コンフェデ杯開幕 対ブラジル戦 時系列でブツブツと。

スタメンは本田の1トップ。 ケンゴはベンチスタート。

3分 ネイマールのミドルで失点。
   守備ではミスらしいミスは無く、撃った方が凄い。

5分 本田FK。GKがクリア。ワンバウンドでいい狙いだったのだけど。

日本は本田・岡崎2トップの442か?
守備の安定とカウンター狙いかな?
ただ、ラインが下がると厳しい。

フッキは本当に大人のプレーをするようになった。
でも行くときには強引に突破する迫力は変わらない。

ラインが上げられるとチャンスは作れる。
が、ブラジルは攻守の切り替えが早い。
日本も決して遅い訳では無いのだが、流動性を持って動かれると追いかけにくい。

バスがずれると確実にカットされる。
素早く判断しないとすぐ対応される。

ブラジル、サイドからアーリクロスを入れてくるケースが目立つ。
中に確実に2人以上入っている。
日本は1人。

フッキのシュートは相変わらず迫力がある。

41分 エイジナイスセーブ!

前半、ブラジルのギアは低いがお互いにテンポの良い試合展開であっという間に時間が過ぎる。

主審、流石は国際大会の開幕戦で笛を吹くだけあって、レフェリングが素晴らしい。
Jでこれくらいのレベルの主審がいれば、試合見るのが楽しくなりそうだ。

後半、選手交代は双方無し。
ザック!ケンゴ出せ!!

3分、パウリーニョに追加点を取られる。なんであそこでライン上げなかったのだろう?
人数は居たけれど。
エイジが手に当ててただけに止められなかったのは残念。

6分。清武out→前田in。
フォメが前田1トップ、トップ下本田、左SH香川になった様だ。
ひょっとすると前田・本田の2トップかもしれない。

入場者数は67,423人。 発表が早い。
開会のセレモニーとかあって早めに入場させてたのかもしれない。

10分、前田がミドル。 意外性があり面白い。枠に行ってるがGK正面で岡崎飛び込めず。

2点差になったせいか、ブラジルはギアを上げずに流しているイメージ。
観客もセレソンのプレーはシビアに見ているのか、かなり落ち着いて見ている感じ。

ヴァイタルで奪ってボールを本田が持ち上がるが、中盤は誰も追従せず。
いくら本田でも二人がかりでは取られるって。

全体的に間延びしてきたので、ブラジルにスペースを使われてしまっている。

ケンゴがアップを早めているらしい。
遠藤が空気になっているから、ここに入れるのか?
でもザックはケンゴをボランチとは見てないだろうけれど。

綺麗に見えた芝も後半も半ばになると、かなり剥げて荒れてきている。
芝の根付きが良くないのか? 等々力ではあり得ない。

25分。日本が良い位置でFK。本田のキックは壁に吸い込まれるが、混戦でこぼれ球を前田がシュート。
GKが良い反応してなければ決まってた。残念。

ネイマールが交代。故障があるらしいので温存だろうけれど、観客ブーイング。
立て続けにフッキも交代。ブーイングは…無い。

遠藤out→萌in。 消えてたからある意味当然。
どうせ前線にいいパス供給できてないんだし、守備でボールを奪う方が可能性ありか。
それにしてもケンゴ出せ!

長友からのバックパス、今野が受け損なってCKに。
ちゃんと感じろよ!

ブラジル残り10分で3枚目を切る。日本ならラフプレーで潰される可能性少ないと見られているのか?

ケンゴ・乾・ハーフナーがまだアップしている様だ。 残り1枚、誰を切る?
今の状況ではパワープレイに持ち込めないし、ドリブルで仕掛けるか?

38分。本田の左サイドからのクロスを中で対応できず。岡崎はオフサイドポジションか?
全体的に動きが悪い。ブラジルの攻勢への対応でガス欠?

42分。本田out→乾in。 ちょっと意外な交代だが怪我持ちだからって問題なら、ここまで引っ張るかな?
ケンゴの出番は無し。

乾がシュート。 元気があるんだから積極的に仕掛けろ。

アディショナルは3分。

日本、FK獲得もキッカーがいない。 乾がショートで蹴るが位置が良かっただけに勿体ない。
だからケンゴを入れろとブツブツ。

ブラジルに完全にカウンターで崩され3失点目。 前がかりだったとは言え…。

長友と香川がユニ交換。流石はセリアAとプレミアと言うところか。
誰と交換したんだろう?

ザック、次の試合に向いているらしい。 しかし拙い同時通訳だな。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR