【川崎】あと一つもう一つ 天皇杯準決勝 対大宮戦(○0-1)

IMG_0976.jpg

 今年最後の試合は今年を象徴しそうな苦しい試合でした。
 大宮は相手の特色を消しに来る試合を今季はやってきていて、熊谷では煮え湯を呑まされましたし、この試合も同じようにやってきていました。

IMG_0984.jpg
 ファイフロの朱美ちゃんに挨拶するマスコッツ。

IMG_1036.jpg
IMG_1042.jpg
IMG_1056.jpg

 ボールを前線に運ぶものの、そこからまとわりつく様に複数の選手が立ちふさがるので、そこで動きをストップさせられる事が何度も繰り返されました。
 守備ではネットを狙い撃ちにされ、マテウスと泉澤の突破に手を焼き後手に。
 エドゥの体を張っての守備と相手の精度の低さにかなり救われました。

IMG_1063.jpg
IMG_1080.jpg
 
 状況は後半も変わらず、攻守ともにうまく回りませんでしたが、ここで転機となったのが選手交代。
 ノボリ→リョータで中盤の底から前線に縦パスが入る様になり、ケンゴが前線でボールを展開出来る様になりました。
 大宮もマテウスを下げてゴールを狙える家長を投入しましたが、手を焼いていたマテウスの突破が無くなったので、守備的にはずるずる下がれされずに形に嵌めやすくなった分、楽になった様に見えました。

 そして、試合から消えてしまったユウに変わって三好を投入。
 ノボリが担っていた前線に向けてのボールを運びを活性化させ、大宮がたまらずにファールで止めたところから試合が動きました。
 ケンゴのFKをGKが弾いてCK。
 一旦ボールは大宮にクリアされますが、エドゥがセカンドを拾って絶妙にGKと守備陣の間に落とした所に入り込んだタニが右足アウトに引っかけて押し込み先制。

IMG_1106.jpg
 ゴールを決めてゴール裏に架けて来るタニとアシストのエドゥ。
IMG_1109.jpg
 祝福の輪に果敢に突撃したカメラマンが押し倒されるの図。 無茶しやがって。

 CKで中々得点は出来ないのが川崎の特徴でしたが、この時成功したのは何時もの等々力劇場以上の「レッツ・ゴー」コールが後押ししたと思います。

IMG_1114.jpg
 リード後、ボールをキープしつつ止めの追加点を狙う三好。
 執拗に攻められましたがフィジカルで負けなかったのは頼もしい位でした。


IMG_1131.jpg
IMG_1140.jpg
 恒例の水掛け。 苦しかった分激しかった様に思えます。
IMG_1149.jpg
IMG_1152.jpg
 タニとケンゴのお立ち台。
 あれほど熱く叫ぶタニも珍しい。 ケンゴは何時もの事ですが。


 この試合は大宮のゲームだったと思います。
 ただ、勝ったのは川崎。
 違いは何かと言えば、最後で決めきれない大宮の自滅でした。
 まるで今までの川崎の様な試合をやってしまったのは、悔しい思いをした経験値ではないかと。
 今季1st,2nd,年間順位,CSと4回も悔しい思いをしてきた事が、最後で踏ん張れたのだと思います。
 
 苦しい試合をモノにして、2017年に一番最初に試合をやるクラブになりました。
 決勝の相手は鹿島。 色々と借りを返すには格好の舞台です。 

IMG_1157.jpg
 恒例のラインダンス。 マイアのユニも参加。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【川崎】逃げるは下手だが勝てば良かろうなのだ 天皇杯準々決勝 FC東京戦(○1-2)

 ドラマは終わって今更ではあるけれど、言ってやった(笑)
IMG_0801.jpg IMG_0769.jpg
午前中の場所取りの時間帯はいい感じの富士山が。電線が無ければ。

 試合間隔が開き過ぎて、いま一つ勢いに乗れない天皇杯準々決勝。
 F東の方がより長く中断期間があった訳ですが、川崎もCSから一カ月ぶりなので、大きな差は出来なかったですね。

・ヨシト

 前半序盤から形を作って攻め込めたのは川崎でした。
 先制は綺麗にボールが繋がって、深いところまでタサが抉って上げたクロスをヨシトが飛び込むようなボレーで先制。
 遠かったので決めたのは頭?と思いましたが、場内のリプレーを見るとうまく足に当ててGKの届かないところに押し込みました。

 2点目もボールを前に運んでパスを回し、ネットのパスをエウシーニョが受けた後、ちょっと左にずれてF東の守備陣を剥がして左足で左隅に叩き込みました。
IMG_0843.jpg 
エウシーニョの2点目。ヨシトの1点目は残念ながら撮影失敗。

 F東もJFKから篠田さんになって守備を建て直してきたと聞いていましたが、シーズン中に出来る事は限られていたようです。
 前から来る分、中盤が開いて川崎が使えるスペースが多くなってました。

 そこをヨシトが下がってボールを受けて捌く事で、テンポの良いリズムを作ってボールを回し、中盤から前線に戻ったヨシトがボールを受けて仕事をする、良い流れが出来てました。

 前半だけであと2点は取れてたと思いますし、取れてればそこでこの試合は終わってました。

・ノボリの復活

 3トップの左に入ってのプレーでしたが、ヨシトが中盤に下がってボールを受けに行くところで空くスペースが埋め、ヨシトが上がるときにボールを受けて返す形でリズムを作るのに一役買ってました。
 自らも左サイドから仕掛けてと、のびのびとやっているように見えました。
IMG_0900.jpg 
 途中交代とはなりましたが、日本代表の森重とのやり合いでファールで止めさせる位キレてたので、準決勝も期待します。
 交代は怪我でなく攣っただけのようですし。
IMG_0938.jpg 
ノボリと交代で左サイドでプレーした三好。惜しいシュートもあり代表があったものの好調は続いてます。

・ネットの復調

 CSでは鹿島に狙い打ちされた事でプレーが雑になってました。
 この試合でもF東に狙われて窮屈なプレーが見れましたが、川崎の中盤がヨシトも含めて良い動きが出来ていた事で、ネットへのプレスも減ってからは積極的な動きに変わって行きました。
 ネットが自由にプレーできる環境が作れれば、パスを効果的に散らせて前線の選択肢も増えてきます。

・エウシーニョ
IMG_0893.jpg 
 何時も積極的なプレーを見せてくれるエウシーニョですが、今日はより熱く攻撃的なプレーを見せてくれました。
 マイアの事があっての事だと思いますが、ゴールを決めた時は相手守備陣の位置を見てコースを開けさせる動きをして左足で叩き込むところは、熱さの中に冷静さがあったように思えます。 

・いただけない失点

 F東の中島頼りの反撃はうまくいなせていただけに、失点は勿体なかったです。

 ATのセットプレーで平山に頭で叩き込まれましたが、あれは平山より小川にDFとGKの間のスペースに正確に入れられた時点で勝負あったと思います。
 あそこに入ってきたらソンリョンはボールに飛び込めませんから。
 失点シーンの前も小川に良いクロスを入れられてましたし、もう少し何とかできなかったかなと。
IMG_0943.jpg 
 F東に勝って準決勝に進んで、次の相手は湘南を延長で振り切った大宮。
 前半3-0で優勢に進めてたのをひっくり返される屈辱を受け、熊谷では後味の悪い敗北を喫した相手です。
 あちらも初タイトルに向けてモチベーションは上がっているでしょうが、それはこちらも同じ事。
 主が留守の日スタでしっかり勝って決勝へ。
IMG_0947.jpg 
久々の水掛け。
IMG_0956.jpg 
マイアのチャントに合わせて踊るふろん太とカブ
IMG_0963.jpg IMG_0969.jpg
ゴールを決めた二人がお立ち台に。ゴンさんの手にはマイアのユニが。
IMG_0973.jpg 
恒例となりつつあるラインダンス。あと2回踊ってもらいましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【彼らから学ぶこと】「おグランパス」とはなんだったのか?

 もう忘却の彼方に行ってしまってますが、1stで対戦した時は勝った方が首位と言う「首位決戦」だった事を覚えていらっしゃるでしょうか。
 昨季後半の割り切ってしまった西野さんのカウンターサッカーから、能動的に主導権を奪いに行くサッカーに方針転換して、それなりにやれてました。
 この頃は。
 シーズン序盤で戦術的にまだこなれてない所を差し引けば、面白いサッカーをやってきそうな雰囲気はありました。
 選手も西野体制から変わってやりがいがありそうな雰囲気があり小倉監督がモチベーションを上げる事に成功したように見えましたが、後々これは違ってた事に気づきました。
 GM兼任の権力を掌握している監督の指示に従わなければ…ねぇ。

 2ndで対戦した時は1stの残滓の欠片も無く、川崎のボール回しにボールの奪い所を確定できずにふりまわされて体力を消耗、あとはアフターチャージの山を築く破目に。

 何もかもうまくいかずの降格でしたが、等々力で見せた小倉監督がやりたかったサッカーは可能性を感じるものでした。
 目指す完成形は良いのですが、完成させる為の用件を定義し、そこに至るまでの詳細を設計し、形にする為の実装と言った部分で小倉監督の経験値が無かった事でしょうか。
 評論家時代の小倉さんの評論って理論派と言う感じではありませんでしたし、それでも的確に言葉にしてスタッフや選手に理解させる能力があれば、また別の状況になったように思えます。
 実戦に入っても、うまくいかない部分がなんでうまくいかないのか、所謂PDCAが回ってないのでは、改善は中々進みません。

 選手構成は守備陣が手薄でかなりいびつでしたが、攻撃陣が機能すればそれなりに勝ち点は取れるメンバーが揃ってましたから、残留争いにずっと巻き込まれるような事態になるとは誰も想定してなかったのでは。

 彼らの失敗から学ぶとしたら、きな臭い政治学を別にすれば、やるべき事をきちんと整理して形にする所を機能させるところでしょうか。




2016 J.LEAGE AWARDS とケンゴのMVP

IMG_0593.jpg 

 記事が遅くなりましたが20日の「2016 J.LEAGE AWARDS」に参加してきました。
 2012年以来の参加となりましたが、やはり生の雰囲気は良いです。
 今回は時間がなくてパネル展示までは見ることができませんでした。
 もう少し余裕を持って行ければ良かったのですが、平日に新横浜18時は気合入れて新幹線で来る遠地サポならともかく、首都圏に勤めるリーマンにはハードルが高いです。

・今回の内容にはあえて苦言

 内容に関しては、昨年が金が無くて内輪だけ…もとい、会場が無くてサポの参加が無かった事で演出がちょっと違った様な気がしますが、これで良かったのか?と。
 18時30分表彰で20時終了とかなり駆け足で、J1中心と言うかJ1メインでJ2J3は蚊帳の外的な構成は、Jリーグとしてのシーズンを終えての「お祭り」としては、あまりにも寂しかったです。
 J2得点王のテセも招待はされてましたが、画面でテーブルにいるのを写したのみ。
 功労賞の鈴木啓太・山口智両氏や最優秀審判の西村主審・名木副審もコメント無しだから、写されただけでも良しとするべきか。
 もちろん、下位カテゴリー優勝チームに対する紹介も所謂「ナレ死」。
 20時終了じゃなくて21時終了ならまだ色々と出来たでしょうし、21時30分まで引っ張ればさらに余裕を持って表彰も出来たでしょう。
 ネットで聞いた話しでは、この日の20時終了は厳命されてたそうです。
 理由は「ドリカムがライブを金土にやるので、設定が水木にやるからこの日のうちに撤収しなきゃならない」とか。
 ドリカムもこんなショボいハコで2Daysなんてやらずに、東京ドーム一カ月連続ライブにすりゃいいだろうに。

・優秀選手賞/ベストイレブン/MVP

 内容はともかく、優秀選手33人に川崎からは
IMG_0700.jpg IMG_0701.jpgIMG_0710.jpgIMG_0711.jpgIMG_0718.jpgIMG_0719.jpg

 この6人が選出。
 シーズン通じて活躍して年間2位を獲った事で、年間1位の浦和の8人に次ぐ選出となりました。
 選手・監督のシーズンに対しての得票なので、鹿島が昌子と西だけってのもまぁそうなんだろうなと。

 優秀選手賞からのベストイレブンにはケンゴとユウが選出。
 得点王のウタカが外れてユウが入ったのは、広島がCSに絡めなかった事と代表選出に7試合連続ゴールのイメージが強かったからでしょう。
 レアンドロが入ったのは2ndでの神戸の躍進の立役者だった事が大きいと思います。

 そしてMVPはケンゴ!
IMG_0763.jpg 

 アナウンスで「川崎フロ…」となった時点で会場は大歓声であとは聞き取れず。
 川崎サポも含めてサプライズな選出だったからでしょう。
 私も今季のMVPは年間1位にルヴァン杯を獲った浦和から阿部が選ばれると思っていたので。
 でもあの大歓声は、ケンゴの今季のプレーを認めていたからだと思えます。
 ずっと見てると返って公平な見方が出来なくなるもんなのでしょうか。

・MVPの価値

 ただ、この結果を鹿島サポが納得してない方が割といらっしゃる様で、鹿島がタイトル獲るとMVPは貰えないからリーグから嫌われてるとか、結構被害妄想が大きい様です。
 CS~CWSの印象が強かった事もあるんでしょうが、MVPに選ばれる前提の優秀選手賞の選出は監督・選手の投票でリーグ戦終了時で締め切られているので、シーズン終了時の鹿島のイメージは浦和川崎に引き離されて、大宮やガンバからかろうじて逃げきって年間3位の座を確保したってところですから、選手についても評価はそれなりでも仕方がない所。
 2ndは11位だったんだから。
 ミツヲ君の言う様に「そういうルールだから」で納得してくれないかなと。
 無理やり数字を拾って昌子の成績の方がケンゴより上だと言われる方もいましたが、昌子とケンゴでは存在感がまるで違うって事は数字じゃでません。
 確かに鹿島はCSを勝ち上がって王者になったけれど、2016シーズンを引っ張ったのは年間1位を巡ってボロボロになりながらデッドヒートを演じた浦和と川崎だったのですから。
IMG_0766.jpg 
 今季を締め括るイベントが終わり、天皇杯はありますが今季は終了。
 果たして2017シーズンはどんなシーズンになりますか。


今夜は



 2012年以来の参加。
 どんな感じになりますか。

 

鹿島惜敗

 レアルが舐めて来た事もありましたが、大舞台で序盤の失点にも動じずに値に足が着いたサッカーをやれてました。

 海外サッカー信者はレアルの試合っ振りをあれこれ言い訳が頭に浮かんでいると思いますが、延長でやっとの思いで突き放した事はリザルトにでてますので。
 さんまの見苦しさが全てを語ってそうですが。
 娘の爪の垢でも飲んで出直してこい!

 流石に後半終盤~延長には連戦の疲れが出てましたが、格上相手に一度は逆転でリードしたのはたいしたものです。

 これで天皇杯を戦う力が残ってないならなお良しですが。

 お祭りは今日でお仕舞い。
 週末からは最後のタイトルを賭けた公式戦が待ってます。

 

スカパー! また逢う日まで

 DAZNとの契約締結によって、今後どうなるかが気になっていたスカパー!のJリーグ中継ですが、正式にお知らせが来てしまいました。

スカパー!お知らせ画面

 DAZNとの交渉で合意に至らなかった様です。
 2017年リーグ戦の中継は地上波・BSで放送のあるカードを除いてDAZNのみとなります。
 スカパー!で中継が始まった当初は色々と不備もありましたが、シーズンを重ねる毎に改善されていき一つのスタイルが出来たと思います。
 出かけられない遠地アウェイでは本当にお世話になりました。
 町田がJ2復帰したときに「これでアウェイも毎試合見れる」とうれしく思ったものでした。

 本当にお世話になりました。

 年間30億を支払っていたと聞きますが、Jリーグ中継は完全に赤字だった様です。
 それでもスポンサーとして金銭面だけでなく、色々な面でサポートしてくれました。
 「スカパー!が放映権を獲ったから地上波放送が無くなった」などと言われていましたが、事実は地上波が無くなった時にスカパー!が手を挙げてくれたと言ったところで、地上波放送が無くなったのは当時のJリーグが一番悪かったです。
 果たしてDAZNは「スポンサー」としてどんな貢献をしてくれるのか。

 Jのリーグ戦こそ無くなりますが、24時間サッカー専門チャンネル「スカサカ!」を、2月に新生開局するとのこと。
 どのようなスタイルになるかは判りませんが、きっと「これからもずっと、この国のサッカーとともに。 」の一言を示す放送を見せてくれるものと期待します。

 しかし、DAZNが数年で逃げて、またスカパー!中継に戻る様な気がしてならないんですが。

浦和 アウェーゴールに泣く

 『浦和を信じた僕が馬鹿でした』をタイトルにしようかとも思ったくらい、駄目な浦和でした。
 カシスタで見せた、強かに鹿島を封じた浦和とはまるで別のチームになってました。
 最終戦でやらかす、4万以上入ると負ける、浦和のジンクスがしっかり発動したかのような結果でした。

 みつを君が何やらデカい口叩いてたらしいですが、たまに勝ったからってブツブツ。

 浦和の先制シーンはすばらしい崩しでした。
 武藤がDF二人を引っ張って行って出来たスペースに、絶妙なタイミングで入り込んでフリーになった興梠が鮮やかに決めて、この調子で押し切れるのではと思いましたが、よく考えると2点取るのが必須な鹿島にとっては、先制だろうが1点はあっても無くても一緒だと。

 あまりに早いリードに浦和の調子が逆に狂った様に思えます。
 追加点取ってればまだ展開は浦和に傾いたはずですが、不思議の負け無しと言うくらい高木と武藤が決められない。
 どこかで見たような?と思ったら、何のことはないアウェー浦和戦でした。
 あそこで決めきれないから、興梠の負担がでかいんでしょう。

 李は肋骨折ったとかで欠場の結果で高木だったようですが、この試合に関しては最初からズラタンでOKだったでしょう。
 途中でズラタンを入れる状況になったら、それは浦和がプラン通りに行ってなくて負けていると言う事ですから、最初からガツンといくべきだっただろうなと。

 このCSの結果は受け入れるしかないでしょう。
 そういうルールだったのですから。
 レースで言えばレギュラーシーズンが予選。
 勝ち点1位がポールポジションを獲ったと考えれば、おかしい所は無いです。
 これに1stと2ndの覇者が混ざるからややこしい事になってますけれど。

 ただ、アウェーゴールに関しては「入れた奴出てこい!」と言うくらい無駄なルールでした。
 勝ち点上位の優位よりアウェーゴールの方が大きいってのだけはおかしい。
 今回のCS決勝は結果だけ見れば2-2のイーブンな訳で、それならば勝ち点上位の特権で浦和の勝ちで大きな問題もなく納まった筈です。
 もしアウェーゴールを加えるなら、勝ち点上位だけの特権としても良かったはずです。
 次があるなら、その時はアウェーゴールなんて入れるなよと。

 

あれが疑惑のPK?

 見るもんかと思いながら、結局見てしまったCS中継。

 鹿島らしい嫌らしさは浦和も苦手にしている筈だけど、今の時点の実力差はそれを超えていたようです。

 浦和は阿部がPKで取った1点を鹿島の猛攻から守りきった、そんな印象で記事を書かれてたりしますが、ちょっと違うような。
 浦和は1点取ったら、それで十分と追加点を取りに行ってない様に見えました。
 浦和が「鹿島ってる」そんな感じでしょうか。
 あの槙野がほとんど攻撃参加せずに、しっかりとディフェンスに集中してる所を見ると監督のゲームプランがそうだったのかなと。

 問題のPKシーン。
 Twetterとかでは「あれでPKはあり得ない」とつぶやかれてましたが、あれは家本さんがよく見てたから取られたファールです。
 西はあのシーンではボールじゃなくて興梠に直接行ってますし、手や足も掛かってますから興梠が倒れれば笛は鳴ります。
 なんでボールを競らなかったのか?
 ずっとこの守り方をしてたらしいですが、あんなプレーでファール取られないと思ってる時点でおかしいし、それに仕掛けた相手が誰だったかは意識してなかったのでしょう。
 興梠は鹿島の守り方は熟知してるし、あの位置で西が何をやってくるかも察してた筈。
 興梠に嵌められたとも言えますが。

 今季のCS、このまま浦和が押し切る様に思えます。
 押し切ると言うより、鹿島をうまくいなしていつのまにかタイムアップしている可能性もあります。
 はたしてどうなりますか。


訃報

マイア選手の突然の訃報。

IMG_9097.jpg
IMG_9103.jpg

Googleフォトに保存してた画像を探しましたが、このころはデジイチを持ってなかったので、プレーの写真はありませんでした。
もしシーズン始めからいて川崎にフィットしてたら、もっといいプレーが見れていたかもしれません。

でも、残ってた画像は勝利に尽力した、とてもいい顔をしてました。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ