【町田】代表撃破で追撃再開 ホームJ-22戦(〇1-0)

 前評判で虐殺モードにされた今回のJ-22選抜。
 ふたを開けてみれば…。
cIMG_0110.jpg
後援会招待で入場の手続きに並ぶ他サポの皆さん。 予想通り川崎・鞠・F東の近地サポがベスト3でした。

cIMG_0116.jpg
他サポにはこんな方も来場されてました。 J3ライセンス交付おめでとうございます。

 中二日でしんどい対戦相手になる筈でしたが、J-22は何時ものJ-22じゃなかった。
 出場機会を求めて招集された訳でなく、代表の強化の一環で呼ばれた選手なので、勝負事より調整と監督へのアピールの比重が大きかった様ですね。
 町田のサッカーを分析したテグさんの指示は「守備から入ってロングボールを放り込め」だったようです。
 それだからボランチに入ったリョータにボールは入る訳がないのも当たり前。
 対する町田は相馬さんのコメント通り、ラインを下げてコンパクトにした陣形でスペースを消してからカウンターに。
 高さの無い浅野や中島が町田の最終ライン相手にボールを競って取れず、守備から入った筈の植田を中心にした守備陣は町田の攻撃陣に裏抜けされてと、ほぼ町田のゲームに。
cIMG_0185.jpg
スタメンだったものの、良いところの無かったリョータ。 監督が悪い

 後半、J-22は時間制限のあるJ1スタメンクラスが抜けた後、いる選手で3バックにしてきましたが、最初町田側が様子を窺ってる時間帯こそ主導権を握りましたが、やる事を見切った町田が即取り返し、急造3バックらしいSH裏のスペースを使って攻撃が活性化してました。
 町田のサイドはスペースが空けば右も左も積極的に仕掛けてくるのに、そこまでのスカウティングしてなかったのか?テグさんは。

 町田からしたら、高い位置を取ったリョータに縦にボールを入れられ、スピードのある浅野に裏抜けを繰り返され中島にドリブルで前に進まれるのが、一番嫌だったと思いますが、そう言った仕掛けは皆無でした。
cIMG_0286.jpg
 戸島のゴールシーン。 入ると思った瞬間にシャッターボタン離して飛び上がったので、ゴールに吸い込まれた画像は無し。残念。

 リザルトこそ1-0でシュート数も7対7でしたが、試合内容は町田の優勢勝ちだったと思います。
 野津田行きをすっぽかして国技館に行ったどっかの代表監督は、画像データから8点は取られてたと分析したそうですが、現地で見ててもあと2~3点は取れてた試合でした。
cIMG_0334.jpg
試合後町田ゴール裏に挨拶に来たJ-22の選手たち。 この日聴いた代表チャントで一番だったのは、この時町田ゴール裏から贈った「バモスニッポン」だったと思う

 難敵と思われたJ-22を撃破し、山口がまさかの敗戦で再び勝ち点差は6。
 長野は休みでこちらも勝ち点差は6に広がりました。
 残り試合数はちょっと減りましたが、再び追撃する権利をもぎ取りました。
 まずは明日のアウェー藤枝戦を勝って山口にプレッシャーを。
cIMG_0353.jpg
勝利のラインダンス

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだ、優勝の芽アリ

いつも楽しく読ませてもらってます。
レノファに負けて中二日、かなり心配してましたが、痛感な勝利でしたネ。同日のレノファ負け、パルセイロ試合ナシなんて、サッカーの神様の粋な計らい。そして、たくさんの他サポさんにゼルビアのサッカーを見せる良い機会でした。ホクホク(^_^)
まだまだ自動昇格の可能性アリ!来月は野津田行けないので、応援よろしくお願いします。
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR