【町田】厳しい敗戦  アウェー長野戦

 スカパー!はJ3の試合はその節の注目試合を選択して中継しているので、中々町田のアウェー試合を見る機会が無いのですが、今節の長野戦は中継対象になってくれたので、スカパー!観戦となりました。

 正直なところ、この敗戦はキツイですね。
 良いところを見せながら結果が出てこなかったと言うより、長野にやりたいサッカーを封じられて悪いところばかりが出てしまった試合でした。
 前節、琉球にやられたのと似た感じです。
 4-4-2で中盤の人数が足らないから中盤を圧倒されたと言う訳でなく、全体的に運動量もパスの精度も長野に後れをとっていたから負けたと言った感じです。
 後半、木島とクッキーを入れて徐々に自分たちのペースになりつつありましたが、それでも前線に仕事をさせない長野が主導権を離しませんでした。

 守備陣は踏ん張っていますが、点が取れないのが問題です。
 前線に良い形でボールが供給されていませんが、ビハインドを負っている時はもっとリスクを持って前線を上げてコンパクトにして選手間の距離を近くしないと、縦にパスが入らないです。
 終盤、時間が無いのに後ろでボールを回すだけでは点は取れません。
 前線には裏に走れるメンバーが居るのですから、アバウトでも放り込みでプレッシャーを掛ける方がまだ良かったでしょう。

 この敗戦で金沢・長野とは1勝で順が入れ代わる状況になりました。
 次のJ22でしっかり勝たないと厳しい状況になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

【川崎】初ゴール      アウェー名古屋戦

 タニの公式戦初ゴール、川又の移籍初ゴールと、双方で初ゴールが出ましたが、なんと言うかあまり良いところの無い試合になりました。

 今回は現地参戦無し、HUB観戦も無しでスカパー!観戦でしたので、現地で感じるものとはちょっと違っています。

・スタメンとフォーメーション

 有休のノボリの所にはコミが入り、3バック左はイガが入りました。
 コミが一列上がった事でより攻撃的になるものと思いましたが、思ったほど脅威になってなかった様に思えます。
 レナトとの連携で左を崩しきってと言うところがあまり見れなかったせいかもしれません。
 CBがイガだと前二人と絡んで攻撃に出る厚みは出にくいので、ここで山越抜擢でも面白かったかなと思うのですが。
 
 後半、イガに変わって裕介が入って4バックに移行してから、安定感が増した感じがします。
 3バックはまだ成熟途中と行った感じですので、試合中に4バックに切り替えて様子を見るのも有りかと思います。

・FWの位置取り

 なんと言うか、ヨシトがあまり良いところに居た様に画面からは感じませんでした。
 引いてきてトップ下からボランチのあたりに居るのが結構多かったです。
 そこまで下がるとヨシトのマークに誰かがついてくるといった所も無く、違和感がありました。
 好調なときは下がってくる事はあっても、すぐに最前線に戻ってましたし、出て行けば積極的にボールを要求するのがお約束の所が、ここ2試合はあまり見られずフィニシャーと言うよりラストパス供給者な感じで、トップ下の司令塔的な役回りに見えました。
 ケンゴとリョータへのプレスがキツい時に最終ラインやサイドからのボールを直接受けて、前線のユウやレナトに繋ぐのなら判りますが、今回の名古屋はそれ程キツくボランチにくる感じでは無かっただけに。

 ユウもヨシトがゴール前から離れている時には代わってゴール前にとなるのですが、どうも位置取りが良くなくゴールに直結した所でプレーが中々出来ず、やったときは外しと、結果が出てません。

 レナトもドリブルで持っていくものの、相手も取れないまでもライン際に押しやる様な形で対応してくると中に入るのに苦労してますし、3トップが揃って前線にいい位置関係で入れていないのが、ゴールが遠い理由なのかと。

 特にヨシトの調子が上がってこないのは気になるところです。
 本来ならここでモリシがベンチに居ればと思うのですが、天皇杯で迷っているプレーに終始してベンチに入れない状況になっているのは辛いですね。
 ベンチメンバーが守備主体になっているのは、彼らが調子がいい事もありますが攻撃陣がピリッとしないせいかなと思えます。

 今回はテレビの画面を通してだったので、実際に現地で見ればまた別の感想になると思いますが、この試合は久々に先制したものの、その時間が早すぎた感があります。
 攻めに回ってはいましたが、追加点の匂いが中々してこないうちに名古屋に隙を突かれて、何時ものサイドからのクロスにやられてます。
 崩しはできているのに、決めきれない。
 FWと言うか、フィニッシャーの問題になってきています。
 こればっかりは攻撃を担う選手次第なのですが、ボランチ二人やサイドからゴール前に侵入してのシュートと言った場面が少ないので、まずはシュートで終わる形で攻撃を締めてほしいところです。
 幸い?鳥栖も鹿島も引き分けで引き離されませんでしたし、しばらくリーグ戦は中断になるので、ナビスコ準々決勝では切り替えて欲しいですね。
 リョータが居ないので、代りに入る選手でいい化学反応を起こしてほしいものです。
 誰が入るのか。 
 可児か真希になると思いますが、ケンゴを一列上げて真希とパウロかイナの可能性もありますね。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

食い物の恨みは恐ろしい?

 タマシコでDoleさん提供のバナナ配布は、当初の全観客からホームのみと変更になりました。
 FC東京側からの申し入れによるとの事ですが、鞠のアレをやられたら今度は500万じゃ済まない可能性がありますので、F東フロントの判断はサポを信じてる信じてないって事は別にして、妥当だと思います。
 幸いまだ日がありますので当日配布分の調整は効くでしょうが、Doleさんにもご迷惑を掛ける事になりました。
 蝗さんたちなら、試合開始前に喰い尽くして「もっと寄越せ!」コールしそうな気もしますが、そんな冗談なやりとりも出来そうも無いってところで、この件の問題は根深さをかんじます。
 食い物の恨みは恐ろしいだけに、どこにその怒りの矛先が向くのやら?

 代表発表優先で制裁内容発表がやっとJからありましたが、ほぼ想定通りの内容となりました。
 これでJリーグ的には一応の幕引きになった模様ですが、この問題は既に1クラブの問題じゃなくなってきているのに、リーグとしての再発防止策はちゃんと考えられているのか疑問に思うところです。
 1クラブでやれる事には限界がありますし、今回のように普段はJの試合なんか結果すら放送しないニュース番組でこれでもかとネガティブキャンペーンやられているのに、何のカウンターも打ってないリーグって何よ?って。
 広告代理店と契約してるんだから、こう言ったアクシデントに対応させるくらいはすぐ出来るでしょうに。
 浦和のアレがあった時、今後もこういった問題は起こりうるって事でリスクマネジメントしてなかったとしたら、かなり甘い。
 2リーグ制で大騒ぎした時に、サポへの説明をクラブにまる投げしたのとまるで変わってませんね。

 鞠はサポのリーダークラスに研修を施すそうですが、実際に出来る再発防止策はこれくらいでしょう。
 試合前に繰り返しアナウンスするにしてもやれるのはホームだけですし、スタッフの数が少ないアウェーは監視の目も行き届かないでしょうから。
 やらかした当事者の所属グループは、メンバーは今シーズン入場禁止にした上でシーズン終了後に解散するそうですね。
 即解散ではないのは啓蒙活動をやった上でとの事なので、それは評価できます。
 ただ、やらかす前にきちんと管理して欲しかった。
 下の者は上に立つ人間を見てますからね。

 この件が今後どうなっていくかは判りませんが、次にやらかしたところは今回より重いペナルティを喰らう事になるになるでしょう。
 こんな問題で大騒ぎになるのはもう終わりにして欲しいです。

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラは埼玉ダービー大特集から。
 首位と降格圏って立場が結果に反映されないのがダービーと言うもの。
 どんな結果になりますか?

 名古屋-川崎は1ページ貰ってます。
 ノボリの代役はコミと予想されてますが、果たして?
 あの順位にいるのが不思議な選手達がいる名古屋、どんな試合展開になりますか?

 最後は昨日発表された代表の記事。
 アギーレ監督がどこまでJを見て来たかが解る感じです。
 時間があまりなかった中での選出だった様に見えます。

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラは日曜開催のJ2レビュー記事メインです。
 昇格争いをポイントにして記事をまとめていますね。

 磐田が上位に離されつつありますが、状態は昨季の降格時より悪いとか?
 3位以下が団子になってきましたので、意外な昇格が有るかも知れません。

 海外リーグが開幕となって、海外組のページも復活してます。

 J3は町田ー琉球戦をレビューしてます。
 これを読むと、琉球の狙いに嵌まってしまった様です。

 その他注目の高校生特集も。


 

色々と試合に関係なく物事は動いている

・広島の土砂災害に対して

 広島市の土砂災害、時が経つに連れて被害の甚大さが判ってきています。
 広島のスタッフやサポさんたちも、親戚や知人が巻き込まれていると気が気でない状態ではないでしょうか。
 この災害に対して、ホームで試合のあった広島の他に広島在籍経験のある選手の多い浦和も募金活動を行ったようです。
 事態がはっきりしていないところはありますが、素早く対応しているクラブがいるのはJリーグだなって感じます。

 そして、昨日の町田もゼルビーランドで募金活動を行っていました。
 今までもホーム開催時にはスタッフや試合出場しない選手が東日本大震災の募金活動を行っていましたが、今回の災害を受けて一時的に広島土砂災害への募金に切り替えたとの事。
 フロントの臨機応変な対応は頭が下がる思いです。 続けてきたからこそ応用が利くと言うところでしょうか。
 私もビールを飲んだ積もりで僅かですが募金してきました。
 スクーターで行ってたので、飲む気はありませんでしたけど。
 次に行くときはYASSカレーの無料券Getしたので、角煮カレーの代金分を寄付して来ようと思ってます。
 でも次のホーム7日J22戦はセレッソ戦と被って…。

 川崎は最短のホームが7日のセレッソ戦なので、すぐに活動が出来る状態ではありませんが、何かしらやるんじゃないかな?

cCIMG1078 (2)
 当日の角煮カレーエボリューション3。 角煮のサイズが通常サイズの倍以上で食べ応えあり。
 辛子と柚子胡椒のトッピングを選択できたので、定番の辛子ではなく柚子胡椒を選びましたが、柚子胡椒の香りと辛味が角煮に合っていて、これはこれで美味しい組み合わせでした。

・バナナ騒動

 村井チェアマンのコメントが出ましたが、厳重注意程度では済まされない様ですね。
 普段はJの話題なんか一切触れない一般のニュースでも取り上げられて、マイナスイメージが蔓延してしまっていますから、ある程度厳しい所を見せないと、納得されないでしょう。
 気になるのは最初は差別行為と言ってたのが、鞠側のコメントが「挑発」に変わってきているんですよね。
 挑発なら処分が軽くなると思っている程、あまちゃんでも無いでしょうが。
 村井さんがきっぱり「差別行為」と言っているようなので、そこのすり合わせをしておかないと、またややこしい話になります。
 無観客試合は無さそうですが、浦和にやったので次も無観客試合を課すには敷居が高くなった感があります。
 浦和のは言わば「見せしめ」です。
 浦和だからまだあの程度のダメージで済んでいる感はありますが、他でやったら経営が傾きかねない制裁ですし、その割に見せしめの効果が薄かったのも、今回の鞠で見えちゃいましたから。
 落としどころは、村井さんが言うように制裁金でしょう。 
 ベスメン規定で罰金喰らった広島が1千万でしたから、それくらい悪質って事で同じレベルで収めるんじゃないかと。
 金で済むなら、デカいスポンサー持ってる鞠はそれ程痛くない。 日産が事態を問題視しなければ。

 今回やらかしたサポはゴール裏最前列ででかい弾幕裏にいましたから、この日たまたまここにいたと言うより、サポグループの構成員でしょう。
 鞠がサポグループを自主解散させて自浄能力のある事を示して、Jリーグの印象を良くする位はやった方がいい。
 応援がどうのって言っても、浦和だってコルリがいなくてもあれだけの応援が出来るんですから、何の問題もないと思いますよ。

今日のエルゴラ

 土曜日のJ1レビュー記事メインです。
 トップはプレビューと同じ浦和-F東。
 守備が調子良い同士‥‥浦和はちょっと落ちてる様ですが‥‥なのに派手だった様です。
 スカパー!の再放送でチェックですね。
 他も派手な試合が多かった様で、こんな節もありますよね。

 川崎もプレビュー同様に最終ページ見開きに。
 例の件に対する記事は見あたらなかったので、水曜日にエルゴラの見解込みで載せるのか?
 当然、スルーする可能性は有ります。

 U21の記事が中頃に有り、リョータの写真が使われています。
 アジア大会で良いところを見せて、一気にA代表まで行っても良いですね。


 

【町田】痛い敗戦   ホーム琉球戦

 前節から1週空いてのホーム開催。
 天候は夏の割りには凌ぎやすく、観戦し易い環境でした。
 YASSカレーも出遅れたにも関わらずエボリューション3が残ってましたし、福引のガラガラは銀賞を引き当て。
 良い事ばっかりだと思ったら、本命の試合には運が無かったorz

 試合自体は双方プレスして奪って攻撃と言うパターンが小気味よく回っていて、スピーディな展開でした。
 前日に1秒でも休む時間を取りたいジジィのサッカーを見た後だと、こう言うスピード感がある小気味良いサッカーが好みなんだなと、改めて気づきました。
 ただ、ボールは取られすぎです。
 もっとボールを大事にしてメリハリをつけてほしいところです。
 失点シーンもボールを奪われてから右サイドを崩され、ライン一杯からのクロスに真ん中で合わされてと、これじゃやられるわと言うお手本の様な形でした。
 勿体ない。 その一言に尽きる失点でした。

 後半、木島と吉井を下げて、崇文とクッキー投入で押し込む形が出来てましたが、琉球ってこんなに守備が固かったっけ?と思うくらい、スペースを消して縦パスのコースを切ってくる形が出来てました。
 あれだけ下がられても、左右に揺さぶってPA内に侵入は出来てたのですが、決定機を決めきれなかったのが残念。
 連続CKで連発してダイレクトボレーを枠内に飛ばして、ことごとく弾かれるとは。
 普通、あれだけやってれば1点は入るもんですが、町田の戦術を読まれていたんじゃないかと。

 前半序盤の決定機に決めていれば、主導権を握って良い様に出来た筈ですが、決められる時に決めないとやられる、そんな試合になりました。
 前節の鳥取戦と合わせて見ていて、なんと言うかやっているサッカーに狂いが出てきた様に思えます。
 選手個人での問題なのかチームとしての問題なのかちょっと判らないのですが、やっているサッカーに落ち着きが無く緩急のつけどころが見えない感じです。
 今節は長野も金沢も勝って勝ち点差が縮まりました。
 まだ先は長く、長野も金沢も対戦を残している事を思うと、上位対決用のバッファを琉球で吐き出してしまった感があります。
 次節アウェー長野戦は引き分け以上の結果を持って帰らないと厳しい状況になってしまった様ですが、相馬さんの手腕に期待です。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】気分の悪い試合     アウェー横浜戦

 試合前も試合中も試合後も気分の悪い試合でした。
 勝っても負けても嫌な思いをするのは鞠戦だけ。
 ガンバ相手の結果に関わらないスッキリ感とも、鹿島相手のやってやった/やられたわ感とも、浦和相手のキツくやり合った感とも違う、一種の「悪意」にさらされる感の強い相手といったところでしょうか。
 なんでかなぁと思うんですが、あっちは「対戦相手に対するリスペクト」が湧かないんでしょうね。
 横浜FCの時やYSCCの時のニッパツは本当にいいスタジアムだと感じるのですが、家主が変わるとこうも印象が悪くなるものかと。

・スタメンとフォーメーション

 タニが欠場…急な発熱との事らしいです…に伴い、ジェシがCBに。
 それに従ってフォーメーション4-4-2で行く事になり、コミが右SB、ノボリが左SBに。
 そしてノボリ退場に伴って、3-3-3の形に組み直し。
 このあたりフォーメーションを柔軟に組めるのは利点です。
 ただ、ここで3バックは左からコミ-サネージェシと並ぶ事になり、天皇杯でフルでやって翌日もフルメニューだったジェシにはキツい状態だったかなと。
 守備のときは森谷が下がって来るので、彼もキツかったと思いますが。

・やりたいサッカーをやれたのか?

 試合としては、お互いのサッカーが全くかみ合わないところで、向こうに付き合っちゃった感があります。
 下位の対戦相手から勝ち点強奪が苦手なのも、その辺に原因がありそうです。
 あっちの短時間プレーしてぶっつり切ってまた短時間ってリズム感の悪いサッカーに付き合って、こっちのリズムが中々出ませんでした。
 それが出来てたときは、人数が足りなくても相手を押し込んで決定機も生み出してます。
 それでも失点は崩されてのもので無いミスから始まるものなので、このあたりは選手次第な部分になります。

 例によってケンゴとリョータにラフィーニャと俊輔がプレスを掛けてきてましたが、皆同じ事をするおかげでケンゴもリョータもかいくぐる術に磨きが掛かって来た様です。
 柏や後半のセレッソと比べると甘かったとは言え。
 タニが居れば最終ラインから前線へのボール供給の機会も増えて、あちらの前線二人は遊兵化してたでしょうが、うまくサイド経由で回したりと、チームとしても対策は見えてきたんじゃないかと。
 彼らがプレスに来る分、攻撃が手薄になってましたし。

 ボールを回してプレー時間を伸ばしていく事がもっと出来ていれば、ブツブツとプレーを切ってアクチュアルタイムを短くする事に執着する鞠のサッカーを封じて主導権を握れたでしょう。

・ノボリの退場と次節のスタメン

 カード2枚で退場ですが、どちらも軽率なミスからカードが出ているので、仕方がないかなと。
 2枚目はカードは厳しい気がしますが、既に1枚貰っている事を思えば、相手に追いすがって時間稼ぎする形で対応できなかったのかなと思います。
 今まで見てきてノボリの退場は初めて見ましたが、試合後の挨拶に出てきた時にかなりしょげていた様なので、この経験を今後に活かして欲しいです。
 最近致命的ではないにしろ軽いプレーが目についてたので、調子がいいのと調子に乗るのとは違うって事を認識して貰えれば。

 ノボリが居ない事で次節どうするか。
 フォーメーションを崩さずに人だけ入れ替えるなら、左SHは山越でしょう。
 フクも守備は期待できるのですが、前のレナトとの関係が悪いので。
 ただ、DFに余裕があるので、CBにイガを入れてコミを前に出すのもありますし、どちらにしろタニの回復次第かなと思います。
 ルーキー一人居ないだけで色々あるのって、ある意味凄いルーキーが来たものです。

・消えるヨシト 変わらないレナト

 試合開始前から足を気にしてたり、動きに切れが無いので、まだ不調を引きずっている様な感じを受けました。
 調子がいい時はピタリとボールが収まり球離れも良いのですが、この試合ではそう行った所があまり見えませんでした。
 途中交代も思いましたが、金久保しか入れるカードはありませんし、この試合に関してビハインドを負った状況でヨシトを下げる戦術はありですが、シーズンを見据えると本人が交代要求していないのに安易にエースを見切るのは危険です。
 一時的な不調であっても、シーズン通しての実績をみるべきなのがエースですから。

 レナトも2試合連続ゴールで復活してくるかと思いましたが、この試合に関しては元に戻った感じです。
 シュートを数撃ってナンボな感じがしますし、撃つたびにゴール枠内に近づいていたので、もう2~3本撃てればって期待感はあるのですが。
 ドリブルのキレは変わらないので、後はうまくマークを外していい位置から撃てる様になれば。

・家本主審の試合は荒れる

 なんと言うか、カードを出す事に躊躇いの無いジャッジをする人ですが、カードを出すなら公平に出してほしいところ。
 特に後半ラフィーニャに突き飛ばされてもイエロー1枚で済ますってのは、なんなんだか。
 主審への直接暴行は一発レッドで後でキツい裁定ってのがお約束でしょうに、イエローで済ませちゃったのでそれ以上は無し。
 Jに来たばかりのド新人外国人ならともかく、Jのプレー実績のある外国人がやらかした事には容赦する必要なしです。

 そもそも、試合が荒れた一端はジャッジの不安定さにいらだたされた事にあるのですから、試合をコントロールする立場である以上、カードでしかコントロールできないのはSRとしてどうかと。
 信用できない主審が増えている中、家本さんは「相対的にマシな方」に入っていましたが、確変期は終わった様です。
 何時だったか、プレミア2部で笛を吹く主審が来ましたが、プレミアでもブンレスでも南米でもいいので、一流リーグで笛を吹く主審にまた来てもらいたい所です。

・「神奈川ダービー」と言うのはもう止めよう

 隣町って言うだけでさして因縁も歴史が有る訳でないし、「タマシコ」の様にクラブやサポが盛り上げようって意図を持って…あちらのサポは冷やかに見てる風に楽しんでる様ですが…「仲良く喧嘩」ってダービーを作る訳で無し。
 昨季湘南も巻き込んでの「SKY」がイマイチ盛り上がらなかったのも、鞠がいたから。
 興行的に「神奈川ダービー」がどれだけ旨味があるのかと。
 日本だとダービーを称するなら、お互いのクラブがどれだけ協力しあうかが問題になりますが、鞠側の「やる気」が見えないんですよ。
 それ程大事なら色々と集客に向けてやるでしょうし、スタジアムの「感じの悪さ」払拭に動いている節もない。
 それどころか「自由席より販売数の多い指定席」なんて何の冗談?な阿漕さは遺憾なく発揮してますし。
 そもそも、鞠がニッパツを使えるのは、シーチケホルダーの実数が日スタの規模に不釣り合いな位少ないからでしょう。
 マックス6万だかのスタジアムから実数15000程度のスタジアムに変更してもチケットを販売できるのは、シーチケホルダーが1万以下、下手すれば企業割当を除くと5000も行ってない可能性がありますからニッパツでも興行が出来る。
 あぁ言うのがokなら、等々力も鞠戦だけアウェー側2階席を指定席にしちゃいましょう。

・バナナをかざす意味

 バナナ問題は浦和の例があるからサクッと主犯を切り捨てして来ましたが、問題の根本をどう解決するのか、あそこのフロントが信用できないだけに、なぁなぁで済まされるんだろうなと。
 結局、浦和の無観客試合の制裁はなんの抑止力にもならなかった訳です。
 村井チェアマンがどう裁定するかは判りませんが、浦和への制裁の意味と今回のやらかしのバランスをどうとるか。
 Jリーグとしてどうするか落としどころを見せてもらう事になりそうです。

 首位浦和が足踏みしてくれたおかげで2点差で済みましたが、鳥栖と鹿島に抜かれて4位と混戦の度合いが増してきました。
 これからの13試合、今回のノボリの様な「やっちゃった」なミスは許されなくなります。
 優勝争いにタイトルの取り方を知っている鹿島が加わったので、より厳しくなりました。
 メンタルの面で弱いところがある川崎ですが、この混戦をどう辛抱しながら勝ち点を積み上げるかですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 天皇杯から中二日、週末のリーグ戦プレビューがメインです。

 トップは首位浦和と再開後調子に乗った感のあるFC東京のカード。
 鳥栖に続けて浦和も喰って貰いたいところですが、更に調子に乗られても困るところです。

 天皇杯3回戦レビュー記事、J2プレビューが続きます。

 神奈川ダービーは最終ページ見開きと裏表紙に。
 あっちは120分やった様ですが、どんなもんでしょう?


 

【川崎】看板役者が居ない等々力劇場  天皇杯3回戦 愛媛FC戦

 等々力の愛媛FCのブースで一平君グッズを買った後、記憶が定かでないのですが、何かありましたでしょうか。
 …と、無かった事になれば嬉しいところですが。

 今回の試合、土曜のセレッソ戦からの完全ターンオーバーとなりました。
 風間さんとしては、出番の無い選手にチャンスをやった訳でなく、酷暑が続く中での連戦で、この試合で使える選手を選んで行ったらこのスタメンになったと言う事でしょう。
 もっとも消耗している選手から順番にベンチ外・ベンチメンバー・スタメンとなった感じでしょうか。
 これをチャンスと思ってアピールできるかは選手次第と思い、そう言った目で試合を見ていました。
 そして、それが成功した選手はごく一部だった事に対するがっかり感。
 スタメン固定せざろうえなかった理由の一端は天皇杯の2試合にありました。
 ある意味、リーグ戦翌日の麻生のTMみたいな感じ。
 なんと言うか、もっとやれるだろ!と思うもどかしさですね。
 等々力劇場の看板役者達に隠れた、いい役者たちが出てくるものと期待していただけに。

 風間さんの試合後コメントも厳しいですが、仰る通り。
 この日のスタメンには「知恵」がありませんでした。
 知恵とは何か? 物事を判断して処理していくロジックになります。
 この日は後ろを中心にベテラン勢が多く、他も可児以外は中堅と呼んでいいメンバーでしたが、彼らをして上手く試合を進めていく「知恵」が不足していたのはどうした事かと。
 べつにボールを出す時・受ける時だけでなく、ポジショニングも含めて、今のフォーメーションではキツいならある程度は独断でフォーメーションを変える様な動きもあって良かった筈なのですが。

・スタメンとフォーメーション

 やれる選手を3-4-3に当てはめたらこうなりましたといったメンツとポジションになりました。
 一時期の「修行」を思い起こさせますが、あの時と違って使える選手は全部使ったと行った感じです。
 表からみるより、主軸の選手達の消耗は激しいのかもしれません。
 正直なところ、今の3バックは関さん時代の川崎山脈ではなく、積極的に攻撃参加を求められるので、ジェシとイガのプレースタイルには合わないプレーを求められていましたし、可児の右ウィングも彼自身槍と言うより攻撃のタクトを振る側の選手なので、ちょっと場違い感がありました。

・前半の見どころ

 山越のドリブル突破以外、まるでみるべき所の無い攻撃でした。
 それでも右サイドに寄せて置いて、左に張ってる山越を使って突破させると行った戦術でやっているのなら判りますが、どうもそんな感じは受けませんでした。
 取り敢えず左サイドでボッチになっている山越にボールを逃がしてって感じですね。
 山越がリターンする相手が居ないのでドリブルで前に運んでいるところで、呼応する右サイドの選手は見当たりませんでしたから、ほぼ山越のアイディアでしょう。
 それを金久保が感じた時は、後ろから追ってパス交換して愛媛守備陣を抜いてシュートまで持ち込んでます。
 ここで決まっていれば、また展開は変わったでしょうが、個人のアイディアだけだと限界があります。

・後半は

 まるで仕事になってなかったモリシとパウロに変えて、リョータとユウを投入した後半はリョータが試合を作ろうとしてましたが、上手く行けませんでしたね。
 この二人の動きが他の選手とは別格だったことから、リズムが合わない。
 この時点で切れるカードは最適でしたが、二人だけで攻撃を完結させる様なシンプルな攻めをもっと見せても良かったかと。
 途中から3バックを止めて4-2-3-1になった様ですが、前半のメンバーでも出来るフォーメーションだったので、選手の判断で切り替えても、裕介をSBに下げて真希を右に張り出させれば4-3-3に近い形になってやりやすさは増えたのではないか。
 後半もやはり右から仕掛ける事は殆ど無く、左を山越と金久保で突破してクロスが目立ちました。
 愛媛が中を締めているので、正面から無理やりせめても搦め捕られるだけなので、サイド攻撃を絡めるのは良いのですが、ここでも山越のクロスに呼応する選手が居ない。
 ノーゴールに終わったのは決定機に決めきれなかっただけでなく、攻めきる道筋が出来なかったのも大きいです。

・山越、金久保との連携が見れた左サイド

 2回戦は後半~延長に入ってバテて動きに切れが無くなりヤジられていましたが、この試合は積極的に試合を動かす側に入っていました。
 前半の得点の匂いのするシーンは山越絡みでしたし、後半もスルスルとサイドを上がってゴールライン近くからボールを入れてと、スタメンで出ていた時期のプレーが見られました。
 3-4-3ノ左SHはノボリがファーストチョイスですが、山越を入れても面白いと思えました。
 金久保との連携も良く、ここが機能しなかったら全く良いところ無しでしたから。

・混迷の右サイド

 ジェシ-裕介-可児のラインはフォーメーション変更するまで整理されませんでした。
 裕介がピリッとしないのと、可児がどこに動くかよく判らず、右サイドで選手が重なったりと効率的な動きが出来てなかったのはいたかったです。
 可児に3トップの一角をやらせるのは、ちょっと違うなと感じてます。
 中に入ってくるとそれなりにやれるようになるので、右サイドから中に絞ってきてトップ下的な形で試合を動かしても良かったでしょう。
 空いた右サイドは裕介が上がったりパウロが張り出してきたりして使えれば、右からの攻撃の形はできますし。
 後半リョータが入ったところで前での起点になれれば、この二人のパス交換でかなりのチャンスが演出できたと思いますが、うまくなかったですね。

・1トップとしてのモリシ

 前半、完全に消えてましたね。
 金久保がゲームメークするのにあちこちに顔を出してましたが、モリシは良いところにいない。
 試合前コメントでも悩んでいる感じがしますが、プレーにもそれが出ていました。
 2トップの様にFW間での仕事の割り振りがはっきりしないのかもしれませんが、左右のウィングがFWではないので中央で1トップとして動く事が重要な仕事だっただろうと。

・可児の使い方

 公式戦2試合目のルーキーである事を思うと、それ程高いレベルのプレーを要求しませんが、ちょっと他の選手に遠慮が見えました。
 本来のポジションであるボランチではなく、3トップの一角と言う事で槍としてゴールを求められるところですが、右サイドから積極的にゴールを狙う感じはあまりしませんでした。
 右では裕介の位置取りでバランスが悪く、中に絞ってくると渋滞のど真ん中に出てしまう。
 金久保のように自分の判断で下がって試合を作る様なプレーが出てくればこの試合で結果を出せたかもしれません。


 今年の天皇杯はまだ暑い最中に終戦となりました。
 他もJ1が不覚をとる結果が出ていますが、正直なところ、この酷暑でキツ日程を戦うにはターンオーバーが必須にも関わらず、2チームを同一レベルで用意できないのが今のJ1上位陣の現状なのかもしれません。
 

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】いよいよ天皇杯3回戦



 もうすぐアップが始まります。
 完全ターンオーバーのメンバーが、どんなサッカーを見せてくれますか。

 画像は愛媛FCのグッズ売り場。
 盛況です。

今日のエルゴラ

 本日行われる天皇杯3回戦プレビューがメインです。
 トップはちばぎん杯以外では久々の千葉ダービー。
 関さんに変わってから調子のいい千葉が、柏相手にどんなサッカーをやるか?

 試合数が多いので、1試合辺りのスペースは小さいのは仕方ないですね。

 ロシアW杯に向けて、今回はGK編。
 流石にエイジは‥‥。

 日曜開催のJ2レビュー記事も有りますが、ページ数はそれなりに。

今日のエルゴラ

 土曜日のJ1レビュー記事がメインです。

 トップは首位の鳥栖-FC東京戦から。
 見事に鳥栖を転落させてくれましたが、順位をじりじりと上げてきてるFCはちょっと不気味な感じです。

 川崎-セレッソ戦は見開きカラー2ページ貰ってます。
 ゴールシーンを集めているので、1つ1つは小さいですが、これだけ見ると本当に馬鹿試合に見えますわ。

 その他上位対決は浦和-広島戦が最終ページ見開きと裏表紙。
 広島は寿人が2試合続けてベンチ外だった様ですが、何があったのか?

 

【川崎】ワンサイドの筈が終わってみれば  ホームセレッソ戦

 前半だけ見れば、序盤のMQNのゴール…一番やっちゃいけないヤツに獲らせるなんて…に倍返し以上にぶち込んでほぼゲームを決めたかと思いきや、終わってみれば1点差で辛勝に。
 お盆の最中やって来たセレッソサポは一杯ゴールが目の前で見れて、いいお土産になったのではないかと。

・スタメンとフォーメーション

 スタメンは前節と変わらず。
 サブには真希とイガが戻ってきました。
 ベンチに並ぶのはDFばかり。 何時からウチは守備的になったのかと。
 FWはモリシが外れたので0。
 今の攻撃陣で途中交代はあまり考えられないし変える時はフォーメーションも弄るので、金久保と真希が居ればなんとかなってしまいますから、仕方がないのかも。

・パーフェクトな前半 走るフォルラン

 序盤のセレッソのフォルランでさえ走りまくる意外な?プレスに対応しきれてないうちに決められましたが、無駄プレスと見切ってからは引きつけてパスで翻弄しつつ相手ヴァイタルに迫って攻撃する形が出来てました。
 あれだけ早いパスがまわり、カットされてもボールは川﨑側で拾ってしまう。
 カットするだけが目的になっているセレッソと、カットされる事も折り込み済でポジショニングしてる川崎。
 セレッソの守備がここまで崩壊してるとは、後半の惨劇を知らない時点は勝手に心配してました。
 セレッソの取る4-3-3って、3-4-3にとっては目茶苦茶相性が悪い相手で、普通にぶつかれば中盤に一人余らされて好き勝手されるもんなんですが、前半だけ見ていると、人が余って空いたスペースにいるのは川崎と、相性以前の展開でした。

・ターンオーバーしたかのような後半 クスの居ないセレッソ

 3点差で折り返し、セレッソが2枚カード替えして落ち着かない序盤に追加点を入れてれば、ダメ押しで完璧に心が折れてたところでしたが、そこで決めきれず。
 セレッソはヤバい時間帯を凌いで息を吹き返し、川崎はまだチャンスはあるとちょっと様子見になってしまった感じでした。
 前半の大量ゴールが無かったら、ここまで油断は無かったのかもしれません。
 クスとキムソンジュンを下げて、扇原と吉野を入れてから、セレッソのプレスが個人頼みの形からそれなりに組織だってのものに変わった感じがしました。
 クスに良い形で持たれてドリブル突破される方が怖いなと思いましたが、あの2枚替えで戦術の整理が出来た様です。
 その当たりの変化に面食らった感がありますが、柏や鳥栖のプレスと違ってしつこくまとわりつく感じがリズムを崩したか、面白くないミスからサイドを抉られて対応するのにゴール前に入ったらファーサイドが空いて、そこを使われるシーンが続出。
 ゴールシーンは最後のフォルランを除けば皆同じ形でした。
 サイドから深く侵入されて、そこからクロスを上げられる所で上手く守れないのは問題です。
 柏もこれをしつこくやられてましたし。
 浦和のサイドを上手く封殺できましたが、浦和はそれほどサイド攻撃に拘るスタイルではないからかもしれません。

・ブレーキの踏み時

 この試合の流れを見てて、一昨年の天皇杯大宮戦がダブりました。
 あの時も面白いくらいに攻撃が嵌まって、イケイケドンドンで攻めまくって大量リードを持ちながら、後半はグダグダになり守備的な交代をしようにも切れるカードがコーキしかいなかった、あの試合と似てるんですよね。
 今回はイナ・ジェシ・裕介と切れたので、何とかユウの5点目を守って逃げ切った形になりました。
 どちらも前半回りすぎて、無理やり回ったツケを後半相手に払わされた様です。
 前半好き勝手できる時間帯に、ちょっと落ち着かせる必要を感じました。
 1点取ったらもう1点ってのは川崎らしい戦い方ですが、段々回りすぎて地に足がつかなくなる様な形になるならブレーキを踏んで回転を落とすのも有りかと。

 ただ、それをやれる川崎は川崎らしくない。
 イケイケで行くなら、相手が心折れるまで徹底的にやりきって欲しいです。
 この試合も後半開始早々のヨシトのシュートが決まってれば、そこで向こうは折れたんですから。
 バカ試合が見たい訳では無く、バカにされる試合が嫌って事です。


 かなりヤバい試合になりましたが、2年ぶり?に5点取ってセレッソを振り切れました。
 セレッソから見れば、4点とっても勝てないのは今の状況を思うと納得がいかないかもしれません。
 これが来月のナビ準々決勝にとう繫がるかは判らないですが、お互いに手の内は判ったので、9/3までにどれだけ今のサッカーを積み上げられるかですね。

 リーグ戦では、浦和は広島に順当に勝ち、川崎も含めた3すくみ関係継続のせいで逆転できませんでしたが、鳥栖はFC東京に負けて入れ代わる事ができました。
 次節は天皇杯3回戦を挟んでアウェー鞠戦。 
 ここで勝ち点が稼げないと鹿島も上がってきている状況ですので厳しいですね。
 勝ち点39になったので残留争いはほぼ脱しましたから、一安心できるかなと。
 16位セレッソが勝ち点19なので、残り14試合で20点(7勝分)上回られる可能性は無いとは言えませんが、一昨年のガンバと神戸みたいなメチャクチャな連中ではないので、多分大丈夫でしょう。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラの価格表示はちゃんと160円になってましたので、駅売りは問題なさそうです。

 J1プレビューが中心で、注目カードに重点的にスペースを取っています。
 川崎は1ページ貰ってます。
 相手は先日BBQやってフラグ立てちゃったセレッソ。
 MQNが復讐を誓っている様ですが、頼むからうちの選手に危害を加えないでいただきたい。

 U-21の合宿レポートも有り、リョータがいい仕事してきた様ですね。
 裏表紙も注目です。

【町田】悪コンディションに苦しむも勝ち点を稼ぐ   ホーム鳥取戦

 台風の影響をもろに受けた試合となりました。
 試合開始前は雨も無く、ちょっと風が強い程度なら問題ないかと思ったのですが、試合開始直前から降り出した雨は一気に暴風雨になり、バックスタンドからメインスタンドが霞んでしまう程。
 降雨量が多かった事もあって、野津田のピッチも水たまりこそ目立たないものの、芝の下に溜まった水はボールの転がりを奪うどころか、フィードされたボールが接地しても弾まずに止まる。
 風は風下からのロングキックは押し戻し、ピッチを転がるボールの軌道すら変えてしまう悪コンディション。

 そんな中、いい位置で貰ったFKを活かして先制できたので、主導権を握って優位に展開できると思いましたし、実際に前半は悪コンディションの中で何とかボールをコントロールしていました。

 状況が変わったのは後半。
 雨も小康状態となり、風こそ強いもののピッチの水はけも進んだ分ボールが転がるようになりましたが、前半苦しみながら試合を展開したせいか、町田側の足が止まってプレスが仕掛けられない様になってから、鳥取が良くなってきました。
 フェルナンジーニョと言う全線で溜めが作れて、フィニィッシュにも持って行ける選手が入った事で、鳥取の動きに連動性が出てきた様です。
 フェルナンジーニョ自身に活躍される事がありませんでしたが、彼を意識した分他の選手が動きやすくしてしまったのかと。
  引き分けで勝ち点をとる事が出来、長野が負けて下との差も稼げたので最低限のミッションは達成していますが、リードしていて相手に主導権が渡りつつある状況をどう打開する、或いは膠着状態に持ち込んで時間を稼いで自分たちのターンに繋げるか、状態が悪い時には悪いなりの試合運びが出来る様になると、この試合も勝ちをもぎ取れたでしょう。

 攻撃的な気持ちのいいサッカーで勝つのを見たいですが、条件の悪いときでも諦めないで戦い続けて結果を持って帰るのも長いシーズンを厳しい昇格争いを戦っていくのには必要かなと思えた試合でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

勇介 岐阜に移籍決定

 やっと勇介がヴェルディを出る事ができました。
 今季のあの扱いでは、出て行って正解です。

 今季のヴェルディは若手中心で行くというころで、片っ端からベテラン勢を切っていきましたが、シーズン前に声が掛からなかった?勇介は飼い殺し状態。
 先月の麻生のテストマッチでも後半15分~20分程度出てきただけ。

 そこまで強引に若手主体に舵を切ったせいもあってか、成績はまるで振るわず。
 J3に行きたいのか?と聞きたくなるところです。

 岐阜と言うのも、いい移籍になったのではないかと思います。
 昨季までのJ2ボトムズから脱しようと上昇指向に入ってますので、使える戦力は使ってもらえるでしょうし、ラモスは監督としての実力は疑問符がつきますが、モチベーターとしての腕は中々のものですので、今季移籍したベテラン勢も上手く使ってますから、いい所を見せればスタメンを掴むのも難しいところは無いでしょう。

 左SBのアレックスと組んだら、どんだけ攻撃的なSBになるのやら(笑)

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で今週は2回発行です。
 がっつり読みたい時にこの仕打ち‥‥。

 表紙はケンゴ。
 絵になりますね。
 浦和戦レビュー記事は開いて2ページにしっかり載ってます。
 しかし、使われた写真がゴール後ばかりって、シュートシーンは撮れなかったのか?
 タニにフォーカスしたコラムも有り、これがホームで勝ったときの扱いでしょう。

 その他注目試合にはスペースを割いてますが、週2回発行の煽りか?J2の扱いはそれなりに。
 大分はコーヤがMOM。
 下位に沈む相手とは言え、しっかり結果を出してますね。

 延期になった広島-鳥栖戦は記事が間に合わなかった様ですが、替わりにユン監督解任に関してページを取っています。
 首位に立っての監督解任。
 後任は監督経験無しのコーチ昇格って、一体どこの大宮かよ?と聞きたくなるような。

【川崎】役者が揃った等々力劇場    ホーム浦和戦

 見応えのあるいい試合でした。
 綺麗に面取りされた新カブの命名で浦和からブーイングされましたが、気持ちは判る…ま、どうせ「カブ!」としか呼ばないだろうし。
 これが鞠戦だったらずっと無意味にチャント歌いまくってイベント潰しに来るところですが、一発で止めた浦和の方がまだ品がありますね。

 それは置いておいて、試合自体は序盤にバカ試合の様相を呈した以外は締まった、好ゲームでした。
 主導権は浦和が握る時間帯が多かったですが、それならそれでカウンターで対抗できるのも今の川崎の強みです。
 ヨシトの決勝点もカウンターでしたから。 手数の少ない高速カウンターとはまた別の相手の空けたスペースを活かした良いカウンターでした。

・スタメンとフォーメーション

 スタメンはレナトが復帰。
 サネもテーピングはしているそうですが、出場可能でした。

 フォーメーションは4-4-2から3-4-3に。
 最終ラインがコミ-タニ-サネ、SHにノボリと森谷と一声掛ければ即4-4-2に移行できるメンバーなので、相手次第で試合中でも使い分けできるのはメリットになりそうです。
 今回は浦和とのマッチアップできっちりと相手についたので、柏戦の様にサイドで優位を作られて攻略される感じはありませんでした。

・序盤の攻防

 開始早々に押し込まれて、タニのクリアをダイレクトに合わされて失点。
 あれはダイレクトに撃った梅崎を褒めるっきゃない感じです。

 浦和に先制されたら後は守り倒されるところですが、いくらなんでも開始2分で守りに入る訳ないなぁと思ってみていたら、あっと言う間にレナトのゴールで振り出しに。
 森谷のシュートがポストに嫌われた時に嫌な予感がしましたが、レナトが良く詰めて決めてくれました。
 試合前にフロンパークのスカパー!ブースで昨季のゴールシーンを見てましたが、あの頃のレナトって本当に軽い感じで蹴っていたんですよね。
 最近は中々ゴールに繫がらないので、ちょっと力が入るのかタイミングがずれた感じだったのですが、このシュートはゴッツァンでしたが、逆にフリーだった事から色々考えずにゴールを狙う事が出来たのかなと。
 このゴールで気分が乗ったのか、普段より守備もしてくれましたし、攻撃では対面の森脇をきりきり舞いさせてくれて、これがレナトだってところを見せてくれました。
 後はFKとCKで魅せてくれれば、完全復活ですね。

・彼の日ではなかった森谷

 レナトが久々にゴールしてやりたいようになってたのと対象に、森谷の日じゃなかったなと。
 3バックのSHなので、守備時には下がって5バック化しますが、SBで無い森谷には最終ラインに吸収される守備はしんどかったかもしれません。
 それでいて攻撃時にはトップのすぐ近くまで戻るのですから。
 こういった試合展開になると、森谷より裕介の方が押し込まれた時に安心感があったかもしれません。
 武岡を獲ったのもこんな時に使えるからなのかなと思ってみてました。
 ユウがカバーに下がりサネがフォローしているので、実際の負担は少ないのかもしれませんが、森谷の持ち味を活かすなら、こっちが押し込んでハーフコートゲームな状況でしょうね。

・異様な?左サイド

 右が浦和の主攻面になった事もあって、いまいちだったのに対し、左サイドはかなりやりたい放題な印象でした。
 コミが左DFに入ってましたが、SHのノボリとポジションを変えながら攻撃時は二人して上がるし、守備時は二人で近い位置関係でしっかり対応と、SB二人で左サイドを押え、その上でレナトがドリブルで突っかけたりロングボールに裏に走ったりとやりたい様にやってましたから、この縦関係の3人を押えられる所はちょっとないでしょう。

・ボールが回らないなら

 ロングボールとカウンターで戦う事への切り替えが上手く行った試合だったかなと思います。
 決勝点も、リキからのフィードから始まってレナトが持ち出し、中央の空きスペースに入ったケンゴに渡されて、右に抜けたヨシトがしっかり狙い済まして決めてくれました。
 あの場面、それまできっちりマークされてたのが不思議とフリーにしてくれました。
 恐らく逆サイドに走り込んでるユウやパスを出しても動いているレナトに注意が向かったのかもしれませんが、調子が悪くてもフリーになればヨシトはしっかり仕事をしてくれます。
 このところゴールも出てませんでしたが、これから調子を上げて行ってくれるでしょう。

 この試合に関しては、ボールが回らない時の戦い方は浦和の方が上手かったですね。
 そんなボール奪取とフィードに長けた啓太と阿部が後ろにいると、彼らを上手くサイドに引き出してスペースを空けさせるような形を獲らないと主導権は握れない感じです。
 何度もボールを奪ってこちらの右サイドを狙われましたが、ここで決壊しなかったのが、浦和に追加点を渡さないで済んだ要因でしょう。
 何度もサイド一杯からクロスを送られましたが、中央でリキを中心に踏ん張ってくれたのが大きかった。
 リキもノッて来ると、好セーブを見せて盛り立ててくれる、いいプレーを見せてくれました。

・指令塔として、ファンタジスタとして

 柏木は本当に怖い選手だと再確認させられました。
 彼に関しては、ミシャもかなりの自由度を与えているようで、広範囲に動いてチャンスメークしていました。
 それでいて彼自身で決めきる力もありますから、厄介な事このうえないです。
 ケンゴやリョータもキツくマークされてもしっかり仕事を見せてくれました。
 双方にこう言った攻撃を操れる選手がいると、白熱した試合になりますね。


 今節は広島-鳥栖戦が台風の影響で延期なった為、今の順位は暫定となりますが、1位鳥栖2位浦和とは勝ち点1の差になりました。
 広島が月曜日に頑張ってくれれば、次節にはトップに立てる可能性があります。
 下位もヒタヒタと鹿島とガンバが勝ち点を伸ばして来ていますので、負けられない戦いが続きますが、まずは次節のセレッソを叩いて勝ち点を積み上げたいところです。
 セレッソとは来月も2試合ありますし、今までの対戦成績が悪かった分今季は完勝して借りを返したいところです。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 明日のJ1プレビューメインですが、川崎-浦和戦を大々的に取り上げてます。
 表紙から2面3面、小見さんコラムにユウのロングインタビューまで、大盤振る舞いです。
 首都圏クラブ同士の上位対決だからなのか?

 その割を喰ったのが、他のカード。
 仕方ないか‥‥。

 後ろのページにJ3首位を走る町田を取り上げた記事も有り。
 ゴールランキングトップを走る孝司にフォーカスしてます。
 ただ、ゴトビさんの写真が重いレイアウトにはめ込まれたのは、ちょっと。

【川崎】日立台参戦記

 久々に参戦記など。

・経路

 いつもながら遠い割りには乗り換え1回で済む日立台。
 今回も田園都市線~半蔵門線で表参道乗り換えで千代田線直通常磐線と。
 田園都市線~半蔵門線って、案外アウェーツアーで使う路線に繫がっているので、かなり便利です。
 ナクスタは渋谷乗り換え埼京線、埼スタは永田町から南北線直通埼玉高速鉄道。
 日スタ・ニッパツはあざみ野乗り換えで市営地下鉄だし。

・往路初徒歩

 今まで往路は何だかんだでバスを使ったりタクシーで乗り合ったりして行っていたところを、結構早い時間に出たので歩いてみる事に。
 復路は100%徒歩だけど、いつも暗い中まわりを囲まれてとぼとぼ歩いていたので、殆ど道を覚えていなかったので、どうにかなるかなぁと思いながらも、最初の目標のマクドナルドの横道を右に入って、後はどこまでも一直線に。
 スマホのナビ機能を使えば迷っても何とかなると思ったものの、時間帯的に暑い中誰も歩いていない道を行くのはかなり不安がありました。

 でも歩いてみるとそれ程の距離でもなく、武蔵小杉~等々力間くらいの感じでしょうか。
 住宅街を抜けてくるので、イマイチ距離感が掴めませんでしたが。

・待機列

 午前中に到着も、待機列は3本も出来ている。
 例によって直射日光で日差しを遮る所に列は無いので誰もおらず、場所を取ったら即駅に引き返し。

・昼飯は

 スタメシはJ3以下で冗談レベルの日立台なので、昼をしっかり食べてと思ったものの、それらしきお店は無く。
 グルメ情報でも見てくれば良かったとちょっと後悔。
 仕方がないので、時間調整も兼ねてガストへ。
 同じ事を思う人が多かったのか?青い人率が意外と高かったです。

・試合前

 例によって椅子の無い狭いゴール裏で小さくなって座って待つ。
 それなりに早く入れたものの、狭くて思ったところに行くまでに時間が。
 災害か事故があったら、ここだと逃げ切れる自信はないですね。
 柏が圧倒的に千葉に負けてるのはスタジアムですよねぇ…。

・試合後

 例によって人の多い道をとぼとぼと。
 何時かここで胸張って歩きたいもんです。
 時間帯から見て食事していると帰れなくなりそうなので、コンビニで水分補給しただけで来た道を戻りました。
 全線で座れて帰れたのだけがラッキーだったかも?

cIMG_4127.jpg

 日立台アウェーゴール裏からの夕日。 雷雲はいなかったけど風もなくもやっとした暑さだけが残ってた。

今日のエルゴラ

 水曜日はJ2レビュー記事がメインです。

 トップは湘南-千葉戦。
 関さんに変わってから見違える様な千葉。
 やはり関さんはジャージ姿で指揮を取るのが一番力を発揮出来るようです。

 上位対決の磐田-松本戦。
 試合後の反町監督の磐田評があまりにも的確過ぎ。
 やっぱり喰えない策士だわ、この人は。

 

【川崎】ナビスコ決勝トーナメントは関西組と

 昨夜ナビスコ決勝トーナメントのオープンドローが行われ、川崎の相手は準々決勝がセレッソ、準決勝はガンバか神戸の勝者と決まりました。

 組み合わせを見たときは「全部関西組かよ」と思いましたが、よく考えると、プレースタイルは川崎とやりやすい相手ですし、何より準々、準決勝共2ndlegが等々力でやれるのは大きいアドバンテージになります。
 ユウのくじ運も捨てたもんじゃ無いですね(^^)

 問題は‥‥この時期の代表戦に誰が拉致されるかでしょう。
 ケンゴ、ヨシト、ユウ、リョータもU-21が有りそうですし。

 その時は残った選手に埼玉スタジアムへ連れて行って貰いましょう。

【町田】藤枝に辛勝?  アウェー藤枝戦

 現地参戦できなかったので、twitterで追っかけていましたがかなり苦しめられた様ですね。

 西に同点ゴールを決められてから藤枝の運動量に相当手を焼いた様ですが、後半ATまで流石に持たなかった様で孝司の独走を止められなかったとか。

 暑い中での試合が続くので運動量の問題が出てきますが、交代選手の多さを上手く使って凌いでほしい所です。
 
 今節、長野がYSCCに引き分けて足踏み状態なので、ここで勝って勝ち点の差を稼げたのは助かります。
 次は野津田で鳥取ですよね。
 鳥取も嫌らしいフェルナンジーニョが加入して戦力アップしているので、何とか叩いておきたいところです。
 しかし、野津田でフェルナンジーニョを見る事になるとは。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】完敗     アウェー柏戦

 やはり日立台はロクな事がないスタジアムでした。
 今回はネルシーニョの老獪な指揮はあったものの、自分たちのスタイルを出し切れなかった事とフィニシュ精度が問題として表面化したかなと。
 柏にしても再開後それ程上手く回っていた訳でないので、嫌な浮上のきっかけを与えてしまった感があります。

・スタメンとフォーメーション

 前節と変わらず。
 ベンチに西部とジェシが入りました。
 ごうさんのお見送り呟き通りに競争が激化している事が判る顔ぶれでした。

・ハードアクシデント

 開始10分で札が負傷退場。
 絡んだのはレアンドロだと思いますが、どんな当たり方をすると左肩が脱臼するのか。
 落ちた時に肩から行って妙にねじれたのか。
 再開後出場機会を得て調子が上がってきていただけに、実に勿体ない怪我です。
 試合中の接触からアクシデントなので、サネの責任ではありませんが、本当について無い。

・ジェシとタニの相性は

 サネの負傷を受けて急遽ジェシが投入されました。
 ベンチの控え選手たちからタッチで送り出されて行ったのは、彼の人柄もあるでしょうがチーム内の雰囲気も良い状況なのが判ります。
 
 ただ、実戦から離れて感覚がずれているのか、タニとのコンビはイマイチしっくり来ていません。
 サネならば、昨季一緒にやった経験がある分良かったのかもしれませんが。
 現状だとCBのペアはジェシ&イガとサネ&タニと言ったところですか。
 色々シャッフルして訳が判らなくなるより、今のコンビで熟成を図る方がいいと思いますが、今回の様なアクシデントでの交代となると、ジェシよりソータの方が個のプレースタイルは置いておいてタニとの親和性は高かったかもしれません。

・レアンドロに完敗

 最初の失点はレアンドロにタニが翻弄されて入れられたクロスに高山…よりによって高山かよ…に中央で合わせられて失点。
 あのシーン、レアンドロの動きに全くついていけてません。
 レアンドロのテクニックにしてやられた感じです。
 裏に抜けようとしたりポストで落としたり中盤まで下がってマークから逃れたりと、厄介な相手に翻弄させるゲームになりましたが、一級の相手とやった経験は次に繋げてほしいところです。

・ケンゴのゴラッソ

 失点直後だっただけに流れを引き戻すのにぴったりでした。
 遠かったので誰からのパスかは判りませんでしたが、森谷だったようですね。
 右サイドに振って相手を寄せてから中央が空いたところをパスを貰ってミドルを撃ち込んでましたが、あんなのをもっと撃つと相手が迷うのでパスワークでの崩しにも効果的かと思うのですが。
 最近ケンゴに限らずシュート数が少ないので、ちょっと気になります。

・リキの不安定さ

 勝ち馬に乗るような試合だと調子よく行けるのですが、こう言った追い詰められる展開だと途端にプレーが不安定になるのは悪い癖です。
 失点シーンはGKノーチャンスだったかもしれませんが、GKの不安定さは守備陣にも影響しますし、アクシデントで急遽ジェシが入っている事もあってかなりバタバタしてましたが、そこを抑えて欲しかったところです。

・サイドの攻防

 柏はサイドアタックとSBの裏へのロングボールを徹底してきて、そこで攻略されてしまった感があります。
 フォーメーションの違いから中盤の人数が多い所を活かして、2列目の森谷と金久保が下がって対応しなければならない状況を作られてました。
 そんな中では前半でコミとノボリにカードが出てしまったのは後半ガツガツと行けなくなった影響か、後手を踏む機会が多かった要因の一つになっていたかもしれません。
 特に2列目は中に絞ってSBが空いたスペースを上がるような形を作るのに、サイドの動きが無いと2トップが相手3バックと直接やり合う形になるので、パスを回すにも出し先が無いシーンが多かったです。
 このあたり、もう少し柔軟にポジションを変えても良かったかと思います。

 この試合、自分たちのスタイルで行けない時にどう打開するか、その部分の考えが共有されてない所を突かれたかなと。
 ピッチにいる人数は一緒なので、相手が人数を掛けて来るところがあれば手薄のところも出来てきます。
 そんなスペースを使う側になれば、もっと高いところに行けると思うのですが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】クッキー 町田へ移籍

 栃木から久木野が期限付移籍してきました。

 この前の試合でベンチに入ってなかったのでどうしたのかと思ったら、もうその頃には移動してた様ですね。

 クッキーと言えば、川崎時代にFW陣が立て続けに負傷離脱したときに、残ったテセと二人で2トップ張って序列は下でも絶対に逃げない気迫を見せてくれたり、横浜FCに期限付移籍してた時は天皇杯で御礼参りゴールを決められて、追い詰められたりした記憶があります。

 栃木でも途中出場でいいプレーをしていたのをスカパー!中継で見ていました。

 相馬さんとは11年に一緒にやっていたのでやり方も判っているでしょうし、いい補強になったと思います。

 野津田でプレーが見れるのが楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 明日のJ1プレビューは首位浦和と神戸の試合から。
 なかなか負けない浦和と勢いの止まった神戸。
 何とか浦和を止めて欲しい所ですが、どうなりますか?

 柏-川崎も2ページ貰っています。
 策士ネルシーニョがどんな策をぶつけて来るやら?
 川崎はやることは変わらないので、前半のうちに点が欲しい位ですね。

 清水ゴトビ監督解任の記事も小さく出てました。

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR