今日のエルゴラ

 31日開幕の高校サッカー選手権出場48校の登録メンバー完全名鑑がメインです。
 この中から10年後の代表選手が出てくるんでしょうか。

 天皇杯準々決勝マッチレポート。
 仙台─柏戦の扱い方が。
 同じ地方開催でもF東─広島は扱いが良いんですけど、ページ数の関係か?
 続いて準決勝のプレビューは2試合を1ページに。

 皇后杯決勝は裏表紙。
 詳細は次回ですね。

 
スポンサーサイト

【川崎】青年は荒野を目指す?

 新規加入選手のお知らせをドカンと入ってきましたが、一気に吐き出しましたね。
 もう一人は現所属が天皇杯に残ってたから、それが終わったので、今年中にはあるんじゃないですかね。

 新加入選手に期待する事は今後記事にしたいと思いますが、今回は去った選手について。

 船山については、仕方がないかなと思います。
 試合出場数も多くチャンスを貰ってましたが、結果が出なかった。
 アシストは記録してますしどれもいいアシストでしたが、FWに求められるのはゴールですから無得点は。
 船山より出場時間が少ない健勇がなんだかんだで6点取ってますし、試合を決めたナビ鞠戦の様なゴールも獲ってるだけに。
 中盤と言うか1.5列目の選手としては良くやってくれてたと思いますが、タサの加入と中野の台頭で出場機会が来季も増えるかは判らないので、千葉への移籍は仕方がないかなと。

 船山より訳が判らないのは健勇ですね。
 退路を絶ってセレッソから川崎に来たと思っていましたが、進む先にセレッソが何故かいたと言う。
 ネットでは中々いい意見は見当たらず、柿谷や南野の様に海外挑戦で出て行くのは良いが、国内移籍は駄目って事らしいですが、川崎で思ったようなと言うか平年並みの結果しか出ずにまた戻るのは余計に癪に障る様です。
 判らないでも無いですが。
 戻っても柿谷の復帰がありますし玉田とか残る様なので、3番手以下からのスタートです。
 リーグ戦半分程度の出場と5~6点では失った信頼は得られない。
 スタメン確保と20ゴール位は求められるでしょう。
 監督も大熊さんがやる様なので、以前のセレッソとも川崎とも違うサッカーの中で、サポの信頼と言う高いハードルをクリアできるか、彼の判断が正しかったところを見せてもらいましょう。

cIMG_9446.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは明日開催の天皇杯準々決勝プレビューから。
 4回戦から間が開きすぎて、どこが残ってたかも忘れてました。
 広島以外は試合も無く、暇してただけに、試合感が怪しい所です。

 高校サッカーはMF&FW編。
 もう来週開幕なんですね。
 時間の過ぎるのが早いです。

 皇后杯準決勝は扱い小さかったですね。

 

皇后杯準決勝を観戦してきました

cIMG_1956.jpg
cIMG_2007.jpg

 等々力で開催された皇后杯準決勝を観戦してきました。
 2試合通しのチケットでしたが、再入場は不可と言うのはちょっとサービスが悪いなと。
 試合の合間に買い物に行きたいじゃないですか。 丁度昼時にあたるんだし。

   11時KOの第一試合がベガルタ仙台レディース-INAC神戸レオネッサ。
   14時KOの第二試合が日テレベレーザ-アルビレックス新潟レディース。

 どちらのカードも面白い対戦になる予想ができましたが、何故か?第一試合が終わったらお帰りになる方々が多数。
 澤さん目当てですかね。
 もっとも結構寒かったので2試合連続で見るのはかなり苦行ですが。

・ベガルタ仙台レディース-INAC神戸レオネッサ

 仙台は前半序盤のINACを押し込んでた時にゴールを奪えなかったのが全てでした。
 INACの方が技術的には上でしたが、仙台は運動量を上げてプレスをかける事で対抗していました。
 それだけに早い時間帯に先制点が欲しかったところです。
 INACのGK海堀に弾き出されたシュートが決まっていたら、展開は大きく変わっていたと思います。
 INACが仙台のプレスをいなすようになってからはINACのゲームとなりました。
cIMG_2006.jpg

・日テレベレーザ-アルビレックス新潟レディース

 ベレーザのパスサッカーと新潟の縦に速いサッカーの激突となりましたが、お互いに決め手を欠く試合となりました。
 ベレーザは細かいパスを回して新潟の守備陣形を崩しに掛かってましたが、「出して動く」はやれても「動いて受ける」がイマイチはっきりしなかったので、パスを読まれてカットされる場面が多かったです。
 新潟も最後で踏ん張って守備ラインを割らせませんでしたし。
 新潟はパスの精度がいま一つだったのが残念。
 ロングパスの精度と言うか、誰に出しているのか受け手は感じてないのにだしてるのか?と言ったパスが見られました。
 そこでベレーザにボールを回収されるので、攻撃が続かない。

 延長に入ったところでPKまで行くなと思ったら、案の定…。
 ベレーザは一人目二人目が続けて失敗した事で追い詰められた様です。
 新潟も二人目三人目が失敗した為に並ぶ事はできたのですが、流れを完全に新潟に持って行かれました。
 五人目の坂口に掛かったプレッシャーは半端無かったと思います。
 W杯優勝メンバーであり様々な経験をしていても、普段ならきっちり決められる筈のシュートコースが甘くキャッチされてしまう。
 PK戦の怖さを見せられました。
 ACLのセパハン戦でタニのミスキックで敗退した時の事を思い出しました。
cIMG_2084.jpg
cIMG_2086.jpg

 皇后杯決勝はINAC神戸レオネッサ-アルビレックス新潟レディースの対戦となりました。
 どちらが勝っても女王に相応しいチームが、27日の等々力でどんな戦いを見せてくれるでしょうか。




 

今日のエルゴラ

 メインは今年引退したW鈴木ロングインタビュー。
 ドラマのある二人だけに、内容は厚い。

 Jリーグアウォーズは1ページ。
 扱いはそれなりです。

 CWCはトータル3ページ。
 広島の扱いがバルセロナより良いのは、流石エルゴラ。

 高校サッカーは2ページ。
 GK&DF編。
 どんな大会になりますか。

 
 

今日のエルゴラ

 トップはU─22。
 枠を2つ残した所にテグさんの苦悩が見えます。
 どうせならオーバーエイジ入れちゃいなよ。
 ただしヨシトは貸さないぞ。

 続いてはEGアウォードJ1編。
 MVPは異論は無いでしょう。
 来年はここにケンゴが納まって頂きたい。

 

ラグビー初観戦  キヤノンイーグルス-トヨタヴェルブリッツ(26-10)

cIMG_1831.jpg

 野津田でラグビーの試合があると知り、初観戦してきました。
 どちらかと言えば、今年最後のYASSカレー目当てって部分もありましたが。
DSC_0976.jpg

 ラグビー自体、テレビ中継しててもあまり見る機会が無かっただけに、どんなだろうかと、月曜に見たアメフトとはどうだろう化と思いながら観戦してました。
cIMG_1845.jpg
 キヤノンのメインキッカ-は14番。 前半は「どっかの14番もこれくらいFK決めてくれれば」と思いましたが、後半は…。

 意外?と言ってはなんですが、割とスピードはあった感じはします。
 ただ、相手を潰して終わりのアメフトと違って、相手を押し倒してから更にボールを奪い取りプレーを続けるラグビーはちょっと違和感を感じたのも事実。
 折り重なった中で何やってるのかが判らないのが。

cIMG_1918.jpg
ハーフタイム中のチアリーディング。 人数は少ないもののしっかりとした演技を見せてくれてました。

 この試合、観客動員は2000行ったのかどうか。
 ヤマハは13000集めたらしいですが、完全に五郎丸目当てですかね。
 なんかW杯優勝直後のなでしこの様な道を走りそうな感じがします。
 ラグビーがこのブームを上手く取り込めるか、関係者の舵取りが重要になりそうです。
 この試合は町田が協力して、YASSカレーやコンフィコンフィを初めとするホーム開催時のお店が出店してくれてましたが、試合終了後も殆どのお店が営業中でした。
 想定よりお客さんが来なかったのか、告知があまりされてなくてスタメシが充実してるのを知らずに買って来た人が多かったのか。
 Jリーグって、何だかんだ言ってもしっかり試合運営やれてるんだなと再認識してしまいました。
 W杯直後のリーグ戦でチケットが完売なのに客が来ないってのは、オーガナイズの問題です。
 興行として成り立たせて行かないと、この先厳しい事になりそうです。

cIMG_1943.jpg

タイトル奪取は難しい。連覇はもっと難しい。 X-BOWL フロンティアーズ-インパルス(●21-24)

続きを読む

今日のエルゴラ

 トップはクラブワールドカップの広島─リーベルプレート戦マッチレポート。
 広島が善戦した試合でしたが、南米王者の壁は厚く高かった事を示された試合でした。
 このレベルに手が掛かるまでまだまだ時間は掛かりそうです。

 大学サッカーのインカレ決勝は明日駒場で。
 関西勢の対決なだけに、大阪が会場だったら良かったのに。

 

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で今週は火金2回の発行です。
 日曜のCWSの記事を充実出来て、エルゴラ的には幸運な休刊日でした。

 CWSは広島の健闘が光ってます。
 日本のクラブがベスト4に残ったので、紙面も広島の比重が高くなってます。

 裏表紙の記事にケンゴが出てます。

 

【川崎】ストーブリーグ 

 久々に川崎ネタで記事を。

 報道によると甲府の阿部拓馬の獲得に失敗とか。
 F東に行くらしいです。

 川崎が本気で狙ってたかは判りませんが、川崎の場合は話題に出てくる所に本気で行ってるのか怪しいところがあるので、裏で本命は誰なんだろう?って部分があります。
 情報統制がしっかりしてるのは良い事です。

 契約満了になった選手は後ろの選手が多いので、後ろの選手の加入はあると思いますし、怪我人の意外な多さを思うと複数ポジションこなせる選手がいてくれるとありがたい。
 フィジコやチームドクターを誰がやっても怪我人が減らないなら、あとは練習場のグランドキーパーを変える位しかないのですが。

 ただ、今季勝ちきれなかったのは、失点が多かったからじゃなく、獲るべき所で点が獲る事が出来なかったのが大きいです。
 失点シーンはボールを失うのは前で掻っさらわれて、そのまま持って行かれて最終ラインが破られる方が、最終ラインのミスでショートカウンター喰らったのより少なかった印象があります。
 攻めきれれば、そんなカウンターを喰らう必要はないのですから。

 理想は今季のレノファ山口ですね。
 あれだけ点を獲りまくれば、攻撃しっぱなしで守備に掛かる負担は軽いです。
 失点しても倍返ししてくれる攻撃陣がいると思えば、余裕を持って守れます。
 相馬さんのサッカーにノーを突きつけて、川崎は攻め勝つ事を選択したんですから。

 ヨシトと並んでシーズン通じて稼働できる、前線でボールが納まって点が取れるアタッカー。
 要はレナトの様な存在が一人いれば状況は変わります。
 ユウは通年稼働には不安が残りますし、ヨシトに掛かる負担を減らす意味でも。

 今季2ndステージ最大の誤算はレナトが強奪された事につきます。
 あの時点でヨシトと並んで得点源になってましたし、あのままいてくれればヨシトはもっと点がとれてた筈です。

 ただ、そんな都合のいい選手がそうそういるわけでも無いので、ユウが大きな怪我をせず、船山・健勇が大躍進してくれる事に期待ですね。

 練習試合に出ていた彼はどうなのだろう?
 今の時期にあのメンバーに入ってあれだけやれてれば、キャンプを通じてかなりやれる様に思えましたが。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

人生がぶつかるJ3

大分合同新聞の企画で『J3降格 検証 大分トリニータ』と言う記事を掲載しているとTwetterで見ました。
(記事は期間限定かもしれません)
 
  その中で大分の試合を観戦した事があるかをアンケートしていましたが、気になったのが「J3はレベルが低そう。入場料払ってまで見ようと思わない」と言う意見。
 回答者の意見はよく判ります。
 正直なところ、レベルがと指摘されるとね。
 スカパー!で見る層からもそう思われるだろうなと感じます。

 ただ、お金を払って見に行く価値が無いか?と言えば答えはNoです。
 むしろ一番現地で見てほしいカテゴリーがJ3だと思います。
 技術的な部分や戦術面では上のカテゴリーより見劣りするかもしれません。
 しかし画面には現れない「熱さ」がきっと感じられる筈。

 J3は「頑張る」が一番出ているカテゴリーです。
 プロ契約の選手だけでなく、別に仕事を持ってサッカーに取り組んでいるアマ選手も多く、そこまでしてサッカーに打ち込んでいるが故の頑張りがあるカテゴリーです。
 プロ契約の選手にしても、クラブの規模が街クラブのレベルなので環境に恵まれている訳でなく、練習と試合の他に地元とのいい関係を作るために行動して行かなければなりません。
 より地元に密着して行く事が求められるレベルは決して上のカテゴリーに負けるものではありません。

 彼らのそんな戦いを見る事に価値を見いだせるからこそ、お客さんは足を運ぶのです。

 以前にJ-22選抜の選手のあり方について、記事にした事があります。
 彼らが勝てないのは技術でも戦術でも連携の熟成度でもなく、Jリーグでサッカーが出来る事の意味をどれだけ深く知っているかです。
 相馬さんは『J3は人生がぶつかる場所』と言われています。
 2シーズン戦ってきた中で得た経験から来る言葉です。
 来季J3で戦う大分と栃木、新規参戦が噂されるJのセカンドチームが、この言葉の意味をどうとるか。
 思い知らされるのか、糧として将来に繋ぐ事になるか。
 その結果は来年の今頃にはっきりします。

 入場料も割安なところが多いので、機会があれば一度スタジアムで観戦される事をお薦めします。

cIMG_1539.jpg


 


タイトルを獲ると言う事 星を付ける資格

 J1経験がありタイトルホルダーである大分のJ3降格について、いろいろと言われています。
 町田が堕としたからだろうが!と言われそうですが、町田は最後の一押しをしたに過ぎません。
 ここに至るまでに紆余曲折の全てで逆張りしてきたから、21位になって入替戦に出る羽目になった訳ですし、最後も大分は何やりたいの?なサッカーで終わる破目になりました。

 タイトルを獲るには力が必要です。
 と、言うより獲る力があるからタイトルはやってくるもの。
 貰うシャーレやトロフィはその証明です。

 ただ、勘違いしては行けないのは、それらは

 「君たちはタイトルを獲る位に強かった。
  それを証明する。
  ただし、その強さが未来永劫続く事を保証するものではない」

 と言う事です。

 タイトルを獲るのは難しい。
 しかし獲り続ける事はもっと難しい。

 残念ながら大分はその力を維持できなかった。
 ユニに星を付けるのは、獲る力を維持して獲り続ける意志を示す事だと思います。
 タイトルを目指すなら、その覚悟も背負って行く事も含めなければならない。
 だからこそタイトルには価値があるのです。

今日のエルゴラ

 シーズンオフが始まった事を認識する構成です。

 トップはエルゴラが選んだ4人の選手のコラム。
 シリーズ化して他のクラブの選手も取り上げそうです。
 戦績や経歴だけで選んでる訳でも無さそうです。

 EG AWORDSはJ2から。

 シーズンオフ恒例の引退選手のロングインタビューも始まりました。

今日のエルゴラ

 トップは明日開幕のクラブワールドカップ。
 オープニングゲームは広島─オークランド。
 広島はどこまで駆け上がることが出来ますか?
 バルセロナとは決勝で当たります。

 スカパー!のマッチデイハイライトのMC平ちゃんのインタビューは1ページ。
 スタジアムに取材に来ても良い人オーラは変わらない人です。

 J2昇格プレーオフマッチレポートは2ページ。
 昇格を逃したセレッソは来季どんな戦いをしていくのでしょうか。

 J2J3入れ替え戦マッチレポートも2ページ。
 町田側メインの構成でハンジェさんの残留宣言に絡めたコラムあり。
 大分はここに至る迷走がコラムに。
 番記者でもここまで書くって、内情はもっと闇が有りそうです。

 

今日のエルゴラ

 土曜日開催のCS決勝2ndleg大特集。
 1stlegに負けないレベルの気合いの入った内容です。

 J2J3入れ替え戦2ndlegも速報レベルで入ってます。
 町田目線のみで大分は為田のコメント以外無し。
 水曜掲載分で大分も含めて大きくやってくれると思います。

【町田】ありがとう 入替戦アウェイ大分戦(〇0-1)

 この試合の記事のタイトルは初めから決めてました。
 結果はどうであれ、長いシーズンを戦い切った選手・スタッフを初めとするクラブ関係者に感謝です。

 入れ替え戦は2試合通して良いところを見せられたわけではないですが、しっかりと結果を出してくれました。

 12年の最終戦。
 試合終了後、雨の中のセレモニーをボンヤリ見てた記憶があります。
 Jリーグから追い出されるって事がどんな事か判らずに。

 あれから3シーズン。
 後一歩を繰り返して来ましたが、入れ替え戦で悪い流れを断ち切ってくれたと思います。

 J2に復帰してやっとJに戻ってきた。そんな感じです。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

ポストシーズンというもの

 今スカパー!で先週のJ2J3入替戦の再放送をやってるので見ています。
 昨夜もJ2昇格プレーオフを再放送してました。

 11月で全てのカテゴリーでレギュラーシーズンを終え、ポストシーズンに突入しました。
 どの試合も熱く、ポストシーズンに進出したクラブはまさに「選ばれてきた」者たちであり、その意味を遺憾なく発揮してくれた試合だと思います。
 大分は…。

 そんなポストシーズンも今週末で全ての決着がつきます。
 果してどんな結果が待っていますでしょうか。

今日のエルゴラ

 トップは水曜開催のJ1CS 1stlegマッチレポートから。
 2ndlegプレビューも含めて10ページに渡る大特集。
 広島・ガンバに関わりのある人は必見、そうでない人はお好きに。

 J2プレーオフは最終見開き2ページに。
 最後の1戦なんだから、もっとページが欲しいところです。

 許し難いのはJ2J3入れ替え戦2ndlegがページ半分って事。
 大分まで取材に行く余裕が無かったのか? ほぼ町田の記事になってます。
 エルゴラ、大分には売って無いんだろうか?


 

今日のエルゴラ

 トップはJ1のCS決勝第1戦プレビュー大特集から。
 2試合分これをやるのも大変でしょう。
 しかも第2戦は今日の結果を受けて内容は大きく変わるでしょうし。

 J2プレーオフのマッチレポートはそれぞれ見開き2ページ貰ってます。
 熱い試合をやってるので、この位の扱いはされないと。

 J2J3入れ替え戦は今日も1ページ。
 月曜の速報レベルから深堀されてます。
 大分の混乱は次に続くのか?

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR