今日のエルゴラ

 J1マッチレポートですが、川崎─磐田戦はJ2と一緒に水曜日掲載なので、今日はほとんど読む所無しと言うことで。

 
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 トップは敗退が決まったACLラウンド16。
 F東も浦和も2ndLegに魔物が潜んでましたね。
 J勢はここで全滅。
 出場枠を減らされなければ良いのですが。

 J1プレビュー。
 暫定首位でホーム戦と言うこともあり、川崎の扱いが良いです。
 問題はリョータが居ない事につきますが。

 J2プレビュー。
 町田は熊本のホーム戦とは言っても、ごく普通の扱いに。
 今までが良すぎたんですよ。

 ナビスコGLマッチレポートは川崎がスペースを貰ってます。
 大塚のどでかい画像がかなりの部分を占めてますが。

【川崎】リョータA代表に選出

 ハリルも伊達に等々力に遊びに来てたわけでは無かった様ですね。

 見つかってしまったか…。
 今季の積極性が一桁上がった様なプレー振りから、五輪には行けそうな気がしてましたが、一足先にキリンカップとは言えA代表とは。

 ツゥーロンから帰って、休みなしでA代表となると、疲労が心配ですが、上手く立ち回っ…れるくらい要領は良くないしな。

 怪我なくハリルにアピールして帰ってこい。

 これで原川と奈良も、五輪後のA代表を意識して競争が激しくなりそうです。

今日のエルゴラ

 トップは今夜キックオフのACLラウンド16 2ndLegに出る浦和。
 ドローでもOKだったF東が守りに入って1─0で負けて敗退しただけに、浦和らしく攻めて勝ち上がって欲しいところですが、どうなりますか?

 水曜日は魔界J2のマッチレポート。
 魔界と言いつつも、地力の有るところが有るべき順位に戻りつつある、そんな感じがします。

 松本─町田戦は割とスペースを貰ってます。
 上位対決と言うこともあるでしょうが。
 松本目線のレポートですが、町田にかなり苦戦した事が書かれてます。
 立場が変われば見方も変わる。
 隣のページは反町監督のロングインタビューになってます。

 ナビスコGLプレビューは見開き2ページにまとめられてます。
 仙台戦の予想、本当にこれで行きそうですね。

 

今日のエルゴラ

 トップはF東のACLラウンド16 2ndLegプレビュー。
 勝てば文句無しで上に。

 J1マッチレポート。
 川崎はそこそこ良い扱い。
 アウェー新潟戦19時KOの割には。

 U─23ツゥーロン大会は初戦黒星。
 アジア予選代表に怪我人続出なのは、シーズンオフ無しってのが、大きく効いてる様に思えますが、果たして?

 

【川崎】足りなかったのは何? アウェー新潟戦(△0-0)

 鬼門ビッグスワンの思わぬ抵抗で勝ち点1で終わりました。
 浦和が手を焼く訳だわと、妙に納得した新潟の守備でしたが、守備に軸足がありすぎて攻撃まで足が回らないところが勝ちきれない要因でしょうか。

・スタメンとフォーメーション

 リョータが招集、奈良が負傷離脱の為、タニと森谷が入りました。
 フォーメーションはエルゴラやスカパー!の予想だとケンゴをボランチにさげた4-4-2でしたが、始まってみるとケンゴはトップ下、森谷とネットのダブルボランチの4-2-3-1でした。
 新潟のプレスがキツくボランチに掛かって,前にボールが出てこなくなったところでケンゴが下がった4-4-2に変わったように見えました。

・中央突破?

 この試合、攻撃時にエウシーニョがガンガン中に入ってきてたのが印象的でした。
 ノボリも中に入って仕事してますし、サイドを攻略して中へと言うより、中央で崩して行く比重が大きかった様に思えます。
 ただ新潟もゴール前中央を固めてたので、あそこを崩すのにはもう一工夫いる様に感じました。

・峰打ちか?

 なんと言うか、ここのところユウのシュートは「どこかで見たぞ」な状況に。
 何処で見たかなぁ?と記憶を手繰ったら、この前のフクアリで見たのを思い出しました。
 船山の「入りそうで入らない」な峰打ちが遺伝したかの様な。
 序盤のポスト直撃が入ってれば、試合展開は大きく変わってただけに。
 インパクトのタイミングでブレてるんでしょうか。
 フィジカルの問題がまた出てきたんだとしたら、ケアは早めに。

・代役は?

 リョータの代わりは森谷、奈良の代わりはタニが入ってますが、森谷はボランチで使うより2列目でサイドから中に入ってボールを中継させる所に持ち味が出るので、ネットと役割分担はあったと思いますが、厳しかったですね。
 原川が残ってれば彼を入れてみたかったところですが。
 むしろノボリを入れて、前にプレッシャーを掛けさせる方が面白そうではありました。

 タニは一時のスランプから脱してる様に見えてます。
 まだ、「あっ!」て所はありますが、だんだん良くなってくるでしょう。
 イガが練習復帰してるとは言え、スタメンを争うまでは時間が掛かるでしょうし。


 負けずに勝ち点1を持って帰れた事は良い事です。
 ただヨシトとユウの調子が下降している様なので、彼ら以外がどこまでフィニッシュに持ち込んで行ける所へ顔を出せるかが今後の課題でしょうか。
 それにしてもリョータ不在は痛いです。
 これでツゥーロンでロクに使われなかったら、テグさんを恨みますわ。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ソルトな試合  YNC GL5鳥栖戦(△1-1)

 取り敢えず簡単に。
 この試合は現地には行けなかったのでHUBで観戦となりました。

 勝って帰りたかった試合でしたが、後半の鳥栖の圧力を思うと逆転喰らわなくて良かったと。
 見ていて気になったのは選手間の距離感がちょっと遠く感じましたが、鳥栖の方もそれ程密集してた訳でないので、結果としては間でカットされまくった訳ではないですが、圧力を高められた後半はばたつきましたね。

 この日のメンバーだと後ろはそれなりに機能してましたが、問題は前ですか。
 前で受ける長谷川も三好も相手を背負ってボールを受けるタイプでないので、鳥栖の守備陣に付かれるとキープしきれない。
 ユウを1トップで投入と、ネットをボランチで投入したのはここの部分の改善と、後ろから鳥栖の圧力を押し返して積極的にパスを出させる意図があったかなと。
 その部分は改善はしたと思いますが、突き放すまでは行きませんでした。

 この日のメンバーだと三好の積極性が光りました。
 後は決めるだけなんですが、なんと言うかシュートが素直過ぎるのが問題でしょうか。
 ヨシトはかなりトリッキーと言うか、最後まで一番可能性のある穴を狙ってますし、ユウもそう言ったところはあります。外す時は徹底的に外してますが。
 ごっつぁんで良いので、一本決まれば明確に変わって来るでしょう。

 逆にお前何処行った?の筆頭が狩野。
 画面の中で探せない位絡んでません。
 この日のメンバーだと、若手を前にガツガツ行けないんでしょうが、もうちょっと頑張りを見せて欲しいなと。
 森谷のように体を張る所に存在価値が出るようになれば、また見方が変わって来ると思います。

 森谷の橋本のボランチはお互い似たタイプなので、良いところを消しあった感が残念。
 ネットとの交代は橋本になりましたが、カード貰ってたからでしょう。
 どっちを変えても変わらない感じでしたし。

 鳥栖との引き分けでGL突破は難しくなりましたが、川崎の最終試合になる仙台戦もベンチメンバー主体で行ってチャンスの場にして欲しいところです。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはACLラウンド16マッチレポートから。
 浦和もF東も先勝。
 ただ、ホーム&アウェイは2戦目でひっくり返される危険が有るので、どっちも油断なく。

 J1プレビュー。
 監督交代後、順位上昇中の柏・下平監督インタビュー有り。

 トップ3にフォーカスした記事はユウが離脱してない事が…。
 そんな毎度離脱されても困ります。
 新潟戦はリョータ、奈良抜きでどんな試合になるか。

 町田は12年昇格同期の松本と。
 策士反町監督は何を仕掛けてきますか?

 ナビスコGLマッチレポートは前回覇者・鹿島の敗退がメインに。

 

今日のエルゴラ

 「熊本帰還」

 これ以上の話題は無いでしょう。
 待ちに待った試合は、勇戦及ばすな結果となりましたが、今の熊本の「怖さ」は伝わってきました。
 この気持ちに飲み込まれると試合を落とす事になりそうです。

 対戦相手の千葉も、ホームとは言えやりにくかったと思います。

 町田─ギラQ戦はギラQ目線ですが、まぁ仕方ないですね。

 山口のセレッソ虐殺、そこまでやるかと。
 湘南の走力と川崎の攻撃力を持ってるのが、今の山口と呟かれてましたが、大筋認める。

 セレッソはやるサッカーを見直した方が。
 あれはベンツで農作業やってるようなもんです。

 ナビスコGLプレビュー。
 鳥栖戦はこうきますか。
 再構築が必須の最終ラインより前を全とっかえか。
 鳥栖はクスが今季初先発らしいです。
 鳥栖のサッカーには合わないだろうと思ってましたが、ここまで冷遇されるとは。

 ACLラウンド16は浦和。
 勝てよ。

 
 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートの月曜日。
 表紙はヨシト。
 表紙コラムの様に取りこぼしが無ければ。

 表紙に続いて神戸戦が見開き2ページ。
 久々に等々力で面白い勝つサッカーをやった感が強いですが、気分良く帰れたので。

 鹿島─鞠は鹿島がかなりヤバかったですが、結果は残す強かさは流石です。
 ホーム250勝は伊達じゃない。

 盟主─湘南の裏天王山は、盟主が勝ってホーム初勝利。
 守って守ってカウンターで仕留める手堅い所は盟主らしい勝ち方です。
 湘南はこれで最下位に。

 F東─鳥栖の「マッシモダービー」はスコアレスドローとらしい結末に。

 ACLラウンド16プレビューはF東。
 ここから本当のACLの始まりです。

 

【町田】負けるときはこんなもの  ホーム北九州戦(●0-1)

 良いところの殆ど無い試合だったと思います。

 ファールしてでも止めに来る位、ギラ九は球際で激しくきてましたが、その勢いに呑まれた様な感じがしてました。
 相手のプレスを上手く剥がしてしなきゃならないのはしんどいです。

 町田からしたら、選手間の距離を広げさせられて、コンパクトさを失って容易に間に入り込まれるうちに失点して負けたというところでしょうか。

 まだ試合は十分すぎるほど残ってますので、このままズルズルと行かない様にしていけば、残留に必要な勝ち点を早く積み上げる事は出来るはず。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村


【川崎】危なげなく天敵に勝つ   ホーム神戸戦(〇3-1)

 正直なところ、なんでこう言う試合展開を仙台戦で出来なかったのかと。
 神戸の状況はレアンドロとPJの両外国人の他にも主力が離脱していて、かなり厳しい状況でした。
 少なくとも攻撃に関してはかなり迫力を欠いていましたし、流石の魔術師ネルシーニョも、手駒が揃わなかったら魔法を使う事もできません。

 前半が上手く回ってなかった理由は一つ、フィニッシュの問題。
 ユウだけで3本撃って全部外れ。
 ヨシトは1本も記録しておらず、他はエウシーニョが1本撃ってるのみ。
 これだけボールが回って崩していても最後がこれなんで、イマイチリズムが悪い感じが。

・スタメンとフォーメーション

 エドゥが戻って車屋が左SBに回った事でノボリが左ウィングに入った事から、三好が外れる事に。
 ベンチには武岡とタサが戻ってきています。

 フォーメーションはケンゴをトップ下に置いた4-2-3-1。
 リョータとネットのボランチコンビが良い形を作りつつあるので、これで良いでしょう。

・ユウの日は?

 フィニッシュだけが残念を通り越して諦めの境地に達する位でしたが、他は右ワイドを主戦場にゴール前に積極的に顔を出して、チャンスに絡んでました。
 FWだからここで決めないと、風当たりは強いですが、それは仕方の無い事。
 試合後のロッカールームで、ジュニに説教されてたとしてもわかる気が。
 いやされてろよと。

・ヨシトの日?

 350試合出場のセレモニーのあったこの試合。
 メモリアルゴールを決めてもひっくり返される事も無く、あっさり2点取って試合を決めました。
 1点目はユウの貰ったPK。
 2点目はノボリの浮き球パスをループで決めるものの、あれはユウへのパスの蹴り損ないだよなと。
 きっかけは何にしろ結果を出せるのはエースって事なんでしょう。

・ノボリの主戦場

 前節はSB→ウィングと左サイドで戦ってましたが、最初からウィングの位置に入るこの試合はサイドと言うより中央に陣取っている時間が長かったです。
 どちらかと言えばサイドのアタッカーと言うより中央の選手といったところ。
 このおかげでケンゴはフリーにあっちこっちフラフラでき、車屋は空いたサイドのスペースを使って上がってこれる、選手間の距離も近くなってパスで崩しに掛かれると、悪いところは無いです。
 サイドの選手に特有の180度の活動範囲に縛られずに360度で動けて、スピードはありますから、かなり良いですね。
 しかし、なんで神戸はサイドを使って川崎の陣形を横に広げさせなかったのか?

・神戸のプレースタイル

 ここは監督が変わっても変わらんなと思うのが、ファールの多さ。
 川崎がボールを持つとファールで止めに掛かる所は、まず止めろって伝統があるのかもしれません。
 ネルシーニョもその手のプレーは嫌ってないようですし。
 問題なのは川崎のプレーの速さについて行けずに、殆どのファールがアフターで後ろから削りに行ってるパターン。
 これは本当に危ないので止めてほしいのですが。

・奈良のアクシデント

 神戸に川崎が一方的に削られてる状況でしたが、奈良のはこっちからアフターで入って絡んだところで発生したアクシデントなので、イエモッツの判定は妥当です。
 ただ、あれはやらなくても良かったファールだったので、もうちょっと大事に行って欲しかったところです。
 怪我の重さを見るとリオはちょっと難しい状況ですが、ここでサッカー選手のキャリアが終わる訳でない。
 今はまず怪我を治す事に集中してほしいです。

・余計な失点

 奈良のファールから与えたFKを千真に決められて先制。
 SGの当たりからだと壁の何処にあたってコースが変わったか判りませんでしたが、スカパー!の映像を見て納得。
 ケンゴが思い切り頭振ってボールの軌道変えてました。
 隣で飛んだリョ-タに任せればそのまま上に跳ね上がって、その時点でATは終わって前半終了になっただろうに。

 なんでやっちゃいましたかね。

・復活の兆しは?

 ノボリと交代で中野が入りましたが、以前のような自信なさげなプレーは大分薄まっていて、積極性が出てきたように思えます。
 絶対止められないって過信に近い自信が無ければ、敵に向かってドリブルなんかできませんから。


 神戸のシュート数を1に抑えて完勝の結果で終わりました。
 天敵ネルシーニョが存分に魔法を振るえない状況だった事を差し引いても、完勝でした。
 ネルシーニョにしても、やれる手は全て打ってきていましたが、駒不足はどうしようもなかった様です。

 20周年記念のOBマッチと、フワフワした雰囲気の中の試合で、以前ならそんな雰囲気に流れてしまってたのが、きっちりと勝ちきれる様に。

 浦和を抜いて暫定1位に戻りましたが、残り試合負けずについて行けば、しっかり逆王手をかけてやれそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 熊本リーグ戦復帰。
 今節、これに勝る記事は無いでしょう。
 ホームのうまスタは町田戦の開催も中止で代替会場はまだ発表が無い状況ですが、前に進まなくてはならない。
 巻のインタビューも有り。

 U23ガーナ戦はかなり面白かった様で。
 本番は誰が呼ばれるか。

 J1プレビュー。
 川崎は2/3ページ貰ってます。
 ネルシーニョなんだよな。

 J2プレビュー。
 町田は写真付記事なので、比較的扱いは良いかも?

今日のエルゴラ

 トップはU─23。
 最後のチャンスに呼ばれた選手のうち、誰が本番に呼ばれるか。
 代表選出ラストチャンスにアピール出来るのは?

 日曜夜キックオフで月曜掲載に間に合わなかった磐田─鹿島戦マッチレポート。
 鹿島の試合だった気がしますが、ジェイ抜き磐田としては、良い結果だったのでは。

 ロングインタビュー第2回は清水の小林監督。

 J2マッチレポート。
 紙面が少ない中、首位奪還した町田の扱いは良いです。

 

【川崎】アウェー全勝は続く   アウェー柏戦(〇1-3)

 2009年以降毎回悔しい思いをして帰る事になっていた日立台。
 それが行けなかった今年はやりたいサッカーやりまくって快勝ってなんでだよ!
 と怒りたくもなります。
 仕事だったので、午後からは完全に情報統制。
 スマホは一切見ず、メールを無視。
 自宅について即パソコン起動でオンデマウンドで視聴。
 他の人から数時間遅れで勝利の余韻に浸りました(笑)

・スタメンとフォーメーション

 エドゥが契約上出場できず、CBは車屋と奈良のコンビに。
 タニとのコンビかと思っていたので、ちょっと意外でしたが、試合を見てると落ち着いてプレーが出来ていて、及第点は上げて良いと思います。
 もっと前線がプレスを掛けてくる所ではどうかなって気になりますが、今回の柏にははまってました。
 ボランチはリョータとネット。
 このコンビ、守備的には悪くは無いものの、ネットの持ち上がりがどれだけ出るかが鍵を握るコンビでした。
 そして前線は三好がリーグ戦初スタメンに。
 フォーメーションは4-2-3-1で前節と変わらず。

・三好への期待値

 仙台戦で疲れの出てた回りの選手を尻目にボールを全開で追い回し、自分で何とか打開しようと奮闘する姿を見て、次はスタメンで見たいと思っていましたが、次の試合で使ってくるとは。
 序盤はいい感じでゲームに絡めてましたが、徐々に画面から消えて行ってしまったのが残念。
 気負い過ぎて空回りって感じだったでしょうか。
 SBのノボリとも良い関係になれてなかったですし、前半での交代も仕方がないですね。
 上手く気持ちのバランスを取って、次の出番には結果を出してもらいたいです。

・リョータ 変わった?

 仙台戦のゴラッソから変わった感じがします。
 この試合でも積極的に前に、ボールに絡む場面も増えました。
 ネットとの関係も良く、このコンビも悪くないなと。
 中盤で無双になっていて、これが続く様なら「川崎はリョータのチーム」と言われる日も遠くないでしょう。

・繋ぎ役としてのネット

 この試合、何故か柏はネットを自由にさせてました。
 フォーメーションの食い違いなのか?中央でフリーになるシーンが多く、ネットにボールを預けて、そこから前線にボールが渡る繋ぎが良くできてました。
 ボールを貰ってパスを出す時間も早くなった感じで、あれだけ出来ればケンゴも下がらずに住みますし、リョータや最終ラインもパス交換でリズムが出てくると思います。
 ここに来てネットも本領を出してきたというところでしょうか。
 先制は相手パスを後ろから回り込んで掻っさらって、ドリブルで持ち上がって自分でシュートでしたが、左サイドに追いやられるような形で詰められたところを、強引に体を捩じってファーに放り込む所は如何にも彼らしいゴールだったと思います。

・CBとしての車屋

 ホントにタニで無くて良いのかな?と観戦前は思いましたが、そつなく奈良とコンビで守り抜きました。
 SBの時にやらかすポカや判断の遅さは、今回の試合ではあまり目立たず相手の攻撃を良く抑え込んでました。
 エドゥが戻ってくる次節はCBの役割は無いと思いますが、バックアッパーとしてマルチポジションで計算が出来る存在になると面白いです。

・ノボリの役割

 左SBは仙台戦でハモンロペスに振り回されてた感じがありましたが、この試合では後ろで時間を作るような役割を果たしていたように思えました。
 エルゴラを見たら、スプリント回数・スピードが両チームを通じてトップでした。
 途中足を攣らせての交代となりましたが、良く走ってくれてたと思います。
 前に移動してからも相手のマークを外してフリーになったところでボールを繋いでくれました。
 ヨシトやユウにマークされてる所に、フリーで相手ノボリにボールを入るところが出来るので、上手くタメが出来てた感じです。
 復帰後はあまりドリブルは見られませんが、求められる事を全力でやっている感じがします。
 出来れば初めから前で見てみたいところです。

 優勝を逃がした2009年最終節以来、勝ちのなかった日立台がついに陥落。
 今季はアウェーで目茶苦茶勝ってますが、いったいどんな意識の違いが生まれたのか。
 アウェーの中には鬼門になってきているエディオンに、アウェーで全く勝てなかった万博、そして今回の日立台。
 後は鬼門化してきている等々力でもっと勝って欲しいところです。

【町田】2012年シーズンに並ぶ  アウェー讃岐戦(〇0-1)

 今節は過去に相性の良かった讃岐とアウェーで対戦。
 相性が良いといっても、最後の対戦は2013年。
 その後、讃岐は2シーズンをJ2で戦い、強かに残留してきた経験があるだけにあてには出来ないなと思いつつスカパー!で観戦してました。
 木島ブラザースにガナさんもいる讃岐との対戦は楽しみにしてたカードです。

 過去2シーズンは堅守速攻で戦ってきたのを、今季はポゼッションに切り替えてきて、失点は多いものの、得点力を増してきています。

 町田にも同じサッカーをしてくるかと思ったら、妙に引き気味に来ていたのが気になりましたが、後から出てきた話しだと「町田にボールを持たせる事」をやって来た様です。

 確かにボールを持って回させてる所を奪ってカウンターに持っていければ、と言うのは判ります。
 実際に攻め込みつつも、最後は守られてましたから。
 
 ただ、この手の戦法を取る時に注意しなければならないのは、セットプレーを与える事。
 セットプレーはそれまでの関係をチャラにされてしまう危険があります。
 特にセットプレーからの得点が多い町田の様な相手には注意が必要なのですが、CKをファーにいたソンギが折り返して中央で待ってた重松が決める形で失点してます。
 町田にしてみれば、持たされているって事はセットプレーが活きるところでファールを貰えるなら、それだけ余裕もできますし。

 後半は一転して讃岐に押し込まれましたし、バーやポストに救われるシーンもありました。
 ただ、押し切られる前に跳ね返してましたし、讃岐のポゼッションに良い様にさせなかったのが勝因だと思います。
 あの調子だと、同点にされたらその後追加点を決められかねなかっただけに。

 讃岐に勝って今季は7勝目。
 2012年シーズンの勝ち数に並びました。
 ここから先は未知の世界になります。
 実際に対戦相手は上位とやってる意識が強く感じます。
 今回の讃岐の様に町田に主導権を渡して、少ないチャンスにカウンターを仕掛けるところが増えてくると思います。
 そこで、どう攻めてどう点を取っていくか、相馬さんがどんな指揮を取るか楽しみです。
 
 


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 日曜開催のJ1マッチレポート。
 夜キックオフの磐田─鹿島戦は締切の都合で水曜日掲載に。

 トップはさいたまダービー。
 ナクスタの最大観客を記録したそうです。

 柏戦は真ん中でカラーの扱いに。
 川崎から見れば良い試合でした。

 ACLマッチレポートはF東と広島。
 F東は勝って決勝ラウンドへ。


 

【町田】これは拙い

IMG_4667.jpg

 この腹は拙いだろう。
 隣町のメタボワシと同類になってしまうぞ。 ゼルビーヽ(`ω´*)ノ彡☆

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】しぶとさのお手本  ホーム岐阜戦(△1-1)

IMG_4666.jpg
 恐らく「残留力」を競ったら水戸ちゃんと一二を争う岐阜ちゃんが今回の相手。
 結果から言えば、岐阜ちゃんの術中に嵌まったかの様な結果となりました。

 前節の岡山と同様にチームとしてサッカーが出来ている所との対戦となり、勝ち点1を取れて良かったと思います。
 資金力を考えたら最良な外国人選手を前線に置き、彼らを活かす事が出来る日本人選手が仕事をする。
 難しい事はしてませんが、シンプルにゴールを目指す形でしょうか。
 ラモス監督になって初めて生で岐阜のサッカーを見ましたが、きっちりと町田のサッカーをさせないためにどうするかを対策した強かなサッカーでした。
 ボールを奪うと最前線のレオミネイロに当てて、彼がキープしているうちに後ろから走り込んでくる選手に入れてと、コンパクトな陣形を保ちたい町田の選手間の距離を広げさせる様にしてきて、それを徹底的にやって来ました。

 町田としては1対1の局地戦で連携を取りにくくなって、かなり押し込まれました。
 この時点で先制されなかったのは、最終ラインで踏ん張れたからと思います。
 ただ、町田のゴールの匂いもちょっとしてこなかったのも事実。
 高い位置で奪ってのカウンターの形が出来なかったので、セットプレーからゴールできて一息つけるかと思ったところで、ロシャにゴラッソを決められて振り出しに。
 守備のポジションに戻ったところで打たれているので、まさに意表をついた一撃になりました。
 あれは防げないです。

 後半はあまりよくない膠着状態に。
 押し込みつつも、やはり選手間の距離感が遠いので、効果的な押し込みが出来てません。
 決定機も作れてない訳ではないのですが。
 前半よりは良かったものの、効率的に攻めきれない。
 カードの切り方でどうなるって感じでも無かったので、相馬さんも苦労してたように見えました。

 岐阜は同点に追いついた事で、まず負けない事とチャンスがあればカウンターで勝ち越しというプランで来たのかなと。
 アウェーで上位の相手には真っ当な戦略ですが、岐阜にとってはこの町田戦は無理してまで勝ち点3を獲りに行く試合ではなかった筈。
 岐阜の凄いところは、シーズンを通してここで結果を出さないと流れが変わるってところで、良い結果を出すところでしょうか。

 残留を確定させる事がファーストミッションとし、シーズンを一つのキャンペーンとして見た時に何処で流れを変えるか、維持していくかと言うところを見極めているしたたかさは手本にすべき所だと思います。

IMG_4798.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】「雑」の一言の試合  ホーム仙台戦(△1-1)

IMG_4820.jpg

 強風と高温の荒れたコンディションでの試合となりましたが、試合内容は風のせいだけか?と思える程の出来でした。

 浦和にボコられ、アウェーのガンバで一息ついたものの、仙台のゲームプランにまんまと乗っかってリョータのゴラッソで何とか追いついたものの、ひっくり返すには体力が残ってなかったって感じでした。

・スタメンとフォーメーション

 ガンバ戦から、エウシーニョが戻ったのでノボリを左SBに入れ、タニとリョータのボランチ。
 ガンバ戦で負傷交代のソンリョンも戻ってます。

 フォーメーションは4-2-3-1に。

・攻撃のノッキング

 今季の攻撃の問題がこの試合で明確になってます。
 CBの二人がしっかり守ってくれるので、最終ラインの信頼度は上がってますが、その代わりに攻撃に入るパスの数と精度が落ちています。
 ここで良い形でボールを前に出せないので、攻撃がノッキングして前線にボールが入るころには相手は対策していると。
 この試合FWのハモンロペスと野沢がCB二人とタニを拘束してしまうので、パス交換は殆ど出来ず、リョータとケンゴは向こうのボランチががっちりマーク。
 サイド一杯に張ってるウィングはSHとSBで奪いに行くと。
 かなりここでボールを失ってカウンターに繋げられてます。
 ここで受け手が相手のマークを外しても、出し手は強風でボールコントロールが苦しいのか、いいボールは入らず。

 それでも前半2回決定機を作れてたのは、前線の3人に体力がありケンゴも前線近くでプレーできてたのが大きいです。

・狙い撃ち

 仙台の攻撃は徹底してロングボールをサイドに放り込んで来ました。
 1トップの様なハモンロペスが左サイドに流れてボールを納めに来るのに、ノボリが全く対応が出来ず、ハモンロペスがボールを保持しているうちに仙台の中盤は上がってくる、エドゥが引っ張りだされる、森谷が前線から全力で戻ってフォローするので、陣形が崩された形になる事でピンチを招いてました。
 距離を広げられ、その隙間に侵入されて来てたのではある意味当然かと。

・働けない選手

 スタメンで気になったのは、まずケンゴでしょうか。
 あっさりとボールを奪われたり、パスミスが多かったりと「らしくない」プレーが目立ちました。
 ヨシトとユウは後半足が止まったのはガス欠でしょうね。
 あれだけ前線からプレス掛けてたら、足が止まるのも仕方がないです。
 むしろなんで中盤が連動して動かなかったのか。
 途中交代の車屋はいま一つ試合に入れてない、それどころか彼が空けたスペースを使われての失点と、判断に迷いがあるのか。

 判断に迷いと言えば中野もオドオドしながら、無難なプレーを選択しているように見えます。
 もっとガツガツとドリブルを仕掛けて仙台の守備を崩す事を求められて、それが出来ないのは。
 ドリブルが出来ない中野なら、狩野の方がベテランらしいプレーをしてくれた可能性が高いです。

・リョータのゴラッソ

 膠着した展開で効くのは、意外なプレーの選択です。
 リョータが右サイドでボールを持って、今までなら中央にパスを送るところが、ドリブルで相手の間をぶち抜いてゴール前まで持っていき、中央に合わせる振りしてGKの頭上を撃ち抜く、ベストゴール候補に相応しい一撃でした。

 自分からゴールを狙いに行くタイプと言うより、より得点確率の高いプレーを選択するタイプですが、ここまでの試合展開で他の選手が確率の高いプレーをしてないと判断した可能性があります。
IMG_4865.jpg
ゴールを決めて自陣に戻るリョータ。 このあたりが彼らしい。

・三好の持ってる期待感

 このところ覇気のない交代選手の中で、一人ガツガツ感を見せてボールを追っていたのが三好。
 良いところで顔を出しますし、交代で入れられた理由をよく判っているプレーを見せてくれます。
 シュートも枠を捉えてただけに、もう少し狙い所がGKに取って嫌らしい所だったら、ゴールを決めてたでしょう。
 もう少し長い時間見たいですね。

 仙台ともドローと、なんと言うか勝ち数が伸びないので、等々力が鬼門化してきている感じがします。
 無理攻めしてるのを逆手にとられてると言うわけでも無いでしょうが、もっとそつなく丁寧なプレーが出来ないと、付け入られるだけかなと。
IMG_4878.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 連休の影響か、変則発行で木曜日発行に。
 連戦ってこともあって、目一杯詰め込まれてます。

 トップは海外組。
 レスターの快挙に大喜びのザキオカさんが表紙に来て、次も特集になってます。
 諦めなければ、何時かはタイトルに手が届くって事の実証ですよね。

 続いては土曜日開催のJ2マッチレポートから。
 金沢を破って札幌が首位に。
 札幌もいい感じですが、未勝利一人旅をひた走る金沢の迷走っぷりはちょっと大丈夫かと。
 ビョンジュンは怪我ですが、可児は一体何を?

 町田は1/4ページほど。
 こんなもんですかね。と、妙に安心できる扱い。

 特別インタビューは山形の石さん。
 今季の状況から、過去の試合について1ページ語ってます。

 J1マッチレポートは川崎がカラー見開き2ページ。
 そんな扱いを…と思ったら、首都圏のゲームって等々力だけだったんですね。
 そりゃ力入るわけです。
 ゲームはマァあれでしたけれど。

 結構J1マッチレポートにページを使ったおかげで、J1/J2プレビューはほんの少し。
 トピックスの記事並の扱いです。

 ACL最終節は火曜開催の2試合のマッチレポート。
 浦和はドローで2位通過に。
 そしてガンバは最終節も負けて勝利無しで敗退。 情けないったら。
 GL敗退したら、ナビスコのノックアウトステージ参加資格も剥奪って位やってもいいですね。

今日のエルゴラ

 トップの記事はACLプレビュー。
 F東が頭に来るのはエルゴラだからこそ。
 文字通り「負ければ終わり」な状況で勝ち上がれますか?
 浦和は消化試合、広島・ガンバは捨て試合なので、ここしかドラマは無さそうですが、役者の力量は心配。

 29日開催のJ2マッチレポートが先に来てます。
 岡山戦がトップ。
 今までの対戦相手で最もヤバかった相手でしたが、負けないで良かったです。

 J1マッチレポート。
 ガンバ戦は扱いが良かったです。
 基礎工事からやり直せってのも、キツい指摘です。

 J1J2のプレビューはかなり圧縮版になってます。

【町田】勝ち点1を持ち帰る  アウェー岡山戦(△2-2)

 2度も先制される苦しい試合でしたが、追いついて勝ち点1をもぎ取ってきました。
 ここまでの試合で先制して優位に立っていたのが、一転追いかける展開になった事で上手く守られる可能性がありましたが、岡山のミスを見逃さずに奪ってカウンターが見事に決まってくれました。

 今季初めて複数失点を喰らいました。
 どちらもロングスローからと、流れの中から取られた訳ではありませんが、個の力で押し込まれた形だったのは気になります。
 ただ、先制の押谷のゴールは完全にオフサイドで、不運としか言い様の無い失点でした。
 比較的早い時間帯だったのが幸いだったと思います。
 試合を失う失点にはなりませんでしたが、何故オフサイドで無かったのか、副審に聞いてみたいものです。

 得点シーンはどちらもボールを奪って素早く前に出してのカウンターで、見事に嵌まりました。
 前後の位置関係が良いので、無理なパスにならず精度も高い。
 岡山も警戒はしていた様ですが、自分たちのミスからかっさわれたので、対応が遅れた様に思えます。

 アウェーで勝ち点1を持って帰り、次はホームで岐阜。
 残留力は半端無い岐阜ちゃんだけに、強かに戦ってきそうです。
 パウロは相変わらずウザいんだろうなぁ…。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】しぶとく鬼門攻略  アウェーガンバ戦(〇0-1)

 川崎の記事がこのところ滞ってたので、触れなかった試合は記録としてそのうち入れようと思っていますが、取り敢えず再開です。

 前節、浦和に完敗した訳ですが、これまでだとこんなきっかけでズルズルと行くところを、今季は何とか踏ん張れるしぶとさが増したと思う試合でした。
 決していい訳でなく、怪我人・有休で思うようなスタメンが組めてるとは言い難いところですが、逆に色気を出さない分がいいのかもしれません。
 ノボリの右SB求められるものは、八面六臂な大活躍じゃなく無難に実直にプレーをしてスペースに穴を空けない事です。
 そのタスクを充分以上に務めてくれて、特に後半に宇佐美が左ウィングに移ってからは仕事らしい仕事をさせませんでした。
 ゴールに近づくほど怖い宇佐美も、この位置からゴール前に向かって仕事させなければ勝ち。
 ノボリもそれは判ってた様に見えましたし、右ウィングに入ったユウもその点を認識してフォローについてました。
 あの位置であの仕事が出来るのは今はユウだけなので、ここもやるべき事をやったと言えます。

 タニもこのところ便利屋的に使われていますが、ボランチはそれなりにやれてましたね。
 問題がないとは言いませんが、SBよりは役割が整理されてた事とリョータとのコンビがそれなり機能してた様に見えました。
 ただ、もっとやれるだろう?って目で見てしまうので、早く復調して欲しいところです。
 本来ならスタメンから外して再調整させてやりたいところですが。

 新井もソンリョンの負傷を受けてのスクランブル出場でしたが、良くやれてたと思います。
 ロングフィードの距離と精度はソンリョンの方が上ですが、この試合ではロングフィードを多用する様な状況でも無かったので、それほど問題にならなかったと思います。

 やるべき事をやって来た川崎に対して、ガンバはどうにもあやふやな部分が多い感じでした。
 中盤ダイヤモンドの4-4-2で宇佐美をゴールに近い2トップに置いたものの、アンカーの今ちゃんの左右が川崎の使い放題で、ここを抑えられたら良いボールは前線に出てこない状況。
 川崎としては中央を締められてサイドに誘い込まれて苦しい状況に追い込まれる事もなく、攻めきれてました。
 欲を言えば、前半にもう1点欲しかったところです。

 後半は4-2-3-1にしたものの、一番危険な宇佐美はゴールから遠い左ウィング。
 ここから仕事させなかったノボリの頑張りが、ガンバの攻撃を中央からの力押しになってた感じです。
 中央突破できるほど今の川崎の最終ラインはヤワでないですし、風間さんもネットを入れてケアしてましたから、よほど手ひどいミスが無ければ突破は容易ではなかった筈です。

 過去リーグ戦で勝った事が無かった、鬼門中の鬼門であるアウェーガンバ戦を攻略する事が出来ました。
 ガンバの状況が悪かった事もありますが、万博時代はそんなときでも勝てなかった。
 おなか吹田スタジアムが力を貸してくれたのかもしれませんが、勝って帰れる強さがでてきたのかと。

 残る鬼門の日立台も撃破して帰って来てほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR