【代表】自滅戦 W杯2次予選 ホームシンガポール戦(△0-0)

 生で見れなかったので、空き時間に録画をチマチマと見てましたが、確かにこれはキツい。
 とても一気見したいとは思えない内容で、こんなの生で、ましてや現場やスポーツバーで見てたとしたらかなりしんどい帰り道だったんじゃないかと思います。
 直前のイラク戦がやりたい放題だっただけに、イラクよりランキングの低いシンガポールなら楽勝って思われてましたし、何とかするだけの物は持っている筈でしたから。

 イラク戦で見せた「縦に速いサッカー」をして、川崎を腐してたフロサポらしい方のブログを見ましたが、イラクは動かない動けないのにラインは下げないんですから、パスなんか入れ放題受け放題だったんですが。
 腐すネタが出来たと喜んで飛びついたんでしょうが、残念でした。

 引いた相手を崩すにあたって、ハリルさんもそれなりに対策はしてた様ですが、試合になったら見事に選手の頭の中から吹っ飛んでた様です。
 なんであんなに正面攻撃に固執するのか。
 本田さんもかがーさんもゴール前に陣取ってそこから攻める、しかもザキオカさんは元からそこにいる。
 そら渋滞する筈。
 ちょっと退いて考えれば、風間さんが言う様にペナルティボックスの3方から攻めて振り回す位は思いつくだけの経験と実力はある筈なのに。

 後半サイドから攻めろと言われれば、サイドからクロスは入れるものの、相変わらずゴール前は渋滞。 
 高さが使える相手なのに地上戦しか考えてないのか、高さの攻めは殆ど見えず。
 試合後に監督が選手をかばったらしいですが、監督がかばう必要はありません。
 やれて言われて練習でもやって、それでも出来ないのは選手が悪い。
 監督の言う事に従順なのか、自分で考える事を止めたのか。
 なでしこのエクアドル戦も似たような感じになりましたが、サイドに展開してDFを広げてと崩す工夫はしてました。
 なんで同じ事が男の方はやらないのか。
 ハリルさんだって代表監督をやるくらいの人ですから、選手が上手くやれば追認しますって。多分。

 そりゃ両SBに信頼を置けないのは見てれば判りますが、サイドをもっと抉ってライン一杯まで持ち込んで、車屋のようにドリブルでエリア内に侵入してくるような動きをサイドがやってやれば嫌でも中央は開きますよ。

 同じ様な調子で同じ様に攻めてと単調になれば、守る方は楽です。
 中盤で落ち着かせる役割をやれる選手がいれば、結果は変わってたでしょう。
 遠藤の不在が悪い方に出ましたね。
 長谷部はベテランの割にその手の仕事をするには、本田さんに物言えない感がありますし、柴崎も鹿島ではやりたい放題でも代表ではまだまだです。
 攻め急ぐところにブレーキを踏んでメリハリをつけられるゲームメーカーがいれば、

 一言で言えばこの試合シンガポールの作戦勝ちです。
 恐らく彼らは自分たちのホームでも同じ戦い方をしてくるでしょう。
 2次予選と言う長い戦いの中で冷徹に捨てる試合と勝ちに行く試合を選別し、日本戦は捨てても他の勝てそうなところで勝ちに行って勝ち点3を稼ぐ、弱者の戦い方をするべく準備しての来日だったはずです。
 勝てなくても負けずに勝ち点持って帰れれば、彼らにとっては成功です。

 2次予選はしばらく先になりますので、その間に対策を。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR