【町田】オーブンの中の決戦   アウェー相模原戦(〇0-1)

cIMG_8095.jpg
 この時期に13時キックオフとまさにオーブンの中であぶられているような状況の試合となりました。
 気温はともかくとして、日差しの有る無しは大きく変わってきます。
cIMG_8079.jpg
バクダンメンチと相模原地ビール。相模原のスタグルメはレベルが高い。
cIMG_8069.jpg
東海大のマーチングバンドの生演奏が。 夏休みの子供向けのレパートリーでしたがいい演奏でした。cIMG_8082.jpg
チビッコサッカーの担当は勇介。怪我の回復状況が気になりますが、チビッコ達ににこやかに対応してました。

 町田も相模原もエースを欠く中での試合でしたが、今出れる選手たちが暑さの中熱く肉弾戦の様な試合を展開していました。
 開始早々から町田がロングボールを当ててから激しく前に出て主導権を握る事に成功して押していきましたが、相模原も最後で踏ん張ってゴールを割らせない展開に。
 この時間帯に先制していたら、また違った試合展開だったかもしれません。
 最後に守りきられるのはフィニッシュに繫がるプレーで確実性を重視してたからじゃないかと思います。
 より確度の高い攻撃を選択するのにちょっと考えているうちに選択肢が無くなってくる。
 シュート精度の問題はありますが、早い段階でシュートを撃ってみるのも手かなと。
 後半の

 後半、相模原もより積極的に出る様になって逆に押し込まれるシーンもありましたが、守備を崩されて決定機を作られた数は少なく、守備の安定感は失われていませんでした。
 フィニッシュこそもたついてはいましたが、良い位置でセットプレイが出来るくらい相模原を追い込めたのが先制点に繫がりました。
 混戦の中、ボールが良い具合にゴール正面に入ってきたのを、フリーになっていた増田が頭で押し込んでくれました。

 先制点を取った後、相模原が前がかりになってきたところで裏を取ってカウンターを仕掛ける事が何度かありましたが、そこで追加点が取れていれば試合はかなり楽になりますし、終盤に向けてギリギリで勝ちきって行くのはストレスが溜まるので、追加点を取って楽に試合をクローズできると精神的に楽になるのですが。
cIMG_8103.jpg
cIMG_8111.jpg
前半に出た「給水」と後半の「飲水」はどういう使い分けなんでしょうか?
cIMG_8112.jpg
「武相決戦」は5549人の動員でした。

 今節、上位陣の直接対決は相模原-町田戦のみで、直接対決で相模原と差を付ける事に成功しました。
 その他上位陣では長野は勝って3点差は変わらず。
 山口は鳥取の意地に勝利を逃し、10点差に縮める事が出来ました。
 残り14試合、勝ち続ける事でプレッシャーを掛ければ手の届かない相手ではありません。
cIMG_8114.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR