【町田】対極の争いを制す アウェー岐阜戦(○0-2)

 大木監督に変わってパスサッカーにチャレンジしている岐阜との対戦。
 意外にもJクラブで1試合あたりパス数がトップなのだそうです。
 2位が川崎、3位が浦和だそうですから、いかにパスを回しまくっているかが判ります。
 流石にパス成功率は若干川崎の方が上だそうですが。

 対して町田。 パス数は最下位なんだそうです。
 確かにパスでスピードを落とす事より、前からプレッシングで奪ったボールをどんどん前に出して、前線が納めてゴールを狙うスピード最優先なサッカーで、パス数が増える訳がないです。

 そんな対極的なサッカーがぶつかったらどうなるか。
 こんなに町田がボールを持てなかった試合は初めてかもしれません。
 プレスを掛けに行ってもパスで逃げられ、それを追いかけた先でまた交わされと、かなり走らされました。
 試合後の選手の表情を見てもかなりきつかった様に思えました。

 ただ、しっかり走ってプレスを掛け続けた事で、岐阜のパスワークに狂いを生じさせてた様に思えます。
 前半の得点シーンは、数少ないボールを奪ったチャンスを活かして戸高と平戸が決めてくれました。
 後半、コーヤ投入で岐阜がボールを高い位置でキープする機会が増えると流石にチャンスは減りましたが、粘り強く対応出来てました。
 意図しないルーズボールが出た時に、その差が出てたように思えます。
 町田は素早くボールに寄せてマイボールに持っていこうと行動を起こしますが、岐阜は呆気に取られてるというか、ボールウォッチャーになって貴重なコンマ何秒を失ってました。
 平戸のゴールはまさにそんな感じで、岐阜ゴールエリア前で空いたスペースにポロリと出たボールに素早く寄せて奪った町田がサイドに展開し、平戸が相手を交わして出来たコースにシュートを打って、J初ゴールを決めてくれました。

 大木監督のパスサッカー戦術は甲府時代より洗練されていたように見えましたが、まだ選手がものに出来てないようです。
 狭いエリアに密集する事でショートパスの成功率を上げてますが、川崎の様に「フリーの定義」が広い訳でないので、受け手がマークを剥がせる位置にいる様に見えているのに出し手が出さないで完全フリーな選手に出す形だったので、コンパクトなフォーメーションでボールにプレスを掛ける町田にはいま一つはまらなかったのでは?と思えます。

 これで4連勝。
 暑い夏に入ってから成績が上がってきたのは、昨季の問題をクリアする手段が出来てきたと見ていいかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR