【川崎】矛と矛の切り合いの筈が    ホーム柏戦(●1-4)

 切り合いなら確かにこちらの方が切れ味は上でしたが、忘れてましたよ、あっちはハンマーに刃を付けているんだって事を。
 この試合は前半に向こうが切り合いに来ているうちに先制しておくべきでした。
 前半ATに竹富にゴールを奪われたのは最悪のタイミングでした。
 柏はHTにイーブンに戻った所で前半のやり方を修正してきたのに、ピッチ上で対応できずに逆転を喰らった訳ですから。

 ・スタメンとフォーメーション

 森谷は欠場で武岡が入った3-4-3に見えました。
 車屋の位置がどう見てもSBじゃなくてSHでしたから。
 このフォーメーションだと守備時は5バックになるのですが、レアンドロの1トップに対して守備が過剰になるところと、攻撃時も重心が後ろに残っているように見えます。

・セットプレーで得点すると

 ケンゴが絡むセットプレーでゴールすると勝てないジンクスが出来そうで怖いですね。
 ナビ名古屋戦もケンゴのロングスローで取った1点だけですし、この試合も結局加点出来ませんでした。
 タニのゴールは打点の高いヘッドで素晴らしいものでしたが。

・空転するユウ

 ユウの空回りが始まるともう上手く行きませんね。
 上手く行っていないから更に空転するという悪循環。
 せめて一点とりに行く場面で替えられるのも判ります。
 変わったビョンジュンがイマイチ良いところを作れなかったので、交代させるべきだったかは結果論になりますが。

・バランサーを欠くのなら

 前節負傷箇所を痛めて交代した森谷はベンチにも入ってきませんでした。
 流石に中3日では回復は無理ですね。
 問題は彼が担っていた中盤でのパス&ムーブのバランサーとしての役割をスタメンでこなせる選手が居ない事でしょうか。 
 敢えて言えばヨシトですが、ヨシトが下がると前が薄くなりますし、エルシーニョにそこを埋めろと言うのは役回りが違います。 
 ボランチのどちらかを常時上げておくとしても、そもそも森谷がボールを受けてケンゴなりリョータに返す形でリズムを整えていたので、単独で上がっても意味がありません。
 森谷を欠く場合はヨシトを中盤に下げさせる訳には行きませんから、、前線は全員裏狙いで縦パスを放り込んで攻めきる形をとる事を考えた方が良さそうです。
 しかし、ケンゴとリョータが居てなお不在の影響が見える選手になると、移籍してきた当初には思いも寄りませんでした。

・SHとしてのエウシーニョ

 決して悪くは無く、左のレナトが自由にさせてもらえない時の右からの侵入は攻撃の形が出来るのですが、妙に詰まるんですよね。
 SBだと前にいる森谷やユウが中に絞ればライン際を上がったり、逆に外に張っている時は中のスペースにダイナゴルに入って来るのですが、SHだと前線で上手く絡めないのかはよく判らないところです。

・交代カード

 後半の状況ではカードを切って攻めに出るのは当然です。
 船山投入はあると思いましたが、角田を切っての交代は意表をつかれました。
 攻撃の枚数は減らせないので後ろを削るのは判るのですが、武岡かと思ってたんですよ。
 恐らく、武岡は右サイドから前線までのオーバーラップがあるので外せないので、角田を切ったのかと。
 船山が入って中盤から前線への動きが出てきた時は状況はかなり良くなっていました。

 2枚目のエウシーニョ→健勇は前線に起点を作るのと右サイドからの突破を期待でしょうか。
 この試合での健勇はチェイスも積極的でかなり「良い健勇」だったかなと。
 ただ前線に駒が増えたのに中盤が活かしきれてない。
 柏はレアンドロに当ててのカウンター以外考えてないのだから、もっと大胆に行っても良かった。

 3枚目は攻撃陣で機能してなかったスタメンの3枚のうち、ユウが交代となりました。
 ただなんでビョンジュンを入れたのか、そこを上手く使う術が無いのかなと。
 あの時間帯だったら、多少アバウトでも前に放り込んで裏走ってるFWに勝負させるしかないでしょうに。

・オージー流ジャッジ

 この試合と夜の鞠-広島戦はオーストラリアから派遣されてきた主審が笛を吹きました。
 交換派遣があると聞いた時に「2試合のうちどっちかに当てられるんじゃないか?」と思っていたらビンゴ。
 こんな事が当たっても楽しくないですけどね。

 実際のジャッジは、まぁ流す流す(笑)
 正統な争いでぶつかり合いがあって倒れた程度じゃ笛を吹きません。
 それだけに笛がなった時はそれが納得のいく笛なんです。

 球際を強くと言われて久しいですが、こんな主審だったら倒れても笛は鳴らずに倒れ損になるだけなので、嫌でも球際厳しく行く事になるでしょうね。
 Jの主審の基本的な考え方は「倒れたら笛吹かなきゃならないから倒れるな」ですけど、オージーは「ファールが無きゃ倒れたって関係ないね」ですから。

 ちゃんと当たれば笛は鳴らないと判ってからはより激しく当たるようになりましたが、川崎的には当たって競る前にボールを回せなので、それが出来ずにフィジカルコンタクトで競うような形になった時点で勝ち目は逃げて行った様に思えます。

 甲府戦の勝利で上昇気流に乗って行けると思っていた所に冷や水をぶっかけられる様な敗北でした。
 残念ではありますが、こういった試合は必ずあるんですよね。
 短期決戦と化した2シーズン制の中で遅れをとらない為にも、次節のタマシコは勝って勝ち点3を持って帰る必要があります。
 あの堅陣を崩してゴールするのは難易度が高いミッションですが、やって貰わねばなりません。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
cIMG_6116.jpg
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 トップはJ2マッチレポートから。
 首位決戦だった千葉─磐田戦、敗れた千葉は後退しましたが、まだまだシーズンは長いので、巻き返しは出来るでしょう。

 J1プレビュー。
 柏戦が注目カードに取り上げられています。
 似て異なる両者のサッカーにポイントを置いた構成ですね。

 J2のプレビューはページの関係で1ページにまとめて。

 J3マッチレポートは町田の大勝の要因ととJ22の問題点を記事にしています。

 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートの月曜日。
 日曜日開催のガンバ─新潟戦も掲載が間に合ってました。

 トップは首位浦和から。
 川崎は見開き2ページをカラーで貰ってます。

 

【川崎】メモリアルゲームは完勝で  ホーム甲府戦(〇3-0)

 リーグ仙台戦、ナビスコ神戸戦と遠地アウェーで直接見ていなかった事も有り、久々の生観戦はどんな感じになるだろうかと期待を持って等々力に向かいましたが、期待を裏切る事の無い試合を見せてくれました。
cIMG_5877.jpg
ドールランドでやってたオレンジの皮アート。 干からびるまでの一瞬のアートですね。
cIMG_5882.jpg
フロンタ応援番組の2トップが試合前に檄を飛ばしに2階席まで
cIMG_5892.jpg
小瀬から遊びに来たヴァン君。カブとは何を?
 テレビの画面で見続けたせいか、生のプレーはそのパススピードの高さに驚きを覚えました。
 相手の守備に邪魔されなかったって事もありますが、キレキレな試合になりました。

・スタメンとフォーメーション

 ナビ神戸戦がターンオーバーだったので、仙台戦からは武岡からユウに変わりました。
 フォーメーションは使い慣れた4-4-2。
cIMG_5899.jpg

・甲斐ナチオを突き崩す

 川崎が甲府に手を焼く一番の理由城福さんが作り上げた守備。
 ゴール前に敷かれた堅陣を崩してゴールする難しさはかなりのものです。
 後を継いだ樋口さんは更に極端に3バックに両SHを下げさせた上に3ボランチを置いてきました。
 そしてアドリアーノと阿部の2トップが高い位置でボールを奪おうとしてきますので、守備面では人数を掛けて守りきれますが、攻撃は埋められたスペースをどうこじ開けるかが課題となりました。

 今回もボールを回して甲府守備陣に揺さぶりを掛けましたが、スペースを空けて食い付いてくることもなく縦にパスを入れて崩すシーンは中々ありませんでしたが、ケンゴが上がってきた所で縦パスをガンガン入れる様になってから状況が変わった様に思えます。
 先制点のシーンはユウが受けたボールをPA内で運ぶところを引っかけられた所が起点になりましたが、PKとも取れるプレーだったので、甲府の意識が切れたところでボールを拾ったケンゴが入れた縦パスをヨシトが決めましたが、村上主審がファールをその場で取らなかったのは、ボールをケンゴが収めたのでアドバンテージを取ったんだろうなと。
 ファールで止まるとセルフジャッジしてしまった甲府と、続けた川崎の判断の差だったかなと。

・クリーンシート

 正直なところ、甲府は守備に人を割き過ぎて攻撃に関しては「戦術アドリアーノ」だったので、それ程の怖さはありませんでした。
 ボールを奪って前線に放り込んできたり持ち上がっても、そこからパスをで回したりとかサイドチェンジで空いたスペースを突くとか、それ程の工夫が無いので守備陣が振り回される事が殆どありませんでしたから。
 変なところでFKを与えなければ、あぁ~って事も無いだろうと思ったので、なんと言うか安心感を持って見れていました。
 点は取ってもその分取られるから3点取らなきゃ勝てない状況だったので、今回はクリーンシートで終わって且つ点も取る強者のサッカーが出来たなと。

・誰の日だった? 

 好調でキレキレなのに結果が出ないのがレナトですが、この試合は2ゴールをしっかり結果が出ました。
 後半ATの2点目はドリブルで持ち上がって右足で決めると、左足だけでない事を見せてくれました。
 右も使える様になると相手の裏をかける様になるので、より良い結果を出してくれそうです。

 そしてユウの日ではありませんでした。
 良い動きをしていますし、先制点のきっかけは彼のPA内でのプレーですから。
 そうはいっても上手く結果は出ない試合はありますので次に結果を。

・二つのメモリアル
cIMG_5904.jpg

 本来なら浦和戦でJ1ホーム100勝を達成する予定だったのが、終盤にやってしまったのでこの試合になりました。
 11年と2ヶ月でホーム100勝と言うのは、どれくらい凄いのか比較対象が無いと判りにくいですが、年間ホーム17試合で勝率7割くらいで行かないと達成できない筈。
 それくらい勝ってもタイトルに届かないのは何かが足らないのでしょう。
 次の100勝を積み上げる間には、いくつものタイトルが取れてくれれば。

 そしてもう一つのメモリアルはヨシトのゴール数がカズに並んだ事。
 川崎に来て2年と2ヶ月で50ゴールを積み上げるハイピッチでの達成でした。
 13年シーズンに彼が来た時に100ゴールは2年がかりで出来るかな?と思ってしまいましたが、あっさりとクリアして得点王。
 14年シーズンもW杯に行くためにゴールを積み上げて最後に滑り込み、そして2年連続の得点王獲得。
 良い意味で予想を覆されましたが、こんな覆りは大歓迎です。
cIMG_5912.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】自分たちのサッカー   ホームJ-22選抜戦(〇6-0)

cIMG_5970.jpg

 前節、相模原に完敗してホームに戻っての一戦。
 このところの上手く行っていないサッカーから改善のきっかけとなるか、このまま迷路に入り込んでしまうのか、別れ道になる試合だったと思います。
 「勝って当たり前」「勝ち方が問題」と言われる相手だけに、難しい試合となりましたが上手くやれたと思います。

cIMG_5969.jpg
電光掲示板に画像が出る様になりました。西京極みたいですが制御ソフトとかかわったんですかね?

 序盤は気負っているのかこのところ上手く行っていないからなのか、攻め込んで突っかかっている様な感じでした。
 相手は守備ブロックを敷いてきているのに、その中に飛び込んでしまっている様な。
 意地になって崩しに掛かっている様な、余裕が無い様な感じでした。
 そんな状況の中、混戦している所で孝司のゴールが決まって落ち着きが出てきました。
 クッキーの角度の無い所からニアをぶち抜くゴラッソで追加点を獲って、自分たちのサッカーを取り戻した様でした。

cIMG_5962.jpg
今日のコラボの相手であるバンドーレーシングのレースクイーンのお二人

 後半は完全に自信を持ってプレーする様になり、ゴールを重ねていきましたが、流石にイケイケと飛ばしてた分ガス欠になるのも早かったです。
 このあたりはペース配分を半ば無視していたのでしょうから、それ程心配無いと思います。
 点を取るべき人がしっかり結果を出しましたし。
 フィールドプレーヤーのベンチメンバーは全部変えたのも、連戦で疲労が溜まる事と実戦から離れている選手に試合勘を取り戻させる為だったでしょうが、全員で勝利を掴む形になれたのは今後にいい影響を与えてくれると思います。

・J-22選抜
cIMG_5981.jpg
 ツトさんが指揮を取るJ-22の試合を見たのは始めてでしたが、かなり難しいチームですね。
 チーム戦術の理解度は怪しいですし、そもそも複雑な事は出来ない。
 この試合でも低め位置で守備ブロックを敷いてボールを奪ったらシンプルに前に送って、前がキープしているうちに上がってきてと言ったところでしょうか。
 そのためか、各自のポジションはかなり細かく決められているのか、前を追い越す動きやサイドチェンジと言ったプレーは殆ど見られません。
 経験で上回る町田が主導権を握れたのは当然でした。
 ただ、チームとしては未熟でも、個々の選手の持っている力は五輪代表を睨んでJ1J2から派遣されてきているだけあって、1対1となると侮れないものを持っている選手たちだなと感じました。
 不覚を取る所があるとしたら、チーム戦術を離れて個の力で局地戦をやる破目になった所じゃないかなと思います。

 連戦初戦で快勝しましたが、波に乗って行けるかは次節の戦い方が大事です。
 アウェー盛岡では次に繫がる結果を持って帰ってきて欲しいです。
cIMG_5989.jpg
cIMG_5994.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

J女子マネ受難記事に思う

 先日の浦和戦に等々力に来てくれた2代目Jリーグマネージャーの佐藤美希さんが面倒事に巻き込まれてしまった様で、1Jリーグのサポとしては「馬鹿どもがごめんなさい」と謝るしかないのですが、それに関してyahooのニュースに上がっていたこちらの記事が上がっていました。
 (時間が経ったら閲覧不可になります)

 なんと言いますか、単に面倒くさい鞠サポが面倒起こしただけなんですが、そこからどうしてこうなる?と言う印象がぬぐえません。
 彼らには彼らなりの論理があるのでしょうが、負けたからって情けない真似をして良いってものではありません。
 だからそんな連中を「理解できる」と言うライターの意見には同意できません。
 それなら勝った事を一緒に喜んでくれたと感じる浦和サポはどう理解しているのでしょう。
 佐藤さんはホームチームのユニを来て登場しているんですから、その瞬間は彼女はホームチームのサポーターと化す訳で、応援するムチームが勝って喜ぶ事に何の問題があるのかと。

 Jリーグとしての中立的な立場の人間がやるべきではないと言うのであれば、そもそもスタジアムのピッチに降りて盛り上げ役をやらせるべきではありません。
 そこを一歩突っ込んで会場に来たサポと意識を共有した気持ちを発信させるのは、アピールのスキルが乏しいJリーグにしてはよくやってますし、そういう知らないからこそ出せる素直な感想を出せるから、妙にサッカー知ってるタレントではなく素人の彼女が選ばれた理由でしょう。
 勝った負けたは大事な事ですが、こう言う事はもっとおおらかに見ていく余裕が欲しいですね。
cIMG_5784b.jpg

【川崎】シーズンを通して評価したい試合  YNC GL4 神戸戦(△0-0)

 大分時間が経ってしまいましたが記録という意味で。
 今回も平日遠地はNGだったのでHUBでの観戦でした。

 この試合の評価は試合単体で見るか、シーズンを通して見るかで大きく変わってくる試合だったと思います。
 連休の過密日程も考慮されたのか、仙台戦から半分が入れ代わるターンオーバーとなりました。
 ミシャがリーグ戦とACLでターンオーバーやってACLは上手く行ってないのを見ても、単にターンオーバーすれば良い訳でないのが判るだけに、この試合は単にカップ戦のグループリーグの1戦として見るべきではないでしょう。
 出場機会の少ない選手が実戦経験を積んで、やれた事やれなかった事を踏まえて求められるオーダーをどう達成するかを考える機会になった筈です。
 考えられなかったら、その選手に川崎での未来はありません。
 この試合のメンバーがこの先の試合で貴重な駒となっていたなら、この試合がそのきっかけだったと評価できるでしょう。

・スタメンとフォーメーション

 ミヨッシ、橋本、船山が今季初スタメン、健勇が怪我から復帰、イガはCBにと中ががらりと変わりました。
 フォーメーションはミヨッシをトップ下に置く3-5-2。
 このフォーメーション、トップ下にケンゴを入れたら嵌まりそうなんですが、リョータとペアを組むのを誰にするかが悩ましい事になりそうです。

・耐える前半

 正直連携とかはちょっと酷いレベルでした。
 対する神戸はガチメンで勝ちに来てましたので、かなり押し込まれました。
 あれだけ攻め込まれて無失点だったのは西部のスーパーセーブと神戸の精度の低さのおかげです。
 今回は中はリョータ以外はサブメンバーだったので、完全Bチームの方がまだ上手く回ったかもしれません。
 それでも安易に逃げることなく川崎のサッカーをやろうとしているのは見て取れました。
 相手に会わせて走らせられたところはありましたが、それ以上に神戸が動いていた様で前半終盤は殆どの選手の足が止まっていました。
 流石に中3日の影響は大きかったようで、後半も鋭い出足は無く川崎が盛り返せた一因となりました。

・決めたかった後半

 後半開始時にミヨッシ→エウシーニョにカードを切り、途中橋本→ケンゴ、森谷→レナトとギアを上げるカードを切って行けただけに、疲労の見える神戸相手に決めて欲しかったところでした。
 そういった意味ではカードを切った効果は余りなかったのが残念です。
 
・ミヨッシ公式戦初スタメン

 前半で交代となりましたが、カードも貰ってますしトップチームの公式戦を経験して次に活かして欲しいところです。
 良い形でボールが持てませんでしたが、前を向けた時は持ち味をだそうとしてましたし、枠外でしたがシュートも記録してますので、この経験を次に活かして欲しいです。

・軽かった?橋本

 前半あれだけリョータがマークされるともう一方の起点を担う必要がありましたが、上手く回りませんでした。
 守備的ボランチでないのでアンカー的に守備して鍵を掛けるタイプではないだけに、ゲームを作るのにボールを散らしていって欲しかったですが、神戸のプレスをいなして前線に出していく様なシーンは余りなく、残念でした。
 後半はミヨッシが下がった事でトップ下に入りましたが、前線二人と上手く絡めませんでした。
 一方の健勇はフラフラ漂ってるので出し先に困る不運はありましたが、サイドや後ろを上手く使って流れを作ってほしかった。
 自分でも求められる事が出来なかったのが判っているのか、交代時の悔しそうな顔が印象的でした。
 何が起きてて何をすべきかは判っているでしょうから、次に向けての準備を。

・決めたかった船山

 仙台戦で何かしら掴んだと思いましたが、この試合ではどうだったでしょうか。
 守備に追われてシュートまで持ち込めない前半はともかく、後半は割とやれたと思うのですが。

・車屋対高橋

 この試合での左サイドの攻防はなかなかでした。
 SH裏のスペースを神戸が狙ってたので車屋にはしんどい攻防でしたが、何とか抑えきった感じです。
 2ndステージでもやり合う事になるでしょうが、その時は圧勝で。

・漂う健勇

 新潟戦は確変だったのか、まるで良いところ無くサイドに流れていました。
 船山との位置関係や役割分担はどうだったのか、よく判らない。
 若手とは言えそれなりにキャリアのある選手なので、前線を引っ張る所が合っても良かったのではないかと。
 ユウが復帰した現在、このままだとFW3番手は船山になっていてもおかしくないだけに、もう一つ上の所を見せてほしい所です。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
cDSC_0501.jpg

HUBにて。 試合前の腹ごしらえと言う事で。


  

今日のエルゴラ

 神戸戦の記事を書く前にやってくる金曜日。

 トップは終盤戦となったACLグループリーグ。
 柏が安定した成績で1試合を残してGL突破。
 ガンバは次節勝てば突破、鹿島も可能性を残した今節。
 浦和はどうした?

 J1プレビューはACLにページを取られた関係でJ2並みの圧縮構成。
 川崎は1/6ページしか貰えず。
 貴重なスペースは神奈川ダービーに持って行かれました。

 J2プレビューは首位決戦の千葉─磐田戦をメインにしています。

 ナビスコのマッチレポートはそれなりの扱いで。

 

 

今日のエルゴラ

 トップは今日開催のACL2試合のプレビュー。
 勝てばGL突破の柏と最終節に希望が繋がるガンバ。
 意地を見せてほしい所です。
 浦和はなあ。

 続いて日曜日開催のJ2マッチレポート。
 カズさんが決めると勝てないのも横浜には辛い所ですが、結果を出してるカズさん流石です。

 ナビスコのプレビューは見開き2ページ。
 俊輔復帰で鞠がデカい顔で面積とってるのは少々ムカッときます。
 川崎はこの予想スタメン通りなら、生観戦出来ないのが残念。

 J3は相模原戦のマッチレポート。
 記事される位弱点を見透かされてるとは。

 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートの月曜日。
 首位浦和から上位陣中心の構成です。

 そんな中、4位浮上の川崎は見開き2ページと良い扱いです。
 仙台戦は比較的上位対決でしたし、この位は。

 ACLの火曜日開催分のプレビューも有り。
 とにかく勝て。

【町田】老獪さに屈す    アウェー相模原戦(●2-1)

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 近場で多数のサポさんが参戦されましたが、厳しい結果となりました。

 キックオフ直後のセットプレイからの失点で追いかける展開になったのが全てだったと思います。
 時間的に取り返せる状況でしたが、相模原の町田へのプレスでやらなくていいミスをやらされて攻撃に掛かれなかったのがリズムを崩した原因でした。

 相模原はボールを前に出すときに高原に当てる、町田が奪いに来たらフリーになっている高原にボールを預けるのがお約束だったようで、それを徹底していました。
 高原は競ればほぼ勝たれるし分が悪ければ相手を誘うので、ファールで止める様になりカードを出されて余計に手が出なくなる悪循環で、余計にリズムを崩した感があります。
 そしてボールを奪う位置が低いので、そこからの攻撃に時間が掛かって相手に対応されてしまいます。
 速攻でなければならないと言うわけではありませんが、遅攻で相手を崩して攻めきる手段が取れないなら、追いかける展開では手数を掛けずに攻めきって相手を揺さぶるのも有りだと思います。
 後半直後に生まれたクッキーのゴールも素早く攻めきってのものでした。
 あの時間帯に1点差にされた事で相模原側が浮ついている間にもう一押しできていれば、この試合はどうなるかまだ判らなかったでしょう。

 上位との対戦でしたが、勝てない理由は無いだけに惜しい結果となりました。
 次に相模原と当たる時は順位がどうなっているかは判りませんが、勝って五分に戻しましょう。

 次節はJ-22選抜。
 どんな選手が選抜されてくるかは判りません。
 J1J2も過密日程でベンチ入り常連レベルの選手が出てくるか可能性は少ないですが、連携が甘いだけで持っている能力は高い選手達のチームですので、油断せず勝ち点3を獲りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

 試合内容とは離れますが、勇介のプレーを久しぶりに見る事が出来ました。
 川崎時代と違って自ら仕掛けてガンガン上がる様な事は無く、若い選手に任せて自分はフォローに回る様なシーンが多かったのにちょっと驚きです。
 少ない動きで最適な場所にいて少ないタッチでボールを回していく。
 かなり余裕を持ってプレーしている感じがしました。
 高原もですが、J3に居るレベルの選手では無いですね。

DSC_0537.jpg

【川崎】殴り合いで鬼門粉砕  アウェー仙台戦(〇2-3)

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 今回は参戦できずスカパー!観戦でしたが、こんな試合になるとは。

・スタメンとフォーメーション

 スタメンは浦和と同じ。
 ベンチにはユウが復帰、橋本もベンチに入りました。
 代りにコミと真希が外れています。

 フォーメーションはケンゴをアンカーにした4-1-4-1と言われましたが、見た感じはエウシーニョを前に出した3-1-4-2と3-4-3の中間の様な感じでした。
 このフォメは前半のみ。 後半開始で船山を入れて4-4-2に変更しています。

・ポゼッションし過ぎ?な前半

 川崎がボールを保持して押し込み、仙台はなるべく高い位置でブロックを構築して固く守ってからのカウンターの形でこの試合は推移していました。
 川崎相手だと、自分たちのスタイルをちょっと変えてもハイプレスに来る所が多い中、 仙台は自分たちのスタイルから来た様で、川崎もボール保持はできていましたが、ブロックを崩しに揺さぶっても中々ブロックの中に入れない中、ボールを失ったところからカウンターで失点。
 失点自体はタニがクリアした先にウィルソンがいたのは半ば不運でしたが、そもそもの取られ方が悪かったし、ラストパスを入れたのは厄介な野沢の様でしたが、安易に入れさせるのも不味いです。
 2列目のインサイド二人が両方上がっちゃったところで戻りきれずにいたのはバランスの悪さを感じました。

・押し込みが効いた後半

 前半にビハインドを負った事で、仙台が優位に試合展開していく感じがしていましたが、後半開始から船山を入れた4-4-2に移行し、最終ラインの裏狙いで駆け引きを始めてから前線が活性化した様に思えます。
 そのあたりから仙台のボックスが緩くなって来た様に見えました。
 ただ、ユウの同点ゴールあたりから仙台も撃ち合いに出てきた来ていたので、方針変換があったのでしょう。

・角田vsウィルソン

 試合を通してずっとやり合ってましたが、見応えのある対決でした。
 スピードはウィルソンが上ですが、角田も読みの良さとポジショニングでウィルソンを封じに掛かり、ウィルソンにほぼ仕事をさせずにディレイ出来ていたところは流石です。
 失点シーンはちょっと残念でしたが。 

・ユウ復帰即ゴール

 風間さんが切った2枚目のカードは森谷→ユウでした。
 同じ右SHに入りましたが、バランサーとして中盤にいた森谷からゴール前に右から侵入するユウに代わった事で、最終ラインの裏を更に脅かす事になりました。
 ただ、中盤を支えてた森谷の仕事をヨシトも請け負ったので、1.5列目的な位置取りが多かったです。
 もっともそこにいたのでユウとレナトのゴールをアシストできた訳ですが。
 ヨシトからのパスを一端外に持ち出してから切り返しで対面のDFを外し、その背面を通したシュートは見事でした。
 あの位置だとGKも蹴った瞬間は判りませんので、対応しきれませんでした。
 怪我明けを感じさせないプレーを見せてくれたので、次節はスタメン復帰の可能性ありですね。

・機能した交代カード

 ユウは同点ゴールを決めましたし、船山も後半ATの持ち上がったところはゴールを決めて欲しかったですが、後半早々から投入されて裏を狙う動き繰り返しリョータのスルーパスに反応してのシュートも入っていれば、一気に流れを持って来れる所でした。
 シュート精度が気になりますが、ヨシトやレナトも決まらないときは本当に決まらないので、交代で入ったからには積極的に行って欲しいです。
 そして3枚目はレナト→イガと守備固めに。
 浦和戦で最後に追いつかれた事もありますが、撃ち合いモードで落ち着かないところで、守りきらせる意思を伝えた形になりました。
 イガが入った後のフォメははっきりしませんでしたが、仙台に押し込まれてたので、イガは最終ラインに入りましたかね。

・ヨシトの役割

 4-4-2で森谷が下がった事で、トップ下のスペースをケアする選手が居なくなりましたが、そこにヨシトが入ってくれたので、チャンスメークできました。
 ユウへは中から外に、レナトはピンポイントの縦パスでアシスト。
 前線が皆裏を狙うタイプなので、いいパスが入ればゴールは近い。
 最後にはストライカーの仕事で試合を決めて全得点に絡んでいますが、ちょっと自分の仕事に集中できていない感じがするのが気になります。
 ケンゴやリョータからヨシトにいいボールが出てこないのですが、中盤が安定すれば解決するでしょう。
 いや、解決させて下さい。

 前節、浦和戦を勝ちきれなかった事でこの試合は勝つ事が重要になりましたが、鬼門を制して勝ち点3を持って帰る事が出来ました。
 先制されたとは言え、試合内容では仙台のゲームプランをぶっ壊して彼らの本意ではない撃ち合いに持ち込めたのが勝因でしょうか。
 終盤の1点リードを守りきれたのは浦和戦の経験が活きてますね。
 連休の連戦の初戦なので、勝って弾みを付けたいところで鬼門突破出来たのは大きいです。
 次は22日のナビ神戸戦を挟んでホーム甲府戦。 
 調子が上がってこない相手ですが、昨季は勝ちがないだけにきっちり勝っておきたいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 週末の試合のプレビュー。
 ここからの連戦をどう乗り切るかで1stステージの立ち位置が決まる事に絡めて、トップ3とボトム4にフォーカスしています。
 ガンバに抜け出されると厄介なので、湘南に意地を見せてほしい所。

 仙台─川崎は1ページ。
 春角田さんをメインのコラム。

 J2プレビューもそれなりにページ貰ってます。

 巻末ページにF東のコラム。
 首位様らしい扱いです。
 金曜日にやる企画かなとは思います。

 

【川崎】浦和戦は負けフラグが…。

 終わった試合をどうこう言っても結果が変わるわけも無いですが、浦和戦、一杯フラグが立ってたんですね(笑)

・前座試合に…

 前座としてフロンタ全世代最強のU-12が浦和ジュニアユースと対戦。
 面白い試合で、2-1で勝利。
cIMG_5778.jpg

 ただ、ユースッ子が勝つと、後からやるおじさんたちはイマイチ振るわないんですが。
 とは言えゴールを決めるとGゾーンに走ってくるのはしっかりDNAが根付いている証拠でしょうか。
 線審に怒られて急いで帰るところが可愛いです。
cDSC_0514.jpg

・マネージャーが来ると

 この試合二代目マネージャーさんがいらしてました。
 流石に今回は本職のモデルさんだけあって、綺麗な方でした。
cIMG_5783.jpg

 先代のマネージャーさんの時は来場すると川崎は勝てない率が高かったのですが、負けずに済んだのはこの方の檄のおかげか?
cIMG_5790.jpg
 新潟戦でもわざわざ二階席まで来てくれたんですよね。
 綺麗さじゃJリーグに負けてないわ!

・始球式

 ヒーローとは言え、サッカーは素人さんですので、外すのはご愛嬌ではありますが、神戸戦の芸人さんがやらかした轍をここでもですか。
 しかもマッチスポンサーの商品ぶっ壊すし。
 しばらく突っ立ってましたが、流石に中の人も途方に暮れたんじゃなかろうか?
cIMG_5806.jpg

 これだけフラグが立っても、入場者記録は更新して
cIMG_5844.jpg
 引き分けで終わったのは、そう悪い話しではなかったのかもしれない。
cIMG_5846.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 試合が無くJ2マッチレポートも無い水曜日。
 トップは序盤戦ベストイレブンから。
 F東から大量4人が選出と、首位になると扱いが違います。
 川崎も選出有り。

 データから見たランキングも有りましたが、ブンデスリーガとの比較はちょっと?

 取り敢えず、走行距離が長ければ良いって話しではないですね。
 データでは何のために走ったかは出てきませんから。

 Uー18プリンスリーグも2ページ貰ってます。

 J1マッチレポートは月曜掲載に間に合わなかった川崎と鹿島が1ページづつ貰ってます。

 J3は町田─鳥取戦のマッチレポート。
 宮崎は何故途中出場だったかをテーマに記事が構成されてます。

 金曜開催のJ1の1試合のプレビューが有るのは、関西は火木土発行だからでしょうか。
 試合は金曜でなく木曜開催でした。 申し訳ありません。 

【川崎】好試合だっただけに   ホーム浦和戦(△1-1)

 今季初の上位対戦。
 今季ベストゲームになれる試合でした。
 もの足りないのは結果だけ。
 何故こうなったか、次に繋がる試合にして欲しいところです。

・スタメンとフォーメーション

 ナビ清水戦で健勇が負傷離脱したので、健勇の穴を誰が埋めるのかが注目でしたが、単に同じポジションでの交代ではありませんでした。
 3バックで右に武岡を入れ、エウシーニョと車屋をSHに上げた3-5-2の様でしたが、エウシーニョが前線に近いところに張って、疑似3トップの様な形に。
 中盤は森谷とリョータが前目でケンゴがアンカーの様な構成と、浦和とギャップが出来ない形になっていました。
 前半はこの形がかなり嵌まりました。
 後半に浦和が攻撃のカードを切って圧力を強めていましたが、SHが下がった形で守備が踏ん張れていました。
 そのまま凌ぎきれれば…。

・攻撃か守備か

 この試合に関してはかなり川崎としては守備的な形から入ったと思います。
 このあたりはナビ清水戦や新潟戦と同じく相手のプレスを受けての形でしたので、何とか凌げれば次が見えてくるのですが、浦和相手だとそう簡単に遣らせてくれませんので、そこが心配なところでした。
 浦和に後ろから繋がせない様に西川のGK時には、ヨシトとレナトが左右に開いて中を森谷とリョータが上がってくる4トップでマークしてロングフィードさせてました。 
 ここでボールが奪ってショートカウンターに入れれば崩せたのですが、中々上手く行きません。
 西川のロングフィードの精度が凄まじく、ライン際の選手の胸にぴったり合わせて当ててくる。
 トラップしやすいボールなのでそこから最小手順で攻勢に出れるのですから。
 今の日本のGKではナンバー1と言っていいモノを見せつけられました。
 西部も後半圧力を増した前線を避けるのにロングフィードを多用しましたが、精度もさる事ながらターゲットになる前線が居ないので、イーブンで浦和の最終ラインと競う羽目になったのはちょっと不利でした。
 ユウと健勇が居ないので競れる選手が居ないのが効きましたね。

・オプションとしての崩しはOK

 森谷の今季リーグ戦初ゴールは車屋が0.5点くらい持って行ってもいいかな?と思える崩しが嵌まりました。
 ナビ清水戦でも同じ形になりましたが、清水戦より深く抉って持ち込んでの速いパスは相手にとってはかなり脅威です。
 サイドを深く抉ってのクロスは川崎らしくない崩しではありますが、こういったオプションも有りだと思います。
 この試合ではヨシトが嘆く様にサイド一辺倒になってしまった感があるのは残念。
 サイドに引っ張っておいて真ん中を突く形も混ぜられれば、追加点取って終われたでしょう。

・リョータ対柏木

 この試合、ケンゴが後ろにいる事も合ってリョータがメインになっていましたが、ここに絡んでいたのが柏木。
 リョータの攻撃を押えに掛かっていましたが、リョータをマークするという事は、柏木が攻撃に絡むときにリョータがいる訳で、柏木を攻撃に専念させなかったのは効いていたと思います。
 後半柏木がリョータを捨てて前に出る様になってから、攻勢が強まったのはある意味当然かもしれません。

・車屋対関根

 サイドの攻防も中々面白いものがありました。
 マッチアップで車屋が勝てていたのですが、最後のFKを取られたところは関根の上手さが出てました。
 車屋をサイドから中に入らせて決定機を作らせなかった意味では関根に引っ張れた感があります。
 浦和も面白い選手が顔を出してきました。

・交代カード

 森谷→真希の1枚のみ。
 試合展開から見て他に切れるカードは?となると難しい。
 もう1点取れてれば守備的にカードを切るのもありですが、浦和相手に1点で終われる訳がないのはお約束なだけに、攻撃陣に手を付ける訳にも行きませんし、守備を削ってまで攻撃に出るほど追い詰められた訳でもありません。
 押し切るにも守りを固めるにも中途半端な状態に陥ったと言えます。
 もし交代するならと考えると交代させる選手が難しい所ですが、終盤の押し込まれ具合を見るとアンカーの位置にケンゴは怖いのでここに守備的な選手を置きたい所でした。
 守備的ボランチがベンチに居ないので、イガかコミを入れて角田か車屋をアンカーに入れる形でしょうか。
 直接交代なら昨季のソータの様にイガをアンカーに入れてもいいのですが。

・ケンゴとヨシトの位置

 この試合だけのポジションだと思いますが、ケンゴがアンカーの位置にいるのは前線から遠すぎです。
 負傷明けからロングフィードの精度が以前のレベルに戻っていないのでこの位置では怖さが無く、もっと前トップ下あたりでヨシト・レナトと近い位置でプレーした方が決定機を作れそうです。
 リョータと森谷が中盤を作って車屋に中に絞らせれば、中盤で後れをとる事もありませんし。

 ヨシトについてもこの試合は居るべきところに中々いないなと感じました。
 本人と森谷のコメントにもありましたが、ヨシトがサイドに流れたり後ろに下がっても中に残る選手が居ないので、前線の圧力が減ってしまいます。
 ここはコメント通り森谷が中から外に出る形で、ヨシトを中におけば相手守備陣の食いつきが違います。


 ここ何試合かを見ると、妙に苦しんでいる感がありますが、今までと違う形を作ろうとしている様に見えます。
 相手がハイプレスを掛けてくるのが常套手段となってきているので、それをいかに剥がして前に出るかを模索している様に思えます。
 相手を剥がすのになんらかの約束事に従っているのなら、苦しんでいるのも判る気がします。
 剥がし方も相手を動かして空いたところを突く様なやり方なのかもしれません。
 だから空いたスペースに顔を出せるリョータと森谷が居ないと厳しくなるのでは?


 今週は水曜に試合が無く週末に上位仙台との対戦になります。
 守備が堅い上に鬼門と、いい目は出ませんがなんとか勝ち点3を。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 J1J2マッチレポートなんですが、時間の遅かった川崎と鹿島は水曜日掲載になってます。

 湘南が引き分けに持ち込んでくれればねぇ‥‥。

今日のエルゴラ

 トップはACLから。
 今季初めて負けが無かったからここにはめ込んだんてすかね?
 浦和も今季初勝ち点だったし。

 ACLに押されてJ1プレビューが後に回ってます。
 川崎は結構良い扱いです。
 浦和戦ですし、注目して貰わないと。

 J2プレビューとナビスコマッチレポートは寂しい扱い。

 裏表紙は最近移籍で話題な川向こうの彼。
 どこに行ってもがんばれ。

 

【川崎】信じるものは有りや?  YNC GL3 清水戦(〇0-2)

 4月とは思えない寒さと強風の中、現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 流石に平日アウェーには行けなかったのでHUB観戦でした。

・スタメンとフォーメーション

 新潟戦と同じ。
 ベンチはミヨッシに代わって橋本が入りました。
 フォーメーションは4-4-2。

・我慢比べの前半

 新潟と同じく高い位置からプレスを掛けて来た清水に押し込まれ、良い形が作れませんでした。
 ボールを奪って前に付けても前線で相手守備陣に引っかかって決められず、逆に決定機も作られそこで決められていたら、そのまま一気に試合を持って行かれる所でした。
 双方の攻撃陣が決められないのを守備陣が我慢して過ごした感がありますが、どちらかと言えば清水の攻勢に晒されている時間が長かった川崎の方が分が悪かったです。

・差がついた後半

 一転して後半は上手くプレスをかいくぐってパスが回るようになり、清水を押し込む時間帯が増えました。
 最終ラインがセンターラインを越えて行ける位相手を押し込めると選手間の距離が良くなり、更にポゼッション出来る様に。
 それだけに2点だけと言うのは寂しいですね。
 もっと取れた筈ですし、そこが上手く行かないのが今の問題だと思います。

・初ゴール

 森谷の今季初ゴール、エウシーニョのナビ初ゴールはどちらもいいゴールでしたが、崩しきったと言うより向こうが勝手に崩れてくれた感がありますが、相手の状況を良く確認して的確に蹴ったのが決まりました。
 どちらも殆どプレッシャーは無く、落ち着いてプレーができたのが結果に繫がりました。
 あの状況ではリキはノーチャンスですね。
 森谷のゴールは左サイドからの車屋のシュートを弾いた先に森谷がいましたし、エウシーニョがドリブルで突っ込んでくるのにDFは3人もいるのに並走するのみで、強制的に1対1になりましたから。

・信じるものは?

 この試合を決めたのは、文字通り信じるべきものをもっているか否かだったと思います。
 川崎の場合、信じるものは個々の技術です。
 技術に裏付けされた自信を持ってプレーが出来るかが鍵となります。
 この試合でも清水に押し込まれた前半、慌てずにじっくりと守備で踏ん張る事が出来たのも、拠り所があって逆襲に出れると自信があるからでしょう。
 清水にはそれが何なのか、この試合からは見えませんでした。
 前半、西部との1対1を止められた枝村の表情が、悔しいとか次は決めるとかって意志が出てなかったんですよね。
 大前も自信が無い表情でプレーしていました。
 勝ちたいと言う感じより負けたくない意識が強く、プレーを萎縮させてる様に思えました。
 今季、清水の試合は見れていませんが、調子が悪いわけでないのに勝てないのは、こう言った所に原因がある様に思えます。
 
 日曜はホーム浦和戦。
 あちらはホームで北京と1-1のドローと相変わらずACLでは低空飛行ですが、リーグ戦では何故かやる気が出る困ったちゃんぶりを見せていますけれど、ここで国内にも逃げ場は無い事を判らせる様に黒星をつけてやるべきでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 J2マッチレポートの水曜日。
 表紙はやはりキングカズ。
 試合は磐田の勝利でしたが、この試合では引き立て役です。

 悪天候にみまわれてゲームプランが狂ったり、観客動員数が思わしくなかったりと、大変だったようです。

 ACL水曜日開催分のプレビュー。
 昨夜はどちらも初勝利で終わったので、今日も続いて欲しいですね。

 ナビスコプレビューはちょっと寂しいです。

 

今日のエルゴラ

 J1リーグ戦マッチレポート。
 表紙はF東のスピードスター、直さん。
 この人が復活すると本当に厄介です。

 川崎は見開き2ページ。
 健勇のコラムも有り。
 なんとなく、ヨシトのパスがずれて相手にカットされたと言うより、元々健勇がパス貰うのにあそこに居なければいけなかった様に…。
 結果が出たからいいか。

 ACL火曜日開催分のプレビュー。
 鹿島もガンバもリーグ戦を金曜開催でやったんだから、今度こそ勝って来いよ!

 J2は次回ですが、カズのゴール記事は間に合ってます。

 

【町田】苦戦するも勝利    アウェー富山戦(〇1-2)

 現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 現地は強風の上に雨まで降ってきたとの事。

 今回はtwetter頼みかと思っていましたが、現地シティFMの実況中継がある事をtwetterで知ったので、サイマルラジオで聞いていました。

 まずは勝って何よりでした。
 アウェーで最低限勝ち点を持って帰って来る事が重要だっただけに、連敗して負のスパイラルに落ち込まなくて本当に良かったです。

 エース孝司が体調不良で帯同しておらず、強風と言う悪コンディションの上に後半早々に一人退場者が出た状況で、昇格争いのライバル相手に良く踏ん張ってくれたと思います。
 ただ、気になるのはカードの多さです。
 この試合でも5枚出て平は2枚で退場。
 試合をやる度にカードがポンポン出ていたら、いざというときに出れない選手が続出しそうです。
 異議で貰うなんて最悪なのは除くにしても、カードが出ると言うのは相手をファールで止めに行っている訳で、守備に入ったときに後手を踏んでいる事になります。
 カード覚悟で止めなきゃならないプロフェッショナルファールもありますが、今まで観戦したのを見ると、そこまで切羽詰まったファールだったのか?と思えるファールが多いです。
 こう言った状況に陥るのは、守備戦術が浸透していないか選手間の約束事が守れずに齟齬を来している場合が多いと思うのですが、町田の場合は攻撃がノッキングしていやなボールロストが発生する事で焦りがあるんじゃないかと思ってしまいます。
 上手くないなと思ったら無理に突っかけずに一端下げて落ち着かせて攻略箇所を探るのもありだと思いますが、点が取れてない事が悪い方向に行っているのかも?

 次節は2位に付ける鳥取が相手です。
 ただし勝ち点差は2ですから直接対決で叩けば順位は入れ代わりますし、山口の状況次第では首位も狙える状況です。
 強敵ですがホーム初勝利を。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
 

【川崎】ホーム初勝利   ホーム新潟戦(〇4-1)

 勝ちました。
 ナビスコ名古屋戦、山形戦と敗戦が続いていただけに、ここで勝てないと過密日程の中でつまらない負の連鎖に入りかねない危険がありましたが、踏みとどまって順位も上がりました。

・スタメンとフォーメーション

 森谷が今季初出場。
 先週の練習試合でいい動きをしていたので使われるだろうと思っていました。
 途中出場よりスタメンから入れた方が持ち味が出るタイプなので、行けるところまで引っ張る予定だったのかなと。
 リョータの五輪予選のマレーシアから帰ったばかりですが、スタメンで起用。
 中一日で2試合やってきましたが、それ程ハードワークすることも無かったので思ったより疲労は無かったのでしょう。
 疲労より気温差で故障する心配の方がありました。
 離脱したユウの代役は健勇が入りました。
cIMG_5717b.jpg


 フォーメーションは今季初の4-3-3。
 エウシーニョが右SBに落ちた形で4バック。 ケンゴとリョータのダブルボランチに森谷がトップ下の布陣。
 練習試合ではタニ・車屋のCBに角田アンカーのフォーメーションをやってましたが、リョータが使えたのでボランチはいじらなかったのでしょう。
 リョータとケンゴが欠ける場合のオプションとしては面白いです。
 今回の3トップはレナト-ヨシトー健勇でしたが、健勇がかなり動き回っていたのが印象的でした。
 途中出場時はあまり前線から動かない感じでしたので。
 その後4-4-2に切り替わって新潟のマークとギャップを作ってました。

・序盤の防戦

 KOから新潟がプレスを掛けて押し込んで縦に速く来る形になりましたが、そこを守備陣が踏ん張って失点しなかったのが流れをこちらに引き戻す事ができました。
 3バック時はSHの裏を狙われましたが、4人いれば充分ケアできるのが大きかったですね。

・ブルズラン

 押し込まれる事に慣れ、新潟のプレスを交わしてパスを繋いで前に出れる状況になったところで健勇のゴールが生まれました。
 ヨシトからのパスをカットした舞行龍のパスを顔に当ててカット、そのまま空いたスペースを突進して相手DFを振り切って右隅に流し込みました。
 今までのプレーぶりとはちょっとこの試合では違っていたのでひょっとするととは思いましたが、良い時間帯に取ってくれました。
 このゴールで自信が出たのか、プレーが大きく変わったように思えます。
 体格をもてあます窮屈感も無く、持ち味のスピードと技術を上手く使ってボールへの執着感も感じました。
 これがセレサポの言う「年に何度かの確変」にならない様に次の試合でも良いところを見せてほしいところです。
 ユウが居ない間にポジションを奪える様なら、代表の道も開けるでしょう。

・ドリブラーらしいゴール

 健勇が突進なら、レナトのゴールはを華麗にすり抜けて行くスラロームの感がありました。
 キレキレで好調なのにゴールに結びつかないのが歯がゆい部分もありましたが、このゴールはトップスピードに持っていく速さとそのスピードで小刻みにターンでコースを変えられると、相手は付いてこれません。
 何時ものサイドから切れ込むパターンと違って中央突破になったのも意表をついた様に思えます。
 狙い済ました撃ち込むシュートも良いですが、こんな技術を見せてくれるシュートも面白いです。

・レナトvs川口

 川崎が途中で4-4-2に変えたので各所でまともにマッチアップする様になりましたが、レナトの対面にいた川口はリオ世代で運動量もスピードもある良い選手でした。
 新潟で実績を積めばテグさんも呼ぶことになるでしょう。
 何度となく左サイドでレナトとお互いファールで潰すシーンもあるくらいやりあってましたが、面白い攻防でした。
 今回はレナトが優勢でしたが、次に対戦する時にはどんなマッチアップになるでしょうか。

・リョータvsレオ・シルバ

 変幻自在に動いてスペースを埋めてボールの出し入れをするリョータを追い詰めるレオ・シルバ。
 守備主体ボランチとしてはJ1でトップクラスのレオ・シルバ相手にここも面白いマッチアップになりました。
 リョータがここで上手くレオ・シルバを引きつけてくれたので、新潟としてはケンゴや他の選手へのマークが甘くなるところがあったと思います。

・森谷の復帰

 彼の不在は地味に痛かったです。
 空いたスペースに顔を出してボールを受けて相手を外して返す、走力のあるテクニシャンぶりを見せてくれて後ろと前を上手く繋いでくれました。
 彼が中盤を埋めるとヨシトが前に専念できるのが大きいです。
 ヨシトの1点目は狙い済ました狭いところを通すスルーパスが光りました。
 あの時、リョータが相手DFを引っ張っており、リョータ・ヨシトのどちらにも出せて自分でミドルを撃つ選択肢もありましたが、最適な選択をしたと思います。
 彼が攻撃時に最前線に近い位置でボールに絡むシーンが増えると得点も増えるでしょう。

・勿体ない失点

 あのカウンターを繰り出すところが新潟の怖さですが、見事にやられました。
 ただ、点差があるからと守りに入って失点を喰らった訳でなく、3点取って更に点を獲りに行くところでの失点だったので、川崎的にはアリな失点ですね。
 しかし、ラファエル・シルバにやったチャンスはあれだけだったので、そこを決めてきたラファエル・シルバは流石です。

・ミヨッシ プロデビュー

 4点取っての後半ATと舞台は整ったところでデビューとなりました。
 入って早々にファールしたのはご愛嬌として、もっと早い時間帯でより重要なシーンで使われる様に早くなってほしいです。
cIMG_5720b.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 二週間ぶりのJ1リーグ戦のプレビューから。
 トップは浦和─松本戦。
 しかし、第4節にして全昇格クラブとの対戦が終わる浦和ってどうよ?と思う訳ですが。

 川崎は2/3ページ。
 やっと森谷が帰ってくるのが明るい話題。
 ユウの代役は…結果を出せ!

 水曜開催のJ2マッチレポート。
 派手な試合がありましたね。

 マッチレポートがあった分、プレビューが圧縮されてしまいました。
 代表やUー22もあったので仕方無いです。

 

今日のエルゴラ

 今日はJ2マッチレポート…と思ってページを捲ると、そこはJ1何でもランキングが。
 初回だからここにいるのかは判りませんが、回を重ねると意外なデータが出てきそうな予感が。

 気を取り直しページを捲ると、本来のJ2マッチレポートが続いてました。
 魔境度が向上した今季、上手く飛び出せた千葉はどこまで首位を守りますか。

 Uー22はベトナム・三浦監督の記事ありです。

 

【U-22】一次予選突破 マレーシア戦(〇1-0)

 内容は決められるところで決めていれば、もっと楽に勝てた試合かなって気がします。
 中一日で3試合は過酷ですが、それは相手も同じ事ですし。
 マレーシアは勝つ事より引き分け狙いで2位通過を狙ってた感じがします。
 そんな相手に付き合ってドローにならないで良かった。

 ピッチコンディションがこの3試合で一番酷い状況だったので、怪我無く終われたので良しとしましょう。
 そのピッチでリョータが2試合連続で出ているので、疲労が心配になります。
 4日の新潟戦はベンチスタートですかね?

 1月の最終予選は厳しい戦いになりそうですが、しっかり勝ち残って出場を決めて欲しいです。

 でも決まるとリョータを期間中引っこ抜かれるんですよね…。

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR