【川崎】鬼門の効力は衰えず?  アウェー仙台戦

 現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 今回は今季初のアウェーツアーでの参加でしたが、流石にバスだと仙台は遠かったです。
 現地に行き始めてから勝ったのは昨季のナビスコだけですから、本当に相性が悪いです。

・スタメンとフォーメーション

 ガンバ戦と同じでターンオーバー無し。
 怪我明けからフル稼働の選手も流石に疲労の色は隠せない感じです。
 とは言え、ベンチメンバー主体でスタメンを組むとアウェーWSW戦の様な雰囲気になりますし、難しいところです。

・序盤の攻勢

 今回勝ちを逃した要因の一つが前半序盤に畳みかけたところで先制できなかったところだと思います。
 仙台が川崎の出方を窺っているうちに決めてしまえば、ここ最近勝ち星に恵まれない仙台は前に出るしか無いので、裏を取ってのカウンターを向こうが警戒していても繰り出せるので、主導権は渡さないで進める事ができました。

・FWの仕事

 この試合ではヨシトもユウも決めるべき所を逃してしまったのも勝てなかった要因でしょう。
 守備主体の相手に対して「後は決めるだけ」のシーンは幾つか作りましたが、その決定機を悉く潰しては勝てる可能性は少なくなります。
 FWの二人だけではないですが、動きが鈍いので判断も遅くなっているような感じに見えました。
 ユウを下げて金久保を入れて前線の活性化を図りましたが、時間帯的に仙台は逃げに入ってましたので、ボールに絡める所が少なかったのが残念です。
 もう少し早い時間に投入しても面白かったかなと。

・クロスの多い展開

 序盤にアレ?と思ったのが、意外とサイドを抉ってから中央にクロスをあげるシーンが多かった事。
 今までなら、エリア内でもパスで相手を揺らして隙間を作ってシュートに持ち込むシーンが多かっただけに。
 問題はゴール中央前で上がったクロスを競れる状態に無い事でしょうか。
 上手く守備陣のマークを剥がしてスペースを作ってボールを待てれば良いのですが、相手もスペースを埋めに来ている状況では難しいところでした。

・疲労感

 他より多い試合数を過密日程で回している影響が出ている試合でした。
 森谷やリョータも最初の一歩が重そうでしたし。
 ただ、全体を通して無駄な動きは体が重い故に減ってたように見えました。
 綺麗にボールが回って相手ゴールに迫るシーンは、他では見られない楽しい時間ですが、それが最後まで続かないのは…。
 相手のパスカットより自分たちにエラーが出てしくじるのも、パスを回す際の判断が遅いからかと。

・仙台のイメージ

 勝ててない事や監督交代後の再構築中である事から、全体的に迷いが感じました。
 守備に関しては全員自陣深いところまで戻ってスペースを消す事と最後まで体を張る事をやってましたので、新監督のイメージは出来ているようでした。
 元々守備はしっかりしてましたし、引いてスペース埋めて来ると今の川崎だと崩しきるのは難しい。

 ただ、攻撃はパスを繋ぐにしても意思疎通が出来てないのか、出し先を捜したり裏にロングフィードして前線を競わせるシーンもありましたが、それ程しつこくやる訳でなく、なんかぎくしゃく感のあるものとなりました。
 ここが機能していたら川崎は厳しかったかもしれません。


 かなり疲労が溜まった状況で、勝ち点1を持って帰れるのは最低限やれる事はやった感じです。
 こういった試合で負けずに帰って来れるようなったのは大きな成果だと思います。
 問題はこういった試合を勝てないと勝ち点積み上げが図れず、欲しい勝ち点を得る為に終盤苦労する事にもなります。
 次の甲府戦はどう建て直すのか、そう言ったところが見てみたいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【川崎】好カード復活 ホームガンバ大阪戦

 連休中の過密日程のおかげで記事が間に合わないのも困ったものです。

 ガンバとは2年ぶりの対戦。
 川崎の試合を見始めた頃から、ガンバ戦は一番楽しみなカードでした。
 お互いにやりたい事をやりあって撃ち合う、そんな攻撃的な派手な試合が見始めた頃にはとても面白いものでした。

 まさかのJ2落ちで昨季は対戦はありませんでしたが、川崎から6点も勝ち点取ってた事もあって12年シーズンの残留争いの厳しさを見ると13年シーズンはそこそこ立ったように思えてしまいます。

 お互い、監督が変わり選手が変わりましたが、クラブの性格は変わらず、激しい試合になったと思います。

・スタメンとフォーメーション

 22日の蔚山戦と変わらず。
 ソータが古巣対戦となりました。

・パスの回り方

 ガンバ相手にどこまで主導権を握れるかがこの試合のポイントだったと思いますが、序盤にジェシが決めてくれた事で主導権は持ったままやれていたと思います。
 同点後の後半、疲労でガス欠気味になりましたが、それ以上にガンバも足が止まって川崎についてこれませんでした。
 宇佐美が投入されても、いいボールを前線に出させなかったので、それ程脅威となるシーンは無かった様に思えます。

・面白い点の取り方

 この試合、川崎には珍しく2ゴール共頭で決めています。
 ジェシはセットプレイでしたが、ヨシトの決勝ゴールはレナトがファーに送った高いクロスに更に外から飛び込んできたヨシトが頭で押し込みましたが、いつもならレナトはニアから侵入したら中に折り返してそこからパスを回して隙間を作ってシュートの流れになるので、こう言ったクロスからのゴールは珍しいです。
 ただ、得点パターンが多い方が相手が対応に迷う事もあるので、こう言った崩しもありだと思います。


・ガンバは変わったか?

 積極的に攻撃的に出ようとするのは変わらないように思えました。
 守備は長谷川監督の個性か、西野さん時代より最終ラインがしぶとくなったように思えます。
 しぶといというか、結構コンタクトがキツいというか、「これガンバ?」と思うくらいしつこかった様に思えます。
 「ガヤさん劇場」ってガヤさんが悪かった訳じゃなかったのかと。
 ただ、東口に変わって安定感は出た気がします。

 ただ、攻撃に関しては、あまり怖さは無かったと思います。
 パスを回しても前線のFWがあまり機能していないので、そこで怖さが半減。
 ガンバと言えば中盤で相手を翻弄してから強力なFWが最後を決める、そんなイメージがあるので現状では難しい所です。
 宇佐美もいませんでしたし。
 遠藤に1点入れられましたが、シュートに遠藤が触ってコースがそれてしまったのに対応しきれなかった部分もありますので、アンラッキーな失点とみえますが、人数掛けて押し込まれてくると、ちょっと後手に回るところがありますね。
 

 久々のガンバ戦、等々力劇場発動で劇的な勝利となりました。
 次回も劇的な試合になる事を期待しています。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 アウェイツアーで帰宅が遅くなったので、試合の感想は後ほど。

 昨日のJ1レビュー記事、セレッソ-大宮戦以外は間に合ってます。
 ただ、地方の試合はそれなりのスペースと内容の記事になりますが。

 海外組の近況記事もあり、注目はミラノダービー、本田さんと長友にフォーカス。

 風見鶏は蕪ちゃん登場です。

 

昨日のエルゴラ

 昨日アップの予定が、出来てませんでした。

 週末J1J2J3同時開催の為、レビュー記事のみ。

 ページが進んでもガンバ戦は出てこず、一体どこに?と思ったら、最終ページ見開きに。
 裏表紙はヨシトの写真が全面に。

 お買い得な号だったと思います。


 

【川崎】GL突破     ACL GL-6 ホーム蔚山戦

 大分時間が空いてしまいましたので、簡単に。

 勝って良かった。 その一言に尽きます。

 GL序盤でアウェー2連敗の時は難しい状況になっていましたが、後半3連勝で2位抜けと終盤追い込み型を存分に発揮してくれました。
 昨年のナビスコも最終節で突破しましたし。

 この試合はイガが累積でソータに代わりましたが、対人に強くACL経験の豊富な彼がいてくれたのは大きかった。
 現状のベストメンバーで望めて試合内容も川崎らしさを出しての勝利になりました。

 ヨシト・ユウの2トップがACL初ゴールを決めましたが、アシストしたケンゴと森谷の隙間に鋭い縦パスを通した所が凄かった。
 あれを通されたら決めなきゃFWじゃない。

 レナトもキレキレなのですが、ちょっとシュートに運が無いのが残念。
 1点取れば一気に取り出すような予感があります。

 今回の蔚山はKらしい荒い部分はありましたが、前節の貴州よりはまともにサッカーしに来てました。
 ただ、ジェシのダメ押しゴール後に荒れたのは残念です。
 ジャッジもユウへのキックは赤一発ものでしたが、それ以外はまぁまぁなジャッジだったかなと。

 今年のACLの結果は3クラブがGL突破と最近ではいい結果が残りました。
 あと一つは…まぁこれもACL。

 決勝トーナメント最初の相手はF組1位のFCソウルになりました。
 2位通過なので1stLegが等々力になりますが、勝ってソウルに乗り込みたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACL。
 久々のGL3クラブ突破なだけに、表紙と2~3ページが川崎、広島が1ページ、セレッソも3/4と大盤振る舞い。
 他にもACLに出ていた所が有るらしいですが、そこはどうなったのだろう?

 J1プレビュー記事もトップで扱いが大きいのは川崎-ガンバ戦。
 「定位置」に戻ったケンゴと新たなポジションで戦う遠藤の対比が主軸の構成です。


 J2プレビュー記事は2ページにまとめられてます。
 神奈川ダービーは一番大きく扱われてます。


 

今日のエルゴラ

 昨日の試合の記事もまだですが、とりあえず。

 J2レビュー記事満載です。
 月曜日には載ってなかったorz

 しかし湘南強過ぎです。

 J3レビュー記事も1ページ貰ってますが、流石に琉球戦は無し。
 鳥取が何気に強い‥‥。
 町田とは得失点差の2位ですから、J2経験が良い方に出ているんでしょうか?

 今日のACLプレビュー記事は見開き2ページ。
 火曜日開催組との格差が気になります。
 広島もセレッソも勝利が絶対条件の様ですね。
 何とか突破して欲しい所ですが、どっちも直前のリーグ戦で良いところが無かったのが気になります。



 

今日のエルゴラ

 週末のレビュー記事がメインの月曜日。
 トップはなんか覚醒した感のあるF東から。
 ただ、セレッソもACLのキツい日程の影響が有るので、実際はどうだったのか?

 浦和戦はしっかり2ページ貰ってます。
 勝敗は別として、良いゲームだったと思います。
 勝ってれば文句無しですが。

 J3は結果のみ。
 町田の爆勝はレビューが欲しかったところですが、沖縄までライター派遣は無理でしょうし。


 

【川崎】残念な敗戦 アウェー浦和戦

 現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 さいたまの風は寒かった。 試合結果も寒かった。

 浦和の方が強かった…とは思えない敗戦だっただけに残念です。
 まるで歯も立たずに凹られまくってたのなら、まだスッキリしそうですが。

・スタメンとフォーメーション

 スタメンにユウ・レナト・リョータが帰って来ました。
 結果として強制ターンオーバーになったかの様なスタメンになりました。
 フォーメーションはユウが戻ってきたので2トップの4-4-2。
 ただ、広島同様変則的なフォーメーションを取る浦和相手だとギャップが出来てしまう所を、こちらが使いこなせなかったのが前半に押し込まれた原因かと思います。


・不活性だった前半

 前半は押し込まれる川崎専用と言うわけではないでしょうが、浦和は後方でボールを持つと川崎の最終ラインに5人を貼り付けて、スカスカの中盤をすっ飛ばして縦ポンボールを入れて攻撃する形を取ってきました。
 5人が一列に並ぶので、こちらも相手について横に広がった形での対応を余儀なくされ、選手間の距離感がかなり遠い形になりました。
 そのためボールを奪ってもパスを繋ぐところの精度不足で相手に取られ、カウンターを喰らう状況になる悪循環。
 相手の最終ラインにプレスを掛けるにも、こちらも中盤が下げられ気味なので、有効な攻撃が組み立てられません。
 特に左サイドを主攻面に捉えた様で、タニに向けて梅崎が徹底的に仕掛けに来てそれに興梠も参加してと、タニとしてはかなり苦しい状況になりました。
 ここでは踏ん張ってくれたので、安易な失点に絡む抜かれ方はしませんでしたが、ルーキー…って事をたまに忘れますが…には酷な状況だったかもしれません。

・生き返る後半

 前半、あれだけ最前線に人数掛けて広がっていた浦和が、後半開始から槙野を下げすぐに柏木を下げたのに合わせて、横に広がる事を止めた事と、川崎が付き合わずに狭いスペースに集中する事で、選手間の距離が近い位置に集まれる様になりました。
 その成果として、ボールキープ率が上がり狭い局面でボールを回して相手を振り回す形が出来ました。
 この時間帯にゴールを決められれば、この試合はこちらのものだったと思います。
 相手はボールを奪っても意図して味方にパスすると言うより、とにかく川崎のパスをカットしてボールを奪ってもその先が続かないので、結局川崎にボールを奪われる事の繰り返しで、かなり消耗していた様です。
 もっと早い時間に相手が消耗してくれていれば。
 ただし、失点の場面で左サイドを抜かれて中央に折り返された時は、全体的にちょっと気が抜けてたのかなと。


 残念ながら4月全勝は無くなりましたが、やりたいサッカーはブレ無く出来ているので、あまり心配はしていません。
 次の蔚山戦に繋げて行って欲しいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】「ラフ」を制す   ACL GL-5 アウェー貴州戦

DSC_1174.jpg

 この試合はitscomのパブリックビューイングに当選したので二子玉川のitscom本社で観戦しました。
 負ければGL敗退に繫がっただけに、勝てて良かったです。
 この勝利で貴州に対しては対戦成績で上回ったのでGL上の比較はWSWとなりました。

・スタメンとフォーメーション

 柏戦後半のメンバーがそのままスタメンに。
 あの時点での最強布陣になりましたので、これで負けたら仕方ないかなと。

・「ラフ」その1

 相手の戦術そのものより、負けたら敗退が決まる貴州のラフプレイに手を焼いた感があります。
 元々中国や韓国のラフプレーはアレですが、流石にホームでみっともなく負ける気はなかった様でいつにも増して細かく痛めつけてくれてました。
 元々クリーンな試合にはならないと思いましたが、川﨑側も受け流すにも限度がありタニと西部がやられた所でイガがブチ切れたのも仕方がない。 
 ただ、あそこまで我慢したのですから、試合終了まで我慢して欲しかった所です。
 しかし、貴州は警告2回で退場者二人出して更に累積で出場停止もいるのでは、最終節はもうやる気ゼロでWSWがやりたい放題点取りまくりになるのかと思うと、一位抜けは難しいですね。

・「ラフ」その2

 プレーも酷ければピッチも酷いですね。
 見た目は綺麗に芝が生えている様に見えましたが、アップになるとかなり凸凹してて、パスするとボールがぶれますし、ロングフィードや高く上がったボールが大きく弾むを見て、芝の下の地面は相当堅いんだなと。
 予想より大きく弾む事で落下点の予測も狂ったのではないかと。
 ちょっと前の大銀ドームか味スタかって感じに見えました。
 このピッチでパスサッカーは相当苦労していて、前半はミスが多かったですね。
 ホームスタジアムがこれだと、綺麗なパスサッカーなんかを目指さないでしょうから、貴州の荒れッぷりも判る気がします。
 試合後のケンゴのコメントを記事で読みましたが、等々力並の綺麗なピッチでサッカーやれればテクニック指向に変わっていく様な気もしますが。

・金久保の嵌まり感

 柏戦と同じ様に、この試合でも左サイドで効いていました。
 テクニックがあるので悪いピッチでもボールキープでき、レナトとは違った形ですが左からの攻撃を活性化してくれました。
 悪条件でタニがちょっと良いところが無くあまり絡めませんでしたが、前線の選手と連携しての攻撃に出て行けたので、次も楽しみです。

・交代枠

 リズムが狂う事から交代枠を使い切る事が少ない風間さんですが、この試合は枠全部を使いました。
 イナ→武岡でケンゴをボランチに下げ森谷をそこに入れ、金久保→パウロで再びケンゴを前に上げて守備面に手を入れ、最後にちょっと疲労の見えていたジェシ→ソータとこのまま試合を終わらせろとメッセージが伝わってきました。
 試合日程が厳しいので、選手の状況を見ながら交代している様でした。
 ただ、森谷が終盤も流石にバテてスピードが無くなっていたので、金久保の代わりに森谷でも良かったかもしれませんが、このところ得点機の起点になる事が多い森谷は外すとリズムが悪くなりそうなので、替えが効かない選手になりつつある様に思えます。

・「ラフ」その3

 パブリックビューイングは日テレ+の放送をプロジェクターで照射する形でした。
 流石は映像を扱うプロらしく、プロジェクターにも関わらず実に綺麗な画像を見せてもらいました。
 そんな綺麗な画面の足を引っ張りまくったのが、実況・解説のお二方。
 アナはバカの一つ覚えの様に「この試合に負けるとGL敗退云々」を執拗に繰り返し。
 そんなにしゃべりの間が開くのが怖いのか、絵を見せる時間をちゃんと取れない経験値の低いアナなのかと。
 かと言ってラジオの様にしゃべりだけで情景が浮かぶ程しゃべる内容に情報量が無い。

 解説のJ氏は、まぁJリーグに興味が無いのか川崎に興味が無いのか判りませんが、あまり川崎の試合見てないだろうなと言うのがしゃべりの端々に感じました。
 相手の攻勢に下げれば「上がらなきゃ」、攻めて押し込めば「上がりすぎ」と、一体どうすれば貴方のお気に召すんでしょう?と聞きに行きたくなる感じ。
 こんな実況と解説なら、実況音声被せずに現場の音だけ流して放送してくれた方が、よっぽど楽しめたと思います。

 日テレのやり口にはJに対すると言うかサッカーに対する愛情が無いですね。
 一時期、代表戦の中継で叩かれまくってたテレ朝のACL中継の方がよっぽどまし。
 無料のBSでも録画になっても放映してくれましたし、野球があるから一番ドラマになる最終節は中継しないなんて真似はしませんでしたから。


 試合はかなりエキサイトしましたが、最低限の勝ち点3をもぎ取って来て最終節勝利でGL突破が決まるところまで持ち直しました。
 シドニーで負けた時は、折角来たのに勝って帰れなかったとちょっと凹みましたけど。
 蔚山に勝ってノックアウトステージに。


 にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

  

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラは盛りだくさんです。

 トップは浦和戦プレビュー記事。
 シュート数1位2位対決は?

 J2プレビュー記事、水曜日のナビスコ杯レビュー記事が続きます。
 ナビスコ杯も色々あった模様。

 ACLレビュー記事は最後に。
 日本勢はみんなGL突破の可能性を残してたんですね。


 
 

今日のエルゴラ

 今週は新聞休刊日の関係で火・金発行です。

 週末開催のJ1J2のレビュー記事になります。
 トップは名古屋-浦和戦から。
 柏戦は2ページ貰ってます。
 金久保のコラムも有ります。

 J2は千葉-湘南戦が2ページで大きく。
 湘南、強いです。

 

【町田】リズムを感じない試合?  ホーム金沢戦

 前節、アウェーで盛岡に勝利して首位に立った後、金沢を野津田に迎えての一戦でした。

 前回の相模原戦が暴風雨だったのと比べると天国のようでしたが、試合内容は現世を示していた様です。
 スコアレスドローでしたが、町田・金沢共に相手を崩しきれずに中盤の攻防に終始した試合でした。

 この試合で気になったのが、町田のサッカーにリズム感を感じない事でしょうか。
 金沢の選手がプレスを掛けてきてスペースを埋めていた事もありますが、ボールを回して行くスタイルなのにパスは回らずカットされたり奪われたりと、良いところが出てきません。
 ボールを獲っても相手をかわしてパスで前にボールを運ぶところで、カットされて逆襲されるシーンが多かったですね。

 気になるのはパスを出すのに出し先を捜して時間が掛かる、遠い味方に出したパスの精度が低くて相手に引っかかるシーンが多かった事。
 金沢の選手の読みが良かったと言うより、パスの受け手の動きが乏しくてマークを剥がせてない様に見えました。

 今のスタイルを貫くなら、もう少し受け手側の動き出しの部分に拘るべきかなと思います。
 そこまで行くまでには、もっと選手間の距離感を狭めて回していく感覚で遠い味方には確実にフリーな時のみ出す様な形がいいのかなと思うのですが。

 まだ完成形ではないので、これから先に伸びしろがあると期待しています。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

 

【川崎】価値あるドロー ホーム柏戦

 タマシコ・名古屋・徳島とリーグ戦3連勝、ACLのWSW戦も含めれば4月負け無しと上昇気流に乗りましたが、怪我人が出てきてしぶとい柏相手にどうなるのか?と心配の有った試合でした。

 結果から言えばドローといい結果を残しました。
 レナト・ユウ・リョータにモリシまで離脱の状態で、何時ものサッカーがどこまで出来るのか?を見るには最適な試合になった様です。

・スタメンとフォーメーション

 レナトとリョータの代わりに真希とパウロが入り、初スタメンのビョンジュンがヨシトと2トップを組みました。
 フォーメーションはこのところ基本の4-4-2。
 このところサイドで使われる真希ですが、豊富な運動量で行動範囲は大きいのですが、サイドのプレイヤーとしてはまだ馴染んでいない様で、タニとのコンビネーションも機能してませんでした。
 後半4-2-3-1の様な形になってからボールが回る様になりましたので、後半のメンバーが今のベストかなと言う感じがします。

・翻弄された前半

 柏は3-4-3の様な形だった事も有り、サイドで数的優位を作られてそこから攻勢をかけられてました。
 3-4-3と4-4-2はは相性が悪いですが、出来たギャップを柏に良い様にされてました。
 そこに悪いときの川崎の癖で横に広がる形になってサイドにはめ込まれました。
 失点シーンにしても右を破られてフィジカルで強引にゴール前の最終ラインを突破してレアンドロですから、あそこに行く前に潰さなければならない所を、スタメンが変わって上手くすり合わせが出来る前で後手を踏んだかなと。

 ケンゴとリョータで試合を組み立てていたのが、ケンゴだけになりきっちりマークを付けられて回らなかった事もあり、ここに来てリョータの不在は痛かったです。
 レナトとユウがいなくても何とかなりますが、リョータがいないのは代わる選手がいないので。
 今は可児の成長待ちですね。

 ただ、柏もフィニッシュに持っていく精度が高くなかった事もあって、追加点を許さなかったので後半に追いつけたと思います。

・ブレーキの二人

 風間サッカー習熟度でスタメンの中でも劣るパウロとビョンジュンがブレーキになったのは、ある意味仕方がないところ。
 ビョンジュンはトップを張っているので最前線にいる事が求められますが、他の味方よりかなり離れた所にポジションを取っている事から、攻撃の組み立てに関与する機会がかなり少なかったです。
 かと言って向こうの最終ラインと駆け引きして裏に飛び出す形も出来ず、消えてしまっていました。
 動きそのものは途中出場したタマシコより良かったのですが。
 パウロは逆に距離感が近すぎてポジショニングが重なるところもあり、短くパスを繋ぐ事に集中してたのかと。
 気になったのは右サイド破られて深いところまで持って行かれ、タックルして直接FKを与えてしまったところでしょうか。
 あの位置だと無理にタックルよりパスコースを消す方が優先ですが、その辺もまだ整理できてないのかなと。

 二人とも時間はかかると思いますが、習得すれば一気にレベルが上がると思います。
 ただ怪我人が多い状況なので、OJTになりそうですが。

・取り戻した後半

 ビョンジュンを下げイナを入れた事で、ケンゴを上げて攻撃が回り始めました。
 ヨシトと2トップと言うより、前線はフリーマン二人と言った4-2-3-1の様な形で逆に3-4-3にはめ込めた様で、サイドを捨てて中央から攻める形が出来始めてました。
 ただ、この時点でも左サイドが不発でしたが、パウロの代わりに金久保を左SHに入れて一気に攻撃が回り始めました。
 真希がボランチに変わり、イナがボランチの位置に入って事でCBのどちらかが上がったときのフォローが出来る様になったので、ジェシがかなり高い位置まで上がってくる様になり、中央からの攻撃に厚みが増しました。
 同点ゴールは中央突破でパスを通して決めてますので、如何にも川崎らしいゴールになりました。
 もう1点行けるかと思いましたが、柏も引き分け狙いの様に最後に体を張ってたので、現状では追加点は無理だった様です。

・森谷のキレ、タニのセンス

 この試合もそうですが、森谷の運動量と相手を抜いていくキレは今季は更に増したと思います。
 同点ゴールも森谷がドリブルで持ち込んでからのケンゴへのスルーパスからですし、思い切りの良さが良い方に回っている感じです。
 少々可能性が低くても直接ゴールを狙う機会が増えると、相手も一発狙っている様な意識を持ってくれてやりやすくなりそうですが。

 タニも1試合に何度かセンスのよさを感じさせるプレーを見せてくれます。
 ボランチで360度対応する事を思えば、片側をラインで守られているサイドはやりやすいのか?余裕を感じます。
 見ていて楽しい選手になりつつありますので、ノボリやコミが復帰してきたときにどうなるかが気になるところです。

・金久保のフィット感

 アウェーのWSW戦を見た時は一人浮いている感じでしたが、この試合で見た感じではスタメンと遜色ない感じで狭いところでパス回しに入っていました。
 距離感覚が他の選手と合ってきたのでしょうか。
 彼が入れれば真希を無理にサイドで使う形にしなくて済むので、次はスタメンもあるかなと。


 今までスタメンと控えで習熟度に差があり、選手交代でリズムが崩れる事がありましたが、この試合の様にスタメンクラスが怪我で離脱しても、同じサッカーが出来る土台は見えたかなと思います。
 怪我人が続々と出るのは勘弁してほしいですが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今日は週末のJ1J2のプレビュー記事です。

 トップはF東。
 どうやら守備の構築がかなり進んできた模様。

 川崎-柏戦は中2ページ貰ってます。
 怪我人が増えている状況で、柏相手に何時ものサッカーが出来れば本物です。



 


仙台 監督交代

 今季の監督交代第一弾は仙台でした。
 アーノルド監督が退任し、内部から渡辺ヘッドコーチがS級を今年取得していたので、後任監督として就任しています。

 この前の浦和-仙台戦を見て思いましたが、昨年までの仙台にあったしつこさがあまり見えませんでした。
 ちょっと袋小路に嵌まりかけてるかな?と見ていましたが、フロントも流石にナビスコも含めて8戦未勝利で状況が改善されないと見たのでしょう。
 今月一杯くらいは様子を見るかと思いましたが、見切りは早かったですね。

 なんと言うか、2年前の町田の迷走時と似ている様な。
 オジーのトレーニングが今のJに合わず結果が残せなかった、あんな雰囲気を仙台の試合で感じたんですよね。

 問題は後任の渡辺監督の手腕でしょうか。
 新人監督にシーズン途中からの指揮をさせるのってかなりリスキーな問題ですが、その当たりを同対応するのでしょうね?


 

今日のエルゴラ

 トップは代表国内組合宿のレポート。
 ユウがいないので、華麗にスルーで。

 水曜日らしい企画で、序盤戦なんでもランキング。
 川崎からも‥‥。

 J3レビュー記事も1ページ取ってますが、高原人気で相模原がスペース取ってます。
 遠距離アウェイの町田は結果のみ。

 プリンスリーグの記事もあり、割とバラエティーに富んだ構成でした。



 

今日のエルゴラ

 トップは昨日のJ1レビュー記事から。
 流石に夜の浦和-仙台戦は水曜日掲載になりましたが、他は間に合ってます。
 川崎も徳島開催の割にはスペースを貰ってます。
 時間が早かったおかげですね。

 J2レビュー記事が続きますが、割り当てはそれなり。

 J3は最終ページに結果のみ載ってます。



  

【川崎】パーフェクト!  アウェー徳島戦

 現地に行かれたサポさんお疲れ様でした。
 今回は遠征せずスカパー!観戦となりました。 シドニー遠征の負担は大きかったorz

 試合は危ないシーンは殆ど無いパーフェクトウィンと言っていい試合でした。
 問題はもっと決定率を上げる事。 特に徳島がこれ以上の失点はしたくないと閉じこもった所をこじ開けて行ければ、大量得点で終われたでしょう。
 逆に言えば、この程度しか言うべき所がないかなと。
 序盤に立て続けにゴールし、風下を選んだり用意された徳島のプランを完全に破壊した事と、リスクを負って攻め上がるわけでなく引き籠もられた事で主導権を握り続けた事が完勝に繫がったと思います。
 1点目はレナトのゴールにしてもらいたかったところですが、2点目のヨシトのゴラッソで出鼻をくじく事に成功しました。

・スタメンとフォーメーション

 WSW戦からソータ→イガとなった以外は変わらず。ユウは復帰できませんでした。
 現状では一番安定感のあるスタメンとフォーメーションなので、よほどのやらかしが無ければ失点は無いだろうと。

・モリシ 初ゴール

 3点目はモリシが決めましたが、試合開始当初から相手最終ラインと駆け引きを繰り返じしており、ボール回しに参加するところは少なかったですが、あの1点はモリシの動きでDFラインが反応して下がって一瞬フリーになったところをタニがピンポイントで入れたのをボレーで合わせたもので、決して簡単なシュートではなかったと思います。
 交代になるところでラストプレーだったのが、余計に「持ってる」感があります。
 この試合も長時間やれていて、動きも良くなっているので次の試合も期待します。

・切れ味のあるプレイ

 森谷・リョータ・タニのプレーに特に「キレ」があるように見えます。
 連戦なので疲労度がないとは思えませんが、今は試合に出れている事の方が楽しいと言った感じでしょうか。

 あとはゴールと言う成果次第です。


 徳島の出来にも助けられましたが、川崎のやりたいサッカーの大部分は出来ていたのではないかと考えます。
 ただ、あまりにも一方的すぎて、名古屋戦の様だベストゲームの部類にははいらないかなと。
 失点を重ねる毎に圧力が弱まった感じになりましたから。




にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

 

今日のエルゴラ

 トップはナビスコ杯レビュー記事。
 埼玉ダービーからです。
 グループリーグなのにボリューム感いっぱいの構成になってます。

 続いては週末のリーグ戦プレビュー記事。
 徳島戦は扱いが良いです。
 J1のボリューム感と比べると、J2は扱いが寂しく感じます。

 最後にACLレビュー記事。
 ホーム等々力のおかげで扱いが一番大きくなってます。
 裏表紙のリョータのアップ写真のオマケ付きです。



 

【川崎】逆転勝ち!  ACL GL-4 ホームWSW戦

 名古屋戦が金曜だったおかげで、中三日で迎えたWSW戦。
 二週間前の雪辱を期して定時で上がって等々力へ。

 結果から言えば、アウェーでも勝てた相手だったなと言うところでしょうか。
 手は焼いたにしても。
 この試合、川崎のやりたいサッカーを最後まで続けました。
 WSW側に与えた決定機は失点したあそこくらいだと思います。
 積極的にボールを支配し、縦に速く左右に揺さぶりを掛けたサッカーでWSWにはほぼ何もさせませんでした。
 小野もそのあたりの事を認めるコメントを残してます。

・スタメンとフォーメーション

 ユウとイガが負傷と言う事で外れた様です。
 変わってソータと、今季初スタメンのモリシが入った他は名古屋戦と変わらず。
 フォーメーションはモバフロメールだと3-4-3の様に見えましたが、実際はタニの位置がSBのポジションだったので、タニがACLではMF登録だったからでしょう。
 ヨシトとモリシの2トップは何戦か一緒にやれればと言うところでしょうか。
 モリシも何度か惜しいシーンがありましたので、スーパーサブ的な使い方で途中出場して実戦勘があがれば良いものになりそうです。

・両ボランチのゴール

 この試合を決めたのはヨシトやレナトではなく、ボランチの二人でした。
 ケンゴのギリギリまで抉ってのシュートは、それまで深い位置まで侵入してのパス回しが結果を出したものですが、リョータのゴールはパスを回されてWSW守備陣が両サイドに注意が向いていたところでの、ミドルと1点目の与えたショックが有効に作用したものだと思います。

・小野の老獪さ

 高さを活かされてCKからの失点となりましたが、キック前に小野がキッカーの近くまで寄って「ショート?」と思って川﨑側が対応しようかと迷ったところで撃ち込まれました。
 西部が触れてかき出しててくれていれば、もうちょっと変わった試合展開になった可能性っもあります。

・キレる森谷

 森谷が2列目でボールの受け手に回ったりキープできるので、FW2人とレナトの負担はかなり減っているのでは?
 試合に出る様になって、且つケンゴとリョータのパス交換の相手としても機能していました。
 FK/CKも任されるシーンがありましたので、今が一番良い状況かもしれません。
 相手のガタイの良いDF相手でも上手くかわして前に進むところは、今一番自信があるからかもしれません。
 あれだけ攻めていれば、今季初ゴールも近いと思います。

・SBとしてのタニ

 本職でない事を考えれば、期待以上の働きだと思います。
 守備が良く、上がるタイミングの測り方が上手い上に思い切りよく上下動を行うので、レナトとの連携が上手くない事を差し引いても、体格の良いWSW相手では大きい選手が最終ラインに揃うのは負担が減るかなと思います。


 今節の結果で勝ち点でWSWに並んで2位となりました。
 蔚山が貴州に破れた事で、グループHは一転混戦状態となりました。
 後半3試合のうち、2試合をホームでやれる川崎はかなり優位にやれそうに思えます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村






今日のエルゴラ

 トップは今日のナビスコ杯プレビュー記事から。
 埼玉ダービーなんですね。
 ナビスコ杯GLは関係ないので、どんな組み分けかも押さえてませんが。

 続いてプリンスリーグ開幕の記事。

 J2レビュー記事が有り、最後に大学サッカー開幕の記事が。
 専修の仲川君が取り上げられています。


 
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR