【J-22】多国籍軍 Y.S.C.Cも撃破 (Y.S.C.C ●0-3)

cIMG_8119.jpg

 麻溝の相模原戦は15時終了だったので、ニッパツ18時KOのY.S.C.C-J-22戦をハシゴ。
 麻溝のネックの相模大野駅までのバスも神奈中さんが臨時便を出してくれた事も合って、予想より早く相模大野駅に着いたものの、オーブンであぶられてて火照ってたのをクールダウンするのに時間を使ったら、スタジアム到着はKO寸前に。
 同じ神奈川県内でもちょっと交通機関的に厳しい様です。

 J-22を見に来たのは三好が呼ばれたから。
 U-18に呼ばれているのでスタメン90分のプレーは無いと思っていましたが、どこかでツトさんは使ってくれるだろうと。
cIMG_8144.jpg
J-22側の弾幕。三好のが群を抜いて目立ちます。

 後半投入されましたが、あまりボールに絡むところは無かったとはいえ、触ったときの速い動きと積極的なシュートは充分楽しめました。
 シュートは惜しかったです。
 早く川崎でも普通にプレーが見れるようになれば。

cIMG_8141.jpg

 試合は序盤にセットプレーでJ-22が先制したのが全てでしょうか。
 それでY.S.C.C側はビハインドを負ってのプレーとなり、J-22は積極性が増した様になりました。
 主導権は完全にJ-22でした。
 それでもJ-22は決定機を決められず追加点を取れなかった事もあり、1点リードで後半へ。

 後半は戦術の整理をしてきたY.S.C.C側が押し込んできたこともあって、J-22もボールを持てなくなり、Y.S.C.Cの時間が続きましたが、フィニッシュ精度の低さで救われました。
 フィニッシュ精度がもう少し良ければ、こんな順位に沈んでるチームじゃないと思うのですが。

 前がかりになってきたところの裏を上手く抜いたりサイドチェンジですらしたりして、後半2点を加点したJ-22が危なげなく試合をクローズして勝利。
 毎回招集される選手が変わるので直接の比較は出来ませんが、第一クールの時より「戦う事」が判ってる選手が呼ばれている様に思えます。
 戦術もそれなりに浸透してきた様で、個人の力での局地戦頼みからチームとしても戦える体裁が整ってきた様に思えます。

 J-22、終盤戦に向けての意外な存在になる可能性は高いです。

cIMG_8153.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR