひっくり返せたと思い
ます。
 ボールは回っても決定機に決めきれないところは、フィニッシュ精度を上げる事と持ちすぎないところが改善点でしょうか。

・ノボリの負傷

 前半に相手との接触で負傷交代となりましたが、ここでカードを切った事で後半にレナト投入が出来なかったのは痛かったです。
 体のサイズは総じて向こうが上でしたが、だからと言って体格差から強引なプレーはあまり見られなかったので、ラフプレーが原因とは思えませんでしたが。
 帰国時に成田で足は引きずりながらも松葉杖は殆ど使わずに歩いていたので、それ程心配はない様に見えましたがオフィシャルを見ると意外と重かった様です。
 左SBではコミも怪我の模様なので、やり繰りが厳しい事になりそうです。
cIMG_3169.jpg


 GLの対戦相手はそれ程実力に差があるわけではない事が一通り当たって判ってきました。
 どこを相手にしても通じます。
 後半はWDWと蔚山とはホームでやれるので、ここで勝ち点を稼いでおきたいところです。
cIMG_3172.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今日は宅配版と駅売り版では構成が若干変わってます。

 宅配版はフォルランの初ゴール絡みで鹿島-セレッソ戦がトップですが、川崎市内の駅/コンビニ版は昨夜の多摩川クラシコがトップに来ています。
 締め切りが厳しい宅配版ではタマシコは間に合わず、それより遅い駅/コンビニ版では間に合ったと言う事でしょう。

 J1全カードと土曜開催のJ2全カードのレビューを一日分に纏めているだけに、流石に記事のボリュームは厳しいものがありますが、それでも3ページ貰えたのですから、興行的には成功と言っていいでしょう。
 BS1の中継もありましたし。

今日のエルゴラ

 水曜はシドニーに行っていて読んでいないのでスルーです。

 トップは浦和の無観客試合。
 チェアマンが変わった事で、罰金程度じゃ許さない本来の懲罰が出来る様になったのが、変化ですかね。
 元鹿島社長の大東さんじゃ無理だったでしょう。

 その他のJ1J2プレビューに、タマシコもそれなりのスペースを貰ってます。

 ナビスコも開幕したので、そちらのレビュー記事も掲載されてます。
 取り敢えず第1節なので、どう展開していくか。

 ACLレビュー記事。
 流石にオーストラリア開催ではロクな記事になってません。
 金掛けてまでライターを派遣する訳にもいかないのでしょうし、テレビ中継から記事を書けと言うのも可哀相ですから。

 

シドニーから帰りました

 昨夜シドニーから帰って来ました。
 流石にバテたので試合の感想などは後ほど。

 帰りはチームと同じ飛行機に。
 朝出発の便だったので、多分同じになるだろうと思ってましたが。
 長時間のフライトだったので、ビジネスでも疲労が溜まってるのではないかと心配です。

【川崎】いよいよキックオフ!




 ただいま試合前アップ中です。
 ターンオーバーのスタメンですが、勝って帰りましょう!




 

今日のエルゴラ

 土曜のJ1レビュー記事中心…と言うかそれだけです。

 トップは色々と話題になる広島-浦和戦から。

 川崎-大宮戦は3/4ページ程。
 目線は大宮よりですかね? 負けたから仕方ないか。

 J2とJ3は水曜に回るようです。

【町田】見応えのあるスコアレスドロー ホーム長野戦

町田 0-0 長野 勝ち点:4

 J3第2節は昨季のJFL王者との対戦となりました。
 結果はスコアレスドローでしたが、見応えのある好ゲームでした。
 ゴールこそ見れませんでしたが、実力的に差のない相手とお互いの持ち味を見せていました。
 こんな試合が何時もみれるなら、お客さんも満足するのではないでしょうか。

 長野は美濃部監督が時間を掛けて作ってきたチームで完成度が高く、非常に堅い印象のあるチームになっていました。
 今季も優勝候補の筆頭に上げられるのもよく判ります。

 町田もパスを回し走って相手を崩していくスタイルを90分見せており、長野に充分通用していました。
 フィニッシュ精度が今より高ければ、2点は取れたかなと思います。

 守備でも厳しくプレスに行き、ゴール前では足を伸ばし体を張ってPA内に攻め込まれても最後までゴールを割らせませんでした。
 長野のフィニッシュ精度にも助けられている部分もありますが、これだけの守備が出来るなら大きく崩れる可能性は少ないと思います。

 まだ相馬さんの求める完成形には届いていないでしょうが、今後の試合が楽しみになったのは確かです。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】試合の終わらせ方   ホーム大宮戦

川崎 3-4 大宮 勝ち点:1

 なんと言いますか、水曜の蔚山戦と根は一緒じゃないか?と思える敗戦だった様に思えます。
 決められる時間帯に決めきれない。
 それでもヨシトのゴールで逆転、後は試合をどうクローズさせるかと言ったところででカウンターを喰らう。
 勝ち点3を取りに行くところで追加点で止めを刺すのか、ある程度主導権を持った攻撃をして逃げ切るのか、その当たりの意識共有がとうだったのかですね。

・スタメンとフォーメーション

 出場停止のジェシに変わってソータ、怪我と噂のノボリに変わって福森が入りました。
 フォーメーションは4-2-3-1からヨシト・ユウの2トップの4-4-2に。
 試合毎に変わる今回のボランチコンビはパウロとケンゴ。
 リョータは右SHに。
 GKもこの試合はリキに変わりました。
 後ろのメンバーがかなり変わりましたが、これが試合運びにどう影響したのか?

・ケンゴとリョータを入れ替えた意味

 ケンゴは2列目でマークが厳しいところでいいところが出ていなかったので、大宮のように引いたところからカウンター主体のところ相手なら、低い位置からゲームの組み立てが出来る様になった効果はあったと思います。
 リョータとの縦関係は逆になりましたが、カバーするスペースが広くボールキープと散らしが出来るリョータが前にいる事で、中央のスペースを空けていても埋めて使われる事もあり、後ろからの攻撃参加がやりやすくなったように見えました。

・左SBの選択肢

 昨季ノボリで一応固定されていましたが、今季はノボリが安定しない為レナトも抑えられて活きてこない所が問題。
 この試合でもレナトが持つと二人掛かりでマークするシーンが多かったのですが、前半福森は全くサポートできず。
 その為ここでノッキング状態に。
 守備にしてもイマイチピリッとしないので、CBやボランチがフォローの為に左寄りになってました。
 失点シーンは裕介の右サイドを破られてですが、重心が左によっていた事も影響していたかと思います。

 後半頭から武岡が入って活性化しましたが、この早い交代は懲罰ものだったのではないかと。
 チャンスを貰って活かせないのは勿体ないです。
 この試合ではSBはかなり高い位置を取る様な指示があったのだとすれば、より攻撃に絡めと言う事でしょうから。
 前への展開や、サイドチェンジを促す大きいフィードもあまり見られず、ケンゴに預けて終わりと言ったシーンが多かったので、いいキックを持っている自分の持ち味をアピールできなかったのは残念です。
 CKの守備でもキクに良い様にあしらわれて失点してましたし。
 CB二人がズラタンとラドンチッチに付くと、背の高い福森がキクのマークに付くのは妥当ですが、やはり経験の差ですね。

・2トップ

 基本は1トップですが、今回はユウがトップに入ってヨシトとの位置関係が良くなった分、攻撃が厚くなったように思えます。
 中盤にスペースを埋める運動量を求められますが、リョータと高い位置を取った両SBが対応できていたので、ヴァイタルやPA内で相手をパスで翻弄できる人数を入れる事が出来てます。
 ただ、連戦の中での疲労度を考えると、やはり攻めたててる間に追加点を取って大宮を折るべきだったと思います。
 相手は組織だった守備を崩して個の力で何とかクリアするしか出来なかったのですから。 

・高い位置を取るSBの功罪

 今季の試合で目立つのは高い位置でボールを失った際に、2列目の裏のスペースを相手に使われているところ。
 その為にボランチやCBがサイドにつり出されたり、SBがズルズル下がらされたりと守備できていても低い位置のボール奪取になるので、攻撃に手数がかかってしまうところがありました。
 この試合では左右とも高い位置を取るようになったので、スペースを埋めてボール奪取できる機会が増えたので、攻撃が活性化してました。

 ただ、SBの後ろの広いスペースが出来るので、ここを狙ってロングボールを入れられると厄介です。
 大宮のように縦にロングボールを入れてくる相手だと、FWが流れて中央を空けてそこに中盤が入ってくるような形で攻めますから。
 現状だとボランチが一人最終ラインに落ちてCBが開いて対応するか、ボランチが寄って行くかで対応ですね。

・ヨシト初ゴール

 このところボールキープも難しいくらいマークが付いてましたし、何よりヨシト自身がいらだったところもありましたが、初ゴールを決めて落ち着いてゴールに向かえるのではないかと。
 今の状況でヨシトを活かすには中盤の攻撃参加が多くなる事が必要でしょう。

・獅子奮迅のCB

 相棒のジェシがいない事で文字通りイガが獅子奮迅の活躍を見せていました。
 積極的に前に出てボールホルダーを潰しいき成功してましたし、決して足が速い訳ではないですが、いい読みが出来ているのか、出足の速さで対応できていました。
 ソータも今季初スタメンでしたが、ゴールに遠い位置では積極的に潰しに行き、近くなると粘り強く対応してました。
 CBの3番手としては充分だと思います。


 この試合も取れる勝ち点が取れない結果に終わりましたが、全く試合にならない昨季と比べると、いい試合展開が出来ているだけに、試合の終わらせ方が問題です。
 終盤崩れるのはペース配分が悪いのか、選手の意識が妙な事になっているのかちょっと気になるところです。
 
 次は遠距離アウェーのウェスタンシドニー戦。
 コンディションの問題である程度スタメンをいじってくる可能性がありますが、と試合をどう終わらせるかを試合中に選手間で方向性を合わせる必要がありそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


  

今日のエルゴラ

 浦和の話しは表紙のコラムに。
 この件をエルゴラがどんなスタンスで報道するかは、来週に持ち越しの様です。

 プレビュー記事は本来とは違った意味で注目の広島-浦和戦から。

 川崎は3/4ページ取ってます。
 未勝利同士の対戦か‥‥。

 ACLレビュー記事が続き、J2プレビュー記事が来てます。
 J3は今回は無しか。


 

【川崎】ミスで敗戦 ACL GL-2 アウェー蔚山戦

蔚山 2-0 川崎 勝ち点 3

 決して勝てない相手ではなかっただけに、ミスで失点での敗戦と実に勿体ない試合でした。

 日テレ+に入っていないので、スポーツバーから観戦した為、いまいち見切れていないところはありますが、気になるところはやはりヨシトにチャンスが回ってこないのと、ケンゴのプレーが低調なのが効いている要に思えます。

・スタメンとフォーメーション
 ボランチがリョータとパウロ組となった以外は同じ。

・ボランチコンビ

 リョータが入ると中盤でのボールの散らしが有効で、パウロが割と高い位置で相手を潰す事も有り、だいぶ前に出て前線のサポートが出来る様になっている様に思えます。
 ただ、前線が余りよくないので攻撃に厚みが出ていませんが。

・不調の左サイド

 開幕からの4試合でレナトのドリブル突破があまり見られません。
 かなり警戒されているのは事実ですが、レナトが左サイドでボールを持った時にノボリとの連携が余りよくなく、単独でドリブルに入る余裕もなく相手の守備に引っかけられる様です。
 レナトは止められなくてもノボリの邪魔をすれば、ある程度抑える事が有効になる様です。
 ノボリから武岡への交代は、このあたりの対策かなと。

・武岡の左サイド

 右だけかと思っていましたが、左もこなせるんですね。
 意外でした。
 そつなくやっていた様に見えましたので、左右両方のバックアップとして頼りになりそうです。
 レナトとの連携はまだこれから熟成になると思います。

・ヨシトの不調と好調のユウ

 この試合でもヨシトはマークされて思うようにプレーが出来てません。
 シュートは積極的に行きますが、枠内に中々飛ばないのは無理に撃っているからかなと。
 比較してユウはゴールを重ねている事もあり、プレーが切れています。
 ただ、ヨシトが思うように相手と駆け引きできてないので、裏に抜ける動きがあまりやれてませんでした。
 真希が入った当たりで、ケンゴが下がり2トップになったような位置取りでしたが、今度は近すぎてユウの動きを抑制されてしまった様に思えます。


 この先は連戦が続くので、恐らく大宮戦はメンバーを代えてくるんじゃないかと思います。
 ヨシトとケンゴは外される事は無いでしょうが、問題はこの二人なんですよね…。
 リカバリーがやっとの状況でここが踏ん張りどころ。
 二人を休ませるなり途中交代させるなりで、ちょっと変化をつけるのも有りかと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村



今日のエルゴラ

 水曜日トップはACLプレビュー記事から。

 ホームの鞠メインで、アウェイ川崎はほんの少しですが、これは仕方ないですね。

 続いて第2節にホーム開幕戦を迎えたところの状況レポート。

 J2レビュー記事はその後に。

 開幕を迎えたJ3は長野がメインですが、町田も1/3位のスペースを貰えてます。


 

今日のエルゴラ

 土曜日開催のJ1全カードのビュー記事です。

 広島戦は裏表紙を含めて3ページも取られてます。
 そんなに気合い入れなくたっていいでしょうに‥‥。

【町田】開幕ベルは華やかに ホーム藤枝戦

町田 3-0 藤枝 勝ち点:3

 J3初年度シーズンが開幕しました。
 野津田の雰囲気も昨季のJFLと変わって、Jの雰囲気になっていたように思えます。

 試合は町田がどう勝つかを見せてくれた試合だったとも思います。
 KO十数秒で遠藤が決めたゴールは恐らくJ3のファーストシュートでしょう。
 J2の1万ゴールも平本が決めましたし、そういったメモリアルなものっていいですね。

 この試合、藤枝のチームとしての仕上がり具合が低くて、ある程度やれている町田に対して個の力で対抗しているように見えました。
 町田にやりたいサッカーをやらせてくれたと言うところでしょうか。

・この日みれたサッカーは

 川崎でやっていた相馬さんのサッカーだなと思ってました。
 狭いエリアに人数を掛けて数的優位をつくってショートパスで崩す、はまれば相手を振り回して敵陣に押し込んでチャンスメークできていました。
 そして藤枝が激しくプレスを掛けてこない事もあってか、あまりバックパスは無く前へと進んでいく様なサッカーになっていました。
 得点シーン以外にも形は作れており、フィニッシュ精度があればもっとゴールが決めらてたと思います。

・気になる点

 川崎時代にもありましたが、サイドに相手を寄せてパス回ししながら崩していくので、必然的に反対サイドに空きができる為、相手にボールを奪われてサイドチェンジされると一気にゴール前までボールを運ばれる危険があります。
 守備陣、特に最終ラインがどう対応するかは今後の試合で見せてもらえると思っています。

 そして運動量を求められるところ。
 この試合でも終盤町田のプレスが緩んできた時間帯から、藤枝が組織だったサッカーが出来る様になっていきました。
 暑い夏場の試合をどうするのかも気になるところです。
 ただ、J3のルールでは交代選手はGK含めて6人まで交代できますので、運動量の落ちた選手を入れ替えながら90分を戦う事が出来れば、それ程問題にはならないかもしれません。
 ただ、試合中に6人入れ代わったらもう別のチームになりますから、選手レベルでの意識の共有や能力差を減らすことが大事ではないかと。

・ピッチコンディション

 正直、野津田でこんな芝になっているとは思いませんでした。
 あちらでダッシュの時にずるりこちらでキックする軸足がずるりと、芝が捲れまくってあちこち凸状態でしたし、捲れていないところでもボールのころがりがおかしくて、細かい凹凸が出来ているような感じでした。
 パスサッカーをやるのにこの芝はないです。
 季節の変わり目で芝が根付いていないのだと思いますが、あれでは怪我人が出てもおかしくないです。
 来週の長野戦でどこまでリカバリーできるか?


 大事な開幕戦を危なげなく勝利できたのは弾みになります。
 次は優勝候補の長野が相手で、あの美濃部さんがしっかり対策してきそうなので、長野をどう叩くかで今季の町田が見えているのかな?と思うところです。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】J3開幕!

 J1/J2から1週間遅れて、いよいよJ3リーグ初年度シーズンが開幕です。

 昨季JFLで対戦したところが大半ではありますが、新たなステージで今までと変わった試合を見せてくれることでしょう。

 監督が相馬さんに変わり、選手の顔ぶれも変わってどんなサッカーを見せてくれるか期待しています。

 YASSカレーやコンフィも(笑)


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村


【川崎】ゴラッソに沈む  アウェー広島戦

広島 2-1 川崎 勝ち点:1

 やはり広島は強かったですね。 
 神戸よりスペースの消し方が上手く手を焼く場面もありましたが、川崎らしい形を出す時間帯はあり先制点もそこで産まれました。
 広島のゴールは寿人のはゴラッソでしょうがないなと思いますが、塩谷は壁の作り方の問題からですのでここは要改善ですね。
 90分を通じてのマネージメントは広島が一枚上手だったと思います。

・スタメンとフォーメーション

 前節からイナ・真希が入りボランチコンビをそう取っ替え。
 ベンチメンバーではコミから武岡に替わっています。

 神戸戦でボランチコンビの押し上げが足らなかったところを見直すところなのか、組み合わせのお試し期間なのかは判りにくいところですが。
 連戦を見据えると、今後他のポジションも入れ代わりがあると思います。

・ボランチコンビ

 イナ・真希コンビになって昨季のスタメンとなりました。
 ただ、前線がスペースを消されて上手く行けてない事もありましたが、真希の運動量と活動エリアの大きさは活きてました。
 問題は今季初試合のイナ。
 試合勘が戻ってないのか、ちょっと苦しい感じに見えました。
 リョータ・パウロコンビと比べると持ち味が違うので、相手によって代える事になるのでしょうか?
 リョータを中心にパウロと真希を組み合わせ、イナはここと言ったところで交代投入な形になる気がします。

・ユウのゴール

 2試合連続ゴールになりましたが、昨季怪我から復帰後の終盤との違いは、シュートの時にリズムが崩れずに軽い感じで蹴れている様に見えます。
 パワーあふれる豪快なシュートもいいですが、シュン!とタイミングよく蹴り込まれるシュートもいいものです。
 このシーンはレナトが二人引きつれて左サイドを突破できた事、中央で受けたユウがパスを出してファーに移動しそこからシュート、ヨシトは中央で相手を引き寄せてユウをフリーにと、連動して崩せていました。
 広島の守備陣をあれだけ綺麗に崩せたプレーを見せる頻度が増えれば、引いた相手でももっとゴールを取れる様に思えます。

・ヨシトの不調

 1ゴール決まればと思うのですが。
 オフサイド取られたのはスカパーの画像を見た限りはオンサイドの位置だったので、ミスジャッジだろうと思います。
 バクスタ側の副審は判定が甘いところがありましたから、もう少しきちんと見てくれよと思います。
 ただ、ヨシト自身この試合では消え気味で、何故かサイドに流れてボールキープしてたりと、ゴール前にいるのを嫌っている様に思えました。
 厳しくマークが付いて思うように動けないのが原因だとすると、もっと後ろから上がって来れないと厳しいです。

・逆転ゴール時の壁。

 見た感じでは普通に壁で跳ねられる様なキックだったと思うのですが。
 スカパーのゴール側からの映像だと、ケンゴが壁の裏に入るような動きをしたところで相手の壁が動いて隙間が出来たところを抜かれてます。
 あれは西部に止めろというのは酷です。
 広島側が壁に固まって入ったところのフォローはどうする事になっていたのか気になりますし、改善すべきところでしょう。

・ジェシ退場

 あれで一発レッドになるか?と疑問です。
 左足でボールクリアに行った時にスパイクの裏を見せてたからなのか、クリアした後膝を折った右足で高萩の足を払う形になったのが得点機会阻止にされたのか。
 中盤でボールを失ったところだったのでジェシも積極的に奪いに行ってましたが、あれでレッドが出るとは思わなかったでしょう。
 納得のいかない判定です。

 残念ながらまたも広島にやられましたが、ホームで迎え撃つときはしっかり勝ってお返ししたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


 

今日のエルゴラ

 トップは川崎。
 注目チームの現在地のシリーズ企画です。
 ボランチコンビにフォーカスされた記事になってます。

 続いては明日の第2節プレビュー記事。
 昨季の王者広島戦がトップです。
 扱いもホーム広島とほぼ同等と、扱いが良いです。

 水曜日の代表戦レビュー記事が続きますが、あの内容ではトップでは無いのも‥‥。


 

【代表】やる意味のある相手だったか?

 本番前の景気づけに、派手に快勝できる相手って事でマッチメイクしたんだろうなと言うのが判る試合でした。

 序盤でボコボコにしたところで、もう殆ど意味のない試合と化した気がします。
 別段新戦力を抜擢して試したわけでも無く、旧来の主力をメインに取り敢えず香川には試合勘つけさせて、本田さんにはそれなりにやれるところで自信付けさせてってところでしょうか。

 問題は4点取ってそこで緩んでしまった選手や、その緩みを引き締められなかった監督にも一部ありますが、一番の問題はW杯代表選出前の最後の試合なのに、元々実力差があるのに親善試合でモチベーションに疑問符が付く相手しかマッチメイク出来ない協会にありでしょう。

 震災絡み的な事を言われてましたが、それなら昨年のうちにやっておくか来年以降にマッチメイクすればいい訳で、W杯直前のこの時期に呼ぶ相手ではありません。

 もっとも、そんな対戦相手に2点も取られ、後半は無得点と言うのはなんだかなと思うところです。

今日のエルゴラ

 トップは今日の代表戦で、本田さんからスタート。
 ケンゴもヨシトも呼ばれてないので、別に気にする事も無く。
 今回の代表戦での興味は、柿谷の代わりに追加召集された豊田に出番は有るかですね。

 続いてJ2開幕戦全カードレビュー記事。
 代表にページを取られたので、あまり突っ込んだ記事にはなってません。

 J3について1ページ取ってます。


 

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラはリーグ開幕戦全カードレビュー記事。

 ボリュームはそれぞれですが、それだけです。

【川崎】滑り落ちた勝利 J1節 ホーム神戸戦

川崎 2-2 神戸  勝ち点:1

 開幕戦は残念な結果に終わりました。
 なんと言うか、あそこまで行って勝ちきれないのは、後半アディショナルに同点ゴールを決められた事ではなく、決定機を決めずに神戸に止めを刺さなかったからでしょう。

・スタメンとフォーメーション

 水曜のACL貴州戦と全く同じ。
 中三日の疲労度より、試合で得た経験値を更に高める方向に持って行ったのかなと。
 来週は土曜のアウェー広島戦ですから、疲労が残る事も無いでしょうし。
 中三日で体が重いと言った感じの選手はいなかったので、この試合には問題なかったのでしょう。
 貴州戦とはコンビネーションがグッと良くなっていましたし、積極的に前に出る事も増えていました。

・ユウ 久々のゴール

 昨季、怪我から復帰してから決定機を得ても決めきれない、微妙にずれたバランスが戻らない様な感じで、貴州戦でも引きずっている感じがしましたが、この試合ではしっかりと決めてくれました。
 得点シーン以外でもいいポジショニングを取って、大きなサイドチェンジを受けてゴールへと攻め上がるシーンもあり、体がキレていました。
 ラッキーゴールではなく、自分の形で1点取れたので、このまま流れに乗って行けそうな感じです。
 もう少し裕介と上手くやれると、もっと余裕を持ってゴール前の仕事が出来る様になると思いますが、この辺は中々改善が…。

・ボランチとしてのリョータ

 昨季までは守備面で不安に思うところはありましたが、貴州戦も含めて守備はかなり良くなったように思えます。
 体格では不利ですが、上手く体を入れてボールを奪ったりコースを切って抜かれない等と、いい感じでやってます。
 前への意識も高く、積極的に縦パスを入れる機会を窺っていました。
 ただ、実際に前に出る機会は少なかった様に思えます。
 パウリーニョとのバランスもありますが、それより前線の4人に問題有りかと。

・パウリーニョ

 ボール奪取力と守備範囲の広さがあり頼りになりますが、ときたまふっと気が抜ける様なところがあるのは、まだ風間サッカーを頭で考えながらやっているのかな?と言う感じです。
 後半攻め込んだときの空振りから相手にカウンター喰らったのはちょっと頂けませんが、本人もミスに怒っていた様なので、同じミスはもうないと思います。
 問題はやはり前線の4人との連携でしょうか。

・前線の4人の問題

 ケンゴとヨシトがイマイチリズムが合ってないところで、レナトとユウは絶好調で前線で仕掛ける機会が多く、結果として4人だけで攻め込んだところで、戻りが遅くて空いた後ろのスペースを神戸がドリブルで使う様なシーンが結構あり、そこから展開されてボランチと最終ラインが抑える事で防いでいましたが、これでは後ろは上がるタイミングを図るのが難しいので、ますます4人での攻撃になると。

 4人のうち問題なのがヨシトの現状でしょうか。
 いい形でボールを貰えない事もありますが、PA内で仕事が殆ど出来てません。
 シュートも結構無理めにエリア外から撃ってるので、殆ど枠外で精度も良くないですし。
 PA内に入れない様に神戸がしっかり鍵を掛けてた様に思えます。
 ヨシトに張りついていれば、後ろから人数掛けて上がって来れないところでは対応は難しくないのかなと。
 このあたり、広島はもっと徹底的にやってきそうなので、どう対応するかが来週のお楽しみになりそうです。
 この試合で見せた様な、イガが相手PA近くまで上がって行く様な意外性が必要に思えます。
 ヨシトが入らないなら、リョータが代わりに侵入するとか。

・揺れるジャッジ

 またも東城主審かと。
 彼が笛を吹くと、本当にロクな事が無い。
 プレーを切らずにアクチュアルタイムを増やそうとしているのしょうが、バックチャージとかかなりヤバそうなのを流したり、アドバンテージを取るべきところで止めてみたりと。
 更にその基準が安定しているならまだしも、コロコロと場面によって変わってくるのは勘弁してほしいところです。
 今季はあと何回東城主審の笛を聞く事になるのでしょうか?

・2年ぶりの神戸

 1年J2でやって来てどう変わったか?と言えば、あまり変わった感じはしませんでした。
 基本は自陣で奪ってからのカウンターサッカーですが、荒っぽさとか乱暴さはJ有数のままでした。
 ある意味、貴州の方がまだ紳士的だった様に思えます。
 同じフィジカル系でも鳥栖はまだ洗練された荒さがありますが。
 そして、相変わらずのカードコレクターっぷり。
 ヤバいところを流す東城主審でさえ、3枚のカードを出したのですから、今季もぶっちぎりで反則ポイントを稼げそうです。

 取り敢えず、開幕戦で勝ち点1を取り、最低限の結果は出しました。
 後はアウェーでどれだけ勝ち点を稼いで帰って来れるかだと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

2014年シーズン開幕

 いよいよ2014年シーズンが開幕しました。

 と言っても、川崎は昨季と同じく一日遅れの試合。
 昨季は柏のACL出場スケジュールの影響でしたが、今回はこちらの都合に神戸に付き合ってもらっての一日遅れ。
 神戸サポさんには面倒掛けますが、試合終了後20時くらい迄に新横浜に着ければ新神戸まで帰れますので。
 神戸とは2年ぶりの対戦になりますが、こちらのサッカーは2012年より進化しているので、そう言ったところを実戦で見せて勝ちたいところです。

 1日開催の7試合は結構派手にゴールネットを揺らした試合が多かったようです。
 開幕戦でまだしっくりいっていない所が多かったのかもしれません。
 徳島と甲府はちょっと心配なところですが、どちらも経験豊富な監督が率いていますので、ズルズルと行く前に何らかの手を打ってくると思います。

 そんな中、色々注目のセレッソと昨季J1王者の広島は0-1のロースコアながら、広島のしたたかさが存分に出ていた様に思えます。
 寿人が下がってから機能しだすところは、どう判断して良いのか判りにくいところです。
 次節アウェーで対戦ですが、厄介ですね。

 対してセレッソはまだフォルランを取り込むところまで行っていない様な。
 初ゴール決めたら調子に乗ってきそうな感じですが、どうなりますか。




プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR