【町田】ハットトリックで劇的勝利 アウェー福岡戦(○1-3)

 こんな滅多に見れない試合を生観戦したサポさん、お疲れさまでした。

 やっぱりATに色々あった等々力から帰還して、DAZNに繋いで見ていましたが、強い雨で悪化していくピッチコンディションに双方苦労してたように見えました。
 水たまりでボールが止まるって事はなかったですが、予想よりかなりボールが滑っていく感じでしょうか。

 昨季J1にいた盟主。
 1年での復帰を目指している中で町田からはしっかり勝ち点3を取りに来てました。
 山瀬・サネ・リキがスタメンと、川崎サポ的にはおぉ~って感じでした。
 ただ、福岡の攻撃もそれほど怖いところが無く、PA内に入り込んでシュートってシーンはほとんど作らせてませんでした。
 ラインを高く保つ町田の最終ラインを押し下げきれずに、エリア外から放り込む感じでした。
 町田側も状況はそれほど変わりませんでしたが、もうちょっとフィニッシュの精度が高ければ。

 前半は攻めきれない福岡と福岡の攻撃を凌ぎきった町田の展開で、後半の指示とベンチワークが鍵になっていましたが、福岡の井原さんが上手く切ったジウシーニョ投入のカードにしてやられました。
 エリア内での枠内シュートって後半はあれが最初だったと思いますが、チャンスを逃さないジウシーニョに高原が弾いたこぼれ球を上手く押し込まれました。

 そして時間を置かずに増田の退場。
 カードを早い時間帯に貰っていたのに、軽率だったと思います。
 イライラしてたウェリントンはリードした事で、すっかり落ち着いてしまっていましたから、もう少し慎重にあたるべきでしたけれど、これが井原さんの迷いを生んだかなと。

 相馬さんにしてみれば、1点ビハインドでCB退場だからといって、そこをそのままに攻撃カードを切りに来るタイプではないので、ヤザーさんを削って金投入で最終ラインを再整備し、その上で吉濱と平戸投入。
 中島が1トップの位置に入りましたが、これがあたりました。
 1トップで下がってくる事が減って、攻撃に比重を置ける環境になったのが効いてました。

 ウェリントンが下がって坂田になった時点で試合を終わらせにきた福岡が狙ったのは、守備を固めてボールを奪ったらライン裏に坂田を走らせてカウンターだったと思いますが、町田が上げるラインにつきあって全体に下がってしまったのは、計算外だったと想います。
 縦に速くを徹底する町田としては、コンパクトに全体を押し上げられたのは幸いでした。

 ゴールシーンはすべてゴラッソでした。
 あの時間帯からのハットトリックってのは記録だそうですが、守りに入った福岡が同点喰らった時点で浮足立った所を上手く畳みかける事ができましたが、吉濱のキック精度の高さが遺憾なく発揮されたと思います。
 1点目はもちろんですが、2点目のニアからのすらしヘッドもあのスピードがあるからリキも対応できずにゴールになりましたし、3点目のサイドで奪ったボールを最前線の中島の前にピタリとキープしやすい回転を掛けて落としてと、技ありでした。
 パワープレーでリキが前線にあがってて戻れなかった事もありますが、あれほど見事にフットサルのパワープレー返しばりのカウンターが決まるシーンって滅多にみれません。
 やらかしエンタメ系GKのリキとは言え、あそこで上がるのはこういったリスクを取る事になるので、ベンチの指示無しではやらんでしょう。
 そういった意味ではこの3失点はGKノーチャンスの不運な失点でしたので、一方的にたたかれるのも可哀相な気がします。

 劇的に勝っての2勝目。
 次の横浜にも勝って勢いに乗ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR