【川崎】電光石火のカウンター  アウェー鹿島戦(○0-3)

 昨季のCS、元旦の天皇杯決勝と、肝心なところで敗北した相手、鹿島との対戦はACLの関係で金曜夜となりました。
 車以外での参戦は事実上不可能な時間のKOだけに、参戦したサポさんも少なかったのは残念でした。
 ま、地元比率の低いあちらも集客は今二つと言った感じでしたが。
 そのかわり、川崎HUBは多数のお客さんで賑わった様です。
 他に試合が無かったせいか、DAZNのライブも快調だった様ですので、自宅観戦のサポさんもいらつきは無かったのでは?

 この試合、鹿島の様子がちょっとおかしかったです。
 植田とレオ・シルバを欠いて金崎もベンチ。
 それだけならまだ判るのですが、全体的に動きが重く球際もいま一つ。
 この日の主審の東城さんが、まるでどこのプレミアだよ?と接触プレーでは全くと言っても良いほど笛を吹かない事もあって、ファールで止める事も出来ず。
 逆に対人に強みのある武岡はガツガツと行けてたのとは対照的でした。
 それでもしっかりサイドから攻める形は出来てましたので、序盤の鈴木のヘッドが決まってたら試合展開はかなり変わったものになった筈です。
 実際、かなり攻め込まれてシュートも打たれましたが、しぶとく対応した上にソンリョンのビッグセーブのクリーンシート。
 主力を欠いてもこれだけのサッカーをやってくるんですから、鹿島は侮れません。

 先制点はソンリョンのビッグセーブから、車屋を経由して長谷川がシュート。
 あれを弾くクォンも流石ですが、走り込んでた阿部がシッカリ決めてくれました。
 こんな高速カウンターを見るのは、久々じゃないかと思います。
 川崎と言えば高速カウンターって時代もありましたが、自分たちで主導権を握るサッカーやってるとカウンターの比率は下がりますけれど、武器として持っている事を示せれば相手はその幻影を意識してくれる。

 交代でノボリが長谷川に代わって入りましたが、プレーがかなり変わりましたね。
 今まではライン一杯を上がって相手につかれて苦しくなった所で精度の低いクロスを上げる感じだったのが、積極的に中に切れ込むようにPA内に侵入して来る。
 長谷川の様な動きをしている感じでした。
 3点目は車屋からのボールを阿部が中で潰れて、ファーからフリーになったノボリが流し込む様に丁寧に打ち込んで決めました。
 記録では3年ぶりのゴールとなりましたが、途中2年は怪我で棒に振ってただけに、このゴールで勢いを付けてくれればと思います。

 同じACLのノックアウトステージを戦う鹿島相手に完勝。
 いい勝ち方をしてタイに向かう事ができる、弾みがつく勝利でした。





にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR