今日のエルゴラ

 連休でも通常運転なエルゴラです。

 トップは太陽王こと柏の特集から。
 開幕当初は中々結果が出てませんでしたが、ここに来て急上昇モード。
 一つ勝つとここまで変わるとは思いませんでしたわ。

 プレビューも柏がトップに。
 相手は神戸。 ネルシーニョダービーは師匠か弟子か。

 ガンバー川崎は1ページ。
 鬼門万博から離れて吹田での初対戦。
 川崎側のコラムはノボリです。

 J1でページを取られた分、J2は圧縮されてますが、町田は大きく取り上げられています。
 今日の相手の岡山も侮れない相手。
 しぶとく勝ち点持って帰って来てほしいところです。

スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 魔界J2マッチレポートの水曜日。

 表紙は長崎戦で決勝ゴールの 中島。
 当然、トップは首位町田から。
 苦しい試合を制したら結果がついて来た、そんな感じですね。

 セレッソを撃破した札幌はゴールを決めたイナの扱いが良いです。

 久々に海外組の記事はザキオカさんメインで。

 J1の残りゲームのマッチレポート。
 湘南の泥沼っ振り、油断したら明日は我が身。

 風見鶏にも町田ネタ有り。

今日のエルゴラ

 土曜日開催のJ2かと思っていたら、J1マッチレポート。

 トップは浦和。
 首位になったとはいえ、ホームの川崎をさておいて、浦和目線の構成はどうよ?と思ったり。

 首位決戦より派手にカラーな構成だったのは鞠─広島戦。
 なんか狙ってます?

 町田の首位が三面記事的に扱われてます。
 次回のマッチレポートも扱いが良いと嬉しいですが、セレッソの方が良さそうな気が…。


 

【町田】Restart  ホーム長崎戦(〇1-0)

 前節千葉戦のドローで連勝記録がストップした町田が、前節は地震の影響で試合中止となった長崎をホームに向かえての一戦。
 お互いにこの試合でリスタートを掛ける事になりました。

 熊本ほどではないにしろ、長崎もそれなりに地震の影響を受けているわけで、災害の当事者になった所の再開初戦に当たるのはかなり難しい試合になります。
 東日本の時のJ再開で仙台と当たった川崎もやりにくく、相手の気持ちに押し込まれてしまった感があり…あの時の監督も相馬さんだったっけ。

 この試合、町田の試合の入りは今までより悪かったように思えます。
 長崎が気持ちの入った、入りすぎたプレッシャーを受けた事もありますが、それにまともにぶつかってしまったのは失敗だったかなと。
 そこで崩れずに失点しなかったのが勝因でしょうか。

 長崎の高木監督も前節の千葉・関さん同様に町田対策を持ってきていたようでした。
 サイドチェンジをかなりの頻度でやって来ていましたので、ボールサイドに集中する町田を左右に振りながら崩しに掛かろうとした様に思えます。

 ただ、相馬さんもそれは折り込み済だったのか、ボールに遠いサイドにいる選手があまりボールに寄らずに、相手の位置を見ながらサイドチェンジされてもすぐに対応できる様に備えている様に見えました。
 これならば、サイドの選手の移動距離やスプリントが軽減され、そこにあたっているうちに他の選手がフォローできる形を取れる時間が稼げるので、これから暑くなる季節にスタミナ温存ができそうです。

 今回の長崎の問題は序盤で上手く回ってない事に加えて、今回の地震の影響を受けている事から熱くあたってきましたが、球際が激しいというよりかなりラフプレーに近い形になって空回りしている様に見えました。
 冷静に強かに展開されてたら苦しくなりましたが、町田側は辛抱強く対応できてたと思います。
 ただし、後半ATの孝司のあれは結果として村上の報復行為による一発レッドとなりましたが、主審が気づいてたら良くて双方イエロー、下手したら孝司の方がレッド喰らってたとしても文句は言えなかったと思います。
 カードの枚数は比較的少なかったですが、荒れ模様の試合だっただけに良くあの程度で主審は抑えたなと。

 長崎側が荒れた一因には主審のジャッジもあると思います。
 2ゴールの取り消しは妥当なジャッジだったと思いますが、ジャッジの基準が安定せずどこまでやったら笛がなるのか判らない感じでした。
 どっちかに偏ってと言うわけではありませんが、明確な線引きの見えないジャッジは試合を荒らすだけです。

 この試合を勝って、リスタートする事が出来ました。
 セレッソは札幌に破れた事で首位の座が転がり込んできました。
 このところ、3時間だけ首位とか5時間首位だったりと、見かけ上は激しく首位争いしている様に見えてましたが、取り敢えず29日までは首位確定です。
 首位だからって何が変わるわけでも無いですし、苦しい試合をモノにしてきたからの結果なので、どっちに転ぶか判らない試合が町田に転ばなくなれば容易に転落していきます。
 まずは残留が確定できる勝ち点40に早く到達したいです。

 しかし、札幌はやれば出来る子でした。トックンさえいれば(笑)

 ※ 撮影した画像が整理できたら追加で貼ります。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

砂嵐の中で    アウェー千葉戦(△1-1)

IMG_4372.jpg

 想定外の暴風の中、砂の嵐に守られたJ2の番犬との一戦。
 お互いに風に泣かされる試合になりました。
IMG_4373.jpg

 試合前に展開中だった看板は電光掲示板からヤクルトの置物まで全て撤去され、まるでサテライトの試合のような。
 野津田で看板が風に煽られて客席に向かってきたのを見た経験があるので、この判断は妥当でした。
 予報では雨も降る様な事を言ってた様でしたが、あの砂嵐を思うと雨も降って貰った方が良かったのかもしれません。
 アウェー側は背中に吹きつける状況でしたが、ホーム側はまともに砂を浴びての観戦だったので、キツかっただろうなと思います。
 後半になってやや風が収まってきたのは幸いでしたが。

 シーズン開幕から8戦目となると、相手も町田対策をしてきています。
 関さんも事前にかなり分析してた様でした。
 まずはロングボールを最終ライン裏に放り込んでとなりましたが、風の影響で精度の高いボールが入れられなかったのと、町田の守備陣が前線でボールを納めてタメを作らせなかったので、それ程は脅威になりませんでした。

 この悪コンディションの中で早い時間帯に得点が取れたのは、かなり優位になりました。
 孝司もゴールを積み上げ始めたので、今後に期待です。
 ただ、取れるところで追加点を取れてればもっと楽に展開できたのですが。

 そして、ボールサイドで町田が集まったところで逆サイドに振る際に二人は配置してたので、そこから単にボールを返すだけでなく、ボールホルダーを追い越してサイドを駆け上がる様な形でゴール前にクロスをと行った形を想定してた様です。
 ゴール前で仕事できる選手がいればそこで点は取れますが、船山だからなぁ…。
 相変わらず微妙にゴールを外す「峰打ち」は上手です。
 蘇我駅への道で千葉サポの会話を聞いてると、まだ彼に期待を持っている時期の様です。
 去年は自分もそうだったな…。

 千葉は個の力は持っている選手が多いので、個の戦いになると分が悪いところもありましたが、それでも最後に一歩寄せたり足が出たりと気持ちのこもった球際の戦いを見せてくれたので、決定的なところで千葉に仕事をさせませんでした。
 失点はもう事故の様なものです。
 オナイウが仕事したのはあそこだけでしたし、千葉的にはあそこで点を取ってくれなかったらまだ船山の方が良かったんじゃないかって事になりましたね。

 この試合はヤザーさんの凱旋試合になりました。
 レンタルなのに出場禁止で縛らずにいた千葉の太っ腹には感謝です。
 この試合は何時も以上に気合いが入ってましたね。
 ボールを追っかけるスピードが速いったら。
 そして、敵に回すと千葉サポでもウザかった様で、帰りの会話を聞いてたらそんな話しをしてました。
 ヤザーさんをピッチに残してたら、後半ATを無駄に使われてそのまま試合終わってたなとも。
 時間の無駄使いさせたら一級品って事なのでしょう。
IMG_4449.jpg
試合後、相馬さんと関さんの握手

 勝てる試合をドローに持ち込まれましたが、アウェー2連戦を1勝1分勝ち点4で終わらせる事が出来ました。
 残留に必要な勝ち点までまだまだ遠いですが、焦らずしぶとく強かに戦って行って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACLマッチレポート。
 浦和が無事?GLを突破。
 その代わりと言っては何ですが、他が全く良くなく、ガンバと広島はGL敗退。
 F東も完敗で、最終節に望みを残す状態。
 F東がGL突破出来れば、とりあえずJの面子は立つんですが。

 J1プレビューは1stステージ最大の注目カード浦和戦。
 首位決戦負ければ終わり、ドローでも鹿島が勝ったら陥落と、勝つしかないゲームは果たして?

 J2プレビュー。
 町田は写真・記事付で扱って貰えてます。
 相手は前節試合の無かった長崎。
 今季躓いているものの、昨季はPOに行ってるだけに、1試合休んだ事でどんな変化があるか?

 ナビスコGLマッチレポート。
 お好きなように。


 

今日のエルゴラ

 トップは今日開催のACLプレビューから。
 ガンバが良いところなく1試合を残して敗退決定しましたので、他は最後まで粘って欲しい所ですが、広島は勝たなきゃ終わりなので、後先考えずに全力をぶっこんでいただきたい。

 J2マッチレポート。
 千葉─町田戦が扱い良いです。
 勝てた試合を落とした感が残ってますが、仕方ないですね。
 セレッソもつきあってくれたので、勝ち点は離されなかったし。

 最後はナビスコGLプレビュー。
 スペースが…。

 風見鶏は九州のマスコット達。

今日のエルゴラ

 昨日、フクアリに吹き荒れた砂嵐に痛めつけられた目がまだ痛いです。

 表紙の画像はケンゴ。
 巻頭コラムは熊本地震絡み。
 「土日の開催試合で試合前黙祷が」と有ったが、土曜だけだったのでは?
 フクアリは普通に試合始まりましたけど。

 トップはやはり多摩川クラシコ。
 個の力ねじ伏せたと言われれば、まぁそうですが。
 失点も個のミスからだったし。
 ただ、F東の自滅と言うか、リード奪ってから後の試合の終わらせ方のミスも大きかったかと。

 湘南─鹿島は鹿島が弱いものいじめか?って位完璧に叩き潰した様で。
 上位と点差が離れてないうちに詰めておきたい所ですが、試合の無かった鳥栖と盟主を抜くチャンスをフイにしたのは痛かったですね。。
 鹿島の足を止めてくれてれば…。

 磐田─鞠はジェイが欠場の時点で終わってたか。
 俊輔のFKを怖がって最終ライン上げるなんて、裏抜けが得意な斎藤が居るのを忘れたか?
 ボンバーのオフサイドがと取られなかったのは不運だけど。

 ガンバは完全にホームが鬼門に。
 遠藤のパフォーマンスが上がってこないと、苦しいですね。
 替えのきかない選手だけに。
 でもこのまま寝ててくれていいんですよ。

 熊本出身の選手のコメントで1ページ。

 最後にACLプレビュー。
 ガンバは勝てなければ終わりなだけに、1勝はして意地を見せたいところ。


【町田】千葉戦に向けて大事な事

『タッパーを忘れるな』 

『タッパーを忘れるな』

 大事な事なので2回書きました。

 千葉フクアリと言えば屋台村の喜作のソーセージ。
 皿に盛られると、スタジアムに持ち込みにくいので、タッパーで安全に持って行きましょう。

 4年前はタッパーにソーセージがっつり入れてもらって、試合前にビールしたら良い結果だったので、今回も(笑)

 

今日のエルゴラ

 試合の記事が書けないのにエルゴラはやってくるorz

 トップはやはり多摩川クラシコ。
 表紙から来てます。
 しかし、この日の主役より大きい態度で写る長老…。
 まだまだ完成にはほど遠いらしいジョー福トーキョー。
 どんな戦いになりますか。

 磐田─鞠はゴール数トップのジェイとシュート阻止数トップのボンバーの対決。
 果たして773さんはどんなヤーさんスーツで現れるか?

 好調鹿島と最下位湘南。
 ミツヲくん有休で永木がスタメンらしく。
 これを狙って有休取ったなら、ミツヲくんはなんて恐ろしい子。

 J2はまたもや町田がトップ。
 レンタルのヤザーさんに、出場禁止の縛りを掛けなかったお金持ちの千葉さんなので、勝ち点も気持ちよくくれると良いな。

 代表はAとU23両方記事有りです。

 

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で今週は火・金の2回発行です。

 表紙はヨシト。
 ゴール数単独トップを劇的なブザービートで決めた頼れるエース。
 絵になってます。

 マッチレポート。
 J1は川崎─鳥栖戦がトップです。
 首位奪還したから当然ですが。

 鞠─浦和戦はミシャの泣き言コメントが何とも。

 未勝利トリオは柏がF東に勝って一抜け。
 盟主は井原さんの師匠ネルシーニョの神戸とドロー。
 しぶとく勝ち点1を積み上げてます。
 湘南は甲府に今季2勝目とホーム初勝利をプレゼントして最下位に沈みました。
 湘南は川崎・広島相手に良い試合やったのを勘違いしましたかね?

 J2は快進撃の町田がトップ。
 まだ序盤戦なんですが。
 山形のホーム戦なのに、町田目線の構成です。 
 山形はガタガタですが、誰が救えるのか?

 セレッソは清水を難なく下して首位キープ。
 清水、ホームが鬼門って…。
 未勝利どころか1点も穫れてないってのは、サポはストレス溜めてそうです。

 

【町田】5連勝!だけど課題は見えてきたか? アウェー山形戦(〇0-1)

 現地参戦のサポさん、お疲れ様でした。
 まだ帰還途中な方はお気をつけてお帰りください。

 しかし「炎のカリーパン」町田バージョンは具無しって…。
 名物が無いからってあんまりだ…。

 J1から降格してきたとは言え、その実力はJ2では侮れない山形ですが、ここまで勝利無しと躓いてます。
 何より勝利に、結果に飢えている状況だとかなり厳しく来るだろうと思いましたが、ラフプレーにしかそれは出てなかったですね。
 ロングボールを蹴っても前線で競って落としたセカンドボールが拾えず、ボールを奪っても町田の選手が奪いに行くと、そこまで戻すか?って位後ろに戻してビルドアップのやり直し。
 なんと言うか、昨季等々力で見た山形とは全く違うチームになってました。
 勝てない事で普段なら上手く行くところが、結果を意識して回せないって感じでしょうか。
 後半、大黒の投入はかなり遅かったですが、町田のゴール前までボールが運べないのでは、インファイトが持ち味の大黒を入れても無駄なので、大黒投入のお膳立てを図っていたものの、上手く行かずにそのまま投入と言った所でしょうか。

 そして上手く行かないいらつきがプレーにも出てきてしまう。
 町田の2トップ孝司と中島に対しての削りは、かなりキツかったですし、そこまでしなきゃ止められないのか?と疑問に思うところです。

 それでも時折見せていた一気に押し込んでくる迫力は、次に対戦したときには苦労しそうな感じでした。
 町田も攻勢に出ても、流れの中からゴールを奪えず前半序盤に得たPKのゴールのみと山形の守備をこじ開けられなかった訳ですから。

 そして山形はそれ程拘って攻めてきませんでしたが、ボールサイドに大きくスライドする町田の特徴と言うか、相馬サッカーの特徴に対抗して逆サイドに振っていく形を何度かやってきましたので、執拗にやってくる相手への対策はいりますね。

 扇谷主審の今季初主審だった試合ですが、正直微妙でしたね。
 孝司のPKも、ひいき目に見てもPKは厳しいなと思いましたから、山形目線だと許しがたい判定だったと思います。
 それでもラフになっていく山形のプレーを何とか捌いてましたが、後半はカード量産に。
 宇佐美の一発レッドは決定機阻止で妥当な判定ではありましたが。

 問題ありの相手に接戦をモノにしたとは言え、これで5連勝。
 2012年は7勝だったので、あと二つ早い時期に獲って貰いましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】4連勝   ホーム札幌戦(〇2-0)

IMG_4025.jpg

 町田と同じく序盤のスタートダッシュに成功して、町田より上位にいる札幌との上位対決になりました。
 この札幌も前節のヴェルディと同じく、勝ち点を伸ばすために勝たなければならない相手でした。
IMG_4019.jpg
野津田の桜も満開です。
IMG_4015.jpg
IMG_4017.jpg
今回のYASSカレーは合鴨カレー。 仮面マチダーですか(^o^)

 ここまで6ゴールで、ランキングトップを行くトックンが体調不良で欠場したため、今までとは違った形でサッカーやってくる可能性があったので、スカウティング出来てない部分がどうなるかが心配でもありましたが、町田側を心配するより札幌の方が上手く回らない状況でした。
IMG_4028.jpg

 札幌が前線に上手くボールが収まらない事もあり、フクのサイドチェンジを伴うロングフィードの精度が高くとも、町田の最終ラインがしっかりついて対応できてたので殆ど決定機は作らせませんでした。

 守備は逆にボールのとり所はどこか定まらず、フラフラしてたイナの怖さも無かった事から町田はかなり押し込んでいけてました。
 ボールの近くに選手が必ずいる、理想的な位置関係で押し込めてました。
 崇文のFKもそんな中で取ったファールからですし、流れから決められなくても良い位置からのセットプレイが取れれば決めるチャンスは増えてきます。
IMG_4058.jpg
IMG_4059.jpg
IMG_4060.jpg
IMG_4061.jpg
IMG_4062.jpg
IMG_4063.jpg

見事に決まった崇文のFK

 後半は札幌が二枚替えで流れを変えてきたのに苦労した感じでした。
 ロングフィードを前線に当ててポストさせるのを半ばあきらめて、後ろから繋いで裏抜けを狙うような形に変えてきましたが、裏抜けを警戒したのか最終ラインが下がり気味になってボランチとの間が空いたところを札幌に狙われました。
 あそこでラインを上げていけてれば、オフサイドで止められる場面が多かったと思います。
 ただここで最終ラインが踏ん張ってくれたのと、札幌はアバウトなボールでも収めて前を向けるトックン不在で攻撃に迫力の無かった事もあってクリーンシートとなりました。
IMG_4135.jpg
IMG_4132.jpg

 後半の陣形が間延びしてしまった時の対策はとらなければなりませんが、クリーンシートで勝ちきれたのは大きかったです。
IMG_4156.jpg

 次節は未勝利最下位で苦しむ山形。
 大黒・ディエゴと怖いアタッカーが揃う山形の攻撃陣を抑えられれば、勝ち点を持って帰れると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACLマッチレポートから。
 GLも後半戦。
 浦和とF東が結果を出して、GL突破の可能性を増しています。
 広島は予断を許さないにしても、連勝出来れば。
 逆にガンバは次で敗退決定しそうな状況。
 2ndステージにも影響しますし、どうなりますか?

 リーグ戦プレビュー。
 川崎は2/3ページ。
 首位陥落すると扱いが落ちるのか?

 町田もその他大勢。
 山形の苦境につけ込む事が出来ますか?

 プリンスリーグ戦の記事あり。
 今季のユースはどんなシーズンになりますか。

 ナビスコGLマッチレポート。
 大勝したとはいえ、地方開催だと扱いが。

 

今日のエルゴラ

 魔界J2マッチレポートの水曜日。

 トップはJ2界のスター柿谷。
 インタビューに1ページも取ってます。
 マッチレポートはセレッソ─千葉から。
 町田から首位奪還した試合は、千葉に期待してはいけないと教えてくれました。
 千葉が勝ってれば首位のままだったのに。

 スタートダッシュに成功した好調上位対決の町田─札幌戦は、見開きカラー2ページ。
 マッチレポートは辛めですが、コラムは高原に崇文の二本立て。
 札幌は「トックンが居なかった」の一言につきそうなのか、扱いが。

 ナビスコGLプレビューは連敗中の王者がメイン。
 川崎はこのメンバーですか。

 
 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートの月曜日。

 トップは首位に立った浦和から。
 甲府の極端な守備シフトを突き破っての勝利だった様です。

 川崎はやや後ろ。
 プレビューで矛盾対決って煽ってた割には…。
 鹿島の雑な攻めに助けられたとは言え、勝ち点3をやらなかったのは良かった。

 ACLプレビュー。
 今節勝てなかったら、どこも終戦ですね。

 

【川崎】負けない事が大事  ホーム鹿島戦(△1-1)

IMG_3920.jpg

 首位と3位のの上位対決でシーズン序盤の注目カードとなった鹿島戦。
 エルゴラのプレビューでは最強の矛楯対決にされてましたが、矛より楯の数が多いのが今のJ1…。

IMG_3893.jpg
IMG_3925.jpg
武蔵川親方の始球式。川崎巡業があるとは言え、こんな有名人を出してくれるとは。

 結果から行けば、ここまで1失点の鹿島の守備陣から1点もぎ取ったので、面目は立ったかなと思いますが、内容的には鹿島の貧攻が川崎の守備陣を破れなかっただけと言えますので、ドローで良かったのかもしれません。

・スタメンとフォーメーション

 怪我のリョータは結局ベンチ外。
 同じく怪我のヨシトはベンチスタートとなり、代わりに森本とネットがスタメンに。
 車屋が直前に怪我をした事もあって、武岡が今季初出場でタニが左SBに回りました。
 ボランチはケンゴと森谷。
IMG_3943.jpg

 フォーメーションは4-4-2。
 そろそろ3バックでも良い様にも思えますが、まだ何かが風間さん的に引っかかっているのでしょうか。
IMG_3918.jpg

・あってはならない失点

 今節の2大やらかし失点が、湘南のGK村山とタニ。
 あちらはロングフィードを目の前の神戸の選手にブチ当て、跳ね返ったボールをチマに決められてますが、こちらはスローインのボールを受けて前に送る筈が、何故か高く跳ね上がってゴール前に。
 回りの敵味方が一瞬固まってた中、距離のあったカイオが反応してゴールにぶち込んできました。
 正直、あれはない。
 ロングフィードするつもりのキックだったのが災いしましたね。

 今季、ピリッとしたところが無くポジションも定まらない中で、悩みを抱えている様なプレーを続けてきましたが、この大失敗でその後なんか吹っ切れた様なところが見えたのは次に?がってほしいところです。
 彼はこの先10年は働いてもらう必要のある選手ですから、先を見て行きたいところはあります。

・きっちり崩したゴール

 最後にゴールに押し込んだのはエウシーニョですが、パスを繋げてゴール前に運び、ダイナゴルに走り込んだユウが曽ヶ端と激突する寸前に上げたボールを、ゴール前に走り込んでいたエウシーニョが無人のゴールに。
 鹿島の楯を川崎らしく攻略したゴールになりました。

・ネットの使い方 森谷の使い方

 リーグ戦で90分続けて使うにはまだ怖いのか、ボランチに入れた森谷と交代で後半から。
 前半の終わり頃から一人アップしてたので、HTで交代だろうと思ってましたが単純に同じポジションでの交代にしてきましたね。
 森谷の使い方が今季はかなり違います。
 取り敢えず前目なら何処でも出来るので、交代を予定しているところに入れて早い時間帯に交代させる感じでしょうか。
 ただ、森谷のボランチっていま一つなんですよ。
 サイドから空いた中央のスペースに侵入してリンクするのが彼の持ち味ですが、最初から中にいるといま一つピリッとしない。
 原川がまだ使えるレベルでないのと、試合の流れによってはポジションチェンジが可能なのが森谷の選択理由かなと。
IMG_3996.jpg

 ネットはナビ福岡戦より大分良くなった感じがします。
 ボールの刈り取りの上手さと、奪ったボールを持ってドリブルで持ち上がるのが、彼の持ち味ならば、他のボランチには無い特質です。
 ただ、他の新加入選手と同じく、彼もトラップ時にボールがピッタリ納まらないのと、パスだしは広く出せますが、出す反応速度が遅いところが今のところの問題でしょうか。
 この点では長くやってる森谷の方がリズムを作りやすい。

・悩める森本

 ボールの収まりが良くないですが、後ろからボールが出てくるタイミングがまだ掴みきれてない感じです。
 ケンゴが出すならともかく、新加入の奈良やエドゥだとお互いの感覚がずれているのか、上手く合いません。
 このあたりは少しずつ改善していくしかないでしょうね。

IMG_4004.jpg

 上位対決で勝ち点1を死守し、無敗は続いています。
 順位は浦和に抜かれましたが、その差は1。
 じっくり焦らずついていけば問題はありません。
 ただ、ここに来てのリョータの離脱はちょっと痛いですね。
 彼が出ていない試合でまだ勝ちが無いだけに。
IMG_3904.jpg
来週の鳥栖戦まで桜が残っているでしょうか?


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】Bチーム 前を向け  YNC GL2 福岡戦(●0-1)

 大分時間が経ちましたが、記録という事で。
IMG_3819.jpg
フロンタールズと踊る海豚と狼。 フロンティアーズ絡みの時って勝ってない様な?

 前節の鞠が引いて固めてきたのに対して、盟主はコンパクトにまとめつつもラインは上げて川崎の中央の自由になるスペースを殺してきてました。
 完全Bチームだった鞠とほぼAチームだった福岡の連度の違いでしょうか

 その代わりサイドはある程度持たせたので、サイドに展開するものの、そこから先が無い。
 Aチームも昨季まではこういった戦い方をする相手には手を焼いてきましたが、一周遅れでBチームがそこに直面していると言うところでしょうか。

 問題は前線が悉く福岡の守備ラインに引っかかって裏抜けが出来てなかったところ。
 前線が悪いと事もありますが、後ろから的確な縦パスが入ってこないでノッキングしてたところが問題でしょうか。

 この試合では誰が縦パスを入れられるのか?とのか思うと、居ないんですよね。
 イガが意識してやろうとしているのですが、それ程数は多くなかったです。
 このあたりは今のAチームもケンゴとリョータ以外に居ない問題を抱えているのですが、ケンゴとリョータがいると二人のパス交換からタイミングを見て出るパスがあるので、出し所が分散される分ましになっています。

 ただ、守備力を見ると、福岡のウェリントンにはエドゥとネットが苦労してたものの福岡にしてやられた場面は少なかったので、福岡の得点源のセットプレーでやられたのは痛かったです。

 2節を終わってBチームに結果が出てませんが、もう少しこのチームで見てみたい。
 リズムが良くなれば結果にも反映してくると思います。
 次節はミッドウィークですし、ターンオーバーさせていかないと連戦の4月は乗り切れません。
IMG_3881.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 週末のリーグ戦プレビュー。

 トップは川崎─鹿島戦。
 「最強の矛盾対決」ですか。
 なんか盾が多すぎません?

 久々登場の平山のおっさん化にやや驚きも。
 もう若手とは言えない年齢なんですね。

 J2の注目カードは町田─札幌戦。
 好調上位の対戦だけあって、2/3ページ貰ってます。

 最後は代表戦マッチレポート。
 二次予選通過は当然。
 メインは最終予選ですから。

 

【町田】三連勝!  アウェー東京V戦(〇0-1)

 すっかり出遅れましたが、ヴェルディ戦の感想を。

 ヴェルディ戦は4年ぶりでしたが、あの時はディミッチのPKでドローで帰って来ました。
 あの試合に勝ってれば残留に有利になったと今でも思ってます。

 今季は中々調子が上がってこないヴェルディですが、そうは言っても個々の選手の技術は高く、今季の対戦相手の中で一番小憎らしいサッカーをやるところです。
 後手に回るとここぞとばかりに嵩にかかって攻めたてて来る相手でしたが、何時ものようにコンパクトな陣形でラインを上げてヴェルディに自由にさせませんでした。
 個の力では分が悪いところを運動量で数的優位を作っているところは、相馬さんのサッカーだなと。
 ただ、流石にゴール前は固かったですね。

 中盤を制圧できてたので、ヴェルディの前線に仕事はあまりさせませんでしたが、それでも平本とピニェイロは怖い存在でした。
 ほぼマンマークに近い形で最終ラインがしっかり対応してくれてました。
 この日も初組み合わせの最終ラインでしたが、三鬼はスクランブルで投入された金沢戦とは見違えるプレーを見せて、前半はピニェイロのマークをがっちり決めてましたし、キャラとソンギのCBコンビもしっかり締めてくれました。
 キャラは「怪我での離脱が無かったら」と清水サポが悔やんでた意味がよく判る、J1クラスのプレーを見せてくれました。
 連携はまだ怪しいところがありますが、良い所を見せてくれました。
 怪我で離脱してる選手が帰って来たら激しいポジション争いが生まれそうです。

 そして孝司が帰って来ました。
 入れ代わりに戸島が怪我ってのはアレですが。
 今季初、そしてJ2初ゴールは試合を決めるエースの仕事をやってくれました。
 あそこでフリーになれる場所にいるところがストライカーの資質なのでしょう。
 ソンギが落としてからゴールまでの一連の流れが撮れたので貼ります。
IMG_3704.jpg
IMG_3705.jpg
IMG_3706.jpg
IMG_3707.jpg
IMG_3708.jpg
IMG_3709.jpg

 序盤5試合の相手の中で、一番重要な相手だと思っていましたが、無事勝ち点3を勝ち取ってくれました。
 セレッソと昇格に向けて気合いが入った京都は、まぁ分が悪い。
 金沢・山口は残留を争う相手でここからの勝ち点は取らなければ行けない相手。
 そしてヴェルディはPO圏内から一桁順位には入ってくる中堅で、このレベルの相手からいかに勝ち点を奪っていくかが残留には大事になる相手でした。
IMG_3710.jpg
IMG_3715.jpg
ゴールを決めてゴール裏に走ってきた孝司

 序盤5試合で勝ち点10とスタートダッシュは成功してると思います。
 昨季の状況から残留には勝ち点40が必要なので、10節目あたりまでにあと5は上乗せして欲しいところです。

 次はやはり好調の札幌。
 狂犬の如き激しいストライカーのトックン、スナイパー並の高精度FKを持つフク、ボールを刈り取る能力はJ1クラスのイナの元川崎トリオの存在が怖いところですが、粘り強く戦ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
IMG_3726.jpg
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR