欧州が春秋制移行を検討 どうするJFA?

 「世界クラブ会議」の席上でUEFAのプラティニ会長とバイエルンのルンメニゲ会長が22年カタールW杯後に春秋制移行について発言があったそうです。

 記事ではJリーグも欧州側の動きは察知していたそうですが、JFAはどうだったのでしょう?
 ヒロミちゃんがスカパー!で夏秋制移行について熱く語ったのは、わずか10日前の事。
 プラティニ会長レベルの人間が公式な会議で発言すると言うのは、単なる思いつきレベルじゃなくそれなりに検討されての事だと思われるだけに、UEFAの動きをJFAは押さえてなかった可能性が高いです。
 FIFAやAFCの動きもまともにウォッチしている様に思えませんし。
 業界全体のアンテナ感度が最低だったレスリング界並に情報をキャッチするアンテナ感度が低いか、情報は得ていたが分析・判断するインテリジェンスが欠けてるかのどちらかかもしれません。

 これでJFAの移行理由の「欧州に合わせる」が消えてしまった様に思われます。
 元々9月~11月に国際Aマッチを集中されたのは、欧州ビッグクラブからの圧力も理由の一つですから、欧州主要リーグが春秋制になれば、彼らは今度は4月~6月に国際Aマッチを集中させることでしょう。
 Jが夏春制になってたら、タイトル争いで盛り上がっている真っ最中に中断が入る事になりますので、それを理由には使えなくなります。

 今回の発言、守旧派(笑)が改革派の急所をぶち抜く飛び道具になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR