今日のエルゴラ

 週末の試合の記事も書けないのにそれでもエルゴラはやってくる。

 日曜日のナビスコGLマッチレポートメインです。
 2節が終わって今大会の注目株が頭に来てます。
 川崎もフレッシュさはいっぱい何ですが。
 まだ4試合アピールのチャンスはある。

 神戸が圧巻何ですが、あそこはベスメンでずっと来てるから、どこかでしわ寄せが出そうです。

 EGベストイレブン。
 やっぱり選ばれますよね。

 関東大学リーグが最終2ページに。
 将来の代表選手がこの中にいることを。

 
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 トップは日本代表。
 プレビューとマッチレポートの構成で。
 明日勝てば首位通過らしいですね。
 ユウが怪我して返されたから、どうても良い話しですが。
 代わりに呼ばれた斎藤は、鞠が第2節試合が無いから呼びやすかったのでしょう。

 続いてはJ2マッチレポート。
 首位セレッソが最下位金沢に足を止められ、そして熊本が首位に立つ、これが魔界。

 東京クラシックは最終2ページにどぉ~んと来てます。
 不調とはいえ、ヴェルディを相手に町田らしく戦っての勝利。 
 首位と勝ち一つ差で5位浮上。
 上出来の序盤戦です。

【川崎】Bチーム前へ!  YNC GL1鞠戦(△0-0)

IMG_3485.jpg

 リーグ戦から中三日で代表に4人招集、ヨシトとリョータが負傷と言う事もあって大幅に入れ替えたBチームの試合となりました。
 鞠は11人全取っ替えだったとかで、どんな試合になるかよく判らないところがありました。
 Bチームのスタメンと言えば昨季の神戸戦、相手にガンガン攻められてそれでもドローに持ち込んで勝ち点1を持って帰って来たあの試合から、どれだけレベルアップしているかがポイントとなりましたが、相手がアレだったとしても結果としてベンチ入り選手のレベルアップが見えたのが、この試合の一番の成果だったと思います。
IMG_3484.jpg

・行き急いだ前半

 あそこまでボールが回るとは思いませんでした。
 鞠が予想外にボールを獲りに来ずに引きこもった事もあって、ほぼハーフコートゲームと化してました。
 ただ、PAまでは容易にボールが行くのですが、厳しい縦パスが殆ど入らないので決定機には中々ならず。
 後ろから見て拙いと思ったか、イガが直接縦パスを入れたり、エドゥに後ろを任せて最前戦まで上がったりと、マンネリ化した攻めにアクセントをつけようとしていましたが、効果はいま一つでした。
 縦パスを入れるにも最前線の森本と長谷川が相手のマークを剥がしきれない場面も多かったので、押し込み過ぎるのも考えものです。
 こういった所を経験してきたAチームとの経験の差かもしれません。

・目立った長谷川とネット

 長谷川は森本を2トップと言ってもやや引き気味なシャドー的な位置づけだったと思います。
 押し込んでいた事もありますが、かなり運動量を上げてゴール前に侵入していました。
 彼が絡んだ大きな決定機2つのうち、どちらか一つを決めていればそこで試合は終わってたと思いますが、決めるべき所にいるのもアタッカーの資質ですので、後は精度を上げて行ければ結果は出るでしょう。

 ネットはまだちょっとプレーが落ち着かない感じですが、ボールを散らしていい感じを作ってました。
 流石に前半から飛ばしすぎたせいか、終盤バテてましたけれど。
 気になるのはタニをCBに下げてケンゴが入ってから、疲れもあるかもしれませんがケンゴとのペアが余りよくなかったところでしょうか。
 タニが気をつかってたところはありますが、ケンゴは相手に気は使わないですから、実戦で調整していくところでしょう。
IMG_3519.jpg

・いま一つだった中野と森本

 調子を落としているのか、あまりいい所はありませんでした。
 左SBは車屋なので縦の関係は問題ないと思いますが、中のメンバーが違う事と疲れが出てきてテンポが変わる所に対応できなかったのか?
 あれならば三好を先に入れても面白かったと思います。

 森本も1トップ的な使われ方でしたが、ボールを収めてもそこからの展開に苦労してました。
 鞠も密度の高い所でのプレーだった事もありますが、収めてそこから即展開できる反応速度が無いと厳しいです。

・ケンゴを入れた意味

 「ケンゴを引っ張りだされてドローに持ち込まれたから負けも一緒」と言われるところもありますが、敢えてケンゴを出したのは前半のイケイケな癖に最後に慎重になるところを修正する事と、ネットとの連携を実戦で経験させる事だった気がします。
 ケンゴ投入で勝負の縦パスは増えましたが、リスクを犯している分鞠にカウンターのチャンスを与える事にも繋がりました。
 「リスクは敵ゴール前で犯すもの」とはオシム爺のセリフですが、リスクを犯すエリアがちょっと後ろ過ぎたかもしれません。
IMG_3535.jpg
IMG_3544.jpg


 ドローとなってリーグ戦開幕からの負け無しは継続しました。
 次は明日の盟主戦。
 引き続き等々力でやれるメリットを活かして勝ちに行きましょう。
IMG_3482.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 リーグ戦の無いJ1に変わって、J2がメインに来てます。

 トップは序盤戦を賑わせた男たち。
 町田の中島も取り上げられています。
 ゴールランキングトップの活躍ですから、当然ですが。

 明日のリーグ戦プレビューは、東京クラシックがメインに取り上げられています。
 あっちの鳥はまた腹回りが…。

 ナビスコGLマッチレポート。
 今節注目だった神奈川ダービーは大きく扱われてます。
 前半に先制出来てれば…。

 日曜の第2節プレビューはページ数の関係で簡単に。


 

今日のエルゴラ

 明日の代表戦がトップに来ています。
 本田さんが来日したばかりなので、ユウが右ウィングでスタメン予想になってます。
 果たして、ユウに良いパスを出してくれるのは誰か?

 J2マッチレポートは首位セレッソがドン!と来ています。
 負けないですねぇ。

 町田はその他大勢と一緒に。
 来週はクラシックだからもう少し扱いは良くなりますか?

 最後はナビスコGL。
 神奈川ダービーと言う事で、扱いが良いです。
 鞠もターンオーバーらしいですね。
 注目選手は三好と仲川。
 果たして出番は?

 

【川崎】セットプレイで試合を決める  アウェー甲府戦(〇0-4)

 現地参戦のサポさんお疲れ様でした。
 雨且つ気温10度なんて天気予報を見てたので、それなりに武装していったら現地はかんかん照りな状況。
 移動中に雨雲が甲府地方を通りすぎていた様です。
 予想に反した暑い中での試合となりましたが、危なげない試合運びで勝つことができました。
IMG_3116.jpg
IMG_3119.jpg
 行きやすいアウェーであることから、多数の川崎サポがやって来ました。 ゴール裏だけなら甲府より多かったです。

・スタメンとフォーメーション

 ユウがインフルエンザから復帰。
 それに伴って外れたのは狩野。 ちょっと風間さんの信頼を失って優先順位が下がりましたか。
 タニは慣れた左SBに移り、車屋を一列前に持ち出しました。
 エウシーニョは右SB。
 フォーメーションは4-4-2でした。

・攻撃は改善したか?

 前節で気になった攻撃の部分は改善したように見えましたが、甲府がしっかり引いてブロックを作ってきた事もあり、ボールを回して縦に入れた際も結構持ててましたので、他の相手でどうかなと。
 車屋は一列前になった所で仕掛けやすくなった様に見えましたが、割と甲府がサイドを捨てて中に絞るところがあったので、そこから中に切り込む部分ではどうだったかなと。
 ただ、中に入り込んで崩していく意志は見えた様に思えます。
 正直なところ、甲府がかなり固くゴール前を固めたら、そこを突き崩してゴールを奪えるところはそう無いだろうなって感じてました。

・セットプレイは改善されたか

 「4ゴールうち3ゴールがセットプレイ」なんてなんかの夢ですか?と。
 流れの中から点が取れない時はセットプレイが有効な手段ですが、川崎の場合は徹底的に点が入らない、時間の無駄とまで言われるレベルだったのに。
 ケンゴのキック精度が怪しいのと、ターゲットになる高さが足りなかった事もあって、確度の低い攻撃でした。
 ただ、最近はタニの他にエドゥや奈良もターゲットになれる高さがあるので、多少は改善してるかなと。

 1点目はケンゴの「ネンイチ」が出たかと。
 絶妙な場所で貰ったFKで、落とすボールを蹴れるなら壁を越えて落としやすい状況でした。
 当然相手GKもそれは読んでいるので、そこから変化をつけないとゴールになりませんが、いい感じで落ちながら曲がってポール際をすり抜ける様な軌道となりました。
IMG_3149.jpg
ボールが見事にゴール左隅に決まった1点目

 2点目はCK崩れからヨシトのミドルが相手にあたってこぼれたのを、タニが拾って最終ラインに並んだ位置でフリーになってた森谷にパス。
 鋭くターンしてシュートを決める、森谷得意のパターンでの今季初ゴール。
IMG_3154.jpg
ボールはゴール右隅を打ち抜いた2点目

 3点目は読みでしょうか。
 カメラをゴールに向けて構えていましたが、誰も動きが無い所にボールだけが飛び込んできました。
IMG_3192.jpg
いきなりファインダーの中にボールが飛び込んできた3点目

 総じて良い位置でFKを貰う事が多かったので、かなりやりやすい感じだったと思われます。
 それも甲府が川崎のパス回しに付いてこれずにファールで止めるしかない状況になったせいで、低い位置でブロックを構えた中に侵入する事が成功してたから貰えたファールです。
 甲府が前へ攻勢に出てきたのは3点目を取られてからなので、4点目が流れの中から取れたのはある意味当然かなと。
 何故リードを広げられているのに前に出てこなかったのか不思議ですが、前に出たらフォーメーションが間延びして間を抜かれ、ラインを上げたら裏抜けされるのが判ってたからかもしれません。
 クリスティアーノは怖い存在ですが、守備に回って孤立させたならよほどの事が無ければやられる事はありません。

・復活のタサ

 試運転の意味合いもあるでしょうが、タサが今季初出場。
 中でしっかりボールをキープしてくれるので、ボールの預け先として機能してました。
 狩野や森谷ではここが弱いので、今後はスタメンもあるかなと思います。
 ゴールもネットを起点に森本と絡んで綺麗に中央突破でした。
 甲府が攻勢に出た事で間延びした隙を突いた形になってます。
 甲府がもっと速く攻勢に出ていれば、この形で2~3点は取れたでしょう。
 1点獲って満足する様なチームじゃありませんから。
IMG_3226.jpg
IMG_3231.jpg
森本とのワンツーで抜け出したタサが決めた4点目
IMG_3232.jpg
看板を軽々と飛び越えてゴール裏にやって来たタサ。 コンディションは良い様です。

 リーグ戦中断前の試合を良い形で終える事ができました。
 ナビスコ杯は代表組4人が抜けますし、ヨシトのコンディションも悪そうなので、ベンチメンバーを大幅に使った、新しい形になると思います。
 それで勝ち進む事が出来れば、選手層の厚さが実感できそうです。
IMG_3253.jpg
試合終了後、ゴール裏に向かう際にポーズを決めるケンゴ。
IMG_3257.jpg
IMG_3250.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】首位決戦を制する   ホーム名古屋戦(〇3-2)

IMG_3023.jpg

 大分間が開きましたが、名古屋戦の感想です。
IMG_3007.jpg

 この節唯一のナイトゲームで勝った方が首位に立つ事が判っている試合でした。

・スタメンとフォーメーション

 ユウがインフルエンザでベンチ外。
 代表招集が掛かると怪我する星回りだったので、インフルエンザでまずは一安心。
 代わりにエドゥがCBで初スタメン。 
 エウシーニョを前に出したかったか、タニが今回は右SBに。
 ヨシトの相方は森谷になってましたが、このあたりは狩野と流動的に使っていこうって所でしょうか。
 フォーメーションは何時もの4-4-2。
IMG_3047.jpg


・エドゥと奈良

 守備陣では絶対的だったタニがCBから外れ、若い二人に託されました。
 奈良の川崎への適応力は武岡の負傷離脱があったとは言え、ここ2~3年の新加入選手の中では特出していますね。
 エドゥはまだ怪しいところがありますが、シモヴィッチ対策と一緒に前に展開する気持ちが強い所を買われている様に思えます。
IMG_3090.jpg

・安い失点がある理由

 何と言っても、前節湘南戦と同じく安い失点が見られたのは残念。
 それも崩された訳でなく、ミスとサボりからの失点なだけに。
 2点目の永井の個人技にしても、それは永井を褒めるべきですが、そこに至る前に潰せたので、勿体ない失点でした。

 安い失点は大抵気を抜いたパスのやりとりを取られてって所です。
 今季の川崎は点は取れていますが、いい形の攻撃が出来てないのがその原因だと思います。
 攻撃が回っていないバロメーターがヨシトの位置。
 好調時も相手との駆け引きで中盤のスペースに入ってくる事はありますが、前線にボールが出てこないとボールを貰いに降りてくる。
 そこでボランチや最終ラインからボールが入ってきても、ヨシトから前に出そうとした時にヨシトのポジションに誰も居なかったり、ボールを貰う動きが無い。
 それで回すパスになった所をかっさわれる。
 この試合では狩野と森谷が機能してないのが原因でしょう。
 ユウも裏抜けは上手くても、最終ラインとボランチの間に入って来る形はそれ程しないので、そこに入ってくるのは2列目の仕事なのですが。
 森谷はサイドから中への侵入やボールを競っての動きが湘南戦より良くなっていましたが、狩野はまだ馴染みきれてない感じです。

・CFとしての森本

 タイプは違いますがボールをしっかり収めてくれる所はテセやガナさんに近いです。
 相手の最終ライン前でボールを収めて返してくれると、ヨシトやユウが前線でやりやすくなってます。
 ゴール・アシストも決めてますし、前線で献身的に動いてくれているので、ナビスコでスタメンに入ったら爆発してくれる可能性は高いです。

・右SBとしてのタニ

 単に人が居ないから入れたと思えないのが風間さんの起用。
 永井相手にしんどい戦いをしてましたが、新しい事をやらせる時はサイドからって今までの例を考えると、タニに新しい役割を与えようとしているように見えます。
 ケンゴを前に出す為にアンカー位置に据えるのかな?と。

・ゴラッソ

 この試合のゴールは全て良いゴールでしたが、決勝点となったケンゴのゴールが一番のゴラッソでしょう。
 スローインからのセットプレーから意表をついたミドルは、楢崎の意表をついたシュートだったと思います。
 何時もなら、あそこからファーに向けてのクロスが入るところですから。
 50ゴール記念らしい良いシュートでした。
IMG_3091.jpg



・小倉監督率いる新生グランパス

 シーズン前はアレコレ言われていた「小倉ンパス」ですが、まだ小倉監督が何をやりたいか判らない部分があり、そこを疑心暗鬼になると嵌められる様な感じがします。
 戦術家・勝負師としての力量は今だ未知数であるものの、選手をその気にさせるモチベーターとしてはかなり高いものを持っている様に感じます。
 昨季の西野さんの時に感じた名古屋のプレーの窮屈さが全くなく、のびのびとやっている様に見えました。
 2010年のピクシー政権時にもこんな感じでしたが、どうなっていきますか。
 目玉のシモヴィッチも高さだけを注目されますが、高さよりあの身長の割に足元があって速いのが怖いですね。
 高さを活かすと言えばケネディの方が怖かったですが、通常に普通のFWとしての使い勝手はシモヴィッチの方が上かなと思います。
 彼が日本の夏の暑さに順応する様だと2ndステージは苦戦しそうです。
 ただ、名古屋としてはまだ隠れている部分がありそうなので、そこがどうなってどうするのかってところをミスると苦労しそうなシーズンになりそうです。
IMG_3098.jpg
IMG_3100.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】連勝 そしてホーム初勝利  ホーム金沢戦(〇2-1)

cIMG_3311.jpg
 前節、アウェー山口戦で初勝利を上げて帰って来たところで向かえるは、対戦成績がいい金沢。
 ただ、昨季1シーズンJ2で注目されてきた戦い経てきただけに、今季未勝利とは言っても不気味な存在です。

 孝司・深津の復帰はまだ無く有薗は有休となりましたが、残ったメンバーできっちりと戦ってくれました。
 有薗の代わりにキムが入りましたが、畠中と二人で最終ラインを良く支えてくれました。
 危ない場面もありましたが、失点は流れの中からやられた訳では無く充分に役割を果たしてくれました。
cIMG_3300.jpg
Z劇場のベンチ外選手の挨拶で選手の満場一致で挨拶させられる有薗。 プロフェッショナルファールではあるんですがサポさんにお詫び。
cIMG_3359.jpg
ハーフタイムにユースの卒団式でスタジアム一周する卒業生達に金沢サポさんからも暖かい拍手を頂きました。

 最終ラインは毎試合メンバーが変わりますが、攻撃陣はほぼ固定化されて試合を重ねている所から連携が良くなってきた様に見えます。
 パスも不用意なカットが減ってます。
 中島のベテランらしい頼もしさもですが、孝司に変わってスタメンに入った戸島が良く動けています。
 ヤザーさんのキープ力も頼もしく、開幕から連続出場している土岐田との連携で左サイドを攻略するシーンも期待できますので、後は結果が欲しいところ。
cIMG_3381.jpg
cIMG_3455.jpg
囲まれてもしっかりボールキープのヤザーさんと前線で走り続ける戸島。

 左サイドは星野の前半半ばの負傷交代が痛かったです。
 三鬼が急いでアップして投入されましたが、今季初出場と言う事もあって、金沢の左ウィングに入ったビョンジュンにかなり手を焼いてました。
 実戦感覚が無いところでは仕方ありません。
cIMG_3351.jpg
負傷交代する星野。 担架要員に中学生は流石に…。

 この試合の問題は2点獲った所で落ち着いてしまった所でしょうか。
 前半スコアレスで後半勝負なところがサクッと中島が2点獲ってしまった。
 どちらも素晴らしいゴールでしたが、それだけにそこから守りに入る感じになったのかなと。
 むしろ、前半に1点返されて1点差になって後半を向かえたのが良かったのかもしれません。
 金沢もそこからエンジンが掛かってきただけに、後半に1点取られたらそこから畳みかけられる危険がありました。
cIMG_3333.jpg
cIMG_3357.jpg
中島の1点目と2点目を決めて祝福されるところ。 どちらもいいゴールでした。

 最後に川崎からレンタルで行ってる可児とビョンジュン。
 ビョンジュンは左ウィングなんて細かい所を求められるポジションはどうかと。
 金沢側から見るとテクニックがあってボールが納まるFWって評価もあるようですが、この試合だといまいち収まりが悪くサイドからの展開力に難ありかと。
 CFとしてポストをするにはちょっとトラップが大きいので、囲まれた中だと怖いですね。
 このあたりを上手くやる機会を金沢で得られれば。
 可児は前半は本当に消えてました。
 ボランチで中盤の底にいたら、最終ラインから前に送られてしまう。
 後半、金沢が前がかりになった所で割と前線に近い位置に行けたときは、結構前にパスを出せてますが。
 もっと前目に出る事をチームの約束事として出来れば、湘南よりいい経験が得られそうです。
cIMG_3416.jpg
cIMG_3475.jpg

 2勝1敗1分と勝ち越しました。
 セレッソ・京都の昇格争い組に1分1敗で切り抜け、残留争いの直接的な相手の山口・金沢からはしっかり勝ち点を奪ってと、今のところシーズン序盤としてはいい形で来てると思います。
 問題は怪我人とカードが多い所でしょうか。

cIMG_3477.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 週末のJ1マッチレポート。
 土日分散開催でしたが、日曜開催分もフォローしています。

 表紙のケンゴからの甲府戦マッチレポートがトップを飾っています。
 いい結果を出して中断期間に入れました。

 新潟-柏戦は吉田監督の因縁対決となりましたが、新潟が最後に追いついてドローと柏が勝ちきれてません。

 磐田-盟主は先制する盟主に辛うじてジェイのゴールで追いつく展開に。
 盟主の方がいいサッカーやってるんですが、ジェイって凶器の差でしょうか。
 番外編の監督のスーツ対決は名波さんの逝っちゃってる感が。 この人のセンスを越えるのラモさんだけだろうな。

 湘南は浦和にあんなサッカーやられたら勝ち目は無いですね。
 守備崩壊よりきっちり守られて攻めきれてないところが問題でしょうか。

 広島は大宮を爆砕。 菊地が居ないだけでこうも翻弄されるものなのか。
 横山のアレは一発レッドでもおかしくないプレーでしたが。

 未勝利四天王のうち広島が抜けて、湘南・柏・盟主の三人衆となりましたが、次に勝てるのはどこか。
 中断期間にナビスコ杯GLを巻き返しの機会にできるでしょうか。
 ACL組はいい休息期間となりますか。 主軸を代表に引っ張られて再構築に影響しそうですが。
 
 なでしこ佐々木監督の退任も記事になってます。

今日のエルゴラ

 J1はリーグ戦中断前の1戦のプレビュー。
 トップは鹿島─F東。
 意外にもカシスタを鬼門にしていると言うF東。
 攻撃サッカーへのモデルチェンジ未完の状況で、鬼門撃破は?

 川崎は1ページ貰ってます。
 リョータの怪我は気になりますが、ユウは多分出るでしょう。
 若い川崎の最終ライン4人と、3人でも合計年齢が川崎を上回る甲府最終ライン。
 崩壊はどっちか?

 J2はまたもコンパクトな編成。
 町田も小さいスペースに。
 金沢に勝ってホーム初勝利を。

 ACLマッチレポート。
 広島がやっと勝ったと思ったら、ガンバが負け。
 なかなか上手く回りません。

 

【町田】今季初勝利!   アウェー山口戦(〇0-2)

 流石に現地には行けなかったので、スカパー!のオンデマンドで観戦。
 これがJ2のありがたみです。

 ここまで2試合、勝ちきれない試合が続きましたが、個の力のある自動昇格候補のセレッソ、PO争いに名乗りを上げようとしている京都相手に、昨季の進化系のサッカーでいい勝負ができてましたので、一端勝ち星を上げたら落ち着けるなと思っていましたが、ここで同じく今までのスタイルでJ2に挑む山口との対戦はありがたかったです。

 まだ優勝争いをする競合と全部当たったわけではないですが、相馬さんが2年掛けて作ってきた守備ブロックと高い位置からのカウンターは孝司・深津と言う主軸選手を欠いた状態でも、J2で充分やって行ける可能性を見せてくれたと思います。
 相馬さん、川崎でもこんなサッカーやりたかったんだろうな。

 この試合でも山口の攻撃陣を高い位置でコンパクトに保った陣形で抑え、ボールを奪って速いタイミングでのカウンターが機能していました。
 先制はPKでしたが、高い位置からのPA内侵攻を図った土岐田をたまらずに止めに行った結果ですし、追加点もやはり高い位置でカウンターを売って崇文が決めてくれました。
 手の内をお互い知っている相手ではありましたが、今回は町田が一枚上に行けてたと思います。

 後半、有薗の岸田に対するファールで一発レッドから数的不利になりましたが、あれは覚悟を決めて行ったプロフェッショナルファールだったと思いますし、2点リードの状況が守り抜く事で意識統一出来てたように見えました。
 4-4-1のフォーメーションでしっかりブロックを作ってスペースを消して山口の猛攻を空回りさせ、時にはラインを上げてカウンターも行う事で、山口に後ろを気にせず攻撃に専念させる事がありました。
 その分、1トップで相手にプレスを掛けていた中島にはかなりの負担が掛かったと思いますが、踏ん張ってくれました。

 アウェーでいい勝ち方をして、ホームに金沢を向かえる次節。
 相手はまだ勝ち星は上がっておらず、昨年J2で揉まれてきただけに油断はできませんが、今の状況ならいい結果を出してくれるでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACLプレビューから。
 昨日もあ~ぁな結果だったので、今日の浦和と広島には結果を出して欲しいところですが、浦和はともかく弱者街道ひた走りの広島は…。
 ターンオーバーなんて言ってる場合か!と思っても、リーグ戦も未勝利四天王ですしね。

 J2マッチレポート。
 セレッソの首位は選手を見れば当然ですが、群馬に首位陥落の4文字がつき、熊本が同率首位なところに、今季のJ2の魔界度が…。

 町田は扱いが小さくなってます。
 初勝利だったのに。

 コラムは柏の監督交代。
 何がしたいのか判らない迷走ですが、川崎戦で正気に戻るなよと願うのみ。

 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポート。
 トップは浦和。盟主を相手に完勝だった様です。

 ガンバは新スタでリーグ戦初勝利。
 大宮は連勝ストップと。

 仙台はホームで7ヶ月ぶりの勝利。
 震災に負けない強さを感じます。
 
 F東は地味にウノゼロ。
 監督、変わったよな?

 川崎─名古屋戦はスペースはそこそこ。
 ただし川崎一色の構成。
 竹中さんが頑張って記事書いてます。
 殴り合いだろうが、首位は首位。
 裏表紙はケンゴのアップもサービスされてます。

 ACLプレビュー。
 広島、流石に今節は勝てよ。

 

今日のエルゴラ

 今週末のJ1J2プレビュー。
 J3はあったかな?

 トップは震災の被害が一番大きかった仙台と鹿島の1戦。
 あれから5年、まだ5年。

 名古屋戦は1ページ貰ってます。
 エドゥの初先発は有るか?

 町田は今までの扱いの良さの反動か、扱いは小さいです。

 

今日のエルゴラ

 水曜はJ2マッチレポート。
 初ゴールを決めた柿谷が表紙に。
 個の力で勝てるうちに勝ち点を稼いでおけよと言うのが、今のセレッソですしょうか。

 並み居る昇格候補を差し置いて、首位キープの群馬が「魔界J2」を演出してます。

 町田は2/3ページ貰ってます。
 これがJ2の旨味。
 コラムは劇的な同点ゴールを決めた中島です。

 リオ五輪出場を逃したなでしこは見開き2ページ。
 ロンドンの後監督・選手含めてガラポンしてたらとは思いますが、良い方向に行ったかは判らないですね。

 

今日のエルゴラ

 今節はJ1が土日分散開催だった事で、紙面作りに苦労している様に見えます。
 表紙のユウからの川崎─湘南戦マッチレポートの流れは「取材と紙面作りし易い好カード」な一面もあるのかな? 
 終盤にエドゥ投入の意図はやっぱりな感が。

 盟主─鞠戦は鞠が俊輔の一撃で追いついたと言うより、盟主が逃げ切れなかった一戦。
 鞠の攻撃で押し込まれてたら、他はもっと苦労しそう。

 本田さんの所に移籍した権田のインタビュー記事もあります。


 

【町田】勝ち点1  ホーム京都戦(△1-1)

cIMG_2930.jpg

 ホーム連戦で、J2復帰初勝ち点を上げる事が出来ました。
 ただ、代償は大きかったです。
 孝司が途中で負傷交代、終盤に深津が痛み、李も足を引きずってましたから、次節の影響が無い事を願います。
cIMG_2893.jpg
cIMG_2896.jpg
今日のYASSカレーは豚トロカレーでした。

 今回の相手、京都は前節ののセレッソより厄介な相手になるのでは?と思っていましたが、予想通り昨季途中から就任した石丸監督がしっかりとしたチームを作ってきており、組織的なサッカーとしてはセレッソの上を行く相手でした。
 町田の守備も破綻無く京都のロングボールからの縦に速く来る攻撃に対応しており、カウンターに繋げる事が出来ていましたが、前半押してた時に点が取れていればまた違った展開になったと思います。
cIMG_2971.jpg
セレッソ戦の様な1万越えとはなりませんでしたが、条件の悪い中京都サポさんも多数来場されました。

 ただ、京都も決定的なシーンは作れておらず、このまま膠着状態のままかと思った後半、いい位置でFKをとったものの、連携ミスでボールをかっさわれ、逆サイドで走り込んできたアンドレアに決められる事に。
 トリックプレーが読まれてた訳でなく、ミスからボールを奪われているので、後を引く事は無いと思いますが、やはり上位カテゴリーはミスを許してくれない。
 そして、上がっていた選手たちが守備に走りましたが、前半から京都の攻撃を凌ぐのに運動量を上げていいて、スピードが上がらずプレッシャーも掛けられなかったのは、まだチームとしてJ2で90分戦うだけのスタミナが不足しているのだと思えます。
 セレッソ戦の失点もセットプレイとは言え、動きが悪くなった時間でしたし。
 2試合経験して、体が「J2の90分」を覚えてくれていればと思います。
 後半アディショナルに重松が上げたクロスを、中島が頭で押し込んで同点にしてくれたのは、しぶとく戦えるメンタルは今のチームは持っていると思います。
cIMG_2983.jpg
J2復帰初ゴールとなる中島のヘッドが決まった瞬間、スタンドは大盛り上がり劇場化してました。 

 あとはより丁寧により速くプレーが出来る様になれば。
 いまは狭いスペースでのパス交換は精度が悪くて引っかけられる事が多いですから。

cIMG_2994.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】殴り合いの終わらせ方と誤審の避け方は ホーム湘南戦(△4-4)

cIMG_2828.jpg

 前節の広島戦はロースコアながら緊迫した締まった試合になりましたが、一転して湘南戦は馬鹿馬鹿しい程の派手な殴り合いの試合となりました。

cIMG_2806.jpg
今季も出迎えてくれました。
cIMG_2802.jpg
神奈川ダービーだからか?キングベル爺ちゃんが大小合わせて参上。半裸でも風邪をひく陽気でなくて何より。

 勝てた試合を落とした感が強いですね。
 逆転から先行されていましたが、湘南にサッカーが通用しなかったと言うより、選手がやるべき仕事をやれなくての失点ばかりですから。
 攻撃は4点取れてますが、あと2点は取れてましたし、そこを取ってれば湘南に止めを刺して終われたところは反省点でしょうか。
 その点、同じ様に殴り合いになりながらも、最後に新潟に止め刺して試合を終わらせた神戸は見事でした。
 殴り合いするなら、あれでなければ。
 川崎もそう言うのは得意だったはずなんですけどね。

cIMG_2851.jpg
cIMG_2834.jpg
超大型ビッグフラッグと空からそれを撮影していたドローン。ドローンのカメラはもう少し画質が良ければ。 ドローンは今後も使われるのでしょうか?

 4-4でドローを「4点とったのに勝てなかった」と見るか「4点とられても負けなかった」と見るか、人それぞれだと思いますが、今の川崎の守備は一人一人がミスしない、ミスっても諦めない事を前提としていると思うので、やるべき事をやる頑張りを見せてくれるかが大事かなと。

 しかし、4-4のドローって以前クスのハットでドローに持ち込んだアウェーガンバ戦を思い出しました。
 あの時は「今日はこの位にしといてやるわ。次は勝ってやるから」と意気揚々を万博を後にしましたが、あの時のガンバサポの気持ちがちょっと判った気もします。

・スタメンとフォーメーション

 前節と同じ。
 ベンチには三好と新加入のエドゥが入りました。

・いい形の得点といただけない失点

 得点はどれも良いんですよ。
 ヨシトの1点目は人数を掛けてゴールを決めましたし、ユウのゴールはどちらもリョータが絡んで速いテンポで守備に入られる前に決めてます。
 後半アディショナルの森本のゴールも車屋のクロスをユウが頭で中に折り返して、森本が頭から突っ込んで決めてます。
 湘南がオープンな撃ち合いに入ったからと言うのはありますが、ゴール前にごちゃつく前に決めてしまうのは、何処とあたっても有効でしょう。

 一転、失点は1失点目は除いて崩されたというよりミスって、それをリカバーできずに持って行かれて決められた所は問題です。
 2点目と4点目はやっちゃ行けないものですし、3点目は多分湘南が狙ってたパターンにはめられた感はありますが、CKを与えたプレーは前線で失ったボールを裏に持って行かれてですし。
 ラインを上げてコンパクトにしている以上は負うべきリスクですが、それだけにあっさりとられない、とられても即裏に出されない事は徹底しないと。

・森本初ゴール

 開幕2試合目で値千金の同点ゴールで結果が出て、まずは一安心でしょうか。
 船山化してしまうのでは?と心配でしたが、このまま上手く回ってくれる事を期待します。
 健勇化する事はないと思ってますけど、健勇のゴール数は抜いてもらいたいですね。
 まだ回りとあってないところはありますが、こればっかりは実戦を経て行けば連携が良くなると思います。

・後半2枚替えの意味

 後半開始から2枚替えとは、風間さんも二列目をどうにかしたかったにしても、積極的に来ましたね。
 森谷の消えッぷりは、狩野は中に中にと入ってくるので、左サイドは車屋は上がってスペースを埋めるものの、狩野が居る事で中に入れず、サイドでエウシーニョが上がるスペースに蓋を以外に働けなかったから仕方がないです。
 後ろからも左サイドへはボールが出ますが、右に出さないのは出してもそこからの展開が無いからでは。
 泥臭く走り回って体を張らないのなら、森谷をあそこに入れておく必要はありません。
 狩野については、ヨシトのゴールのアシストこそありましたが、中に入ってボールを待つ形が多かった様に思えます。
 車屋が左サイドを上がってましたが、連携無く単独の仕掛けになるので効果的に攻めきれてませんでした。
 後半、ユウが右サイドに回り左に中野が入った事で、サイド攻撃が活性化していました。
 サイドから攻めれるので安定感は上がってました。
 ただ、長谷川がいれば右SHで見たかったですね。

・エドゥ投入

 ベンチに入れた以上は使う気はあったでしょうが、あの位置での起用は風間さんの本心だったのかな?と言う気がします。
 後半から入った中野との交代は崩しきれてないから、高さでパワープレイの選択肢も加えたかったからかと。
 実際、オープンな殴り合いに移行してサイドを崩してってシーンも無くなってきましたので。
 ただ、そこで前線にサイドからクロスを供給するのが、車屋だけだったのは。
 エドゥが入った事で湘南の最終ラインが上がれなくなった所は効果ありでした。
 ネットがベンチに入れないのは、やはり日本のサッカー環境の習熟度の問題でしょうか。

cIMG_2881.jpg
ホーム開幕戦が2万越えで一安心。 一見さんには楽しめた試合だったでしょう。

・誤審問題

 ネットを見てると「あれはファールじゃない」と主張する方が一定数いますが、あれを正統なチャージだとしたら、やってられんでしょう。
 キーパーチャージは無くなりましたが、GKに対する接触プレーは負傷に至る危険を伴うので、厳しく見る事は不文律としてあります。
 今回のは高山主審の誤審です。
 現によく見える位置にいたバック側の副審は、ゴール後にセンターラインに走らずにいましたし、記録をオウンゴールにしたと言う事は、記録員はソンリョンは先にボールに触っており、キリノはボールに触ってない事を示しています。
 記録員的には誤審でもゴールを記録しなければならないので仕方がないですが。
 ソンリョンがキャッチしたところにキリノが突進してアフターチャージ。
 キリノのファールで川崎のFKで再開が妥当です。
 カードが出るかは別にして。
 たかが1点、されど試合展開に重大な影響を与えた1点となった事について、高山主審のコメントが欲しい所です。

 しかし、湘南の高山を抑えたら別の高山にやられるって、一体何の罰ゲーム?

cIMG_2882.jpg
 内容が内容だけに一様に渋い顔が並んでます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 J1J2の第2節プレビューは福岡─鞠戦がトップに。
 井原監督繋がりでの記事構成です。
 今季初勝利を掴むのはどっちか?

 川崎は見開きの上2/3貰ってます。
 一応神奈川ダービーを配慮してくれた模様。
 ホーム開幕戦は負けるわけにはいかないので、しっかり勝ち点3もらいましょう。

 町田はホーム開催もあってか、割とスペース貰えてます。


 

今日のエルゴラ

 魔界J2開幕戦マッチレポート特集です。

 トップは後半アディショナルに逆転して劇場化した千葉。
 選手総とっかえが正しい判断だったかは、まだこれから先の何試合かを見てでしょうか。
 徳島からするとこれ位悔しい負けはありません。
 監督の経験がでましたかね?

 町田は最終2ページ貰ってますが、悔しい負けだったのを思い出させる様な紙面構成。
 次は主役で紙面作ってもらいましょう。

 最大5クラブが入れ替わった今季のJ2。
 その割に絶対的な強者が居ない魔界度は昨季以上です。
 最終節を終えた時、笑っているのはどこか?

 

スカパー!のプレゼント

 先週末は町田がホーム開催だったので、入場時にいただいたモノの中に、マッチディプログラムなんかと一緒にスカパー!からのプレゼントがありました。

DSC_1047.jpg

 試合日程のシールで、1節づつ剥がしてスケジュール帳に貼れるもの。
 スケジュール自体はGoogleカレンダーに1シーズン分入ってますが、こうやってすぐに見れる手帳に書き込む手間を省いてくれるグッズは地味に嬉しかったりします。

 早速使ってみましたが、割といい感じです。
 今週末は川崎がホーム開幕戦ですが、等々力でもスカパー!でもスカパーがプレゼントしてくれると嬉しいですね。

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR