【川崎】Reset アウェー清水戦(○0-3)

DSC_2429.jpg

 ミッドウィークのACL 2ndLegの敗戦から中二日の厳しい日程でのアウェー清水戦。
 しかも来週ミッドウィークには等々力で天皇杯を戦う相手でもあり、大会が異なるとは言え2連戦をどう戦うかも考えながら対戦する必要がありました。

 この試合は浦和戦から阿部とネットを外して、森谷と長谷川を入れた以外は変わりませんでした。
 ケンゴと車屋は前半でピッチを後にしているとは言え、他は60分も浦和からタコ殴りの攻撃を耐え続けているだけにどうなるかと思いましたが、自分たちでボールを握り倒して動き続ける事ができました。

 スタメンになった森谷と長谷川はフレッシュな事を認識して誰よりも走る事を見せてくれました。
 森谷はボランチでは難しいと思っていましたが、この清水戦の様に押し込んで行ける相手だと問題は無かったです。
 受けて出して動くを忠実に的確にやり続けてました。
 後半アディショナルのカウンターで持ち上がった際にシュートまで行ってほしかった所ですが、時間を使って且つゴールの可能性の高いプレーを選択したのであれば、理に適ってます。
 以前なら最後の最後までゴールを狙うのが川崎でしたが、今は確実に勝つ事と無駄な失点をしないで試合をクローズさせる事が優先されている様です。

 長谷川も車屋とのコンビで左サイドの制圧に重要な役割を果たしていました。
 スプリント回数の多さは前線に出たボールを追いかけていたことを示しますし、ゴール前に飛び込んで行くシーンも多かったです。
 ドリブルでの突破も清水には十分効いていましたし、相手のサイド攻撃を押さえ込む事にも成功してました。
 
 今節の結果で、鹿島との差は詰まらなかったものの、3位~5位が足踏みした事で2位争いで頭一つ抜ける事になりました。
 ルヴァンと天皇杯があるので、完全にリーグ戦に集中出来るわけではありませんが、今季の順位で得られる賞金に大きな差が出るので、鹿島を追っかけつつ下位の取りこぼしをしない様、より高い順位でフィニッシュする事がリーグ戦では求められます。
 残り試合で柏・セレッソ・ガンバ・浦和を残していますが、今回の様な試合が出来れば結果は付いてくるでしょう。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【川崎】何故ベストを尽くさないのか ACL準々決勝2ndLeg 浦和戦(●1-4)

 今回の記事のタイトルは、好きな作家が昔書いた短編のタイトルを使わせてもらいました。
 中立な立場の人がこの試合を見たら、恐らく川崎の戦い方にこう思えたはずです。

 この試合のポイントの大きなものは前半の車屋の一発退場でしたが、このプレーを誘発したのはその直前の興梠の同点ゴールですし、興梠のゴールがあの時間に決まらなくても、点を取るしかない浦和が川崎のゴールをこじ開けるのに、それほど時間は使わなかったでしょう。
 そう思えるくらい川崎側のプレーは緩慢さが見えました。
 浦和の圧力はかなり強かったですが、2点差をひっくり返す気でプレーしているのだから当たり前で、その圧力に普段通りのプレーが出来てませんでした。
 ホーム鞠戦から中三日での試合ですが、浦和も柏とホームでやっているので条件は変わりません。
 カップ戦ノックアウトステージならではのプレッシャーにしても。

 この試合でケンゴを車屋退場でフォーメーションの見直しをするのに、早々にケンゴを下げた事を問題視されてますが、鬼木さんのコメントから見ると悪手では無かったと言えます。
 あのハプニングを落ち着かせる事とすぐに守り一辺倒にはならない意思表示で、一枚目のカードはエドゥではなくベンチで一番のベテランであるタサを投入していますし、右足首に問題を抱えていたリョータを下げる時にエドゥを、前線からのプレスが掛からなくなったユウに変えて森本と、打つべき手は売ってます。
 ケンゴとリョータを下げる事で負うべきリスクは想定していたでしょうし、この試合ではそのリスクが出てしまった形です。
 ただ、このプランで気になったのは、浦和が見てどうかと言う点をどこまで見ていたかです。
 戦うと言う事は己の意志を相手に強要すると言う意味で、戦術とはぶっちゃけて言えば相手に対する嫌がらせの手段です。
 浦和の選手のコメントから見ても、ケンゴを下げたのは彼らに対する嫌がらせの度合いが下がってしまった事を意味しています。
 ケンゴとリョータがいなくとも、縦にボールを入れて押し返す事が出来ていれば、1点の余裕が活きてきた筈ですが、残念ながらそこまでする事は出来なかったのが、この準々決勝の敗因でしょう。

 これでACLが終わり、日程的には大分楽になってきました。
 4冠取れるほどの戦力があるわけでなく、捨てるものを絞って行く必要がある訳でしたが、後味の悪い終わり方をしたこの試合を活かしてくれれば、この負けは無駄にはならないと思います。

IMG_6293.jpg



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

川崎ダービー



 昨日は富士通スタジアム川崎でフロンティアーズ-シルバースターズの「川崎ダービー」を観戦。
 今季初観戦となりました。 

 試合は序盤の拮抗した展開から、フロンティアーズが突き放していく形で推移してフロンティアーズの勝利。

 ただ、ミスや連携の悪さが目立って内容は今ひとつ。
 選手達も試合後のスピーチで言っていたので、リーグ戦が進む毎に熟成されてくるでしょう。
 まだシーズンは始まったばかりですから。



 この日のユニフォームは全身黒。
 赤より威圧感がありますね。

【川崎】ライトニング・ボルト ホーム横浜戦(○3-0)

IMG_5967.jpg

 このところ記事を全く書けてませんでしたが、ボチボチと復帰していきます。

 ルヴァン準々決勝でF東をボコボコにした余勢を駆っての神奈川ダービー。
 鞠との試合って、ダービーだ!と乗っていくより、リーグ戦で1、2を争う「めんどくさい試合」で、勝っても負けても色々とあるのが。

 この試合は矛盾決戦とか言われてましたが、見事に矛が盾を切り裂いた試合となりました。
 盾と言っても、無垢の鋼の一枚鈑でが立ちふさがっている訳でなく、継ぎ目や隙間は今の川崎から見れば十分にありました。
 流石に神戸やF東ほど緩くはありませんでしたけれど。
 前回はリョータ不在家長フィットせずな状況でしてやられましたが、今回は頼りになる二人が揃っている状況で、阿部やユウも好調とあの時とは違います。
 まさに研ぎ澄ました矛となっていました。
 特にリョータの無双っぷりは、いったい何があった?と聞きたくなるくらい、攻守に渡って冴えてました。
 特に守備に回ったときのボール奪取は、パスコースを読んだだけで出来るのかと。
 その分相手からはかなり削られ、試合後のヒロインもそこそこにロッカールームに引き上げてしまったのは気になります。
 問題にならなければ良いのですが。
IMG_6083.jpg

 得点シーンは鞠のパスをカットしたところからのカウンターですし、ゴールにはなりませんでしたが阿部の枠内シュートも同じ様な形でした。
 それ以外でもパスのカットが出来てたので、攻撃の目を摘む事が出来ていました。
 スカウティングで鞠のパスのパターンを掴んで、選手に落とし込んでたのでしょうか。

 その他になんと言うか、勝負にこだわるレベルが一段上がった様な感じがします。
 完全に試合が決まってしまった後の、ルヴァン準々決勝2ndLegで最後にヨシトに一発ぶち込まれた事を問題視する選手がが多かったと言われてましたが、この試合も3点取って今までなら更に攻め続けてた所を、試合をどう終わらせるかにこだわってた様に思えます。
 麻生に来たボルトから「王者の金言」を貰った事も効いているのかもしれません。

 最後にやられる隙が無くなってきたとしtら、残る問題はやはり過密日程ですかね。
 ACLにルヴァンに天皇杯と、気の抜けない試合が続きますから。

IMG_6105.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR