【川崎】ハイネルの存在感  ACL GL-4 広州戦(△0-0)

IMG_2949.jpg

 ACLグループステージも後半戦。
 平日開催なので、例によって仕事終わりに等々力にKO前に駆け込み。
 しかし、天気予報はにわか雨だったのに、なんで暴風雨になるんだか。
 かなり試合に影響を与える事となりましたが、ホームの利を活かして勝ちたかったところです。

 KO時にエリアが逆だったのは、強風を味方につけたいと言った所でしょうか。
 風上にいた側が優位に進められた試合だったので、良い読みだったと思いますが、
果たして川崎と広州のどちらが選択したのか?
IMG_2959.jpg
ケンゴ不在の前半のキッカーはネットが。 良いキックをしてました。 ケンゴがいる時もお願いした所ですが、あの高さを活かした方がいいのかもしれません。

 前半、川崎が風下になったので押し込まれましたが、アウェー広州戦の時のような目茶苦茶やられまくる感じではありませんでした。
 気温も予想外に下がった事で、温暖な広州との差が出たのかもしれませんが、明らかに広州の動きは鈍くなってました。

 前半ノーチャンスだったわけでも無いのですが、強風で前線にボールが納まらず森本もかなり苦労しているようでした。
 その分守備で頑張ってくれましたが、やはりトップに入るなら相手との競り合いで納めるだけでなく、味方にセカンドボールを拾わせる部分を見せてほしかったなと思います。

 予想外と言えば、板倉の出来もかなり怖かったです。
 昨季の天皇杯浦和戦の様に、相手に強くプレスを掛けてこない所ならまだしも、しっかりプレスを掛けに来る相手だと後手に回ったり判断が拙かったりと、良い所を見せられませんでした。
 ネットとの関係もいま一つしっくり来てませんでしたので、前半だけでケンゴとの交代は予定通りだったのでしょうが、適切な処置でした。

 後半、風上に立ってからケンゴが入ってゲームコントロールと、ノボリが左サイドを突破していく様になって、川崎が主導権を握れるようになりました。
 広州の足が止まり始めた様に見えましたが、90分通して戦えないのが今季の広州らしいので、恐らくこの試合も前半の攻勢でネタ切れになったのかもしれません。

 ケンゴとリョータのいない川崎がどう戦うのか?を見せたのが、この試合の前半だと思います。
 ボールを繋ぐ事に執着せずにポンポンと前に蹴っていく、縦に速いサッカーがベースにあったように思えます。
 どちらかと言うと町田のようなサッカーに近いなと。
 流石にあそこまで前に出す事に執着してませんでしたが。

 そんなサッカーにアクセントをつけたのがハイネルのドリブル突破でしょう。
 中央でどんどんドリブルで突破していくのを見ると、チーム事情でリーグ戦ではサイドをやって貰ってますが、中で使うのが適正なんだなと判ります。
 ただ、ハイネルが仕掛けているときに前の選手が呼応しないシーンが多くて、そこでノッキングしてしまうのは、どうしたものかと。
 サイドに一旦預けてのワンツーとか、ユウや長谷川がタイミングを合わせての裏抜けとかが無いと、ゴールは遠いように思えます。
IMG_2967.jpg

 ACLのグループステージで4連続ドロー。
 広州とホーム&アウェーでアウェーゴールを取ったドローは価値がありますが、それだけに香港を落としたのが効いてきました。
 次節のアウェー水原戦を勝てないと終戦ですが、そこまでに上手く回らない攻撃を建て直せるか。
IMG_3017.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR