【町田】リビルド  ホーム横河武蔵野戦

 楠瀬新体制になって初めての野津田観戦。
 秋田体制時とどれだけ変わって何をやろうとしているのかが、今回の観戦の主題です。
 読みきれるほどの経験も知識もありませんが、新しいゼルビアとして再構築していこうと言う意志は見えたと思います。

・縦に繋ぐ意識

 前半は以前よりパスで縦に繋ごうとしている様に見受けられました。
 ただ、パスの精度やスピードが足らないので、横河に簡単にカットされカウンターを喰らうシーンも。
 まだ頭で考えながらやっている雰囲気があります。

 昨季とはメンバーが大幅に入れ代わりましたので、そのへんは仕方ないかもしれません。

・サイドを使う意識

 サイドを使えているか?と言うと左は割と使われていた様に思えます。
 ただ、気になるのは右サイド。
 SBの三鬼に覇気が無いのが気になりました。
 気温が高く蒸し暑い厳しいコンディションではありましたが、SBとして必要な運動量は発揮されず、注意力も散漫な感じがしました。
 町田の試合を見るのは久しぶりですが、かなり調子を落としている様に思えます。
 楠瀬監督代行の始動に馴染めていないのかは判りませんが、サイドが機能しないと苦しいのでここはどうにかしないと。

 三鬼のパフォーマンスが上がらないせいかもしれませんが、大きいサイドチェンジがあまりありませんでした。
 横河の守備陣を片方に寄せた所でサイドチェンジできれば、ヴァイタルに侵入してシュートできる機会はもっとあったのではないかと思います。

・ゴールに向かう意識

 前半はパスカットされてのカウンターで中々チャンスは作れませんでしたが、後半木島に代えて杉本を入れて状況が変わりました。
 杉本は前半にあまり見られなかった、ドリブルで仕掛けて前に進むプレーで魅せてくれました。
 恐らく横河も速いドリブルで仕掛けられ来るとは思わなかった様で、かなり有効に機能していました。
 技術も有り、ボールを大事にするプレーぶりでちょっと違う所を見せてくれました。
 暫くは途中投入で攻撃にアクセントを付ける役回りになりそうですが、スタメンで開始直後から見たい選手です。

・守備の意識

 残念ながら、この部分に関しては秋田監督時代の方がしっかりしてた様に思えます。
 前線のボールの失い方が悪いにしても、安易に攻め込まれすぎです。
 重心が前にあるのと、陣形が間延びするのは違います。
 前が安易に失うから上がれないと言うジレンマはあるかもしれませんが、前が少人数で攻撃を終えられないのなら、勇気をもっとラインを上げてコンパクトさを保つ必要があるかと思います。
 カウンターで一気に最終ラインまで持って行かれたり、プレッシャーが掛からない状態でミドル撃たれたりするのは、中盤が間延びしてボールホルダーにプレスが掛からないからでしょう。
 前線からのプレスバックも弱いですし。

 シーズン途中でスタイルを変える大変さは、昨年の川崎を見ていて判ってはいますが、町田もまだ暫く掛かりそうな感じです。
 楠瀬さんが監督代行のまま今シーズン戦うのか、新監督とスイッチされるのかは判りませんが、現状とやりたいスタイルの折り合いを速く付けて欲しい所です。

cIMG_3984.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ 町田ゼルビアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fx-hr

Author:fx-hr
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
ブログ村 川崎
ブログ村 町田
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR