【川崎】来季の為に   ホーム最終戦 広島戦

 優勝にも降格にも絡まず、ただスケジュールを消化していくだけのところ同士の対戦について、世間様の見方はマッチデーハイライトでよく判りました。
 川崎も広島もどこに主軸を置いて戦うか、難しい中での対戦になりました。

・スタメン

 エルゴラの既報通り、特別指定の車屋が3バックの一角に入りました。
 アンカーの位置には久しぶりのイナ。 左サイドは有休のノボリに変わってコミが。

・新フォーメーションの可否は

 恐らく今季初めて試す3-1-4-2。
 イナをアンカーの位置に置き、守備の時は左右のサイドハーフも降りてきて5バック気味に、攻撃に出る時はイナが前に出る事で中盤の二人を押し上げるような形となりました。
 メリットは中盤に人数が掛かるので中盤で遅れをとる事が無くなりました。
 特に前半は広島の攻撃陣が若手ばかりであった事もありこっちの攻撃陣がそれほど引っ張られる事にも助けられましたが、ケンゴとユウが居ない中では有効なフォーメーションになったと思います。
 ここ何試合かで見られなかった、相手PA内にリョータが侵入するシーンも見れ自ら決めに行く機会があれば行く気にさせたのは大きいですね。

 問題は…アンカーにイナが入らないとまるで機能しなくなるところでしょうか。
 イナがあの位置で的確に相手からボールを狩ってくれるので、リョータも真希も前を向ける時間が増えますし、奪ったボールを的確に前に出してくれるので、SHも上がりやすくなってました。
 イナ以外でやろうとすると、恐らくアンカーの左右のスペースを狙われて、2列目のどちらか1人とサイドハーフのどちらかがそこを埋める様になってラインが後ろに下がる事になりかねません。
 鹿島戦の序盤で真希でアンカーをやってすぐにリョータが下がってしまいましたから、あれの二の舞に。

 恐らく、このフォーメーションが最初じゃなくて、中盤で劣勢になる事を防ぎたいがヨシトを下げさせたくない、リョータを前に出して攻撃に絡ませたい、となった時にボランチ二人を2列目に押し上げるにはどうするかとなった時に出てきたんじゃないかと。
 広島の3-6-1相手では尚更。
 このフォーメーションが今後の川崎のスタンダードになるかは判りませんが、バリエーションの一つとしては面白い形だと思います。

・初陣

 特別指定の車屋のデビュー戦となりましたが以前の山越といい、川崎の特別指定は順風ノリノリな場面に出番は無いのかと。
 アップの時から注目していましたが、落ち着いてましたね。
 プレーも左CBを無難にこなし、ボールを取ったら前に展開、付けられるところが無ければドリブルで持ち上がって状況を変える。
 足元の技術もしっかりしているし、冷静でサッカー頭のいい選手だと感じました。
 体も大きいのでフィジカル負けするところもありませんし。
 スピードについてはポジションや役割を考えるとそれを披露する場面は無かったのでなんとも言えませんが、読みが良ければ充分カバーできます。
 勿論、イナやタニのフォロー…ルーキーがルーキーのフォローかよってのは置いといて…ありきな所は有ったでしょうが。 サネのプレーの軽さと言うか気が抜ける弱点が克服されないと、ポジションを追われる可能性があるなと感じました。
 終盤は流石にバテてしまいましたが、難しい状況におかれたチームでのデビュー戦としては充分以上に戦っていました。
 ミスを許されないところで致命的なミス無く無難に終わらせた所は評価していいでしょう。
 ミスを恐れずはっちゃけられたらそっちの方が後々不安です。

・イナが見せたの格の違い

 フォーメーションの所で書きましたが、この日の川崎のキーマンはイナでした。
 経験不足の広島攻撃陣を翻弄し「教育」を施していました。 
 ポイチさんに取っては勝ち点を払っても惜しくない教育をしてしまいましたので、来季にその「お礼」を貰わないようにしなくてはなりません。 
 リョータと真希を前に出した事でヴァイタルを埋め、前に的確なフィードを出す事で起点の役割も果たしていました。
 もっている技術と経験をしっかり見せてくれました。
 経験の少ない最終ラインもイナの存在があったから踏ん張れた感があります。
 前のヨシト、アンカーのイナが川崎のサッカーをしっかり締めてくれました。
 後半は押し込まれて、スペースを消されたのと、試合のスタミナ不足もあって動けなくなってしまいましたが、試合に出続けていればまだまだやれる、そんなアピールとなった試合でした
cIMG_5027.jpg

・GKの格

 前節鹿島戦では守備が軽かった事でノーチャンスの失点をきっした西部ですが、この試合では本来の能力を見せてくれました。
 守備陣がしっかりと仕事をすれば西部は応えてくれます。
 そういった「安心感」はリキには残念ながらまだありません。
 逆境に際して回りに流されずに自分の仕事をこなす落ち着きのあるベテランのプレーで、ブルボッコ状態の後半を1失点で切り抜けてくれましたが、あそこまでがんばった事を思うと残念な結果でした。
 守備陣が押し返したところで攻撃陣が攻撃に出て行ければ。

 リキがあのレベルに達するのに、あとどれだけかかるのだろう?

・ジェシの存在感

 ジェシが終盤入りましたが、押し込まれている時間帯だっただけに何とかなったと思いました。
 そんな絶対的な安心感を持ったCBはそうはいません。
 残念ながら今シーズン限りとなりましたが、彼と一緒にプレーしたサネやタニにいい経験を残してくれたと思います。
 残り1試合、彼のプレーが見れる機会があります。


 賞金が貰えるか否かの位置にいる同士、来季に向けて試す事を試してきた試合となりました。
 今季に得るものも失うものも無い、モチベーションを保つのに難しい試合でしたが、チームも選手も来季に向けてやっていく準備に入った試合だったと思います。
 結果が伴わなかったのは残念でしたが、ここ数試合の閉塞感の無いサッカーを見れました。
 次の神戸戦で結果を持ち帰えって、良い形でシーズンを終えたいですね。
cIMG_5059.jpg

 2年間お世話になった仮スタンド。 

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【川崎】広島戦のフォーメーションとメンバー

 今朝のエルゴラでは書きませんでしたが、扱いの小さい中でちょっと驚いたのがフォーメーションとメンバー。

 メンバーに関しては、ケンゴ・ユウが怪我でノボリが有休で人手不足ってのはありますが、車屋をここで使いますか。
 3バックの左ですが、イガが駄目なら他に人はいませんし。
 なにより選手に与える衝撃度は大きいでしょう。
 ちょっと弛んだ感のある中番から後ろに危機感を持たせられれば、入れる価値ありです。
 どんな化学反応を起こしてくれますか。

 フォーメーションに関しては、メンバー的には、他のフォーメーションもこなせる選手が多いので、車屋か真希を外してジェシを入れるだけで4-4-2に移行できますし、スタメンだけでもコミとイナを下げて車屋をボランチに上げるだけでいけますね。
 何より、このフォーメーションは中の二人を後ろはイナ、左右をコミと森谷で囲んで、下がれないサイドに逃げれない前に出るしかない状況になりますので、そこでどう戦うか。

 このフォーメーションでもヨシトが下がってゲームを作りに来たら、もう勝ち目は無く試合は終わりです。
 それくらいの覚悟で前向いてやって欲しいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】風間監督続投

 こちらも規定路線ではありましたが、風間監督続投が公式発表されました。
 今更放り出されても困りますし、あれだけのものを作ったのをあっさり壊すのは勿体ない。
 今季も解消されない課題はありますし、恐らく来季も課題や問題点は出てくるでしょう。
 ただ、今まで積み上げたものを崩して新しく積み直す危険を思うなら、完成途上の今は継続でいいでしょう。

 今季残留争いしているところは新しい監督が率いたところが大半です。
 徳島は戦力不足が小林監督を持ってしてもどうにもなりませんでしたし、清水はゴドビさん切ってから順位が下がってきました。
 監督交代しても維持できたのは鳥栖くらいなもの。
 ほんとにキツいリーグですよ。J1は。

 来季に向けてお願いしたいのは、より技術を高める事と選手に自信を植えつけてほしい事でしょうか。
 嵌まった時の小気味いいサッカーを継続し続けるには、やってる選手が自信を持ってチャレンジするのが必要だと思うので。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】相馬監督続投

 甲府が城福さんの後任に相馬さんを狙ってると報道が有った時はどうなるかと思いましたが、無事来季も続投が発表されました。
 甲府のフロントに今のサッカーぶっ壊して相馬さんのサッカーする気はある訳ないと思ってましたが、発表があるまでは安心できないのがこの業界ですし、監督が今までと違うサッカー目指して躓いただけで残留争い真っ只中ってのが、今のJ1です。

 相馬さんの今季の出来はご本人も不本意な部分も有ったと思いますし、来季続投は規定ロ路線だったとは言え、J2昇格を逃した事がどう評価されるか不安はありましたが、落ち着くところに落ち着きました。
 色々あって毎年監督が変わってましたが、やはり安定した強さを求めるならしっかり時間を掛けてチーム作りしないと。

 一からチームを作ってきた今季。
 昨季の秋田さん楠木さんの作ったものを、自分のスタイルの合わせてベースとなる部分を作る事はできたと思います。
 ただ、ベース部分のままで行き詰まった所もありました。
 来季は今季のサッカーをベースに相手に対策された部分をケアする事、ベース戦術で上手く行かない時に対応するBプランを作る事、内容はともかく勝ち点拾ってくるCプランも用意出来れば、取りこぼしが減って来季優勝に近づけます。

 今季の選手がどれくらい残ってくれるか、来季どんな選手が加入してくるかはまだ見えませんが、今後に続く見るのが楽しいサッカーの基礎作りと昇格の二兎を追ってほしいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 J1プレビュー記事がメインです。
 浦和の上位対決第2弾、鳥栖戦がトップになってます。
 ここにきて鬼門に当てる、日程くんの妙技畏るべし。

 その他注目カードには紙面を取ってます。
 川崎─広島は…。 
 タイトルもACLも降格も絡まなくなると、扱いもこんなもんかって扱いです。

 天皇杯準決勝は見開き2ページ。
 面積はガンバ圧勝。
 これがJ1とJ2の差か。

 高校サッカー、J2J3入れ替え戦、昇格プレーオフはそれぞれ1ページ貰ってます。


 

今日のエルゴラ

 日曜日開催のJ2最終節の大特集です。
 プレーオフ争いの結末、ホーム最終戦ならではのセレモニー、退任・引退でクラブを離れる人達との別れとスタジアムのドラマも記事になってます。

 同じく最終節を迎えたJ3。
 入れ替え戦争いの長野と町田の試合を取り上げられいます。

 

今日のエルゴラ

 トップは金曜日と同じく首位決戦の浦和ーガンバ戦。
 スコアこそ0─2でしたが、内容は首位決戦に相応しいものだった様です。
 それでも浦和の優位はまだ動きませんが。

 その他のJ1はどこも良い試合だった様で、かなりのスペースを取った所は勿論、都合上割り当てが少ない所も頑張って記事になってます。

 鹿島戦は、あっちのホームだし良いんじゃないですか。
 と言う内容です。

 

J2 リーグ戦が終わって

 J2はプレーオフ/入れ替え戦の関係から、J1より早く今日リーグ戦を終えました。
 昇格へのプレーオフ出場争いは最終節まで決着が付かず、他会場の試合の展開によって条件が変わって来るところからベンチワークもみどころの一つとなり、スカパー!のマッチデーのザッピングを見ていましたが、色々ドラマがありました。

 最終結果から、プレーオフ出場は千葉・磐田・山形。 
 北九州は5位に入りましたがJ1ライセンスが無い事で出場資格がない事に物議をかもす、彼らが望んだ結果となりました。
 3位だったらもっと騒ぎは大きくなったでしょう。
 昇格の希望は無い中、意地を賭けて戦って結果を残した北九州の選手・スタッフ・クラブ関係者の奮闘に敬意を表します。

 準決勝は磐田-山形、決勝は味スタで千葉と磐田/山形の勝者が戦う事になります。
 千葉と山形は水曜に天皇杯を戦う事になっており、準決勝はヤマハでやる事になるので、条件は山形が一番厳しくなっていますが、勢いに乗ると一気に勝ち上がる可能性もあり目が離せません。

 千葉は決勝からですが、天皇杯を戦う事で試合感は維持できるでしょう。
 ネガティブな所では今日の試合で負傷した森本が決勝にスタメンで出てこれるかですが、ケンペスが代役を務められるので、それ程影響はないかもしれません。
 問題は過去2年プレーオフ敗退していて、3度目の正直とプレッシャーが掛かる事でしょうか。 

 磐田は監督の経験値、これが一番の問題でしょう。
 大佐時代から劇的に変わった訳ではないですし、リーグ戦とは違った一発勝負にどう対応するか。

 そして、今季のプレーオフはどこも「昇格」ではなく、「帰還」する為の戦いとなります。
 それだけに今季のプレーオフは特に激しいものになるんじゃないかと予想します。

【川崎】強さとは?戦うとは?      アウェー鹿島戦

 まずは参戦されたサポさん、お疲れ様でした。
 行きの連休初日の渋滞は何とかクリアしたものの、帰りの東関道・京葉・アクアライン全滅な渋滞をもやったまま帰ってくるのはかなり厳しかったです。

 結果から言えば、完敗惨敗の類に分類していい内容でした。
 奇しくも敵将セレーゾ監督のHTの指示は本来川崎がやらなきゃならない事でした。
 風間さんも同じ様な事を言っているんですけれど、監督の指示を忠実に実行できた方に勝利を得た事になります。

 全体を通じて、戦う意志を見せていた選手がどれだけいたか?
 「やられたらやり返す」ってのは、追い詰められて逃げ場が無いから戦うって事ですが、今の川崎はやられたらやられっぱなしで、やり返す意志すら見られない。
 こう言うときこそ、ピッチ上で働かない選手の尻を蹴り上げてでも前を向かせる強い選手がいればと思います。
 ピッチ上でサッカーやるのは選手であって、監督やコーチがボールを蹴る訳じゃない。
 蹴る意志を持つのは選手でしょうに。

・スタメンとフォーメーション
 怪我のケンゴとユウがベンチ外。 裕介も外れてます。
 モリシを1トップに置き、西部が戻って武岡が右SB初スタメン。 リキは怪我なのか?新井がサブに入りました。
 フォーメーションはエルゴラでも言われていて浦和とのTMで見せたアンカーを置く4-3-3。
 ただ、ちょっとやっただけですぐに4-4-2に。

・ボランチの問題
 この試合、川崎のサッカーをぶっ壊す破目になったのはリョータと真希のボランチがまともに機能しなかった事。
 鹿島が柴崎と満男君がしっかり中盤を抑え込んでいたのと比べると、もどかしいプレーぶりでした。
 特に真希がポジショニングもパス選択も「それでいいの?」と聞きたくなるくらい。
 そんな真希にリョータが引っ張られ、後ろから出てこれない。
 いや、真希を言い訳にして前に出てこない様にも見えました。
 そうなると空いた中盤が鹿島に使われ、ヨシトが降りてくると前に人が居ないと悪循環に。
 ボランチが上がらないし、真希はボールを受けても出し手に壁パスだけだったり、サイドに流れてライン際を上がるべきフクのスペースを塞いでしまうとか、両SBが働ききれない状況になるので、鹿島はSBも高い位置を取る様になり更に押し込まれる展開。
 必要に応じて下がるのは文句はありませんが、下がった時に上がる意志があったのかと。

・ストロングポイントとしてのレナト。
 前半は右SHと言うかウィングに入っていましたが、左に偏るストロングポイントの是正も込みで森谷が90分持たない理由があって、右もできるレナトを入れて後半SBに下げる予定で左ウィングがノボリだった様に思えます。
 ただ、レナトの持ち味であるドリブル突破はこの試合は殆ど見られませんでした。
 パスで崩すスタイルの中で、レナトのプレーは良いアクセントとして相手を攪乱し膠着した際の突破口になっていましたが、それが出なかった。
 レナトのケアを鹿島がしっかりしていた事もありますが、レナトを走らせるパスが後ろから供給されない。
 後半左に移っても、裏に走らせたりドリブルさせる様な使い方を誰もせず、パス回しに参加させるってのは、レナトの使い方を完全に間違えているとしか。
 これも後ろが前に出れずにいいボールが出てこない影響でしょう。

・武岡の右SB
 前半は押し込まれていた形で守備に終われる時間帯が多かったですが、しっかり対応してくれていました。
 試合感が無い事は気になりましたが、それを感じさせないプレーぶりでした。
 レナトが前にいた時は連携は殆ど見られませんでしたが、レナトは信用するまでそんな感じですから。
 後半森谷が入ってからは、かなり連携を取っての攻め上がりが見えました。
 リードされているのですからガンガン上がって当然ですが、リスクを負ってのプレーを見れたのは次の試合でも見たいと思わされました。
 彼の様に戦う気持ちのあるプレーが次に見れれば、いい試合になります。

・イナを入れた意味

 サネを下げてイナを投入。
 そこでノボリを前に出して3バックになった様にみえました。
 中盤での争いに後手を踏んでたので数的優位を作る意図があったのかと。
 しばらくはそれで川崎が主導権を握れる形が作れましたが、鹿島を圧倒するには至らず。
 イナが呼ばれた時は真希を見切ったのかと思いましたが、交代はサネ。
 サネのプレーも全般的に軽く気になる所でしたが、ボランチ二人を前に出せる環境を優先したのかもしれません。
 イナも今季限りを言われていますが、プレーぶりを見るとベテラン勢が居ない中では存在感をみせていました。

・鹿島の強さ
 プレーを見る限り、それ程凄いとは感じませんでしたが、やるべき事をしっかりやって来た感があります。
 優勝の可能性が残りモチベーションが高い事もあるでしょうが、このしぶとさが鹿島だなと思います。


 良いところが無かったわけではないけれど、迷走している今を象徴する試合になりました。
 問題は技術が足りないのではなく、やれる筈の事がやれてないと言うところになります。
 川崎対策をされている事はありますが、逃げていては先に進めない、前に出て戦う気持ちをまず見せてほしいところです。
 次節のホーム最終戦、今年の川崎らしいサッカーで勝ってほしいです。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
  

【町田】いよいよ最終節

 長かったリーグ戦もこの試合で最後。 
 現地には行けませんが、30日の予定は空けてありますので勝って次に繫がる事を。

 スカパー!は中継してくれないので、長野の試合を見ながらtwitterで追っかけます。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

いよいよ鹿島戦



 GKのアップが始まりました。

今日のエルゴラ

 久しぶりにJ1がエルゴラのトップに帰って来ました。
 メインは当然首位決戦。
 双方過不足無しに記事にされてます。

 鹿島─川崎も上位対決なのですぐ後に続いてますが、流石にページは1ページ。

 その他の対戦も残留争いのかかるところも含めてページを取ってます。

 J2最終節はそれなりに。

 代表も最後に記事になってます。


 

今日のエルゴラ

 トップはJ2。ホーム最終戦の模様から。
 退任有り引退有りと1シーズンの締めくくりのセレモニーに、今季の終わりを感じます。

 ユースはカップ戦、プレミアリーグ戦の記事が。
 こちらの戦いも終盤戦です。

 終盤戦と言えば、J2プレーオフ争いの4チームの特集も。
 7位大分は相手が湘南であることがどう影響するか?
 星のつぶし合いの無い最終節だけに、意外な波乱があるかも?

 大学サッカーは専修の4連覇、筑波の降格が。

 高校サッカーは組み合わせが決定しています。

 J3は金沢の優勝&J2昇格と最終節に望みを繋いだ町田のレビュー記事で1ページ貰ってます。

 いつにも増して盛りだくさんな内部でした。
 風見鶏にふろん太も出てたし。


 

今日のエルゴラ

 トップは明日のオーストラリア戦プレビューから。
 この連戦ではこちらの試合の方が重要度は上なので、当然かもしれません。

 次にホンジュラス戦レビュー記事が。
 監督が前日までいなかった試合ですし、ゴールラッシュと言われても、どう評価すればよいのやら?

 J1が無いのでJ2レビュー記事はたっぷり…代表に喰われてました。
 山形が磐田に完勝で、プレーオフががぜん面白くなってきました。

 J3は金沢の優勝がちっちゃく載ってました。
 水曜日に詳細有りかな?


 

【町田】2015年シーズンユニフォームと今日のオールスターズ

 ホーム最終戦らしく、2015年シーズンの1stユニフォームが発表になりました。
 画像処理がおかしくて90度回ってしまっているのはご容赦を。

cIMG_4951.jpg
cIMG_4950.jpg

 フィールドプレーヤー用は今季より明るめになり、縦のラインから横のライン へとチェンジしています。
 濃いめの青はこちらに残ってますね。

 割と大人し目のフィールドプレーヤー用とは逆にゴールキーパー用は攻めた感じがします。
 ピンク基調は変わりませんがやや濃いめになり、左脇腹から右脇の下へ円弧を描くようにグラデーションの白ラインで分断されて、下側は濃いめの青にしてフィールドプレーヤー用と同じ様に横のラインが白で入っています。

 どちらかと言うと、ゴールキーパー用の方がデザイン的には好みですね。

 2ndユニフォームは新体制発表会でお披露目になるそうです。

 そしてホーム最終戦と言えば、YASSカレーのオールスターズ。
 今回は皮つき角煮、トントロ、照焼きチキン、合鴨、煮たまごが乗っかってます。
 カレーの方も焦がしチーズをトッピングされてました。
 一応、リーグ戦は今回でお終いですが、再来週の入れ替え戦で出店されたら、まだ食べる機会ができますね。

cIMG_4894.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】前後半は別の顔  ホーム福島戦

 
 ホーム最終戦らしく勝って終わりたいですが、それ以上にプレッシャーが掛かる中勝ち続ける事の大変さを感じた試合でした。
 勝ち点3を取って最終節に希望を繋ぐ事は出来ましたが、試合内容はもっと良くならないと厳しい様に思えます。

 前節同様に、前半は良い形で攻撃が機能していました。
 ボールホルダーにしっかりプレスを掛け、セカンドボールは必ず拾いに競っていく。 
 そしていい感じでドリブルで前に運ぶプレーがアクセントになって、福島も対応に手を焼いていました。
 この時間帯に複数得点が取れていれば、後半はブロックを敷いてカウンターに徹して安全に勝ちに行く選択肢も出来たはず。

 そして後半、前半の運動量が見られなくなり、ボールキープが出来なくなってしまいました。
 ドリブルで上がるところも見れなくなり、福島からするとやりやすくなったのではないかと。
 福島が一人退場した後、福島は運動量を上げていた事もありましたが、数的優位を感じられないプレーぶりはどうかと。
 後半星野の追加点は彼のドリブルから仕掛けて生まれました。
 後半は仕掛けが少なかっただけに、意表をついた感じになりましたが、それが結果に繫がった形になりました。

 後半に動きが悪くなるのがスタミナの問題なのか、リードしているから攻めに行かないのかは、ちょっと判断が付きませんが、前半の様に主導権を渡さない戦い方ができれば結果は付いてくるので、最終節は最後まで主導権を相手に渡さないサッカーをして欲しいです。
 長野も勝って勝ち点差1は変わりませんが、まだ1試合残っています。
 ぜひとも再来週も野津田で試合が見れる様に。

cIMG_4949.jpg

 最終戦セレモニー後の記念撮影風景

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

他人の家を借りるなら

 今年のナビスコ杯決勝は国立が使えないので、埼玉スタジアムに会場を移して開催されましたが、広島サポがちょっとはっちゃけちゃった様で、クラブからペナルティを喰らってました。

 埼玉スタジアムは浦和の城で、浦和関係のものが多数展示されている訳ですが、プレートに養生テープ貼って隠しちゃったのがtwitterで呟かれてたのをみましたが、あれはやったら不味いでしょう。
 浦和が直接場所を貸してくれた訳ではないにしろ、他人のホームなんですから敬意を払うべきところなのになんであんな事をやったのか。
 中立地帯としての国立に慣れていて、 他人のホームを借りる事が殆ど経験が無いこともありますが、だからと言ってやって良い事と悪い事があります。
 やった広島サポもそれ程深い考えがあってやった訳ではないでしょうが、やったらどうなるかも判らなかったとしたら、ちょっと救いが無い気がします。

 天皇杯は日スタですが、こんな事で話題になって欲しくないですね。

 話はかわって、川崎関係で主の居ない埼スタに行ったのは2回あります。
 一回は天皇杯で浦和が愛媛に負けちゃって、お互いにアウェー感一杯で試合やってました。
 あの時は浦和も満員御礼が常態だったので、がらんとしたスタジアムの中でやった感が。
 愛媛サポは試合後東京見物して帰ったらしいです。 今年も東京見物して帰ったのかなl?
 もう一回は大宮の主催試合で1000円?で見せてくれる…定価でも行きますけど…大盤振る舞いで普段とは違って北側の浦和側ゴール裏に入りましたが、やはり何時もの浦和戦とは景色が違ってました。
 浦和サポはこんな景色を見てたのかと。
 試合はPKが2回づつあって、2回共外した側が決めた側に打ち勝つ目茶苦茶な試合でしたし、大宮の観客水増し疑惑が明らかになった試合でもありました。
 浦和戦の満員状態を見ているので、どう見ても半分は居ない様に見えるのに4万人越えの発表に違和感がありましたが、あとからそう言う事だったのかと。


【川崎】 FW ヨシト パトちゃん そしてユウ

・ヨシト残留

 まずはヨシトの残留と言うか、契約更新がほぼ決まりました。
 ふろん太やカブが「大人の事情」な呟きをしてましたが、他のサポから「ウチの営業じゃあんな事できない」ってもんだったようです。
 残留しないなら、残り3試合は他の選手へ実戦機会を与えてほしいと思っていましたが、残ってくれるなら次に?がるプレーを見せてほしいです。
 残る決定打はやはりケンゴの存在だった様ですが、明らかになった他のクラブの条件を見ると金銭だけの問題じゃなく、まだ上を目指してサッカーをしたいんだなと伝わってきました。
 いくら大金を積まれて将来の確約をされていても、今の様なサッカーが出来る保証は無い訳ですから。

 これで一応来季の前線の攻撃の軸はできた事になります。 この軸にユウ、モリシ、ビョンジュンが絡む事になりますが、ここに新たな戦力が加わるのか、森谷や可児の様な2列目の選手が割って入ってくるのか。
 来季の陣容が楽しみになります。

・パトちゃんMVP

 ちょっと旧聞になりましたが、ナビスコ杯決勝でパトちゃんがMVPとなりました。
 それを受けて「ガンバで上達したのに、川崎では云々」と仰るような意見がポロポロと出てきましたが、そんなに急激に伸びたかなぁとガンバの試合を思い出して疑問に思っています。
 元々足元の技術は怪しいところがありましたが、それが上手くなった様に見えませんでしたので。
 川崎では日本の生活に慣れる事Jのサッカーに慣れる事をしながら、更に川崎のサッカーに持ち味をすり合わせるのに手間取ってた感じでしょうか。
 甲府では出場機会は増えましたが、使いこなされるまでには至らずにブラジルに帰る事になりました。

 そして、ガンバが夏に呼んで実力を発揮している訳ですが、これはガンバがやってるサッカーに合ったと見るべきで実力がガンバで伸びたからとは思えない。
 ガンバは元々前線に強いFWを置く事になれていましたし、遠藤はそんな選手を活かす術をもっている司令塔です。
 それに宇佐美が怪我から復調してきた時期でもあって、持ち味の違う二人で相互補完する形ができて相手守備陣を分散させどちらかマークの外れた方が決める、そんなパターンが活かされています。
 ナビスコ杯決勝で言えば、パトちゃんの持ち味が活きたのはもちろんですが、広島の守備がルーズだったのがしてやられた原因でしょう。
 2点リードしてた前半終盤でなんであんなに前がかりに行く必要があったのか、あの時間帯で失点したらどんな影響があるか、広島らしくないと言うか悪いときの広島が顔を出したところでそこを突かれましたね。
 来週、浦和がどんな形でパトちゃんと宇佐美を抑えるかは見物だと思います。
 今日の練習試合でなんか試してきますかね?

・ユウ負傷離脱。

 先月に引き続いて招集されたユウが負傷離脱してしまいました。
 負傷原因はかがーさんに可愛がられたからとか?
 普段一緒にやってない選手が集まるとこう言う事はあり得るので、残念なアクシデントとなってしまいました。
 逆だったら、目茶苦茶叩かれたのかも?

 ホンジュラス戦はスタメンはともかく出場機会はあって結果が残せる可能性もありました。
 後ろに遠藤がいますから、いいパスが出てくるでしょうし。
 ただ、今回は出れませんでしたが、次回招集されないと宣言されている訳ではないですし、むしろ期待されているから連続で呼ばれたのだと見ていいです。
 まずは怪我を直してコンディションを上げる事。
 リーグ戦は最終戦に間に合うかは微妙ですが、ベンチ位には入っていればアジア杯に選出される可能性は高いと見ています。

 川崎的にはユウの穴をどう埋めるか。
 先月呼ばれたときは、モリシが2トップの一角として入りました。
 4-4-2であればモリシかビョンジュンかの争いでしょう。
 ケンゴの状態次第では清水戦の様に4-2-3-1で来る事もありますので、そうなると右ウィングに森谷で可児が絡む事も。
 これも今日の浦和戦で判りますかね?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは本田さん大特集~日本代表の記事へと繋がる作りです。
 ユウが離脱したので、代表はどうでも良いわって感じです。

 そしてプレーオフ争い終盤戦に突入したJ2プレビュー記事。
 ジワジワと順位を上げてきた山形。
 J2実戦経験豊富な石崎監督のコメント入りコラム有り。
 ど新人の名波監督との対比が注目。

 試合のないJ1クラブはトピックスが。
 ヨシト残留が大きく取り上げられています。

 J3絡みではJ3昇格をほぼ決めたレノファ山口が取り上げられてます。


 

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で今週は2回発行のため、火曜日発行でした。

 Jのビッグイベント、ナビスコ杯決勝の大特集でページが埋まってます。
 どうでも良いわという感じです。

 J2レビュー記事もそれなりに紙面を貰ってます。
 プレーオフ争いも活況、目が離せなくなってきました。

 J3は町田の記事無し。
 良い試合だったのに。


 

【町田】プレッシャーに打ち勝ち快勝   ホーム琉球戦

 いい試合でした。
 直接観戦は鳥取戦以来となるので、どんなサッカーを展開してくれるだろうと期待していきましたが、期待を裏切ることなく小気味良いリズム感のサッカーを見せてもらえました。

 序盤のクッキーのPK失敗には嫌な感じはしましたが、その後も試合の主導権を握っていましたし、琉球が攻め上がる時間帯も粘り強く対応して決定機を作らせませんでした。

 この試合で注目してたのが三鬼。
 今ものすごくキレてるなと言う感じがしていました。
 攻守に渡って判断が早く的確なので、サイドをやられて後手を踏むシーンも殆ど無く。
 一段と頼もしくなった様です。

 ゴールシーンはすべて相手を崩してのゴールでした。
 前半は相手のヴァイタルで手詰まり感があって、ゴールまで持ち込めませんでしたが、孝司の先制点から一気に良くなりました。
 崇文の2ゴールも素晴らしく、もう毎試合結婚してもらいたい位。
 遠藤のゴールでほぼダメ押しになった感がありました。

 ただ後半中頃から、琉球がフレッシュな選手を入れて中盤を厚くしてからボールが上手く回せなくなった所を打開できなかったのは気になります。
 恐らく前半から飛ばしてきて体力的に厳しくなってきた事もあるでしょうが、プレスが上手く掛からずボールのキープが出来なくなったところで、相手に主導権を持って行かれ掛けましたが、そこで踏ん張って追加点を与えずに試合を終わらせられたのは良かったと思います。

 前日に金沢が勝っていて、勝てなきゃ終わりのプレッシャーの掛かる中、大量得点で勝てたのは球際に厳しく積極的にボールを前に回して行く事をしっかり出来ていたからと思います。
 今節は金沢も長野も勝ったので勝ち点差は変わりませんでしたが、長野の試合内容がちょっと悪くなってきているようなので、プレッシャーを掛けられたのではないかと思います。

 残り2試合。
 次の福島戦はホーム最終戦です。
 昨季のJFL開幕戦での対戦から何故か福島とは相性がよくありませんが、しっかり勝って最終節藤枝戦に希望を繋いでほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】まもなく琉球戦 今日のYASSカレー

 まもなく選手のアップが始まります。



 今日は牛すじカレーでした。

 

来季のACLは出るべきか?

 今季はタイトルの可能性が無くなった訳ですが、まだ3節残っている試合に向けての目標はACL出場でしょうか。

 今季優勝したWSWとGLで対戦して思った程の強さを感じなかっただけに、上手くやれれば優勝もあり得た?ってタラレバが浮かんでしまいますが、Aリーグとは比べられないJの過密日程に潰されて下位低迷しまった可能性もありますね。
 現状を見ても、ACL出場クラブの最上位は5位川崎。
 セレッソは降格圏内ですし、2連覇していた広島はナビこそ決勝に行きましたがリーグ戦は中位。
 GLで敗退してR16が無かった鞠も二桁順位に沈んでます。
 選手も揃っていて経験もある所でさえ、こんな状況になるくらい過酷でした。

 2シーズン制にCSやらSSが押し込まれた来季は今季を上回る過密日程ですし、ACLの枠が2+2になったらJリーグ優勝と天皇杯優勝でシード枠が埋まり、2位3位はプレーオフに回されます。
 プレーオフは2月上旬。
 1月にアジア杯が入っているので、代表に選手を持って行かれたら殆どチームづくりできずに実戦突入となります。
 リーグ戦も2月末開幕なんて日程ですから、建て直す暇も無く連戦をこなす破目になります。
 今季序盤にメンバー固定して戦う破目になったのも、連戦で色々な組み合わせを試す余裕が無かった事が大きいです。
 ACLをナビ杯GLの様に、若手に実戦経験を積ませたり新加入選手のすり合わせに使えないと、今季後半の様な状況を繰り返す事になりかねません。

 2016年シーズンがどうなるかはまだ判りませんが、2015年シーズンに関してはACLは避けた方が優位に戦えるでしょう。
 国際試合の経験を積んだり選手移籍の口説き文句にできたりと出場するメリットもあります。
 しかし、来季に関してはデメリットの方が大きいと思いますが、いかがでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 明日のナビスコ杯決勝の記事主体です。
 もうどうでも良い話だなぁ感が漂ってます。

 J2は松本─千葉戦をメインにプレビュー記事が掲載されてます。

 

【町田】ブザービート再び  ホームYS横浜戦

 川崎-清水戦と同日開催で時間差も1hと言う事で参戦を見送りましたが、劇的な幕切れだったようで。

 スカパー!のJ3ハイライトでこの試合のハイライトシーンを見ましたが、1点目の李のゴールも良かったですし、決勝の崇文のFKは生で見たら鳥肌がたちそうなファインゴールでした。
 あんなゴールを見れたのなら、清水戦の前半諦めて野津田に行けば良かったと後悔。

 スカパー!で本人のインタビューも放送してくれましたが、アウェーの時のFKのイメージを上手く使った様ですね。
 横浜のGKは良いので、そう簡単にゴールを決めさせてくれませんが、こう言った駆け引きをしてのゴールとなったそうです。
 横浜の壁の作り方も問題で、町田の選手に割り込まれてスペースを空けさせられたところの対応が出来なかったのも有利になりましたが、あの時間に冷静にコントロールしたFKを蹴れるメンタルは流石だと思います。

 この終盤、こんな劇的な勝ち方があると調子も上向いてきます。
 のこり3節、 全部かって長野にプレッシャーを掛ければ何かが起きる気がします。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは月曜に載せられなかったJ1残り試合のレビュー記事から。
 注目試合になった鞠─浦和戦を大きく取りあげられてます。
 浦和側はともかく、鞠の戦いぶりは記事に同感。

 J3は町田の劇的勝利が大きく取り上げられています。
 見たかった…。

 エルゴラ10周年記念インタビューは、やっと風間さん登場です。


 

【川崎】今季終戦

 浦和が鞠に勝ったので、今季の優勝の可能性は消滅。
 ここ2試合の連敗が無ければまだ可能性はあったんですが、今更言っても仕方がないですね。

 残り3節、前に出て勝ちに行け!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルコラ

 表紙はJ1昇格を決めた松本山雅。
 ユニを脱いでアンダーシャツ姿の田中隼磨の背中にフォーカスされてます。

 J1は日曜昼間開催分を掲載しています。 
 川崎も1ページ。 別にこんなに一杯取らなくてもいいのに。

 J2は土曜一斉開催だったので全試合。 
 J1自動昇格の掛かった福岡-松本戦、プレーオフ争いの千葉-磐田戦に大きくページを割り当ててます。
 富山は、地方と言う事もありごく小さく扱われています。


【川崎】必要なもの   ホーム清水戦

 何とも疲れる試合でした。
 2試合連続の逆転負けって、何時以来だっただろう? 
 8連敗の時にあったかな?
 前節アウェー甲府戦であんなサッカーやってたので、ホーム等々力で同じ事にはならないだろうと思っていましたが、多少は戦う意識はあったように見えたものの、やはり大元の部分で変わってなかった様です。

・スタメンとフォーメーション

 ケンゴがスタメン。 
 サネがスタメンから外れ森谷とノボリがベンチ外となり、CBにイガ、左SBにはフクが入りました。
 フォーメーションが4-2-3-1か4-3-3かはちょっと判別できませんでしたが、森谷が居ないのでケンゴがトップ下の位置にはいった形になってます。
 サブには西部が久々に入りました。

・フクが見せた覚悟

 スタメンは久々でしたが、序盤にちょっと様子見だっただけで、すぐにエンジンが掛かった様です。
 元々守備意識は高いものの、プラスして何かが無いとノボリやコミと競争は難しいと思っていましたが、この試合では正確は前線へのロングフィードやサイドチェンジ、足は早くないものの読みと思い切りの良さで守備範囲の広さが目立ちました。
 背が高いのでセットプレイや相手との競り合いでも押し込まれる感じは少なく、ノボリがいるときに狙われる裏もしっかりケアできてました。
 ゴールもケンゴのCKをしっかり捉えたいいゴールでした。 
 清水も警戒はしていたでしょうが、マークが上手くずれた感じです。
 後半も惜しいミドルや、止められたとは言えレナトから譲ってもらってのFKと、見せ場はしっかりと作りました。
 攻撃もレナトとの連携はまだまだですが、レナトを追い越して深く走り込んでいく積極的なプレーも見せてくれました。
 この試合、フクの頑張りが無かったら、見るところがまるでない試合になってしまうところでした。
 フクもチャンスを貰ったこの試合に賭けていたと思います。
 チャンスを活かしたものの、試合結果に繫がらなかったのは本当に残念です。

・イガとリキの問題

 イガが入ったのはノヴァコビッチ対策だと思います。 フィジカルでねじ込まれるとサネだと抑えきれない感じなので。
 その意味ではノヴァコに決定的な仕事はさせませんでしたが、その他がよろしくない。
 なんと言うか、試合間隔が空いたせいなのかプレーごとの判断が良くなくプレーが軽い事、ラインの上げ下げで消耗したのか後半はかなりバテていたようでした。
 リキも甲府戦の悪さをどこまで克服したかと思いましたが、良いときと悪いときがコロコロ入れ代わる安定感の無さが目立っていました。
 二人が2点目3点目の失点に直接絡んでいるのは必然だったのかと。
 ボールの奪われ方が悪かったのはありますが、こういった所で守備陣が踏ん張らないといけない事を充分に知っているベテランだけに、もう少しどうにかならなかったのかと思います。

・リョータとタニの疲労感

 リョータはまだアジア大会を引きずっているのか、プレーに精彩を欠いています。
 いい感じでプレー出来ているところで気が抜けた様なミスをして、それが失点に繫がってしまう。
 シーズンを通じて主力として戦ってきて、終盤で溜まった疲労があるのかもしれません。

 疲労感と言えば、タニもこのところプレーにキレが無く小さいミスを引きずっている感じがします。
 守備の要の様になっていますが、実際はルーキーですからプロのシーズンを送ってきて疲労が溜まっていても不思議ではありません。

 どちらにしても、長い中断期間に充分リフレッシュして欲しいところです。

・ヨシトの不調

 2試合有休でW杯の疲労からリフレッシュ出来ていた筈が、この2試合良くない状況です。
 中盤からボールが入ってこない苛立ちもあるのかもしれませんが、下に下がってボールに絡む時間が長く、ゴール前に集中できていません。
 シュートの精度も悪く、鳥栖戦で水沼にやられた影響が残っているのか?気になるところです。

・ケンゴ出場の意味

 ケンゴとヨシトは本人が出ると言えば外せない選手です。
 やれるかどうかの判断はされていると思いますが、強行出場したのはこの試合は結果が全てだと言う大事な試合だと言う事です。
 その認識が他の選手にどれだけあったのか、気になるところです。
 2点に絡んで責任を果たしていますが、負傷交代と同時に頼る先が無くなってしまったのが見えてしまいました。
 依存度は普段から高いですが、重要な試合になるにつれ依存度も高まってしまうところが改善されないとこの先も苦労しそうです。

・今必要なもの

 技術に裏打ちされた自信は容易には崩れない筈なのですが、チャレンジする様なプレーがこのところ見られません。
 出来る筈の事が出来ずに、なんと言うかアリバイ作りのプレーをしている様に感じます。
 勝ちに行くのにリスクを犯さない様な。

 何を怖がっているんだ。
 プロらしく戦え。
 全員で行くぞ。     by 秋田 豊

 今ピッチに必要なのは、これくらいの事を言って奮い立たせる闘将なんだろうなと。
 今の川崎には居ないタイプです。 
 ケンゴやヨシトはタイプが違いますし、ジェシがかろうじてと言ったところですが根がジェントルマンですし。

 今、鞠-浦和戦をやってます。
 浦和が勝てば川崎は終戦。  鞠が勝ったら鞠に3点差に詰められます。
 等々力でブーイングが出た意味を感じてくれていると思いますので、残り3節、3週間の中断期間でリセットを掛けて納得のいく試合をして欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
 

昇格と降格と

 J1が2・3分散開催と言う事もあって、J2は土曜日開催。
 今節で松本のJ1自動昇格と富山のJ3自動降格が決まりました。

 松本のJ1初昇格おめでとうございます。
 松本の試合を始めてみたのは町田との試合で、この日が野津田初参戦でした。
 天皇杯で浦和相手にクリーンシート勝ちを収めていたので、どんなサッカーをやるのだろう?と気になっていたのを思い出しました。
 試合は町田の圧勝に終わりましたが、数は少なかったものの最後まで熱い応援をしていたサポさんが印象に残っています。
 次に見たのはやはりJ2で町田との対戦。
 ホーム&アウェー共やられました。 特にアルウィンは惨敗と言える程手ひどく。

 プレースタイルは固く守って鋭いカウンターを迷い無くやり続けていましたが、そのスタイルでJ1でも続けられれば一定の成績は上げられると思います。
 ただ、それだけでは手詰まりになってじり貧になるのもJ1。 
 反町監督がどんな形で新しい形を加えていくか、来季の戦いぶりを見せてもらいます。

 そして富山。
 早く始まった讃岐がギラQ相手に引き分けに持ち込んで勝ち点1を積み上げた事で、試合結果に関わらず降格が決まりました。
 富山も町田との試合で野津田で見たのが最初です。
 シーズンも終盤に入り、残留争いの最中での対戦でしたが、負けなければ良い富山と勝つ事が絶対の町田の気迫の差を感じた試合でした。
 J2のボトムズはだいたいどこも似た様な状況だったので、ちょっとした事で順位が入れ代わる状況でしたが、今季もそう差は無く、せいぜい岐阜ちゃんのサイフが潤ってボトムズ卒業した位。
 ヴェルディも都会のクラブと言うだけで経営状況はボトムズ並ですし。
 そんな中、今季は新しい形を作ろうとしたのか、形が出来る前の序盤で躓いてそれをリカバリーできずにズルズルと言ってしまった様です。
 讃岐がJ2初挑戦の中で、徐々に良いサッカーが出来る様になったのとは対照的に。
 J3はJ2より基準が緩い面はありますが、財政的には地元の支えがより大切になる側面があります。
 地元がどこまで支えてもらえるかで来季の戦い方が変わってきます。
 1年でJ2昇格を目指すのか、じっくりクラブを作り直してから再び昇格するのか。
 どちらにしても厳しい道になるでしょうが頑張って欲しいです。

 J2の昇格の椅子はあと一つ。 降格の椅子もJ3で昇格争いしている全クラブにJ2ライセンスがあるので、やはりあと一つ残っています。
 のこり3節でどこがプレーオフに残るか、ヴェルディと讃岐の争いに決着はつくのか、まだJ2は熱いです。

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR