【川崎】クリーンシートで完勝 ホームでは負けない ホーム浦和戦

 この夏場に中二日で上位陣総当たり4連戦と無茶なスケジュールの中の3戦目。
 前節の広島戦は結局見れませんでしたので、どこをどう対応してきたのかは判りませんが、ここ等々力では気持ちの見える試合でした。
 何時もなら多少は多摩川の川風が入る等々力でさえ蒸し風呂のようになったピッチで、90分走り続けた選手には敵味方を問わず頭が下がる思いです。

・ヨシトの100ゴール

 100ゴールおめでとうございます。
cCIMG0058.jpg

 記念すべき試合を完勝で飾れて本当に良かったです。
 負け試合で決めても喜びも半分となりかねませんし。
 PKはケンゴが取ってレナトから譲ってもらう形になりましたが、ここでPKが無くてもこの日のヨシトならどこかで決めてた様に思えます。
 ゴール数もこの時期に二桁に乗せ、100ゴールも決めて次は目標の15ゴール。
 終盤に行く前に決めてしまいそうです。
cCIMG0063.jpg

・スタメンとフォーメーション

 スタメンは久々にGKに西部が入りました
 リキが前節イマイチだったとも言われていますが、二人の定位置争いが適正に行われているのが出たスタメンだったと思います。
 フォーメーションはヨシトがトップの3-6-1に見えましたが、3-4-3と言うほどケンゴとレナトがサイドに張っていた訳でなかったので、3-4-2-1が妥当かも?
 このフォーメーションのポイントはSHの裕介とノボリの位置取りでしょうか。
 守備時は5バック、攻撃時は中に絞ったりサイド一杯に駆け上がったりと、かなり忙しいポジションになりますが、ノボリは90分良く頑張りました。
 裕介が負傷交代でサネが急遽右SHにスライドしましたが、上下動の多さに足を攣らせてしまったのは仕方がないでしょう。

・流れを作れた先制点

 試合開始早々からヨシトとレナトには複数のマークが付いて、ボールを持つと3人くらいで囲みに行ってましたが、更にケンゴまでケアしなくてはならないとなると、浦和をかなり振り回してました。
 鈴木が負傷離脱で柏木がボランチに入ってましたが、本来ここにいるべき選手ではないので、攻撃に向かせなかったのが大きいと思います。
 彼が前線近くまで上がってきた後半は結構シュートも撃たれましたし、やはり怖い選手です。

 そんな中、裏に出たボールを追って飛び出したヨシトを4人で囲んでましたが、左とレナトと右のケンゴが完全にフリーになってました。 ややレナトは近かったのでこちらに出すとすぐ対応されそうでしたが、ケンゴはまるで無視。
 一番近い梅崎も完全に背中向けてましたし。
 この時点で完全に崩せてましたので、「後は決めるだけ」をきっちりケンゴが決めてくれました。

 PKも含めてこの試合の得点はすべて相手の崩しきっての得点でした。
 特筆できるのは人数を掛けずに少人数で崩してしまっている所でしょうか。
 これならばボールを奪われても後ろにかなりの選手が残るのでカウンターを喰らいにくくなりますし、全力で戻る事が減るので、暑い中の試合では消耗が減ります。

・3バックで今季初クリーンシート

 15試合連続失点中だっただけに、ここでクリーンシートを浦和相手にできるとは思っていませんでしたが、選手コメントとかを見ると、前節の広島戦が良い予行演習になったのかなと。
 本家と比べると浦和はまだ甘いところがあるのかもしれません。
 興梠は寿人とタイプがまるで違いますし。

 3バックとなった事でSHが下がって対応するとスペースが埋まりますし、ボランチの二人が積極的に守備に回るので浦和としては攻め所に苦労してた様です。
 ドリブルで仕掛けられると厄介な原口は交代していなくなりましたし、パス回しで食いつかせて攻めても川崎は無理に食いつきませんでしたし。
cCIMG0062.jpg

・イガとユウの復帰

 イガが戻ってきました。
 まだ痛みはある様ですが、軽さのあるサネ・ソウタの中で落ち着かせる存在となった様です。
 ジェシはまだどうなるか判りませんが、この時期に戻ってこれたのは猛暑が続く中では大きいと思います。
 試合勘も問題なかった様ですし。

 ユウもサネの負傷を受けての交代となりました。
 裕介が負傷した時に投入を考えられていた様ですので、同じポジションで2回も交代と言うのは風間監督にとっては想定外だったと思います。
 ただ、川崎にとって3バックのメリットはSHに入れられる選手が多いと言うところでしょうか。
 ユウはもとより森谷やコーヤも入れますから、右SBの替えがサネのスライドしかない事を考えると裕介がいない時のオプションにもなり得ます。


 この3試合で1試合4得点2回の計10得点。
 本当に点が取れる様になりました。
 鳥栖戦で4点取っても負けた時の事を思うと、本当に良くなりました。
 特に行くところじっくりと様子を窺うところの使い分けが良くなって、ガツガツいかなくなりました。
 そのせいか、シュート数の割にゴールが決まっている印象です。
 以前は枠に行っても簡単にクリアされりキャッチされたりと、撃たされてる感がありましたが、それが減った分枠内でも厳しいコースに飛ぶ様になったと思います。
 まだ折り返し前ですし、最後の難関首位大宮とのアウェー対戦が残ってますが、次も見たいと思える試合ができている様に思えます。

cCIMG0081.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR