【川崎】勝ちきると言う事  アウェー名古屋戦(〇0-1)

 現地参戦のサポさん、お疲れ様でした。
 スカパー!の画面からも声援は聴こえてました。
 負傷したケンゴ不在をどうするか、今後もありうる状況ですのでそれに対するモデルケースとなるべき試合でした。
 結果はほぼ及第点と言うところではないでしょうか。
 もっと攻められたし点も取れた展開だったので、そこは課題になるかなと思います。

・スタメンとフォーメーション

 GKは新井が2試合連続。
 前節のアレがあっても風間さんの信頼感は揺るがなかった様です。
 前節有休の車屋が戻り、船山は前節から引き続き3トップの右に。
 ケンゴの代役は森谷がボランチに入りました。
 今日の控えGKは安藤。 この辺のGK序列がよく判らない所ですが横一線なのかもしれません。
 今回のスタメンではヨシトがキャプテンマークを巻いてます。

 フォーメーションは3-4-3。 名古屋とかみ合う布陣となりました。
 と言っても、何時もの様に流動的に動くので、ヨシト・船山は結構後ろまで下がってきましたし。

・広島戦との違い

 このところ堅守速攻に来る名古屋ですが、前半はほぼ川崎がやりたい事をやれてた時間帯が多かったです。
 ボールを獲ったら無理に繋がずに前線にロングボールを入れるのを混ぜる事でハイプレスを掛けに来る名古屋を上手くいなせてました。
 しかも逆サイドに出すので名古屋も収めきれず、高さのある名古屋守備陣に引っかかる事が無く攻撃に繋げる事が出来ました。
 練習でやってた変わった事って、これだったとしたら練習で徹底する前に実戦でアイデアでやれよと思いますが、プレスを掛けに来る相手を剥がすには効果的でした。
 高さが無くてもレナトが収めればそこから展開できますから。

・森谷のボランチ

 サイドから中に入る動きが秀逸な分、始めから中にいるといまいち良いところを見せられないのですが、今日は組んだリョータといい関係が作れてました。
 ちょっと近いかな?と感じた時も有りましたが守備にも走るので、サイド攻撃が好きな名古屋ですが中央突破されるところは無かったですね。
 船山とは前後で挟む様な形ですが、上手く回ってました。
 活動範囲が広く走れる二人が入っているとかなりの部分をケアしてくれるので、安心感があります。

・エウシーニョvs永井

 何故かWBに入っていてエウシーニョとまともにぶつかる事になった永井。
 なんと言いますか、どっちも上がった後の裏は知らん的なスリリングなやり合いでした。
 流石にあそこだと永井の怪速も決定的な差にならず、更に何処に突っ込んでいくか判らないエウシーニョを捕まえるのに手を焼いてた感じです。
 裏抜けされると厄介ですが、そこを結果として封じてくれたのが地味に効いてました。

・川又の潰し方

 別にうちが潰したわけではないですが、本来中央に置いて嫌らしさが出る川又を持ち味の出ないサイドに追いやってくれて、ノヴァコヴィッチと言う障害物を置いてくれた西野監督に感謝です。
 後半修正してくるかと思いましたが、あまり手を加えてこなかったですね。
 ひょっとして、これは西野監督なりの「修行」だったのでしょうか。

・リョータの負傷?

 この試合のリョータはかなり積極的にゲームを作りに行ってた様に見えました。
 ヨシトや船山も降りてきて中盤を作る様にしていましたが、前線近くまで出て行った攻撃参加もあり、上手く回っていたと思います。
 名古屋が中央をあまりケアしなかった様に見えましたが、あの位積極性を持てると安心してみていられます。
 負傷か違和感かは判りませんが、終了後に普通にゴール裏に歩いていたので、大した事が無いのかなと思いたいですが、ここでリョータを欠くのは厳しいですね。
 リョータの後はタニを一段前に上げましたが、ちょうど名古屋がプレッシャーを強めてきた事も合って、押し返す推進力が失われてしまった感じです。
 守備的にタニが悪いと言う事ではなく、一端押し込まれた状況を押し返すのに縦パスを前線に通してカウンターに入るのが上手く行かなかったところがあるので、もうちょっと上手く回したかったですね。

・健勇

 船山に代わって入りましたが、最初は前線に起点を作って相手最終ラインを押し下げるのに使うのかと思いましたが、押し込まれていた中、主に右サイドでの守備に奮戦してくれました。
 セットプレーでも高さのある名古屋の守備陣が上がってきた中で競ってくれましたし。
 代表合宿に呼ばれてテンションも高かったと思いますが、数少ない反撃時にもしっかり走ってくれていました。
 森谷からのラストパスは足元に入り過ぎてしまって、ボテボテなシュートになりましたが、向こうは右サイドに走り込んできた健勇のケアに注意が行っていた様だったので、森谷があのまま撃つべきだったと思います。
 あそこで追加点が入っていれば名古屋を折れたんですが。

・クリーンシート

 前節、厳しいデビュー戦になった新井ですが、この試合は頑張ってくれました。
 ヤバいシーンでしっかりセーブしたり良い判断で飛び出してクリアしたりと、デビュー2試合目としては良い出来だったと思います。
 後半は厳しい時間帯になりましたがクリーンシートに貢献してくれました。
 やはり実戦を経ると自信と言うか、安心感が出てきた感があります。
 次のガンバ戦はどうなるかは判りませんが、GK争いが良い意味で激化してくれる要因になりますね。

・ケンゴレスの影響

 この試合に関しては名古屋も川崎の出方を見ていた感じもありましたが、ヨシトや船山が降りてきたりエウシーニョが中に絞ってきたりしてた事もあってか、中盤でキツく来るシーンも無く、何時もより早く縦に入れていく様な形が出来ていました。
 サイドで仕掛けたい名古屋の思惑も前半は良く外せてました。
 この1試合だけではなんともいえませんが、居ないときは居ないなりの試合をやると割り切りが出来ているかなと。
 出来れば森谷はボランチでなくサイドで使った方が持ち味が活きるので、リョータの相方には真希なり橋本が入る様にして欲しいですね。
 タニのボランチも守備ラインの安定を考えると捨てがたいオプションですし、CBの数が足りてきたら角田のアンカーも見てみたいですね。

 連休の連戦は3連敗で止まり、勝ち点3を持って帰れました。
 試合の流れを見るとまだ2~3点は取れたと思いますが、今は勝って帰ってくる事を喜びたいですね。
 3点取らなくても勝てるところが見せられましたし。

 次はアウェーでガンバ。
 健太体制になってソツの無い厭味なチームになりましたが、このカードはおバカな試合になる割合が高いので、こっちのサッカーに付き合わせる様にしたいですね。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR