【代表】リザルトと内容がリンクしない試合 最終予選ホーム タイ戦(○4-0)

 録画をサラッと見ましたが、大量得点+クリーンシートで終わって良かったんじゃないでしょうか。

・ユウの出番は

 追加招集されましたが、多分出番は無いと思っていました。
 善くも悪くもハリルはユウの実力を判ってますから、久保のテストを優先するだろうと。
 大迫の離脱で1トップって話しもありましたが、こっちは岡崎を試すだろうと思ってましたし
 1トップは鬼木さんもちょっとあきらめてる感じがするので、無理に1トップやらされて調子を狂わされなくてよかった。

 久保は結果は出しましたが、こういう使い方なら使えるって所までハリルが認識してくれたかどうか。
 後は背中に相手DF背負った時にどうなのかを、どう試すかですね。 
 それが出来れば1トップにおかれる可能性はあります。

・守備陣の問題

 最終ラインがグダグダでしたが、それが吉田・森重コンビのせいかと言うと、全部オッかぶせるのは可哀相な感じでした。
 どちらかといえば、タイがどう出てくるかを読み違えた戦術の問題かなと思います。
 引いてカウンターだと思ってライン上げたら、向こうは前に出てきたとのに上手く対応できなかった感じがしました。
 ボランチが今回初の高徳と蛍の組み合わせでしたが、どちらも守備に重点を置くタイプだし、ボールを狩りに行くのに自分のポジション捨てて行ってしまう感じな上に、両SBが高い位置をとって降りてこないので、ボランチがSBの裏に引っ張りだされてバイタルが空いてしまうシーンが結構ありました。
 そこをタイの2列目に使われましたし、CBからボールを出すときに受け手が最適な位置に貰いにこないので、出し先に困って蹴っ飛ばしたり、パス交換がおぼつかないので、横パスかっさらわれたり。
 正直なところ、長谷部が出れない時点で最終ラインからボールを受けて前を向いて前線にボールを供給できるタイプのボランチを入れるべきだったかと思います。

・鹿島の二人

 案の定使われませんでした。
 吉田はともかく、森重がかなり怪しい出来だっただけに、昌子に出番が回ってくる可能性はありました。
 恐らく今ちゃんが離脱しなければ、タイ戦でテストはあった筈です。
 ところがボランチに経験が少なく、代表では初めての高徳が入り、左SBにこのところクラブで出番の無い長友だったので、CBまでテストで計算できない選手は入れられないと言うところでしょう。
 不運と言えば不運です。

・タイの未来

 このW杯予選は難しいですが、次のW杯は最終予選で活躍しそうな予感がします。
 現にこの試合も中盤でボールを綺麗に回せてたのは、タイの方でした。
 決めきれる規格外のストライカーがいれば、この試合の結果はどう転んだか。
 このまま成長していければ、10年後にはタイは東アジアの強豪の一角に名乗り出ていそうです。
スポンサーサイト

YASSカレー オープン

IMG_1543.jpg

 YASSカレーがオープンしたのでオープン当日に行ってきました。

 JR町田駅のターミナル口から出て3分も掛からずに、おなじみのロゴの看板が出たお店の前に。
 お昼ちょっと前だった事もあって、待たずにテーブルにつけました。

 店内はいかにもYASSカレーの世界\(^o^)/

 メニューは定番な角煮カレーの他、野津田でおなじみなトントロや合鴨ドライカレーが。
 今回は1日に角煮カレー食べる事になるので、トントロカレーを注文。
IMG_1545.jpg

 いつもの容器からお皿に変わって、盛られたカレーはちょっと新鮮。
 味はいつもの味ですが、今まで外で食べてたのとは食べた感じが違います。
 BGMが翼さんのフリートークからロックに変わってるし。

 アウェーが続いているときは、お昼を食べに来るのも良いかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】勝ち点2を失った試合  アウェー金沢戦(△2-2)

 現地参戦されたサポさんお疲れさまでした。

 金沢の新指揮官ヤンツーさんの「前半は町田にボール握らせろ。バテさせた後半に一気にギア上げて勝負だ」戦術にしてやられました…って事にしておきたいような試合でした。
 相馬さんのハーフタイムコメントを聞いても、十分注意はしてたはずですが。
 前半序盤のグダグダな金沢の守備の時間帯に町田としては上出来な2ゴールを奪いましたが、前半のうちにあと1点だめ押しできてれば、金沢は折れて試合は決まってた筈。
 ヤンツーさんが後半早々から2枚替えで仕掛けてきた時に、2点を守るのか押し込んで追加点とって終わらせるのか明確にしてはいたと思いますが、前半飛ばしてたツケを後半の早い時間帯に払う羽目になってしまいました。
 足が止まり始めたところから守りに入った様にみえましたが、勢いづいた金沢を抑えきれなかったようです。

 終わってみれば痛み分け的なドローとなりましたが、前半の金沢の守備をきりきり舞いさせた町田の攻撃は見ていて楽しかったです。
 J2初ゴールになった戸島のヘッドも、井上の町田初ゴールも本当に綺麗に決めてくれました。
 それだけにしっかり勝って帰って欲しかったですが、次につながるゴールだったと思います。

 アウェイが2節続いて、次節はホームに帰って来て岐阜。
 ここまで結果は出ていませんが、大木さんのサッカーが実戦を経てどこまで浸透しているか。
 なんとも不気味ではありますが、前半に見せた攻撃的なサッカーと試合をクローズさせ方を間違えなければ、結果は出る筈です。
 しかし、6試合連続未勝利な相手って、日程君はなんて仕事をしているんだか?




にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【町田】今季初勝利  アウェー群馬戦(○0-1)

 まともに吹きつけてくる強風で冷え込んだ中、現地参戦されたサポさん、お疲れさまでした。
 DAZNでもしっかり町田のチャントは聞こえてきました。

 今回は休日出勤だったので、情報をシャットアウトしてDAZNの見逃し配信で夜中に観戦しました。
 画質はともかく、見たいときに見れるのは便利です。

 この試合でも前節の岡山戦と同じく、主導権を持って攻める時間がかなりありました。
 リザルトのボール支配率を見ると、群馬と余り差がなかったのは意外でしたが、相手ボールを奪ってカウンターの形は出来ていましたし、オフサイドになりましたが、奪ったボールをヤザーさんが持ち上がってのカウンターは画面を通してもおぉ~と思わされる迫力がありました。
 強風でロングボールの精度と飛距離が期待できない中で、地上戦で上手くゲームを作れてたと思います。
 得点シーンは風のいたずらの様なゴールでしたが、枠に飛ばせば何かが起きると言うのが実証されたゴールだったかなと。

 今回の群馬のサッカーはまだ何をやりたいか詰めきれてない様な感じに見えました。
 今季から森下監督が指揮を執っていますが、新しい形を見せるのに実戦の中での試行錯誤が続いているようなそんな感じでしょうか。
 そのせいか?選手がうまくいかない所でアフターになってしまうとかのファールが多かった様に思えます。
 今季で4シーズンやっている相馬さんとの完成度の違いでしょうか。
 ただ、やろうとしているのは繋いで行くサッカーの様なので、完成形に近づいた後半の対戦は手を焼く事になるかもしれません。
 ちゃんとボールを前に回せる様になっているなら。

 今回の群馬、次節の金沢は残留争いをするのに直接絡んでくるであろう相手です。
 その相手から確実に勝ち点3を奪うのが、今季残留を早く決める事になると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】決壊  アウェーFC東京戦(●3-0)

 IMG_2563.jpg

 中国・広州の試合から中三日でタマシコ。
 結果として3失点でしたが、前半の動けている時間帯に先制できていれば、また違った試合展開になってたと思います。

 後半足が止まり始めたところから、F東に試合の流れを持っていかれましたが、それでもソンリョンと最終ラインを中心に守れていたので、スコアレスドローに持ち込む展開もありえましたが、ソンリョンのミスでのオウンゴールで今まで耐えてきていたものが、決壊してしまった様でした。

 リプレイを見るとソンリョンが足でとめたボールの勢いを殺せずにボールがゴールに吸い込まれていきました。
 このミスは、守備陣にとっては心が折ってしまったようです。
 2点目は最終的に奈良がクロスを上げさせてしまった時点で、ゴール前に入り込んだウタカに手薄になった守備陣はマークしきれず、3点目はまるで覇気もなくと言った所でした。
 この日の攻撃陣では先に失点したら厳しいと言う認識になってたでしょうし、現実に1失点目までは堪えてきていただけに、あそこまで崩れたのは、やはり疲労の問題があるのかもしれません。
IMG_2675.jpg
 女子マネのサトミキは今回は味スタに。

 なんでF東に後半やられたか。
 鬼木さんの采配に原因はありそうです。

 この試合で切ったカードは

  阿部  → ハイネル
  ネット → 長谷川
  ノボリ → 三好

 F東の最終ラインに対して、阿部とケンゴのプレスが掛からなくなってきていましたが、広州戦の消耗で予想より早く足が止まってしまったからではないかと。
 ここで阿部に代わってハイネルでは無く、長谷川でプレスを続行させてたらどうか。

 ネットが狙われていましたが、守備に回る場面が増えていた事を思うと、ケンゴをボランチに下げるのは厳しいです。
 ここで板倉を入れていたらどうだっただろうかと。

 単騎突破を繰り返していたノボリの足も止まった所で三好に交代となりましたが、同じように突破を仕掛けられる状況ではなく、さりとて切れるカードも無く。

 あくまでも攻めに行く姿勢は川崎らしいと言えますが、状況を見るとブロック組んでのカウンターって選択肢もあればと思います。
 元旦まで天皇杯やってて、更にACLで一足早く開幕と短期間の準備で攻撃まで手が回ってないのに、オプションも増やせってのも酷な話しですから、あくまでも今はあったら良いなのレベルですけれど。

 問題は早く点を取るパターンを増やしてほしいところでしょうか。
 ノボリの突破からのチャンスメークは点が取れたら、一気に精度が高まりそうですし、アクセントになるドリブルが出来る長谷川が入れば面白いのですが。
 終盤にハイネルが見せた高速ドリブル、チームスタイルは放っておいて自分でゴリゴリやり始めたら面白い結果が待っていそうですけれど、妙に真面目そうなんで、ヤンチャは難しい様ですね。

 開幕からの過密日程はタマシコで一旦終了。
 4/1仙台戦までの中断期間に戦術の落とし込みと、疲労回復を図ってほしいところ。
 期間的には武岡と家長が戻ってこれそうなので、選手のやり繰りは大分楽になりそうです。
 しかし、舞行龍の5ヶ月とイガも時間がかかりそうっぽいので、エドゥが帰ってくるまで守備陣の調整は鬼木さんも頭が痛いと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

IMG_2744.jpg
IMG_2746.jpg
 試合後、川崎のゴール裏に挨拶に来たヨシト。 敵ながら憎めないのはやはり濃い4年間があったからか。

【川崎】鬼木采配  ACL GL-3 広州戦(△1-1)

 前半のボコボコ状態の時間帯に1失点で耐えられたのが、ドローの要因でしょうか。
 あそこで嵩にかかって2点目3点目を入れられたら、そこで試合終了でした。
 広州の方から見れば、あれだけ押し込んで1点しか取れなかったのが誤算だったと思います。

 前半押し込まれてボコられた要因の一つが、スタメンの配置でしょうか。
 鬼木さんの意図は序盤は守備に重心を置いて、後半選手交代からのポジションチェンジで攻勢に出ようって所だと思いますが、最終ライン・中盤・二列目にアンマッチな選手がいた事で、わざわざより強く広州の勢いを喰らった様なものでした。

 イガの右SBはタサの離脱から来ていると思いますが、右SB経験者って事と最終ラインの守備強度を上げる意図だったと思います。
 ただ、イガが右SBやってたのって、関さん時代に勇介のバックアップとしてで、守備固め的に関さんは使ってたのですから、右サイドで攻撃がユウの単独の仕掛けになるのは仕方がない所です。

 ボランチはネットの相方に板倉。
 天皇杯浦和戦では良い働きをしましたが、激しくプレスに来る広州相手だと、ボールを持っても的確に前に出せないで相手に追い込まれてしまうところが目につきました。
 やはりいきなり初の国際試合が広州となると荷が重かったでしょうか。

 そして左SHに入ったリョータ。
 サイドに行くと全くと言っていい程輝かない。
 このあたりは森谷と真逆なんですよね。
 なんで森谷を左SHで使わなかったのかと言えば、リョータを最後まで使いたかったからでしょう。

 ただ、失点後の鬼木さんの動きは早かったですね。
 板倉に変えて森本を前線に置いて、リョータをボランチに戻す。
 左SHには阿部を入れて落ち着かせる事に。
 後ろは車屋を左SBに出して、右にノボリを持っていき、CBはタニとイガで。
 これでかなりボールが回って押し込みが出来る様に。

 このままいけるかと思ったところでイガが相手と交錯して負傷退場。
 あのシーンはお互いにボールを巡ってのプレーの中での交錯なので、運が悪かったとしか言い様がありません。
 既に板倉を使ってDFの控えがいない中、どうするのかと思ったら、長谷川を左SBに入れる采配。
 既に一点取りにいかなきゃならない時間帯だった事もあって、ボールを受けたら前に運ぶ事を優先させてた様です。
 それでも守備でライン際でボールを確保して前にフィードする場面もありましたけれど。
 
 総じてスタメンの失敗を交代カードと配置変換で帳尻合わせ出来たのが、勝ち点1を持ち帰れた要因でしょう。

 後半あえて前に出ずにブロックで構えて、ボールを奪ってカウンターが広州の戦術だったと思いますが、適正ポジションになって荒れてボサボサのピッチに慣れてボールが回り始めた川崎に対してボールの奪い所を定められずに押し込まれ、決定機を作られたのは広州の誤算だったのでは。
 ACLを2回も制した広州にしても、外国人のレベルは世界レベルでも中国選手のレベルはそれほど高く無いなと言うのがこの試合の感想です。
 堅守からボールを奪ってカウンターにしても、肝心のボールをとれない。
 ケンゴこそマークが付いてましたが、ケンゴ自身がマークを使ってスペースを開けたり、リョータが良いところで縦パスを通したりと、Jではなかなか出来ないプレーが出来てました。
 ユウと阿部が決めてればって場面もありましたし、本当に後は決めるだけな展開だっただけにもったいない試合になりました。

 ACLのGLも勝ち点3の3位で折り返し。
 3分にはなりましたが、対戦相手から勝ち点2を奪っているからこそこのポジションにいるのは悪くないと思います。
 ただし、この広州戦をドローに持ち込んだ事で、ACLに見切りをつけられなくなったのも事実。
 アウェー東方戦の様に、リーグ戦に出場機会を得られない選手を使う事は出来なくなりました。
 このことがシーズン後半にどう影響してくるか。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】岡山とはまたもドロー  ホーム岡山戦(△1-1)

IMG_2427.jpg

 昨季の岡山戦はホーム・アウェーともに点を取り合ってのドローでした。
 今季こそ決着をと思いましたが、今回もやはりドロー。
 ただし、その内容は大分違って見えました。

CIMG2077.jpg
 YASSカレーは開店前に「先行オープン」を開催するそうです。
CIMG2081.jpg
今回のZ劇場は町田ガールズクワイア。 裏で歌を聴いてた孝司がノリノリ感一杯で出番待ちしてました。
CIMG2083.jpg
 ここに出てくる事が無いと言われて挨拶を指名される森村。 やっぱり慣れてない(笑)


 がっちり守られたゴールをこじ開けたと思ったら、セットプレー一発で追いつかれるなんてのが昨季の試合でしたが、この試合は町田が攻め続ける時間が長く、岡山に決定機らしい決定機を与えていませんでした。
 ちょっと岡山はまだチームの熟成が不足しているような感じです。
 昨季の主力矢島と岩政が抜けた穴を埋めきれてない感じです。
 町田も孝司・中村の不在は痛いですが、戸島が実戦のプレー時間が増えるにつれてプレーが良くなっていて、頼もしさが増しています。
 幻にはなりましたが、相手DFを振り切ってシュートをゴールにたたき込んでますし。
 そういった意味では、もったいない試合でした。
 オウンゴールになった藤井のバックパス崩れは、慌ててたからでしょうか。
 無駄な失点でしたが、このヤラカシを糧に伸びてくれればと思います。

 今回の審判については、ちょっと頂けない感じです。
 副審も含めてですが、ジャッジが遅い。
 戸島のゴール取り消しもオフサイドを取るならさっさと旗を揚げろと。
 主審はゴールを認めてセンターサークル指さしてましたから、ここでジャッジを覆されると遺恨だけが残ります。

 戸島のゴールを連続で撮れてたので載せます。
IMG_2481.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2483.jpg

IMG_2484.jpg

IMG_2485.jpg

IMG_2487.jpg

IMG_2488.jpg

 無駄なく相手DFを押さえ込んでファーサイドに打ち込んでくれました。
 オフサイド対象になったのはおそらく重松ではないかと。 GKのすぐ前に入り込んでましたから、プレーに関与した形になってしまったのでしょう。
 
 そのほかでもジャッジの基準が見えにくく、試合のリズムも悪いので、選手もかなりイライラしてたように見えました。
IMG_2506.jpg
 お互いに相手選手を宥めるヤザーさんとカジさん。 ベテランらしくしっかり対応してくれてます。


 岡山はそれほどラフなプレーをする印象ではなかったのですが、この試合は荒っぽかったです。
 結果が出ない事にいらだっているのかは判りませんが、ジャッジにその一因があるのは間違いないかと。

IMG_2548.jpg
 J初出場の橋村。 「ピッチに入ったら歳は関係ない」を地で行ってました。将来楽しみです。


IMG_2526.jpg
IMG_2553.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】プレミアムな金曜日  ホーム柏戦(○2-1)

IMG_2322.jpg
 来週のACLの関係で、ガンバ以外のACL組は金曜ホーム開催となりました。
 マスコミの結果の扱いは見事に16年シーズンの順位通りってのは。
 金曜開催も等々力の様に都心に近いスタジアムならまだ「金曜くらい早く帰って」と言うレベルで集客できますが、平日に鹿島国まで出国しなきゃならないアウェーサポは大変…うちとの対戦も金曜日じゃないか…orz
IMG_2376.jpg

・スタメン

 前節から大塚が外れて左SHにノボリ、CBに奈良が入りました。
 奈良は試運転だった東方SC戦で早々に退場になったのでどうかな?と思いましたが、そつなくタニとのコンビでやれてました。
 CKでの失点は連続でやられた中でマークがずれたんじゃないかと思いますが、流れの中でやられた訳でないので、問題はないかと思います。

 前半は良い形ができていました。
 阿部がいい感じで溶け込んでましたので、ボールがきれいに回って柏を振り回す事が出来てました。
 フィニッシュに課題かなと思いますが、決定機を作り出した数は鳥栖戦より多かったんじゃないかと。
 やはり中四日取れたのが大きいでしょう。
 連戦になるとリカバリーだけで終わってしまって、熟成が図れませんから。

・ケンゴの最前線

 積極的に前にいくかたちが徹底してましたが、それを引っ張ってたのがFWの位置にいるケンゴ。
 こんなに走るケンゴも珍しいです。
 後半、中央突破で柏の中山のファールを誘って退場に追い込んだのは、それまで裏に走り続けて柏の最終ラインに手を焼かせてたのが大きいでしょう。
IMG_2332.jpg
IMG_2337.jpg

・ユウのベスト配置は

 阿部がFWの位置に入って中央にいるので、ユウは右SH的な位置から裏に入ってゴールに向かう、彼の得意な形になれてたのは大きいです。
 だとすると、今回は阿部とケンゴが2トップ的に中央にいましたが、1トップの位置には誰が入ればいいのか?

・阿部の使い方

 過去の試合よりフィット感が増していました。
 今季は準備期間が短かった事もあって、チーム自体が作成途中な感じでしたので、新規加入選手も苦労したと思いますが、やはり実戦を重ねる事が大事なようです。
 この試合はSHと言うよりトップに近い位置でのプレーだったのですが、上下動を繰り返して柏の最終ラインとアンカーの大谷にプレッシャーを掛けられてました。
 サイドに置いてSBと連携させるより、この位置の方が今の川崎では自然にやれそうです。

・キレのいいノボリ

 ノボリは前で使った方が縦への突破が活きるので、車屋をSBに入れられるなら左はこのコンビの方が良いですね。
 ノボリがドリブルでボールを運んでいけるので、中央を開ける事ができてます。
 これでフィニッシュに絡む事が出来れば言う事は無いのですが。

・ハイネル

 だいぶフィットしてきた様に思えます。
 ただ、まだパサーの比率が高いですね。
 もっとドリブルで仕掛けて行っていいと思うのですが。
 最後のシュートはあまりにイージーでかえって力が入ってしまったのでしょうか。
 もっと軽く流し込むだけで良かったと思うのですが。

・気になるボランチ

 ネットは諸刃の剣の様になってきました。
 良いときはガンガンいけるんですが、むらっ気があるのか?気を抜いたようなプレーが出てくるところが増えてきたように思えます。
 縦につけてほしいところで、緩い横パスになってしまうのはどうなんだろうかと。
 カードはほんとに無駄でした。
 板倉に即交代となったのは、2枚目行きそうな雰囲気があったからでしょう。
 そんな相方を放っておけないのか、リョータが前に出て行くシーンが今季は少ないです。
 全体的に押し込んでいる時もそうですが、後ろから縦パス入れてそのまま上がっていかずにネットを前に出していく様な感じでした。
 二人でそういう役回りを調整しているんでしょうか。

IMG_2399.jpg
IMG_2402.jpg
今季ホームでの初水撒き

 鳥栖、柏と苦手にしているところとの連戦を1勝1分で終える事が出来たのは、今の出来では上出来ではないかと思います。
 次のACL広州戦にどんなスタメンで望むかですが、次週のタマシコに向けて良い準備ができれば。

IMG_2415.jpg
 名古屋の師匠とか、ニータンの様な芸を見せてくれましたが、何故かしぼんで…。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【川崎】ホーム開幕戦はまたもドロー発進 ホーム鳥栖戦(△1-1)

IMG_2084.jpg

 開幕の大宮戦を内容はともかくクリーンシートで終えての第2節。
 鳥栖もまだ2017年仕様のチームになりきっていない事も合って、お互いにレベルがいま一つながらも持ち味を出し合った試合になりました。
IMG_5389.jpg
場所は変わりましたが今年もありがとうございます。
IMG_5394.jpg
見慣れた弾幕も消えて
IMG_2086.jpg
 フロンティアーズが絡むと何故か戦績が
 この試合の前半は家長が欠場して新加入が阿部だけになった事、大塚がトップ下で「出して動いて受ける」をやってた事で、大宮戦より良い形でゲームを作れてました。
IMG_5383.jpg
 この試合はSHISHAMOとのコラボでフロンパークにもコーナーが。
IMG_2142.jpg
 そしてお約束のPK失敗。 あそこを狙うのは経験者って言うけれど。
IMG_2150.jpg
 いったいどこのお犬様感。 

 ただ、鳥栖が態勢を整えると大塚が消えてボールが回らなくなり、鳥栖のプレスとロングボールが機能し始めてました。
 序盤でユウが相手からボールをかっさらってゴールを決めてなかったら、かなり劣勢を強いられてた可能性があります。
IMG_2185.jpg

 ただ、今回は守備が機能していて豊田はほぼ封じていたので、鳥栖的にも攻めてはいてもと言った感じでしょうか。
 高橋の同点ゴールは、あれは打ったやつが偉いってレベルのゴラッソですし、その前のノボリの裏を取られた時点で潰せてればと言うところですが、ノボリの裏を取られるのは今の状況だと受容しなきゃならないリスクですし。

 チャンスを決めきれないのは、中盤で前線に飛び込んでくる選手が少なかった事でしょうか。
 前に出そうと思うけれど、その先に受け手がいないから出して動いて受けるが出来てない。
 バイタルあたりで行き詰まるので、そこでスピードダウンで無理に打って外れると言ったところは昨季の2nd終盤からの問題でしたが。

 この試合でハイネルのプレーをじっくり見ましたが、どちらかというとパサーの顔の方が多く出ていた様に思えます。
 川崎のプレースタイルに合わせているのかもしれませんが、彼に期待されるのはドリブラーとしての一面をもっと出す事だと思いますが、どうなんでしょう。
IMG_2293.jpg


 ホーム開幕戦は今季もドロー。
 元々スロースターターだし、負けたら勢いを削がれるので負けない事は大事ですが、たまには勝ってほしいものです。

IMG_2302.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】勝ち点1獲得 アウェー讃岐戦(△2-2)

 この試合はDAZNの見逃し配信で観戦。
 開幕戦のトラブル対策か?負荷を下げるのに、ビットレートを下げているような感じの画質でした。
 見ている時間もありますが、特にイラつく事も無く見れました。
 ライブ配信はどうだったかは判りませんが、出来る手は打ってきた様です。

 この試合、見ていて感じたのはやはりフィニッシュの精度でしょうか。
 讃岐より決定機は作っていますし、惜しい場面もあっただけに。
 今すぐにどうなると言うものではありませんが、主導権を握って攻め続ける事で決定機をどんどん増やしていくしか無いかと。
 そんな中で戸島の存在感が増しているように見えました。
 中島のゴールも的確にGKとDFの間を通したラストパスからですし、気持ちの入ったプレーを続けてましたから、近いうちにゴールと言う結果を出してくれるものと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村

【川崎】初陣 Bチーム ACL GL-2 東方SC戦(△1-1)

 この試合は日テレG+で視聴。
 流石に高い金を取るだけあって、DAZNより画質はよろしかったです。
 ただ、高い金取るんだったら、実況・解説にコスト掛けろと言いたい所です。
 それが無理なら「スタジアム音声のみ」モードをつけてほしい。

 試合の方は、車屋以外全取っ替えのスタメン、ケンゴやタニは帯同すらさせていない鬼木さんの割りきりっ振りに驚いたというか感心したというか。
 まだシーズン序盤なのでメンバー変更は最小限に留めて、早期熟成を図るんじゃないかと思っていました。
 試合感の怪しいBチームでも東方なら勝ち点3は取れる計算した上で、Bチームに実戦させて底上げを図ろうって意図だったと思います。

 そんな計算をぶっ壊したのが序盤の奈良の退場。
 あれがレッドか?と言う声もありますが、あの場面は相手の9番に内側に入れ替わられて前に出られた時点で勝負ありでした。
 PA内で倒しただけなら、PKはあってもイエローでは?とも言われてましたが、昨季ソンリョンが得点機会阻止でPK取られた時とは状況が違っていて、お互いにボールを競っての接触では無く、ボールは9番の方が近くてさらに主審の位置からは奈良が左手で抑えて倒れ込んでいるように見えるプレーでした。
 だから、あそこではファールになればPK+レッドカードがデフォで、ファールを取るか取らないかの問題です。
 あれをファールにするかは、取らない主審もいるでしょうから微妙なところですが、奈良の判断ミスが生んだ失敗ではあります。
 あの状況になったら、出来る事は体を寄せてシュートミスする様にプレッシャー掛けて、後は新井のビッグセーブに掛けるか、失点してしまっても攻撃陣の奮起を期待する位です。
 もっとももっとセーフティに行くなら、ボールを競る前の段階でゴールライン割ってCKになってもいいから、ライン外に蹴りだしてしまうのが一番だったでしょう。
 試合感が鈍っていなければ、そんな判断は出来ていたんじゃないかと思いますが、どうでしょうか。

 試合自体は後半のハイネルの背後への技ありラストパスを、後ろから走り込んだ板倉が押し込んで同点に。
 あそこで突っ込んでこれるのは、人が少なくても押し込んでいられたからですが、板倉の判断の良さでしょうか。
 まさに「そこにコウ」

 この試合はサブメンバーの経験値アップがメインだった訳ですが、アピールに成功したのは板倉とハイネル位でしょうか。
 三好はちょっと消えてましたし、勝ちに行くのに、出来れば使わずに済ませたかったタサとユウを投入した時点で車屋以外の他のメンバーのアピールは半ば失敗だったかなと思います。

 サブメンバーにチャンスが巡ってくるとしたら、次節のアウェー広州戦の結果如何かなと思います。
 ここで負けたら、鬼木さんはACLは育成のためと割り切りそうですので。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

【町田】開幕はほろ苦く  ホーム千葉戦(●0-1)

IMG_5350.jpg
 全く良くない試合と言う訳ではありませんでしたが、千葉の勢いに押される場面が多かった試合でした。
 特に前半はラインを目茶苦茶高く上げてハイプレスを掛け続ける千葉に対して、ずるずる下がる事はなかったものの、かなり手を焼きました。
 ボールを奪って前に出した時にことごとくオフサイドに引っかかったのは、千葉が高いラインをしっかりコントロールした事もありますが、あまりにおいしい空きスペースが広がっていたからか?安易に裏抜けしていこうとした感じでした。
 前線で溜めを作れる孝司の不在で、中島にマークが集中した事もあるかもしれません。
IMG_5355.jpg
おなじみYASSカレー。お店は3/26開店とのこと。

 失点シーンは千葉の町田のスピードにやられました。
 ボールを失った所から一気に持っていかれましたが、こちらもラインを上げている分最終ラインはしんどかったと思います。

 前半から飛ばし続けた千葉がへばってきた後半はかなりチャンスを作る事が出来ましたが、決めきる事が出来ませんでした。
 昨季二桁ゴールを決めた3人のうち、2人が長期離脱になっているのは苦しい所です。
 逆に言えば戸島にはスタメン定着のチャンスで、昨季と比べてかなり良かったと思います。
 1点取ったら変わりますね。

 新戦力の藤井がスタメン、吉濱が交代で入りましたが、どちらも良いところは見せてくれたと思います。
 藤井は深津とのコンビで熟成してくれば、最終ラインは安定が増すでしょうし、吉濱のキック精度はCKやFKキッカーとしてバリエーションが増えます。
 ただ、ゴールゲットする選手がいないのが痛いです。
 孝司と中村が揃って長期離脱ってのは想定外だったので仕方がないですが。

 千葉は監督が変わってやるサッカーががらりと変わりましたが、流石にいろんな監督のいろんなサッカーをやってきただけあって、それなりに適応するのも早かったようですが、相当な運動量と素早い判断を求められるだけに、夏場まで持つかなって気がします。


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR