【日本代表】良くなってる様には見える 2次予選ホームカンボジア戦(〇3-0) 

 生中継は見れませんでしたが、録画を見た限りではシンガポール戦よりまともな戦術で動けてる様に見えました。
 シンガポール戦は力任せに正面攻撃に終始してましたからね。

 この試合を見てるとサイドから上げるクロスをいろいろ工夫したり、最終ラインからの攻撃参加したり、少しは考えたプレーが出来てた様です。
 ただエリア内に相変わらず人が多過ぎ。
 最初からいると邪魔なだけなので、ここぞと言うところで侵入するようにすればと思うのですが。
 長友がゴール前にいるってのもなぁと。
 本田さんの先制は技ありな感じでしたね。
 クロス入れる振りしてエリア外からミドル。 それまでクロス入れながら、あそこの位置ならカンボジアは取りに来ない事が判ってて撃ち込んでましたね。
 無回転であれだけまっすぐ飛ぶってのは相当な威力があった筈なので、経験値の少ないGKが弾ききれないのも無理はないです。

 変わった後半は意表をついたマヤヤのミドルとゴール前の混戦からかがーさんが押し込んで2点。
 どっちも崩しきってのゴールではないので評価されてない評論家もいる様ですが、チャンスを捉えてのシュートが決まっているので、それ程問題でも無いでしょう。
 後半、かがーさんが左サイドに張った事で左からの崩しが仕掛けられてましたから、そこから点が取れてればこの試合の評価はまた違ったものになったでしょう。

 カンボジアにしてみれば、3失点で済んだのは成果だったと思います。
 日本相手に勝ち点が取れないなら、2次予選を通じての得失点差で不利にならない程度の失点で抑える事が優先されている様な試合展開でした。
 早々にゴール前を固め、ブロックの外でボールを回されても食い付いてポジションを捨てず、無理にボールを奪ってFKを与えるファールも避けてと、専守防衛に徹してました。
 そんな相手のゴールをこじ開けるのはかなりしんどいゲームになるのは判ってますしね。

 ただ、いくらゴール前を固めてると言っても、選手間のスペースは人が走り抜ける位開いてますし、ボールホルダーに寄せてくる分ファーサイドは手薄になるので、そこを突ける様なら、もっとやれるはずです。
 1試合やって、実戦で連携ややり方は確かめられたので、来週のアフガニスタン戦はそれなりに期待していいんじゃないでしょうか。
 目茶苦茶点を取っての爆勝って訳にはいかないでしょうが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR