【町田】策に嵌まる   アウェー長崎戦(●1-0)

 前節ホーム水戸戦でまさかのドローとなった後だけに、何とか勝ち点を拾ってと思いながらスカパー!観戦してました。
 ここのところ攻撃陣が好調で必ず点を取ってくれてただけに、先制できれば優位にたって試合をコントロールできる予想がありましたが、失点が増えている守備で苦しい展開にしてしまいました。

 セットプレーなので、流れの中から守備を崩されてと言う訳ではありませんが、あまりにもあっさりとやられたので、マークにつく選手の選定でミスマッチが出たのか?

 その後は町田が攻め込んで主導権を握ってた様にみえましたが、長崎がしっかり要所を締めて守りきられた感があります。
 長崎の手のひらで転がされてたような、そんな感じです。
 暑さはあったと思いますが、それが理由で動きが鈍っていたように見えなかったので、長崎にしっかり対策されてタイミングを狂わされていたのかと。

 次節はホームで山口。
 態勢を立て直して臨んでほしい試合です。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【町田】記事に出来なかった試合の記録

 川崎と同じく記事に出来なかった試合の記録

 ホーム千葉戦 (●2-3)   またもオナイウorz
 アウェーセレッソ戦(〇1-3) 1勝1敗で今季は終了なれどトータルスコアでは…。
 ホーム水戸戦(△3-3)    なんと言っていいやら。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】記事に出来なかった試合の記録 

 記事を書く余裕が無く記録のみ。 
 余裕が出来たら、画像も含めて記事にしたいと思います。

 アウェー磐田戦(△1-1)
 ホームFC東京戦(〇1-0)

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはリオ五輪代表。
 31日にブラジル代表とやるテストマッチをメインに特集してます。
 リョータはどこまで復活してるのか、ブラジルとの試合に川崎の二人は出番はあるか以外には興味なく・・・。

 J1プレビュー。
 川崎は1ページ。
 神奈川ダービーだからか?
 記事の分量はほぼ互角。
 ホームなのに湘南に書くことがないのかと、逆に心配になるレベル。

 J2プレビュー。
 注目は関さん解任後最初の試合になる千葉。
 残り17戦で勝ち点35を本当に取れたらたいしたもの。
 対戦は無いので、生暖かく見守ってみようかと。

 町田はその他大勢組の扱い。
 長崎の高木監督はまた何か企んでいる模様。
 相手がどうでるかより、自分達がどう試合を作るかの方が、今の町田の課題なので、暑い中での試合になりますがしっかりやりきって欲しい。


 

今日のエルゴラ

 水曜日はJ2マッチレポート・・・の筈が、表紙からJFK解任を受けてのF東緊急特集。
 このべったり感がエルゴラかな?と。
 前監督と契約更改しなかった理由もさらりと触れて、この力の入り方は前々から準備してた可能性が。

 JFKのおかげでページ数が減ったJ2マッチレポート。
 町田はそこそこ待遇は良く。
 派手な試合でしたからね。

 

解任・辞任の夏始まる

 岐阜がラモス監督を契約解除。
 F東が城福監督を解任。
 そして千葉が関さんを解任と、シーズン中盤に入って動きが出てきました。
 名古屋は久米社長が小倉監督の続投を明言と、流れに逆らっているものの、GM職は実質的に久米社長が仕切る様です。

 成績が出なければ首が飛ぶ。
 引き継いでも状況は悪い。
 監督業は因果な商売です。


 

今日のエルゴラ

 月曜日はJ1マッチレポートから。

 トップはタマシコ。
 ウノゼロとロースコアな結果でしたが、見応えはあった試合でした。
 翌日の城福さんの解任に「ダービー」の怖さが。

 甲府は名古屋をボコってます。
 クリスティアーノ盗られても、すぐに良い外国人を連れてこれる甲府のフロント力はハンパ無いです。

 鹿島─浦和は浦和が勝って2ndステージ負けなしを継続中。

 鞠─磐田はドロー。
 今の磐田の守備はどこも手を焼きそうです。

 

今日のエルゴラ

 J1プレビュー。
 ビッグマッチとして、鹿島─浦和とタマシコにフォーカス。
 タマシコ、今回はウチのホームなのに、どアップはJFK。
 背景にそれって、なんと言っていいやら。

 U23は2ページ。
 そして原川のロングインタビュー2ページ付きです。

 水曜日開催のJ2マッチレポート。
 札幌─松本の首位決戦が一番ですが、セレッソ─町田戦は良い扱いしてもらってます。
 町田コラムが無かったのは残念。

 J2プレビューはページ数の関係か、1ページにまとめられてます。

 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートは表紙のジャガー浅野からの広島から。
 勝ちきれないところが今の広島の問題でしょうか。
 多分すぐに修正されるのでしょうが。

 川崎は1ページ。
 磐田目線の構成で、特に読むべき所は無く。

 本日開催のJ2プレビューは2ページに納められてます。
 町田は相手がセレッソにもかかわらず、普通の扱い。
 どちらかと言えば、セレサポが怒りそうな扱いと思われます。

 風見鶏は川崎がネタに。
 ニコラスの扱いに作者さんの悪意を感じる。

 

今日のエルゴラ

 土曜日J2、日曜日J1だったせいか、トップは海外組特集。
 そんなにJ2をトップにしたくないのかい?

 それでも町田戦はJ2では破格の扱いなので、今回は許そうか。

 

【川崎】磐田戦



 アップ始まりました。

【川崎】皇帝の居ない7月  ホーム新潟戦(〇3-2)

IMG_6589.jpg
 ケンゴ不在となるこの試合、前回欠場した福岡戦の悪いイメージがありましたが、勝ちきる事ができました。
 苦手のうちに入る相手ですから、元々ケンゴが居ても苦戦しそうな気はしましたが、名古屋戦でやりたい放題出来てたイメージが悪さしなければ、最後はうっちゃれるだろうと思ったものの、かなり苦戦させられました。
IMG_6610.jpg
IMG_6614.jpg

・スタメンとフォーメーション

 ケンゴの代役は三好。
 ポジションもそのまま入った4-2-3-1の左ウィング。
 ただ、今の三好としては適正ポジションではなかった様で、左利きでもライン沿いに縦の突破はあまり無く、中に入ってのプレーの方が多かった気がします。
 感じとしては大塚を左に入れて、三好はスタートからトップ下の方が良かったかもしれません。
IMG_6662.jpg

・車屋の存在

 ケンゴにしろ三好にしろ、元々左サイドを主戦場にしてきた訳でないので、車屋の負担は大きかったと思います。
 タニが後ろをフォローしてたとは言え、機を見て上がっていくのは思い切りの良さだけでは出来ず、前の状況を観察していつ仕掛けるかを判断してたのが、かなりの確率であたってました。
 右がエウシーニョの不調のせいかちょっと沈黙しているので、車屋の縦の突破からの攻撃参加はいいアクセントになってました。

・エウシーニョの不調

 ここに来てパフォーマンスががっくりと落ちてます。
 SBでは穴として攻められる対象になっており、イガがフォローできた名古屋戦はともかく、イガにも相手FWのプレッシャーが掛かって自由に動けない状況ではかなり危ない感じでした。
 武岡が充分やれる位復調しているので、スタートから右ウィングでいいんじゃないかと思いますが、そうするとDFの控えにSBが居なくなりますから辛いところです。
 前に出ても意表をつくプレーが減っているので、一度休ませる事もありかと。

・リョータのゴラッソ

 野津田のゴラッソに刺激されたわけでも無いでしょうが、素晴らしいゴールでした。
 やられたら即やり返す。
 そんな強気に行けるくらい意識が変わっているのが、凄く頼もしいです。

・誤審?

 この試合でもあらぁ~な判定がありました。
 ただ2点目については、主審はユウのハンドを取る気は無かった模様。
 それまでも手に当たったところはありましたが、恣意的にやっているわけでなく偶然性が高いものは流してましたから。
IMG_6698.jpg

 3点目は副審の問題になりますが、あの位置からだとネットが触ったか新潟側が触ったかが判断は難しかったと思いますので、結果としてユウはオフサイドだったと言う事で。
 判定に泣かされる事もあれば笑わせてもらえる事もある。
 平均すれば良い事悪い事はトントンではないかと。
IMG_6723.jpg
IMG_6725.jpg


 ケンゴがリョータ不在期間中に離脱と言う、ハードな夏になる事が決まっただけに、なんとしても勝たなければならない試合でした。
 序盤こそ固かったですが、徐々に動きも良くなってきました。
 ただそれは、リョータが中盤の底から前線まで大きく動いての事なので、彼が居なくなったらどうやってゲームを組み立てるか、そこの役割を誰が担うかが気になる所です。
 現状だとヨシトをトップ下に落として、そこからゲームを組み立てさせるのが良いように見えますが。
IMG_6734.jpg
IMG_6725.jpg






にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 水曜日開催のJ1マッチレポートでページ取ってます。

 トップは鞠から。
 川崎の試合をモニターしてるのか?と言うくらい似たような結果が。
 粘着されてる感がハンパ無い。

 川崎は見開き2ページカラーで貰ってます。
 川崎のコラムは車屋。
 全てのゴールに関わった上がりについて。

 J1プレビューはかなり控え目です。

 J2プレビューは控え目ながらも、町田はトップの扱いなのは、サタデーナイトマッチだからでしょう。

 

【川崎】後味の悪い完勝  アウェー名古屋戦(〇0-3)

 アウェー連戦は全く同じ結果となりましたが、今回は後味の悪い試合となりました。
 リザルトではおグランパスが苦労しているのは判ってましたが、1stステージ序盤のあの手ごわさは影をひそめ、完全に劣化モード。
 あれはリーグ戦と言うよりカテ下とやる天皇杯の試合です。

 移籍してきた扇原とハ・デソンを早速使ってきて、それぞれ前半は持ち味を出してましたが、川崎が主導権を完全に握ってからは持ち味より荒っぽさが前面に出てきました。
 もう少しチームにフィットした形だったら、また違った場面も有ったかもしれませんが。

 この試合パスワークで名古屋を完封しましたが、今の名古屋ならこれくらいは出来ないと、今まで何やってた?と言われそうです。
 ボールを追いかけて疲弊し、後半はロクに終えずにアフターチャージと、川崎が強いと言うより名古屋が全く駄目だった試合だっただけに、3点だけでなくあと2点は取れてました。
 今季の川崎なら大差で負ける事はあまり考えられませんが、短期決戦の2ステージ制ですから得失点差はあればある程良いものですし。

 ケンゴの受けたチャージに関しては、ボールも持ってないのにやるかと。
 完全にボールが離れてから、体重が乗った状態の遠い方の右足に足裏を隠しもしないで蹴りに行くって、一発レッドでなかったら何になる?
 幸い、選手生命に直結する怪我では無く、予想より早く復帰できそうなので安堵しましたが。
 ケンゴだけでなく、他の選手もアフターでやられるので、あのポエマー玉乃氏をして「球離れを早くした方がいい」と技術的コメントがでる位でしたから。
 川崎の選手も終盤はかなり苛ついた様に見えましたから、あと一回何かがあったらどうなっていたか。
 この状況が良い訳は無く、小倉さんがコントロール出来ないと同じ事を繰り返しそうです。
 今日の鹿島戦でやらかしたら笑い事では済まないでしょうね。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】取り戻したリズム感  ホーム山形戦(〇2-1)

IMG_6470.jpg
 3試合ぶりのホーム野津田で復調しつつある山形を向かえての一戦。

 このところ良い形を作ろうとして作れず、そのうちに先制されて追いかける展開でしたが、この試合は序盤から山形に強く行けて自分たちのリズムが出来てました。
 前節2点ビハインドを追っかけた後半の勢いが、そのままこの試合の前半に継続されたかのようなサッカーでした。

 山形としても全体で押し上げて行きたかったように見えましたが、町田が高い位置からプレスしてボール奪取を図るので後手に回ってしまっていました。
 夕日に目が眩んでたとしても、町田に主導権を渡した事で失点を喫しました。
 町田も激しく前に出る形だとファールも増えてましたが、この日の主審を山形が味方につける事が出来なかったのは幸いでした。

 一転、後半は松本が2枚目を貰って10人になった事で、山形に攻め込まれる形になりましたが、ATを入れて30分山形の猛攻を時にはカウンターも交えて粘り強く守り、後1プレー我慢できればクリーンシートになる位集中出来てました。
 山形に大黒がいたらまた違った展開になったと思いますが、山形の攻撃陣に彼ほどのゴール前にもぐり込んで脅威を与える選手がいなかったのも幸いでした。
IMG_6575.jpg

 シーズン後半戦はやりたいサッカーをやって勝利で始まりました。
 暑い夏場をこれから向かえる事で、全員が汗をかく町田のサッカーは負担が大きくなりますが、総力戦でお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今日のエルゴラは日曜開催のJ2マッチレポートと,今日のJ1プレビュー。

 鞠がメインで表紙からの見開き2ページカラーなのは、首位だからでしょうね。
 川崎の扱いはこれほど良くなく、2/3ページ。首位なのに。

 J2マッチレポートは松本の扱いが良く見開き2ページの上2/3ページカラー。
 得失点差とは言え2位浮上なので、このまま2位に居すわり続けたら面白いのですが。

 町田はその他大勢の扱いですが、レポートはホーム町田目線でいい感じです。

今日のエルゴラ

 参院選には関係なく平常運転のエルゴラ。

 J1マッチレポートは浦和から。
 当然の様に勝って来てます。
 そして当然の様に扱いも良く。

 広島をボコった鹿島は最終見開き2ページと、こちらも良い扱い。

 川崎は2ページ上2/3と、やや落ちる扱い。
 今から注目されまくると、後々ろくなことがないと思うことにしましょう。

 
 

【川崎】2ndステージ開幕は勝利で  アウェー仙台戦(〇0-3)

 1stステージ終了からインターバルも無く2ndステージ開幕。
 ステージ優勝の価値の無さはこう言う扱いにもあるんですよ。村井さん。

 2ndステージ最初の試合はアウェー仙台。
 KO時間の関係もあって日帰りは難しかったので、スカパー!観戦となりました。
 HUBに行っても良かったのですが、福岡戦の満員電車然とした混みっぷりを体験してるとちょっと。

・スタメンとフォーメーション

 大宮戦と変わらず。

・続 左サイドでのケンゴ

 大宮戦と変わらずですね。
 と、言う事は左サイドはまるで機能してなかった事になります。
 車屋もハモンロペスがサイドに流れてくるとイガ・タニがゴール前を固める関係で対応しなければならないので、積極的に上がる事も出来ず。
 右は右でエウシーニョが前節に引き続き守備でピリッとしないし、ハモンロペスは右にも流れてくるので危ない事この上ない状況。
 前半の川崎の両サイドは機能不全に陥ってました。
 ボールを持てて押し込んでいけてたので、ボロは出ませんでしたが。

・続 トップ下としての大塚

 ユウの折り返しをゴール前中央で受けて決めましたし、ボールを貰って出しても悪くなかったのですが、べた引きになった仙台の中では流石にやり難そうでした。
 SBが積極的に上がってこない事もあって出し所に困るところもあったかと。
 恐らく戦術的な問題と思いますが、前半終了時にてこ入れするのに、変えるとしたらケンゴを中に入れる事もあって大塚が交代になったかと思います。

・エウシーニョの不調

 ここ数試合、彼の良い所が出てないように思います。
 元から守備専の選手ではありませんが、裏を突かれるだけでなく1対1で後れをとるところもあり、守備を走ってカバーする感じでもありませんでした。
 ハモンロペス対策に武岡を入れて前に出しましたが、ここでもキレが見れず。
 終盤、三好との交代となりましたが、試合からは消えてたので仕方がないです。

・ゲームメーカーとしてのリョータ

 ケンゴが左サイドに入っている関係もあって、中盤からゲームを作るのはリョータが担っているように見えました。
 ネットも前線にボールを供給してますが、前線に仕事をさせるパスとしてはリョータの方が多かったです。
 1点目も逆サイドにアーリークロスを入れてユウを動かしたシーンは、まさに絶妙なタイミングと場所を狙ったパスになりました。
 攻撃面で形を作れる様になりましたが、五輪予選でアジア相手に戦い、出場機会は無かったとは言えA代表に呼ばれたのは大きかったと思います。
 全くやってるサッカーが違うU23、A代表から帰って来ても川崎のサッカーにすぐ戻れるところが、良い意味で割り切って出来ているのかなと。
 それだけにリョータの抜ける数試合が痛いです。
 優勝を争う上位陣は誰かしら主力を抜かれるので、不公平感は少ないものの。

・不調のヨシト

 ちょっと長いですね。
 点を取ってると言っても他の選手が取ったPKで、流れの中から取れてません。
 この試合でもネットからの絶妙なパスを外してますし、大塚のゴールも本来あの位置に入ってくるのはヨシトでした。
 故障を抱えている事もあるでしょうが、まずは流れの中から1点を。

・初ゴール

 三好がしっかり結果を出しました。
 今までも決定機に躊躇わずにシュートしてましたが、正確さが仇になるのか相手に読まれてた様でした。
 今回は前に入った相手DFの股下を抜いた事で、GKの反応が一瞬遅れたのが効いたと思います。
 一つ結果を出した事で、調子に乗ってゴールを重ねられればスタメンも近いと思います。
 次は等々力で決めて下さい。
 
 2ndステージ初戦はアウェースタートでしたが、しっかり結果を残して今季アウェー無敗を守ってます。
 鹿島がガンバに負けて年間順位も入れ代わりましたが、まだまだ先は長いです。
 五輪代表が離脱する数試合が優勝争いにどう影響するか。
 影響の大きかったところが早々に離脱していく様に思えます。
 どうせなら五輪期間中に天皇杯予選とルヴァンカップ…まだ馴染まないな…をまとめてやってくれればいいのに。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】しぶとく拾った勝ち点1  アウェー群馬戦(△2-2)

 対戦前にミニキャンプやるなんて聞いてない!
 と愚痴の一つも言いたくなる前半と序盤の失点でした。

 群馬の戦術はロングボールと前線からの町田守備陣へのプレス。
 特に瀬川の裏抜けのスピードには、キャラも手を焼いていました。
 また2トップがプレスバックも怠らずにボランチにボールが入ると仕掛けて、味方の中盤とサンドして仕事をさせません。
 前半はハンジェのプレーは精度を欠き森村は消えてましたから、2列目のヤザーさんや崇文もノッキングを起こして町田の攻撃が機能せず。
 ここまでは群馬の術中にはまった感じです。

 序盤の2失点は共にセットプレーからですが、キャンプで見直しを掛けただけあって、きっちりと仕事をしてきましたが、町田側もちょっと対応が甘い感じが画面から感じました。
 群馬の全員が掛けてくるプレスからの攻勢に調子を狂わされていたのかもしれません。

 前半2点のビハインドをどうするか、相馬さんが先に動きました。
 群馬のプレスに消えていたヤザーさんを中村に交代し、より前線に近いところでプレーさせてボランチ~最終ラインに圧迫を強め、更にクッキー投入でより裏を強く狙わせる、前半の群馬のやり方をやり返す形となり、中村のゴールはクッキーがDF二人を引っ張って空いたところをミドルで決めましたし、深津のゴールが産まれたCKもズルズルと下がった群馬を追い込んでのものでしたので、相馬さんの采配と群馬がバテるのがシンクロしての事でした。

 ミッドウィークにキャンプやって練習量増やした上に、暑さの残る中で前半あれだけ動いてれば、群馬が後半足が止まってもおかしくないですが、それでも終盤にPA内へ攻め込まれてPKを与えたのは前がかりだったにしても、ちょっと痛かったです。
 高原のビッグセーブで事なきを得ましたが。

 これで前半戦を終了。
 勝ち点33で折り返す事となりました。
 後半は暑さもありますし、序盤に調子に乗れなかったところも陣容・戦術が整って来て前半の様な訳にはいかないと思いますが、勝ち点40台に乗せれば残留が見えています。
 しぶとく強かに後半戦も戦っていく事になりますので、今まで通り1試合づつ進んで行って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 夏の移籍市場。
 まだ開いたばかりなのに、結構動きが有ります。
 明日対戦の名古屋も活発にやってますが、補強ポイントはホントにそこか?と部外者には見えるのは、騙されてるのだろうか?

 名古屋戦プレビューは2ページの上2/3位のスペースを貰ってます。
 何でここで帰って来るのか?シモビッチ。
 扇原の移籍即スタメンか?と、気になる所は有りますが、あちらのケンゴさんは居ないってのは朗報か?

 町田─山形戦は小さく。
 中3日とは言え、山形は前節ターンオーバーしたらしいので、油断禁物。

 

今日のエルゴラ

 J2マッチレポート。
 前半戦最後の試合、派手な展開もありました。
 札幌とセレッソが激しく首位争いしてますが、次節の直接対決で動きが有りそうです。
 熊本はソノが…。

 町田は相手が群馬でしたが、扱いはそこそこに良いです。
 下には下が居るレベルの比較ですけれど。
 序盤の安い失点が無ければ、勝ちパターンに持って行けそうな後半だっただけに残念ですが、勝ち点1持って帰ったので、次に繋げましょう。
 しかし、シーズン中にキャンプやったらバテるの早いのに、後半3点目を取りに行く戦術は理解できん。
 JFKの様に逆転されなかっただけマシだったかも。

今日のエルゴラ

 1日に発表のあったU23リオ五輪代表の大特集。
 遠藤が別格な扱いってどうよ?と思う所はありますが、本番で別格な働きをしてくれればよし。
 代表全員のコラムを載せてるので、じっくり読めます。
 上位陣は主力を均等に取られるので、その穴埋めが出来た所が上位に留まれる事になりそうです。

 J1マッチレポートは何時もよりページ数が減ってますが、川崎は見開き2ページ貰えてます。
 個別のコラムは初ゴールを決めた三好です。

 

【川崎】幸福なスタジアム  ホーム大宮戦(〇2-0)

IMG_6199.jpg

 前節勝ち点で鹿島に抜かれて他力本願になったものの、1stステージ最終節は観客数の記録更新、恐らくフルハウスだと思いますが多数のお客さんが集まりました。
IMG_6302.jpg
IMG_6207.jpg

 福岡戦前にチケットを入手してたからと言う人も多かったでしょうが、この日のスタジアムの雰囲気は「チケット無駄にしたくないから来た」って人ばかりだったら、絶対に出来ないものでした。
 結果は鹿島も勝ったので順位の入替はありませんでしたが、試合内容は満員のお客さんに相応しい物だったと思います。

・スタメンとフォーメーション

 エドゥが長期離脱でイガがスタメンに。
 ケンゴが左ウィングに入って大塚をトップ下に置いた4-2-3-1。
 ケンゴを出すか出さないかはあったと思いますが、ノボリが離脱した事で空いたところに収まった感じです。

・左サイドでのケンゴ

 元々サイドの選手ではないので車屋との連携はまるで無く、左サイドの守備は車屋が一人で受け持ってボランチのどちらかがフォローに入る感じでした。
 その代わり左から仕掛けて大塚と右のユウ・エウシーニョが攻める事で大宮の左サイドは沈黙させられたのは大きかったです。
 泉澤にドリブルで仕掛けられると、鞠の齋藤のようにやっかいでしたから。
IMG_6286.jpg

・トップ下としての大塚

 本来はケンゴが入るポジションでしたが、ケンゴの様に仕掛ける事は無いけれど中央でスペースに出入りしてボールの出し入れを高いレベルでやってくれるので、ヨシトが組み立てのために降りてこなくて済むメリットがあります。
 ただ、ケンゴがどうしても中に中にと入るので、その調整はまだまだだったようです。

・ボールが回ると言う事

 今の川崎がボールを持って回し始めたら、積極的に前に出てボールを奪いに来るところは無くなりました。
 監督はもっと高い位置に出させようとしても、選手は無理に上がってきません。
 そのまま押し込まれても、スペースを消せば失点しないと判断するのでしょうが、今は平気でPA内に侵入してきます。
 決して効率よく点が取れてる訳ではないですが、相手にやりたい事をやらせない事が出来る時間帯が増えたなと。
 この日の大宮もムルジャが居ないとはいえ、家長にいいボールが入って仕事をさせる様な事はありませんでした。
 怖いのは単独でゴール前までボールを運べるドリブラーですが、単発でいる限りは最終ラインとボランチが対応してくれるので、クラシコのネイサンバーンズの様によほど変なところで奪われなければ問題はありません。

・1stステージの意味

 福岡戦でも書きましたが、タイトルとしては1stステージは価値はありません。
 そのことは選手もスタッフも来場した観客も判っていた様に思えます。
 タイトル争いとはこう言うものだって事を、久しぶりにタイトル争いをしている我々にトレーニングさせてもらい、その結果を最終節に勝利で出したとに意味があったかなと。
IMG_6307.jpg
IMG_6315.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】タイトル争いと言うもの アウェー福岡戦(△2-2)

 流石に福岡まで行けなかったので、川崎HUBで観戦。
 1stステージ優勝が決まるかも?と言う事で多数のサポさんが来店。
 エアコンが全く効いてない様な熱気とグラスすら置く場所の無い状況に。
 有料席作りすぎだろうがブツブツ…。
DSC_1284.jpg

 ケンゴが負傷離脱した事がドローの原因の様にも言われてましたが、それはあまり関係してない様に画面上は見えました。
 エドゥがウェリントンをマークしてましたが、CBとボランチの間でボールを受けられ、ここで遅れをとって福岡にとって良い位置にボールを落とされたのを拾われてと。
 福岡にとって良い位置とは、守備が怪しいエウシーニョとタニの間で、タニとしてはエドゥがウェリントンに競り勝つ前提でセカンドを拾って展開するつもりだったと思いますが、ウェリントンは邦本に落とし、そこから金森に展開されて決められる形に。
 結果として相手ゴール前でバックパスして負傷交代となりましたが、この時点でエドゥのコンディションはかなり悪かったのでは?と思えました。
 2点目も邦本から展開された所で金森に決められと、最終ラインは不安定な二人に引っ張られた感じでした。

 この試合は前半15分までの2失点が全てでした。
 ここを1点で抑えられたらまだ状況は変わったと思いますが。
 エドゥと交代したイガがしっかり最終ラインを締めて、ウェリントンはネットがつく事で落ち着きましたが、ネットが最終ライン前に拘束された事でボールを展開する軸がリョータ一人になって攻撃が支障がでてしまいました。
 それでも2点取ってドローまで持ち込んだのは成長かなと思います。

 ウッチーが何か言ってたようですが、2番手でもあり続ければ何故負けたかは判ってきます。
 川崎の場合、最後に優勝争いしたのは2009年。
 あの雨の日立台を経験してるのはケンゴ・イガ・タサ・ノボリでスタメンの最終ラインは若い選手ばかり。
 経験が継承されるには時間が空きすぎてます。
 1stステージの優勝は価値はないと思いますが、それでもタイトル争いの緊張感は若い選手達…それ以外もか…に「経験」として残ったはずです。
 それであれば1stステージが2位に終わった意味があると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】あと少しもう少し  アウェー横浜戦(●1-0)

IMG_4625.jpg
IMG_4631.jpg

 近距離アウェーでも、ここニッパツ三ッ沢球技場は楽しみなスタジアムです。
 この小規模でありながら見やすさをきちんと考えた構造のスタジアムがあるから、日立台のいい加減さが目につきます。

 この試合、町田と横浜FCとどちらも勝機はあり、試合の主体は町田のだったと思います。
 勝負を分けたのはほんの少しのプレーの精度だったように思えます。
 横浜は決して良い状態とは思えませんでしたし、押し込まれた中で何とかゴールを死守した感がありました。
IMG_6380.jpg
IMG_6448.jpg

 町田側は今までの「町田対策」への対応か、守備時はあまりボールサイドに寄らずにサイドを替えられても、大きく動いて陣形にズレが出にくくなってましたし、攻撃時は今まで通りにコンパクトに絞ってボールを回して行ける距離感を保とうと見えました。

 ただ、普段の野津田のバックスタンドと違って高さのあるニッパツのゴール裏から見ていると、パスの出し入れに気になったところが。
 パスの精度が気になるとは以前にも書いていましたが、出し手もそうですが受け手がどこでどう受けるのかがはっきり見えないところが結構ありました。
 受け手が相手のマークを外した所で出そうとしても、そこでの動きだしが見えないと思う様に出せないので精度が落ちる感じでしょうか。
IMG_6413.jpg

 川崎の様な微小なレベルまで拘るところ程でないにしろ、受け手が最適なタイミングでフリーになってくれればパスは通ります。
 受け手は外したつもりでも、出し手からするとマークが剥がれてないと見てるのか、思い切った縦パスは入れられません。
 もう少しの部分がやれている時間帯は縦パスが綺麗に入って攻勢にに出れてます。
IMG_6442.jpg

 そして以前からの課題ですが、フィニッシュ精度ももう少し上がっていればと思いますが、今誰に点を取らせるのかが、いま一つ明確になっているのだろうかと。
 孝司と中島の2トップはフィニッシャーとしてだけでなく、中盤やサイドからの攻撃の組み立ても担っており、DFにボールを奪われるとファーストディフェンダーにとかなり負担が掛かっています。
 2列目の二人やボランチ、SBの攻撃参加で人数が増えて攻撃の組み立てをやれれば、ゴール前の仕事の精度が上がる様に思えます。
IMG_6441.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
IMG_4648.jpg

【町田】より泥臭く  ホーム愛媛戦(●0-1)

IMG_6082.jpg

 今まで野津田で見てきた試合で一番町田に近い匂いのするチームでした。
 ハイプレスを掛け、走ってスペースを埋め、球際で激しく。
 今季はちょっと出遅れているとは言え、昨季POに進出したしぶとい戦いぶりはこうだったんだろうなと思える試合でした。
 ただ、勝てるチャンスは充分あっただけに悔しい敗戦となりました。
 今季はギリギリの戦いが続きますが、勝機がギリギリ相手に行ってしまっている、そんな時機に入ってる感じです。
IMG_6070.jpg
IMG_6065.jpg
愛媛と言えばコレですよね。

 町田の最終ラインに3トップがプレッシャーを掛けて押し下げ、間延びしたスペースを2列目以降が使いに行く。
 サイドチェンジも大きく使ってサイドを攻略と町田対策もしっかり準備してくるところは木山監督らしかったです。

IMG_6072.jpg
IMG_6090.jpg
森村のJ2200試合出場のセレモニー。 バクスタからは見えず残念。

 誤審については、座った位置からだとぎりぎりで掻きだされた様に見えましたが、マッチディハイライトを見るとしっかりゴールを割ってましたね。
 大きくボールが前に出た訳でないので、副審にはしっかり見て欲しかった所です。
 ただ、このシーンに至るまでに幾つか決定機があったのを決めていれば良かっただけに。
 この試合、より泥臭く戦ったのは愛媛であり、本来は町田が見せなければならない戦い方だったと思います。

IMG_6165.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】神奈川ダービーと言うイベント アウェー横浜戦(〇0-2)

IMG_5905.jpg

 ダービーらしく?日スタで4万超の観客を集めたこの試合。
 色々と鞠フロントが仕掛けたイベントが功を奏したと言っていいでしょう。
 川崎も優勝争い中なのでかなりのサポが。
IMG_5914.jpg

 ただ、試合としては川崎の「やっておしまい」な内容でした。
 あの試合がお初なお客さん、次も日スタに来てくれる感はどこまでありましたか。
 俊輔のFKと齋藤の単独の仕掛け以外危ないところが無いので、かなり安心して見れましたがもう少し点が取れても。

IMG_5937.jpg
ネットが甘いクリアボールを掻っさらって左隅に決める。

IMG_5965.jpg
IMG_5969.jpg
ハ-フタイムに働く肩パット野郎。セクシーなお姐さんをガン見。

IMG_6017.jpg
IMG_6018.jpg
IMG_6019.jpg
IMG_6020.jpg
IMG_6021.jpg
IMG_6022.jpg
ユウが貰ってヨシトが決めたPK。GKの駆け引きは流石だけど、流れから取れてないのが気になるところ。

IMG_6038.jpg
IMG_6051.jpg
危なげなくクリーンシート。 
そして恒例になりつつある大塚イジリ。


 イベントを仕掛ける事について、試合結果がアレだった事もあってネットでブチブチ言ってる鞠サポがいましたが、試合だけでお客が呼べる訳でないのが首都圏のスポーツ事情。
 手を抜けばお客は来ない位ライバルが多いので、まず来てもらう事が大事。
 リピーターになってくれるかはまた別だとしても、ユニ付チケットとか頑張ってると思います。
 昔の「ダービー? だから?」って感じが無くなったのは意識の変化があったのでしょう。
 日スタはやはり4万位入らないと映えないスタですし、頑張ってお客を集めてほしいところです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】勝ち点32  アウェー水戸戦(△2-2)

 この日はあいにくと出張で現地参加もスカパー!観戦もNG。
 オンデマンドで確認したらと思ってたら、全然時間が取れずにずるずる来てしまったので簡単に。

 2012年シーズンKスタに参戦してました。
 41節になり、ここで勝てれば残留に有利になれる試合でしたし、先制したものの後半に追いつかれそのままタイムアップ。
 それでも勝ち点1持って帰って最終節に望みをつなぐ試合でした。
 ここでの勝ち点は32。

 そして2016年シーズン。
 18節で引き分けに持ち込み勝ち点32に積み上げ。
 2012年の半分以下で同じ勝ち点を得られた所は、対戦相手の好不調にもよりますが、あの時より強かに戦えるチームになったんだなと感じます。

 そんな事を思ったのは横浜戦でオジーさんの姿を見たせいか。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 2ndステージ開幕!

 と、言っても先週1stステージが終わったばかりで、新たなステージ開幕の高揚感は絶無な始まりです。
 2週間位インターバルがあれば。

 第1節プレビューは仙台─川崎から。
 大宮戦と同じスタメンになりそうですが、しぶとい仙台相手に上手くはまりますか?

 J2は熊本のうまスタ帰還。
 一人過密日程の状況ですが、念願のホームに戻っただけに、やりそうな匂いが。

 アウェー連戦の町田は群馬と。
 このタイミングにキャンプって、対戦相手としてはかなり迷惑な話しですが、怪我人無く勝ち点奪って帰ってくれればと思います。

 

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR