【町田】一瞬の隙で分ける   アウェー徳島戦(△1-1)

 現地参戦されたサポさんお疲れ様でした。
 日曜の京都戦まで残られる方もいらっしゃると思いますが、良い旅を。

 夏場の三連戦の第二戦は中三日で、キックオフ時で30度越えと厳しい状況での試合となりました。
 相馬さんも孝司の離脱と土岐田の有休もあって、メンバーを入れ替えてきました
 平均年齢が高く故障経験のある選手もいる町田としては、上手く選手を入れ替えながら使わないと厳しいところがあります。
 ヨンアピンとヤザーさん、森村をベンチ、孝司と土岐田の代わりは、中村を一列上げ、2列目は崇文と重松。
 最終ラインは三鬼と畠中を入れて、ハンジェの相方は井上と、各ポジションで入替がありましたが、上手く回ってたと思います。
 センターラインの中島とハンジェ、GK高原は変わらない事と、どの選手もそれなりに出場実績があるので、やる事の共通認識にずれが無い上でフレッシュな顔ぶれが、ロングボールで攻めてくる徳島相手に上手く機能していました。

 徳島も顔ぶれが変わってきましたが、ちょっと序盤の入りは悪かったように思えます。
 町田の先制もそんな時間帯でしたが、崇文の技ありクロスでほぼ決まった様なゴールでした。
 中村のヘッドは当たり損ねたか、コースがずれてましたが、場所とタイミングはドンピシャで触れれば1点な絶妙なコースに飛んできたおかげでゴールが決まりました。
 0.5点は崇文のゴールですね。

 ただ、失点はいただけませんでした。
 ゴールラインギリギリまで転がってきたボールを、最後まで追いかけて折り返した徳島)広瀬が、切れると見切って追うスピードを緩めた重松と松本の隙を突いたと。
 サイドチェンジ気味のクロスが流れた事もあって、ゴール前のフォローに誰も居なかったのでフリーで渡にゴールされましたが、二人がボールを最後までフォローしていれば、折り返しはありませんでした。
 ここをきっちり対応できていれば、勝ち点3を持って帰れる可能性は高かったです。
 厳しい状況での連戦になっていますが、それだけに集中を切らさずに90分を戦わないと、勝ち点は増えてこないでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR