今日のエルゴラ

 水曜日はJ2マッチレポートの日。
 魔境J2も終盤に向かって激しくなってきました。
 上位陣は上位陣の、PO争いはPO争いの、残留争いは残留争いの、勝ち上がり生き残りの一喜一憂はこれからが本番。

 千葉はどうしましたかね?
 首位大宮を叩いてPO争いに弾みをつけなきゃならない試合を落として後退。
 PO争いは勝ち点差が無いので、一つ勝てば順位は上がるんですが。

 残留争いは栃木・大分が二弱化しつつあり、火事場の馬鹿力モードになった岐阜ちゃんは順調に逃げてます。
 水戸ちゃんに元気が無いのは気になりますが。
 J3トップ3にJ2ライセンスが交付されたので入れ替え戦は行われますが、どこが対象になりますか。

 久々?に大学の注目株の特集あり。
 どこが誰を取る事になりますか。

 名古屋の楢さんの600試合出場を記念したロングインタビューが2ページと、裏表紙全面に顔写真が載ってます。

 
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 土曜日開催のJ1マッチレポートの月曜日。

 トップは鹿島─浦和戦。
 年間首位と2ndステージ優勝、どっちも勝ち点3が欲しい争いは、激闘の末浦和が取りました。

 広島は清水に大勝。
 清水の自壊もあって虐殺だった模様。
 テセも角田も出ててこの結果って、広島はどんだけ…。

 他に紙面を取る話題が無かったせいか?地方で夜開催の新潟─川崎戦も2ページ貰ってます。
 みちのくダービーは1/3ページだったのに。
 ユウの大写しがドンと来てますが。


【町田】逆転勝ち!  アウェー藤枝戦(〇1-2)

 現地参戦のサポさん、お疲れ様でした。 
 試合中継が無く出先だったのでtwitterでの実況を頼りにしていましたが、先制されても焦らずひっくり返してくれました。

 前半の動きが悪かった様ですが、連戦でしんどい相手と戦った疲れもあったかもしれません。
 それだけに交代選手の働きが重要でしたが、後半開始で投入されたクッキーがしっかり仕事をしてくれました。
 同点ゴールが良い時間に取れて、試合の流れを引き寄せてられたのが逆転に繫がったと思います。

 町田が山口戦の敗戦を引きずらなかったのは、前節のJ22に勝った事が大きかったです。
 山口に完敗して優勝も遠くなったところで、J22が招集したのは勝って当然と言われる最強メンバー。
 理不尽な相手と中二日での対戦で、相手が良いわけが出来ない内容で勝った。
 他力ではあったけれど福島が山口を止めたことで再び追撃のチャンスを握れた事が、メンタルにいい影響を与えていると思います。

 今節の結果で次節がまた面白い事になってきました。
 町田は休みで動く事はありませんが、回りが勝手に動いてくれます。
 山口は勝つ事で突き放しに掛からなければならず、負ければどちらも休みは無いので6点差を勝って守らなければならない。
 長野は今の勝ち点差8は勝っても5にしかならなず、直接対決でも届かないかもしれないが勝つしかない。
 相模原は勝ち点差2で長野を逆転できるチャンスが回ってきた。町田との直接も残しているし2位が狙えない訳じゃない。

 次節、町田以外の上位陣がどう動きますか。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】鬼門を越えて  アウェー新潟戦(〇1-2)

 現地参戦のサポさん、お疲れ様でした。 
 これほどいけなかったのを残念に思うアウェーはありません。
 甲府を見送って新潟行けば良かった。

・スタメンとフォーメーション

 3戦連続変わりなし。
 フォーメーションも変わりなし。
 気になるのはテグさんにいじられてきたリョータの調子のみ。

・アンラッキーな失点

 コミに当たって軌道が変わった山本のシュートがゴールに吸い込まれたのはアンラッキーでしたが、シュートを撃たれるまでの状況は武岡が何とかできなかったかなと。
 切り返し毎に前にゴールに向けて出てくる山本に下手に詰めると裏を抜かれるかファールを取られる危険がありましたから、PAに入る前に止めてればと思います。

・慌てない川崎 変わらない新潟

 先制点が早い時間に決まった事も合って、どちらも戦術が変わる事はありませんでした。
 悪いときは先制されたらばたつく川崎は落ち着いてボールを回してましたし、新潟のベッタリ人につく守備に手は焼いてたものの、奪われて決定機まで持って行かれる事は殆ど無くいなせる様になってました。
 このあたりで何時ものアウェー新潟戦とは違うぞと。

 逆に新潟は引いてブロック組んでゴール前を固めてくる事も無く、川崎のボールホルダー、特にケンゴ・リョータ・タニに向けてFWや2列目がプレスを掛けて来ていました。
 タサにもボールを散らす為に受けに回るとCBやボランチが囲む様に潰しに来てましたが、ここでタサが機能不全に陥ったのが前半苦戦に回った原因の一つかなと思います。
 実況が伝えてたヤンツーさんのコメントだと、川崎は出し手を見てれば何処に出すか判るからと言ってましたが、出し手だけでなく受け手までマークしてプレスさせる戦術は、いくら秋の新潟の夜が涼しくても最後まで持たないと見ていたので、いつヤンツーさんが戦術変換してくるかと思いましたが、基本的なところは最後まで変えてきませんでしたね。

・圧巻のユウ

 後半早々まではしつこいマークをしてきた新潟ですが、流石に持たなくなったのか、真っ先にFWが根を上げましたね。
 指宿はまだしも、ラファエルは明確にサボり始めましたから、前線の交代は当然かと思いますが、守備はともかく攻撃力が高いラファエルをあっさり交代させたのは川崎に得点させない自信があったのだと思いますが、川崎が新潟のマークを苦にしなかったのが見えてなかった様です。

 FWの次にボランチがしんどくなって、あのレオ・シルバも外につり出されたら中に戻りきれない状況になった所で、ケンゴの鬼パスが。
 あのミドルかよ?と思える様なパスを正確に半身のユウに送ったケンゴも凄いですが、半身の状態でトラップで左側に落としながら前を向き、ボールを右足に持ち替えてGKをかわすシュートを決めて同点。

 2点目もリョータがエウシーニュに向けて相手がギリ引っかからない所にボールを出した所で勝負ありました。
 ゴール前に走り込んできたユウとファーで待ち構えるヨシト。
 新潟守備陣の裏を抜けてましたので、どちらに出しても決まってました。
 近いユウがピンポイントで合わせて決めましたが、仮に外してもファーのヨシトが決めに行けますし、はね返されたらエウシーニョが決めればいい。
 完全に崩してのゴールになりました。
 この時もリョータにプレスらしいプレスが掛かってなく、やりたい事がやれてた状況でした。
 名古屋戦の5点目と同じく、綺麗に崩した事が評価できるゴールだったと思います。

・ヤンツーさんの誤算

 先制点が早い時間に取れて、あとはどう川崎の反撃をいなして出来れば追加点と言うのが、先制後の新潟のプランだった筈です。
 大事なのはそこで上手く川崎を自分たちの戦術にはめ込む事。
 その答えが鬼のようにしつこいマークからの守備でした。
 恐らくヤンツーさんはあれを90分続ける気は無かった筈です。
 そのプランが崩れるきっかけが前半の平松→川口の交代でしょう。
 早い時間にカードも貰い、それにもかかわらずカードの危険があるラフプレイを繰り返してたのは、2節前にレッド2枚貰ってたヤンツーさんの我慢の限界を越えてた事でしょう。
 あそこでカードを切らなければ、後半にもう少し戦術的なカードが切れた筈です。
 守備固めに重心を移した戦術に切り替える前に選手が疲弊し川崎に自由とスペースを与えてしまった結果、ユウに同点ゴールを決められた事、昼の試合で甲府が勝って引き分けでも順位が下がる事実が、取れる戦術の選択肢を狭まらせた感じです。

・川崎の交代カード

 この試合は3枚のカードを切りました。

 中野→健勇 
 中野が良いところと悪いところが出て全体的にはいま一つだった事で左サイドが怪しくなってた所へのケアとタサの負担を下げさせるのに左SHに配置したのかなと。
 健勇自身は左ウィングに入って新潟のマイケルを抑えに掛かってたようでした。

 ユウ→イガ
 風間さんには珍しい「守れ」な交代。
 イガの位置はアンカーと言うより、CBに入った4バック化でサイドのスペースを消しに掛かってた様でした。
 1点差を守りきれと言う事でしょう。
 これで新潟の右サイドは沈黙しました。

 タサ→車屋
 新潟はパワープレーに入ってましたので、前からの守備に切ったカードになりました。
 前目に車屋を位置した事でカウンターも行けるし、前で守備できる分破綻も無くなった感じです。

 今回切ったカードはやるべき事をやれていました。
 シーン別に出せる選手が揃ってきた感じがします。


 鬼門だったビッグスワンで勝つ事が出来ました。
 今日の様な試合展開なら先制されても落ち着いていられます。
 しつこく人につく守備にリズムを崩されずに相手の披露を待って主導権を握る、ここに来てこれが出来る様になったのは大きいです。
 今まで鬼門だったビッグスワン。
 来季からは鬼門の看板を降ろす事になるんじゃないかと思わされる試合でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】代表撃破で追撃再開 ホームJ-22戦(〇1-0)

 前評判で虐殺モードにされた今回のJ-22選抜。
 ふたを開けてみれば…。
cIMG_0110.jpg
後援会招待で入場の手続きに並ぶ他サポの皆さん。 予想通り川崎・鞠・F東の近地サポがベスト3でした。

cIMG_0116.jpg
他サポにはこんな方も来場されてました。 J3ライセンス交付おめでとうございます。

 中二日でしんどい対戦相手になる筈でしたが、J-22は何時ものJ-22じゃなかった。
 出場機会を求めて招集された訳でなく、代表の強化の一環で呼ばれた選手なので、勝負事より調整と監督へのアピールの比重が大きかった様ですね。
 町田のサッカーを分析したテグさんの指示は「守備から入ってロングボールを放り込め」だったようです。
 それだからボランチに入ったリョータにボールは入る訳がないのも当たり前。
 対する町田は相馬さんのコメント通り、ラインを下げてコンパクトにした陣形でスペースを消してからカウンターに。
 高さの無い浅野や中島が町田の最終ライン相手にボールを競って取れず、守備から入った筈の植田を中心にした守備陣は町田の攻撃陣に裏抜けされてと、ほぼ町田のゲームに。
cIMG_0185.jpg
スタメンだったものの、良いところの無かったリョータ。 監督が悪い

 後半、J-22は時間制限のあるJ1スタメンクラスが抜けた後、いる選手で3バックにしてきましたが、最初町田側が様子を窺ってる時間帯こそ主導権を握りましたが、やる事を見切った町田が即取り返し、急造3バックらしいSH裏のスペースを使って攻撃が活性化してました。
 町田のサイドはスペースが空けば右も左も積極的に仕掛けてくるのに、そこまでのスカウティングしてなかったのか?テグさんは。

 町田からしたら、高い位置を取ったリョータに縦にボールを入れられ、スピードのある浅野に裏抜けを繰り返され中島にドリブルで前に進まれるのが、一番嫌だったと思いますが、そう言った仕掛けは皆無でした。
cIMG_0286.jpg
 戸島のゴールシーン。 入ると思った瞬間にシャッターボタン離して飛び上がったので、ゴールに吸い込まれた画像は無し。残念。

 リザルトこそ1-0でシュート数も7対7でしたが、試合内容は町田の優勢勝ちだったと思います。
 野津田行きをすっぽかして国技館に行ったどっかの代表監督は、画像データから8点は取られてたと分析したそうですが、現地で見ててもあと2~3点は取れてた試合でした。
cIMG_0334.jpg
試合後町田ゴール裏に挨拶に来たJ-22の選手たち。 この日聴いた代表チャントで一番だったのは、この時町田ゴール裏から贈った「バモスニッポン」だったと思う

 難敵と思われたJ-22を撃破し、山口がまさかの敗戦で再び勝ち点差は6。
 長野は休みでこちらも勝ち点差は6に広がりました。
 残り試合数はちょっと減りましたが、再び追撃する権利をもぎ取りました。
 まずは明日のアウェー藤枝戦を勝って山口にプレッシャーを。
cIMG_0353.jpg
勝利のラインダンス

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはJ1プレビューから。
 今節の注目カードは浦和─鹿島戦。
 2ndステージ上位対決ですから、当然かと。

 新潟─川崎戦は見開き2ページですが、下には順位表なんかを置かれた状態。
 今年こそは勝とう。

 23日開催のJ2マッチレポートもスペース貰ってます。
 その代わり、今節のプレビューは寂しいですが。

 J3は町田─J22戦で1ページ。
 ホームで勝ったのにJ22ではなく代表目線の構成には「エルゴラ、お前もか!」と。
 点の取れない攻撃陣の組合せを見てたテグさんと、「負けたらアンフェアと言いたくない」って気持ちで戦った相馬さん。
 勝負はやる前から見えてたかなと。

 

今日のエルゴラ

 水曜日は日曜開催のJ2マッチレポートから。
 セレッソがじわじわと上がって来ました。
 盟主もノってますし、愛媛は磐田とスコアレスドローでしぶとくPO圏内に留まってます。
 魔境J2の本領発揮中です。
 千葉は上がる気有るんか?と思う位、精彩を欠いてますが、最後にはPO圏内に滑り込んで来そうですがどうなりますか。
 今日も試合が有るので、プレビューが1ページにまとめられてます。
 もう少しページとってあげても。

 続いてU18プレミアリーグ。
 EASTとWASTで1ページづつ取ってます。

 日曜開催のJ1柏─山形戦マッチレポートと、唯一のJ1開催の松本─山形戦プレビューで2ページ。

 J3はプレビュー無し。
 擬似日本代表を招集したのに、エルゴラでさえ取り上げて貰えない、五輪代表の不人気振りがかなしいっすね。

 
 

【川崎・町田】川崎サポ向け 野津田観戦ガイド

 リョータが呼ばれたので町田-J22戦に行こうって方もいると思うので、簡単に野津田の町田戦観戦ガイドなどを。
 多数の来場が予想される為、通常のJ3開催とは異なる所があるかもしれないので、公式サイトをご確認下さい。
 スマホからでもPC版で見てくださいね。
 スマホ版は有料コンテンツなので。


・ご注意

 町田は普段行かれるJ1のスタジアムとは違う事をご注意ください。
 J2開催経験もありJ3ではトップクラスの運営ですが、規模の小ささから大量のお客さんの対応をするのに気になるところもあると思いますが、そこは見守っていただければと思います。


・最寄り駅~スタジアム

 シャトルバスは町田駅からも出ていますが、小田急線鶴川駅から向かうのがお薦め。
 鶴川駅は各駅しか止まらないのでご注意を。

 シャトルバスは大抵の場合、5番乗り場となっています。
 改札を出ると町田な格好をされたボランティアさんがいらっしゃるので、指示に従っていただければ。
 改札を出てまっすぐ通りに出て右手が乗り場です。
 サポさんお手製の新聞を配られている事が多いので、バス待ちにお楽しみください。

 シャトルバスより前に行かれる場合は、野津田車庫行きで向かうのがベストです。
 改札を出て右手に向かった先のターミナルで、100均の前に乗り場はあります。
 ただし、野津田車庫からは登山になります。
 上に登るだけなので、栗平~麻生登山に慣れた方なら問題ないでしょう。
 森を抜け山頂を過ぎると、天空のスタジアムが。

・スタジアム 入場

 ホーム側はバスの降り場から階段を上った先の広場の左手にあります。
 当日の無料招待がどんな形で対応されるかは判りませんので、現地で係の方の指示に従ってください。

 スタジアムは地方の陸上競技場を思い浮かべていただければ。
 小瀬や平塚のコンパクト版が近い印象です。
 シートは改修で一人づつ別れてますが背もたれはありません。
 J2仕様で収容人数は多くないので、席取りは節度を持ってお願いします。

 荷物チェックは基本的にありません。
cIMG_9198.jpg

・再入場

 野津田は再入場可能です。
 席を取ったら外のゼルビーランドへどうぞ。
 出入りの認証は左手甲にブラックライトに反応するインキでスタンプを押してくれます。
 ただ、インキが落ちてしまう事もあるので半券は忘れずに。

・スタグル

 コンパクトですがレベルの高いスタメシが揃ってます。
 ただ、J1スタジアムの様に作り置きを渡してくれるタイプではなく、仕上げしてから渡してくれる店が多いので、受け取るまで時間が掛かります。
 気長に列で待ってください。

 お薦めはYASSカレーとコンフィコンフィを上げておきます。
 他も美味しい店が出ているので、外れは殆ど無いです。
cIMG_9161.jpg
cIMG_9169.jpg
cIMG_9173.jpg

 また当日の出し物は判りませんが、Z劇場と言うアトラクションを開催しているので、お楽しみ下さい。
 子供向けにはゼルビー君の中に入って遊ぶ奴やら迷路やらあります。
cIMG_9183.jpg
cIMG_9147.jpg


・場内座席

 陸上競技場ですが、バックスタンドは等々力よりピッチに近いので見やすいです。
 最前列はほぼピッチと同じ高さになります。
 最後列でも画像の様にそれ程の高さはありません。 

cIMG_9230.jpg

 座席はコンクリの階段の上に座面を置いたタイプなので、座席下のスペースはありませんから荷物は少なめにした方が良いです。

・応援ゾーン

 町田のコア応援ゾーンはゴールの真裏を中心にしています。
 熱いゾーンを除けば、ゴール裏でも座って観戦は可能ですが、出来ればバックスタンド~電光掲示板側のアウェーゴール裏に掛けて席を取っていただければと思います。
cIMG_9210.jpg
cIMG_9234.jpg


・帰り

 帰りも鶴川駅行きのシャトルバスが出ていますが、多数のお客さんが来場されると乗車に時間が掛かります。
 先日の山口戦は5000人来場されましたが、乗るまで30分待ちだったとか。
 バスの数もありますが、野津田~鶴川駅間の道路が地域の幹線の割りには細いので、往復に時間が掛かるためです。
 帰りは基本下りで、ほぼ一本道なので歩いて40分程度です。
 ニッパツ三ッ沢から横浜駅に歩くのが近いです。
 ただ、上にも書きましたが道が狭く、歩道も片側しかなかったりしますので、夜間で見づらい時間帯にもなるので、事故にはご注意を。

 では、初秋の野津田での熱戦をお楽しみください。

【代表・町田・ついでに川崎】 よろしい、ならば戦争だ!

 23日のJ-22戦に招集された選手が発表になりました。

クラブ   POS. No. 名前    招集回数
 清水   GK 16 櫛引 政敏 2
 磐田   GK  1 牲川 歩見  18
 柏    DF  6 山中 亮輔  2
 FC東京  DF  4 奈良 竜樹  6
 新潟   DF  2 川口 尚紀  2
 神戸   DF  3 岩波 拓也  1
 鹿島   DF  5 植田 直通  2
 川崎F  MF  7 大島 僚太  1
 広島   MF  9 野津田 岳  2
 横浜FM MF  8 喜田 拓也  1
 FC東京 MF 10 中島 翔哉  3
 広島   DF 15 宮原 和也  2
 鳥栖   MF 12 鎌田 大地  3
 G大阪  MF 11 井手口 陽  8
 広島   FW 14 浅野 拓磨  1
 鹿島   FW 13 鈴木 優磨  9

  ほぼガチな五輪代表候補が招集されてます。
  呼ばれるとは思ってましたが、リョータもしっかり招集されてるし。
  前節の相模原みたいに代表候補の候補の候補くらいで揃えてくれればいいものを。

  そこまで町田だけ苛めようっていうなら、こっちも覚悟が。
  宣戦布告したのは協会だからな。

  よろしい、ならば戦争だ! 

 蝗どもに喰い荒らされてたまるか!


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】負けてなお…   ホーム山口戦(●1-3)

cIMG_9206.jpg
 シルバーウィーク連戦の第一戦は1位2位決戦となる山口戦。
 勝てば逆転優勝に向けて山口の尻尾を捕まえる事になる大事な試合でしたが。
cIMG_9217.jpg


 優勝のかかった試合と言う事を意識してか、どちらの選手もちょっとピリピリした感じで試合に入っていたのが気になり、実際かなりエキサイトした感じでしたが、この日の主審は良く裁いたと思います。
 今までJ3で見てきた中で一番やれる主審でした。 あのジャッジメントなら経験値を積めば上のカテゴリーでも笛を吹けます。
 どちらかというと、追う町田より追われる山口の方が連敗して思うように行ってなかった事もあって、首位としての余裕を感じないエキサイト度は高かった様に見えました。
 相馬さんはチャレンジャーとしてこの試合に望む事をコメントされてましたが、チャレンジャー同士のどつき合いとなってしまった試合展開を思うと、どちらか言えば受けて立つ様にしてやった方が良かったのかもしれません。

 町田の敗因は前半攻勢に出ていた時間帯に先制できなかった事と、やっちゃいけないミスで失点して追っかける展開にしてしまった事でしょう。
 それでも町田らしく山口相手に主導権は握ろうとして、ある程度は出来てたと思います。
 決めるだけって所が決められないのが問題ですが、すぐにどうなるものではないですし。
 後半、山口の選手が何人も足を攣らせてましたが、限界越えて走って闘志を見せたと言うより、そこまで町田に走らされたと言うのが真相じゃないかと。
 何人も攣らせるって、チームとして準備不足だったのか戦術の不備を走力で埋めたって感じでしょうか。
 早々にリードを奪って、後は安全運転でカウンターみたいな試合展開に出来ずに走り続けたら限界を超えたンじゃないかと思います。
cIMG_9243.jpg

 負けはしましたが、まだチャンスは残されている以上下を向く暇はありません。
 5000人を越えるお客さんに勝利を見せられなかったのは残念ですが、すぐに試合はやって来ます。
 中二日で恐らく代表クラスの最強メンバーを引っ張ってくるJ22が相手です。
 協会が青くなる様な試合展開で勝ちましょう。

cIMG_9238.jpg
cIMG_9246.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートの月曜日。
 J2は次回、J3もこういうとき限ってにやりそうだ。

 トップは鞠-F東から。
 鞠は衝撃的な新人が現れたらしいです。 まぐれか実力かは次、その次と結果が出せるかどうかです。
 F東はつまらないサッカーと突っ込む所はエルゴラどうしたの?と言った所ですが、果して何がありましたかね。
 結果が出る様になって更に要求が大きくなりましたか。

 川崎は破格な見開きカラー2ページ。
 試合が派手だっただけに、これくらいはやって貰ってもって気がします。
 これだけスペースがあって、名古屋側のコラムどころか選手・監督のコメントすらないのは、取材拒否されましたかね?
 そうで無ければ、5点目の図解入り解説なんて手間のかかる記事なんて入れないでしょうし。

 クラマー氏の追悼記事に1ページ割り当ててます。
 

【川崎】快勝! 課題はあるものの ホーム名古屋戦(〇6-1)

cIMG_9036.jpg

 今までの鬱憤を晴らす様な豪快なゴールショーとなりました。
 6点っていつ以来だったか思い出せませんが、多分関さんの時代くらいまで遡るんじゃないかと。
cIMG_8975.jpg

cIMG_8977.jpg
 「川崎の車窓から」東急とのコラボなのでやって来たノルルンと機関車トーマス。 ふろん太も駅員仕様に。

cIMG_8982.jpg
 ふろん太の自撮り棒で記念撮影の皆様

・スタメンとフォーメーション

 前節甲府戦と同じ。
 フォーメーションは3-4-3で同じと、今のメンバーが現時点でのベストという事でしょう。
cIMG_9091.jpg

・圧倒

 序盤は川崎が押しましたが、徐々に名古屋も競り合いに出て、川崎と主導権争いとなっていました。
 そんな中でユウのボールを貰ってから相手DFを振って強引に撃ちに行ったシュートが相手DFに当たってコースが代わり楢崎の逆をつくゴールに。
 軽く蹴ってたらあそこまで飛びませんから、枠内に行くフルショットだったからこそのゴールでした。
 甲府戦では相手GKに阻まれましたが、こぼれ球をエウシーニョとヨシトが押し込めるパワーがこもってましたので、上手くGKを外せばゴールが決まると思っていましたが、ゴール前の嗅覚は完全に戻った様です。

 タサとヨシトもミドルを決めましたが、共通しているのはボールを受けてターンし横移動で相手DFを動かしてマークをズレさせた所で空いたコースを決めてました。
 名古屋の守備陣が当たりに来ないので、ほぼフリーで撃たせてもらった様なものです。
 それでもしっかり決めるところは流石です。

 打って変わって後半は崩してのPA内からのシュートがゴールに。
 4点目のエウシーニョは右サイドから、5点目のヨシトは左サイドから崩してのゴールになりました。
 皆さん絶賛の5点目は左サイドに寄せたところのパス交換で崩して、中野がゴール前に入れたのをヨシトが押し込みましたが、エリア外で崩してそのままPAに侵入してゴールって、今まで殆ど見た事が無かった様に思えます。
cIMG_9099.jpg

cIMG_9066.jpg
 ゴールを決めた選手に贈られるパイナップル。 数は足りた模様。

cIMG_9097.jpg
ハットを決めてGゾーンに駆け込んだ後ピッチに戻るヨシトとそれを出迎える皆様。

・修正してきた中野

 甲府戦では初スタメンでもイマイチだった中野ですが、この試合では変化が見られました。
 武器のドリブルに拘らず、パスを出して動くを繰り返し、相手エリアの深いところで短めのドリブルで相手を引っ張ってパスと使い分けして、ボールを失った時のリスクを減らしてました。
 何度も左サイドを突破してゴール前にパス供給も落ち着いてやれてましたし、この試合の2アシストは見事でした。
 次はゴールで結果を期待したいですね。

・気になる問題

 この試合は名古屋を押しまくった大勝に終わりましたが、ユウとタサが下がった後は押し込むのに時間が掛かって、名古屋に対応する時間を与えてしまったのが気になります。
 ユウが絶えず裏狙いで最終ラインと駆け引きしながら入り込んで、タサが前線近くでボールを受けて出す役割をこなしながら、自らも攻撃参加。
 その役割を引き継ぐには、今回入ったマイアと健勇はちょっと違う様です。
 森谷と船山ならと思いますが、こちらもパワー不足というか、もの足りなさが出てしまいます。
 ヨシトのハットもユウとタサの組み合わせでゴール狙いに特化できたのが大きいです。
 3点目は健勇が譲ってくれた様な感じですが。

・ミスの怖さ

 この日の名古屋ならクリーンシートもいけた筈ですが、セットプレーからの失点。
 FKを与えた中野のファールもあそこを抜かれたら厄介な事になるからですが、あそこまでボールを運ばれたのは前でしっかりキープできてなかったからで、ゴール祭りになる位押しまくった疲れが出てたにしてもと思います。
 FK自体は上手く弾けましたが、跳ね上がったボールをリョータがトラップミスして奪われ、ファーに「何故か?」展開してたツゥーさんに撃ち込まれて失点。
 明確なミスが続くと失点する、それを地で行ってしまいました。
 直接のミスはリョータでしたが、そこに至る過程も検証して次に活かしてほしいです。

・名古屋はどうした?

 予想外の大勝となったのは、予想外に名古屋が酷かったのが一因でしょう。
 最終ラインとボランチの間とSHの後ろにスペースを開けて放置。
 パスを回す相手にスペースを与えたらこうなるって見本みたいな攻略でした。
 攻撃はどうかと言えば、ボールを奪って前に出す術が殆ど無く、2トップも積極的にボールを引き出す様な動きも川崎の最終ラインやボランチに対するプレスも効果的で無く、やりたい事がなんだったのかよく判らない戦術でした。
 ロングボールを放り込んで駿足の2トップが競ってくる様だと、こちらの3バックも前に出れずにいたのでしょうが、上手く行ってませんでした。
 永井は足は早いけれど追いついてからの展開に難がありますし、川又はワンタッチゴーラーでポストをこなす程の足の上手さはありません。
 ノヴァコがいたらまた違った形になったでしょうが、この試合に関しては中もサイドも良い形を作れた攻撃はありませんでした。
 闘将のツゥーさんも、ゴールを決める事はやりましたが、全体的に闘志が出てなかった様で、ちょっとおかしかったですね。


 「お客さん」に戻った名古屋のおかげもあって、弾みがつく快勝。
 鞠がF東を下したので、ちょっと近づく事もできました。
 次はウチが「お客さん」なビッグスワンでの新潟戦。
 ここを勝って帰って来れれば、何かが起こせる気がします。

cIMG_9106.jpg
 勝ったときの儀式の水掛け。 ヨシトがびしょ濡れだった模様cIMG_9125.jpg
東急とのコラボと言えば電車。 負けてこれに乗るのはいやだよな。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACLから。
 劇的勝利+健太退席で4強に勝ち上がったガンバと、ビハインドが重かった柏。
 どちらもJ代表らしく戦ってくれました。

 続いてJ1プレビュー。
 川崎は1ページ貰ってます。

 ACLでページ取られた関係でJ2プレビューは見開き2ページにまとめられてます。
 ブンデスネタに1ページ取るなら、J3やれよと思うけど。


 

【町田】次節は今季J3の趨勢が決まる?

 次節山口戦のスカパー!中継が決まったそうです。
 1位2位決戦ですから、注目度は抜群とは言え、遠地アウェイをやってほしかった…。

 この試合、前節の結果から町田と山口だけでなく、上位陣の終盤戦の動向にも関わることとなりました。

 町田が勝てば、山口の背中を完全に捉え、残り試合を負けるどころか引き分けも厳しい状況に追い込む逆王手を掛けられます。

 山口が勝てば、残り試合数から再び町田が迫る可能性が低く、逃げ切られる可能性が高まります。

 そして引き分けに終わったら、結果次第で長野と相模原のチャンスが復活。
 より緊迫化します。

 町田は勝って山口の尻尾を掴む。
 それだけですね。


【町田】希望があるからこそ悔しい結果 アウェー盛岡戦(△1-1)

 twetterで試合を追っていましたが、悔しい結果に終わってしまいました。

 山口が連敗しただけに、ここで勝って帰れたらと思いましたが、中三日の連戦で名古屋から盛岡と遠地アウェーが続いた事も地味に効いてしまったかもしれません。
 クッキー→平の交代で守りに行ったなと思いましたが、恐らく前線の攻撃陣が動けなくなってボールキープ出来なくなっていたのかもと。
 ここで前線でキープして溜めを作れて押し上げるFWがいれば、クッキーを下げていれていたでしょうが、サビアはどちらかというとゴール前で決めるゴールゲッタータイプなので有効ではない。
 平をボランチの位置に入れたのは次善の策なのかも。

 それでも勝ち点1を積み上げて帰って来れました。
 次節山口戦が今季の天王山になりますね。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で、今週は火・金発行です。

 トップは今日・明日で行われるACL。
 ガンバも柏も勝ち上がり条件は厳しいですが、まずは勝つこと。
 浦和が自分が出る訳でも無いのに、ホームを金曜日開催にしてまで協力したんだから、意地見せろよ柏!

 リオ五輪最終予選に関する記事で1ページ。
 勝てば良かろう!な予選なので、どうにかして勝って下さい。

 J1マッチレポート。
 川崎は1ページ貰ってます。

 J2マッチレポートはちょっと控え目に。
 千葉は勝ち切れませんね。
 喜作の昇格を待っているのに。

 

【川崎】上昇気流に乗れたか?  アウェー甲府戦(〇1-3)

cIMG_8793.jpg
 現地参戦のサポさん、お疲れ様でした。 
 勝つと帰り道も軽やかです。
cIMG_8762.jpg
甲府と言えばとりもつ煮とワイン。 今回はアウェーツアーだったのでアルコールも試合に影響しない程度には。

 天皇杯に勝ったとは言えリーグ戦は上手く回っていない状況で、ここで負けると負のスパイラルに陥りかねない所でしたが、怪我人が戻ってきてメンバー選びに余裕が出た事もあって持ち直してきました。
 甲府も等々力でやった時の様な消化しきれなかった「樋口監督スタイル」から、昨季までの甲斐ナチオに回帰した事とバレーの加入でしぶとさがアップしてました。
cIMG_8830.jpg
ハーフタイムに回ってきた女子マネと犬。犬よ、楽しそうじゃないか 

・スタメンとフォーメーション

 天皇杯から森谷→中野に変更した以外はフォーメーションも含めて変わりなし。
 天皇杯で実戦テストして良好だったので、大きく変える必要はありませんしね。

・タサとユウの効果

 この試合では、今までより前線が活性化していました。
 ユウのサイドから侵入しての裏抜けや、タサの必要なときにいるべき所でボールを受けて回す形で、ケンゴやヨシト、リョータが自分の仕事に集中できてました。
 ボールを回して動く、軽快感が戻ってきました。

 まだ良かったときまでは戻ってませんが、メンバーも変わってきてますし実戦で結果が出て行けば時間はかからない感じをこの試合で受けました。

・中野初スタメン

 途中出場では鋭いドリブルとパスで攻撃を活性化させる意図での起用となりましたが、スタメンでは果して?と楽しみにしてましたが、ちょっと良いところを出し切れなかった様です。
 左SHでの起用なので、ちょっとボールを運ぶのには低い位置になるかなと思いましたが、全体的に上がっていけば空きスペースを突いたドリブルを見せられるだろうと。
 逆に心配だったのが、TMでスタメンのときはピリッとしないプレーをやらかしちゃう時があるので、90分テンションを保てないんじゃないかと。

 結果からすると、悪くは無いけれどミスが多いのがまだ経験値の低い所から来るのか、左サイドを上手く使えてなかったのは残念でした。
 中に切れ込んでのプレーとなった時に、中にいる味方と連携がもっと取れる様になれば面白い事になりそうです。
 マイアとの競争は一歩リードしていますから、上手く経験値を上げて欲しい所です。

・残念な失点シーン

 PKをバレーに決められ同点に追いつかれましたが、阿部に対する武岡のプレーは完全にタイミングを逸してました。
 本人もコメントしてましたが、止めに入るのはもう1テンポ早ければ阿部の足を払うような形にはならなかったと思います。
 ここ以外でも安定感が無く、タニの仕事を増やす一因になってました。
 厄介なバレーとロングボールを競って前にボールを供給して、さらに右サイドのケアですから、攻撃陣より忙しかった事でしょう。

 そして新井。
 まだ経験値が低い所が。
 バレーが助走に入った所でキックの2歩前位のところで重心を右に向けて飛ぶ気配を見せてしまっています。
 バレーを騙すフェイントになってればと思いましたが、せめてもう1歩我慢すればバレーに読まれなかったんじゃないかと。
 PKになったらGKは分が悪いのは、この前のナビスコ名古屋-ガンバ戦でも10本づつどちらもシュートストップ無しだった事からも判りますので、これも成長の為の先行投資だと思います。
 勝ったからこそですが。

・健勇のゴラッソ

 船山が交代カードのファーストチョイスでユウが戻ってきた事もあって、FWの序列が下がった健勇ですが、意識が変わってきたのか考えたプレーを見せるようになりました。
 ユウが外した場面でのパスもそうですが、結構良いところにポジションを取ってそこからどうするかの判断が早くなった様に思えます。
 ただこのまま行ってくれるのかは、もうちょっと見守ろうかなと。


 問題だった攻撃陣も甲斐ナチオを攻略して3点と復活の兆しを見せてくれました。
 守備の方はバレーへのロングボール攻撃にタニが手を焼かされ、リード後は甲府の前がかりの攻勢に押し込まれてと、ちょっと落ち着きが無かったのは気になりますが、イガを入れたのが、前線がボールキープしきれなくなったかららしいので、ボールを失う機会が減ればもう少し楽に守れたんじゃないかと。
 次はホームでちょっとピリッとしない名古屋。
 流石に次はてこ入れされてくると思うので油断はならないのですが、ホームでしっかり勝ちきれる様に。
cDSC_0862.jpg

cIMG_8868.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは久々に開催のJ1プレビューから。
 鹿島とガンバの対戦、ガンバが鹿島を止められなかったら、このまま走られる危険があるのですが、ガンバに勝ち点上積みされるのもイヤと、複雑な所です。

 川崎は2/3ページ。
 甲府の堅陣崩して勝てば乗れるので、結果出しましょう。

 天皇杯日曜開催分マッチレポート。
 名古屋を破った町田の扱いが良いです。
 天皇杯仕様のチームで、ジャイキリではなく順当勝ちと評価される内容で勝てたのは、チームに厚みが出来たと言うことで、次に繋がりますね。

 J2プレビューはボリューム少な目です。

 代表戦はアウェイアフガニスタン戦のマッチレポート。
 快勝でしたし、カンボジア戦でやり残した課題も上手くこなしたから、二次予選はこのまま行けるでしょう。

 

【町田】アップセット!  天皇杯2回戦 対名古屋戦(〇0-1)

 BS1もスカパー!も中継が無く、twitterでの実況を帰宅途中から追っかけてましたが、最後でドラマが待っていました。

 後半アディショナルにクッキーの突進がPKをもぎ取り、そのチャンスを孝司がきっちり決めて勝負を着けました。

 名古屋は野戦病院の状況で永井を代表に取られ、ナビスコでガンバと延長PKまで行って中二日で町田と天皇杯を戦う事になり、メンバーを大幅に入れ替えてきたのが裏目に出たようですが、そんなのは名古屋の都合ですしね。
 名古屋側の呟きを見ても、町田のゲームだった様です。

 日程は厳しく日曜は遠距離アウェーで盛岡ですが、名古屋に勝った勢いで盛岡ももう一回破りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村 

今日のエルゴラ

 トップはナビスコ杯準々決勝。
 ここまで来るとどのカードもドラマチックですが、一番は名古屋─ガンバ戦でしょうか。
 追いつかれての2失点の上にPKはシュートストップ無し。
 にも関わらず、最後に美味しい所をかっさらう。
 ガヤさん劇場の真骨頂です。
 準決勝に進んだのは鹿島・ガンバに初進出の神戸・新潟。
 どんな結果になりますか?

 天皇杯日曜開催分は天候に振りまわされましたね。
 鞠─滋賀戦は中断になりましたし。
 今日開催分も台風の影響が心配です。
 名古屋のコンディションと後の日程を考えると、名古屋─町田戦はやってほしいんですが。



 

今日のエルゴラ

 日曜開催の天皇杯とナビスコ杯のマッチレポートは水曜日掲載です。

 トップは明日の代表戦プレビューから。
 アフガニスタンとテヘランで対戦ですが、色々と言いたい事がありそうな感じ。

 天皇杯は土曜日開催分のマッチレポート。
 川崎は破格の扱いで見開き2ページカラーで載ってます。

【川崎】どう勝つか 天皇杯2回戦 松江シティ戦(〇3-0)

cIMG_8677.jpg
 カテゴリー違いの相手と戦う、アップセットの危険がはらむオープントーナメントの難しさの出る天皇杯が、9月最初の試合になりました。
cIMG_8655.jpg

・スタメンとフォーメーション
cIMG_8710.jpg

 リーグ戦鹿島戦から西部・武岡・コミ・森谷が入り、怪我明けのタサ・ユウが復帰したスタメン。
 フォーメーションは3-4-3か3-4-2-1か。
 3バックはタニを真ん中に置き左右がコミ・武岡と当たりの強さとオーバラップが強い二人がいる。
 コミが後ろなので左サイドは森谷。
 3トップは復帰のタサ・ユウがヨシトを挟む形に。
 控え選手にチャンスを与えるかと思いましたが、試合間隔が空く事もあったのでほぼベスメンで組んできましたね。

・様子見の序盤
cIMG_8658.jpg
 天皇杯はコムゾーが入れないので、コムゾーの人形を持つカブ 
 カテゴリー違いで情報が少ない事もありますが、どちらかと言えば自分たちの状況を見ていた感じがしました。
 トップは復帰明けの二人なので試合勘と言った所もありますし、負けたら終わりの大会なので慎重に入ったのかなと。

 松江は鹿児島との試合がネット配信されてましたが、守りに重きを置いてた様に見受けられました。
 この試合も同じ様に5バックだか6バックでゴール前のスペースを埋めに来てたので、どこに穴があるか見てた様な感じでした。
 ただ引き籠もるだけでなく、機を見てボールを取りに来るのでそこから剥がせる感じはありました。

 ただ、このところ勝ってないのでブロックの中に入ってのプレーが慎重だった感じがします。
 調子のいいときはもっと大胆にいけていたのですが。
 そんな中でもユウが最終ラインと駆け引きしながら裏を突く形を作っていたのが、徐々に効いていった様です。

・リョータの初ゴール

 今季初だったんですね。
 ブロックの外からのミドルでしたが、左右に揺すっていて真ん中に隙間が出来てきた所に、ケンゴが一拍置いてパスを出した事でブロックが左右に割れた所を豪快に通しました。
 以前も似たような状況でパスを選択した時にはがっかりしましたが、今回は自信を持って撃ち込んでくれました。
 この1点で先制できてから川崎の動きが良くなっていったので、試合の流れを変える一発になりました。
cIMG_8717.jpg
 天皇杯2回戦ならこの位でも

・ユウの復帰

 鹿島戦でも決定機に絡みを見せましたが、この試合では最終ラインにプレッシャーを掛けながら外から中に入る形で崩しに掛かってました。
 2本のシュートはGKに弾かれましたが、充分な威力があった事がこぼれ球をエウシーニョとヨシトが決める事が出来ました。
 もう少しコースを狙ってもと思いましたが、今はこんな感じでチャンスは撃つ事を優先でいいでしょう。

・タニのセンター

 今までイガが務めていましたが、この試合ではタニがセンターに。
 イガの場合どっしり構えて守備するタイプですので、対人的な当たりはともかくラインを上げる様なところでは一人残ってギャップになってました。
 イガ自体はチームのやり方に合わせようとしているので、角田の時ほどギャップは出来ませんでしたが。
 タニはこのあたりの前に出る所はきっちりやるので、左右のコミ・武岡も攻撃時に高い位置から前線へのフォローに出やすくなった様です。

・森谷と中野

 前半後半で左サイドを担当しましたが、森谷は調子を落としているのかな?と思えました。
 生粋のサイドアタッカーでないので、外から中に入る動きで中の数的優位を作るのが目的だったと思いますが、囲まれたところでバックパスを選択する森谷と前を向いて出し先を見ながらドリブルも含めて出し先を作る中野の違いが後半の左サイドの状況に出ていました。
 森谷の所で詰まるとコミが上がれないし、ボランチのどちらかもフォローしないとなりませんし。
 中野がスタメンを掴むかは判りませんが、交代カードとして信頼は得たと思います。

・気になるところ

 総じて1週間掛けて復帰組とのすり合わせが出来た事で、停滞感のあった前線も大分改善していました。
 ヨシトはまだ満足してないでしょうが、メンバーがある程度固定できれば熟成は図れるでしょう。
 問題は点を取ってリードが出来た後半にプレーが雑になる所でしょうか。
 気が抜けるのかは判りませんが判断ミスやパスミスが気になりました。
 相手との差があるとは言っても隙を見せれば反撃されますし、J1ならゴールを奪われます。
 リードしたらより丁重にお願いしたいです。

 この試合に限っての事と思いますが、ケンゴと武岡のプレーが軽かったのが気になります。
 ケンゴはパスミスが多く、とても食い付く餌を撒いていた様に見えませんでしたし、ボールをかっさわれる事もあり、そこで奪い返すのを早々に諦めてます。
 替えの効かない存在だからこそ、ミスは最小限にお願いしたいです。
 武岡も安易にボール失って、全速で守備に戻る破目になる所は以前にはあまり見られなかったので、ちょっと突き当たっているのかな?と思えるのですが。

cIMG_8721.jpg
cIMG_8728.jpg
 水撒きを久々に見れました。

 勝ちがなかった8月を過ぎ、9月は勝利で始まりました。
 格下相手にベスメンで云々と言いたい方もいる様ですが、今は建て直しの真っ最中ですので、貴重な実戦の場で試せる事を試さないでどうするのかと。
 Bチームで勝っても狂いの出たチームの修正にはならないんですから。

 次の甲府戦で結果を出してもらいたいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【日本代表】良くなってる様には見える 2次予選ホームカンボジア戦(〇3-0) 

 生中継は見れませんでしたが、録画を見た限りではシンガポール戦よりまともな戦術で動けてる様に見えました。
 シンガポール戦は力任せに正面攻撃に終始してましたからね。

 この試合を見てるとサイドから上げるクロスをいろいろ工夫したり、最終ラインからの攻撃参加したり、少しは考えたプレーが出来てた様です。
 ただエリア内に相変わらず人が多過ぎ。
 最初からいると邪魔なだけなので、ここぞと言うところで侵入するようにすればと思うのですが。
 長友がゴール前にいるってのもなぁと。
 本田さんの先制は技ありな感じでしたね。
 クロス入れる振りしてエリア外からミドル。 それまでクロス入れながら、あそこの位置ならカンボジアは取りに来ない事が判ってて撃ち込んでましたね。
 無回転であれだけまっすぐ飛ぶってのは相当な威力があった筈なので、経験値の少ないGKが弾ききれないのも無理はないです。

 変わった後半は意表をついたマヤヤのミドルとゴール前の混戦からかがーさんが押し込んで2点。
 どっちも崩しきってのゴールではないので評価されてない評論家もいる様ですが、チャンスを捉えてのシュートが決まっているので、それ程問題でも無いでしょう。
 後半、かがーさんが左サイドに張った事で左からの崩しが仕掛けられてましたから、そこから点が取れてればこの試合の評価はまた違ったものになったでしょう。

 カンボジアにしてみれば、3失点で済んだのは成果だったと思います。
 日本相手に勝ち点が取れないなら、2次予選を通じての得失点差で不利にならない程度の失点で抑える事が優先されている様な試合展開でした。
 早々にゴール前を固め、ブロックの外でボールを回されても食い付いてポジションを捨てず、無理にボールを奪ってFKを与えるファールも避けてと、専守防衛に徹してました。
 そんな相手のゴールをこじ開けるのはかなりしんどいゲームになるのは判ってますしね。

 ただ、いくらゴール前を固めてると言っても、選手間のスペースは人が走り抜ける位開いてますし、ボールホルダーに寄せてくる分ファーサイドは手薄になるので、そこを突ける様なら、もっとやれるはずです。
 1試合やって、実戦で連携ややり方は確かめられたので、来週のアフガニスタン戦はそれなりに期待していいんじゃないでしょうか。
 目茶苦茶点を取っての爆勝って訳にはいかないでしょうが。

今日のエルゴラ

 トップは夏に補強した新戦力ランキング。
 即効性で評価されている様です。

 ナビスコ杯準々決勝第1戦マッチレポートが続きます。
 浦和の負けっぷりには清々しさすら感じます。
 興梠と西川が居ないだけでこうなりますか?
 まともに紅白戦出来るのか?な野戦病院な名古屋とリーグ戦から10人入れ替えのガンバも、荒れそうな試合が終わってみれば1─1のドロー。
 それなりにレベルが合ったんでしょうか。

 天皇杯2回戦プレビュー。
 エルゴラ的注目カードは川崎─松江シティ戦。
 扱いが破格です。
 マルにお礼参りされんように。

今日のエルゴラ

 トップは代表から。
 明日もう試合なのか。
 二次予選でバタバタする事も無かろうにと思いますが、監督の意図通りに選手が動かないのも拙いですしね。
 どう勝つかを代表の皆さんに見せて貰いましょうか。

 続いては日曜開催のJ1レビュー。
 連戦のガンバが省エネで湘南をクリーンシート。
 つまらなく勝てるのが今のガンバですね。

 天皇杯1回戦マッチレポート。
 各地の試合が取り上げられる中、盛岡─町田戦は無視。
 同一カテゴリーは駄目だったようです。
 1回戦は同一カテゴリー対戦は組まないとか出来ないもんですかね。

【町田】天皇杯 2回戦へ   

 どこかで中継はと思いましたが、同一カテゴリーだとアピール度に欠けるのか、NHKにもスカパー!にもスルーされたので現地からのtwitterが頼りでした。

 東京都トーナメント決勝といい、この盛岡戦といい、前半に先制して先手を取れているのは何かが変わったのでしょうか。

 次の2回戦はJ1名古屋。
 怪我人続出の野戦病院状態なのに永井を代表に出した事で更に苦しいようで、そんなでナビスコ杯と天皇杯の連戦が出来るのかなと。
 町田にとっては有利な話しですが、こちらも連戦になるので選手のやり繰りが鍵になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR