【川崎】セレッソと言うと「アウェーの洗礼」

 週末は最終節アウェーセレッソ戦です。

 あちらは何やら怪我人が出ている様で、クルピ監督はギブスさせてでも出すと強行出場を示唆していますが、発言を額面通りに取って良いのか迷う所です。
 もっとも負けると降格の可能性があるだけに、冗談で言っているとも思えませんが。
 誰が出てこようが、川崎だって最大6位まで上がる可能性があるのでここで負ける訳には行きません。

 セレッソと言えば、金スタのオープニングゲームの相手が川崎でした。
 当時は大阪市内に住んでおり一番行きやすいアウェーでしたので、どんなスタジアムか興味がありまして、たまたま点けていたテレビの夕方のニュースで改装後のお披露目をしていたので見ていました。
 セレッソのアンバサダーを努めていたモリシ氏が出演して、スタジアムを紹介していたのですが、事あるごとに「アウェーの洗礼です」と仰る。

 アウェー側のゴールがホームのゴール裏より観客席が遠いのは「アウェーの洗礼です」
 ホーム側ゴール裏がコンクリートなのにアウェーゴール裏が盛り土に芝生なのは「アウェーの洗礼です」

 と言った具合。
 多分、ニュースでも大阪ローカル扱いの時間で、いわば「身内向け」な内容で且つガンバサポへの「煽り」な意味があったのかもしれませんが、そこに客として行く立場としては聞いていて気持ちのいいものではありません。

 「アウェーの洗礼」って言葉は、アウェーのサポがホームの待遇より酷い事を指して「しょうがないなぁ」と思いながら言うものであって、ホームの主催者側が嬉々として言う言葉ではありません。
 本来なら、アウェーの客とは主催者の設定した料金を言い値で買って入場する単価の高い客です。
 どうしてもホームと比べて劣る所が出てしまうのは仕方がありませんが、それをあからさまに差別してますと言うのは違うだろうと思います。

 そしてモリシ氏大自慢の金スタでのゲームでしたが、あちこちで選手が動く毎に芝が大きく捲れてまともにプレイが出来ない様な状況。
 あぁこれもアウェーの洗礼だったのかと、妙な納得をしてしまいました。
 いや、ホームの選手も区別無く芝を捲って滑ってましたから、ピッチの中は平等だった様です。

 さて、まだ勝利の無い金スタから、場所を長居に変わってのアウェーセレッソ戦。
 場所が変わった事でどういう結果が待っている事か?


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR