【U-23】リオへはアジア王者として 決勝 韓国戦(〇2-3)

 準決勝を勝ち上がって一番の目的であるリオ五輪の出場権を獲得。
 余勢を駆ってアジア王者を目指した試合でした。
 一番の問題は五輪出場権を取って気持ちが切れてないか?と言うところでしたが、流石にそれはありませんでした。

 ただ、この試合は日本が強かったから勝ったのではなく、勝ったから強かったと言ったところでしょうか。
 韓国の方が技術も戦術もソフィスケートされていました。
 それでも気がつけば日本が勝ってるのが、絶頂時のテグサッカーという不思議。
 2-0は危険なスコアと良く言われますが、韓国は後半早い時間帯で追加点を取って、残り時間をどうするか迷いがあったのに対し、日本は点を獲る以外の選択肢は無くなった時点でシンプルにゴールに向かえる形が出来たと思います。
 最後までフィジカルで上回る韓国って形が今回のチームに無かったのも幸いでした。
 前半飛ばしまくってた事もありますが、後半半ばでガス欠になるとは思いませんでした。
 特に浅野がゴールを決めたあたりから最終ラインがついて行けず、点を取りに前がかり気味になる日本とかみ合って、かなりオープンな撃ち合いになって移行したように思えます。

・いただけない失点

 1点目は岩波がやらんでいい足だしで櫛引の邪魔をしたのが直接的な原因ですが、サイドから入られてPA内で完全に崩されていたので、あれが無くても何時かはやられたと思います。
 その位サイドが緩かった。
 2点目はフォメを4-3-3に変えた直後と言う事もありますが、サイドで持たれた所でアンカーに入った遠藤がまるで仕事せずに中央で裏取られた時点で勝負あり。
 守備で奮闘してたリョータを一列上げた時点でこうなりそうな予感はありましたが。

 まずは守備からと言われてたテグジャパンですが、あの程度の左右の振られ位は上手くいなさないと、本番でボコボコにされますね。

・取説

 奈良と原川の取り扱い動画な感のある大会でした。
 出場機会は限られてましたが、川崎でならどうだろう?と置き換えてみれたのは収穫です。
 奈良はまだ粗いですが、前に出る意識は高くメリハリを着けられそうです。
 タニやネットとの絡んで守備の形が出来そうです。
 原川は攻撃的にボールを散らせて、ミドルを撃つ意識も高い。
 今はリョータの方が優先順位は高いですが、ケンゴを前に出した時のボランチコンビとしては面白そうです。

・気になるリョータ

 なんと言うか、徹底的に遠藤と合いませんね。
 ここまで相性が悪いとどうしたものかと。
 遠藤がフラフラと前に上がって行っちゃうので、アンカー的な役割をリョータがやらなきゃならない。
 遠藤をボランチに置くのは、阿部ちゃん的なプレーを期待しての事だと思いますが、浦和は何処で使うか判りませんが阿部ちゃんと那須の2バックは苦労しそうです。
 後半初めから2列目に入って前線に近いところで原川と仕事できるかと思ったら、失点で機能せず。
 ボランチの位置からパスを付けるには前線がまるで反応しないから、もっと近くに寄った筈なのに、ちょっと運がなかったですね。
 繋ぐ意識の薄いチームでパス精度は雑、受け手の感度は浅野以外低いとなると、ちょっとこの先が心配になります。

 この大会、決して日本が強さを発揮した訳ではありません。
 GLも実力的には小差でしたし、日本以外がつぶし合いだったのも幸いでした。
 ノックアウトステージもイラン、イラクは試合を支配されてましたし、韓国は決めどころでケリをつけられないでくれただけです。
 五輪本番で今のサッカーやってたら確実にGL敗退ですので、プレーの精度を高める技術の向上が重要です。
 戦術は「戦術浅野」な勝ちパターンは出来つつあるので、割り切ってこの戦術に磨きをかける事でしょうか。 

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 U─23のリオ出場権獲得を受けての準決勝マッチレポートから。
 90分で決着しないでPKまで行くかなと思い始めたところでの原川のゴールは劇的でした。
 あの状況であれが撃てるとは。
 シーズンが楽しみです。

 決勝の相手は韓国。
 アジア大会の借りを返したいところですが、まずは怪我させられないことを。
 南野を呼び戻したクラブの判断が正しかったって事にならないように。

 戦力分析は甲府。
 昨季のカイナチオにどんな変化がくわえられましたか。

今日のエルゴラ

 流石に昨夜のU─23は間に合わず。

 キャンプ期間中のイベント、ニューイヤーズカップが開幕。
 F東─琉球戦のマッチレポートから。
 キャンプではフィジカルをメインメニューにしている時期なので、まだまだな感じです。

 戦力分析は名古屋と仙台。
 ツゥーさん去った名古屋。
 小倉新監督の望む補強は出来たのでしょうか?


 

【U-23】リオ出場を原川が射落とす

 てっきり延長に突入かと思われたところで、原川のゴラッソがオリンピック出場を決めるゴラッソなボレーを決めてくれました。
 試合の流れはイラクに持って行かれるシーンが多かったですが、完全に流れを持って行かれないようにしぶとくプレーできたのが大きかったと思います。

 残り1試合。
 勝って帰ってこい!  でも怪我だけはしてくるなよ。


 

今日のエルゴラ

 トップはU─23。
 意外な日本一強の結果に終わったGL。
 日本以外勝利無しに終わってますが、日本が圧倒したというより、日本に勝ち札が回ってきただけに見えます。
 今夜からは「勝てば天国負ければ地獄」のノックアウトステージ。
 ここで勝ち札が回ってきたら本物。

 戦力分析は湘南。
 替えの効かない主力を抜かれて、その穴が埋まった様には見えませんが、どうなりますか。


 

今日のエルゴラ

 各クラブの新体制発表会ネタから。
 トップはガンバ。
 J3参戦もあって、人数は増えましたが、目玉はアデミウソンでしょうね。
 クラブハウスが会場らしく、実務一辺倒なイベントだった様です。
 同じ頃、東ではアレやコレやのイベントが。
 盛り沢山の内容に1ページって…。

 千葉はフクアリで。
 天気が持って何よりでした。
 集合写真は選手全員ですよね?

 戦力補強は鹿島と浦和。
 どっちも良い補強が出来た模様です。

 

今日のエルゴラ

 流石に今朝は出勤途中にアップはできませんでした。

 J-23タイ戦マッチレポート。
 テクニック重視のタイ相手だとかなり優位に試合を展開できましたね。
 連勝でGL突破した事で、サウジ戦をテストに使える様になったのは大きいです。
 サウジ-北朝鮮戦を見た限りでは、サウジはかなりボールを回してくるタイプの様ですので、しっかりついて行ければ3連勝も見えるのですが。

 次々と始動したクラブのレポートも。

【川崎】新体制発表会参加しました

cIMG_2508.jpg

 新シーズン最初のビッグイベント、新体制発表会に行ってきました。
 今回の洗足音楽大学 前田ホールは初めて参加しましたが、規模は小さめでも設備の良いホールでした。

 内容そのものは例年通りのプログラムでしたが、いろいろとアトラクションやサプライズがあり、長時間に渡るイベントでしたがだれることなく見させてもらえました。

 今季の補強ポイントとして失点が多いところの手当てを行っているとの事。
 守備的な選手を入れてますので、かなりの部分で対応できるかなと思います。
 ただ、前でのボールの失い方が悪いとあっと言う間に最終ラインまで持って行かれるので、この点のケアがあれば失点はかなり減るかなと。

 そして攻撃力もヨシト頼りになってしまった所はきちんと認識されています。
 ヨシトにマークが集まってしまうのは、前線でヨシトに続くストライカーがいない為で、レナトを失った事が2ndステージ最大の誤算でした。
 攻撃的で且つボールをキープできる選手が前に補強されたので、ユウが怪我で離脱しても昨季よりは手詰まり感が改善されそうです。
 森本・大塚・狩野と前所属でいま一つ光れなかった選手たちが、再び光ってくれればと期待します。

 イベントもこちらの予想の斜め上な所は相変わらずでした。
 川崎市と組んでJAXAとコラボなんて…。
 JAXAの本拠地は相模原なんで、SC相模原から何か言われそうですが、このあたりどうなんでしょうね?
 これ絶対にISSを絡めた何かしらやりますよね。
 プロモーション部は何処に行くつもりなんだろう?

 背番号のサプライズはノボリの2番、リョータの10番でしょう。
 これでまた新しい世代に一歩入って行った様に思えます。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはU─23北朝鮮戦マッチレポートから。
 ハラハラドキドキは有ってもワクワクは無い今回のU─23。
 薄氷が何度か割れましたが、相手の精度の低さに救われた試合でした。
 続けて明日のタイ戦プレビュー。
 勝てばGL突破に王手ですが、大丈夫だろうか?

 新体制は浦和の16シーズンユニフォームは横縞ですか。

 開幕カードも載ってました。

 
 

今日のエルゴラ

 今日から開幕の五輪予選を兼ねたU─23選手権。
 エルゴラもしっかり特集しています。

 歴代のU─23のメンツと比べるとJ1のスタメンが少なく「ちょっと」感が漂う今回のU─23。
 良い意味で期待を裏切って欲しい。
 でも出場が五輪決まると3人抜かれるのか。

 高校サッカー選手権決勝マッチレポートもイベントの注目度に比例した扱いになってます。

 シーズン始動レポートは千葉と鞠。
 人が大きく入れ替わった千葉と、人の出入りが少ない代わりに環境が大きく変化した鞠。
 どんなシーズンになりますか。

 

Fの血統か? レッドウェーブ皇后杯準決勝敗退

 土曜日は代々木体育館まで皇后杯準決勝の観戦に行ってきました。
 一日通し券で男子の天皇杯まで見れるので、皇后杯準決勝第一試合から男子の天皇杯第一試合までを観戦。
 流石に3試合見るとバテましたので、4試合目はパス。

 レッドウェーブ-デンソー戦は第二試合でしたが、始まってレッドウェーブ側のシュートを3本くらい見たところで、「これヤバいんじゃ?」と思わされました。
 シュートが悉くリングに嫌われてましたから。
 デンソー側はそれほどシュート数は多くなかったのですが、精度の高さが光ってました。

 前半を終わって双方30点行ってない、ロースコアの争いになってましたが、これはデンソーの戦術に嵌まってしまっていた様です。
 シュートを打たされる場面も多く、きちんとした条件で打たせてもらえない事で、なんと言うかリズムを失っていた様に思えます。

 逆にエリア内でデンソーの攻撃を上手く守備できなかったので、相手のシュート数が少なくても決定率の違いで常に主導権を持って行かれてました。
 終盤まで良く食い下がりましたが、狂ったリズムを戻せないままタイムアップ。
 準決勝で敗退となりました。
 カップ戦は勢いが必要ですが、今回はデンソーにその勢いを殺がれてしまった様に思えます。
 先手を取れる展開になれば、また違った結果になったかもしれませんが、試合の入りがどうして悪かったのか、分析して対策が必要です。

 仮に決勝に進んでいたとして、ENEOSに勝てたか?と言うと厳しい気がします。
 準決勝での対シャンソン戦を見ていると、攻守に隙が無い嫌らしい試合をやってましたので、デンソーより点は取れたかもしれませんが、タイトルを獲るにはちょっと厳しかった様に思えます。

 2015年と同じく準決勝で終わったレッドウェーブ。
 来年は決勝進出を。

cIMG_2492.jpg

【川崎】フロンターレ展

 シーズンオフのビッグイベント、フロンターレ展に行ってきました。
 2016年の後援会には昨年のうちから申し込んでましたが、中々行く機会が取れず、気づいたら最終日。
 去年も最終日に行った様な?
 成人式とかち合うので、ミュージアム周辺はかなり華やかなのはいいですが、展示にまでは中々新成人は来てくれないのが残念。

 それでもヨシトのゴールデンブーツも見れましたし、一年を振り返る良い機会である事は間違いありません。

 さて、今年の年末のフロンターレ展はどんな展示物が?

cIMG_0498.jpg

今日のエルゴラ

 トップは今日の高校サッカー選手権決勝のプレビューと、熱い試合となった準決勝マッチレポートから。
 東福岡─國學院久我山。
 どちらが優勝してもおかしくない顔合わせとなりましたが、結果はどうなりますか。

 新シーズン始動カレンダーが見開き2ページ。
 今日から始動する所も有るんですね。
 新体制発表会は清水のレポート。
 昨年とはかなり違っているようです。

 

【町田】やざ~さんがやって来た!

 何気なくtwtter見てたら、ビッグがお知らせが。
谷澤達也選手 加入のお知らせ

 千葉のやざーさんが町田にレンタル移籍してきました。
 千葉時代の試合はたまに見てましたが、敵に回すとなんともうっとうしい選手でしたが、味方に回ると何故か頼もしく感じます。
 歴戦のベテランらしいプレーを見せてもらう事を期待します。
 ポジションは何処になりますかね?
 相馬さんが16年シーズンも4-4-2を継続するなら、左SHとなるでしょうか。
 前線なら何処でもやれる感じなので、前線の競争はより激しくなりそうです。

 レンタルで来てくれましたが、町田が結構良い成績でJ2残留を決めたら借りパクできるかもしれません。
 今季の千葉の人の入れ代わりッぷりを見てると、片道切符の可能性も高いので。

24秒ルール

 バスケットボールの試合は最近見に行き始めましたが、昔は無かったのが「24秒ルール」。
cIMG_2388.jpg

 要するにボールを奪ったチームは、奪ってから24秒以内に攻めきらなければならないと言うもの。
 途中でリセットされる条件はありますが、基本的には24秒以内にシュートまで持って行ってリングにボールを触れさせないと相手にボールが移ってスローインかあリスタートとなります。

 こういった時間の制約がある事からプレーの切替が早く、スピーディな展開になりますし、カウンターが決まるシーンも多く演出されます。

 リードしている側が終盤にボール回しをして時間稼ぎをする事を許さないルールなので、「鹿島る」なんて事は出来ません。
 そのおかげで最後まで攻める試合となります。
 ただ、実力差があると、虐殺モードにもなりやすいルールですね。

今年の観戦初め

 ちょっと時間が経ちましたが、今年の観戦初めは高校サッカーから。
 3日の3回戦を観戦する事にしましたが、何処に行こうかと。
 三ツ沢も良いかと思いましたが、対戦カードも良かったし後の予定もあったので駒沢に行く事に。
cIMG_2124.jpg

 駒大、久我山と両東京代表が勝ち抜きましたが、決して楽勝と言うわけでなく、試合の流れはどちらに勝利が転がってもおかしくなかった試合でした。
 実力差が少ない事もありますが、やはりこの大会で一番の過密日程中0日の連戦が選手のキレやプレーの判断に影響してたように思えます。
 出来れば中一日でも良いので休息が取れた上での対戦を見たかったところです。

 そして、駒沢で2試合を見終わった後、向かった先は代々木。
 バスケット皇后杯3回戦、秋田銀行-富士通レッドウェーブ戦を観戦に。
 代々木体育館は初めてでしたが、会場の第二体育館はコンパクトな感じで見やすい体育館でした。
cIMG_2350.jpg

 試合はレッドウェーブが格の違いを見せての得点を3桁に載せた圧勝。
 ただ、秋田銀行は元日の1回戦から三日連戦となっており、選手を入替ながら戦ってきたにしても、コンディション的にかなり厳しい中での対戦になったのは、実力差もあって厳しい戦いになりました。

 今年もできるだけ多くの試合を見に行ければいいなと思っています。
 今年は町田がJ2なのでJ3と違って近距離のアウェーにも行きやすくなりますし。

 

今日のエルゴラ

 本体をくるむPUMAの広告の裏に、高校サッカー選手権準決勝プレビューが載ってました。
 大会スポンサーのPUMAに上手く営業が出来た模様です。

 2016年シーズンストーブリーグJ2編ですが、派手な選手入れ替えをやった千葉と、なりふり構っていられない感のあるセレッソが中心に特集されてます。
 町田は昨季のメンバー主体に補強は手薄なポジション優先だったので、当然扱いは小さいです。

 

今日のエルゴラ

 新年第2号はJ1ストーブリーグから。
 派手に大物移籍があったところは大きく、それなりの所はそれなりに伝えられています。
 外国人選手を除けば、国内はほぼ落ち着いた感じですね。
 J1が落ち着いたら、J2J3もそろそろといったところでしょうか。

 高校サッカー選手権は準々決勝まで来ました。
 ベスト4はどこが優勝してもおかしくない顔ぶれ。
 週末にどんなドラマが有りますか?

 

今日のエルゴラ

 今年最初のエルゴラは天皇杯決勝マッチレポートの大特集から。
 2015年シーズン最後のビッグイベントらしい厚みのある構成になってます。

 高校サッカー選手権は3回戦までのマッチレポートを、注目カードを中心に掲載してます。
 昨日の3回戦もタイトなスケジュールだったと思いますが、しっかり記事を作ってます。

 移籍関連は昨季鞠にいたアデミウソンが、ガンバに行くとか?

 

ご挨拶

 あけましておめでとうございます。
 2016年は今日から記事のアップをしていきます。

 昨季は色々有りましたが、今季は笑って終われるシーズンになります事を願ってます。
 川崎も町田も楽しいサッカーを魅せてくれれば、結果は付いて来ます。

 本年も宜しくお願い致します。

 
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR