【川崎】等々力不敗は継続 ホームセレッソ大阪戦

 前半の緩い2失点が痛かったですね。
cIMG_3436.jpg
二子玉川の駅構内に巣を作ったツバメ こんなところでも巣を作るんですね。
cIMG_3441.jpg
ドールさんと言えば…。
cIMG_3442.jpg
今回もやっぱり持たされてます。しかしこんなもんを良くスタジアム持ち込み可にしたもんです。
cIMG_3444.jpg
エンタの広場のふろん太 ちびっこたちの入場に立ち会うのでポンチョのままです。 

 ボールは回ってセレッソを崩した攻撃の形は出来てましたし、それこそ後はフィニッシュのみと言うところだっただけに。
 セレッソ側は結構シンプルにボールを入れて前線に競らせる形にきたのが意外でしたが、それほど脅威と言う訳でも無かったので、ボールを失ってからのカウンターがケアできていれば失点は無かったですね。
 なんであんなに軽くなったのか、ちょっと気になるところです。
 ジェシに対する依存度が高くなってしまっているのなら問題です。
cIMG_3446.jpg
U-10とエリートコースの子供たちの試合。コーチはヒデさんと周平さんが。
cIMG_3450.jpg
パエリアとローストチキンのお店。 なんかJ2のスタメシの雰囲気があります。
cIMG_3457.jpg
キックオフ前の円陣

・攻撃は機能したか?

 前半もセレッソの速さに手を焼きながらもボールは回して崩しに掛かってましたので、フィニッシュが決まっていれば優位に立てていた状況でした。
 清水戦でゴトビ監督のHTコメントにあった「1秒1m」が速い相手でも何とかできてたのですが、ラストの精度がイマイチだったように思えます。
 後半、セレッソの足が止まってからはほぼやりたい事はできていましたし、レナトの投入タイミングも良かったと思います。
 あの時間帯でレナトにドリブルで運ばれたら厳しいです。
 PKのシーンも完全に捕まえ損なってのアフターチャージですし。

・ノボリの復帰

 スタメンを見た時にノボリが復帰してたので大丈夫かなと思いましたが、ヒロキが怪我で離脱してたんですね。
 試合前に発表するようなものではないので、仕方がありませんが。
 ただ、ノボリがいない間にもチームは進化しているのでちょっと合わないところが目立ちました。
 前のリョータはレナトと違って攻撃時は中央に出て行くので、空いたスペースの使い方やフォローの仕方が上手く対応できてなかった様に思えます。
 リョータが前にいる場合はまず守備ありきの傾向になりますので、実戦を重ねて対応するしかないのですが。
 終盤フクと交代した時に足を引きずってたのが気になりますが、単に実戦から離れてたせいで足をつらせただけなら良いのですが、再発とかで無い事を祈ります。
 左サイドがヒロキがやってた時ほど安定しない事もあって、CBや裕介もそちらに引っ張られてたのかな?と思えました。
cIMG_3460.jpg
後半キックオフ前の円陣。 雨なのでちょっと霞んでます。

・リョータのフィニッシュ精度

 清水戦よりミドルは枠に行ってましたが、ここで決めればと言う場面で決まらないのはまだ力みがあるのでしょうか。
 1点取れば良くなる気がするのですが。
 彼からもミドルが撃たれれば相手は前線のマークも分散されるので、まずは決める事よりマークを分散させる手助けくらいの気持ちで撃ってみたらと思います。
 中央のスペースの使い方やパス出しは本当に良いだけに、あとは結果ですね。

・ケンゴのパス

 この試合では前線へ出すパスが気になりました。
 スペースに出すのか足元に出すのか、受け手との意識がずれているように思えます。
 ヨシトにしろヤジにしろ、今は足元よりスペースにサッと出した方が良い様な感じなのですが。
 特にビハインドを負うと意識のズレが大きくなる様に思えます。
 マークが厳しいのであれば、リョータや真希に預けて出させるのも有りかもしれません。

・CKに工夫は無いか?

 CKは13本もあったのに、全くといって良いほどゴールの匂いがしませんでした。
 ヤジが下がってからはターゲットがジェシだけだったとしても、もうちょっと工夫が欲しかったところです。
 ショートやセンターサークル前あたりでカウンターに備えてるリョータや真希に出して、そこからクロス上げさせるとかトリックプレーがあれば、成功しなくとも相手も対応に困る状況になったでしょうに。
 ピッチ上でちょっと試してみるのもありだと思いますし、ちょっと勿体なかったと思います。
 鞠戦で俊輔がやった様にダイレクトに狙うぞってプレッシャーも欲しかったところです。

・冷静さが光るヨシトのゴール

 PKは貰ったレナトが相当痛んでたので、ヨシトが担当するのは自然な流れです。
 ユウが割り込める位ずうずうしくなると頼もしいんですが。
 PKは技ありでしたね。
 蹴る直前にピタリと止まったフェイントで、相手GKを動かした後にコロコロと決めるところはベテランらしい技でした。
 2点目もユウが相手DFをブロックしてフリーになってたボールを冷静にゴール隅に流し込むところはポジショニングの妙がありました。
 前線でボールを貰えば容易に失わずに攻撃に繋げますし、熱いハートとクールな頭と言ったところでしょうか。

・負けなかった事が大事

 前半2失点した時点で妙な焦りが出るかと思いましたが、2失点してもなお落ち着いて自分たちのサッカーで戦えたところに、連勝した自信が伺えます。
 ひっくり返せなかったところは残念ですが、勝利を目指して攻めるサッカーがやれてたから等々力劇場になれたのでしょう。
 観客動員は雨もあって振るいませんでしたが、そんな事を吹っ飛ばす様な盛り上がりでした。
 本当に応援したい観客が集まった、そんな遠地アウェーの熱さが等々力にありました。

cIMG_3462.jpg
試合後、ゴール前の選手挨拶



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR