【川崎】クラブユース選手権

 他はナビスコGLがあるのに、川崎は試合が無いのでちょっと物足りない所ですが、変わりといってはなんですが、先週今週とU-18のクラブユース選手権の試合を見に行ってます。

 先週の湘南戦は5-1で圧勝。
 今日の栃木戦は3-1の逆転勝ちとリーグ戦ではちょっと振るわない分、カップ戦では良い戦いが出来ています。

 サッカーのスタイルがトップチームと同じ様にパスで押し込んでいく形なので、嵌まると面白いです。
 今のところでは栃木の様にプレスをガンガン掛けてロングボールを最終ラインの裏に送ろうとする相手には、ちょっと手を焼く場面はありましたが、後半にはしっかり対応出来ています。
 点も取れてますし。

 今年はどこまで勝ち進んでいくか、ちょっと楽しみです。
 明日は大宮戦ですが、町田-YSCC戦と重なっていて志木まで行けませんが、ここでも勝って3連勝といって欲しいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 宅配版はくるみで代表戦に対する評論家のコラム。
 流石にエルゴラ評論家らしく、CL決勝と壮行試合の区別のつかないS島さんのような香ばしさは無いです。
 代表戦レビュー記事はそれなりのスペースです。

 ナビスコ杯GLレビュー記事が続きます。
 この週末の試合でGLも終了。
 どこが上がってきますか?

 J2プレビュー記事、連勝の止まった湘南が、残留争い圏内のヴェルディをどう料理するか?
 勇介がスタメンっぽいです。

 

【日本代表】キプロス戦 ヨシトのコメントより

1トップ起用の大久保、縦への仕掛けを要求「自分たちの良さも消える」 – サッカーキング

1トップ起用の大久保、縦への仕掛けを要求「自分たちの良さも消える」 – サッカーキング



 昨日のキプロス戦でのヨシトのコメントが記事になってます。

 これを読むと、代表の試合でスピード感を感じない理由の一端が判った様な気がします。

 ボランチで奪って即縦パスと言ったら、ケンゴになるのですが、今の代表だと青山が対応出来るかどうか。
 岡崎や香川も同じ形で速攻が出来るだけに、オプションとして持っておきたかったですね。

 ただ、その手の速攻のショートカウンターって、本田さんが邪魔って言う問題点が有りますが。


 

今日のエルゴラ

 表紙はアジア杯を穫ったなでしこジャパン。
 続けてアジア杯決勝レビューかと思いきや‥‥ナビスコ杯プレビュー記事が。
 なでしこでは商売にならないって事なんですかね?

 ナビスコ杯プレビュー記事の次は日本代表で西川の見開き。

 J2レビュー記事は後ろに固まってます。

 

今日のエルゴラ

 トップは本田さん。
 前後編での特集の前編で名古屋時代が記事になってます。
 お好きな方は楽しめると思います。

 続いて代表合宿レポート。
 ヨシトの写真有りです。

 週末のナビスコ杯GLレビュー記事が続きます。
 甲府がグループ首位とは。
 ミューズの短評から、一方的に大宮を凹ったんだろうと想像‥‥。
 もう一つのグループはガンバが首位と、リーグ戦とは異なる様相になっている様です。



 

サプライズ

 代表発表からこっち、ヨシトの注目度が一気に上がった2週間でした。
 発表前は待望論と同じくらい不要論も有った訳で、不要だと言ってた方々が今なんと言われているか、ちょっと気になるところではありますが。

 ただ、代表から遠ざかっていたとは言え、全く呼ばれてない訳でなく南アには代表で行っている訳ですし、全くの無名選手が呼ばれたのとはちょっと違うものがあります。
 ザックのコメントを見る限り、本当に代表に欲しい選手たちにチャンスを与えていたけれど、結局彼らはチャンスをモノにする事が出来ず見切られて、海外も含めて実績があり複数ポジションをこなす事ができるヨシトを加えたのだろうなと。
 ヨシトを基準にヨシト以上の選手がいればそっちに行ってた事でしょうが、ラインコントローラーとしてはあまりにラインが高くなりすぎた感があります。
 サプライズと言うならば、若い選手に使った方が良いように思えます。
 それだとネームバリューが無いので、マスコミ的においしくないでしょうけれど。

 また、ケンゴは残念な結果となりましたが、予備登録されている時点でザックの評価は高かったのだろうと思います。
 青山と比べてどうだろう?と思いますが、トップ下や最前線も出来るマルチロールな所ではケンゴの方がと思いますし、萌を選ばなかったのは守備的なボランチは重視しない面があるのでしょうから、長谷部や遠藤と比べて守備で劣る所は無いので、この点ではどちらを選んでもと言ったレベルだったのかなと。
 ただ、意外と怪我明けが多い代表なので、もしかしてと言う可能性は意外と大きいかもしれません。



弾幕は使い方によっては地雷なアイテム

 先日の愛媛-讃岐の「四国ダービー」で愛媛サポがやらかしたそうですね。
 初顔合わせの四国ダービーではっちゃけちゃったんですかね?
 内容はまぁあれですが、スペルミスは恥ずかしいぞと。
 誤字脱字のあるブログで言われたくないでしょうが(笑)

 他にも無観客試合にまでなった浦和のアレとか、弾幕を巡って暴力事件があった浦和-清水戦…どっちも浦和で巻き込まれる清水ってのも、何の因縁があるのやら。
 清水も磐田との静岡ダービーでお互いやり合ってますが。
 四国ダービーのアレも、さいたまダービー位お互いに長い間いがみ合ってれば、どこまでやれるって暗黙の了解もできるのでしょうが、これから歴史を刻むところでは難しいものです。

 で、まぁ川崎はその手のアホな話題には無関係であった訳で、実際酷い弾幕は出ていないのですが、先日の鞠戦で妙な話しになってしまったのは、なまじ問題を起こさずに来ていたのも一因かなと。

 今回の件、運営に責任の大半はあります。
 等々力の構造上、多数のアウェーサポが来るカードだと一階席と二階席で居るサポが違う場所が出来るのは、仕方がない所です。
 一階ゴール裏全開放でも二階席ではK階段より向こうにホームAゾーンがあるのですから、一階と二階でものの投げ合いなんて怖い話しもあり得る訳で、ある意味川崎サポの理性と相手サポの「大人」な部分に依存している部分もあるから成立している形態です。
 問題はホームの客が居る二階席になんでアウェーの弾幕を出させたのかと。
 何が楽しくて敵の弾幕越しに見なきゃならんのかと思われても仕方がないですし、他のスタジアムでこんなやり方をしているのがどこにあるのか? 
 今まで行った所でこんな出し方を許容するスタジアムには当たった事がありません…てか一階と二階でサポが混在って所は無いですが。

 鞠の言い分からすると、「大事な弾幕にタオマフを掛けたのが許せん」緩衝帯を破壊して突撃したらしいですが、緩衝帯をどうこうしようって時点で鞠側はアウトです。
 キツいお灸を据えられても文句は言えません。
 今回はたまたまタオマフを干してたらしいですが、飲物片手に観戦しているお客が「たまたま」ビールやらジュースを零して弾幕を汚すとかあり得る訳で、その都度緩衝帯に突撃されても困ります。
 あそこに鞠が掛けてた弾幕が「たまたま?」故松田氏の弾幕だったらしいですが、そんな大事な弾幕ならホーム側から悪戯される危険のある所に出さなきゃいいのにと思います。
 それだけ大事なものなら日スタの倉庫に鍵掛けて仕舞っておけばいいのにね。

 あの場所に関してはホーム・アウェー共に弾幕禁止にするべきでしょうね。
 手っとり早く何とかするなら、スポンサー看板をあそこに広げちゃうのが、一番簡単な解決策になります。
 広告の看板に弾幕を被せちゃいけませんって以前から出ていますし、これはどこのスタジアムでも同じルールはありますから、知りませんでしたと言うサポはいないですし。


今日のエルゴラ

 トップは代表合宿から。
 公開された部分を元にして記事を構成しています。
 話題の中心はやはりヨシト。
 彼の動向が一番記事求められていると言うことなんですが‥‥。

 週末試合のあるJ2とナビスコ杯GLのプレビュー記事が続きます。
 湘南が強過ぎて、2位以下が目立たないのも何ですが。


今日のエルゴラ

 トップはナビスコ杯GLプレビュー記事から。
 川崎には関係無いので、どうなっているのか追っかけてませんでしたが、若手が出てこれる環境で、且つ上位争いの真剣勝負の試合が出来るって良いですね。
 流石にACLでは無理ですが。

 続いてJ2レビュー記事。
 J1レビュー記事が月曜にいってる分、たっぷりスペースを取ってます。
 フラザースが揃ってゴールとやってくれてますが、良いシーズンになるように願ってます。

 J3レビュー記事は町田-盛岡戦。
 勝てる試合を落としたイメージでしたが、盛岡目線だとそうでもなかったのか?と思えてくるのは‥‥。


 

天皇杯の日程

 2014年天皇杯の日程と組み合わせが発表されました。

 川崎は2回戦からで、7月12日に等々力で神奈川代表か広島代表の勝者と。
 勝ち進むと8月20日に岡山か愛媛の勝者に当たり、 ラウンド16では大宮か湘南が相手になりそうです。

 都道府県の代表は6月29日決定なのですが、何処とやることになりますか?

 町田はJ3・JFLのシード枠が昨年4回戦に進んだ長野に割り当てられたので、東京代表になる必要が有ります。

 東京代表になると7月5日に中銀スタで山梨代表と。
 勝ち進むと7月12日に甲府と当たります。
 以前やっていますが、当たるなら甲府とやりたいですね。
 2週連続で甲府行きも辛いところですが。

 こっちの山はギラ九とヴェルディが7月13日に西が丘でやるので、見に行きたいカードですね。


 

今日のエルゴラ

 週末のJ1レビュー記事メインです。
 中断前最後の試合ですので、かなりしっかりと記事を作ってます。

 昨日の試合もそれなりにやってますが、どっちがホームだよ?と思うところです。

 W杯代表選手の記事も有りますが、開幕まで持たせられるだけのネタが有るんだろうか?

 

【川崎】酷い試合だったかと言えば…   ホーム横浜戦

 長かった連戦の最終戦であり中断前最後の試合でしたが、勝って締めくくれなかった残念な結果になりました。
 スコア的には「惨敗」と言っていいスコアなのですが、なんと言うかそんな感じのしない試合でした。
 鞠の攻撃にそれ程の怖さは無く、こちらの調子の悪さだけが浮き彫りになっていたように思えます。
 ここに来て海外遠征を含めた過密日程のツケを払わされた、鞠にとってはおいしい試合だった事でしょう。

・スタメンとフォーメーション

 FCソウル戦と変わらず。
 交代カードで切られた3人があまり機能しなかったところを見ても、ターンオーバーは厳しかった様に見えます。
 完全に2チーム作れるならともかく。

・ミス

 この試合、今までの試合にもましてミスが多かったです。
 パスの精度は悪くバウンドが高くなってトラップが大変だし、そのトラップも雑でボールを収めるのに苦労しているシーンが非常に多かったです。
 技術をベースに置いたサッカーをやるのに、技術のミスが出たのでは…。
 そしてルーズボールを競って行く時の反応が悪くスピードも遅いので、相手に渡してしまうところに溜まった疲労が見えました。
 リョータは踏ん張りが効かないのか接触時に吹っ飛んだり、森谷でさえダッシュが効きませんでした。
 相手はACLが無くなってこの2週間余裕のある状況で調整できてますので、勝負にならなかったですね。

・試合の決めどころ

 前半にユウがGKとの1対1を決められなかったところと、後半ジェシがピッチ外に出た隙にやられた2失点目、ここの結果が変わっていれば、試合の流れは変わっていた様に思えます。
 疲労はあっても先制できれば、このところ戦績が良くない鞠は前に出てくる分やりやすくなってたでしょうし、2失点目を堪えれば終盤に繫がったかなと。 

 ナビのGLが無い川崎は、この試合でW杯前の日程はすべて終了しました。
 中断期間に入り7月まで試合はありませんが、ここで一端横一線になってのスタメン争いが始まる事でしょう。
 過密日程のおかげで固定するしかなかったスタメンも、ここから先は調子のいい選手が優先されるようになるでしょうから、今までベンチメンバーやベンチ外の選手が普通に出てくるようになる層の厚さが出来れば、後半戦が楽しくなるでしょう。

 この試合で鞠サポがやらかしたらしいですが、そのあたりはまた機会があれば。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

今日のエルゴラ

 W杯中断前最後の試合。
 むちゃくちゃな連戦もこれで終わり。

 J1プレビュー記事は代表選手にフォーカスした構成になってます。
 鞠との神奈川ダービーはかなりスペースを貰ってます。
 が、川崎が韓国遠征で満足な取材が出来なかったのか、どっちがホームだよと思いたくなる‥‥。
 「勝手に因縁つけるなよ」と。
 前節にホームで優勝決めなかった自分らが悪いんでしょうに。

 日本代表は落選した選手のリスタートの記事。
 ケンゴの扱いが大きいです。

 ACLレビュー、読むのが辛いですが。
 シドニーで小野のインタビューを取ってきたのは、良い仕事です。

 

【川崎】アウェーゴールに泣く  ACL R16 2ndLeg アウェーFCソウル戦

 仕事で残念ながら試合そのものは見れませんでしたが、惜しい試合だったようですね。

 1点差負け以上で勝ち抜ける相手が引きこもってくるのは判っていたものの、果して崩しきれるのか?と思っていましたが、必要な2点を取れる位に攻撃が機能していたように思えました。

 問題は序盤のエクスデロに決められた先制点でしょうか。
 これがどんな形でやられたかによりますが、どうも早く点を取ろうと意識が前に行ってた所を突かれたようで、ある意味仕方がない所はあります。
 これがリーグ戦なら問題はなかったのですが。

 今年のACLはR16でトータルスコア4-4、アウェーゴール差1で涙を飲む事になりました。
 ACLにまた借りが出来てしまいました。
 この借りはACLでしか返せないので、なんとしても来年もACLに行きたいです。

 にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 月曜日に発表のあったW杯代表の特集です。
 サプライズになったヨシトの扱いが大きいのは当然の事ですが、各選手の記事やエルゴラ評論家のコラムとボリュームいっぱいです。

 続いてJ2レビュー記事。
 湘南を止めるのは一体どこになるのやら?

 J3は相模原-長野戦のレビュー記事。
 相模原は「高原効果」がまだ他の選手に浸透してない模様。
 後半にドカンと来る可能性は感じます。


 

今日のエルゴラ

 トップは今日発表の代表について。
 ヨシトのアップ写真から、サプライズ候補達の記事となります。
 この中から、誰が選出されるか。
 スポーツニュースでもヨシト待望の声が大きくなってますが、果たして。

 週末のJ1レビュー記事はちょっと少ないですね。
 その中でも鹿島戦レビューはスペースを貰ってます。
 一番は埼玉ダービーでしたが。


 

【川崎】完勝    ホーム鹿島戦

 中二日で厳しい状況での鹿島戦でしたが、水曜の手痛い逆転負けを払拭できる完勝に終わりました。
 ズルズルと引きずらずに攻めて行く気持ちの見えた試合だったと思います。

・スタメンとフォーメーション

 FCソウル戦と変わらず。
 重要な試合が続くのでターンオーバーはありませんでした。
 前半はちょっと体が重そうな所が見えましたが、後半には何時ものペースになっていたと思います。
 むしろ鹿島の方が付き合いきれなかった様に見えました。

・FWの仕事

 ユウの2発は共にベストゴールにあげても良い様なゴールでした。
 1発目は森谷のヒールでの落としを受けて力み無くゴール隅を打ち抜き、2発目はケンゴのパスから綺麗なターンで相手を振り切って撃ち込んでと、調子がまた上向いてきた感じです。
 ヨシトの2発も相手が前がかりになったところを裏に抜けての技ありゴールでした。
 あの状況で1対1になったらGKはどうしようもないです。

・SBの動き

 この試合を見ていて変わったなと思ったのが、SBが中に絞ると言うかボールを持って中に入っていったり、守備ではCBと近い位置に並んでその代わりにSHが降りてきてサイドを埋めたりと行った形が見えました。
 これが鹿島対策なのかは判りませんが、小笠原と柴崎が締める中盤でボランチだけでなくSBも中に入って優位に持っていこうとしていたのかもしれません。

 鹿島が前半途中で山本を下げて昌子を左SBに回した事で、左サイドからの攻撃は脅威が減ったので、右サイドの守備負担は減ったかなと。
 山本を下げたのはセレーゾ監督コメントだと怪我との事ですが、序盤から主審にファール取られて注意を何回も受けていても落ち着かないので、あのまま出ていてもカードが出ていたかもしれません。

・DFとしての裕介

 このところ攻撃面では物足りないところがある裕介ですが、その分守備で結果を出してくれています。
 左がタニになったので、タニが上がる分バランスを取っている感じになっているのでしょうか。
 特にCBの後ろをケアする場面が良く見れます。
 右SHが森谷になって守備に下がって来てくれるので、守備についての連携はかなり良くなっている様です。

・コミ復帰

 後半アディショナルにケンゴと交代でコミが3枚目のカードとして入りました。
 キャプテンマークを受け継いでピッチに入りましたので、どこに入るのだろうと思ってみましたが、ケンゴの左SHのポジションだった様です。
 時間と点差からみて守備固めと言うより、怪我で離れていた分を埋める試運転だった様に見えました。
 今はタニが左SBの1stチョイスになっていますが、中断前にコミが入る可能性もあるかもしれません。

・ターンオーバーの是非

 この連戦、メンバー固定でケンゴとイガが外れた所くらいで戦ってきました。
 交代メンバーも真希とパウロでこちらも固定気味で他はモリシが入る位です。

 選手の疲労を考えるとターンオーバーして回していくところですが、チームの形が固まっていませんし、これだけ集中して試合をこなしていくと試合後はリカバリくらいしかできませんので、新しい選手を組み込んでの準備まで回らないのであれば、これも仕方がないかなと。
 ベンチ組は実績も実力もある選手が揃っているので、本格的にポジションをターンオーバーしていくのは中断後からになるのではないかと思います。
 FCソウル戦はともかく、中断前最後の鞠戦はいじってくる可能性はありますが。



 今年の鹿島は若い選手が増えて世代交代を図りながら戦っている様です。
 今節は若さが出た場面も見えましたが、後半カシスタではもっと苦戦させられるかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】これが本番のACL  ACL R16 1stleg ホームFCソウル戦

 ACLもノックアウトステージに移行して、GLには無かった厳しい雰囲気がピッチにあふれていた様に見えました。
 ガンバと万博でR16を戦ったときに現地で感じた、あの感じを思い出しました。
 これが本当のACLなんだなと。

 ソウルもGLを突破してきただけあって、しぶとく強いチームでした。
 結果から言うと180分の試合で前半1点ビハインドを負っているのと同じですが、川崎のサッカーを見て後半やり方を変えてきた所を見ると、この試合の前半の様に振り回されずに対応してきそうです。

・スタメンとフォーメーション

 甲府戦からケンゴが戻った以外は変わらず。
 1試合休んだ事で大分動きが戻ってきた様に見えましたが、まだプレーの精度は低い様に見えました。
 過密日程でなければもう1試合くらい休ませたいところです。

・ミス

 この試合では普段以上に守備陣にミスが多かったです。
 失点に繫がったソータとジェシのミスはキツいですが、タニも細かいところでミスを山積みにしていましたので、ちょっと最終ラインが耐えきれなくなってきたのかと。
 ただ、前線~中盤が安易にボールを失うシーンも多く、守備陣に負担が掛かっていた分消耗していたかもしれません。
 攻撃にも参加していましたし。

・ゴールシーン

 得点はゴール前で繋いで、そしてレナトの突撃がPKを誘ってと、川崎らしいゴールでしたが、ここ以外ではフィニッシュの精度が良くなかったのが残念。
 前半にもう1点でも決めていれば、試合展開は変わっていたかもしれません。
 そしてPKとは言え、レナトが自分で貰ったPKでゴールを決めましたので、次に繋げてほしいところです。
 後は積極性でしょうか。
 もっとシュートを打っていってもいいでしょう。
 FWの二人を除くと、森谷やレナトは撃てると見れば撃ちますが、リョータはまだその辺で遠慮がある様な。
 後ろからどんどん撃って行くのも、相手にプレッシャーになると思いますが。

 14日にアウェーで2ndLegを戦いますが、2点差をつけて勝利と条件は明確化されていますので、勝って帰る事だけを考えてほしいと思います。
 サッカーで負けている訳ではないですから。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップにはケンゴの全身とザック。
 明日は代表発表前最後のリーグ戦ですから、それに関連しての構図ですね。

 表紙に引き続いて、鹿島戦プレビュー記事。
 一気に若返りを図る鹿島相手に勝って勢いをつけたい所です。
 川崎番の竹中さんのコラムだと、記者席でケンゴとヨシトが呼ばれない事に疑問が上がっている様です。

 続いてJ1プレビュー、J2プレビュー。
 川崎の試合が無かった6日のレビュー記事となります。

 ACLラウンド16レビュー記事、勝った広島の扱いが良いのは仕方ないですね。

 最後は埼玉ダービープレビュー記事となります。


 

【町田】勝ちパターンができた  ホーム秋田戦

 日程が合わずに久々の野津田参戦となりました。
 GWと言う事もあり、アウェー秋田のサポさんも多数来ていただきました。

 ここ数試合、見に行けてませんでしたが得点も取れており、良い状態で首位キープできている様でしたので、期待して参戦しましたが、期待に違わぬ楽しいサッカーでした。
 勝って結果が出ている事が自信に繫がっている様に見えました。

 序盤に秋田のミスにも乗じて10分で2点取り、圧倒的優位を築いてからはあまりリスクを負って攻め上がるより、相手の状況を見ながら攻勢に出ていた様に思えます。
 前半は殆ど秋田に自由にさせなかったのは、前線からプレスをしっかり掛けて相手陣内に押し込む形に、秋田側の後ろから繋ごうとするサッカーがはまったかなと。
 3点目が前半に取れていれば、その時点で終わっていたかもしれません。
 このところ点が取れている試合は、早いうちに1点取ったらもう1点重ねる様な積極性を発揮してセーフティリードを取る形になっているんだなと、この試合を見て思いました。

 逆に後半は相手が丁重に粘っこいプレーをして押し込むようになったところで、ちょっと手を焼く場面もありました。
 秋田側のゴールはゴラッソでしたが、チャンスは作られてました。
 3点目のPKやダメ押しの4点目で勝負が着きましたが、ゴール前でも丁重に繋いで行くところでスピードダウンして相手に固められてしまう所は、点差があって大事に行く意識だったと思いますが、もうちょっと思い切りよく打っても良かったかもしれないと思います。

 5月の晴天らしく気温が上がる中での13時キックオフの条件だったので、後半疲労感が出ていたのかもしれません。
 これから梅雨から夏場の試合になりますが、相馬サッカーをやるのに必要な運動量確保をどう対応していくか、見させてもらおうと思っています。

 ここまで町田の試合を見ていて、相馬さんの理想とするサッカーとの相性が良く出てきています。
 今季のサッカーを見ていると、昨季の秋田さんのサッカーはやはり町田の特性に合ってなかったんだなと。
 12年は失点も多かったので、まず守備を建て直しを図るのは間違いではありませんでしたが、守備力アップで攻撃が損なわれてしまって、らしいサッカーになってませんでした。
 シーズンはまだまだ続きますので、今よりもっと進化したサッカーを見せてもらう事を期待します。


 にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今週は新聞休刊日の関係で月・金の2回発行の様です。

 週末の試合レビュー記事メインで、トップはプレビュー記事と同じく浦和-F東から。

 川崎は見開き2ページ貰ってます。
 記事の主役はMOMに選ばれた森谷。
 当然の扱いでしょう。

 J2も結構ページを取ってます。

 最後にACLラウンド16プレビュー記事。
 3クラブ共初戦勝利といきたいですね。


 

 

【川崎】ケンゴ不在で勝つ   ホーム甲府戦

 中断前の連戦の中、ケンゴが怪我で離脱。
 ケンゴ抜きでどこまで何時ものサッカーがどこまで出来るのかがこの試合のポイントだったと思います。
 結果から言えば、精度なんかは別にしてほぼ同じサッカーをやれていたと思います。

・スタメンとフォーメーション

 ケンゴがベンチにも入らず代わりに真希が、CBはイガが戻りましたが開始10分程度でソータに負傷交代。
 イガの具合がどうかですが、風間さんの試合後コメントを読むとちょっと厳しそうです。
 ソータがいるので大きなダメージにはなりませんが、イナもいるとは言えCBの層が厚い訳でないので長期離脱となると苦しい事になりそうです。
 サネはベンチにも入れないのは、どうなっているのでしょう。

・チームの重心位置

 ケンゴがいない事で、リョータにチームの重心が掛かりました。
 二人がいると分散されていたのですが、一人で担うとなると他の選手とのすり合わせも含めてまだ時間が掛かりそうな感じでした。

 後ろにいる事が多かったので、どうしても後ろに重心が掛かって前に出るのが厳しかった様です。
 前にボールキープ出来るヨシトがリョータのポジションに引っ張られた訳ではないと思いますが、FWと言うよりMF的な位置取りと仕事をしていたように見えました。
 前半、甲府の陣内で中々仕事た出来なかったのは、あちらの守備もありましたがもう少し前に出る機会があれば、もう少し違った展開になったと思います。

 後半はこのあたりを調整したのか、リョータの位置が前に出れる様に全体的に押し込める様になったので攻勢にでれたのかと。

・縦に繋ぐ

 本来ならケンゴとリョータがどちらかが後ろにいて縦への展開を仕掛けるシーンが多いですが、この試合は後ろの選手にその意識が強かった様です。
 イガやジェシは普段からそう言ったフィードを見せますが、ソータも結構狙って前に送っているシーンが見られました。
 後ろの誰からでもそう言ったボールが前線に出てくる様になると、ボールの出所を抑えきれないので、相手にとっては厄介でしょう。

・森谷の突破力

 後半早々に右サイドをドリブルで駆け抜けるシーンがありましたが、あれを見て勇介を思い出しました。
 テクニックで左右にかわすのでは無く、スピードで一気に突き抜けていくのは勇介の得意なプレーでした。
 あのスピード感を久々に味わいました。
 最後にDFに止められましたが、また見せてほしいプレーです。

 今季初ゴールを決めましたが、前節仙台戦でも枠内に飛んだいいミドルを蹴っておりシュート意識も高いので、チャンスと見れば撃つ姿勢が良かったと思います。
 昨季の今頃は自信の無さそうなプレーでボロクソに批判されてましたが、今やいなくてはならないキープレーヤーになったと思います。

 途中交代は脱水症状が出ていたからの様ですが、次も決めて今度こそマイクパフォーマンスしてもらいましょう。 

・甲府の守備と攻撃

 「甲斐ナチオ」と呼ばれるだけあって、固かったですね。
 ただ引いてと言う訳でなく、前線から最終ラインまでコンパクトで見ていると白いユニが沢山写ってました。
 ボールを持つと多いときは3人くらいで囲みに来てましたし。

 ただ、守備は厚いのですが、攻撃はクリスチアーノ主体だった様で、それ程怖さは無かったかなと。
 惜しいシュートも撃たれましたが、精度の低さに救われた感もあります。


 GW最後の試合を勝って、3試合を2勝1分で乗り切れました。
 7日にはFCソウルとのラウンド16がありますが、等々力での試合ですので勝ってプレッシャーを掛けたい所です。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 明日のJ1J2のプレビュー記事がメインです。

 トップは浦和とF東。
 タマシコ以降調子が上向いているF東と、上位をキープしている浦和なので、この扱いは妥当かと思います。

 川崎は見開き2ページ貰ってますので、扱いは良いです。
 例によって写真が大きいですが。
 甲府目線の記事もあり、バランスは悪くないですね。

 J2レビュー記事、結果のみのカードが有るのは仕方ないですが、ちょっと寂しい感じが。


 
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR