【町田】スコアレスドロー  ホーム群馬戦(△0-0)

IMG_7931.jpg

 このところお約束だった失点試合が止まったと言う事は、相手が好調な群馬である事もありますから、ポジティブに考えて良い結果だと思います。
 内容も群馬の拙い攻めがあったとは言え、引きこもって亀のごとく出てこなかった訳でなく、攻められるときはコンパクトにした陣形でしっかり相手ゴール前までボールは運べている。
 決定機を一つでもモノに出来ていればと言う、何時もの状態でしたし。

 ただ、この試合を見ていて「とにかく急いで前に」とボールを蹴り出すシーンが多かったのは気になります。
 シーズン前半であれば、アバウトなボールでも前線の選手が何とか納めて後ろの選手が上がってくるのを待てましたが、今はボールを納められずにその溜めを作れない。
 孝司が離脱した結果中島に負担が掛かっており、2列目はすっ飛ばされている感じで有効に働けてない様に感じます。

 戸島も孝司の代役を果たそうと頑張ってますが、持ち味が違うので同じ役割を担わせると、無理に走り回る事になる分、後半にガス欠してしまっている様に見えます。
 戸島には戸島のやれる事をあるのですから、周りが活かす様に変えて行ってもいいと思います。
 1トップの位置で相手最終ラインにプレッシャーを掛けさせて、中島や2列目が裏を狙っていく形がもっとあってもいいかなと。
IMG_8031.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今日のエルゴラ

 明日から始まる最終予選特集でごっそりとページを使ってます。
 代表好きな方には読み応え有るかも?

 天皇杯1回戦マッチレポート。
 町田、曝されてます(-_-;)
 「あんたらになんか悪いことしたんか?
オイ!」
 とエルゴラ編集部に聞きたくなる位ですが、振り返らずに明日に向こう。

 最後にルヴァン杯ノックアウトステージのプレビュー。
 みんな揃って消耗しろと念送っておきます。

 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポート。
 川崎と浦和が仲良く負けたことで、3位~6位との差が詰まってカオスな2ndステージ。
 年間順位とは別とはいえ、気持ちのいいものではありません。
 とりあえず、神戸とガンバは直接対決を残してはいますが。

 川崎─柏戦はそこそこに。
 あの内容だと流石に辛い評価です。
 切り替えて次行きましょう。

 ロングインタビューはF東の監督に就任した篠田監督。
 前任者解任で立て直し中ですが、残留はそれほど苦労はしないでしょう。

 

【町田】契約解除

 町田に衝撃が走った2選手の契約解除。

 二人とも離れていたシーズンがあったとはいえ、長く在籍していた選手だけに、サポさんには辛い発表でした。

 どんな理由があったかは判りません。
 ネット上ではあれこれ言われてますが、公式発表が無い以上臆測の域でしかありません。

 何があったかは、

 ・ウィンドウが閉じた時期
 ・一身上の都合
 ・双方合意での契約解除
 ・既にチームを離れている

 この事実から察するしかありません。
 町田としても、現状でクラブとして出せる精一杯のリリースだったと思います。

 決して良い別れではありませんでしたが、二人がサッカーを続けていれば、いつかどこかのスタジアムで合うこともあるでしょう。
 そんな日が早く来ることを願います。

今日のエルゴラ

 J1プレビューは激震の走った名古屋がトップ。
 「あの男が帰ってくる」的な、つぅーさんのアップ画像が目印。
 この状況で対戦するF東と、つぅーさんが出てくるであろう次節の新潟には迷惑な話しだろうなと思います。
 早々に対戦を終えて良かったわと。

 正直なところ、ここまで26試合で4つしか勝ててないのに、残り8試合で最低でも同じだけ勝てって、どんな罰ゲームと思いますが。

 川崎は2/3ページ貰ってます。
 4バックに戻るのでしょうか?

 天皇杯1回戦プレビュー。
 J2と福岡・磐田はここから参加となります。
 どこもターンオーバーの様ですね。
 町田も昨年同様にメンバーを替えて、神奈川大学を迎え撃つ事になる様です。

 

今日のエルゴラ

 終盤戦に入ったJ2昇格争い。
 6位京都と7位山口の間が勝ち点7に広がった事で、POの顔ぶれはほぼ固まった様に思えます。

 J2マッチレポートのトップは金沢─セレッソ戦。
 セレッソが金沢をボコって、ドローだった2位松本との差を詰めてます。
 やってるサッカーはアレですが、選手の資質で押し切った感じです。
 金沢はギラQが熊本を大差で破った事で最下位に逆戻り。
 ギラQの方が試合消化が1試合少ないので、厳しい状況に。
 まだ巻き返す事は可能ですが。

 札幌、松本は共にドロー。
 清水は横浜に勝ってPO圏内は揺るがず。

 町田はスペースは貰えてませんが、ひさびさの無失点で守備を評価されてます。
 ただ、守備からの攻撃に課題有りなんですよね。
 インターバルの間に、相馬さんが対策するはず。

 珍しく?J3にもページを取ってます。
 栃木がJ3新記録の10連勝で首位を走ってます。
 来季はJ2に上がって来る可能性大です。

 

今日のエルゴラ

 週末のJ1マッチレポート。
 表裏でドン!とゴール後の森谷の画像。
 良いんじゃないですか。
 そのまま見開き2ページで浦和戦の記事が広がってます。

 鹿島は「ムウの乱」勃発の模様。
 勝ち方もすっきりしなかった様だし、まだ調子が上がってこないのでしょうか?

 広島は甲府の術中に嵌まって無得点。
 ウタカがゴールしなければそれでよし。

 

今日のエルゴラ

 週末のリーグ戦プレビュー。
 やはり首位決戦の浦和-川崎戦をメインに据えてます。
 2ndステージ、年間勝ち点両方の首位争いである事と、「自分たちのサッカー」に同じ様にこだわりを持つもの同士の対戦だから、記事が作りやすいのかもしれません。
 しかし、聞いてない!な情報が(‥;)

 F東-鞠戦が見開き2ページカラーと扱いがいいです。
 意外なのはF東ホームなのに、鞠視線の記事が結構多い事。
 エルゴラ的になんかあった?

 J2は横浜FC-清水がトップに。
 このところ好調な横浜が、攻撃はともかく守備は?な状況で小林監督の作ってるチームとは思えない清水をどう料理するか。
 清水も流石にGKをリキをあきらめて植草にシフトした様なので、少しは落ち着くと思うのですが。

 町田はその他大勢組。
 調子を上げてる群馬を、ほころびが見えてる守備を建て直しして抑え込むかが鍵の様に思えます。

 

今日のエルゴラ

 トップはエルゴラ7月ベスト11。
 首位・無敗らしく4人+αが選出。
 評価されるってのは良いことです。

 J2マッチレポート。
 4連勝中で順位急上昇中の横浜がトップに。
 ヴェルディも相手が悪かったか。

 町田は遠隔地アウェーらしく、京都目線の記事でスペースがあるのに町田は触れられず。

 唯一の日曜開催の盟主─鹿島戦は、見開き2ページで。
 鹿島の連敗ストップより、盟主の未勝利が…。
 名古屋より「自分たちのサッカー」やってるのに、結果が出ないのは。

 大学サッカー総理大臣杯は明治大が優勝。

 風見鶏は北関東ダービーをネタに。
 J3での栃木の無双っぷりを見ると、群馬も調子が上がってきたので、来季は本来の形に戻りそうです。

 
 

今日のエルゴラ

 J1マッチレポートは磐田の小林が表紙からの磐田-ガンバ戦を最初に持ってきてます。
 彼は海外に行くんですね。
 あちらでもビッグマウスでいられるくらい活躍する様に。

 鳥栖-川崎戦は1ページ。
 まぁあまり良いところなく終わった試合なので、記事もそれなりと言う事で。
 ここから先は好調な相手が続くので、なんとか踏ん張って切り抜けてほしいところ。

 J2は11日開催分のマッチレポート。
 昨日やった試合のマッチレポートは水曜掲載。
 なんと言うか、新聞って形をとると古い話題を残すのはどうかなと。
 あぁブログは良いんですよ。 
 趣味でやってるから別に金貰ってる訳でないし。
 と言う事にしておいて下さい。

【町田】疲弊感   アウェー京都戦(●0-1)

 入りは良かったと思います。
 京都もいま一つな状態だったとはいえ、このところのちょっとしたところでの「緩さ」が無く、しっかり守備から入って丁寧に守れていました。
 シーズン前半の堅守が戻った感じでした。

 ただ、後半に入ってちょっとしたところで緩さが顔を出したところで守備を崩されての失点は、隙を突かれたのか疲労で判断力が鈍ったのかは微妙なところ。
 厳しい暑さがある真夏の西京極に、中二日でアウェー連戦という条件でやっているので疲労の蓄積はあったと思います。
 相馬さんもその辺を折り込んでスタメンを弄ってきていますが、なんと言うかチームとしての疲労感がこの3連戦で見えた気がします。
 J1J2経験があるベテランが多い構成ではありますが、チームとしてJ2のシーズンを通してコンディションの持っていき方がまだ試行錯誤なのかなと。
 相馬さんは11年の川崎で真夏の8連敗なんかやってますが、真夏のコンディション維持させる戦い方についてはまだ充分にいけてないですね。
 ホームに戻っての次節群馬戦が終われば、天皇杯でリーグ戦は2週間のインターバルに入りますので、そこで建て直しですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】誤算に躓く   アウェー鳥栖戦(●0-1)

 苦手の三乗と化してたこの試合ですが、ベスメンでも真夏にやるのは厳しいのに、ここに来て外せない選手となった車屋の負傷離脱。
 そんなの聞いてない!の一言しか出ない試合前でした。

 結局、車屋の代わりは武岡を左に回して対応。
 トップ下は大塚に代わって長谷川が初スタメンになりましたが、この日のスタメンはかなり苦労したと思います。
 ネットも前節膝を痛めてますし、ケンゴも名古屋戦以後怪我と相談しながらの出場。
 リョータと原川がいればって状況でしょうか。

 試合を見ていて、鳥栖のハイプレスを受けてたのは何時もの事ですが、それをかいくぐれないのは、ちょっとおかしさを感じました。
 暑さやピッチコンディションの悪さだけでなさそうな。

 ボランチ二人がピリッとせず、車屋が支えていた左サイドの攻撃力は慣れない武岡では維持出来ず、長谷川も中央でプレッシャーを受けて身動きが出来ない。
 そんな感じでした。
 今の川崎で左サイドからの攻撃が無いと、右のエウシーニョも上がる時間がとれませんし、中でボールキープが無いから怖くて上がれない。
 長谷川に関しては、大塚スタメンで交代に使った方が良かったと思います。
 左SBはタニを回せば形は作れますが、イガとエドゥのCBは安定感に欠けるのでそれも怖い。
 左SBは3人もいるのに全滅する事は想定してなかったと思いますが、コミがナビスコでやられた時に補強は考えなかったのか疑問はあります。
 この時期の加入で即戦力で使える左SBがマーケットに出てくる可能性は少なかったので、捜したけどNGだったかもしれません。
 栃木で出番を失っている山越に戻ってもらうのは駄目だったのか。
 タニを左SBに回す以外の選択肢が無いのは、この先致命傷になりかねない状況ですが、果してどうしていきますか。

 今は攻撃時のオプションになってる3-4-3を、次はキックオフから使ってくるんじゃないかと思うのですが、左SHの人材も微妙に難ありなんですよね。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】どう勝つか?  ホーム甲府戦(〇4-0)

 前節の湘南戦でしくじった試合を受けて、どこで試合を締めるかを求められた試合。

 甲府としてはまだ何がなんでも勝ち点3を持って帰る状況ではなかったので、固く守ってカウンターでスピードのあるドゥドゥを走らせる通常戦術で臨んだ様に見えました。

 実際カイナチオをどうこじ開けるかで、ちょっと手こずっていた様に思えます。
 ゾーンで守る意識が強いので、揺さぶりを掛けても中々乗ってこないですし。
 恐らく前半0-0で行って、川崎が動いたらそこに付け込むプランだったと思いますが、前半終わりにヨシトが決めた事で、甲府は後半のプランを変更してたと思いますが、それをぶち壊したのが三好のボール強奪からのクロスをオウンゴールした事でしょう。
 似たような状況を徳島-町田戦でも見ましたが、ゴールライン際で気を抜いたらそこをやられるっていい見本ではないかと。
 追うなら最後まで追いきれば何かを起こせるかもしれないって、教訓にもなりますが。

 2点差になって攻勢に転じても、ケンゴをフリーにしておくのは変わらなかったので、あとは川崎の時間でした。
 しっかりボールを保持して適度に攻める事で、甲府の押し込める事に成功。
 クリーンシートで終わる事に。

 大量リードしたときの試合の締め方が再確認できた試合でした。
 ただ、追加点が取れる時に取れないのは、相手が前がかりに来ている時だけに、勿体なかったです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 トップはこれで最後のリオ五輪代表特集。
 昨日のスウェーデン戦も含んでます。
 ひょっとしたら、エルゴラ的総括も有るかもしれません。
 協会の総括は無いでしょうが。
 そう言えばヒロミちゃんが現地に行ってた様ですが、Jリーグ的な報告はあるのか?
 多額の放映権料GETしたから、観光旅行って訳でも無いでしょうし。

 J1プレビューは前節とスペース的に変わらず。
 川崎はそんなの聞いてない!ってのが。

 

【町田】一瞬の隙で分ける   アウェー徳島戦(△1-1)

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 日曜の京都戦まで残られる方もいらっしゃると思いますが、良い旅を。

 夏場の三連戦の第二戦は中三日で、キックオフ時で30度越えと厳しい状況での試合となりました。
 相馬さんも孝司の離脱と土岐田の有休もあって、メンバーを入れ替えてきました
 平均年齢が高く故障経験のある選手もいる町田としては、上手く選手を入れ替えながら使わないと厳しいところがあります。
 ヨンアピンとヤザーさん、森村をベンチ、孝司と土岐田の代わりは、中村を一列上げ、2列目は崇文と重松。
 最終ラインは三鬼と畠中を入れて、ハンジェの相方は井上と、各ポジションで入替がありましたが、上手く回ってたと思います。
 センターラインの中島とハンジェ、GK高原は変わらない事と、どの選手もそれなりに出場実績があるので、やる事の共通認識にずれが無い上でフレッシュな顔ぶれが、ロングボールで攻めてくる徳島相手に上手く機能していました。

 徳島も顔ぶれが変わってきましたが、ちょっと序盤の入りは悪かったように思えます。
 町田の先制もそんな時間帯でしたが、崇文の技ありクロスでほぼ決まった様なゴールでした。
 中村のヘッドは当たり損ねたか、コースがずれてましたが、場所とタイミングはドンピシャで触れれば1点な絶妙なコースに飛んできたおかげでゴールが決まりました。
 0.5点は崇文のゴールですね。

 ただ、失点はいただけませんでした。
 ゴールラインギリギリまで転がってきたボールを、最後まで追いかけて折り返した徳島)広瀬が、切れると見切って追うスピードを緩めた重松と松本の隙を突いたと。
 サイドチェンジ気味のクロスが流れた事もあって、ゴール前のフォローに誰も居なかったのでフリーで渡にゴールされましたが、二人がボールを最後までフォローしていれば、折り返しはありませんでした。
 ここをきっちり対応できていれば、勝ち点3を持って帰れる可能性は高かったです。
 厳しい状況での連戦になっていますが、それだけに集中を切らさずに90分を戦わないと、勝ち点は増えてこないでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】納得のいかない敗戦 ホーム山口戦(●2-3)

 孝司の負傷でピッチを去ってから変わった流れを戻せずにいるところを、山口に突かれて同点にされた事がこの試合の全てだったと思います。

 孝司が掛けてたプレスが消失した事で、山口の庄司・幸野にフリーで動ける隙を与えた事で前線に良いボールを供給されて押し込まれるのに合わせてラインを下げてしまい、空いたスペースに攻め込む山口にゴールを割られてましたが、それを繰り返してしまったのは残念でした。

 孝司の交代は相手最終ラインにプレスをがっちり掛けられる重松か、速い動きで裏を狙い続けるクッキーかと思いましたが、相馬さんの選択は戸島。
 2トップの一角に入りましたが、スクランブル投入だった事もあって他の選手が戸島が入ったらどうするって認識の共有が出来てないうちに押し込まれた様に見えました。

 戸島自体もあまり良い動きは出来てませんでしたが、相馬さんも見切りをつけて重松と交代。
 これはカードを無駄にした悪手だったと思います。
 重松を入れるなら、動きが落ちてきたヤザーさんと交代で戸島にはトップから落ちてくるなと釘付けにしていれば、ポストに徹して落としたボールを中村や重松に回収させて攻撃に繋げる事も出来ましたし、終盤のパワープレーのターゲットにも出来ました。

 ギリギリのところで勝ちに振れてたところが、今は負けに振れてる様に思えますが、問題はどこなのか、相馬さんは夏場のうちにどう対策するか。
 守備が崩壊しているのは守備陣だけの問題では無いと思うので。

 最後に、この試合を裁いた吉田主審。
 経験豊富な大ベテランです。 
 ただそれだけの主審になってしまいました。
 もう定年の筈なので、今年で辞めてください。 貴方にジャッジされるなら若手のお試しにされた方がまだましです。




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

今日のエルゴラ

 今日もエルゴラはリオ五輪代表戦特集。
 これで打ち止めか、それとも続くのかは明日のGL最終戦次第。

 そんな紙面構成の煽りを食らって、J2マッチレポートは縮小版。
 そんな中でトップ扱いでスペースを持って行くところは、流石キングカズ。
 そこから逆転に持っていかれるセレッソもどうかと思いますが。

 町田はその他大勢組。
 内容があれですから、地味で良いです。

 明日のプレビューは全試合1ページにとりまとめ。
 五輪が有るから仕方がない。


 
 

今日のエルゴラ

 リオ五輪代表戦特集がトップ。
 コロンビア戦プレビューにナイジェリア戦マッチレポートと、がっちりページを取ってます。
 ナイジェリア戦の滅茶苦茶さを、コロンビア戦でも繰り返してくれるなよと祈るばかりです。

 しかし、遠藤とリョータがボランチ組んだら、リョータが前に出れずに前線の南野と興梠が孤立する予感が。
 どっちかをトップ下に入れた方が。

 J1マッチレポートは五輪特集にページを喰われてます。
 川崎は首位でホーム開催にもかかわらず、さして良い扱いではなく…。

 

【川崎・町田】Jユースカップで「小田急戦」実現か?

 J50クラブが参加(福島・藤枝・琉球は不参加)する2016シーズンのJユースカップの日程が発表されました。

 川崎ユースは湘南ユースと等々力で、
 町田ユースは鹿島ユースとカシマで1回戦を戦う事になります。

 そして双方勝ち上がると2回戦で対戦します。
 ユースとは言え、公式戦で「小田急戦」が実現する事に。
 ただ、日程が22日カシマ23日小野路と書かれていて、どちらの開催になるかは今のところ不明です。
 22日だとJ1J2同時開催で、川崎はホーム広島戦、町田はアウェー岐阜戦が有り、カシマだとサポが観戦しずらいので、なんとか23日小野路開催にならなあかなと。

 まずは1回戦を勝ち上がっての話しですが。

今日のエルゴラ

 リオ五輪が開幕し、今日初戦の日本代表。
 対戦相手のナイジェリアも間に合ったようで、試合はちゃんとやれそうです。

 J1プレビューは浦和から。
 情けない顔のチョウさんのアップを使うのも…。
 浦和が勝つ前提の構成ですので、結果は裏切って欲しい所ですが。

 川崎は2ページ上2/3ページ。
 新加入選手を融合させて再構築中の甲府の完成度が気になります。
 しかし、またダビィか。

 J2は五輪が加わった分スペース減。
 町田はその他大勢組に。
 10試合連続失点、そろそろ止めて欲しいけど、山口が相手だと難しい所です。

 

今日のエルゴラ

 リオ五輪開幕大特集。
 特集ページを抜き出せば、そのまま観戦のお供になるお得な造りです。
 初戦は5日。

 J2マッチレポートは五輪開幕大特集の煽りを受けて、4ページに濃縮。
 なんか違うだろう感がいっぱいの今日のエルゴラでした。

 

今日のエルゴラ

 トップはU23五輪代表から。
 ブラジルとのテストマッチレポートでページを取ってます。
 記者を派遣しましたか。
 原川はスタメンも前半でリョータと交代と、川崎の二人で1試合。
 試合に出られたと言うことで、リョータは大丈夫そうですね。

 J1マッチレポートは湘南─川崎戦から。
 五輪代表にページとられた関係で見開き2ページ丸ごとは貰えず。
 川崎のコラムは車屋。

 浦和が甲府に勝ってじわじわと得失点差でも迫ってきてます。
 湘南相手の2失点は痛かったかも?

 クラブユースは川崎U18が広島に勝ってベスト4に。

 裏表紙はユウの「ATは6分」アップ。

 

【川崎】馬鹿試合になったのは何故? アウェー湘南戦(〇2-3)

 車屋の裏街道からのリーグ戦初ゴール、後半開始早々のヨシトのゴール、橋本のCKからのユウの6試合連続ゴールで3-0にしたはずが、終わってみれば1点差勝利。
 しかも3点取ってた恩恵で辛くも逃げ切った勝利でした。

 3点取った時点で残り30分。
 選択肢としては守ってカウンターで湘南をあしらってタイプアップを待つか、更に攻めきって湘南の心をへし折って終わらせるか。
 どちらも勝つ可能性は高い選択でしたが、結果は湘南のサッカーに付き合って貯金を取り崩して逃げ切りとなりました。
 どこで選択肢を間違えたのか。
 3点目を取った後気が抜けたような感じの消極的なプレーと、攻め上がって空きまくりの湘南の最終ライン裏を強引に狙いに行く速いだけの雑なプレーが混在した結果がこれだったと。
 湘南の決定力が足りなかったのと、終盤は風間さんが割り切って5バック化させて湘南の攻撃を跳ね返す事に徹した事で勝ち点3を取りましたが、試合後コメントを見るとかなり怒ってましたね。

 今回メインスタンドアウェー側に席を取ったので、引き上げてくる選手の表情がよく見えましたが、皆不満顔で「勝ってホッとした」と言う選手はいませんでした。
 勝ち方に拘る部分が無ければ、こうはならない。
 この辺が今季変わったところなのかもしれません。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR