高校サッカー決勝 鵬翔-京都橘

 大雪で順延となっていた高校サッカー決勝を見てきました。
 当日チケットが無かったら諦めようと近くのコンビニに行って検索したら残りありだったので、発券してそのまま国立へ。

 先週と打って変わって好天で暖かく、12時KOだったこともありこの時期としては最高の観戦日和でした。
 ただ、バックスタンドは除雪に融雪剤を撒いた様で、確かに雪は溶けていましたが床は滑ってかなり危険な状態でした。 
 鵬翔側応援団の上の最上部ブロックに席を取りましたが、通路直前の階段が他と段差がずれている事もあってここで転ぶ人が多数。
 幸い怪我人はいませんでしたが、もう少しどうにかならなかったのかなと思います。

 試合は決勝に相応しい好試合でした。
 14日から中四日のインターバルで休養が取れた事もあるでしょうが、序盤からどちらも動きが良く自分たちのストロングポイントを発揮していたように思えます。
 意外と言っては失礼ですが、直に見て感じたのは京都橘の守備が良い事。
 得点王争いしている攻撃陣が注目されますが、守備陣もはじき返す強さではなく、しっかりタイミングよくボールを奪う粘りの様なものを感じました。
 PA内で躊躇わずにボールを奪いに行けるのは、かなりレベルが高いと思います。
 鵬翔のサイド突破に手を焼きながらもゴール前をしっかりケアしていたので、思ったほど危険なシーンは作らせなかった様に思えます。
 攻撃陣も2トップにボールが入った時の迫力は大したものです。
 失点の少ない守備の固い鵬翔だからこそ対応出来ていましたが、それでも流れの中から崩されての2失点させられてますし。

 京都橘が今回の敗北で悔やみきれないのは、流れで崩されての失点ではなかった事でしょうか。
 1点目はCKからのヘディング、2点目はPKですから。
 この試合の主審のジャッジは概ね公平で的確だったと思いますが、あのPKはちょっと厳しかったと思います。
 もっと寄ったアングルでリプレイが見れれば見方も変わるかもしれませんが。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR