【町田】あと少しもう少し  アウェー横浜戦(●1-0)

IMG_4625.jpg
IMG_4631.jpg

 近距離アウェーでも、ここニッパツ三ッ沢球技場は楽しみなスタジアムです。
 この小規模でありながら見やすさをきちんと考えた構造のスタジアムがあるから、日立台のいい加減さが目につきます。

 この試合、町田と横浜FCとどちらも勝機はあり、試合の主体は町田のだったと思います。
 勝負を分けたのはほんの少しのプレーの精度だったように思えます。
 横浜は決して良い状態とは思えませんでしたし、押し込まれた中で何とかゴールを死守した感がありました。
IMG_6380.jpg
IMG_6448.jpg

 町田側は今までの「町田対策」への対応か、守備時はあまりボールサイドに寄らずにサイドを替えられても、大きく動いて陣形にズレが出にくくなってましたし、攻撃時は今まで通りにコンパクトに絞ってボールを回して行ける距離感を保とうと見えました。

 ただ、普段の野津田のバックスタンドと違って高さのあるニッパツのゴール裏から見ていると、パスの出し入れに気になったところが。
 パスの精度が気になるとは以前にも書いていましたが、出し手もそうですが受け手がどこでどう受けるのかがはっきり見えないところが結構ありました。
 受け手が相手のマークを外した所で出そうとしても、そこでの動きだしが見えないと思う様に出せないので精度が落ちる感じでしょうか。
IMG_6413.jpg

 川崎の様な微小なレベルまで拘るところ程でないにしろ、受け手が最適なタイミングでフリーになってくれればパスは通ります。
 受け手は外したつもりでも、出し手からするとマークが剥がれてないと見てるのか、思い切った縦パスは入れられません。
 もう少しの部分がやれている時間帯は縦パスが綺麗に入って攻勢にに出れてます。
IMG_6442.jpg

 そして以前からの課題ですが、フィニッシュ精度ももう少し上がっていればと思いますが、今誰に点を取らせるのかが、いま一つ明確になっているのだろうかと。
 孝司と中島の2トップはフィニッシャーとしてだけでなく、中盤やサイドからの攻撃の組み立ても担っており、DFにボールを奪われるとファーストディフェンダーにとかなり負担が掛かっています。
 2列目の二人やボランチ、SBの攻撃参加で人数が増えて攻撃の組み立てをやれれば、ゴール前の仕事の精度が上がる様に思えます。
IMG_6441.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
IMG_4648.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR