【町田】ロック開錠失敗 ホーム ホンダロック戦

 二戦連続のスコアレスドロー。
 危なげなシーンは殆ど有りませんでしたが、それだけに勿体無い結果でした。

 ホンダロックはどんなサッカーをしてくるのだろう?と思いながら試合観戦しましたが、一筋縄でいかないしたたかなサッカーだと思いました。
 きっちりアウェーで勝ち点を拾って帰っていきましたから、チームとして若さのある町田は上手くやられた感じです。

 個々の選手の技術は町田の方が上で、守備に食いついてきた相手を上手くいなしてボールキープやパスが出せていましたが、食いつかれた所で時間を稼がれかわした先には次の相手が待っている様な感じでした。
 テクニックの差がある分フィジカルを頼りにガツガツとぶつかってくる訳でも無く、雰囲気としてはねっとりとまとわりつかれている様な感じで、町田の選手はやりにくそうでした。
 一個一個の鍵は対した事が無くとも、それが複数ついているとドアを開けるのに時間が掛かる。
 そして開錠にしくじると罰ゲームは最終ライン裏へのロングボール。
 ホンダロックの前線はロングボールを収めてもキープして上がりを待つと言うより、さっさと仕掛けてしまう傾向がありましたので、町田はポゼッション率が上で押し込んでいるけれどシュート数はホンダロックの方が多い様な妙な感じになってました。
 堅守速攻で行くにしても、かなり極端な後ろ重心で押し込まれたら素直に下がって密度を上げる様な守備でしたので、守備を一枚一枚剥がしていくのは相当やっかいでした。
 狭いところでパスを回していく様な戦い方をしようにも、ぴったりと閉じられていると回す所がありませんでしたし。
 こう言った相手からゴールを決めるにはどうしたらいいか、まだ試行錯誤な所がある様です。
 ミドルを撃つにしてもコースは空いてない様でしたし。

 派手なラフプレイが有るわけではないですが、とにかくしつこくまとわりつく事に木島がキレたのは判る気がしますが、無駄なカード貰って退場と言うのは頂けません。
 気性の荒さは兄以上と聞いてましたが、大事なところでこれをやられたら怖くて使えません。
 不幸中の幸いだったのは、木島がいなくなっても町田の試合運びに殆ど影響がなかった事でしょうか。
 普通、数的不利になれば押し込まれる様になりますが、秋田監督が攻撃カードを次々と切った事もあり、押し込む圧力は落ちませんでしたし、ホンダロックは元々自陣に下がっているので、守備に回る事は多くありませんでした。
 
 優勢に試合を進めながら最後に決めきれない、もやもやとしたものを感じたサポさんがいて、挨拶に回ってきた秋田監督にヤジを飛ばして、やはりカッカときていた監督が応戦しようとするシーンがありましたが、今回の様にがっちり守って勝ち点を持って帰る様な、したたかに弱者のサッカーを出来るチームと、序盤の今の時期に対戦出来たのは新しく生まれ変わった町田に取ってはいい経験になったのではないかと思います。
 課題は見えたでしょうし、それが修正不可能なものでは無いでしょうから。

 ホンダロック側のゴール裏にあった「今のサッカーを愛せ」と言う弾幕。
 それは町田にも当てはまる様に思えました。
 監督が示すサッカーを目指して、道のりは遠いでしょうが信じて進んでいくことが大事ではないかと思います。

cIMG_2938.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR