イベントとしての多摩川クラシコ

 本日のエルゴラは多摩川クラシコが1面に来ていました。
 今節注目のダービーなので扱いが大きくなります。
 ポポビッチ・風間両監督と長谷川・山瀬両選手のロングインタビューは読み応えがあり、的を絞った編集部の勝ちですね。
 もっとも「監督は駄目」とか「監督の言っている事が理解できない」を思う方は読まない方がいいと思います。
 これを読んでも理解できないのは読解力に欠陥を抱えている事が判ってしまうか、下手に理解したらご自分の薄っぺらな監督批判の論拠が吹っ飛んで辛い思いをされると思います。

 普段のダービー記事だと両チームの顔になる中心選手や監督の写真で飾るものですが、今回のタマシコは両チームのマスコットと言うところに他のダービーとの違いが見れるようです。
 スカパー!の中継でもそうですが、他のダービー同様に負けられない真剣勝負なのは言うまでもありませんが、タマシコはそれにプラスしてお祭りの様な華やかさがあるように思えます。
 両クラブの醸し出す雰囲気がそうさせるのか?その辺は良く判りませんが、川崎のやる気にF東がツンデレなお付き合いと言う感じに見えますが、良好な競争関係を持つ間柄って良いものです。
 タマシコは川崎の仕掛けるイベントとしては、試合を中心に据えたどちらかといえば少数派のイベントですね。
 普段の笑える企画があるから、こう言うイベントも映える訳で最初こそ「なんでクラシコ?」と言われてたのが定着できたのだと思います。

 イベントに対して去年あたりから「成績が悪いのにそんな事やってる場合か」とtwitterやブログなんかでお小言を言う方も居る様ですが、それは違うのではないでしょうか。
 天野部長のトークショーか記事で「試合に勝て無い時もあるからそうなった時でもお客さんに来て貰えるように」と言われていましたが、100%好調を維持して勝ち続ける事が保障できない以上間違っていません。
 ちょっと負けが込んだからからと、一々イベントを中止した時の影響を止めろと言う人はどこまで考えているのでしょうか?
 業者への発注や依頼しているものもあるでしょうし、最近はどこかとコラボしているイベント企画が多いので、コラボ相手にも迷惑が掛かります。
 川崎の場合、コラボ相手にお金を払う事は無いそうなので、等々力に出張って来て貰うのは自腹な訳ですから、スケジュールや予算を掛けた所に中止と言われて「はいそうですか」と言えるでしょうか?

 何故コラボ相手が自腹でも一緒にやってくれるのか?
 川崎の情報発信力を認められているからではないですか?
 長年色々な所といい関係を築いた実績があるから一目置かれているいる訳で、お役所や公共機関に対して拙い対応をすれば、それが前例となって協力を貰えない事にもなります。
 「サッカーの興行なんだからサッカーだけ見せればいいんだ」と言われる意見もあるでしょうが、等々力に来るお客さんはサッカーだけ見せればいいお客さんだけしか来ない訳ではありません。
 子供連れのファミリー層をメインに取り込もうとしているのですから。
 イベントはイベントとして楽しみ、選手のウォームアップに合わせて気持ちを高めていって試合に向かうのがいいのではないかと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR