【川崎】ライトニング・ボルト ホーム横浜戦(○3-0)

IMG_5967.jpg

 このところ記事を全く書けてませんでしたが、ボチボチと復帰していきます。

 ルヴァン準々決勝でF東をボコボコにした余勢を駆っての神奈川ダービー。
 鞠との試合って、ダービーだ!と乗っていくより、リーグ戦で1、2を争う「めんどくさい試合」で、勝っても負けても色々とあるのが。

 この試合は矛盾決戦とか言われてましたが、見事に矛が盾を切り裂いた試合となりました。
 盾と言っても、無垢の鋼の一枚鈑でが立ちふさがっている訳でなく、継ぎ目や隙間は今の川崎から見れば十分にありました。
 流石に神戸やF東ほど緩くはありませんでしたけれど。
 前回はリョータ不在家長フィットせずな状況でしてやられましたが、今回は頼りになる二人が揃っている状況で、阿部やユウも好調とあの時とは違います。
 まさに研ぎ澄ました矛となっていました。
 特にリョータの無双っぷりは、いったい何があった?と聞きたくなるくらい、攻守に渡って冴えてました。
 特に守備に回ったときのボール奪取は、パスコースを読んだだけで出来るのかと。
 その分相手からはかなり削られ、試合後のヒロインもそこそこにロッカールームに引き上げてしまったのは気になります。
 問題にならなければ良いのですが。
IMG_6083.jpg

 得点シーンは鞠のパスをカットしたところからのカウンターですし、ゴールにはなりませんでしたが阿部の枠内シュートも同じ様な形でした。
 それ以外でもパスのカットが出来てたので、攻撃の目を摘む事が出来ていました。
 スカウティングで鞠のパスのパターンを掴んで、選手に落とし込んでたのでしょうか。

 その他になんと言うか、勝負にこだわるレベルが一段上がった様な感じがします。
 完全に試合が決まってしまった後の、ルヴァン準々決勝2ndLegで最後にヨシトに一発ぶち込まれた事を問題視する選手がが多かったと言われてましたが、この試合も3点取って今までなら更に攻め続けてた所を、試合をどう終わらせるかにこだわってた様に思えます。
 麻生に来たボルトから「王者の金言」を貰った事も効いているのかもしれません。

 最後にやられる隙が無くなってきたとしtら、残る問題はやはり過密日程ですかね。
 ACLにルヴァンに天皇杯と、気の抜けない試合が続きますから。

IMG_6105.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR