今日のエルゴラ

 トップはU23。
 今回は国内組のみとか。
 今回呼ばれた選手は最後のチャンスだけに、良いところを見せなければと無理して怪我が無ければ。
 海外組はほぼ決まったのかな?

 J2マッチレポート。
 折り返し点目前で段々と地力と順位がかみ合ってきた印象。
 熊本の代替開催分が消化された時に、どんな順位表になっているか。

 町田は試合を支配しながらも、大久保の一撃で痛い星を落とした試合でしたが、ちょっとした所に綻びを作られて決められてる感じでしょうか。

スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 鹿島優勝特集号。
 それ以外に言いよう無しな構成です。

 

【町田】横浜FC戦 

そろそろ選手のアップが始まります。

今日のエルゴラ

 J1stステージ最終節プレビュー。
 前節と立場が入れ替わり、鹿島主体の構成に。
 ま、仕方がない事です。

 鹿島は昌子とカイオが出場停止とは言え、盟主はカシスタで勝ったことがない。
 鬼門を破る事が出来るか?

 川崎は勝つ以外の選択肢は無いので、ケンゴとエドゥ、ノボリが居なくても、やるしかない。

 唯一の戦術俊輔が欠場の鞠と、采配ミスって浦和に大逆転負け喰らったF東の対戦、気分良く2ndステージに行けるのはどちらか。

 J2プレビュー。
 調子が下降線の町田と、監督交代で浮上のきっかけとしたい横浜。
 アウェー横浜戦は崇文のハットで勝ってるし、ニッパツも崇文のブザービートで勝った記憶のあるスタジアム。
 ここで崇文が爆発してくれると、勢いが増すので、きっちりと決めて欲しい。


 

今日のエルゴラ

 トップはU23。
 これが五輪代表選出のラストチャンスだけに、当落線上の選手の滑り込みは有るか?

 J2マッチレポート。
 札幌が首位キープですが、流石に疲れが見えてる模様。

 町田は他と変わらぬ扱い。
 町田が見せなければいけない姿勢を愛媛に見せられた感が有る試合でした。

 高校サッカーは桐光が神奈川代表を逃す波乱が。

 

今日のエルゴラ

 試合の記事は書けてなくてもエルゴラはやってくる月曜日。

 トップは首位にたった鹿島。
 何も言うことはございません。

 博多の森の悲劇って、その試合に出たヤツはピッチ内に誰もいないだろうに。
 守備の緩いエウシーニョ寄りで、タニの裏を突いたのが全て。

 浦和はやっと点を取ったら倍返し。
 連戦と言っても、相手も同じ条件の広島だし。
 苦しんでますね。

 

今日のエルゴラ

 残り2節となったJ11stステージプレビュー。

 表紙からのロングインタビューはヨシト。
 エルゴラって、インタビューの時は小さめフォントでぎっしり書くので、読み応えはあります。
 プレビューも見開き2ページと、かなり扱いが良いですね。

 鹿島も次に良いですが。

 水曜開催分2試合のマッチレポート。
 ガンバは平日なら吹田で勝てるのか、湘南と殴り合うとブーストがかかるのか、単に浦和がやらかしたのか。
 理由はどうであれ、良い援護射撃頂きました。

 J2プレビュー、町田は並みに扱われてます。
 大げさな扱われ方より、こっちの方が落ち着く様な。

 

今日のエルゴラ

 新聞休刊日の関係で週2回の発行です。
 そのためJ1J2マッチレポートでかなり窮屈に。

 トップは浦和─鹿島戦。
 単なる2位決戦なのに、この破格な扱いは何?

 川崎は首位らしく見開きカラーと裏表紙。
 試合内容が一方的だったからか、大きい写真で誤魔化され感がするのですが。

 J2マッチレポートは岡山が暫定首位になってましたが、昨夜札幌が勝ったので、札幌の首位は変わらず。
 岡山がこのまま上位に居座れるか?

 町田は扱い小さく。
 どっちの監督もダメ出ししてる試合だったのに、熱戦だったとは?

 明日開催のJ12試合のプレビュー。
 アウェーならともかく、ホームのガンバに期待はしない方が良いかも。
 湘南とザルの殴り合いしてる位だし。

 

【町田】悔しい敗戦  ホーム清水戦(●1-2)

 歴史と伝統はある清水が相手でした。
 平日ナイターとは思えないほどの動員力は流石は元J1でした。

 試合内容としては、町田が押しまくる展開でしたが、序盤に与えたPKからの失点が重かったです。
 2点目は仕方ないですね。リスクを負って攻め上がってるんですから。
 あそこで綺麗にカウンターを取れるのは流石だと思います。

 初対戦になる清水の印象は、J2としては上手い事は上手いがそれだけ。
 今の順位にいるのは相応かなといったところ。
 それだけに勝てなかったのは開幕戦のセレッソ戦と同じ位悔しいですね。

 あれだけ攻めて点が取れなかったのは、リキの好セーブを差し引いてもフィニッシュ精度の低さがありますが、意思の疎通が図れてない所で押し込みながらもボールを失う事が多かったです。
 出し手が受け手を意識して出しているのか?と言う部分ですね。

 この試合でヤザーさんと森村が途中出場で持ち味を出したので、次はスタメンの可能性ありですね。
 連戦で疲労のたまった選手を入れ替えてフレッシュな選手が使えれば。

 最後にあのアクシデント。
 大前が意外な重傷でしたが、お互いボールを追っかけての交錯なので、どっちが悪いと言う事は無いです。
 むしろ、先に落下点に入って飛んでボールに触った井上に対して、アフターで下から突き上げる形になった大前の方がファールを取られてもおかしくなかったのですが、当たった状態をみられましたかね。

 あのテセでさえソンギと競ってころころと転がる様を見てると、もうちょっとどうにかしないとJ2で勝ち抜けないぞと、他人事ながら。

 意外にも孝司の今季ホーム初ゴールだったんですね。
 確かに野津田で見た記憶が無かった事に気づく。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】ホーム初ゴール ホーム徳島戦(〇1-0)

 意外にも孝司の今季ホーム初ゴールだったんですね。
 確かに野津田で見た記憶が無かった事に気づく。

 この試合、前半は町田、後半は徳島のゲームでした。
 町田が勢いに乗って攻め込み徳島が受ける、後半は徳島が押し込んで町田が耐える。
 ギリギリの所で勝ちを拾った、そんな感じでしたが、押し込まれながらも最後まで守備が踏ん張れたのが分かれ目だった様です。

 この試合、徳島も町田対策か、押し込みつつコンパクトな町田の守備をスライドさせて隙間を作ろうとしてました。
 実際にそこから入り込まれたりしてましたが、そこから更に一押しが出来ないように体張って守れたのがクリーンシートで終われた要因でしょうか。

 シーズンも1/3を過ぎ、出遅れたところも形が出来てきて、しんどい試合が続くようになりましたが、完全に崩されている訳では無いので、守備で踏ん張れているうちは今のままプレーの精度を高めていく方向でしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 明日のJ1プレビューは、タイトルの行方を1stステージラスト3戦を見据えて特集。
 今節最大の注目カード、浦和と鹿島の直接対決が最初に来てます。
 共倒れが望ましいですが、まだ鹿島が勝つ方が良いですね。

 神奈川ダービーは見開きカラー。
 俊輔にFK蹴らせる場面が無ければ、負けることはないと思いますが、勝って帰りたいところです。

 水曜開催のJ2マッチレポートは、やはり熊本震災後初勝利。
 あの熊本の圧力をまともに喰らった金沢には同情します。
 最小ビハインドで前半を凌げれば、後半金沢の勝機も有りましたが。
 町田は他と変わらぬ扱い。

 結構盛りだくさんになったせいで、J2プレビューは煽り喰らってます。
 興梠のロングインタビューが無ければ…。

 

今日のエルゴラ

 J2マッチレポートの水曜日。
 特集はJ1から武者修行に来て成果を上げている若手選手達。
 札幌のフクも取り上げられています。
 札幌の主力と言うだけでなく、J2屈指のキッカーとなっています。
 まさに「見つかってしまった」ですね。
 金沢の2人はどうなっているんだ?

 町田─徳島は割とスペース貰ってます。
 セレッソのやらかしにスペース持って行かれるかと思いましたが。

 EURO開幕で選手一覧にページ取られて、今日のプレビューは1ページにまとめられました。

 風見鶏で川崎がネタに。


 
 

今日のエルゴラ

 日本代表大特集な月曜日。
 キリンカップ ブルガリア戦マッチレポートとボスニア戦プレビューを軸に色々と。
 リョータの出番は無さそうだし…。

 ナビスコGL最終節マッチレポート。
 福岡が新潟を粉砕して初のノックアウトステージに。
 結局川崎はグループ3位でナビスコ杯は終了。

 土曜日開催のJ2マッチレポートは水曜日掲載です。



 

【川崎】リョータが居ない時の最適解は  ホーム磐田戦(〇1-0)

IMG_5542.jpg
 タフな試合になりました。
 磐田があそこまで自分たちのサッカーを捨てて引き籠もりに徹してくるとは、想定外でしたが、上位陣にそれなりの結果を残してきたのは、こういった割り切りを名波監督が取ってきたからでしょうか。
 序盤は想定外にブロックを組んで守ってボールを奪ってからトップのジェイに当てる、そんな形で渋くやって来たところを様子見してたところを突かれていましたが、やり口が見えてからは、上手くいなしながら前に出ていっていました。
IMG_5519.jpg
IMG_5520.jpg
IMG_5530.jpg
今回はデロリアンにクレインズ、仮面ライダーがいらっしゃいました。
IMG_5524.jpg
SFは同日にレースが有ったので、今回は展示のみで残念。
・スタメンとフォーメーション

 リョータがツゥーロン遠征で不在の為、代役は森谷が入りました。
 フォーメーションは4-2-3-1でスタート。
 ただ、前半途中から4-4-2にしたものの、後半は再び4-2-3-1に。

 ただ、ボランチに入った森谷が上手く機能せず、前線に良い形でボールが入らない状況となり、途中でケンゴが下がった4-4-2になったものの、今度はエウシーニョの使うスペースが消されてしまったので、大塚との交代で4-2-3-1に戻っています。

・ボランチとしての森谷

 森谷の持ち味はライン際から中にタイミングよく入ってきて、ボールを受けて的確に次に繋ぐところで、最初から中にいるのはあまり得意ではないのですが、風間さんも判っててやっている様なので、何かしら意図が有ると思うのですが。
 現時点で中でやらせるなら橋本や狩野の方がやれるのは、ナビスコで判っているだけにより成長を促す為なのか、或いはギアを上げる時に交代要員として入れているのかは判らない部分です。
IMG_5557.jpg
SG席最前列に巻かれていた弾幕はこれだったんですね。

・ジェイ対エドゥ

 怪我で離れていたジェイが復帰してきました。
 J1のFWでもウタカ並に厄介な相手で、フィジカルが強くてボールが収まるしそこから反転して自ら仕掛ける事もできるし、裏に抜ける動きもある。
 この試合で復帰しなくたっていいだろうにと思うところですが、フィジカルでは引けをとらないエドゥが最終ラインの協力があったとは言え、抑えて仕事を殆どさせませんでした。
 復帰第一戦と言う事で体力的な不安から交代となりましたが、彼がいなくなった途端に一気に楽になったのは、磐田の戦術に欠かせないパーツが欠けたからでしょう。
 コンディションが良い時に当たったら厄介な事になってた気がします。
IMG_5590.jpg
SFの代わりにトラックを走るデロリアン。

・アダイウトン対ネット

 バチバチとやってたもう一方がこちら。
 こちらは試合終了まで続きましたが、ほぼネットが封じてくれてました。
 アダイウトンからからすれば、邪魔な事このうえない存在だったと思いますが、実際にロングボールを競る形になると、ネットの方が的確にボールを捕らえてましたので、そこから先の展開が川崎優位になるのは当然かと。
 アダイウトンをケアしつつ、森谷の分もボールを散らして決定的なスルーパスも出してとかなり忙しかったですが、ケンゴが下がってきて役割分担できた事も合ってしっかりこなしてくれました。

・大塚の役割

 ナビスコで結果を出してベンチ入りしたものの、これほど早く出番が回ってくるとは。
 大塚をトップに入れた事で再びユウを右ウィングに出して、エウシーニョとのスペース区分が整理できた事もありますが、大塚が中でボールを受けて繋ぐ役割を担った事で前線でボールが回らずにヨシトが降りてくる事が無くなり、スッキリとした感じになりました。

 ナビスコの1トップより、トップ下に下がって中でボールを受けて出す形の方が彼に合っている様に思えます。
 出したいところに顔を出し、そして欲しいところでボールを出すプレーは、昨年のテストマッチで彼が見せていたプレーそのものでした。
 昨年も押し詰まった時機でそれなりに完成していたBチームに入って、いい感じでプレーしていましたが、FWと言うよりMFの様な動きでしたし、チャンスがあれば自分から決めに行く事もある、面白い存在でした。
 本来なら森谷や狩野がこういったプレーを求められる所ですが、ヨシトやケンゴの間に入ってのプレーだと、今は大塚の方がマッチしている様に見えます。
 
・決められない

 ヨシトとユウは徹底的にゴールに嫌われてました。
 磐田も二人にはかなり気をつかってケアしてたので、人数を掛けてスペースを消してしまった中でのかなり無理目な仕事を強いられてました。
 二人にマークがつく分他が空くのですが、ゴール前のスペースが無いので、揺さぶりを掛けても中々緩まないもどかしい時間が長かったです。
 ジェイを下げた後はドロー狙いで機を見てカウンター戦術の磐田を自陣に押し込んで、徹底的に揺さぶり続けた迫力は今までで一番だったのでは。
 それだけにサクッと決めて欲しかったですが、彼らの日ではなかったと言う事で。
IMG_5659.jpg
IMG_5660.jpg
IMG_5661.jpg
IMG_5662.jpg

 この試合は新潟戦で取れなかった勝ち点3を取る事が絶対条件でしたが、オウンゴールとは言えゴールを決めて勝ち点3をゲットしました。
 今までならこんな展開だと良くてドロー、気が抜けた所でカウンター喰らって負けたりと安定しなかったのですが、今季はこう言った試合をしっかり勝ちきる事が出来る様になりました。
 むらっ気を起こさずにとにかく拾える勝ち点は拾っていく、いい意味でしぶとさが増した事を教えてくれた試合でした。

 そして五輪にリョータと原川を抜かれても、ケンゴをボランチに下げて大塚を前に入れる形で戦えるメドがついた試合だったと思います。
IMG_5675.jpg
IMG_5694.jpg
韓国代表に選出されたソンリョンが挨拶。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】誰かのために  アウェー熊本戦(〇0-2)

 本来はうまスタで開催するはずだった試合ですが、地震の為にうまスタが使えない事から、神戸の本拠ノエスタでの開催となりました。
 ホーム&アウェーをひっくり返して開催するには時間が無さ過ぎましたし、当日野津田は塞がってましたから、代替開催は仕方ありません。

 熊本・町田の丁度中間地点に位置するだけでなく、大きな被害を受けた震災から復興してきた神戸で、地震に苦しむ熊本のホーム戦が開催される事に、何らかの意味を込められた様に思えました。
 2900人のお客さんが詰めかけましたが、本拠地神戸を初めとする関西のJクラブサポも自分達の試合からハシゴしたりと多数いらしていた様です。

 この試合、熊本が主役でありましたが、町田も連敗中であり嫌な流れを断ち切る為に勝ち点3は譲れない試合でした。
 熊本も充分な準備が出来ていない中でも、しっかり町田対策を取ってきた様にスカパー!の中継からは見えました。
 町田対策としては、最終ラインにロングボールを蹴って最終ラインを下げさせてフォーメーションを間延びさせるか、町田とハイプレス合戦をやって相手陣内に押し込むかを取ってきますが、熊本が取ってきたのは後者でした。
 連携の熟成不足を運動量を上げて押し込んで決定機を作る戦術だったと思います。

 ただ、熊本のプレーは熱く激しいのですが、明らかにオーバーペースでラフプレイと紙一重でしたし、個人で激しく動く事がチームとしての連動性とリンクしていないので、効率が悪く、明らかに出し手と受け手が自分の思惑で動きすぎる事でかえってチャンスの芽を潰している様な感じでした。

 そんな熊本を町田は雰囲気に呑まれずに冷静に対応していたと思います。
 自分達のやるべき事をやる。それを徹底的にやっていました。
 松本戦で自分達のサッカーを取り戻した様で、立ち直りのきっかけになった様です。
 特に後半に熊本がガス欠になってからは、試合の主導権を完全に握ってクローズさせる事ができました。

 人間が一番力が出るのは「誰かのために」働くときだと言います。
 熊本の場合、それが強く出すぎた様な感じでした。
 チームとして力を出すべきところを個人で出してしまった様です。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】自分に何が出来るか試された試合  YNC GL6 仙台戦

IMG_5400.jpg
 最終節に試合が無い為、この試合が最終試合となりました。
 前節の鳥栖戦で勝ち点3を取れなかった事で、この試合に勝って尚最終節の結果待ちと、可能性は限りなく低くなったものの、ノックアウトステージへ行くには大切な試合となりました。

・スタメンとフォーメーション

 リーグ戦との絡みもあってリーグ戦メンバーを使うリスクがあるのも事実でしたが、なんと前節から11人替えと思い切ったスタメンを風間さんは組んできました。
 中には川崎での公式戦初スタメンの大塚、プロ初出場の板倉を筆頭に、怪我明けのイガにやはり怪我から調子の上がってないタサと武岡と、怪我の無いベンチメンバーばかりの顔ぶれに。
 ただ、今までと比べると平均年齢が上がっている分、落ち着きは出るかなと。

 フォーメーションは3-4-2-1に見えました。
 このメンバーだと4バックより3バックでSHを置く形の方が持ち味を出しやすく思えました。
 ただ、SHにかなり運動量を求められるので、タサと中野はしんどいプレーを要求されてました。
 前線は大塚を1トップに置きましたが、スタートポジションと言うだけで、かなり自由に動いてましたし、三好・長谷川との関係も良かったと思います。
IMG_5439.jpg
ハーフタイム。 パフォーマンスするアイドルに絡む肩パット野郎。 カブが離れると途端に…。

・板倉デビュー

 相手が仙台のBチームとは言え、いいプレーをしてました。
 高さと意外な速さを持って、最終ラインを支えてました。
 イガが怪我明けの影響でいま一つなところを良くフォローしてましたので、このままリーグ戦でベンチに置いてもいい感じでした。
 細かいミスはあるものの、選手を育てるって事はそれを許容する事ですから。
 もちろんそれは三好や長谷川にも言える事です。
 試合結果は監督が持ちますし、試合中に起こった事はベテラン連中が被るんですから、怖いもの知らずでやって欲しいところです。

・2列目としての三好

 今日出たメンバーで大塚と並んで結果を欲してたのが、三好でしょう。
 狩野・橋本がボランチで後方にいるので、前線との繋ぎやラストパスの供給と行ったところはかなり大胆に正確にこなしてました。
 大塚の2点目のアシストは良い判断とコントロールされたラストパスで産まれてます。
 気になるのはフィニッシュの精度。
 悪いのではなく、良すぎるんです。
 しっかりと撃ちに行くべきタイミングで綺麗なフォームから撃っているんですが、綺麗すぎてコースを読まれて対応されている感じです。
 ちょっと力を抜いて回りの状況を観察してやる余裕があれば、一気にゴールを量産できそうなところまで来ていると思いますが。

・ダブルボランチ

 ベテランらしい落ち着いてプレーを狩野・橋本が見せていました。
 狩野は正確にボールを前に送り、橋本は機を見て最前線まで上がって攻撃に絡んでいく。
 大塚の1点目は橋本が良い形で絡んだ事で決まりました。
 リョータが居ないときのオプションとしてケンゴ・ネットがコンビになりますが、ここにどう割り込んでいくかがこの二人の課題でしょうか。
 ケンゴを前に出す前提なら、ネットと組むのはどちらも前に出れるのでそれなりにやれそうです。

・大塚の貪欲さ

 今季初出場となりましたが、時間が掛かりましたね。
 時間が掛かった分、川崎のサッカーを良く吸収して自分のプレーとのすり合わせが出来てました。
 便宜上1トップの扱いでしたが、ポストをこなすタイプと言うよりシャドーで裏狙いやヨシトのフォローに入る方があっているように見えました。
 森本が時間が掛かる事を思うと、ここで結果を出してギアを上げるジョーカーが手に入ったのは大きいです。
IMG_5431.jpg
 大塚の1点目。 サイドからいいボールが入ったのをしっかり決めました。
IMG_5450.jpg
IMG_5451.jpg
IMG_5452.jpg
IMG_5453.jpg
IMG_5454.jpg
大塚の2点目。 三好からのパスを受けてドリブルで持ち込み、出てきたGKの頭上をループで抜いて決める。 力みの無いフォームで走って蹴っているのでブレが無い様に思える。

 この試合は新潟戦のバカ試合の様なゴールラッシュにはなりませんでしたが、締まった試合になりました。
 出場機会の限られている選手は皆自分の出来る事を、前を向いて貪欲に最大限に出して、勝利に結びつけてたと思います。
 ナビスコ杯のGLは若手の発掘にありますが、今季の川崎はそれに成功しています。
 ノックアウトステージに行けるかは運次第ですが、リーグ戦2ndステージに向けていい準備になったGLでした。
IMG_5495.jpg
 久々な水掛けファイト。 当然狙われるのは…。
IMG_5514.jpg
IMG_5510.jpg
IMG_5490.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

【町田】価値ある敗戦   アウェー松本戦(●1-0)

 大分空いてしまったので簡単に。

 前節、ホームでギラQに良いところ無く破れた事で、この試合にどう望むのかが重要な試合になりました。
 相手は策士・反町監督が長年指揮を取る松本とのアウェー。

 4年ぶりの対戦となりましたが、この4年間に両クラブは色々な事がありました。
 町田はJFLからJ3に参戦し2年掛かってJ2に復帰し、J2定着を狙って戦い、松本は順調に地力をつけてJ1に昇格したものの、力及ばずJ2に戻り再度J1昇格を目指す。
 立場は変わっても再び同じカテゴリーでの対戦となりました。

 2012年シーズン、金曜ナイターの悪条件でしたがアルウィンに参戦、徹底的にやられた相手です。
 甘っちょろいポゼッションサッカーをあざ笑うような、徹底的な堅守からの素早いカウンターを喰らって3-0。
 リザルト以上に差があったと当時の記事に書いてました。

 この試合はお互いにやりたいサッカーをぶつけ合ったものになりました。
 松本は今季取り組んでいるポゼッションサッカーをやって来ましたが、町田のコンパクトな陣形から高い位置でのハイプレスにポゼッションを諦め、従来のロングボールを多用する形に切り替えてきましたが、最終ラインがしっかり対応して、決定機は殆ど作らせませんでした。

 ただ、町田ボールを高い位置で奪ってからの縦に速い攻撃も、松本の堅い守備で阻まれてしまい膠着状態に。
 この時点でAプランを諦めてBプランに切り替えた松本の強かさにはまった感じです。

 膠着すると事態の打開はセットプレーとなり、両方ともセットプレーからの得点が多い分、良い位置からFKが得られれば、そこで決めきる力を持っています。
 実際に試合を決めたのはセットプレーからでした。
 松本は決め、町田は決められなかった。 それがこの試合の全てだったと思います。

 
 4年前から比べて、より高いステージを経験した相手に自分たちのサッカーをやって、ワンプレーで破れた。
 負けた事は残念ですが、次に期待が持てる敗戦だったと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップは今日から始まる代表戦。
 本田さんは怪我でお休みさせるらしく、ユウが右ウィングでスタメンらしいです。
 まずは怪我せず帰ってこい。

 リョータは使われないとか。
 だったら休ませろ。

 ナビスコGL最終節プレビュー。
 首位になったとは言え試合のない川崎も含めて、鳥栖以外に突破の可能性の有るBグループって一体?

 代表にページを取られて、J2プレビューは慎ましやかに。
 町田はホームなのに徳島目線の記事か…。

 

今日のエルゴラ

 J1の月曜掲載に間に合わなかった残り試合とJ2のマッチレポート。

 トップは川崎─磐田戦。
 表紙から来てます。
 この試合のMOMは納得です。

 湘南は今季ホーム戦初勝利。
 ホーム未勝利で終わる危険が去ってホッと一息と言ったところでしょうか。

 F東も勝ってACL敗退のショックは後を引かなかった模様。

 J1にページを取られてJ2マッチレポートは寂しい状況。
 セレッソの扱いが良いですが、サッカーが新しくなったらしいです。

 ツゥーロン大会が惨敗に怪我人の追い討ちと、まるで良いところの無かったU─23。
 本番の顔触れはどうなるか?

 
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR