皇后杯準決勝を観戦してきました

cIMG_1956.jpg
cIMG_2007.jpg

 等々力で開催された皇后杯準決勝を観戦してきました。
 2試合通しのチケットでしたが、再入場は不可と言うのはちょっとサービスが悪いなと。
 試合の合間に買い物に行きたいじゃないですか。 丁度昼時にあたるんだし。

   11時KOの第一試合がベガルタ仙台レディース-INAC神戸レオネッサ。
   14時KOの第二試合が日テレベレーザ-アルビレックス新潟レディース。

 どちらのカードも面白い対戦になる予想ができましたが、何故か?第一試合が終わったらお帰りになる方々が多数。
 澤さん目当てですかね。
 もっとも結構寒かったので2試合連続で見るのはかなり苦行ですが。

・ベガルタ仙台レディース-INAC神戸レオネッサ

 仙台は前半序盤のINACを押し込んでた時にゴールを奪えなかったのが全てでした。
 INACの方が技術的には上でしたが、仙台は運動量を上げてプレスをかける事で対抗していました。
 それだけに早い時間帯に先制点が欲しかったところです。
 INACのGK海堀に弾き出されたシュートが決まっていたら、展開は大きく変わっていたと思います。
 INACが仙台のプレスをいなすようになってからはINACのゲームとなりました。
cIMG_2006.jpg

・日テレベレーザ-アルビレックス新潟レディース

 ベレーザのパスサッカーと新潟の縦に速いサッカーの激突となりましたが、お互いに決め手を欠く試合となりました。
 ベレーザは細かいパスを回して新潟の守備陣形を崩しに掛かってましたが、「出して動く」はやれても「動いて受ける」がイマイチはっきりしなかったので、パスを読まれてカットされる場面が多かったです。
 新潟も最後で踏ん張って守備ラインを割らせませんでしたし。
 新潟はパスの精度がいま一つだったのが残念。
 ロングパスの精度と言うか、誰に出しているのか受け手は感じてないのにだしてるのか?と言ったパスが見られました。
 そこでベレーザにボールを回収されるので、攻撃が続かない。

 延長に入ったところでPKまで行くなと思ったら、案の定…。
 ベレーザは一人目二人目が続けて失敗した事で追い詰められた様です。
 新潟も二人目三人目が失敗した為に並ぶ事はできたのですが、流れを完全に新潟に持って行かれました。
 五人目の坂口に掛かったプレッシャーは半端無かったと思います。
 W杯優勝メンバーであり様々な経験をしていても、普段ならきっちり決められる筈のシュートコースが甘くキャッチされてしまう。
 PK戦の怖さを見せられました。
 ACLのセパハン戦でタニのミスキックで敗退した時の事を思い出しました。
cIMG_2084.jpg
cIMG_2086.jpg

 皇后杯決勝はINAC神戸レオネッサ-アルビレックス新潟レディースの対戦となりました。
 どちらが勝っても女王に相応しいチームが、27日の等々力でどんな戦いを見せてくれるでしょうか。




 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR