【町田】新しい道を往くという事 ホーム福島U戦

 今季の町田戦はスカパー!の放送が無く、参戦できない試合は確認できないので基本的に観戦したものについて記事にします。
 アウェーは行ける所は行こうと思っていますが、遠地アウェーは厳しい…。


 JFL開幕はホームに今季昇格してきた福島ユナイテッドを迎えての一戦でした。
 新監督と新しい選手たちがどんなサッカーを見せてくれるか、期待を持って新装なった野津田へ行きました。

 正直なところ、どんなサッカーをやりたいのか、それを実現するにはどうやって行くのかという事が見えてきませんでした。
 パスは正確に相手に入らず、受け手はきちんとボールを抑えられず、相手のプレスを受けると苦し紛れのパスを受け手の状況も考えずに出して、相手にカットされて逆襲を喰らう。
 福島の方が組織だった完成度の高いサッカーをやってきました。
 相手がボールを持っていれば前線からプレスを掛けてパスカットしにいき、積極的に相手の間に顔を出しパスを貰う。
 こんな状況なので、殆ど相手のヴァイタルに侵入できず、そこまでボールを運べるのは個人技で持っていくか、一か八かのロングフィードを前線の選手が競り勝った位。
 知らない人が前半だけ見たら、どちらがJFLに上がったばかりのチームか判断つかなかったでしょう。
 開始9分の失点は相手に深く抉られた所に引っ張られてマイナスのクロスを入れられ、手薄になったゴール正面に走り込まれて決められました。
 あっさり最終ラインを抜かれ、そちらに注意が向いて他の相手のチェックを怠ったのでは決めてくれと言っているようなものです。

 後半は町田が押し込み始めましたが、修正が効いたというより前半から飛ばしてた福島の運動量が落ちた方が大きかったと思います。
 動きが鈍くなっても陣形をコンパクトに保って選手間の距離を上手く取りながら、町田の攻撃を防いでいました。
 それでもサイドを岸田が攻略して何度かいいクロスを上げましたが、連携が悪いのか感じていないのか、ゴール前で反応して決める事はできませんでした。

 試合を通して見えた戦術は、最終ラインから前線にボールを送ってキープさせているうちに中盤やサイドが上がって厚みのある攻撃をといったところでしょうか?
 後ろから丁重にボールを前に繋いで行って、相手守備陣を崩していこうとした前季までのサッカーはそこにはありませんでした。
 どちらが良くてどちらが悪いというものではありませんが、そんな戦術をやるには精度が低すぎます。
 前季は中々入れられなかった縦パスを積極的に入れようとするのは良いのですが、受け手とのコース上に何人も相手がいる中で縦パスを通せる精度が無く殆ど通ればラッキーなパスでは、相手のカウンターの餌食にならないのが不思議です。
 遠藤やケンゴなら、ボール一個分のスペースがあればパスを出せる精度を持ってますが、そんなリスキーな選択は彼らはしません。
 だから、何かしら理由があってやらせているのだと思いますが、それが何なのかが見えてこないのです。

 今の戦術に色々と上乗せをしていった先に新しい町田のサッカーがあるのなら、それを見ていきたいと思います。
 昨季のサッカーをやれる状況でないのですから、今の道を進むしかありません。
 もう戻る道は無いのです。
 
cIMG_2721.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR