J-22選抜の問題点

 スカパー!でJ3の試合開催日の夜に放映される「J3リーグハイライト」では、J3クラブに焦点を当てたピックアップコーナーを放送しています。
 今回はJ-22選抜を取り上げていますが、J-22選抜の存在意義ってなんだろうか?と思える内容でした。

 通常だとクラブの主要選手へインタビューとなりますが、J-22選抜は選手が居ないのでスタッフとなります。
 流石にツトさんは監督という立場なのでそれ程厳しい事はコメントしていませんが、U-22の秋葉コーチの激しい言葉には考えさせられました。
 今のレベルの選手ではテグさんに推薦できないと言うのは、この前の町田戦を見て同感です。
 持っているものは確かに良いものがあります。
 但し、メンタル面でJ3の選手に遥かに及ばないものを感じました。
 大量リードを奪っても尚攻撃の手をゆるめないのは何故か、なんで自分たちは負けるのか、そんな所を考えられないのは、置かれた立場が判っていないのではないかと思います。
 協会側は木村浩吉さんが担当されていますが、J-22選抜を作るのにどれだけの大人達がどんな思いで働いたか、当の選手たちが判っていないと苦言を呈しています。

 番組MCの井本さんも取材に行った先のJ3クラブで、選手たちがクラブ存続の為に練習以外にもあらゆる活動をやって、それでもサッカーが出来る事を感謝しているのを見ているが故にJ-22選抜にやってくる選手に対して厳しいコメントをされています。

 私自身J-22選抜の存在意義は認めていますし、実戦経験を積ませてもらえる環境があるのはクラブの負担はあるにしろ良い事と思っていましたが、実際に試合を見てJ-22の内情を見ると、自分の応援するクラブが選手派遣しても得るものがあるんだろうか?悪い影響を受けて帰って来るんじゃないだろうかと心配になります。
 
 U-22に招集されるレベルの選手はこんな事は無いですが、彼らを脅かさないとならないところに居る選手たちが招集されたJ-22選抜で成長して結果を出せてないのは自身の心の問題が一番大きい様に思えます。

cIMG_5981.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR